【特集・試合結果一覧】明治神宮大会2018|優勝は札幌大谷、準優勝は星稜

2019年の明治神宮大会日程が決定

2019年の明治神宮野球大会は11月14日(木)に開会式を行い、15日(金)から20日(水)まで6日間で開催される。日本学生野球協会、全日本大学野球連盟の理事会(12月5日開催)で決まった。

2018年の全試合結果は以下の通り。

【特集】全試合結果一覧2018

高校野球は、世代No.1右腕の奥川を中心とした最強世代の星稜を、勢いに乗る創部10年の札幌大谷が2-1で逆転勝利し初優勝。また、大学野球は、立正大が6-4で環太平洋大に逆転勝利し、優勝。

▷特集:注目選手・チーム打率・防御率


全試合詳細レポート一覧

明治神宮大会は、札幌大谷が初出場で優勝。決勝戦では前評判の高かった星稜を接戦の末で劇はした。打線は、決勝で逆転打を放った北本、打率6割の釜萢の1、2番が中心。決勝では大型エース右腕・西原が1安打完封の見事なピッチングを魅せた。また、準決勝では、8回まであわや「ノーヒットノーラン」という好投を魅せたサブマリン投法・太田流星のピッチングも光った。

準優勝の星稜はエース右腕・奥川が140キロ台後半の直球にフォークを交え、15回余りを投げて1失点と注目される中で見事な投球を魅せた。また右腕・荻原、左腕・寺沢も控え、投手層が厚かった。

高松商は2試合で21安打としぶとく打った。、筑陽学園は救援の右腕・西舘が力投した。

▷札幌大谷2-1星稜!エース西原が圧巻投球
▷星稜7-4高松商業|東海林の本塁打で試合決めた
▷札幌大谷5-2筑陽学園|太田流星ノーノー目前
▷高松商業9-6八戸学院光星|立岩の3ランで決着
▷札幌大谷7-3国士舘|1年生投手・増田大貴が活躍
▷星稜9-0広陵|エース奥川が圧巻11奪三振
▷筑陽学園10-1桐蔭学園|福岡大真がソロアーチ
▷札幌大谷6-5龍谷大平安|エース西原粘りの投球
▷八戸学院光星7-3東邦|武岡本塁打で試合決めた


11月14日(水) 大学決勝

【決勝】立正大 6-4 環太平洋大 

11月13日(火) 決勝 大学準決

【決勝】星稜1-2 札幌大谷 (試合レポート)
立正大 12-1 関西国際大 (6回コ)
近畿大学 0-7 環太平洋大 (8回コ)
▷注目選手・チーム打率・防御率など18

11月12日(月) 結果

高松商業 4-7 星稜  (試合レポート)
札幌大谷 5-2 筑陽学園  (試合レポート)
東日本国際大 0-1 近畿大学 
▷ベンチ入りメンバー(高校名リンク)
▷注目選手:チーム打率・防御率など



11月11日(日) 結果

高松商 9-6 八戸学院光星 (試合レポート)
札幌大谷 7-3 国士舘 (試合レポート)
法政大学 2-4 環太平洋大
創価大学 2-4 関西国際大

▷ベンチ入りメンバー(高校名リンク)
▷注目選手:チーム打率・防御率など

11月10日(土)結果

星稜 9-0 広陵 (7回)  (試合レポート)
桐蔭学園 1-10 筑陽学園 (7回) (試合レポート)
九州共立大 0-2 立正大 
筑波大学 1-2 近畿大学 
▷ベンチ入りメンバー(高校名リンク)
▷注目選手:チーム打率・防御率など



11月9日(金) 結果

八戸学院光星 7-3 東邦 (試合レポート)
龍谷大平安 5-6 札幌大谷 (試合レポート)
中部学院大 1-8 関西国際大(7回コ)
函館大 1-2 環太平洋大
▷ベンチ入りメンバー(高校名リンク)
▷注目選手:チーム打率・防御率など

組み合わせ日程|高校野球

組み合わせ日程|大学野球




出場校一覧(全地区・10校)

札幌大谷(北海道大会全試合結果)
八戸学院光星(東北大会全試合結果)

星稜(北信越大会全試合結果)
国士舘(東京大会全試合結果)
桐蔭学園(関東大会全試合結果)

龍谷大平安(近畿大会全試合結果)
東邦(東海大会全試合結果)
広陵(中国大会全試合結果)
高松商業(四国大会全試合結果)
筑陽学園(九州大会全試合結果)

出場大学一覧(11校)

創価大学(関東五連盟第一)
筑波大学(関東五連盟第二)
関西国際大(関西五連盟第二)
法政大学(東京六)
近畿大学(関西五連盟第一)
東日本国際大(東北三連盟)
中部学院大(北陸・東海三連盟)
環太平洋大(中国・四国三連盟)
九州共立大(九州三連盟)
立正大(東都)
函館大(北海道二連盟)


チケット発売時間・開門時間

第1日 11/9(金) 7時半発売開始
第2日 11/10(土) 7時半発売開始
第3日 11/11(日) 7時半発売開始
第4日 11/12(月) 9時発売開始
第5日 11/13(火) 9時発売開始
第6日 11/14(水) 10時発売開始

当日券チケット発売・入場料

一般席券 1,300円
学生席券 500円(小学生は大人同伴に限り無料)
ボックス席、テーブル席、ペアシートも

出場チームの打率・防御率など

近畿大会などの地区大会を通じた打率、防御率、本塁打数、盗塁数、失策数ランキングは以下の通り。

優勝候補として注目される星稜は、ドラフト候補・奥川を中心に「防御率0.80」と他のチームから抜きんでている投手力がある。また、1試合あたりのエラーの数も最も少なく、守備からリズムを作るチームといえる。

打撃面で好調なのが東邦だ。チーム打率は出場校中で1位の.387。本塁打数も4本と最多だ。加えて、盗塁も3試合で7盗塁と足を使った攻撃もある。

<打率ランキング>

チーム打率ナンバーワンは東邦、次いで広陵、高松商業と続く。
1位 東邦 .387
2位 広陵 .366
3位 高松商業 .340
4位 国士舘 .326
5位 札幌大谷 .313
6位 八戸学院光星 .302
7位 桐蔭学園 .285
8位 龍谷大平安 .281
9位 星稜 .274
10位 筑陽学園 .245

<防御率>

防御率ナンバーワンは、星稜。奥川を中心とした投手力は抜きんでている。
1位 星稜 0.80
2位 国士舘 1.62
3位 筑陽学園 1.67
4位 龍谷大平安 1.70
5位 札幌大谷 1.95
6位 高松商業 2.00
7位 広陵 2.06
7位 八戸学院光星 2.06
9位 桐蔭学園 3.00
10位 東邦 3.81

<本塁打数>

本塁打総数、1試合あたりの本塁打数の最多は東邦。桐蔭学園の合計3本は全てキャプテン森が放っている。
1位 東邦 4本
2位 札幌大谷 桐蔭学園 龍谷大平安 3本
5位 星稜 八戸学院光星 2本
7位 国士舘 筑陽学園 1本
10位 広陵 高松商業 0本

<盗塁数>

1試合あたりの盗塁数が最も多いのは、東邦と高松商業だ。一方、1試合あたりで最も盗塁が少ないのは筑陽学園。
1位 星稜 9盗塁(5試合)
2位 札幌大谷 8盗塁(4試合)
3位 桐蔭学園 7盗塁(4試合)
3位 国士舘 7盗塁(6試合)
3位 東邦 7盗塁(3試合)
3位 高松商業 7盗塁(3試合)
7位 八戸学院光星 6盗塁(4試合)
7位 龍谷大平安 6盗塁(4試合)
9位 広陵 4盗塁(4試合)
10位 筑陽学園 1盗塁(4試合)

<失策>

1試合あたり最もエラーが少ないのは星稜、次いで八戸学院光星・国士舘。一方、1試合あたりで最もエラーが多いのは札幌大谷。
1位 星稜 2(5試合)
1位 東邦 2(3試合)
1位 高松商業 2(3試合)
1位 八戸学院光星 2(4試合)
4位 国士舘 3(6試合)
4位 広陵 3(4試合)
6位 龍谷大平安 6(4試合)
6位 筑陽学園 6(4試合)
9位 桐蔭学園 7(4試合)
10位 札幌大谷 9(4試合)

「スポンサーリンク」

明治神宮大会の日程

11月9日(金)~14日(水)
明治神宮野球場にて開催

開会式の日程・会場

11月8日(木) 15:40予定
明治神宮会館(大会前日)

選手宣誓

選手宣誓は九州三連盟代表(大学)と北信越地区代表(高校)の主将

ネット生中継・放送予定

バーチャル高校野球が全試合を生中継。

「スポンサーリンク」

2019選抜高校野球出場校一覧予想|一般枠

出場校を決める選考委員会は2019年1月25日(金)に行われる。

秋季地区大会で上位に進んだチームが選抜出場となる見通し。

2019年春の出場校は合計32校となる。

出場枠の内訳は、一般枠:28校、21世紀枠:3校、明治神宮大会枠:1校(明治神宮大会で優勝したチームの地区に枠が1つ加わる)の予定。

北海道大会

選抜・北海道の出場枠(1)
優勝 札幌大谷
▷北海道大会の全試合結果

東北大会

選抜・東北の出場枠(2)
優勝 八戸学院光星
準優勝 盛岡大付属
▷東北大会の全試合結果

関東大会・東京大会

選抜・関東&東京の出場枠(6)
(関東大会)
優勝 桐蔭学園
準優勝 春日部共栄
4強 習志野
4強 山梨学院
▷関東大会の全試合結果
(東京大会)
優勝 国士舘
準優勝 東海大菅生
4強 早実
4強 東亜学園
▷東京大会の全試合結果

北信越大会

選抜・北信越の出場枠(2)
優勝 星稜
準優勝 啓新
▷北信越大会の全試合結果

東海大会

選抜・東海の出場枠(2)
優勝 東邦
準優勝 津田学園
▷東海大会の全試合結果

近畿大会

選抜・近畿の出場枠(6)
優勝 龍谷大平安
準優勝 明石商業
4強 履正社
4強 智弁和歌山
8強 大阪桐蔭
8強 市和歌山
8強 福知山成美
8強 報徳学園

中国大会

選抜・中国&四国の出場枠
中国(2)、四国(2)、合計(5)
優勝 広陵
準優勝 米子東
4強 市呉
4強 創志学園
▷中国大会の全試合結果

四国大会

選抜・中国&四国の出場枠
中国(2)、四国(2)、合計(5)
優勝 高松商業
準優勝 松山聖陵
4強 富岡西
4強 高知商業
▷四国大会の全試合結果

九州大会

選抜・九州の出場枠(4)
優勝 筑陽学園
準優勝 明豊
4強 日章学園
4強 大分
▷九州大会の全試合結果

スポンサー リンク