《広陵高校》野球部メンバー2024年⚡️中国大会

広陵高校 野球部メンバー2024年

広陵高校(広島) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季中国大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
※登録メンバー:発表され次第UPDATE予定


【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 髙尾響   右/右 3年 福岡・粕屋町立粕屋東中
02 只石貫太  右/右 3年 大阪・守口市立大久保中⭐️
03 世古口啓志 左/左 2年 広島・呉市立両城中
04 酒井綾希人 右/右 3年 三重・鈴鹿市立神戸中
05 土居湊大  右/左 3年 広島・東広島市立向陽中
06 白髪零士  右/左 2年 岡山・岡山市立桑田中
07 澤田哉斗  右/左 3年 大阪・岸和田市立光陽中
08 濱本遥大  右/右 3年 広島・呉市立仁方中
09 田村夏芽  右/左 3年 山口・岩国市立麻里布中
10 堀田昂佑  右/右 2年 広島・広島市立中広中
11 山口大樹  左/左 3年 広島・三次市立十日市中
12 吉村舜   右/右 2年 福岡・筑紫野市立筑紫野南中
13 枡岡憲志  右/右 3年 広島・福山市立城北中
14 池田颯大  右/右 2年 広島・尾道市立高西中
15 草島絃太  右/左 2年 富山•富山市立速星中
16 大下陽輝  右/右 2年 広島・福山市立幸千中
17 澤田光   右/右 3年 千葉・千葉市立蘇我中
18 空輝星   右/右 2年 広島•廿日市立廿日市中
19 相原知希  右/右 2年 広島・私立城北中
20 松村悠叶  右/右 3年 広島•広島市立高陽中

⭐️特集ページ:春季中国大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[戦歴] 春季中国大会2024年

⭐️特集ページ:春季中国大会 日程・結果
※試合終了後:戦評レポートを追記予定

[戦歴] 春季広島大会2024年

⭐️特集ページ:広島大会の日程・結果

【広陵の戦歴|春季広島大会2024年】
・決勝戦 :広陵 8-2 海田
・準決勝 :広陵 4-2 尾道
・準々決勝:広陵 5-0 山陽

・2回戦 :広陵 7-0 瀬戸内(7)

・1回戦 :広陵 8-0 祇園北(7) ※予選免除



[概要] 春季中国大会2024年

【2024年 春季中国大会 大会日程•出場校など】
・日程:6月1日(土)•2日(日)•4日(火)

・場所:広島県|楽天トラベル [ホテル予約]
・会場:鶴岡一人記念、東広島運動公園
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:中国大会の過去結果 [春季・秋季]
・各地:岡山広島鳥取島根山口
【出場校一覧】
岡山(1):①倉敷商業
広島(4):①広陵 ②海田 ③尾道 ④崇徳
鳥取(1):①鳥取城北
島根(1):①益田東
山口(1):①宇部鴻城
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

広陵 5-6x 青森山田 (10) ※2回戦
広陵   |000|000|023|00=5
青森山田 |000|000|023|10=6x
=====================================
🌸レポート🌸 青森山田が6x-5(10回TBサヨナラ)で勝利。初戦・京都国際戦に続き、2試合連続でサヨナラ。攻撃陣は計6安打。2点を先制された直後の8回裏、代打・蝦名翔人(1年)がチーム初安打(2塁打)を放つと、このあと2者連続四球から1死満塁とし、3番對馬陸翔(2年)が木製バットでタイムリーを放って2点を奪い、2-2の同点。9回表に3点を勝ち越されるも、9回裏に四球・8番蝦名翔人(1年)の安打・9番関浩一郎(2年)の安打から1死満塁とし、1番佐藤隆樹(1年)が走者一掃となる3塁打を放ち、5-5の同点。迎えた10回裏、3番對馬陸翔(2年)の犠打がセーフになると、無死満塁から4番原田純希(2年)が犠牲フライを放って決着。投手陣は、背番号10櫻田朔(2年)が4回1/3を投げ、その後は背番号1関浩一郎(2年)が5回2/3を力投。サード菊池伊真(1年)がカメラマン席にダイブ、センター對馬陸翔(2年)が好捕球するなど好守も光った。敗れた広陵は、背番号1高尾響(2年)が7回まで無安打投球。10回を一人で投げ、被安打6・四死球6・奪三振12・失点6・計142球と力投。攻撃陣は計9安打。8回表に7番白髪零士(1年)の安打で2点を先制。9回表には3番土居湊大(2年)の2塁打で1点、5番世古口啓志(1年)の安打で2点を奪い、3点を勝ち越すも、競り負けた。【観客数 : 13,000人】


広陵 3-1 高知  ※1回戦
広陵   |101|000|001|=3
高知   |000|000|010|=1
=====================================
🌸レポート🌸 雪が舞う中、広陵が3-1で勝利。背番号1高尾響(2年)が9回を被安打5・四死球2・奪三振11・失点1・計117球と好投。終盤に守備のミスから1点を奪われるも、冷静なマウンドさばきでチームを勝利に導いた。「自己採点は90点」by高尾。攻撃陣は計7安打(&4盗塁)。1回表、1番濱本遥大(2年)が2塁打で出塁すると、相手失策から1点を先制。3回表、2番田村夏芽(2年)が安打で出塁すると(&盗塁)、4番只石貫太(2年)の2塁打で1点を追加。1点差に迫られた直後の9回表には、代打・枡岡憲志(2年)が安打で出塁し、代走・空輝星(1年)が盗塁を決めると、9番白髪零士(1年)の2塁打で1点を奪い、3-1と突き放した。敗れた高知は、背番号10辻井翔大(2年)が4回2失点、その後は背番号1平悠真(2年)が5回を被安打2・四死球2・奪三振5・失点1と好投。攻撃陣は計5安打。8回裏、相手失策と代打・岡村翼(2年)が四球を選んで2者が出塁。代走・勝山眞宏(2年)が盗塁を決めたあと、相手失策から1点。なお1死3塁のチャンスも、得点が奪えず競り負けた。【観客数 : 11,000人】



[チーム紹介] 注目選手など

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:3年連続27回目(今大会の出場校で最多)。選考委員会の選考理由「エース右腕の高尾響、中国大会決勝で1失点完投した右腕・堀田昂佑の投手二枚看板を誇り、打線も機動力を兼ね備えるなど、試合巧者ぶりが評価」


🌸主な戦歴など広島V中国V神宮初戦|中国大会では、初戦・岡山学芸館(岡③)に6-3、続く準々決勝・下関国際(山③)に4-0、準決勝・宇部鴻城(山②)に8-4、決勝・創志学園(岡①)に2-1で勝利し、中国V(史上初の3連覇)。神宮大会では、初戦で優勝した星稜に6-7で敗れた。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.58(8位★)、平均失点数:2.4点(16位)、平均失策数:1つ(18位) 。下級生時代から屋台骨として活躍してきた最速148キロのエース髙尾響(2年)と、1年秋から正捕手を務める只石貫太主将(2年)のバッテリーが軸。1年春の中国大会から背番号1を背負うエースは、秋公式戦での奪三振数が66個(出場選手1位)。中国大会の準々決勝・下関国際戦で完封(7奪三振)、準決勝・宇部鴻城戦では9回4失点(12奪三振)と力投。また、次世代のエース候補で身長183cmの堀田昂佑(1年)は、奪三振能力が高く、決勝・創志学園戦で4安打1失点で完投するなど、大きく成長を続ける。【秋公式戦データ(投球回数順)】①髙尾響(2年)は計66回2/3を投げて、防御率2.30(44位)、奪三振66(1位★)、1回あたりの奪三振数0.99(13位)。②堀田昂佑(1年)は計22回2/3を投げて、防御率0.79(13位)、奪三振26(31位)、1回あたりの奪三振数1.15(6位★)、1回あたりの与四死球0.132(5位★)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.359(8位★)、平均得点:7.4点(8位★)、総本塁打:4本(10位★)、平均盗塁数:2.3個(8位★)。“機動力”を含めた攻撃力の高さは、出場校の中でもトップクラス。打線は、1番濱本遥大(2年)と2番田村夏芽(2年)のコンビが流れを作る。まず、リードオフマンの1番濱本遥大(2年)は、秋公式戦で打率.429・本塁打1本・打点13・盗塁6。続く2番田村夏芽(2年)は、中国大会・岡山学芸館戦で4打数4安打1打点の活躍を見せるなど、打率.324・盗塁4。中軸は得点力が高く、3番土居湊大(2年)は、明治神宮大会・星稜戦で4打数4安打3打点の活躍をみせるなど、打率.477(チーム1位)・本塁打1本・打点12。さらに、高校通算19本を誇る4番只石貫太主将(2年)は、打率.390・本塁打1本・打点16(出場選手6位)といずれも力強い。このあと、打率.310・盗塁9(出場選手3位)を記録した6番酒井綾希人(2年)が機動力をいかして再び好機を演出。下位には、準決勝・宇部鴻城戦で3打数2安打2打点と活躍した7番白髪零士(1年・シラガレイジ)、下関国際戦でソロアーチを放った8番のエース髙尾響(2年)らが並ぶ。[個人ランキング]



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【広陵高校|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=4、B=1、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :102人(1位) (部員数ランキング)
・試合数   :12戦11勝1敗 (戦歴:広島中国神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.359(8位) [平均.330点]
・総得点   :89点(5位) [平均69.1点]
・平均得点  :7.4点(8位) [平均6.9点]
・総本塁打  :4本(10位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(14位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :28個(5位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :2.3個(8位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.58(8位) [平均1.93]
・総失点   :29点(23位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.4点(16位) [平均2.4点]
・総失策数  :12つ(22位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1つ(18位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 明治神宮大会2023年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

広陵 6-7 星稜 [高] ※初戦
広陵   |300|010|002|=6
星稜   |005|200|00x|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、広陵が背番号1髙尾響(2年)、星稜が背番号1佐宗翼(2年)。1回表、広陵は失策・野選・死球から無死満塁とし、4番只石貫太(2年)の走者一掃となる2塁打で3点を先制。3回裏、星稜は安打・失策で走者を出すと、2番中谷羽玖(2年)の安打で1点、4番萩原獅士(2年・レオ)の安打で2点(同点)、6番能美誠也(1年)の安打で2点を奪い、3-5と逆転。4回裏、星稜は安打・死球で2者を出すと、相手失策で2点を追加し、3-7。5回表、広陵は3番土居湊大(2年)の安打で1点を返す。このあと広陵は、7回裏から2人目の背番号10堀田昂佑(1年)に、8回裏途中から3人目の背番号10山口大樹(2年)に交代。9回表、広陵は安打2本で走者を出すと、3番土居湊大(2年)の2塁打で2点を返し、1点差に迫るも反撃はここまで。【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウ)が9回を被安打11・四死球2・奪三振6・失点6・計124球で完投。攻撃陣は計6安打で7得点、序盤に集中打を発揮し3点ビハインドを跳ね返した。敗れた広陵は、3番土居湊大(2年)が4打数4安打3打点と活躍をみせた。

[戦歴] 秋季中国大会2023年

⭐️特集ページ:秋季中国大会 日程・結果

創志学園(岡①) 1-2 広陵(広①)(マ) ※決勝戦
創志学園 |000|100|000|=1
広陵   |000|010|01x|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、創志学園が背番号1山口瑛太(2年)、広陵が背番号11堀田昂佑(1年)。4回表、創志学園は死球で走者を出すと、3番豊島虎児(2年・トラジ)の安打で1点を先制。5回裏、広陵は7番白髪零士(1年)が安打で出塁すると、1番濱本遥大(2年)の3塁打で1点を返し、1-1の同点。8回裏、広陵は9番堀田昂佑(1年)、2番田村夏芽(2年・ナツメ)が安打で出塁し、1死1・3塁のチャンスを作ると、代打・澤田哉斗(2年・カナト)の内野ゴロの間に1点を奪い、1-2と勝ち越し。ここで創志学園は2人目の背番号10中野光琉(2年)に交代。広陵が2-1で勝利し、3年連続14回目の優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】広陵は、背番号11堀田昂佑(1年・コウスケ)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球2・奪三振7・失点1・計111球と好投。一方の創志学園は、背番号1山口瑛太(2年)が7回2/3を投げて被安打9・四死球0(無四死球)・奪三振5・失点2と力投が光った。広陵は、中国地区代表として明治神宮大会へ出場予定。


宇部鴻城(山②) 4-8 広陵(広①)(マ) ※準決勝
宇部鴻城 |000|004|000|=4
広陵   |230|000|30x|=8
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、宇部鴻城が背番号1松成乃馳(2年)、広陵が背番号1髙尾響(2年)。1回裏、広陵は1番濱本遥大(2年)が3塁打で出塁すると、2番田村夏芽(2年・ナツメ)の安打で1点、4番只石貫太(2年)の安打で1点を奪い、2点を先制。2回裏、広陵は相手失策から1点、9番國只醒永(2年)の安打で1点、3番土居湊大(2年)の安打で1点を奪い、0-5。6回表、宇部鴻城は安打・四球・四球から1死満塁とし、5番白石涼太(1年)の2塁打で2点、6番上田一輝(2年)の安打で2点を奪い、4-5と1点差に迫る。7回裏、広陵は安打・四球で走者を出すと、7番白髪零士(1年)の3塁打で2点、相手失策から1点を奪い、4-8と突き放す。9回表、宇部鴻城は8番三牧琳太郎(2年)の2塁打と四球から無死1・2塁も後続が続かず。広陵が8-4で勝利し、決勝進出!(センバツ出場有力に)【◆◆活躍メモ◆◆】広陵は、背番号1髙尾響(2年)が9回を一人で投げきり、被安打7・四死球6・奪三振12・失点4・計169球と力投。攻撃陣は計9安打。打者では、7番白髪零士(1年・シラガレイジ)が1点差に迫られた7回裏に2点3塁打を放つなど3打数2安打2打点と活躍が光った。


下関国際(山③) 0-4 広陵(広①)(マ) ※準々決勝
下関国際 |000|000|000|=0
広陵   |110|100|10x|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、下関国際が背番号11伊東尊生(1年・タケル)、広陵が背番号1髙尾響(2年)。1回裏、広陵は1番濱本遥大(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、3番土居湊大(2年)の安打で1点を先制。2回裏、広陵は失策で走者をだすと、2番田村夏芽(2年・ナツメ)の3塁打で1点を追加。4回裏、広陵は8番髙尾響(2年)のソロ本塁打で1点を追加。7回裏、広陵は3番土居湊大(2年)のソロ本塁打で1点を追加し、0-4とリードを広げる。このあと下関国際は2人目の背番号17白水龍希(1年)に交代。広陵が4-0で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】広陵は、背番号1髙尾響(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打3・四死球1・奪三振7・失点0・計113球で、下関国際を完封。攻撃陣は計10安打で4得点。エース髙尾響(2年)と3番土居湊大(2年)がともにソロ本塁打を放つ活躍を見せた。


岡山学芸館(岡③) 3-6 広陵(広①)(倉) ※初戦
岡山学芸館|000|001|200|=3
広陵   |100|401|00x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、岡山学芸館が背番号1沖田幸大(2年)、広陵が背番号1髙尾響(2年)。1回裏、広陵は内野ゴロから1点を先制。4回裏、広陵は1番濱本遥大(2年)の安打で1点、2番田村夏芽(2年)の安打で1点、3番土居湊大(2年)の2塁打で1点を追加。ここで岡山学芸館は2人目の背番号14福岡樹(2年)に交代。さらに広陵は、4番只石貫太(2年)の安打で1点を追加し、0-5。6回表、岡山学芸館は内野ゴロから1点を返す。6回裏、広陵は1番濱本遥大(2年)の2塁打、2番田村夏芽(2年)の安打、四球から1死満塁。ここで岡山学芸館は3人目の背番号11鳥山恵佑(2年)に交代。このあと広陵は、代打・枡岡憲志(2年)の犠牲フライで1点を追加し、1-6。7回表から広陵は2人目の背番号11堀田昂佑(1年)に交代。このあと岡山学芸館は7番小田裕貴(2年)の安打で1点、1番木村凛都(2年)の安打で1点を奪い、3-6。7回裏から岡山学芸館は4人目の背番号10丹羽知則(2年)に交代。広陵が6-3で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】広陵は、背番号1髙尾響(2年)が6回1失点、背番号11堀田昂佑(1年)が3回2失点と力投。攻撃陣は計14安打で6得点(残塁11)。打者では、1番濱本遥大(2年)が4打数3安打1打点、2番田村夏芽(2年・ナツメ)が4打数4安打1打点と、1&2番コンビの活躍が光った。




[戦歴] 秋季広島大会2023年

⭐️特集ページ:広島大会の日程・結果

【広陵の戦歴|秋季広島大会2023年】
・決勝戦 :広陵 04-3 広島新庄 
・準決勝 :広陵 05-3 尾道
・準々決勝:広陵 07-1 海田 

・2回戦 :広陵 07-6 呉港

・1回戦 :広陵 11-1 広島工業(7)
   ——地区予選————–
・代表決定:広陵 18-0 可部
・2回戦 :広陵 11-0 吉田 ※Cなど略

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次