【日程•結果】秋季中国大会2022年 速報⚡️

中国大会 高校野球 2023年

春季中国大会 高校野球 2023年 特集!

【2023年 中国大会 年間スケジュール】
🔳春季中国大会2023年(開催:●●県)
・抽選:●月●日(●) [楽天トラベル]
・日程:●月●日(●)〜●月●日(●)
🔳秋季中国大会2023年(開催:●●県)
・抽選:●月●日(●) [楽天トラベル]
・日程:●月●日(●)〜●月●日(●)
※2023年の年間予定は決まり次第UPDATE
※備考:センバツ2023年高校生進学先特集

中国大会 高校野球 2022年

秋季中国大会 高校野球 2022年 特集!

【2022年 秋季中国大会 日程•出場校】
・日程 :10月28日(金)〜11月6日(日)

・会場 :広島県・楽天トラベル(ホテル)
出場枠中国2•四国3(例年+1)•比較1🌸=選出
・結果 :①優勝:🌸広陵、②準優:🌸
・結果 :④4強:🌸鳥取城北高川学園
————————————————————
・秋季:岡山 広島 鳥取 島根 山口
・選抜:センバツ出場校21世紀枠推薦校
・秋季:センバツ北海道東北関東東京
・秋季:北信越東海近畿中国四国九州

中国•四国地区のセンバツ選出理由

◆センバツ選出理由:中国地区は広陵と光が最初に選ばれた。中国大会優勝の広陵は左腕・倉重聡を中心に投手力が安定していた。準優勝のはエース右腕・升田早人が直球に球威があり、地区大会4試合を投げ抜いた。四国地区は四国大会優勝の英明が1校目に選出された。右横手・下村健太郎がキレのある球を投げ、3試合計17回で被安打3と要所を締めた。2校目は準優勝の高松商で4試合1失策と堅守が光った。3校目は4強の高知と鳴門を比較。優勝した英明を九回に一打同点まで追い詰めるなど粘り強さを見せた高知が選出された。中国、四国両地区を合わせた6校目は、ともに地区大会で4強に入った鳥取城北鳴門を比較。優勝した広陵と接戦を演じ、打力のある鳥取城北に評価が集まり、地域性も考慮された。補欠校は中国が高川学園とおかやま山陽、四国は鳴門と明徳義塾がそれぞれ選ばれた。[出典:選考委員会の会見・毎日新聞など]



11月6日(日) 決勝戦

11:00 光(山3) 0-13 広陵(広1)(し) 
光   |000|0⓪0|000|=0
広陵  |001|0⑩1|10x|=13

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が13-0で光に勝利し、優勝。中国代表として明治神宮大会へ出場する。攻撃陣は、計13安打で13得点。1点リードして迎えた5回裏、1番田上夏衣(2年)のソロ本塁打で1点、4番小林隼翔(2年)の2塁打で1点、5番只石貫太(1年)の安打で2点、6番中尾湊(2年)の安打で1点、押出四球で1点、1番田上夏衣(2年)の満塁ランニング本塁打(記録:3塁打と失策)で4点を奪い、この回一挙10点を挙げて試合を優位に進めた。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が6回を被安打2・四死球1・奪三振4と好投し、その後は背番号17岡山勇斗(2年)・背番号10横川倖(2年)が継投。一方、今大会で快進撃を続けてきた光は、攻撃陣が3安打に抑えられて得点は奪えず。全試合で先発完投してきた背番号1升田早人(2年)は、この試合も9回を一人で投げ抜き、被安打13・四死球6・奪三振1・失点13・計151球と力投。守備陣の乱れもあって5回裏には大量10点を奪われるも、序盤と終盤では持ち前の制球力と粘り強いピッチングで試合を作った。



11月5日(土) 準決勝

11:00 鳥取城北(鳥1) 6-8 広陵(広1)(し)
鳥取城北|100|003|020|=6
広陵  |100|000|34x|=8 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が8-6で鳥取城北に勝利。攻撃陣は計8安打。3点を追う7回裏、ヒットと連続四球から無死満塁とし、押出四球で1点、代打•中尾湊(2年)の安打で2点を奪い、4-4の同点。その後、2点を勝ち越されて迎えた8回裏に、連続四球で走者を出すと、3番真鍋慧(2年)の2点3塁打で同点、さらに4番小林隼翔(2年)の2塁打で1点、内野ゴロに失策が絡んで1点を奪い、8-6とした。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が5回1/3を失点4、その後は背番号10横川倖(2年)・背番号1髙尾響(1年)が継投。打者では、3番真鍋慧(2年)が初回に同点犠牲フライ、8回裏には同点となる2点3塁打を放つなど活躍が光った。敗れた鳥取城北は、背番号1新庄空(2年)が7回を被安打6・四死球8・奪三振8・失点4、その後の8回裏は背番号10吉田晟(2年)が登板して失点4。攻撃陣は計8安打を放ち、6回表には連続スクイズ等でリードを広げるも、最後は逆転を許した。打者では、4番石黒尚(1年)が初回に先制2塁打、8回表には勝ち越しとなるヒット性の打球(失策絡む)を放つなど活躍をみせた。


13:30 高川学園(山1) 1-2 光(山3)(し)
高川学園|000|000|100|=1
光   |000|100|01x|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が2-1で高川学園に勝利。背番号1升田早人(2年・マスダハヤト)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球1・奪三振5・失点1・計113球の好投でチームを決勝に導いた。守備陣も失策0で力投するエースを盛り立てた。攻撃陣は計8安打。4回裏に3番奥村拓真(2年)が安打で出塁すると、犠打と内野ゴロから2死3塁とし、ここで6番田中春樹(2年)がタイムリーを放ち、まず1点を先制。同点で迎えた8回裏、1死から2番谷川忠幸(1年)、3番奥村拓真(2年)が連続ヒットで出塁すると、4番藤井啓輔(2年)が決勝点となるタイムリーを放って、2-1とした。敗れた高川学園は、背番号1葛西泰輝(1年)が8回裏途中までを投げ、被安打7・四死球2・奪三振4と好投するも、8回裏に強襲打を浴びて無念の降板。その後は背番号10河野唄志(2年)が登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、得点は7回裏に5番曽我輝(1年)の安打で奪った1点にとどまった。



10月30日(日) 準々決勝(2/2)

13:30 おかやま山陽(岡1) 0-4 鳥取城北(鳥1)(し)
おかやま山陽|000|000|000|=0
鳥取城北  |000|100|21x|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️鳥取城北が4-0でおかやま山陽に勝利。背番号1新庄空(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球3・奪三振6・失点0・計130球の好投で、相手打線を完封。攻撃陣は計10安打。まず4回裏に8番新庄空(2年)の安打で1点を先制すると、7回裏には4番石黒尚(1年)の2塁打で2点を追加、8回裏には9番山戸敦史(2年)の2塁打で1点を追加し、4-0と突き放した。打者では6番三輪歩夢(2年)が3打数3安打と活躍をみせた。敗れたおかやま山陽は、背番号1西野彰人(2年)と背番号10土井研照(2年)が4回ずつを登板。攻撃陣は計7安打を放つも、得点が奪えなかった。


13:30 高川学園(山1) 5-1 岡山学芸館(岡3)(み)
高川学園 |200|020|010|=5
岡山学芸館|000|010|000|=1

————————————————–
⭐️試合結果⭐️高川学園が5-1で岡山学芸館に勝利。背番号1葛西泰輝(1年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振2・失点1・計115球と好投。攻撃陣は計9安打。1回表に4番萬永晴音(2年)の安打で1点、内野ゴロから1点を奪い、2点を先制。中盤の5回表には、ヒット2本から1死1・3塁のチャンスを作ると、4番萬永晴音(2年)の安打で1点、5番曽我輝(1年)の安打で1点を追加。終盤の8回表には、好投を続けてきた8番葛西泰輝(1年)の2塁打で1点を追加し、5-1とした。敗れた岡山学芸館は、背番号11金田獅朗(2年)が4回1/3を、背番号1沖田幸大(1年)が4回2/3を登板。攻撃陣は計6安打に抑えられ、5回裏に1番森下叶太郎(2年)の2塁打で奪った1点にとどまった。



10月30日(日) 準々決勝(1/2)

11:00 宇部鴻城(山2) 0-11 広陵(広1)(5)(し)
宇部鴻城|000|000000|=0
広陵  |036|2x0000|=11

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が11-0(5回コールド)で宇部鴻城に勝利。攻撃陣は計12安打。まず2回裏に、7番倉重聡(2年)の安打で1点、9番松下水音(2年)の安打で1点、押出四球から1点を奪い、3点を先制。3回裏には、7番倉重聡(2年)の安打で2点、9番松下水音(2年)で1点、1番田上夏衣(2年)の安打で1点、2番谷本颯太(2年)の犠牲フライで1点、暴投から1点を奪い、9-0。4回裏には、5番只石貫太(1年)のソロ本塁打で1点、1番田上夏衣(2年)の安打で1点を奪い、11-0とした。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が4回を、背番号10横川倖(2年)が1回を投げ、相手打線を封じた。敗れた宇部鴻城は、背番号1吉村凌河(2年)と背番号11山口明士(2年)が共に2回を登板。攻撃陣は計2安打に抑えられ、得点が奪えなかった。


11:00 創志学園(岡2) 5-6 光(山3)(み)
創志学園|400|000|010|=5
光   |011|301|00x|=6 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が6-5で創志学園に勝利。エース升田早人(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打9・四死球2・奪三振6・失点5・計103球の好投でチームを4強に導いた。攻撃陣は計12安打。初回に4点を先制されるも、2回裏に3塁打で出塁した5番岡本一颯(2年)を内野ゴロで返してまず1点、3回裏には5番岡本一颯(2年)の犠牲フライでさらに1点を返して、2点差。迎えた4回裏、相手暴投から1点、2番谷川忠幸(1年)の安打で1点、4番藤井啓輔(2年)の安打で1点を奪い、5-4と逆転。さらに6回裏には、4番藤井啓輔(2年)の3塁打で1点を追加し、6-4と引き離した。打者では、3番奥村拓真(2年)が5打数3安打、4番藤井啓輔(2年)が4打数3安打2打点、5番岡本一颯(2年)が3打数2安打1打点と活躍が光った。敗れた創志学園は、背番号11山口瑛太(1年)・背番号10中野光琉(1年)・背番号1小澤比呂(2年)・背番号16石原煌ノ介(2年)・背番号18横田拓海(2年)の5投手が登板。攻撃陣は計9安打を放って初回には4点を先制するも、3回以降はヒット2本に抑えられた。



10月29日(土) 1回戦(2/2)

13:30 神辺旭(広4) 4-14 おかやま山陽(岡1)(6C)(し)
神辺旭   |000|040|000|=4
おかやま山陽|053|033|000|=14

————————————————–
⭐️試合結果⭐️おかやま山陽が14-4(6回コールド)で神辺旭に勝利。攻撃陣は計15安打で14得点。打者では、3番田内真翔(1年)が4打数4安打6打点、8番西野彰人(2年)が4打数3安打1打点、9番岡本京介(2年)が3打数3安打2打点と活躍。投手陣は、背番号1西野彰人(2年)が5回を失点4、その後は背番号11井川駿(2年)が1回を無失点に抑えた。敗れた神辺旭は、背番号1冨原朔(1年)・背番号10高岡昇汰(1年)・背番号16友安寿紀(2年)・背番号11岡﨑康誠(2年)・背番号4江草真翔(2年)の5投手が継投。攻撃陣は計4安打を放ち、5回表には7番能島貫太(1年)の安打で1点、代打•徳原壮一朗(2年)の犠牲フライで1点、1番相方楓太(2年)の2塁打で2点を奪い、一時は4点差に迫るも、その後に大量失点を許した。


13:30 広島新庄(広3) 5-7 高川学園(山1)(み)
広島新庄|103|000|001|=5
高川学園|101|010|31x|=7 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️高川学園が7-5で広島新庄に勝利。攻撃陣は計13安打。1点を追う7回裏、ボークや6番山口虎太郎(2年)の安打などで3点を奪い、6-4と逆転。その後、8回裏に1番北村心汰郎(2年)の犠牲フライで1点を奪い、突き放した。打者では、1番北村心汰郎(2年)が4打数2安打1打点、4番萬永晴音(2年)が4打数3安打4打点、6番山口虎太郎(2年)が4打数2安打1打点と活躍。投げては、背番号1葛西泰輝(1年)が9回を投げ抜き、被安打15・四死球1・奪三振3・失点5・計140球と力投をみせた。敗れた広島新庄は、背番号1新田遥輝(2年)が7回2/3を投げて失点7、その後は背番号10石津慶大(1年)が継投。攻撃陣は相手を上回る15安打を放ち、打者では1番髙橋心雅(1年)が5打数3安打、2番八尾剣太郎(2年)が5打数3安打1打点、4番河野優輝(2年)が4打数3安打3打点と活躍をみせた。



10月29日(土) 1回戦(1/2)

11:00 益田(島3) 1-6 鳥取城北(鳥1)(し)
益田  |000|000|100|=1
鳥取城北|201|001|20x|=6

————————————————–
⭐️試合結果⭐️鳥取城北が6-1で益田に勝利。攻撃陣は計15安打。初回に5番河西華槻(2年)の安打などで2点を先制すると、3回裏にはスクイズで1点、6回裏には1番原田颯太(2年)の2塁打で1点、7回裏には5番河西華槻(2年)の安打で1点、スクイズで1点と、小刻みに加点を続けて突き放した。打者では、1番原田颯太(2年)が5打数3安打1打点、5番河西華槻(2年)が5打数4安打2打点と活躍。投手陣は、背番号1新庄空(2年)が6回を投げ、その後は背番号18村山龍成(2年)・背番号10吉田晟(2年)・背番号11甲斐幸之介(2年)・背番号8原田颯太(2年)が継投した。敗れた益田は、背番号1宮内一寿(2年)が被安打15・四死球2・奪三振2・失点6・計134球で完投。攻撃陣は計6安打に抑えられ、7回表に無死満塁から8番佐々木悠策(2年)の安打で奪った1点にとどまった。


11:00 岡山学芸館(岡3) 10-4 米子松蔭(鳥2)(み)
岡山学芸館|030|002|203|=10
米子松蔭 |002|101|000|=4

————————————————–
⭐️試合結果⭐️岡山学芸館が10-4で米子松蔭に勝利。攻撃陣は計17安打。3-3の同点で迎えた6回表、1番森下叶太郎(2年)の安打で1点、2番奥濱楓仁(2年)の安打で1点を奪い、5-3と勝ち越し。その後、7回表に8番太田匠映(2年)の安打で2点、9回表には1番森下叶太郎(2年)の3塁打で2点、2番奥濱楓仁(2年)の犠牲フライで1点を奪い、10-4と突き放した。打者では、1番森下叶太郎(2年)が6打数4安打3打点、8番太田匠映(2年)が5打数3安打1打点と活躍。投手陣は、背番号1沖田幸大(1年)が6回を失点4、その後は背番号10大田原有李(2年)・背番号18伊藤洸史郎(2年)が継投した。敗れた米子松蔭は、背番号1中前篤朗(1年)が9回を投げ抜き、被安打17・四死球2・奪三振4・失点10・計141球。攻撃陣は計8安打も、1番山下智也(2年)のタイムリー3塁打などで奪った計4点にとどまった。



10月28日(金) 1回戦(2/2)

13:30 宇部鴻城(山2) 9-3 三刀屋(島2)(し)
宇部鴻城|111|012|102|=9
三刀屋 |201|000|000|=3

————————————————–
⭐️試合結果⭐️宇部鴻城が9-3で三刀屋に勝利。攻撃陣は計11安打を記録し、タイムリーで3点、スクイズで2点、内野ゴロや失策から4点と、序盤から終盤まで小刻みに得点を重ねて突き放した。投手陣は、背番号14淺田真樹(2年)が4回2/3を被安打4・四死球0・奪三振1・失点3と好投し、その後は背番号11山口明士(2年)が4回1/3を被安打3・四死球1・奪三振3・失点0と好救援した。敗れた三刀屋は、背番号1三原陽空(1年)が6回2/3を投げて失点7、その後は背番号5槇野隼稀(2年)が2回1/3を投げて失点2。攻撃陣は計7安打を記録。打者では、1番髙野颯太(2年)が4打数3安打1打点(ソロ本塁打1本)、3番槇野隼稀(2年)が4打数2安打2打点(ソロ本塁打1本)と活躍が光った。


13:30 創志学園(岡2) 10-2 広島商業(広2)(7)(み)
創志学園|020|140|300|=10
広島商業|200|000|000|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️創志学園が10-2(7回コールド)で広島商業に勝利。攻撃陣は計13安打。まず2点を追う2回表に7番遠藤颯心(2年)の2ラン本塁打で同点に追いつくと、4回表には2番森剣之助(2年)の犠牲フライで勝ち越しに成功。中盤の5回表には4番竹本佑(2年)のソロ本塁打、7番遠藤颯心(2年)の2点2塁打などで一挙4点、最後7回表には1番上田晴(2年)の2点2塁打などで一挙3点を奪い、10-2とした。打者では、7番遠藤颯心(2年)が4打数3安打4打点(2ラン本塁打含む)、8番亀谷理仁(1年)が4打数4安打と活躍が光った。投げては、背番号1小澤比呂(2年)が4回2/3を失点2と好投し、背番号10中野光琉(1年)が2回1/3を失点0と好救援した。敗れた広島商業は、背番号11菊池遥陽(1年)・背番号1桝上空人(2年)・背番号10井垣琥太郎(2年)の3投手が登板。攻撃陣は計5安打に抑えられ、初回に5番佐伯侑哉(2年)の安打で奪った2点にとどまった。



10月28日(金) 1回戦(1/2)

11:00 米子東(鳥3) 1-5 広陵(広1)(し)
米子東 |000|000|010|=1
広陵  |002|020|10x|=5

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が5-1で米子東に勝利。背番号11倉重聡(2年)が8回を被安打4・四死球3・奪三振7・失点1・計107球と力投し、最終回は背番号10横川倖(2年)が救援。攻撃陣は計4安打で5得点。まず3回裏に、ヒット2本と四球から無死満塁とし、2番谷本颯太(2年)の犠牲フライで1点、3番真鍋慧(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2点を先制。5回裏には失策から1点、押出死球で1点を追加し、終盤の7回裏には5番只石貫太(1年)の犠牲フライで1点を奪った。敗れた米子東は、背番号1後藤和志(2年)が5回を投げ、その後は背番号18山田恭吾(1年)が3回を登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、8回表に4番木下啓吾(2年)の安打で奪った1点にとどまった。


11:00 光(山3) 3-0 浜田(島1)(み)
光   |002|000|010|=3
浜田  |000|000|000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️光が3-0で浜田に勝利。背番号1升田早人(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打2・四死球4・奪三振12・失点0・計126球の好投で、夏の甲子園出場チーム・浜田を完封。攻撃陣は計11安打を記録し、まず3回表にヒットと死球でチャンスを作ると、5番岡本一颯(2年)・6番田中春樹(2年)の連続タイムリーで2点を先制。その後、終盤の8回表には、8番林大遥(2年)の2塁打で1点を追加し、3-0とした。打者では6番田中春樹(2年)が5打数3安打1打点と活躍が光った。敗れた浜田は、背番号1波田瑛介(2年)が7回1/3を登板し、その後は背番号6近堂哲也(2年)に継投。攻撃陣はわずか2安打に抑えられ、得点が奪えなかった。



組み合わせ・トーナメント


【2022年 秋季中国大会 出場校一覧(順位)】
岡山(3):おかやま山陽創志学園岡山学芸館
広島(4):広陵広島商業広島新庄神辺旭
鳥取(3):①鳥取城北米子松蔭米子東
島根(3):①浜田 ②三刀屋 ③益田
山口(3):①高川学園宇部鴻城



[アンケート] 優勝候補•予想

※アンケート回答:「白いボタン」から投票
※アンケート開始:2022年10月9日(日)

2022年秋季中国大会 優勝候補アンケート

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

【センバツを目指す地区大会の日程・結果】
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
本日の試合予定•試合結果[全国47都道府県]
————————————————————-
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄