【日程・結果】秋季近畿大会2021年 速報⚡️

秋季近畿大会 高校野球 2021年

秋季近畿大会 2021年 日程・速報・結果
10月16日(土)〜31日(日) [滋賀・有観客]

東北 関東 東京 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
来春のセンバツは2022年3月18日(金)に開幕!

⚡️センバツ近畿枠6:上位4校+2校が出場有力
⚡️明治神宮大会枠1:上記に加えて明治神宮枠1校
・優勝&準優勝:①大阪桐蔭 ②和歌山東
・4強:天理金光大阪
・8強:市立和歌山東洋大姫路近江京都国際
==================================
【2021年秋季近畿大会 出場校一覧(○順位)】
滋賀(3):①八幡商業  ②滋賀学園近江
京都(2):①京都国際  ②塔南
奈良(3):①智辯学園  ②高田商業天理
和歌(2):①市立和歌山和歌山東
大阪(3):①大阪桐蔭  ②金光大阪履正社
兵庫(3):①神戸学院大附東洋大姫路



[参考] センバツ出場校 近畿地区6枠

⚡️来春のセンバツ出場枠は、近畿地区=一般6枠(例年通り)。優勝&準優勝の大阪桐蔭(大①)・和歌山東(和②)、4強進出の天理(奈③)・金光大阪(大②)は出場有力に。さらに明治神宮大会枠:1枠(=大阪桐蔭が優勝)が追加されたことで、残り3枠にはどのチームが選出されるのか注目が集まる。

⚡️今回の秋季近畿大会の準々決勝で敗れた8強は、市立和歌山(和①)、東洋大姫路(兵③)、近江(滋③)、京都国際(京①)の4校。


【近畿地区大会 残る「3枠」有力候補アンケート】
※仮に近畿大会8強進出チームから選出された場合
※アンケート開始:2021年10月31日(日)

残る「一般2枠+神宮枠1」有力候補アンケート

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

【2021年秋季近畿大会 8強進出チームの戦歴】
・市立和歌山(和①):○2-1 神戸学院大(兵②) ●1-5 天理(奈③)
・東洋大姫路(兵③):○2-0 智辯学園(奈①) ●0-5 大阪桐蔭(大①)
・近江(滋③)   :○11-10 社(兵①) ●6-7 金光大阪(大②)
・京都国際(京①) :○3-0 履正社(大③) ●2-3 和歌山東(和②)




[参考] 前回大会の選考過程•理由について

⚡️今春センバツ2021年には、昨秋秋季近畿大会の上位4校(智辯学園・大阪桐蔭・市立和歌山・京都国際)に加えて、8強からは神戸国際大付(兵①)・天理(奈①)の2校が選出。同じく8強の智辯和歌山(和③)・龍谷大平安(京①)は、選出されなかった。

⚡️前回の選考委員会では、8強に加えて1回戦で智辯学園に延長で敗れた滋賀学園の5校で審査された。守備が堅く終盤に集中力を発揮し、地域性の観点から神戸国際大付が5番目に決定。最後の1枠は、大阪桐蔭にコールド負けした天理と智辯和歌山の比較に。エース達を擁する天理は、智辯和歌山と投手力&攻撃力とも互角とされたが、昨秋の奈良大会決勝戦で智辯学園に勝利した戦いぶりなどが評価されて選出された。


【前回:センバツ2021年 近畿出場校(6枠)】
・優勝 智辯学園(奈②)   ・準優 大阪桐蔭(大①)
・4強 市立和歌山(和①)  ・4強 京都国際(京③)
・8強 神戸国際大付(兵①) ・天理(奈①) ※選出あり
・8強:智辯和歌山(和③)  ・龍谷大平安(京①) ※選出なし

=======================================
【前回:8強進出チームの近畿大会での戦歴】
・神戸国際大(兵①):○5-2 近江(滋②) ●5-6 京都国際(京③)
・天理(奈①)   :○2-1 乙訓(京②) ●4-11(7) 大阪桐蔭(大①)
・智辯和歌山(和③):○8-1(7) 東海大仰星(大②) ●0-2 市和歌山(和①)
・龍谷大平安(京①):○4-1 山田(大③) ●3-8 智辯学園(奈②)



10月31日(日) 決勝戦

12:00 和歌山東(和歌②) 1-10 大阪桐蔭(大阪①) 
和歌山東|000|100|000|=1
大阪桐蔭|321|030|10x|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が10-1で和歌山東に勝利し、4年ぶり4回目の優勝。近畿地区代表として明治神宮大会へ出場する。大阪桐蔭は、計13安打10得点で圧倒した。初回に先頭から2者を死四球で出すと、3番松尾の2塁打で1点、4番丸山の安打で1点、押出四球で1点と3点を先制。2回裏には3番松尾の安打と失策が絡み2点、3回裏には9番川井の犠牲フライで1点(6点目)。5回裏には、9番工藤の2塁打で1点、1番伊藤の2塁打で1点、2番谷口に安打で1点(9点目)。7回裏には3番別所の安打で10点目を奪った。投手陣は、先発の背番号11川井が5回を被安打3・四球2・奪三振7・失点1、背番号1別所が2回を被安打1・四球1・奪三振1、背番号10川原が残る2回を被安打2・死四球0・奪三振4と好投し、勢いに乗る和歌山東打線を1点に抑え込んだ。和歌山東は、今大会初登板の背番号13石野が先発して0回2/3を被安打2・死四球4・失点3。1回裏2死からエース麻田に継投し、5回裏途中から背番号11田村が継投した。打線は、相手の3投手の前に計6安打。今大会旋風を巻き起こした和歌山東は、2000年の鳥羽(京都)以来となる21年ぶりの公立校優勝はならなかった。なお、公立校の決勝進出は2018年の明石商業(兵庫)以来3年ぶりとなる。



[戦歴] 大阪桐蔭vs和歌山東

⭐️大阪桐蔭の戦歴⭐️近畿大会の過去3試合で失点はわずか1点。エース級の活躍を見せる背番号14前田悠伍(1年)は、3試合(計17回、2試合完投)を投げて、被安打12・与死四球4・奪三振11・失点1と快投を続ける。打っては、天理戦で4打数2安打4打点(3ラン含む)の活躍を見せた。チーム打率は.337で、田井志門は打率.556・打点5(2ラン本塁打含)、谷口は打率.545・打点1、海老根は打率.500・打点4、丸山は打率.500・打点3と好調だ。ここまで、①初戦は塔南(京都②)に7-0(7C)で勝利。前田(1年)が被安打2・四死球3・奪三振6で完封(7C)、6番田井が3打数2安打3打点と活躍。②準々決勝は東洋大姫路(兵庫③)に5-0で勝利。4回に6番田井の2ランで先制するなど5得点。背番号10川原が6回を被安打5・四球1・奪三振5、背番号14前田(1年)が3回を被安打1・死球1・奪三振3で完封リレーした。③準決勝は天理(奈良③)に9-1(7C)で勝利。前田が7回を被安打9・死四球0・奪三振2・失点1(計82球)と好投し、攻撃陣は好投手の天理エース南澤らを攻略して計12安打9得点を記録した。


⭐️和歌山東の戦歴⭐️エース麻田一誠を中心に旋風を巻き起こし、決勝戦まで駆け上がってきた。エース麻田はここまで3試合(計20回2/3、2試合完投)を投げて、被安打19・与死四球5・奪三振9・失点3と好投を続ける。守備陣は3試合で失策わずか1つ(初戦のみ)。攻撃陣は初戦・準々決勝の2試合で計6得点だったが、準決勝では13安打8得点を記録するなど調子を上げている。打者では、1番山田が打率.400、4番此上が打率.400、5番中川が打率.500、6番尾花が打率.364・打点3と好調だ。ここまで①初戦で八幡商業(滋賀①)に3-1で勝利。麻田が被安打6・四球1・奪三振4・計113球で完投。6番尾花が先制打を含む4打数2安打2打点と活躍。②準々決勝は京都国際(京都①)に3-2で勝利。背番号11田村が4回1/3を被安打5・死球1・奪三振1・失点1と力投し、麻田が4回2/3を被安打5・死球1・奪三振1・失点1と好救援した。③準決勝は金光大阪(大阪②)に8-1(7C)で勝利。麻田が7回を被安打8・四球3・奪三振4・失点1(計103)と力投し、打っては3打数1安打3打点と投打で活躍。チームは計13安打・4盗塁を記録。スラッガー体格の2番森岡颯太が豪快なソロ本塁打を放った。センバツは出場すれば10年に軟式から硬式に移行して以来、春夏通じて初。現在のチームスローガンは「魂」。



10月30日(土) 準決勝(2/2)

13:30 和歌山東(和歌②) 8-1 金光大阪(大阪②)(7C) 
和歌山東|101|103|200|=8
金光大阪|000|001|000|=1

=========================
⭐️金光大阪の戦歴⭐️エース古川温生(はるき)が過去2試合(18回)を被安打14・与死四球8・奪三振16・失点6と力投する。攻撃陣は、5番貴島琉惺が近江戦で4打数2安打5打点と活躍し4強入りの立役者に。ここまで、①初戦で高田商業(奈良②)に2-0で勝利、古川が被安打5・四球1・奪三振11で完封した。②準々決勝は近江(滋賀③)に6点差をひっくり返して7-6で逆転勝利。5番貴島は4回に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回に同点に追いつく3点2塁打を記録。貴島は入部以来ずっとゴミ拾いを欠かさぬ習慣を持つ。エース古川は被安打9・四球7・奪三振5で完投、序盤に6失点も4回以降は3安打に抑えた。センバツは出場すれば09年以来3度目。


⭐️試合総評⭐️和歌山東が金光大阪に8-1(7C)で勝利し決勝進出。エース麻田一誠が7回を被安打8・四球3・奪三振4・失点1(計103)と力投し、打っては3打数1安打3打点(3塁打で2点、内野ゴロで1点)と投打で活躍した。チームは計13安打・4盗塁を記録し、守っては失策0とバックの堅守も光った。まず、1回表に5番中川の安打で1点を先制すると、3回表に2番森岡颯太のソロ本塁打で1点、4回表に8番麻田の内野ゴロで1点を奪い、3-0。さらに6回表には、8番麻田の3塁打で2点、9番瀬村の安打で1点を追加。7回表にも此上の2塁打で1点、6番尾花の安打で1点を加えて計8得点。敗れた金光大阪は、先発のエース古川が5回を被安打7・四球1・奪三振5・失点3と力投し、武富が残る2回を投げて被安打6・四球1・失点5。攻撃陣は、チーム8安打を記録するも1点止まり(残塁7)だった。



10月30日(土) 準決勝(1/2)

11:00 大阪桐蔭(大阪①) 9-1 天理(奈良③)(7C)
大阪桐蔭|000|223|200|=9
天理・・|010|000|000|=1

=========================
⭐️天理の戦歴⭐️身長188cmの右サイドスロー南澤佑音が過去2試合(計19回)を完投。高い制球力で計19回を被安打13・与死四球3・奪三振5・失点3。攻撃陣は、3番戸井零士主将が打率.556・打点3・本塁打1本と好調で、4番内藤大翔も勝負強さがある。ここまで、①初戦は滋賀学園(滋賀②)に3-2(延長10回)で勝利。南澤が10回完投、3番戸井主将&4番内藤が活躍するなど、中核メンバーが仕事。②準々決勝は市立和歌山(和歌山①)に5-1で勝利。イケイケ打線は、3回に4者連続の長短打で一挙3点、4回にエース南澤の安打で1点、5回に3番戸井主将のソロ本塁打で1点を奪って計5点。南澤が被安打6・四死球1・奪三振2・失点1で完投、3番戸井主将が4打数3安打2打点(ソロ弾1本)と活躍した。


⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が天理に9-1(7C)で勝利。先発の背番号14前田悠伍(1年)が7回を被安打9・死四球0・奪三振2・失点1(計82球)と好投し、打っては3ラン本塁打を含む4打数2安打4打点と投打で活躍が光った。試合は、1点を先制されて迎えた4回表、1死満塁のチャンスから6番海老根の2点タイムリーで2-1と逆転。5回表には1番伊藤のソロ本塁打で1点、4番丸山の安打で1点。6回表には、先発の9番前田の3ランで3点。7回表には、8番鈴木のスクイズで1点、9番前田の安打で1点を奪い、9-1とした(計12安打)。序盤に失策から1点を先制される悪い流れのある中で、中盤以降はヒットで出た走者を犠打で着実に送るなどし、流れを引き寄せた。敗れた天理は、エース南澤が6回を被安打9・四球4・奪三振3・7失点。打線は計9安打を放って得点源に走者を進めるも、あと一本が出ずに1点にとどまった。



10月24日(日) 準々決勝(1/4)

09:00 東洋大姫路(兵③) 0-5 大阪桐蔭(大①)
東洋大姫路|000|000|000|=0
大阪桐蔭|000|220|10x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が5-0で勝利し4強進出(センバツ出場有力に)。大阪桐蔭は4回裏、6番田井志門の2ラン本塁打で2点を先制。5回裏に、相手失策で出た走者を2番谷口が2塁打で返して1点、4番海老根の内野ゴロの間に1点を追加。7回裏には、2番谷口の2塁打でチャンスを作り、4番海老根の安打で1点を奪い、合計5得点。先発の背番号10川原が6回を被安打5・四球1・奪三振5、その後は背番号14前田(1年)が3回を被安打1・死球1・奪三振3の好投で、東洋大姫路打線を完封リレーした。敗れた東洋大姫路はエース森健人が11安打・四球2・奪三振3と力投するも、打線が5回以降はヒット1本に抑えられた。

10月24日(日) 準々決勝(2/4)

11:30 近江(滋③) 6-7 金光大阪(大②) 
近江・・|302|100|000|=6
金光大阪|000|300|04x|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️金光大阪が7-6で近江に逆転勝利し4強進出(センバツ出場有力に、出場すれば09年以来3度目)。序盤に6点リードされる展開も、4回裏に5番貴島の3塁打で2点、6番今北の3塁打で1点を奪い3-6と3点差。8回裏に死球2つとヒットから1死満塁のチャンスを作ると、5番貴島の2塁打で3点を奪い6-6の同点とし、7番森下の安打で1点を勝ち越した。この試合、5番貴島琉惺は4打数2安打5打点、4回裏に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回裏に同点に追いつく3点2塁打を放つなど活躍が際立った(入部以来ずっとゴミ拾いを欠かさぬ習慣を持つ)。エース古川は9回を一人で投げ抜き、被安打9・四球7・奪三振5と粘りの投球で、序盤に6失点するも4回以降は相手打線を3安打に抑えた。一方の近江は、初戦の社高校戦(11-10)に続いて激戦を繰り広げるも準々決勝で敗退。投手陣は、背番号9星野・背番号10外義の2投手が登板するも序盤に挙げた6点のリードを守りきれなかった。攻撃面では、6番川元ひなたが5打数2安打3打点、背番号1&4番を兼ねる山田主将は初回に先制点となる2塁打を放つなど活躍を見せた。



10月24日(日) 準々決勝(3/4)

14:00 和歌山東(和②) 3-2 京都国際(京①) 
和歌山東|200|010|000|=3
京都国際|100|000|001|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️和歌山東が京都国際に3-2で勝利し4強進出(センバツ出場有力に、出場すれば10年に軟式から硬式に移行して以来、春夏通じて初出場)。昨年の秋季近畿大会で3-4で敗れた京都国際にリベンジを果たした。和歌山東は1回表にヒット2本と四球から2死満塁のチャンスを作ると、6番田村のタイムリーで2点を先制。1回裏、京都国際は1番武田が2塁打で出塁すると犠打で送り、3番辻井が犠牲フライで返して1点。5回表、和歌山東は1番山田の内野ゴロで3-1とリードを広げた。9回裏、2点を追う京都国際は先頭打者のエース森下が弾丸ライナーのソロ本塁打を放ち、1点差に迫るも及ばなかった。和歌山東は背番号11田村が4回1/3を被安打5・死球1・奪三振1・失点1と好投し、エース麻田が残る4回2/3を被安打5・死球1・奪三振1・失点1と好リリーフした。チームは計5安打も少ない好機を確実に物にした。対する京都国際は右腕エース平野が先発し、5回を被安打3・四球2・奪三振5・失点3と力投。後半は左腕エース森下が継投し、4回を被安打2・四球1・奪三振6・失点0と力を発揮した。チームは計10安打を放つも、和歌山東の2投手に要所を抑えられ2得点にとどまった。

10月23日(土) 準々決勝(4/4)

14:00 市立和歌山(和①) 1-5 天理(奈③)
市立和歌山|000|000|100|=1
天理・・・|003|110|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️天理が5-1で市立和歌山に勝利し、4強進出(センバツ出場有力に)。3回裏に9番重舛の2塁打、1番藤森の2塁打(1点)、2番永井の3塁打(1点)、3番戸井主将の安打(1点)と4者連続の長短打で一挙3点を奪って主導権を握った。4回裏には8番のエース南澤のタイムリーで1点、5回裏には3番戸井主将のソロ本塁打で1点を奪って合計5得点。投げてはエース南澤が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振2。制球力を生かした打たせて取るピッチングで、相手打線を内野ゴロによる1点のみに抑え込んだ。この日も3番戸井主将が勝負強い打撃で4打数3安打2打点(うちソロ本塁打1本)と活躍が光った。この日、天理の中村監督は「イケイケ打線」を組んだと試合後にコメント。対する市立和歌山はエース米田が9回を被安打10・四死球4・奪三振9と力投するも、攻撃陣が計6安打に抑えられた。



10月23日(土) 1回戦

09:00 八幡商業(滋①) 1-3 和歌山東(和②)
八幡商業|000|010|000|=1
和歌山東|000|200|01x|=3

=========================
⭐️試合総評⭐️和歌山東が3-1で八幡商業に勝利。和歌山東のエース麻田一誠は9回を一人で投げ抜き被安打6・四球1・奪三振4・計113球と好投。攻撃陣は計9安打、6番尾花が先制打を含む4打数2安打2打点と活躍した。敗れた八幡商業は有薗・石田・中川の3投手が登板し力投を見せるも、攻撃陣は計6安打でチャンスを作るもあと一本が出なかった。


11:30 履正社(大③) 0-3 京都国際(京①) 
履正社|000|000|000|=0
京都国際|002|001|00x|=3

=========================
⭐️試合総評⭐️京都国際が3-0で履正社に勝利。エース森下瑠大が9回を一人で投げ抜き被安打7・四球1・奪三振11で完封(134球)した。3回裏に1番武田と3番平野順大のタイムリーでそれぞれ1点を挙げ、6回表には3番平野の2塁打・4番辻井の安打と四球から1死満塁のチャンスを作ると、6番エース森下がタイムリーを放ち3点目。いずれも甲子園経験豊富なメンバーが勝負強さを発揮した。敗れた履正社は今仲・福田・近藤・増田の4投手が登板し、被安打12(与四死球は計2つ)。打っては7安打も残塁8で無得点に終わった。



10月18日(月) 1回戦

13:00 近江高校(滋賀③) 11-10 社高校(兵庫①)  
近江・・|300|040|013|=11
・・・|000|150|040|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️両チーム21安打&21四死球の乱打戦は、8回裏に2点のリードを奪われた近江が9回表に2死満塁から2番中瀬樹の走者一層となる2塁打で11-10と逆転。9回裏には公式戦初マウンドとなる4人目の背番号6横田悟(1年)が3者凡退に抑えた。近江の投手陣は星野・外義・副島・横田の4人が登板し、被安打9・四死球11を記録。右肘の故障で投げられないエース山田をカバーした。敗れた社は一時最大6点差を追いつき、8回裏には芝本の勝ち越し打でリードを奪うなど粘りを見せるも、9回表にエース芝本が先頭から2者に死球を与えるなど踏ん張りきれなかった。

10月17日(日) 1回戦

12:00 東洋大姫路(兵庫③) 2-0 智辯学園(奈良①)
東洋大姫路|001|000|010|=2
智辯学園|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️東洋大姫路は、身長169cmのエース森健人が9回を一人で投げ抜き、被安打6・死球1・奪三振2の好投で智辯学園を完封。攻撃陣は3回に千代の2塁打で1点を先制、8回には4番賀川の2塁打で1点を奪った。敗れた智辯学園は、エース大坪が9回を被安打8・四死球3・奪三振5と粘投。攻撃陣は4回にチーム初安打、中盤には得点源に走者を進めるもあと一本が出なかった。


14:30 金光大阪(大阪②) 2-0 高田商業(奈良②) 
金光大阪|001|100|000|=2
高田商業|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️金光大阪のエース古川温生(はるき)が、9回を一人で投げ抜き、被安打5・四球1・奪三振11で完封の圧巻投球を見せた。9回裏には帰れば同点となる2走者を抱えるも、三者連続三振で試合を締めた。攻撃陣は3回に押出四球で1点、4回に2番福冨のスクイズで1点を奪った。敗れた高田商業は、先発の中村が3回を被安打5・四死球2・奪三振2、残る6回をエース鶴川内が被安打3・四球4・奪三振5といずれも好投したが、打線が5安打に抑えられた。



10月16日(土) 1回戦

09:00 神戸学院大附(兵庫②) 1-2 市立和歌山(和歌①) 
神戸学院大|000|100|000|=1
市立和歌山|010|001|00x|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️勝った市立和歌山はヒット4本・四球9・死球2で2点(残塁11)、敗れた神戸学院大はヒット7本・四死球3で1得点(残塁8)と、共に走者を出すも得点が奪えぬ試合展開に。市立和歌山の最速148キロ右腕のエース米田は9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球3・奪三振10と力投。6回以降は、打者12人に対し1人の走者も許さぬ投球で、チームを勝利に導いた。


11:30 天理(奈良③) 3-2 滋賀学園(滋賀②)(10)
天理・・|001|000|010|100=3
滋賀学園|000|000|002|000=2

=========================
⭐️試合総評⭐️天理は、エース・主将・4番の活躍が光った。最速139キロを持つ身長188センチのサイドスロー右腕のエース南澤佑音は、延長10回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球2・奪三振3と好投。打っては、3番戸井主将が8回表には2点目のきっかけとなる3塁打、延長10回には決勝点となる2塁打を放つ活躍を見せた。また、4番内藤大翔も3回表に先制点となるタイムリー2塁打、8回表には2点目となる犠牲フライを放つなど勝負強さが光った。敗れた滋賀学園は、エース服部が9回を被安打5・四死球5・奪三振10と好投が光った。攻撃陣は、9回裏には6番藤田英志のソロ本塁打などで同点に追いつく粘りをみせた。


14:00 塔南(京都②) 0-7 大阪桐蔭(大阪①)(7C) 
塔南・・|000|000|000|=0
大阪桐蔭|500|010|100|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が初回に大量5得点を奪い、試合の流れを引き寄せた。6番田井志門は3打数2安打3打点と活躍が光った。投げては、背番号14の前田悠伍(1年生)が7回を被安打2・四死球3・奪三振6・失点0と好投した。敗れた塔南は、エース野原元気が被安打7・四死球7・奪三振2・失点7を記録。初回に4安打を浴びるも、3回から6回までは大阪桐蔭打線をノーヒットに抑えるなど力を見せた。



組み合わせ日程・トーナメント

【2021年秋季近畿大会 大会日程・開催県】
・組み合わせ抽選会:10月12日(火)
・日程:10月16日(土)〜31日(日) ※土日 
・開催:滋賀県・皇子山球場 ※全試合
・一般入場可能な有観客試合(最大5000人)
・入場料金:大人1000円、中高生500円

【2021年秋季近畿大会 出場校一覧(○順位)】
滋賀(3):①八幡商業  ②滋賀学園近江
京都(2):①京都国際  ②塔南
奈良(3):①智辯学園  ②高田商業天理
和歌(2):①市立和歌山和歌山東
大阪(3):①大阪桐蔭  ②金光大阪履正社
兵庫(3):①神戸学院大附東洋大姫路



優勝予想アンケート

優勝予想アンケート 秋季近畿大会2021年

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

※白ボタンから投票 10月9日(土)開始 
センバツの近畿地区出場枠は「6枠」


🌸センバツ出場校は32校(例年通り)。出場枠は、北海道=1、東北=2、関東東京=6[関東4・東京1・比較1]、東海=2、北信越=2、近畿=6、中国四国=5[中国2・四国2・比較1]、九州=4、21世紀枠=3[東1・西1・地域限定なし1]、明治神宮大会枠=1を予定。



[過去] 秋季近畿大会2020年

◆2020年秋季近畿大会は、優勝=智辯学園、準優勝=大阪桐蔭、4強=市立和歌山・京都国際。

◆センバツ出場枠は「近畿地区=6」。上位4校と8強から神戸国際大付と天理の2校が選出。

【センバツ2021年 出場校&出場枠=6枠】
・優勝 智辯学園   ・準優 大阪桐蔭
・4強 市立和歌山  ・4強 京都国際
・8強 神戸国際大付 ・8強 天理(以上6校)

——————————————
・8強:智辯和歌山・龍谷大平安 ※選出なし

【過去:2020年秋季近畿大会 結果一覧】
・2020年10月17日(土)〜11月1日(日) 京都開催
・滋賀(2):①滋賀学園 ②近江
・京都(3):①龍谷大平安 ②乙訓 ③京都国際
・奈良(2):①天理 ②智辯学園
・和歌(3):①市立和歌山 ②和歌山東 ③智辯和歌山
・大阪(3):①大阪桐蔭 ②東海大大阪仰星 ③山田
・兵庫(3):①神戸国際大付 ②東播磨 ③長田

[最近10年の秋季近畿大会優勝・準優勝校]
・2021年 大阪桐蔭(大阪)  和歌山東(和歌山)
・2020年 智辯学園(奈良)  大阪桐蔭(大阪)
・2019年 天理(奈良)    大阪桐蔭(大阪)
・2018年 龍谷大平安(京都) 明石商業(兵庫)
・2017年 大阪桐蔭(大阪)  智辯和歌山(和歌山)
・2016年 履正社(大阪)   神戸国際大付(兵庫)
・2015年 大阪桐蔭(大阪)  滋賀学園(滋賀)
・2014年 天理(奈良)    立命館宇治(京都)
・2013年 龍谷大平安(京都) 智辯和歌山(和歌山)
・2012年 京都翔英(京都)  報徳学園(兵庫)
・2011年 智辯学園(奈良)  天理(奈良)
・2010年 天理(奈良)    履正社(大阪)