【日程•結果】東北大会2022年 速報⚡️

東北大会 高校野球 2022年

春季東北大会 高校野球 2022年 特集!

【2022年 春季東北大会 日程・開催県】
・日程:6月8日(水)〜13日(月) [有観客]
・開催:福島県(あづま•開成山) 
————————————————————————
【2022年 秋季東北大会 日程・開催県】
・抽選:9月30日(金) ※各県3チーム出場
・日程:10月10日(月)〜16日(日)
・開催:山形県(県営球場・きらやか球場)
・各地:青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

6月13日(月) 決勝戦

13:00 東北(宮②) 3-4 聖光学院(福①)(あ)
東北・・|001|020|000|=3
聖光学院|000|000|40x|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が4-3で東北に逆転勝利し、2022年春季東北王者に!決勝は、両校の持ち味が存分に発揮された好ゲームに。まず3回表、東北は3番柴田昌吾(3年)の安打で1点を先制。5回表には失策2つと四球から2死満塁のチャンスを作ると、ここで4番伊藤千浩(3年)の2塁打で2点を奪って3-0。直後に聖光学院はエース佐山未來(3年)に交代し後続を断つ。5回裏に聖光学院は3番安田淳平(3年)が3塁打で出塁して2死3塁のチャンスを作ると、直後に東北はエース伊藤千浩(3年)に交代して後続を断つ。迎えた7回裏、聖光学院は8番生田目陽(3年)が安打、9番佐山未來(3年)が死球で出塁すると、2番髙中一樹(2年)の犠牲フライでまず1点。さらに3番安田淳平(3年)が安打で続いて2死2・3塁のチャンスを作ると、4番三好元気(2年)がファールで4球粘った後に2点2塁打を放って、3-3の同点。さらに5番山浅龍之介(3年)の安打で1点を奪い、4-3と勝ち越した。勝った聖光学院は計12安打。投手陣は、背番号11小松桜吏(2年)が4回2/3を被安打4・四球1・奪三振5と好投し、その後は背番号1佐山未來(3年)が残る4回1/3を被安打1・四死球0と好投した。敗れた東北は、背番号17小倉勝貴(3年)が1回を、背番号11秋本羚冴(2年)が3回2/3を投げ、5回裏のピンチからは背番号1伊藤千浩(3年)が、8回裏のピンチからは背番号10ハッブス大起(2年)が登板した。聖光学院は、この決勝でも大会を通じて発揮してきた終盤の粘り強さを魅せ、一方で敗れた東北は今大会で躍動が際立ったエースで4番の伊藤千浩(3年)が4失点も中盤に2点2塁打を放つなど力を見せた。



[過去戦歴] 決勝進出校の勝ち上がり

⭐️聖光学院|決勝までの戦歴⭐️①盛岡大附に9-0(7C)。背番号11小松桜吏(2年)と背番号1佐山未來(3年)が継投し、計13安打を放ってコールド&完封発進。②準々決勝・秋田商業に5x-4。1点を追う9回裏、1番赤堀颯(3年)と2番髙中一樹(2年)が安打で出塁し、3番安田淳平(3年)が2点2塁打を放って決着。背番号1佐山未來(3年)の完投&力投をナインが援護。③準決勝・聖愛に5-3(延長12回)。12回表に2死1・2塁から、7番狩野泰輝(3年)の安打で1点、8番生田目陽(3年)の安打で1点を奪い、5-3。背番号11小松桜吏(2年)が1回途中で降板も、背番号10小林剛介(3年)が5回を被安打3・四球1の好投を見せ、残る7回を背番号1佐山未來(3年)が被安打6・四球1・奪三振5・計94球と力投。聖光学院は、過去2戦では特に終盤で勝利への執念を燃やし、魂の野球を魅せている。
————————————————————————
【聖光学院の戦歴|春季福島大会2022年】
・決勝  :聖光学院 6-2 光南
・準決勝 :聖光学院 9-2 学法石川(7)
・準々決勝:聖光学院 1-0 福島商業 
・2回戦 :聖光学院 6-1 田村 


⭐️東北高校|決勝までの戦歴⭐️①初戦・光南に11-1(5C)。背番号1伊藤千浩(3年)が好投&2ランと投打で躍動。②準々決勝・花巻東に3-1。背番号17小倉勝貴(3年)が5回を、背番号1伊藤千浩(3年)が4回を投げ、継投リレーで2安打完封。攻撃陣は11安打、6回表に3番柴田昌吾(3年)の安打で1点、5番金井翔陽(3年)の犠牲フライで1点を奪い、2-1と逆転。③準決勝・青森山田に3-1。背番号10ハッブス大起(2年)が4回を被安打5と好投し、5回途中から背番号1伊藤千浩(3年)が5回を被安打2・四死球0・奪三振10・計70球と快投。計8安打を放ち、2回表に8番ハッブス大起(2年)の安打で1点、3回表に3番柴田昌吾(3年)の2塁打で1点、失策から1点を奪った。エース伊藤千浩(3年)は、今大会は計13回を投げて失点0、打率.455・2ランなど投打で圧倒的存在感を放っている。
————————————————————————
【東北高校の戦歴|春季宮城大会2022年】
・決勝  :東北 01-8 仙台育英 ⚫︎
・準決勝 :東北 08-2 古川学園
・準々決勝:東北 18-4 東北学院榴ケ岡(6)
・2回戦 :東北 05-2 仙台南
・1回戦 :東北 08-0 県工業(7)
——–地区大会——————-
・決勝戦 :東北 05-9 仙台育英 ⚫︎
・代表決定:東北 08-0 仙台一(8)
・3回戦 :東北 10-0 東北学院
・2回戦 :東北 12-0 仙台工業(5)



6月12日(日) 準決勝

14:00 聖光学院(福①) 5-3 聖愛(青②)(12)(あ)
聖光学院|001|010|010|002|=5
聖愛・・|110|010|000|000|=3

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が5-3(延長12回)で聖愛に勝利。1点を追う8回表、1死2・3塁の場面で3塁走者が牽制死。しかしここで8番生田目陽(3年)がタイムリーを放ち3-3の同点。延長11回裏には1死満塁のピンチを凌ぐ(犠牲フライ→タッチアップをライト三好元気(2年)が好返球で本塁アウト)と、12回表に2死1・2塁の場面から、7番狩野泰輝(3年)の安打で1点、8番生田目陽(3年)の安打で1点を奪い、5-3とした。投手陣は背番号11小松桜吏(2年)が1回途中で降板も、その後は背番号10小林剛介(3年)が5回を被安打3・四球1と好投し、残る7回を背番号1佐山未來(3年)が被安打6・四球1・奪三振5・計94球の力投をみせた。攻撃陣は計14安打、3回表に相手失策から1点、5回表に4番三好元気(2年)の安打で1点を奪い、その後の接戦に持ち込んだ。敗れた聖愛は、背番号1葛西倖生(3年)が9回を被安打10・四球4・奪三振4・計132球の力投を見せ、延長10回からは背番号10津川凱(3年)に継投。攻撃陣は計9安打。1回裏に3番髙木優斗(3年)の犠牲フライで1点、2回裏に7番三上泰斗(3年)の安打で1点、5回裏に9番菊池成(2年)のソロ本塁打で1点を奪って、計3得点。延長11回裏には1死満塁の一打サヨナラの場面を作るも得点が奪えなかった。※この試合は、当初10時予定→12時半予定(前日変更)→試合は14時21分から開始され、試合終了は17時19分。


16:30 東北(宮②) 3-1 青森山田(青①)(あ)
東北・・|012|000|000|=3
青森山田|001|000|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️東北が3-1で青森山田に勝利し、決勝進出。先発の背番号10ハッブス大起(2年)が4回を被安打5・四死球2・奪三振4と好投し、5回裏途中からは今大会絶好調の背番号1伊藤千浩(3年)が5回を被安打2・四死球0・奪三振10・計70球の快投で、相手打線を寄せ付けなかった。攻撃陣は計8安打。2回表に8番ハッブス大起(2年)の安打で1点を先制すると、3回表には3番柴田昌吾(3年)の2塁打で1点、相手失策から1点を奪い、計3得点。敗れた青森山田は、背番号11木村虎鉄(3年)が4回を被安打6・四球1・奪三振5と力投し、その後は背番号10馬場大河(3年)が5回を被安打2・四球1・奪三振3と好投。守備陣は失策4つ。攻撃陣は計7安打を放つも、3回裏に3番森川大輝(3年)の安打で1点を返すにとどまり、その後は得点が奪えなかった。※この試合は17時52分に開始され、試合終了は20時28分。



6月10日(金) 準々決勝

10:00 秋田商業(秋①) 4-5x 聖光学院(福①)(あ)
秋田商業|000|004|000|=4
聖光学院|000|003|002|=5x

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が5x-4で秋田商業に逆転サヨナラ勝利。1点を追う9回裏、1死から1番赤堀颯(3年)と2番髙中一樹(2年)がヒットで出塁し1死1・2塁のチャンスを作ると、ここで3番安田淳平(3年)が2点2塁打を放って決着。背番号1佐山未來(3年)が9回を被安打10・四球1・奪三振8・計119球と力投。攻撃陣は計11安打。4点を先制された直後の6回裏にはヒット2本と四球から1死満塁の場面を作ると、7番小林剛介(3年)の犠牲フライで1点、相手暴投から1点、8番生田目陽(3年)の2塁打で1点を奪って1点差とし、最終回につなげた。敗れた秋田商業は、背番号10松橋星羅(2年)が6回を被安打7・四球2・奪三振4と好投、その後は背番号1菅原凜(3年)が力投するも最後はサヨナラ打を浴びた。攻撃陣は計10安打。5回表には、3連打から1死満塁とし、4番鈴木康介(3年)・5番寺門史優(2年)・6番松橋星羅(2年)の3者連続タイムリーで3点(怒涛の6連打)、押出四球から1点を奪うなど、つながりのある打線を魅せた。


12:30 羽黒(山①) 3-4x 青森山田(青①)(10)(あ)
羽黒・・|120|000|000|0 =3
青森山田|200|001|000|1 =4x

——————————————
⭐️試合経過⭐️青森山田が4x-3(延長10回サヨナラ)で羽黒に勝利。10回裏、1死から3番森川大輝(3年)が安打で出塁すると、4番加藤優(2年)がサヨナラ2塁打を放って決着。この試合、4番加藤優(2年)は1回裏にも2点2塁打を放つなど活躍が光った。投手陣は、先発の背番号10馬場大河(3年)が2回を被安打7・失点3。その後は、背番号18相馬皇士郎(3年)が6回を被安打6・四球1・奪三振2と力投し、9回表途中から背番号1堀内友輔(3年)が被安打0・四死球0と好投した。攻撃陣は計10安打を放ち、6回裏に8番川上大翔(2年)の3塁打で3-3の同点に追いつき、その後の勝利につなげた。敗れた羽黒は、計13安打。1回表に2番太田篤朗(3年)が3塁打で出塁すると、内野ゴロから1点。2回表には、1番鈴木大和(3年)と2番太田篤朗(3年)の連続タイムリーで2点を奪って一時は逆転するも、その後は得点が奪えなかった。投手陣は、背番号10本間葉琉(3年)が7回を被安打6・四球2と力投し、8回裏からは背番号1五十嵐竜(3年)が登板して、最後はサヨナラ打を浴びた。



6月9日(木) 準々決勝•1回戦

10:00 聖愛(青②) 7-6 仙台育英(宮①)(11)(あ)
聖愛・・|002|301|000|01 =7
仙台育英|002|000|400|00 =6

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖愛が7-6で仙台育英に勝利。延長11回表、2死から2番工藤遼大(3年)が2塁打で出塁すると、3番髙木優斗(3年)が2塁打で返して、これが決勝点。投手陣は、背番号1葛西倖生(3年)が7回を被安打10・四球4・奪三振3・失点6と粘投し、背番号10津川凱(3年)が残る4回を被安打1・四球2・奪三振3と好リリーフし、勝利を呼び込んだ。攻撃陣は計14安打。3回表に2番工藤遼大(3年)の安打で2点を先制すると、3回表には6番工藤天晴(てんせい・3年)の2ラン本塁打と9番神蓮虎(りとら・2年)の2塁打で1点を奪って5-2と再び勝ち越し。6回表には2番工藤遼大(3年)の安打で1点を追加し6-2。その後に4点差を追いつかれるも、延長戦の末に競り勝った。敗れた仙台育英は、背番号1古川翼(3年)が3回1/3を投げ、その後は背番号17鈴木晶太(3年)・背番号11髙橋煌稀(2年)が継投。8回表から登板した4人目の背番号19仁田陽翔(2年)が残る4回を被安打3・四球1・奪三振7と好投するも、最後は勝ち越しを許した。攻撃陣は計11安打。7回裏には、2番尾形樹人(2年)の安打で2点、4番齋藤陽(2年)の安打で1点、失策から1点を奪って同点。1点を追う11回裏に1死3塁のチャンスを作るも後続が続かなかった。


12:30 東北(宮②) 3-1 花巻東(岩①)(あ)
東北・・|000|002|010|=3
花巻東|001|000|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️東北が3-1で花巻東に勝利。背番号17小倉勝貴(3年)が5回を被安打2・四死球2・奪三振4・失点1と好投し、背番号1伊藤千浩(3年)が残る4回を被安打0・四死球0・奪三振3と好投。2投手の継投リレーで花巻東打線を2安打に抑え込んだ。攻撃陣は11安打を記録。6回表に3番柴田昌吾(3年)の安打で1点、5番金井翔陽(3年)の犠牲フライで1点を奪い、2-1と逆転。8回表には4番伊藤千浩(3年)の安打で1点を追加し、突き放した。エースで4番の伊藤千浩(3年)は投げては好救援、打っては4打数3安打1打点とこの日も活躍が光った。敗れた花巻東は背番号10萬谷大輝(3年)が6回を投げ、その後は背番号1工藤翔大(3年)・背番号11北條慎治(2年)が継投。攻撃陣はわずか2安打、3番佐々木麟太郎(2年)は無安打に終わった。得点は相手暴投からの1点にとどまった。


13:30 青森山田(青①) 4-2 明桜(秋②)(13)(開)
青森山田|020|000|000|000|2 =4
明桜・・|000|010|001|000|0 =2 ※1回戦

——————————————
⭐️試合結果⭐️青森山田が4-2(13回TB)で明桜に勝利。延長13回表、2死2・3塁から3番森川大輝(3年)の2塁打で2点を奪い、4-2と勝ち越し。投手陣は、背番号1堀内友輔(3年)が5回を被安打5・四球2・奪三振4と力投。その後、6回裏から背番号18相馬皇士郎(3年)が3回を被安打1と好投し、9回裏途中から登板した背番号11木村虎鉄(3年)が5回を被安打0と力投し、勝利を呼び込んだ。攻撃陣は計8安打。2回表に投手暴投から1点、9番堀内友輔(3年)の安打で1点を奪い、2点を先制。その後は無得点も、13回表に勝ち越した。敗れた明桜は、背番号1野中天翔(3年)が9回を被安打6・四球4・奪三振10と好投。延長10回からは背番号11相庭立稀(3年)が4回を被安打2と好投するも、最後は勝ち越し打を浴びた。攻撃陣は計6安打。5回裏に3番石田恋(3年)の安打で1点、9回裏には相手暴投から同点に追いつくも、延長13回裏に1死満塁の場面で得点が奪えなかった。※前日は雨天ノーゲーム(4回裏途中・東北大会で継続試合は採用されず)。青森山田は1番佐々木裕晟(3年)・9番對馬蓮(3年)・8番川下大翔(2年)の3者がソロ本塁打を放つなどで4-0とリードしていた。



6月8日(水) 1回戦(1/3)

09:00 学法石川(福③) 0-5 聖愛(青②)(あ)
学法石川|000|000|000|=0
聖愛・・|110|102|00x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖愛が5-0で学法石川に勝利。先発の背番号10津川凱(3年)が7回を被安打3・四死球0・奪三振5・計75球と好投し、残る2回を背番号1葛西倖生(3年)が無安打に抑えて完封リレー。攻撃陣は計7安打。1回裏に5番髙木優斗(3年)の安打で1点を先制すると、2回裏に暴投から1点、4回裏に失策から1点を追加。その後、6回裏に1番丸岡昂太郎(3年)の犠牲フライで1点、2番工藤遼大(3年)の安打で1点を追加し、計5得点。敗れた学法石川は、背番号1遠藤愛斗(3年)・背番号3阿部竜也(3年)・背番号10二上心明(3年)・背番号11阿部琉乃(3年)・背番号20柴田陽基(3年)の5投手が登板。攻撃陣はわずか3安打に抑え込まれた。


09:00 東北(宮②) 11-1 光南(福②)(5)(開)
東北・・|042|050000|=11
光南・・|000|010000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️東北が11-1(5回コールド)で光南に勝利。背番号1伊藤千浩(3年)が4回を被安打3・死球1・奪三振3・計71球と好投し、打っては3回表に2ラン本塁打を放つなど投打で活躍。攻撃陣は計11安打。2回表に、2死満塁から9番尾塩叶和(3年)の安打で2点、1番東海林蒼(3年)の2塁打で2点を奪い4点を先制。5回表には、相手失策から2点、8番日隈翔弥(2年)の犠牲フライで1点、内野ゴロから1点、3番柴田昌吾(3年)の安打で1点を奪い、計11得点。投手陣は、5回裏は背番号19鈴木空音(2年)・背番号18佐藤玲蒔(2年)が登板した。敗れた光南は、背番号1小林貫大(3年)が5回を被安打11・与四死球4。失策は3つ。攻撃陣は、5回裏に1番二瓶公太(3年)の2塁打で1点を返すも計4安打にとどまった。



6月8日(水) 1回戦(2/3)

11:30 聖光学院(福①) 9-0 盛岡大附(岩②)(7)(あ)
聖光学院|100|012|500|=9
盛岡大附|000|000|000|=0 

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が9-0(7回コールド)で盛岡大附に勝利。背番号11小松桜吏(2年)が5回途中までを被安打1・死球4・奪三振4と好投し、残るイニングを背番号1佐山未來(3年)が救援した。攻撃陣は計13安打。1回表に4番三好元気(2年)の犠牲フライで1点を先制。5回表に失策から1点を追加。6回表に8番生田目陽(3年)のスクイズで1点、1番赤堀颯(3年)の安打で1点を追加。さらに7回表には、5番山浅龍之介(3年)の安打で1点、6番狩野泰輝(3年)の安打で1点、7番伊藤遥喜(3年)の安打で1点、内野ゴロから1点、9番佐山未來(3年)の安打で1点を追加し、9-0とした。敗れた盛岡大附は、背番号1小野寺琉希也(3年)が7回を投げて被安打13・四球2・奪三振4。攻撃陣は、わずか1安打。1回裏には1死満塁の場面も無得点に終わり、序盤に主導権を握れなかった。


11:30 秋田商業(秋①) 7-4 酒田南(山②)(開)
秋田商業|102|000|220|=7
酒田南|000|100|300|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️秋田商業が7-4で酒田南に勝利。計12安打を放ち、粘る相手を再三突き放した。まず1回表に3番齊藤友紀(2年)の安打で1点を先制。3回表には4番鈴木康介(3年)の2ラン本塁打で2点を追加。7回表には5番寺門史優(2年)の安打で2点を追加し、5-1。1点差に迫られた直後の8回表には、2番児玉凌海(3年)の2塁打で1点、3番齊藤友紀(2年)の安打で1点を奪い、7-4とした。投げては、背番号1菅原凜(3年)が9回を完投し、被安打11・四球1・奪三振7・計131球の力投。敗れた羽黒は、背番号7阿部勇翔(2年)が先発し、6回から背番号1田村朋輝(3年)に継投。攻撃陣は計11安打を記録し、4回裏に8番松谷憲伸(2年)の安打で1点。7回裏には、2番綱島迅刀(3年)の2塁打で1点、4番中圭佑(2年)の2塁打で2点を奪って1点差に迫るも、その後に突き放された。



6月8日(水) 1回戦(3/3)

14:00 久慈(岩③) 4-5x 羽黒(山①)(あ)
久慈|000|020|020|=4
羽黒|000|030|002|=5x

——————————————
⭐️試合結果⭐️羽黒が5x-4(9回サヨナラ)で久慈に勝利。1点を追う9回裏、先頭が四球で出塁すると、久慈は3人目の背番号19下曽根悠誠(2年)に投手交代。直後、羽黒は四球と失策から無死満塁とし、押出四球から1点を奪って4-4の同点。なお無死満塁から、3番三浦奏(3年)が犠牲フライを放ち決着。投手陣は、背番号1五十嵐竜(3年)が5回を被安打4・四死球0・奪三振4と好投し、背番号10本間葉琉(3年)が残る4回を被安打3・四球1・奪三振4と好救援した。失策は3つを記録し、相手に得点を許した。一方で敗れた久慈は、背番号1小川天士(3年)が6回を被安打4・四球5・奪三振4、その後は9回裏先頭までを背番号10小向陸斗(3年)が登板し、最後は背番号19下曽根悠誠(2年)に継投。攻撃陣は、5回表に相手失策2つから走者を出すと、8番荒谷陽己(3年)の安打で2点を先制。その後、8回表に相手失策から1点、さらに4番岩井央侑(3年)の安打で1点を奪って4-3と逆転するも、最後は土壇場でサヨナラを許した。


14:00 明桜(秋②) vs 青森山田(青①)(開)
明桜・・|000|000000|=0
青森山田|210|100000|=4 ※ノーゲーム

——————————————
⭐️試合経過⭐️先発は、明桜が背番号1野中天翔(3年)、青森山田が背番号10馬場大河(3年)。1回裏、青森山田は1番佐々木裕晟(3年)のソロ本塁打で1点を先制。さらに5番向中野希星(2年)の安打で1点を追加し、0-2とリード。2回裏、青森山田は9番對馬蓮(3年)のソロ本塁打で1点を追加。4回裏、青森山田は8番川下大翔(2年)のソロ本塁打で1点を追加し、0-4。ここで降雨ノーゲーム(継続試合なし)



組み合わせ日程•トーナメント表


🏢 福島でのホテル予約 [楽天トラベル] 🏢

優勝候補&優勝予想アンケート

2022年春季東北大会 優勝予想アンケート

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...

※白ボタンから投票 5月29日(日)スタート


【2022年 春季東北大会 日程・開催県】
・日程:6月8日(水)〜13日(月) [有観客]
・開催:福島県(あづま球場、開成山球場)
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
・出場:各県2・福島3(開催)・岩手3(次期)
青森:①青森山田聖愛
岩手:①花巻東  ②盛岡大附久慈
秋田:①秋田商業明桜
山形:①羽黒   ②酒田南
宮城:①仙台育英東北
福島:①聖光学院光南学法石川
・過去:2021年秋季東北大会試合結果
・過去:2021年春季東北大会試合結果



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路