《広陵高校》野球部メンバー2022年⚡️

広陵 野球部メンバー 2022年

広陵高校 野球部メンバー 2022年 特集!

⭐️[過去]一世代前のメンバー一覧はコチラ

【明治神宮大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 倉重聡   左/左 2年 山口・長府中
02 只石貫太  右/右 2年 大阪・大久保中
03 真鍋慧   右/左 2年 広鳥・瀬野川車中
04 松下水音  右/左 2年 広島・野坂中
05 谷本颯太  右/左 2年 広鳥・大門巾
06 小林隼翔  右/右 2年 岡山・児島中
07 中尾湊   右/左 2年 福岡・千代中
08 田上夏衣  右/左 2年 熊本・山鹿中
09 濱本遥大  右/右 1年 広島・仁方中
10 横川倖   右/右 2年 広島・三原三中
11 髙尾響   右/右 1年 福岡・粕屋東中
12 一ノ瀬颯  右/右 2年 福岡・鞍手中
13 高橋陽大  右/左 2年 山口・美和中
14 池本真人  右/右 2年 広島・東原中
15 角戸信太  右/右 2年 広島・明徳中
16 飯盛泰希  右/左 2年 広島・野坂中
17 佐々木駿  右/左 2年 広島・囗田中
18 行武幸晟  右/右 2年 広島・昭和北中

⚡️特集ページ:明治神宮大会の日程・結果



[戦歴] 明治神宮大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

大阪桐蔭 6-5 広陵 [高] ※決勝
大阪桐蔭|000|051|000|=6
広陵  |030|200|000|=5

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が6-5で広陵に勝利し、優勝!センバツの「明治神宮大会枠」は、近畿地区に1枠追加される。序盤に5点をリードされる展開も、5回表に7番八瀬山大悟(2年)の犠牲フライで1点、2番山田太成(2年)の2塁打で1点、3番徳丸快晴(1年)の安打で1点、4番南川幸輝(2年)の安打で1点、押出四球で1点を奪い、5-5の同点。さらに6回表には、2番山田太成(2年)の内野安打で1点を奪い、6-5と勝ち越した。投手陣は、背番号10南恒誠(2年)・背番号16南陽人(1年)・背番号14松井弘樹(2年)が継投し、6回裏からは背番号1前田悠伍(2年)が4回を被安打3・四死球2・奪三振7・失点0と好救援した。敗れた広陵は、まず2回裏に失策から2点、4番小林隼翔(2年)の安打で1点を奪い、3点を先制。4回裏には3番真鍋慧(2年)の2ラン本塁打で、一時は5-0とリード。投手陣は、背番号1倉重聡(2年)が4回2/3を投げて失点5、その後は背番号11髙尾響(1年)が4回1/3を被安打3・四死球2・奪三振4・失点1と力投した。


北陸 0-5 広陵 [高] ※準決勝
北陸  |000|000|000|=0
広陵  |000|005|00x|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が5-0で北陸に勝利。攻撃陣は計10安打。互いに無得点のまま迎えた6回裏、ヒット2本などから無死満塁のチャンスを作ると、9番松下水音(2年)の走者一掃となる2塁打で3点、さらに打った走者も失策が絡んで本塁に生還し1点。さらに5番小林隼翔(2年)の安打で1点を追加し、5-0とした。投手陣は、背番号11髙尾響(1年)が7回を被安打4・四死球4・奪三振11・計120球と好投し、その後は背番号10横川倖(2年)・背番号18行武幸晟(2年)が救援し、3投手で完封リレー。敗れた北陸は、背番号18竹田海士(1年)が5回途中までを投げて4失点も力投をみせ、その後は背番号11鳴海凱斗(1年)と背番号1友廣陸(2年)が登板した。攻撃陣は、わずか4安打に抑えられて得点が奪えなかった。



[戦歴] 明治神宮大会2022年(2/2)

東海大菅生 2-6 広陵 [高] ※初戦
東海大菅生|000|002|000|=2
広陵   |001|400|10x|=6 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が6-2で東海大菅生に勝利。攻撃陣は計10安打。まず3回裏に相手失策から1点を先制すると、4回裏には7番濱本遥大(1年)の安打で2点、1番田上夏衣(2年)の2塁打で1点、2番谷本颯太(2年)の安打で1点を追加し、5-0。その後に2点を奪われるも、7回裏に3番真鍋慧(2年・ボンズ)のソロ本塁打(=通算48号)で1点を追加し、6-2と突き放した。投手陣は、背番号1倉重聡(2年)が8回を被安打5・四死球0・奪三振5・失点2・計97球と好投し、9回表は背番号11髙尾響(1年)と背番号10横川倖(2年)が登板した。敗れた東海大菅生は、背番号1日當直喜(2年)・背番号13筒井湊(1年)・背番号11末吉陽輝(2年)・背番号14島袋俐輝(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計6安打に抑えられ、得点は6回表に4番北島蒼大(2年)の2ラン本塁打で奪った2点にとどまった。


【高校の部 出場校一覧(10校)】
北海道クラーク記念国際(2年連続2回目)
東北 :仙台育英(3年ぶり8回目)
関東 :山梨学院(初出場)
東京 :東海大菅生(8年ぶり3回目)
東海 :東邦(4年ぶり3回目)
北信越北陸(初出場)
近畿 :大阪桐蔭(2年連続5回目)
中国 :広陵(2年連続6回目)
四国 :英明(8年ぶり2回目)
九州 :沖縄尚学(9年ぶり3回目)




[戦歴] 秋季中国大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:中国大会の日程・結果

光(山3) 0-13 広陵(広1)(し) ※決勝
光   |000|0⓪0|000|=0
広陵  |001|0⑩1|10x|=13

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が13-0で光に勝利し、優勝。中国代表として明治神宮大会へ出場する。攻撃陣は、計13安打で13得点。1点リードして迎えた5回裏、1番田上夏衣(2年)のソロ本塁打で1点、4番小林隼翔(2年)の2塁打で1点、5番只石貫太(1年)の安打で2点、6番中尾湊(2年)の安打で1点、押出四球で1点、1番田上夏衣(2年)の満塁ランニング本塁打(記録:3塁打と失策)で4点を奪い、この回一挙10点を挙げて試合を優位に進めた。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が6回を被安打2・四死球1・奪三振4と好投し、その後は背番号17岡山勇斗(2年)・背番号10横川倖(2年)が継投。一方、今大会で快進撃を続けてきた光は、攻撃陣が3安打に抑えられて得点は奪えず。全試合で先発完投してきた背番号1升田早人(2年)は、この試合も9回を一人で投げ抜き、被安打13・四死球6・奪三振1・失点13・計151球と力投。守備陣の乱れもあって5回裏には大量10点を奪われるも、序盤と終盤では持ち前の制球力と粘り強いピッチングで試合を作った。


鳥取城北(鳥1) 6-8 広陵(広1)(し) ※準決勝
鳥取城北|100|003|020|=6
広陵  |100|000|34x|=8 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が8-6で鳥取城北に勝利。攻撃陣は計8安打。3点を追う7回裏、ヒットと連続四球から無死満塁とし、押出四球で1点、代打•中尾湊(2年)の安打で2点を奪い、4-4の同点。その後、2点を勝ち越されて迎えた8回裏に、連続四球で走者を出すと、3番真鍋慧(2年)の2点3塁打で同点、さらに4番小林隼翔(2年)の2塁打で1点、内野ゴロに失策が絡んで1点を奪い、8-6とした。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が5回1/3を失点4、その後は背番号10横川倖(2年)・背番号1髙尾響(1年)が継投。打者では、3番真鍋慧(2年)が初回に同点犠牲フライ、8回裏には同点となる2点3塁打を放つなど活躍が光った。敗れた鳥取城北は、背番号1新庄空(2年)が7回を被安打6・四死球8・奪三振8・失点4、その後の8回裏は背番号10吉田晟(2年)が登板して失点4。攻撃陣は計8安打を放ち、6回表には連続スクイズ等でリードを広げるも、最後は逆転を許した。打者では、4番石黒尚(1年)が初回に先制2塁打、8回表には勝ち越しとなるヒット性の打球(失策絡む)を放つなど活躍をみせた。



[戦歴] 秋季中国大会2022年(2/2)

宇部鴻城(山2) 0-11 広陵(広1)(5)(し) ※準々決勝
宇部鴻城|000|000000|=0
広陵  |036|2x0000|=11

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が11-0(5回コールド)で宇部鴻城に勝利。攻撃陣は計12安打。まず2回裏に、7番倉重聡(2年)の安打で1点、9番松下水音(2年)の安打で1点、押出四球から1点を奪い、3点を先制。3回裏には、7番倉重聡(2年)の安打で2点、9番松下水音(2年)で1点、1番田上夏衣(2年)の安打で1点、2番谷本颯太(2年)の犠牲フライで1点、暴投から1点を奪い、9-0。4回裏には、5番只石貫太(1年)のソロ本塁打で1点、1番田上夏衣(2年)の安打で1点を奪い、11-0とした。投手陣は、背番号11倉重聡(2年)が4回を、背番号10横川倖(2年)が1回を投げ、相手打線を封じた。敗れた宇部鴻城は、背番号1吉村凌河(2年)と背番号11山口明士(2年)が共に2回を登板。攻撃陣は計2安打に抑えられ、得点が奪えなかった。


米子東(鳥3) 1-5 広陵(広1)(し) ※初戦
米子東 |000|000|010|=1
広陵  |002|020|10x|=5

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が5-1で米子東に勝利。背番号11倉重聡(2年)が8回を被安打4・四死球3・奪三振7・失点1・計107球と力投し、最終回は背番号10横川倖(2年)が救援。攻撃陣は計4安打で5得点。まず3回裏に、ヒット2本と四球から無死満塁とし、2番谷本颯太(2年)の犠牲フライで1点、3番真鍋慧(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2点を先制。5回裏には失策から1点、押出死球で1点を追加し、終盤の7回裏には5番只石貫太(1年)の犠牲フライで1点を奪った。敗れた米子東は、背番号1後藤和志(2年)が5回を投げ、その後は背番号18山田恭吾(1年)が3回を登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、8回表に4番木下啓吾(2年)の安打で奪った1点にとどまった。



[戦歴] 秋季広島県大会2022年

⭐️特集ページ:広島大会の日程・結果

【広陵の戦歴|秋季広島大会2022年】
・決勝  :広陵 4-3 広島商業
・準決勝 :広陵 7-5 広島新庄
・準々決勝:広陵 9-0 呉港(7)
・2回戦 :広陵 6-1 武田
・1回戦 :広陵 4-1 近大福山
  ——地区大会—————
・代表決定:広陵 10-0 油木
・2回戦 :広陵 12-0 可部 ※Cなど略

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路