《米子東》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

米子東 夏の甲子園2021年

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手

夏の甲子園2021年 米子東 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=2大会連続15回目|鳥取県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=0、C=4。打率:.434(3位)、平均得点:10.8点(3位)、本塁打:6本(5位)、盗塁数:7個(34位)、平均犠打数:2(40位)、平均失点:4.3点(49位)、平均失策数:1(38位) ※カッコ内(出場校順位)

背番号16 太田舷暉(2年)は、彗星の如く現れ、夏の鳥取大会を席巻した。打率.625・本塁打5本・17打点を記録し、これは全出場選手の中でもトップクラスの打撃成績を持つ。今夏の甲子園では”屈指の注目打者”だ。

◆太田は、初戦の米子・日野・境港総合技術戦で公式戦初の3ラン本塁打、準決勝の鳥取東戦では2回に2ラン、6回に3ラン、7回に満塁弾の1試合3本塁打(9打点)を記録。決勝では、大会で初めて4番に抜てきされ、3点を追う土壇場の9回に同点3ラン本塁打を記録した。※合計5本塁打を記録

◆この太田は、打撃力を生かすため、5月に外野手へ転向。紙本監督に「2万本のフライを捕れば人並みの守備になる」と助言され、琴浦町の自宅から毎日のように始発列車で登校し、早朝から守備練習に励んでレギュラーを獲得。※20年11月には右膝手術を経験

◆チーム打率は.434(3位)、43得点と打線に力がある。特に2年生の薮本鉄平(2年)瀬川凛太郎(2年)岡本陽希(2年)松田侑人(2年)らが好調で、打線に切れ目がなく終盤まで粘り強い。※岡本陽希(2年)の兄は、同校OBで19年春夏出場した岡本大翔さん(2020年ドラフト巨人育成1位)

◆投手陣は、エース舩木佑(たすく・3年)が大黒柱で、全4試合19回2/3を投げて9失点。決勝はで延長10回を完投し、自らサヨナラ打を放った。船木は秋季中国大会4強の原動力となったエースだが、その後に右肘手術を行い、今春まで約4カ月は投球練習ができなかったという。バッテリーを組む舩木洸斗(3年)は、いとこだ。

◆決勝では、米子東9x-8鳥取商(延長10回サヨナラ)で勝利。3点を追う9回に太田舷暉(2年)の3ランで追いつき、1点を勝ち越された10回裏に1死から3連打で満塁とし、エース舩木佑(3年)が逆転サヨナラ打。チームは昨秋の県大会、今夏ともにサヨナラで優勝。

◆夏の甲子園では、春夏通じて初の「4元号勝利」を目指す。初出場だった1925年夏に白星を挙げ、60年春準優勝などの実績を誇るが、夏の勝利は86年が最後となっている。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 舩木佑   3年  右右  名和(鳥取)

02 舩木洸斗  3年  右右  淀江(鳥取)
03 瀬川凛太郎 2年  右右  加茂(鳥取)
04 長尾泰成  3年  右左  後藤ヶ丘(鳥取) ◎
05 岡本陽希  2年  右右  岸本(鳥取)
06 薮本鉄平  2年  右右  本巣(岐阜)
07 中本翔琉  3年  右右  倉吉西(鳥取)
08 岩﨑照英  3年  右左  後藤ヶ丘(鳥取)
09 松田侑人  2年  右左  東山(鳥取)
10 小西康太郎 3年  右右  境港一(鳥取)
11 松本航青  3年  右右  後藤ヶ丘(鳥取)
12 遠藤悠生  3年  右左  尚徳(鳥取)
13 米原健貴  3年  右右  箕蚊屋(鳥取)
14 津田拓海  3年  右右  福生(鳥取)
15 徳丸航祐  2年  右右  東伯(鳥取)
16 太田舷暉  2年  右左  赤碕(鳥取)
17 山崎壮   2年  右右  福生(鳥取)
18 寺井大貴  3年  右右  福生(鳥取)
※野球部員数:43人、◎:主将 

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/10(火) 米子東(鳥取) 1-4 日大山形(山形) ※初戦
米子東|000|000|001|=1
日大山形|102|001|00x|=4

——————————————
⭐️見どころ⭐️米子東は、彗星の如く現れた背番号16太田舷暉(2年)に大注目。打率.625・本塁打5本・17打点は出場選手の中でもNo.1クラスの成績。エース舩木は、秋の手術から夏に復帰した大黒柱だ。一方の日大山形の1番秋葉・2番新田は、”山形が誇るスピードスター”。2人揃って全選手中1位の”盗塁7”を誇る。3番佐藤主将、4番伊藤は共に打率5割超え。

⭐️試合結果⭐️開幕試合は、日大山形が4-1で勝利。エース齋藤堅史(3年)が、9回途中までを投げて12安打を浴びるも力投。9回表には1点を奪われ、なお無死満塁の場面でマウンドを任された背番号10 滝口琉偉(3年)が、強気のピッチングで”3者連続三振”を奪い、粘る相手打線を振り切った。打っては、3番 佐藤拓斗主将(3年)が3打数2安打2打点、4番 伊藤翔海(3年)が4打数2安打1安打と活躍。持ち前の機動力を発揮し、内野陣も再三の好守を魅せた。一方の米子東は計12安打を放つも1点止まりと、あと1本が出なかった。背番号6 藪本鉄平(2年)は途中登板し、合計4回を1失点と好投。背番号16 太田舷暉(2年)は4打数2安打と存在感を示した。

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の鳥取大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=0、C=4
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.434(3位) [平均.351]
・得点   :43点(20位) [平均43.9点]
・平均得点 :10.8点(3位) [平均7.9点]
・本塁打  :6本(5位) [平均3本]
・平均本塁打:1.5本(2位) [平均0.5本]
・盗塁数  :7個(34位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:1.8個(25位) [平均2個]
・犠打数  :8(43位) [平均14.1]
・平均犠打数:2(40位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :17点(42位) [平均10点]
・平均失点 :4.3点(49位) [平均1.8点]
・失策数  :4(28位) [平均3.6]
・平均失策数:1(38位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:4試合
※部員数:43人(46位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・瀬川凛太郎(2年):打率.563:22位(16打数9安打)

・太田舷暉 (2年):打率.625:10位(16打数10安打)
・・・・・(0年) :本塁打数 5本:1位(4試合)
・・・・・(0年) :打点 17打点:1位(4試合)

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手



夏の鳥取大会2021年 戦歴・結果

・決勝・・:米子東 09x-8 鳥取商業(10)
・準決勝米子東 16-6 o鳥取東(7)
・準々決勝:米子東 04-0 o倉吉総合産業 
・2回戦米子東 14-3 o米子日野境港総合(5)

⚡️夏の鳥取県大会 試合結果一覧はコチラ

(参考)2021年春季鳥取大会の戦歴・結果
・決勝・・:米子東 04-15 米子松蔭
・準決勝:米子東 04-2 o鳥取商業
・準々決勝:米子東 05x-4 鳥取東(11)
・1回戦:米子東 14-0 o米子高専(7)

(参考)2020年秋季鳥取大会の戦歴・結果
・決勝・・:米子東 11x-10 鳥取城北(10)
・準決勝:米子東 10-3o o鳥取西(7)
・準々決勝:米子東 06-4 oo米子工業
・1回戦:米子東 02-0 oo鳥取商業



(過去)2021年春季中国大会

米子東 1-2x 広島新庄(9回サヨナラ) ※1回戦
米子東|000|100|000|=1
広島新庄|010|000|001|=2x
投手:米子東=薮本→舩木佑
投手:広島新庄=西井
—————————————-
[試合結果] 広島新庄が米子東に2x-1(9回サヨナラ)で勝利。投手戦は9回裏、2番瀬尾が2塁打で出塁すると、その後1死から満塁策(2者が敬遠)。代打に送られた背番号18 藤井虎徹がサヨナラ打を放ち、決着。投げては、先発・西井拓大(背番号7)が9回を109球で完投、被安打7・四死球2・奪三振11の好投を見せた。西井は11月に左肩を故障し、センバツではベンチ入りを外れてボールボーイを務めていた。敗れた米子東も先発の背番号6 薮本鉄平、エース舩木佑の2投手が好投した。

[試合経過] 先発は、米子東が背番号6の薮本鉄平、広島新庄が背番号7 西井拓大。2回裏、広島新庄は7番繁光の安打で1点を先制。米子東は4回表、エースナンバーを背負う3番舩木佑がソロ本塁打を放ち、1-1。米子東の先発 背番号6の薮本鉄平は5回を投げ、被安打3・四死球1・奪三振0と好投。6回裏から米子東はエース舩木佑に交代。米子東は9回表、2死満塁のチャンスを作るも無得点。9回裏、広島新庄は先頭2番の瀬尾が2塁打で出塁すると、3番は外野フライ。4番花田と5番藤井が敬遠(敬遠策)。1死満塁の場面で、代打に送られた藤井がタイムリーを放ち、2x-1でサヨナラ勝利。



(過去)2020年秋季中国大会

下関国際(山2) 12-0 米子東(鳥1)(7回コ) ※準決勝
下関国際|230|112|300|=12 
米子東|000|000|000|=0
————————————————
(下関国際)古賀ー守
(米子東)舩木、山崎ー舩木

————————————————
下関国際が12-0(7回コールド)で米子東に勝利し、センバツ出場が有力に。下関国際は初回、1番・賀谷が先頭打者本塁打で勢いをつけると、二連打のあとに6番・片桐のタイムリーで1点を追加。2回には、2死満塁から4番・守のタイムリーと失策が絡み3点を追加。4回表には3番・水安の犠牲フライで1点、5回表には7番・赤瀬の右中間への3塁打で1点、6回表には3番・水安、4番・守のタイムリーで2点を追加。さらに7回表には、1番・賀谷の犠牲フライや3番・水安のタイムリーなどで3点を追加し、12-0とした。下関国際は先発・古賀康誠が7回を一人で投げ抜き、3安打無死四球の9奪三振で完封。打線では3番・水安、4番・守の中軸が2人で5打点をあげる活躍をみせた。一方の米子東は、初戦は立正大淞南に3x-2(延長11回)、準々決勝では盈進に延長11回で勝ち上がるなど勢いを見せてきたが、序盤の失点が響き流れを作れなかった。

米子東(鳥1) 10-8 盈進(広2)(延長11回)※準々決勝
米子東|012|120|010|120=10 
盈進|201|103|000|100=8
——————————————————–
(米子東)舩木佑、岡本、山崎、舩木佑―舩木洸
(盈進)松井、佐々木―畠山

——————————————————–
米子東が盈進との大熱戦を、立正大淞南戦に続き2試合連続の延長戦で制した。試合は両チームともに譲らぬ試合展開となった。まず先制したのは盈進。1回裏、4番・朝生と6番・矢田貝のタイムリーで2点を先制。すぐさま米子東は2回表、この日先発の5番・エース舩木がレフトへソロ本塁打を放ち1点を返す。さらに3回表、米子東は2連打と犠打でチャンスと作ると、3番・藪本の2点タイムリーで3-2と逆転する。しかし盈進は3回裏、2連打と相手失策で1点を挙げ、3-3の同点とする。米子東は4回表に8番・舩木(捕手)のタイムリーで4-3と再びリードするが、すぐさま盈進は4回裏に3番・森岡のタイムリーで4-4の同点に追いつく。米子東は5回表、6番・津田の安打と7番・岡本の犠牲フライで2点を挙げ、再び6-4と勝ち越す。しかし盈進は、6回裏に3番・森岡と4番・朝生の連続タイムリーで再び同点に追いつくと、6番・矢田貝のタイムリーで7-6と逆転に成功する。その後、米子東は8回表に1番・中本のタイムリーで1点を挙げ、7-7。そのまま試合は延長戦に入り、米子東が延長10回表に1点を勝ち越すも、10回裏に盈進は2死から5番・平田の2塁打で同点に追いつく。延長11回表、米子東は6番・津田の犠牲フライと失策で2点を勝ち越し、これが決勝点に。盈進は敗れたものの、前回の関西戦では延長13回タイブレークで勝ち上がるなど、今大会は2試合連続で粘りのある白熱した試合を繰り広げた。

立正大淞南(島3) 2-3x 米子東(鳥1)(延長11回)※1回戦
立正大淞南|000|101|000|00=2 
米子東・・|200|000|000|01=3x
————————————————
(立正大淞南)持田、新地、井上―谷川
(米子東)舩木佑―舩木洸

————————————————
米子東が立正大淞南に3x-2(延長11回サヨナラ)で勝利。7回以降、両チームは共に守り合い「0点」が並ぶ投手戦となった。迎えた延長11回の裏、米子東は1死から連続四球と4番・瀬川の安打で満塁チャンスとすると、7番・岡本陽希がサヨナラタイムリーを放ち、3x-2で勝利。秋季鳥取大会の決勝・鳥取城北戦に続き、2戦連続の延長サヨナラ勝利で準々決勝に進出。投げては、米子東のエース舩木佑(たすく)は、延長11回を一人で投げ抜き、被安打8与死四球4の2失点と力投した。サヨナラ打を放った岡本陽希の2歳上の兄は、2019年春夏の甲子園に出場した岡本大翔さん。

鳥取県球児の進路・進学先 2021年

鳥取県
鳥取城北 米子東 米子松蔭 

⚡️日程・結果大会展望注目選手登録選手