【選手】米子東 野球部 メンバー 秋季中国大会2020年

米子東 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季中国大会に出場する米子東 野球部のベンチ入りメンバーを特集!

【米子東・チーム紹介】
秋季鳥取大会1位。1回戦と続く準々決勝では、鳥取商業に2-0、米子工業に6-4と接戦を制して勝ち上がる。中国大会出場がかかる準決勝・鳥取西戦は、10-3(7回コールド)と圧倒。

決勝戦は、宿敵・鳥取城北との対決となり、5点差でリードされた9回裏に猛烈な粘りで5点をあげて同点に追いつくと、10回裏に1点を挙げて、11x-10のサヨナラで勝利し、優勝を果たした。

米子東は、チーム打率が.338。エース・舩木佑(たすく・2年)投手は、全4試合に登板し2完投。決勝戦では、サヨナラ打を放つなど投打で活躍した。決勝で好投した山崎壮(1年)らも控える。

ファーストを守る岡本陽希(1年)の2歳上の兄は、2019年春夏の甲子園に出場した岡本大翔さん。




【秋季中国大会ベンチ入りメンバー】
投 舩木佑 2年   (名和)
捕 舩木洸斗 2年  (淀江)
一 瀬川凜太郎 1年 (加茂)
二 ◎長尾泰成 2年 (後藤ケ丘)
三 岡本陽希 1年  (岸本)
遊 薮本鉄平 1年  (岐阜・本巣)
左 岩崎照英 2年  (後藤ケ丘)
中 中本翔琉 2年  (倉吉西)
右 津田拓海 2年  (福生)
—-控え選手———————
・小西康太郎 2年 (境一)
・遠藤悠生 2年  (尚徳)
・松本航青 2年  (後藤ケ丘)
・寺井大貴 2年  (福生)
・米原健貴 2年  (箕蚊屋)
・森聡平 2年   (箕蚊屋)
・太田舷暉 1年  (赤碕)
・徳丸航祐 1年  (東伯)
・山崎壮 1年   (福生)
・記録員:田原野々花 2年 (福生)
・部長 門永芳典
・監督 紙本庸由



秋季中国大会の戦歴・試合結果

10月31日(土) 下関国際(山2) 12-0 米子東(鳥1)(7回コ) ※準決勝
下関国際|230|112|300|=12 
米子東|000|000|000|=0
————————————————
(下関国際)古賀ー守
(米子東)舩木、山崎ー舩木
・本塁打:賀谷(下関国際)
・3塁打:赤瀬(下関国際)
・2塁打:賀谷、片桐(下関国際)舩木佑(米子東)

————————————————
下関国際が12-0(7回コールド)で米子東に勝利し、センバツ出場が有力に。下関国際は初回、1番・賀谷が先頭打者本塁打で勢いをつけると、二連打のあとに6番・片桐のタイムリーで1点を追加。2回には、2死満塁から4番・守のタイムリーと失策が絡み3点を追加。4回表には3番・水安の犠牲フライで1点、5回表には7番・赤瀬の右中間への3塁打で1点、6回表には3番・水安、4番・守のタイムリーで2点を追加。さらに7回表には、1番・賀谷の犠牲フライや3番・水安のタイムリーなどで3点を追加し、12-0とした。下関国際は先発・古賀康誠が7回を一人で投げ抜き、3安打無死四球の9奪三振で完封。打線では3番・水安、4番・守の中軸が2人で5打点をあげる活躍をみせた。一方の米子東は、初戦は立正大淞南に3x-2(延長11回)、準々決勝では盈進に延長11回で勝ち上がるなど勢いを見せてきたが、序盤の失点が響き流れを作れなかった。




10月25日(日) 米子東(鳥1) 10-8 盈進(広2)(延長11回)※準々決勝
米子東|012|120|010|120=10 
盈進|201|103|000|100=8
——————————————————–
(米子東)舩木佑、岡本、山崎、舩木佑―舩木洸
(盈進)松井、佐々木―畠山
・本塁打:舩木佑(米子東)
・2塁打:舩木佑2、中本(米子東)森岡、矢田貝、平田(盈進)

——————————————————–
米子東が盈進との大熱戦を、立正大淞南戦に続き2試合連続の延長戦で制した。試合は両チームともに譲らぬ試合展開となった。まず先制したのは盈進。1回裏、4番・朝生と6番・矢田貝のタイムリーで2点を先制。すぐさま米子東は2回表、この日先発の5番・エース舩木がレフトへソロ本塁打を放ち1点を返す。さらに3回表、米子東は2連打と犠打でチャンスと作ると、3番・藪本の2点タイムリーで3-2と逆転する。しかし盈進は3回裏、2連打と相手失策で1点を挙げ、3-3の同点とする。米子東は4回表に8番・舩木(捕手)のタイムリーで4-3と再びリードするが、すぐさま盈進は4回裏に3番・森岡のタイムリーで4-4の同点に追いつく。米子東は5回表、6番・津田の安打と7番・岡本の犠牲フライで2点を挙げ、再び6-4と勝ち越す。しかし盈進は、6回裏に3番・森岡と4番・朝生の連続タイムリーで再び同点に追いつくと、6番・矢田貝のタイムリーで7-6と逆転に成功する。その後、米子東は8回表に1番・中本のタイムリーで1点を挙げ、7-7。そのまま試合は延長戦に入り、米子東が延長10回表に1点を勝ち越すも、10回裏に盈進は2死から5番・平田の2塁打で同点に追いつく。延長11回表、米子東は6番・津田の犠牲フライと失策で2点を勝ち越し、これが決勝点に。盈進は敗れたものの、前回の関西戦では延長13回タイブレークで勝ち上がるなど、今大会は2試合連続で粘りのある白熱した試合を繰り広げた。

10月24日(土) 立正大淞南(島3) 2-3x 米子東(鳥1)(延長11回)※1回戦
立正大淞南|000|101|000|00=2 
米子東・・|200|000|000|01=3x
————————————————
(立正大淞南)持田、新地、井上―谷川
(米子東)舩木佑―舩木洸
・2塁打:谷川2、重栖、藤田(立正大淞南)津田(米子東)

————————————————
米子東が立正大淞南に3x-2(延長11回サヨナラ)で勝利。7回以降、両チームは共に守り合い「0点」が並ぶ投手戦となった。迎えた延長11回の裏、米子東は1死から連続四球と4番・瀬川の安打で満塁チャンスとすると、7番・岡本陽希がサヨナラタイムリーを放ち、3x-2で勝利。秋季鳥取大会の決勝・鳥取城北戦に続き、2戦連続の延長サヨナラ勝利で準々決勝に進出。投げては、米子東のエース舩木佑(たすく)は、延長11回を一人で投げ抜き、被安打8与死四球4の2失点と力投した。サヨナラ打を放った岡本陽希の2歳上の兄は、2019年春夏の甲子園に出場した岡本大翔さん。



秋季鳥取大会での戦歴・試合結果

【秋季中国大会=鳥取(3枠)】秋季鳥取大会の結果

①米子東の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 米子東 11x-10 鳥取城北(10)
・準決勝 米子東 10-3 鳥取西(7)
・準々決勝 米子東 6-4 米子工業
・1回戦 米子東 2-0 鳥取商業

②鳥取城北の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 鳥取城北 10-11x 米子東(10)
・準決勝 鳥取城北 3-2 境(11)
・準々決勝 鳥取城北 10-0 倉吉東(7)
・1回戦 鳥取城北 10-1 倉吉北(7)

③鳥取西の戦歴・試合結果・チーム紹介
・3位決定戦 鳥取西 6-1 境
・準決勝 鳥取西 3-10 米子東(7)
・準々決勝 鳥取西 5-4 米子松蔭
・1回戦 鳥取西 2-1 八頭

スポンサー リンク