《聖光学院》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

聖光学院 野球部メンバー 2022年

聖光学院(福島) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【福島大会の成績】スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0。打率:.371(19位) 、平均得点:8.3点(18位) 、総本塁打:2本(23位) 、平均盗塁数:1個(35位) 、平均犠打数:3.3個(10位) 、平均失点数:2点(29位) 、平均失策数:0.7個(22位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 佐山未來  右/右 3年 栃木•小山市立大谷中
02 山浅龍之介 右/左 3年 宮城•富谷市立東向陽台中
03 伊藤遥喜  右/左 3年 大阪•摂津市立第一中
04 髙中一樹  右/右 2年 愛知•日進市立日進西中
05 生田目陽  右/右 3年 福島•浅川町立浅川中
06 赤堀颯   右/右 3年 京都•長岡京市立長岡中⭐️
07 狩野泰輝  右/右 3年 福島•伊達市立桃陵中
08 安田淳平  右/左 3年 東京•江戸川区立篠崎中
09 三好元気  右/右 2年 神奈川•川崎市立東高津中
10 小林剛介  左/左 3年 神奈川•横浜市立菅田中
11 小林聡太朗 右/右 3年 山形•尾花沢市立尾花沢中
12 杉山由朗  右/左 2年 愛知•名古屋市立日比津中
13 清水道太  右/右 3年 福島•いわき市立泉中
14 三田寺大吾 右/右 3年 茨城•那珂市立第一中
15 古宇田来  右/右 3年 東京•修徳中
16 大槻俊斉  右/右 3年 静岡•伊豆の国市立長岡中
17 嶋田怜真  右/右 3年 神奈川•綾瀬市立城山中
18 小松桜吏  右/左 2年 宮城•村田町立村田第二中




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:3年ぶり17回目。昨秋は県優勝、東北大会では準優勝。センバツでは1回戦で二松学舎に9-3、2回戦で近江に2-7で敗れた。今春は県優勝、東北大会では4試合中3試合で逆転し優勝。昨夏は史上最長タイの14大会連続の出場を逃した。しかし、そこから抜群の統率力とキャプテンシーを持つ赤堀颯主将(3年)がチームをまとめ、真の挑戦者として魂のこもった野球を見せる。


②ポイント:攻撃陣は、全6試合中3試合でコールド勝利。リードオフマンの赤堀颯主将(3年)は打率.500、全試合で安打を記録。準々決勝では昨夏王者の日大東北(9-5)と対戦し、3点をリードされるも赤堀が逆転打を放った。2番高中一樹(2年)は確実に走者を進め、中軸の3番安田淳平(3年)は決勝・光南戦(6-3)で3ラン本塁打を記録。4番三好元気(2年・双子の兄)も元気な打撃が持ち味だ。このほか5番山浅龍之介(3年)は4回戦・会津工業戦(9-1 7C)で本塁打を放ち、6番狩野泰輝(3年)や下位の得点源である7番伊藤遥喜(3年)、8番生田目陽(3年)はいずれも勝負強い打撃が持ち味だ。


③ポイント:投手陣は、エース右腕の佐山未來(3年)と左腕の背番号10小林剛介(3年)が軸だ。エース佐山は、春の肉離れ影響で本調子ではないものの、決勝・光南戦は被安打10も3失点で完投。優勝の輪では、気が抜けて倒れかけた。左腕の小林剛介(3年・5人兄弟の末っ子)は、準決勝・東日大昌平戦(6-0)で先発して8回を被安打4・無失点と好投。このほか、春季東北大会で好投した小松桜吏(2年)、小林聡太朗(3年)、小室朱生(2年)らが控える。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月16日(火) 3回戦 [11日目]
13:00 敦賀気比 1-8 聖光学院
==========================
⭐️試合結果⭐️聖光学院が8-1で敦賀気比に勝利。エース佐山未來(3年)が7回を被安打6・四死球1・奪三振4・失点1・計107球と好投し、背番号10小林剛介(3年)が残る2回を好救援。攻撃陣は計14安打で8得点。3番安田淳平(3年)は、1回表の先制2塁打、2回表の2ラン本塁打を含む5打数2安打3打点と活躍し、流れを引き寄せた。内野陣はショート赤堀颯主将(3年)が鉄壁の守備で、リズムを作り出した。敗れた敦賀気比は、エース上加世田頼希(3年)、背番号11竹下海斗(1年)、背番号10清野仁楽(3年)、背番号18大味悠人(3年)の4投手が登板。清野仁楽(3年)は3回2/3を救援し、無失点に抑える好投を見せた。攻撃陣は計6安打。2回裏に、背番号14米満晴(3年)の3塁打による1点にとどまった。


8月14日(日) 2回戦 [9日目]
08:00 横浜 2-3 聖光学院
==========================
⭐️試合結果⭐️聖光学院が3-2で横浜に勝利。エース佐山未來(3年)が9回を被安打5・四死球1・奪三振4・計119球で完投。守備陣も失策0でエースを支えた。攻撃陣は計11安打。初回に3番安田淳平(3年)が先制打、同点とされた4回裏に8番生田目陽(3年)の安打で勝ち越し。再び同点とされた5回裏には1番赤堀颯主将(3年)がセーフィテーで出塁して盗塁、さらに併殺の間に1点を奪って、これが決勝点。敗れた横浜は、エース杉山遙希(2年)が7回2/3を被安打11・四死球3・奪三振3・失点3。その後は鈴木楓汰(2年)が継投。攻撃陣は計5安打にとどまり、2度同点に追いつくも競り負けた。


8月9日(火) 1回戦 [4日目]
10:30 日大三 2-4 聖光学院
==========================
⭐️試合結果⭐️聖光学院が4-2で日大三に勝利。1点を追う5回裏、2番髙中一樹(2年)が逆転2ラン、8回裏には4番三好元気(2年)がダメ押しとなるソロ本塁打を記録。投げては、背番号10小林剛介(3年)が4回1/3を被安打5・四球1・失点2と試合を作り、エース佐山未來(3年)が好救援。ナインは再三の好守備のほか、魂の野球で相手を押し切った。敗れた日大三はエース松藤孝介(3年)が6回3失点、その後は背番号11佐藤起也(3年)、背番号10安田虎汰郎(2年)が登板。攻撃陣は、相手と同じ9安打を放つも、1回表の4番浅倉大聖(3年)の2塁打で奪った1点など計2点にとどまった。



[チーム成績] 夏の福島大会 

【聖光学院|夏の福島大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0
⭐️部員数:111人(6位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.371(19位) [平均.355点]
・総得点  :50点(16位) [平均44.3点]
・平均得点 :8.3点(18位) [平均7.9点]
・総本塁打 :2本(23位) [平均2.8本]
・平均本塁打:0.3本(28位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :6個(33位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:1個(35位) [平均1.8個]
・総犠打数 :20個(9位) [平均14.8個]
・平均犠打数:3.3個(10位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :12点(34位) [平均10点]
・平均失点数:2点(29位) [平均1.8点]
・総失策数 :4個(21位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.7個(22位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:6試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の福島大会 

⚡️特集ページ:福島大会の日程・結果

【聖光学院の戦歴|夏の福島大会2022年】
・決勝  :聖光学院 06-3 光南
・準決勝 :聖光学院 06-0 東日大昌平
・準々決勝:聖光学院 09-5 日大東北
・4回戦 :聖光学院 09-1 会津工業(7)
・3回戦 :聖光学院 10-3 小名浜海星(8)
・2回戦 :聖光学院 10-0 船引(5)

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[戦歴] 春季東北大会2022年

東北(宮②) 3-4 聖光学院(福①)(あ) ※決勝
東北・・|001|020|000|=3
聖光学院|000|000|40x|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が4-3で東北に逆転勝利し、2022年春季東北王者に!決勝は、両校の持ち味が存分に発揮された好ゲームに。まず3回表、東北は3番柴田昌吾(3年)の安打で1点を先制。5回表には失策2つと四球から2死満塁のチャンスを作ると、ここで4番伊藤千浩(3年)の2塁打で2点を奪って3-0。直後に聖光学院はエース佐山未來(3年)に交代し後続を断つ。5回裏に聖光学院は3番安田淳平(3年)が3塁打で出塁して2死3塁のチャンスを作ると、直後に東北はエース伊藤千浩(3年)に交代して後続を断つ。迎えた7回裏、聖光学院は8番生田目陽(3年)が安打、9番佐山未來(3年)が死球で出塁すると、2番髙中一樹(2年)の犠牲フライでまず1点。さらに3番安田淳平(3年)が安打で続いて2死2・3塁のチャンスを作ると、4番三好元気(2年)がファールで4球粘った後に2点2塁打を放って、3-3の同点。さらに5番山浅龍之介(3年)の安打で1点を奪い、4-3と勝ち越した。勝った聖光学院は計12安打。投手陣は、背番号11小松桜吏(2年)が4回2/3を被安打4・四球1・奪三振5と好投し、その後は背番号1佐山未來(3年)が残る4回1/3を被安打1・四死球0と好投した。敗れた東北は、背番号17小倉勝貴(3年)が1回を、背番号11秋本羚冴(2年)が3回2/3を投げ、5回裏のピンチからは背番号1伊藤千浩(3年)が、8回裏のピンチからは背番号10ハッブス大起(2年)が登板した。聖光学院は、この決勝でも大会を通じて発揮してきた終盤の粘り強さを魅せ、一方で敗れた東北は今大会で躍動が際立ったエースで4番の伊藤千浩(3年)が4失点も中盤に2点2塁打を放つなど力を見せた。


聖光学院(福①) 5-3 聖愛(青②)(12)(あ)※準決勝
聖光学院|001|010|010|002|=5
聖愛・・|110|010|000|000|=3

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が5-3(延長12回)で聖愛に勝利。1点を追う8回表、1死2・3塁の場面で3塁走者が牽制死。しかしここで8番生田目陽(3年)がタイムリーを放ち3-3の同点。延長11回裏には1死満塁のピンチを凌ぐ(犠牲フライ→タッチアップをライト三好元気(2年)が好返球で本塁アウト)と、12回表に2死1・2塁の場面から、7番狩野泰輝(3年)の安打で1点、8番生田目陽(3年)の安打で1点を奪い、5-3とした。投手陣は背番号11小松桜吏(2年)が1回途中で降板も、その後は背番号10小林剛介(3年)が5回を被安打3・四球1と好投し、残る7回を背番号1佐山未來(3年)が被安打6・四球1・奪三振5・計94球の力投をみせた。攻撃陣は計14安打、3回表に相手失策から1点、5回表に4番三好元気(2年)の安打で1点を奪い、その後の接戦に持ち込んだ。敗れた聖愛は、背番号1葛西倖生(3年)が9回を被安打10・四球4・奪三振4・計132球の力投を見せ、延長10回からは背番号10津川凱(3年)に継投。攻撃陣は計9安打。1回裏に3番髙木優斗(3年)の犠牲フライで1点、2回裏に7番三上泰斗(3年)の安打で1点、5回裏に9番菊池成(2年)のソロ本塁打で1点を奪って、計3得点。延長11回裏には1死満塁の一打サヨナラの場面を作るも得点が奪えなかった。※この試合は、当初10時予定→12時半予定(前日変更)→試合は14時21分から開始され、試合終了は17時19分。


秋田商業(秋①) 4-5x 聖光学院(福①)(あ) ※準々
秋田商業|000|004|000|=4
聖光学院|000|003|002|=5x

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が5x-4で秋田商業に逆転サヨナラ勝利。1点を追う9回裏、1死から1番赤堀颯(3年)と2番髙中一樹(2年)がヒットで出塁し1死1・2塁のチャンスを作ると、ここで3番安田淳平(3年)が2点2塁打を放って決着。背番号1佐山未來(3年)が9回を被安打10・四球1・奪三振8・計119球と力投。攻撃陣は計11安打。4点を先制された直後の6回裏にはヒット2本と四球から1死満塁の場面を作ると、7番小林剛介(3年)の犠牲フライで1点、相手暴投から1点、8番生田目陽(3年)の2塁打で1点を奪って1点差とし、最終回につなげた。敗れた秋田商業は、背番号10松橋星羅(2年)が6回を被安打7・四球2・奪三振4と好投、その後は背番号1菅原凜(3年)が力投するも最後はサヨナラ打を浴びた。攻撃陣は計10安打。5回表には、3連打から1死満塁とし、4番鈴木康介(3年)・5番寺門史優(2年)・6番松橋星羅(2年)の3者連続タイムリーで3点(怒涛の6連打)、押出四球から1点を奪うなど、つながりのある打線を魅せた。


聖光学院(福①) 9-0 盛岡大附(岩②)(7)(あ) ※1回戦
聖光学院|100|012|500|=9
盛岡大附|000|000|000|=0 

——————————————
⭐️試合結果⭐️聖光学院が9-0(7回コールド)で盛岡大附に勝利。背番号11小松桜吏(2年)が5回途中までを被安打1・死球4・奪三振4と好投し、残るイニングを背番号1佐山未來(3年)が救援した。攻撃陣は計13安打。1回表に4番三好元気(2年)の犠牲フライで1点を先制。5回表に失策から1点を追加。6回表に8番生田目陽(3年)のスクイズで1点、1番赤堀颯(3年)の安打で1点を追加。さらに7回表には、5番山浅龍之介(3年)の安打で1点、6番狩野泰輝(3年)の安打で1点、7番伊藤遥喜(3年)の安打で1点、内野ゴロから1点、9番佐山未來(3年)の安打で1点を追加し、9-0とした。敗れた盛岡大附は、背番号1小野寺琉希也(3年)が7回を投げて被安打13・四球2・奪三振4。攻撃陣は、わずか1安打。1回裏には1死満塁の場面も無得点に終わり、序盤に主導権を握れなかった。

[戦歴] 春季福島大会2022年

【聖光学院の戦歴|春季福島大会2022年】
・決勝  :聖光学院 6-2 光南
・準決勝 :聖光学院 9-2 学法石川(7)
・準々決勝:聖光学院 1-0 福島商業 
・2回戦 :聖光学院 6-1 田村 
※センバツ出場のため県大会から出場(地区免除)



[センバツ2022年] 戦歴・結果

聖光学院 2-7 近江 ※2回戦
聖光学院|101|000|000|=2
近江・・|050|001|01x|=7

======試合結果・総評レポート========
近江が7-2で聖光学院に勝利。エース山田陽翔(2年)が被安打5・死四球3・奪三振2・計87球の省エネ&好投で、2試合連続完投。攻撃陣は、2回裏に背番号18清谷大輔(1年)が逆転2点2塁打を放つなど4打数3安打3打点と活躍し、序盤にチームを勢い付かせた。個性派集団のチームは計13安打を記録し、3番中瀬樹(2年)は4打数4安打2打点と活躍が光った。敗れた聖光学院は、エース佐山未來(2年)が被安打13・失点7。攻撃陣は計5安打で、犠牲フライで奪った2得点にとどまった。


聖光学院 9-3 二松学舎 ※1回戦
聖光学院|300|060|000|=9
二松学舎|000|101|100|=3

======試合結果・総評レポート========
聖光学院が9-3で二松学舎に勝利。初回に3点、5回に一挙6点の猛攻を見せた。秋季大会では打撃成績に課題も、この日は10安打9得点。打者では、1番赤堀颯(2年)、4番山浅龍之介(2年)、9番佐山未來(2年)が2打点ずつを記録。ボールの見極め、果敢なリードなど相手へのプレッシャーも光った。投げては、エース佐山未來(2年)が、9回を被安打7・奪三振6・死四球2・失点3・93球と好投した。敗れた二松学舎は、エース布施東海(2年)が4回1/3を投げて7失点。その後、辻大雅(2年)、1年生右腕の大矢青葉(1年)の3投手が登板。攻撃陣は7安打を放つも2得点に終わった。



[センバツ2022年] チーム紹介

⭐️秋季大会の主な戦歴:福島大会では、準々決勝で夏の甲子園出場校の日大山形に2-1で勝利するなど、接戦を勝ち上がって優勝。東北大会では初戦で東奥義塾に3-2と終盤に逆転勝利し、続く準々決勝は能代松陽に13-1(5C)、準決勝は青森山田に5-2で勝利。決勝は花巻東に1-4で敗れて準優勝。エース佐山未來(2年)を中心とした守り勝つ野球で選抜出場権を掴み取った。バント・走塁・守備といった基本を徹底的に磨き上げて粘り強い野球を見せる。室内練習場にはチームの心得「一燈照隅」が掲げられ、意味は「自分が居るその場を精一杯に照らすこと」【戦歴:福島大会(優勝)東北大会(準優勝)


⭐️チーム紹介サマリー:右腕エース佐山未來(2年・みらい)は、計9試合(計63回)を投げて、防御率1.00(出場選手3位)、奪三振57個(同6位)、与死四球15と圧巻の成績を残し、選抜出場の原動力に。小学生時代にはヤクルトジュニア選出。この他、左腕の小林剛介(2年・5人兄弟の末っ子)は、東北大会の決勝・花巻東戦(1-4で敗戦)では、9回を被安打5・奪三振7・失点4と好投。攻撃陣は、三好元気(1年・双子の兄)がチームトップの打率.414・打点6・本塁打1本(県大会で代打本塁打)と元気。このほか、1番赤堀颯主将(2年)や6番嶋田怜真(2年)などが勝負強い。チーム打率.267(31位)、平均得点5.1点(27位)と攻撃力の底上げを図る。

[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=1。打率:.267(31位)、平均得点:5.1点(27位)、本塁打:1本(24位)、平均盗塁数:1.3個(20位)、防御率:1.38点(3位)、平均失点数:1.4(2位)、平均失策数:0.7(11位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:福島大会(優勝)東北大会(準優勝)


⭐️投手力:エース佐山未來(2年)は、福島大会と東北大会で計9試合(計63回)を投げて、防御率1.00(出場選手3位)、奪三振57個(出場選手6位)、与死四球15を記録。1年秋から公式戦登板を経験したエースは、140キロの直球と8種類の変化球を操り、福島大会では全6試合計41回を投げて防御率0.66・奪三振40、東北大会では決勝以外の全3試合22回を投げて5失点と、抜群の安定感をみせた。父は宇都宮学園(現文星芸大付)で2年夏に甲子園出場。小学生時代には、ヤクルトスワローズジュニア選出された経歴を持つ。このほか、左腕の小林剛介(2年)は、秋は4試合(17回2/3)を投げて、防御率2.55。小林は、東北大会の決勝・花巻東戦(1-4で敗戦)で、9回を一人で投げ抜き被安打5・奪三振7・失点4と力投。このほか、2度の左肘手術を経た左腕・椎野華蓮(2年・カレン)らが控える。


⭐️攻撃力:秋のチーム打率は.267(31位)、1試合平均得点が5.1点(27位)と、攻撃力の磨き上げに期待がかかる。福島大会でのチーム打率は打率.251、東北大会では打率.292。打者では、1年生の三好元気(1年、双子の兄、弟の力生も同校野球部に所属)は、打率.414(チーム1位)・打点6・本塁打1本(県大会2回戦で代打本塁打)を記録し、決勝では試合を決める適時打を放つなど勝負強い。このほか、東北大会の準々決勝・能代松陽戦では、6番嶋田怜真(2年)が4打数3安打5打点(2塁打2本)、準決勝・青森山田戦ではチームを引っ張る1番赤堀颯主将(2年)が5打数3安打3打点と勝負所で好打を見せた。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース佐山未來(2年)は、防御率=1.00(3位)、総奪三振数=57個(6位)、与四死球(1回あたり)=0.24個(10位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[チーム成績] 2021年秋公式戦データ

【秋の戦歴:福島大会(優勝)東北大会(準優勝)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=1
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.267(31位) [平均.328]
・得点   :51点(23位) [平均69.2点]
・平均得点 :5.1点(27位) [平均7.1点]
・本塁打  :1本(24位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.1本(26位) [平均0.4本]
・盗塁数  :13個(21位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.3個(20位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :14(4位) [平均25.6]
・平均失点数:1.4(2位) [平均2.8]
・防御率  :1.38点(3位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.1点(1位) [平均0.3点]
・失策数  :7(13位) [平均8.1]
・平均失策数:0.7(11位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:10戦9勝1敗
※部員数:75人(5位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋公式戦ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
佐山未來 3年 防御率=3位:1.00(計9試合/計63回)
・佐山未來 3年 奪三振数=6位:57個(計9試合/計63回)
・佐山未來 3年 奪三振数(1回あたり)=14位:0.9個
・佐山未來 3年 与四死球数=20位:15個(計9試合/計63回)
・佐山未來 3年 与四死球(1回あたり)=10位:0.24個
・赤堀颯  3年 盗塁数=19位:4個(10試合) 6.0秒
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 秋季東北大会2021年

花巻東(岩①) 4-1 聖光学院(福①) ※決勝戦
花巻東|200|020|000|=4
聖光学院|010|000|000|=1 

=========================
⭐️試合総評⭐️花巻東が聖光学院に4-1で勝利し、東北大会初優勝。明治神宮大会に東北代表として出場する。花巻東は初回に4番田代主将と小澤の連続タイムリーで2点を先制。5回表には注目1年生スラッガー佐々木麟太郎の2塁打で2点を追加し計4点。投手陣は背番号17北條・背番号10菊池・背番号11工藤の3投手が継投し、3人目の工藤翔大は後半の4回を被安打0・与死四球0・奪三振2のパーフェクトピッチングで相手打線を抑え込んだ。敗れた聖光学院は、背番号11 小林剛介が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四球4・奪三振7・失点4(計160球)と好投。攻撃陣は、序盤に走者を得点源に進めるもあと一本が出なかった。花巻東はヒット5本(残塁6)、聖光学院はヒット5本(残塁9)を記録した。センバツ東北出場枠は2となり、①花巻東・②聖光学院は出場有力。


聖光学院(福①) 5-2 青森山田(青①) ※準決勝
聖光学院|100|004|000|=5
青森山田|000|000|020|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️聖光学院が5-2で青森山田に勝利し決勝進出(=センバツ出場有力に)。エース佐山が9回を被安打8・四球1・奪三振8・失点2(計122球)で完投。8回裏に青森山田の代打攻勢から2点を奪われるも、制球力の高い投球で相手打線を抑え込んだ。守備陣はこの試合も無失策(ここまで3試合ノーエラー)の堅守でエースを支えた。攻撃は、1回表に2塁打で出塁した1番赤堀を犠打で送ると、内野ゴロで1点を先制。6回表には6番嶋田・7番伊藤の安打と四球から1死満塁のチャンスを作ると、その後2死から1番赤堀の走者一掃となる3塁打で3点、さらに3番山浅のタイムリーで1点を奪い、5-0とした。この日、リードオフマンの1番赤堀颯主将は5打数3安打3打点と活躍が光った。対する青森山田は、8回裏に代打・齊藤響のソロ本塁打で1点、さらに代打加藤優が2塁打で出塁すると2番久永がタイムリーで返して1点を奪うも及ばなかった。


聖光学院(福①) 13-1 能代松陽(秋①)(5C) ※準々決勝
聖光学院|350|050000|=13
能代松陽|001|000000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️聖光学院が能代松陽に13-1(5C)で勝利。チーム合計15安打を放ち、1回表に3点、2回表に5点、5回表に5点とビッグイニングを作り大勝。6番嶋田怜真は4打数3安打5打点(2塁打2本)と活躍が光った。投げてはエース佐山が4回を被安打3・四球3・奪三振2・失点1と好投し、ラスト1回は背番号11小林が3者凡退に抑えた。敗れた能代松陽はエース三浦・背番号10森岡の2投手が登板し、被安打15・与四死球6・失点13を記録した。


東奥義塾(青③) 2-3 聖光学院(福① ) ※2回戦
東奥義塾|000|001|100|=2
聖光学院|000|010|20x|=3

=========================
⭐️試合総評⭐️聖光学院が東奥義塾に3-2で逆転勝利。6回終了までヒット2本に抑えられるも、1点リードされて迎えた7回裏に6番嶋田怜真の初級スクイズで同点、8番高中一樹のタイムリーで勝ち越し。合計5安打も少ないチャンスを鮮やかにものにする試合巧者ぶりを発揮。投げてはエース佐山未來が9回を被安打8・四死球4・奪三振7と好投した。敗れた東奥義塾は、エース角田楓斗が完投して被安打5・四死球2・奪三振6と好投。打者では初戦で活躍した2番中田歩夢・7番後藤天満がこの日も打点を記録するなど活躍が光った。



[戦歴] 秋季福島大会2021年

【聖光学院の戦歴|秋季福島大会2021年
・決勝戦 :聖光学院 3-1 東日大昌平

・準決勝 :聖光学院 7-0 いわき光洋(8)
・準々決勝:聖光学院 2-1 日大東北

・4回戦 :聖光学院 5-1 光南
・3回戦 :聖光学院 8-1 郡山商(8)
・2回戦 :聖光学院 4-1 磐城(10)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号