【日程・結果】春季中国大会2021年 創志学園が優勝・下関国際が準優勝

春季中国大会 高校野球 2021年

春季中国大会 2021年 速報・結果 [開催 鳥取]

決勝戦では、創志学園が5-0で下関国際に勝利し優勝!センバツ出場の鳥取城北・広島新庄・下関国際の3校を撃破し、中国王者に輝いた。

なお、センバツ2022年をかけた秋季中国大会は、山口県を舞台に10月22日(金)から開催予定。

✍️夏の甲子園・47都道府県(地方大会)日程特集

【参考:秋季中国大会2021年 大会概要】
・日程:10月22日(金)~24日(日)
・日程:10月30日(土)~31日(日)
・組み合わせ抽選会:10月15日(金)
・開催:山口県(きずな、津田メモ)
・出場:山口4校、他県3校



6月8日(火) 決勝戦

10:00 下関国際 0-5 創志学園 ※創志学園が優勝!
下関国際|000|000|000|=0
創志学園|102|001|10x|=5
投手:下関国際=古賀康誠→松尾勇汰
投手:創志学園=川端師道
—————————————-
[試合結果] 創志学園が5-0で下関国際に勝利。これで創志学園は、初戦から鳥取城北・広島新庄・下関国際のセンバツ出場校3チームを撃破して、春の中国大会の王者に輝いた。投げては、先発エース川端師道が9回を1人で投げ抜き、被安打7・四死球2・奪三振5と好投。打っては、4番岡崎虎太郎が、3打数3安打3打点(2塁打・3塁打・2塁打・敬遠)と活躍し、チームを勝利に導いた。

[試合経過] 先発は両チーム背番号1、下関国際は古賀康誠、創志学園は川端師道。1回裏、創志学園は4番岡崎虎太郎の2塁打で1点を先制。3回表、下関国際は2死満塁のチャンスを作るも無得点。3回裏、創志学園はヒットと死球で2者が出塁すると、4番岡崎虎太郎が今度は3塁打を放ち2点を追加、3-0。6回裏、創志学園は4番岡崎が2塁打、5番栗山が安打で出塁すると、7番名和の犠牲フライで1点を追加し、4-0。7回裏、創志学園は2死満塁のチャンスを作ると5番栗山のタイムリーで1点を加え、5-0とした。下関国際は、合計7安打を放つもあと一本が出ず、無得点に終わった。



決勝 下関国際vs創志学園 過去戦歴

下関国際(山口1位)①初戦は、米子松蔭に7-0(8回コールド)で勝利。エース古賀康誠が8回を完投(104球)し、被安打5・四死球2・奪三振6と好投。攻撃面は、計9安打3盗塁を記録。②準決勝は、立正大淞南に16安打を浴びせ、9-2で勝利。打っては、2番松本が4打数3安打、4賀谷が4打数3安打2打点、8番赤瀬が5打数3安打1打点と活躍。背番号18 松尾勇汰が9回を完投(122球)し、被安打8・四死球2・奪三振5と好投した。

【下関国際:これまでの戦歴・勝ち上がり】
・準決勝:下関国際 9-2 立正大淞南
・一回戦:下関国際 7-0 米子松蔭(8回コールド)

創志学園(岡山1位)①初戦は、鳥取城北に9-2(7回コールド)で勝利。初回に一挙6得点を挙げるなど、計12安打9得点で圧倒。背番号10 河野優作が、7回を被安打6・四死球0・奪三振5・失点2で完投(106球)。②準決勝は、広島新庄に7-0(7回コールド)で勝利。出場選手が全員安打を放つなど計11安打7得点を奪い、2試合連続でコールド勝利。この試合も河野が完投し、7回を被安打6・四死球0・奪三振0で完封(81球)。河野は2試合で計187球、与四死球0。

【創志学園:これまでの戦歴・勝ち上がり】
・準決勝:創志学園 7-0 広島新庄(7回コールド)
・一回戦:創志学園 9-2 鳥取城北(7回コールド)



6月6日(日) 準決勝

10:00 下関国際 9-2 立正大淞南 
下関国際|000|122|004|=9
立正大淞南|000|100|100|=2
投手:下関国際=松尾勇汰
投手:立正大淞南=持田翔秀→本田琉斗→新地大河
—————————————-
[試合結果] 下関国際が9-2で立正大淞南に勝利し、決勝進出。中盤以降に得点を重ね、計16安打9得点。打っては、2番松本竜之介が4打数3安打、4賀谷が4打数3安打2打点、8番赤瀬が5打数3安打1打点と活躍。投げては、先発の背番号18 松尾勇汰が9回を完投(122球)し、被安打8・四死球2・奪三振5と好投した。

[試合経過] 先発は、下関国際が背番号18 松尾勇汰、立正大淞南が背番号1 持田翔秀。3回終了まで、下関国際の松尾は被安打1・四死球0・奪三振2、立正大の持田は被安打1・四死球1・奪三振2と好投。4回表、下関国際は先頭2番の松本が2塁打で出塁すると、4番賀谷の2塁打で1点を先制。対する立正大は4回裏、2番山田・4番谷川がヒットで出塁するなどし1点を返す。下関国際は4回表、1番仲井が安打で1点、3番守の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。立正大は6回途中から2番手 背番号10 本田琉斗に交代。 下関国際は6回表、6番片桐のタイムリーで1点、さらに1死満塁から9番松尾のスクイズで1点を追加し、5-1。7回裏、立正大は2番山田のタイムリーで1点を返す。9回表、立正大は無死1・3塁のピンチを招くと、ここで3番手として背番号18 新地大河に交代。下関国際は4番賀谷の安打で1点、7番水安の3塁打で2点、8番赤瀬の安打で1点を追加し、9-2とした。

13:20 広島新庄 0-7 創志学園 (7回コールド)
広島新庄|000|000|000|=0
創志学園|200|005|x00|=7
投手:広島新庄=西井拓大→新開健音
投手:創志学園=河野優作
—————————————-
[試合結果] 創志学園が広島新庄に7-0(7回コールド)で勝利し、決勝進出。出場選手が全員安打を放つなど計11安打7得点で2試合連続コールド勝利。投げては、背番号10 河野優作が2試合連続で完投、7回を被安打6・四死球0・奪三振0で完封した。打っては6回裏に2打点を挙げ、一挙5得点の流れを作る活躍をみせた。一方の広島新庄は6安打も無得点。1回2死から頭中登板した背番号10 新開健音は5回まで好投を見せるも、6回裏に先頭から2者連続四球を与え大量失点を許した。今大会、花田・秋山は登板しなかった。

[試合経過] 先発は、広島新庄が背番号7 西井拓大、創志学園が背番号10 河野優作。ともに前の試合で好投(完投)した2投手が先発。1回裏、創志学園は4番岡崎虎太郎の3塁打で1点を先制。さらに5番栗山の安打で1点を追加し、2-0。1回裏2死満塁から広島新庄は、2番手 背番号10 新開健音に交代し、後続を断つ。3回表、広島新庄は3連打で2死満塁のチャンスを作るも無得点。創志学園は6回裏、安打と2四球から無死満塁のチャンスを作ると、今日先発の8番河野の安打で2点、9番名和の安打で1点、1番藤本の内野ゴロで1点、3番山岡の安打で1点と、この回一挙5点を奪って7-0とした。



6月5日(土) 1回戦

08:30 立正大淞南 9-1 鳥取商業(8回コールド)
立正大淞南|000|520|020|=9
鳥取商業|000|100|000|=1
投手:立正大淞南=持田→高田→本田
投手:鳥取商業=浦田→長谷川→山根→岩﨑
—————————————-
立正大淞南が鳥取商業に9-1(8回コールド)で勝利。4回表にヒット6本などで5得点、5回には1番藤田大吾が2ラン本塁打を放つなど、鳥取商業の4投手から計13安打9得点で大勝した。・・・[試合経過] 先発は、両チームともに背番号1。立正大淞南は持田・鳥取商業は浦田。4回表、立正大は3連打で無死満塁のチャンスを作ると、1番藤田の犠牲フライで1点、2番山田の安打で1点、3番島袋の内野ゴロの間に1点、4番谷川の安打で1点を加え、4点を先制。さらに2死満塁から7番外間の安打で1点を奪い、一挙5点を先制。一方の鳥取商業は、4回裏に4番山本のタイムリーで1点を返す。5回表、鳥取商業は2番手として背番号11 長谷川に交代。5回表、立正大は1番藤田大吾が2ラン本塁打を放ち、7-1。6回裏から立正大は、背番号16 高田に交代。7回表から鳥取商業は3人目の背番号18 山根に交代。8回表、立正大は4番谷川の2塁打で1点、6番中野の安打で1点を加え、9-1とした。8回表途中から鳥取商業は4人目の背番号9 岩﨑に交代。8回裏、立正大は3人目の背番号10 本田に交代し試合を締めた。

10:50 下関国際 7-0 米子松蔭 (8回コールド)
下関国際|121|100|020|=7
米子松蔭|000|000|000|=0
投手:米子松蔭=山﨑→西村
投手:下関国際=古賀
—————————————-
下関国際が7-0(8回コールド)で米子松蔭に勝利。エース古賀康誠が8回を1人で投げ(104球)、被安打5・四死球2・奪三振6と好投。序盤から小刻みに得点を重ね、計9安打3盗塁を記録するなど試合を優位に進めた。・・・[試合経過] 先発は共に背番号1、米子松蔭は山﨑、下関国際は古賀。1回表、下関国際は5番守の安打で1点を先制。2回表、1番仲井の3塁打で1点、2番松本の3塁打で1点を追加。3回表、6番片桐のタイムリーで1点を追加し、4-0。4回から米子松蔭は背番号8 西村虎之助に交代。4回表、相手投手失策から1点を追加。7回表、9番赤瀬の3塁打で2点を加え、7-0とした。




13:10 米子東 1-2x 広島新庄 (9回サヨナラ)
米子東|000|100|000|=1
広島新庄|010|000|001|=2x
投手:米子東=薮本→舩木佑
投手:広島新庄=西井
—————————————-
広島新庄が米子東に2x-1(9回サヨナラ)で勝利。投手戦は9回裏、2番瀬尾が2塁打で出塁すると、その後1死から満塁策(2者が敬遠)。代打に送られた背番号18 藤井虎徹がサヨナラ打を放ち、決着。投げては、先発・西井拓大(背番号7)が9回を109球で完投、被安打7・四死球2・奪三振11の好投を見せた。西井は11月に左肩を故障し、センバツではベンチ入りを外れてボールボーイを務めていた。敗れた米子東も先発の背番号6 薮本鉄平、エース舩木佑の2投手が好投した。・・・[試合経過] 先発は、米子東が背番号6の薮本鉄平、広島新庄が背番号7 西井拓大。2回裏、広島新庄は7番繁光の安打で1点を先制。米子東は4回表、エースナンバーを背負う3番舩木佑がソロ本塁打を放ち、1-1。米子東の先発 背番号6の薮本鉄平は5回を投げ、被安打3・四死球1・奪三振0と好投。6回裏から米子東はエース舩木佑に交代。米子東は9回表、2死満塁のチャンスを作るも無得点。9回裏、広島新庄は先頭2番の瀬尾が2塁打で出塁すると、3番は外野フライ。4番花田と5番藤井が敬遠(敬遠策)。1死満塁の場面で、代打に送られた藤井がタイムリーを放ち、2x-1でサヨナラ勝利。

15:30 創志学園 9-2 鳥取城北(7回コールド)
創志学園|621|000|000|=9
鳥取城北|001|000|100|=2 
投手:創志学園=河野
投手:鳥取城北=山内→奥田→廣田
—————————————-
創志学園が9-2(7回コールド)で鳥取城北に勝利。初回に一挙6得点を挙げるなど、計12安打9得点で圧倒。6番藤本大地が4打数3安打3打点、7番栗山尚也が3打数2安打3打点と活躍。投げては、先発の背番号10 河野優作は7回を1人で投げ、被安打6・四死球0・奪三振5・失点2と好投した。敗れた鳥取城北は3投手が継投、被安打12・四死球8を与えた。・・・[試合経過] 先発は、創志学園が背番号10 河野優作。鳥取城北はセンバツ東海大相模戦で好投した山内龍亜。1回表、創志学園はヒットと四球で走者をためると、4番岡崎の安打でまず1点。さらに1死満塁から6番藤本の安打で1点を追加。なお1死満塁から7番栗山の走者一掃となる2塁打で3点を追加し、5-0。ここで鳥取城北は背番号11 奥田に交代。さらに創志学園は9番名和の2塁打で1点を追加し、6-0。2回表、2つの四死球で走者を出すと、6番藤本の3塁打で2点を追加。3回表、先頭が四球で出塁すると2つの犠打の後、3番山岡が2塁打を放ち1点を追加し、9-0。一方の鳥取城北は、3回裏に2番松田の2塁打で1点を返す。4回から鳥取城北は、3番手として背番号10 廣田がマウンドへあがり好投する。7回裏、鳥取城北は8番廣田の安打で1点を返し7点差とするも、後続が続かずゲームセット。



組み合わせ日程・トーナメント表

【春季中国大会2021年 日程・出場校】
・日程:6月5日(土)~6月8日(火) 
・開催:鳥取県 米子市民球場
・出場校(鳥取4校、各県1校)
 岡山創志学園
 広島広島新庄
 鳥取米子松蔭米子東 ③鳥取城北 ④鳥取商業
 島根立正大淞南
 山口下関国際



優勝予想アンケート 

優勝予想アンケート 春季中国大会2021

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

【過去:2020年秋季中国大会 結果一覧】

✍️春季地区大会① 北海道 東北 関東 北信越
✍️春季地区大会② 東海 近畿 中国 四国 九州



春季中国大会2021年 出場校の戦歴一覧

①創志学園の戦歴・結果 [岡山大会]
・決勝戦 創志学園 14-2 倉敷商業  
・準決勝 創志学園 10-0 総社南(7)
・準々決勝 創志学園 3-1 興譲館
・1回戦 創志学園 7-0 水島工業(7)

①広島新庄の戦歴・結果 [広島大会]
・決勝戦 広島新庄 7-2 呉港
・準決勝 広島新庄 2-1 広陵
・準々決勝 広島新庄 3-0 広島商業
・2回戦 広島新庄 4-1 尾道商業
・1回戦 広島新庄 7-5 市立呉

①米子松蔭の戦歴・結果 [鳥取大会]
・決勝戦 米子松蔭 15-4 米子東
・準決勝 米子松蔭 6-3 鳥取城北
・準々決勝 米子松蔭 10-3 鳥取西(8)
・1回戦 米子松蔭 11-0 倉吉東(5)

②米子東の戦歴・結果 [鳥取大会]
・決勝戦 米子東 4-15 米子松蔭
・準決勝 米子東 4-2 鳥取商業
・準々決勝 米子東 5x-4 鳥取東(11)
・1回戦 米子東 14-0 米子高専(7)




③鳥取城北の戦歴・結果 [鳥取大会]
・3位決定戦 鳥取城北 16-4 鳥取商業
・準決勝 鳥取城北 3-6 米子松蔭
・準々決勝 鳥取城北 8x-6 米子工業(13)
・1回戦 鳥取城北 4-1 八頭

④鳥取商業の戦歴・結果 [鳥取大会]
・3位決定戦 鳥取商業 4-16 鳥取城北
・準決勝 鳥取商業 2-4 米子東
・準々決勝 鳥取商業 9-0 境
・2回戦 鳥取商業 20-2 連合(5)
・1回戦 鳥取商業 10-1 米子西(7)

①立正大淞南の戦歴・結果 [島根大会]
・決勝戦 立正大淞南 3-1 浜田
・準決勝 立正大淞南 11x-10 大田
・準々決勝 立正大淞南 10-0 出雲北陵(6)
・1回戦 立正大淞南 10-0 出雲商業(5)

①下関国際の戦歴・結果 [山口大会]
・決勝戦 下関国際 13-10 高川学園
・準決勝 下関国際 8-6 西京
・準々決勝 下関国際 8-5 岩国商業
・地区大会2回戦 下関国際 10-1 山口(7)
・地区大会1回戦 下関国際 10-1 美祢青嶺(7)



中国地区 高校球児の進路・進学先

広島県
広陵 如水館 呉港 瀬戸内 市立呉 崇徳学園
広島山陽 広島新庄 広島商業 近大福山
武田 西条農業 国泰寺 盈進 英数学館 広島工
尾道商業

岡山県
おかやま山陽 岡山理科大附 尾道 関西 就実
倉敷商業 倉敷工業 作陽 創志学園 玉野光南
金光学園 興譲館 岡山共生 岡山城東 岡山南
岡山東商 岡山一宮 倉敷翠松 岡山学芸館 
玉島商業

鳥取県
鳥取城北 米子東 米子松蔭 

島根県
石見智翠館 開星 益田東 三刀屋 大社
立正大淞南 出雲 浜田 矢上 島根中央

山口県
下関国際 岩国商 宇部鴻城 高川学園 岩国
南陽工業 岩国総合 山口桜ケ丘 柳井商工
西京 熊毛南