【日程•結果】近畿大会2022年 速報⚡️

近畿大会 高校野球 2022年

近畿大会 高校野球 2022年 特集!

【2022年 春季近畿大会 日程・開催県】
・日程:5月21日(土)〜5月29日(日)
・会場:和歌山県 紀三井寺球場 [有観客]
————————————————————————
【2022年 秋季近畿大会 日程・開催県】
・抽選:10月18日(火)
・日程:10月22日(土)〜11月5日(土)※土日祝

・会場:和歌山県 紀三井寺球場
————————————————————————
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州

5月29日(日) 決勝戦

13:00 智辯和歌山(和①) 3-2 大阪桐蔭(大①)
智辯和歌山|300|000|000|=3
大阪桐蔭|101|000|000|=2

——————————————
⭐️試合総評⭐️智辯和歌山が3-2で大阪桐蔭に勝利し、2022年春季近畿大会の王者に(16年ぶり3度目)!昨夏の甲子園の王者が今春センバツ王者に競り勝って、夏の連覇へ向けて大きな一勝を掴み取った。一方、敗れた大阪桐蔭は公式戦の連勝が29でストップした。この試合を通じて、ヒットは共に9本ずつ。失策数は大阪桐蔭が2つ(智辯和歌山は0)。投手陣については、智弁和歌山は背番号20吉川泰地(2年)が3回、背番号3西野宙(3年)と背番号11橘本直汰(3年)が1回ずつ、残る4回を背番号17武元一輝(3年)が登板した。一方の大阪桐蔭は、背番号11前田悠伍(2年)が9回を完投し、被安打9・四球2・奪三振4・失点3・計120球を記録した。大阪桐蔭・西谷監督は、試合後に「(夏に向けて)秋、春もうまく勝てたので「打倒・大阪桐蔭」(という思い)は大阪の1回戦からひしひしと感じる。そんなに簡単に勝てないと思うが、僕らも簡単に負けるつもりはない。」とコメント。この一敗から夏に向けて一段と強さに磨きがかかりそうだ。


⭐️試合経過⭐️先発は、智辯和歌山が背番号20吉川泰地(2年)、大阪桐蔭が背番号11前田悠伍(2年)。1回表、智辯和歌山は1番山口滉起(3年)の先頭打者ホームランで1点を先制。さらにヒット2本と四球から2死満塁とし、相手失策から2点を奪って計3点を先制。1回裏、大阪桐蔭は3番松尾汐恩(3年)の2塁打で1点を返し、3-1。3回裏、大阪桐蔭は2番谷口勇人(3年)の安打・3番松尾汐恩(3年)の2塁打から1死2・3塁とし、4番丸山一喜(3年)の内野ゴロで1点を返し、3-2と1点差。その後、智辯和歌山は小刻みに投手を送り込み、4回裏に2人目の背番号3西野宙(3年)、5回裏に3人目の背番号11橘本直汰(3年)、6回裏に4人目の背番号17武元一輝(3年)に投手交代。7回裏、大阪桐蔭は先頭の9番前田悠伍(2年)がヒットで出塁し犠打で送り、1死2塁のチャンスも後続が続かず無得点。9回裏、1点を追う大阪桐蔭は先頭の7番鈴木塁(3年)がヒットで出塁し、犠打で送って1死2塁のチャンスを作ると、代打・工藤翔斗(3年)は三振。なお2死2塁で、1番伊藤櫂人(3年)は外野フライに倒れてゲームセット。



5月28日(土) 準決勝(1/2)

10:00 報徳学園(兵①) 4-5 智辯和歌山(和①) 
報徳学園|100|000|210|=4
智辯和歌山|003|101|00x|=5 

——————————————
⭐️過去戦歴⭐️智辯和歌山(和歌山1位)は、初戦で西城陽(京都1位)に10-0(6回C)で勝利。攻撃陣は計11安打を放ち、背番号1塩路柊季(3年)が6回を被安打2・四死球0・奪三振6で完封するなど投打で高い総合力を見せる。対する報徳学園(兵庫1位)は、初戦でセンバツ8強の市立和歌山(和歌山3位)に8-2と圧倒した。ドラフト候補•米田から背番号1の5番榊原七斗(3年)が3ラン本塁打を放つなど計11安打と打撃好調。投手陣は、背番号3正重怛太(3年)と背番号17盛田智矢(2年)の2投手が登板した。[参考] 春季和歌山大会・準決勝では、智辯和歌山は市立和歌山に4-2のスコアで勝利


⭐️試合総評⭐️智辯和歌山が5-4で報徳学園に勝利し、決勝進出。背番号1塩路柊季(3年)が8回を被安打7・四死球3・奪三振8・計124球と力投し、最終回は背番号17武元一輝(3年)が試合を締めた。攻撃陣は、計6安打で5得点。まず3回裏に、2番中西陸(3年)の2塁打で1点、3番渡部海(3年)の安打で1点、内野ゴロから1点を奪い、3-1と逆転に成功。その後、4回裏に内野ゴロで1点、6回裏に1番山口滉起(3年)の2塁打で1点を追加し、合計5得点。敗れた報徳学園は、背番号17盛田智矢(2年)、背番号15西村知紘(3年)、背番号1番榊原七斗(3年)の3投手が登板。攻撃陣は、相手の6本を上回る7安打を記録。1回表に、1番堀柊那(2年)が先頭打者ホームランで1点を先制。7回表には、ヒット2本と四球から2死満塁とし、相手失策から2点を返すも、この2点止まり。8回表には、4番正重怛太(3年)の犠牲フライで1点を返し、1点差に迫るも及ばなかった。



5月28日(土) 準決勝(2/2)

12:30 大阪桐蔭(大①) 11-2 近江(滋①)
大阪桐蔭|001|001|027|=11
近江・・|200|000|000|=2 

——————————————
⭐️過去戦歴⭐️公式戦28連勝中の大阪桐蔭は、初戦で和歌山商業(和歌山2位)に9-0(7回C)で勝利。3番松尾汐恩(3年)の2ラン本塁打など計14安打で9得点。エース川原嗣貴(3年)が6回を被安打2・四球1・奪三振7と好投し、背番号19川井泰志(3年)が1回を救援した。大阪決勝・履正社戦を2失点で完投した前田悠伍(2年)は未登板。前田は、センバツ決勝・近江戦では7回を被安打2・奪三振11と快投。対する近江は、初戦で奈良大附属(奈良1位)に6-0で勝利。エース山田陽翔(3年)が6回を被安打1・四球1・奪三振6・計70球と好投し、背番号10星野世那(3年)が好リリーフした。センバツ決勝では、大阪桐蔭に1-18(本塁打4本・計16安打)で敗戦。当時、山田は準決勝で足に死球を受けるアクシデントに加え、決勝では投球制限の影響で「116球」が上限とされた中、2回0/3(45球)を投げて4失点で自ら志願して降板。(山田は、2年夏の甲子園では大阪桐蔭に6-4で勝利) エース山田&星野&個性派集団の近江、あれから2ヶ月の時を経て、センバツのリベンジなるか。


⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が11-2で近江に勝利し、決勝進出(公式戦29連勝中)。終盤の8・9回に集中打を浴びせ、計17安打で11得点。試合は、2-2で迎えた8回表、4番丸山一喜(3年)の2ラン本塁打で4-2と勝ち越し。9回表には、ヒットと2つの四球から1死満塁とし、2番谷口勇人(3年)の安打で1点、3番松尾汐恩(3年)の安打で1点、5番海老根優大(3年)の安打で2点、6番星子天真主将(3年)の2塁打で2点、代打・工藤翔斗(3年)の安打で1点と、この回にヒット6本を集めて7点を奪い試合を決めた。投手陣は、背番号1川原嗣貴(3年)が6回を被安打4・四球2・奪三振5・計85球と力投し、その後は背番号11前田悠伍(2年)が2回を被安打2・四死球0・奪三振1と好投、最終回は背番号10別所孝亮(3年)が試合を締めた。敗れた近江は、背番号1山田陽翔(3年)が先発して5回1/3を被安打6・四球1・奪三振3・計80と好投するも、6回表の登板中に降板(症状:右足のけいれん)。その後は、背番号10星野世那(3年)が継投し、9回表は背番号18副島良太(3年)と背番号19宮川陽輝(2年)の2投手が登板した。攻撃陣は計7安打。1回裏にヒット2本と失策から無死満塁とし、5番岡﨑幸聖(3年)の安打で1点、内野ゴロの間に1点と2点を先制するも、その後は得点を奪えなかった。



5月22日(日) 1回戦

10:00 和歌山商業(和②) 0-9 大阪桐蔭(大①)(7)
和歌山商業|000|000|000|=0
大阪桐蔭|330|012|x00|=9

——————————————
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が9-0(7回コールド)で和歌山商業に勝利(公式戦28連勝)。序盤から主導権を握り、計14安打で9得点。まず1回裏に、3番松尾汐恩(3年)の2ラン本塁打(場外弾・高校通算26号)で2点、7番工藤翔斗(3年)の犠牲フライで1点を奪い、3点を先制。2回裏、1番伊藤櫂人(3年)と2番谷口勇人の連続2塁打で1点ずつ、4番丸山一喜(3年)の安打で1点を奪って6-0とした。その後、5回裏に相手失策から1点、6回裏には6番星子天真(3年)と7番大前圭右(3年)の連続安打で1点ずつを奪い、計9得点。投げては、背番号1川原嗣貴(3年)が6回を被安打2・四球1・奪三振7・計78球と好投し、7回表は背番号19川井泰志(3年)が救援した。敗れた和歌山商業は、今春入学の背番号10木村健太郎(1年)が先発し、2回裏途中から背番号3小川侑汰(3年)に継投。攻撃陣は、4回表に1番浦野哲心(2年)がチーム初安打を記録するも、計3安打に抑え込まれた。


12:30 奈良大附属(奈①) 0-6 近江(滋①)
奈良大附属|000|000|000|=0
近江・・・|120|003|00x|=6 

——————————————
⭐️試合総評⭐️近江が6-0で奈良大附属に勝利。準決勝では、センバツ決勝戦で1-18で敗れた大阪桐蔭と激突する。先発のエース山田陽翔(3年)が6回を被安打1・四球1・奪三振6・計70球と好投し、残る3回を背番号10星野世那(3年)が被安打2・四球1・奪三振1・計27球と好救援した。攻撃陣は、1回裏に死球で出た走者を4番山田陽翔(3年)が2塁打で返し1点を先制して勢いづけると、2回裏には相手失策から1点、1番津田基(3年)の3塁打で1点を追加して、3-0。6回裏には、押出四球から1点、3番中瀬樹(3年)の安打で2点を追加し、6-0と突き放した。チームは計9安打、9番の背番号20小竹雅斗(2年)が4打数3安打と活躍した。敗れた奈良大附属は、番号18玉置睦(3年)・背番号1幡剛志(3年)・背番号17岸本侑大(2年)・背番号10長島幸平(3年)・背番号11森下元揮(2年)の5投手が小刻みに継投。攻撃陣は、5回表に5番森一真(3年)がチーム初ヒットを記録するも、試合を通じて計3安打に抑えられた。



5月21日(土) 1回戦

10:00 西城陽(京①) 0-10 智辯和歌山(和①)(6) 
西城陽・・|000|000|000|=0
智辯和歌山|202|006|000|=10

——————————————
⭐️試合総評⭐️智辯和歌山が11安打を放って10-0(6回コールド)で西城陽に勝利。1回裏に5番岡西佑弥(3年)の2塁打で2点を先制すると、3回裏には4番青山達史(2年)の2点安打で4点をリード。6回裏には、失策・四球・ヒットから1死満塁のチャンスを作ると、相手失策から1点、2番多田羅浩大(2年)の2塁打で2点(7-0)、4番青山達史(2年)の3塁打で2点(9-0)、5番岡西佑弥(3年)の安打で1点(10-0)を追加し、10点差をつけた。投げてはエース塩路柊季(3年)が6回を被安打2・四死球0・奪三振6・計79球と好投。対する西城陽は、先発の背番号1藤川泰斗(3年)が6回を投げて被安打11で失点10、攻撃陣はヒット2本に抑え込まれた。


12:30 報徳学園(兵①) 8-2 市立和歌山(和③)
報徳学園|114|010|010|=8
市立和歌山|100|001|000|=2 

——————————————
⭐️試合総評⭐️報徳学園が8-2で市立和歌山に勝利。計11安打・8得点。1回表に2番岩本聖冬生(2年)の2塁打で1点、2回表には9番金澤阿呂空(3年)の安打で2点目。3回表には、背番号1の5番榊原七斗(3年)の特大3ラン本塁打(高校通算14号)と9番金澤阿呂空(3年)の安打で1点を追加し、6点目。5回表には9番金澤阿呂空(3年)のスクイズで7点目、8回表には2番岩本聖冬生(2年)の3塁打で1点を奪って、計8点。打者では、2番岩本聖冬生(2年)が5打数3安打2打点(2塁打・安打・3塁打)、9番金澤阿呂空(3年)が2打数2安打3打点と活躍が光った。投手陣は、背番号3正重怛太(3年)が5回1/3を被安打4・四死球6・奪三振2・失点2・計85球と力投。その後、6回裏に1死満塁のピンチで送られた背番号17盛田智矢(2年)が後続を断ち、残る3回2/3を被安打1・死球2・失点0と好リリーフした。敗れた市立和歌山は、エース米田天翼(3年)が完投し、被安打11・四死球4・奪三振5・失点8・計144球。攻撃陣は、計5安打に抑え込まれ、1回裏の押出四球による1点と、6回裏の押出死球による1点にとどまり、満塁の好機に1本が出なかった。



組み合わせ•トーナメント


🏢 和歌山でのホテル予約 [楽天トラベル] 🏢



優勝候補&優勝予想アンケート

春季近畿大会2022年 優勝予想アンケート

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...


【2022年 春季近畿大会 日程•会場•出場校】
・日程:5月21日(土)〜29日(日) ※土日

・会場:和歌山県 紀三井寺球場 ※1会場
・観客:有観客試合(上限:2600人/1試合)
・備考:今大会のファウルボールはプレゼント
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
・出場:各1校、和歌山3校の合計8校が出場
滋賀:①近江
京都:①西城陽
奈良:①奈良大附属
和歌:①智辯和歌山和歌山商業市立和歌山
大阪:①大阪桐蔭
兵庫:①報徳学園
・過去:2021年秋季近畿大会試合結果
・過去:2021年春季近畿大会試合結果



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路