《星稜•石川》野球部メンバー2024年⚡️

星稜高校 野球部メンバー2024年

星稜高校(石川) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季北信越大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 佐宗翼   左/左 3年 石川•私立星稜中
02 能美誠也  右/左 2年 石川•金沢市立清泉中
03 高橋弘季  右/右 2年 石川•私立星稜中
04 服部航   右/左 2年 石川•私立星稜中
05 萩原獅士  右/右 3年 兵庫•神戸市立玉津中
06 吉田大吾  右/右 3年 茨城•つくば市立高崎中
07 東汰生   右/左 3年 石川•私立星稜中
08 芦硲晃太  右/左 3年 大阪•河内長野市立美加の台中⭐️
09 専徒大和  左/左 3年 石川•私立星稜中
10 竹下史紘  右/右 3年 石川•私立星稜中
11 道本想   右/左 2年 石川•私立星稜中
12 河上涼太  右/右 3年 石川•私立星稜中
13 中島海翔  右/右 3年 石川•私立星稜中
14 中島幹大  右/左 3年 石川•私立星稜中
15 小野眞輝  右/右 2年 大阪・枚方市立桜丘中
16 中村瞭太  右/右 3年 石川•私立星稜中
17 木野孝士  右/左 2年 石川•金沢市立兼六中
18 戸田慶星  右/右 2年 石川•私立星稜中
19 織田晟牙  右/右 1年 石川•私立星稜中
20 濱田大聖  右/右 2年 兵庫•尼崎市立小田北中

⭐️特集ページ  :北信越大会 日程•結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 佐宗翼   左/左 3年 石川•私立星稜中
02 能美誠也  右/左 2年 石川•金沢市立清泉中
03 服部航   右/左 2年 石川•私立星稜中
04 中谷羽玖  右/左 3年 石川•私立星稜中
05 萩原獅士  右/右 3年 兵庫•神戸市立玉津中
06 吉田大吾  右/右 3年 茨城•つくば市立高崎中
07 濱田大聖  右/右 2年 兵庫•尼崎市立小田北中
08 芦硲晃太  右/左 3年 大阪•河内長野市立美加の台中⭐️
09 専徒大和  左/左 3年 石川•私立星稜中
10 竹下史紘  右/右 3年 石川•私立星稜中
11 道本想   右/左 2年 石川•私立星稜中
12 河上涼太  右/右 3年 石川•私立星稜中
13 中島幹大  右/左 3年 石川•私立星稜中
14 中村瞭太  右/右 3年 石川•私立星稜中
15 中島海翔  右/右 3年 石川•私立星稜中
16 島田光   右/左 3年 石川•私立星稜中
17 新島星空斗 右/右 3年 大阪•茨木市立南中
18 戸田慶星  右/右 2年 石川•私立星稜中
19 橋本晏地  右/左 3年 石川•私立星稜中 ※抹消
19 星英人   右/右 3年 石川•私立星稜中 ※新規
20 東汰生   右/左 3年 石川•私立星稜中




[戦歴] 春季北信越大会2024年

⭐️特集ページ:春季北信越大会 日程•結果

都市大塩尻(長①) 9-7 星稜(石①)(11)(市) ※準決勝
都市大塩尻|100|200|000|33 =9
星稜   |002|001|000|31 =7
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、都市大塩尻が背番号1種市晃己(3年)、星稜が背番号19織田晟牙(1年)。1回表、都市大塩尻は2番花岡蒼空(3年)が死球→盗塁を決めると、その後に3番小室櫂(3年)の犠牲フライで1点を先制。3回裏、星稜は2番服部航(2年)の2ラン本塁打で、1-2と逆転。4回表から星稜は背番号17木野孝士(2年)に交代。このあと都市大塩尻は、代打•川岸将大(3年)・9番横田然(3年)が安打で出塁すると、1番吉水歩夢(3年)の安打で1点、相手失策から1点を奪い、3-2と逆転。4回裏から都市大塩尻は背番号16高橋玲雄(3年)に交代。6回表から星稜は背番号11道本想(2年)に交代。6回裏、星稜は3連打で走者を出すと、6番能美誠也(2年)の犠牲フライで1点を返し、3-3。ここで都市大塩尻は背番号10冨山信希(3年)に交代して後続を断つ。8回表から星稜は背番号1佐宗翼(3年)に交代。8回裏から都市大塩尻は背番号11城倉琉衣(3年)に交代。10回表、都市大塩尻は6番登坂琳(3年)の安打で2点、野選で1点を奪い、6-3。10回裏、星稜は相手失策から1点、押出四球2つで2点を奪い、6-6の同点とし、なお1死満塁も得点は奪えず。11回表、都市大塩尻はこの回先頭の1番吉水歩夢(3年)の3塁打で2点、内野ゴロから1点を奪い、9-6。11回裏、星稜は8番佐宗翼(3年)の安打で1点を返すも反撃はここまで。都市大塩尻が9-7(延長11回)で勝利!【活躍メモ】都市大塩尻は、3人目の背番号10冨山信希(3年)が中盤で勝ち越しを許さぬ好救援で接戦に持ち込んだ。攻撃陣は、計12安打+5盗塁。1番吉水歩夢(3年)が決勝打を含む3安打3打点+1盗塁、2番花岡蒼空(3年)が2安打+2盗塁と活躍を見せた。


富山商業(富①) 1-4 星稜(石①)(市) ※1回戦
富山商業 |000|000|010|=1
星稜   |100|003|00x|=4
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、富山商業が背番号1寳泉陸斗(3年)、星稜が背番号1佐宗翼(3年)。1回裏、星稜は四球と4番萩原獅士(3年)の安打で走者を出すと、5番服部航(2年)の安打で1点を先制。6回裏、星稜は安打・四球で走者を出すと、6番高橋弘季(2年)の3塁打で2点、代打・竹下史紘(3年)の安打で1点を追加し、0-4とリードを広げる。ここで富山商業は2人目の背番号10山本心太郎(3年)に交代。8回表、富山商業は代打・斉藤樹之(2年)のソロ本塁打で1点を返す。8回裏から富山商業は3人目の背番号20福村優太(3年)に交代。星稜が4-1で勝利!【活躍メモ】星稜は、背番号1佐宗翼(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球0(無死四球)・奪三振5・失点1・計96球と好投し、チームを勝利に導いた。



[戦歴] 春季石川大会2024年

⭐️特集ページ:石川大会の日程・結果

【星稜の戦歴|春季石川大会2024年】
・決勝戦 :星稜 3-0 日本航空石川 
・準決勝 :星稜 2-1 小松大谷(10)
・準々決勝:星稜 8-5 小松商業 

・3回戦 :星稜 7-0 小松明峰(8)
・2回戦 :星稜 4-2 門前

[概要] 春季北信越大会2024年

【2024年 春季北信越大会 大会日程•出場校】
・日程:6月1日(土)〜6月4日(火) ※3日(月)休養日

・場所:富山県|楽天トラベル [ホテル予約]
・会場:富山市民球場(メイン)、県営富山野球場
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:北信越大会の過去結果 [春・秋季]
・各地:長野新潟富山石川福井
【出場校一覧】
長野(1):①都市大塩尻
新潟(1):①帝京長岡
富山(4):①富山商業高岡商業高朋氷見
石川(1):①星稜
福井(1):①工大福井
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

健大高崎 5-4 星稜 ※準決勝
健大高崎 |000|200|300|=5
星稜   |011|100|100|=4
=====================================
🌸レポート🌸 健大高崎が5-4で逆転勝利し、初の決勝進出。投手陣は、背番号10石垣元気(1年)が7回を被安打9・四死球2・奪三振4・失点4・計116球と力投し、MAX150km(今大会最速)をマーク。8回裏からは、前の試合で血豆をつぶした背番号1佐藤龍月(1年)が好救援。攻撃陣は計11安打。2点を追う4回表、4番箱山遥人(2年)の安打と相手失策から無死2・3塁とし、6番加藤大成(1年)の2塁打で2点を奪い、2-2の同点。1点を勝ち越されて迎えた7回表、1番斎藤銀乃助(2年)の3塁打で1点を奪い、3-3の同点。さらに、3番髙山裕次郎(2年)の2塁打で1点(勝ち越し)、4番箱山遥人(2年)の安打で1点を奪って、5-3とした。この日も4番箱山遥人(2年)が5打数3安打1打点とチームを勢いづけた。敗れた星稜は、背番号1佐宗翼(2年)が9回を被安打11・四死球1・奪三振4・計118球・失点5。攻撃陣は計9安打。2回裏に、8番中島幹大(2年)の内野安打で1点を先制。3回裏には、5番服部航(1年)の安打で1点を追加。4回裏には、相手失策から1点を奪って、1点を勝ち越し。その後、逆転されて迎えた7回裏には、5番服部航(1年)の2塁打で1点を返して1点差に迫るも及ばなかった。【観客数 : 20,000人】


星稜   5-0 阿南光 ※準々決勝
星稜   |130|100|000|=5
阿南光  |000|000|000|=0
=====================================
🌸レポート🌸 星稜が5-0で勝利し、石川県勢初の4強入り。背番号18戸田慶星(1年)が9回を被安打2・四死球0・奪三振6・計105球と好投し、完封。攻撃陣は計9安打(&4盗塁)。1回表、4番萩原獅士(2年)の安打で1点を先制。2回表には、6番能美誠也(1年)が3塁打で出塁すると、7番専徒大和(2年)の安打で1点、9番戸田慶星(1年)の安打で1点、併殺の間に1点を奪い、4-0。4回表には、8番中島幹大(2年)の安打で1点を追加し、5-0とした。敗れた阿南光は、背番号18大坂将太(1年)が1回4失点も、その後は背番号1吉岡暖(2年)が残る8回を被安打4・四死球1・奪三振5・失点1・計96球と好投。攻撃陣は、3回裏に初スタメンの7番奥田日向汰(2年)がチーム初安打を放つも、計2安打にとどまった。阿南光はこの試合前にレギュラー選手2名が体調不良により登録変更された。【観客数 : 7,000人】


八学光星 2-3 星稜   ※2回戦
八学光星 |002|000|000|=2
星稜   |200|001|00x|=3
=====================================
🌸レポート🌸 両エースの投げ合いは、星稜が3-2で勝利。背番号1佐宗翼(2年)が9回を被安打7・四死球5・奪三振6・失点2・計141球と粘投。走者を出すものの、ショート吉田大吾(2年)・セカンド中谷羽玖(2年)らが好守でバックアップ。攻撃陣は計7安打。1回裏、四球で走者を出すと、3番芦硲晃太(2年)の安打で1点、6番能美誠也(1年)の安打で1点を奪い、2点を先制。その後、同点で迎えた6回裏に5番服部航(1年)が安打で出塁し犠打で送ると、8番中島幹大(2年)の安打で1点を奪い、3-2と勝ち越した。敗れた八学光星は、背番号1洗平比呂(2年)が9回を被安打7・四死球1・奪三振6・失点3・計108球と力投。攻撃陣は計7安打。3回表に死球・安打・四球から2死満塁とし、4番山本優大(2年)の安打で2点を奪って同点に追いつくも、その後は得点が奪えなかった。【観客数 : 12,000人】


星稜   4-2 田辺   ※1回戦
星稜   |010|100|002|=4
田辺   |001|100|000|=2
=====================================
🌸レポート🌸 秋の日本一・星稜が、21世紀枠の田辺に4-2で勝利。攻撃陣は計8安打。2回表、2死1・3塁から重盗をしかけて1点を先制。同点に追いつかれた直後の4回表には、相手失策から2-1と勝ち越し。再び同点に追いつかれて迎えた9回表、1死から7番能美誠也(1年)と途中出場の8番中島幹大(2年)が連打で出塁すると、代打・東汰生(2年)が決勝点となる2点タイムリーを放って4-2とした。投手陣は、背番号1佐宗翼(2年)が6回を被安打3・四死球2・奪三振5・失点2と力投し、その後は背番号18戸田慶星(1年)が2回を、背番号11道本想(1年)が最終回を救援。敗れた21世紀枠の田辺は、背番号1寺西邦右(2年)が9回を被安打8・四死球3・奪三振5・失点4・計139球と好投。攻撃陣は計6安打。3回裏に、7番尾崎大晟(1年)が安打で出塁し犠打で送ると、1番岡本和樹(2年)のタイムリーで同点。4回裏には、3番山本結翔主将(2年)が2塁打で出塁すると、5番前田海翔(1年)がスクイズを決めて、再び同点。2点を追う9回裏には、先頭の4番山本陣世(2年)がフェンスに迫るセンターフライを放ってアルプスを沸かせると、5番前田海翔(1年)の安打、6番寺西邦右(2年)の2塁打から1死2・3塁のチャンスを作るなど、最後まで甲子園球場を熱くした。【観客数 : 20,000人】



[チーム紹介] 注目選手など

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:2年ぶり16回目。選考委員会の選考理由「左腕・佐宗翼、右腕・道本想と好投手を擁し、攻守に安定した力を持っていると高く評価」


🌸主な戦歴など石川V北信越V神宮V(秋の日本一)|北信越大会では、エース左腕・佐宗翼ら複数の主力が体調不良で準々決勝までの2試合を欠場する中、右腕・道本想(1年)ら下級生が活躍。北信越大会では、初戦・松商学園(長③)に9-3、続く準々決勝・敦賀(福④)に10-0(5C)、準決勝・北陸(福①)に6-1、決勝・敦賀気比(福③)に1x-0(10回TB)で勝利し、北信越優勝。神宮大会では、初戦・広陵に7-6、準々決勝・青森山田に3-2、準決勝・豊川に15-3(5C)、決勝・作新学院に3-1で勝利し、秋日本一。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.95(14位)、平均失点数:2.1点(7位★)、平均失策数:0.5つ(5位★★)。投手陣は、最速143キロで制球力抜群の左腕エース佐宗翼(2年)と、躍進の原動力となった右腕・道本想(1年)の2枚看板だ。北信越大会の決勝・敦賀気比戦(1x-0 延長10回TB)では、道本→佐宗が繋ぎ、完封リレーした。エース佐宗翼(2年)は、勝てば選抜当確となる準決勝・北陸戦で9回1失点。神宮大会では、初戦・広陵戦で完投、決勝・作新学院戦では9回1失点と好投。一方の右腕・道本想(1年)は、北信越大会の序盤ではエースなど主力を体調不良で欠く中、大車輪の活躍。神宮大会の準々決勝・青森山田戦では9回途中までを投げて奪三振7・失点2と好投。このほか、松商学園戦でリリーフした背番号17戸田慶星(1年)らも控える。【秋公式戦データ(投球回数順)】①道本想(1年)は計51回2/3を投げて、防御率1.92(34位)、奪三振43(17位)、1回あたりの奪三振数0.83(37位)。②佐宗翼(2年)は計50回を投げて、防御率1.98(36位)、奪三振49(9位★)、1回あたりの奪三振数0.98(14位)、1回あたりの与四死球0.180(8位★)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.320(18位)、平均得点:7点(11位)、総本塁打:6本(4位★★)、平均盗塁数:2.3個(9位★)。地区王者が集まった明治神宮大会の4試合で計28得点を奪うなど、攻撃の破壊力は抜群だ。打線は、秋公式戦で打率.348の1番吉田大吾(2年・高校通算17本)、打率.383の2番中谷羽玖(2年・ハク)のコンビが好機を演出。中軸には、注目の好打者が揃う。まず、高校通算16本の3番芦硲晃太主将(2年・アシサコ)は、準決勝・豊川戦で2ラン本塁打を含む5打数4安打6打点の活躍をみせるなど、明治神宮大会では打率.438・打点9・全試合安打を記録し、秋公式戦を通じて7盗塁(出場選手9位)を決めた。また、4番萩原獅士(レオ・2年)は、明治神宮大会で本塁打2本を放つなど、秋公式戦では打率.271・本塁打2本(チーム1位)・打点11(チーム2位)・盗塁5。このあとも好打者は続き、5番服部航(1年)は打率.356・本塁打1・打点10、続く6番能美誠也捕手(1年)は打率.355・本塁打1・打点12(チーム1位)・盗塁6(チーム2位)を記録。このほか、北信越大会の決勝・敦賀気比戦(1x-0 延長10回TB)で、2死満塁から「代打・サヨナラ打」を放った中島幹大(2年)ら勝負強い打者もベンチに控える。[個人ランキング]


🌸トピックス等:能登半島地震の影響で、野球部は1月4日に始動予定だったが、練習は1月11日からに。グランドに亀裂が一部入るなどしたため、出場校決定時には利用不可。1月中旬には山下智将監督や2年生部員らに新型コロナウイルス感染が相次ぎ、1月下旬は大雪で登校禁止となった時期に部活動ができず。芦硲晃太主将(2年)の父・太輔さんは、1997年センバツで優勝経験あり。ショート吉田大吾(2年)の兄は、昨年甲子園出場(春・夏)した専大松戸の正捕手・吉田慶剛さん。昨秋から女子マネージャーが正式誕生した。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【星稜高校|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=5、B=0、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :55人(16位) (部員数ランキング)
・試合数   :13戦13勝0敗 (戦歴:石川北信越神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.320(18位) [平均.330点]
・総得点   :91点(4位) [平均69.1点]
・平均得点  :7点(11位) [平均6.9点]
・総本塁打  :6本(4位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.5本(6位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :30個(4位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :2.3個(9位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.95(14位) [平均1.93]
・総失点   :27点(22位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.1点(7位) [平均2.4点]
・総失策数  :7つ(10位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.5つ(5位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 明治神宮大会2023年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

星稜 3-1 作新学院 [高] ※決勝
星稜   |000|100|020|=3
作新学院 |000|001|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号1佐宗翼(2年)、作新学院が背番号1小川哲平(2年)。4回表、星稜は5番服部航(1年)のソロ本塁打で1点を先制。6回裏、作新学院は4番柳沼翔(1年)の安打で1点を返し、1-1。7回表から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。8回表、星稜は安打2本で走者を出すと、3番芦硲晃太主将(2年)の安打で2点を奪い、3-1と勝ち越し。星稜が3-1で作新学院に勝利し、32年ぶり3回目の優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振8・失点1・計117球で完投。攻撃陣は計6安打。3番芦硲晃太主将(2年・アシサコ)が8回表に勝ち越し2点タイムリーを放つなど、この試合も活躍が光った。


星稜 15-3 豊川(5) [高] ※準決勝
星稜   |263|400000|=15
豊川   |110|100000|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号11道本想(1年)、豊川が背番号10中西浩平(1年)。1回表、星稜は3番芦硲晃太(2年)の2塁打で1点、5番服部航(1年)の安打で1点を奪い、2点を先制。1回裏、豊川は3番モイセエフ•ニキータ(2年)のソロ本塁打で1点を返す。2回表、星稜は3番芦硲晃太(2年)の安打で2点、4番萩原獅士(2年・レオ)の2試合連続弾となる2ラン本塁打で、6-1。ここで豊川は2人目の背番号17本田能光(2年)に交代。さらに星稜は7番専徒大和(2年)の安打で1点、相手失策から1点を奪い、8-1。2回裏、豊川は代打・三浦康生(2年)の2塁打で1点を返す。3回表から豊川は3人目の背番号11平野将馬(1年)に交代。3回表、星稜は3番芦硲晃太(2年)の安打で1点、4番萩原獅士(2年・レオ)の犠牲フライで1点、相手失策から1点を奪い、11-2。4回表、星稜は2番中谷羽玖(2年)の安打で1点、3番芦硲晃太(2年)の2ラン本塁打で2点、6番能美誠也(1年)の2塁打で1点を奪い、15-2。4回裏、豊川は8番三浦康生(2年)の2塁打で1点を奪い、15-3。5回表から豊川は4人目の背番号1鈴木爽太(2年)に交代。5回裏から星稜は右サイドスロー背番号17新島星空斗(2年)に交代。星稜が15-3(5回コールド)で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は計16安打(本塁打2本を含む)を放ち、3番芦硲晃太主将(2年・アシサコ)が2ラン本塁打を含む5打数4安打6打点と活躍を見せた。


青森山田 2-3 星稜 [高] ※準々決勝
青森山田 |100|000|001|=2
星稜   |003|000|00x|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、青森山田が背番号1関浩一郎(2年)、星稜が背番号11道本想(1年・ソウ)。1回表、青森山田は3番對馬陸翔(2年)が安打で出塁すると、4番原田純希(2年)の2塁打で1点を先制。3回裏、星稜は3番芦硲晃太(2年)の2塁打で1点(同点)、4番萩原獅士(2年・レオ)の2ラン本塁打で2点を奪い、1-3と逆転に成功。その後、8回裏から青森山田は2人目の背番号10櫻田朔(2年)に交代。9回表、青森山田は先頭の3番對馬陸翔(2年)が2塁打で出塁すると、ここで星稜は2人目の背番号1佐宗翼(2年)に交代。このあと5番蝦名翔人(1年)の犠牲フライで1点を奪うも、反撃はここまで。星稜が3-2で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号11道本想(1年・ソウ)が9回途中までを投げ、被安打6・四死球2・奪三振7と好投。攻撃陣は計6安打で3得点。打者では4番萩原獅士(2年・レオ)が勝ち越しとなる2ラン本塁打を放つ活躍をみせた。一方、敗れた青森山田の背番号1関浩一郎(2年)も7回を被安打6・四死球3・奪三振1・失点3と力投をみせた。


広陵 6-7 星稜 [高] ※初戦
広陵   |300|010|002|=6
星稜   |005|200|00x|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、広陵が背番号1髙尾響(2年)、星稜が背番号1佐宗翼(2年)。1回表、広陵は失策・野選・死球から無死満塁とし、4番只石貫太(2年)の走者一掃となる2塁打で3点を先制。3回裏、星稜は安打・失策で走者を出すと、2番中谷羽玖(2年)の安打で1点、4番萩原獅士(2年・レオ)の安打で2点(同点)、6番能美誠也(1年)の安打で2点を奪い、3-5と逆転。4回裏、星稜は安打・死球で2者を出すと、相手失策で2点を追加し、3-7。5回表、広陵は3番土居湊大(2年)の安打で1点を返す。このあと広陵は、7回裏から2人目の背番号10堀田昂佑(1年)に、8回裏途中から3人目の背番号10山口大樹(2年)に交代。9回表、広陵は安打2本で走者を出すと、3番土居湊大(2年)の2塁打で2点を返し、1点差に迫るも反撃はここまで。【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウ)が9回を被安打11・四死球2・奪三振6・失点6・計124球で完投。攻撃陣は計6安打で7得点、序盤に集中打を発揮し3点ビハインドを跳ね返した。敗れた広陵は、3番土居湊大(2年)が4打数4安打3打点と活躍をみせた。




[戦歴] 秋季北信越大会2023年

⭐️特集ページ:秋季北信越大会 日程•結果

敦賀気比(福③) 0-1x 星稜(石①)(10)(県) ※決勝
敦賀気比 |000|000|000|0 =0
星稜   |000|000|000|1 =1x
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、敦賀気比が背番号1竹下海斗(2年)、星稜が背番号11道本想(1年)。1回表、敦賀気比は安打2本から2死1・3塁も無得点。5回裏、星稜は安打2本で2死1・2塁も無得点。8回表、敦賀気比は死球で出た走者を犠打で送り、1死2塁のチャンス。ここで星稜は2人目の背番号1佐宗翼(2年)に交代し、後続を断つ。9回終了時点でヒットは、敦賀気比6本、星稜5本。10回表、敦賀気比は犠打を決めて、1死2・3塁も得点できず。10回裏、星稜は犠打で送って1死2・3塁。続く7番専徒大和(2年)は四球を選んで、1死満塁。このあと、8番佐宗翼(2年)は空振り三振に倒れるも、2死満塁から代打・中島幹大(2年)が外野の頭を越えるサヨナラ打を放ち、決着!星稜が1x-0(10回TB)で勝利し、優勝。北信越王者として明治神宮大会へ出場!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、先発の背番号11道本想(1年・そう)が7回1/3を被安打6・四死球1・奪三振4・失点0と好投し、その後は背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が2回2/3を被安打0・四死球0・奪三振3と好救援。敦賀気比は、エース竹下海斗(2年)が前日の準決勝に続き、2試合連続で延長10回を投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振8・計113球と力投が光った。


星稜(石①) 6-1 北陸(福①)(県) ※準決勝
星稜   |000|400|200|=6
北陸   |010|000|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号1佐宗翼(2年)、北陸が背番号1竹田海士(2年)。2回裏、北陸は6番谷嵜朋史(2年)が2塁打で出塁すると、7番澤田大地(2年)の安打で1点を先制。4回表、星稜は安打・四球・安打から1死満塁とし、フィルダースチョイスから1点、7番専徒大和(2年)の安打で1点、8番佐宗翼(2年)の内野ゴロで1点、9番濱田大聖(1年)の安打で1点を奪い、4-1と逆転。7回表、星稜は安打2本で走者を出すと、5番服部航(1年)の安打で1点、6番能美誠也(1年)の安打で1点を奪い、6-1と突き放す。このあと北陸は2人目の背番号8鳴海凱斗(2年)に交代。さらに8回表から北陸は3人目の背番号6井黒晃佑(2年)に交代。星稜が6-1で北陸に勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球3・奪三振10・失点1・計157球と力投。攻撃陣は計11安打を記録。中でも2番中谷羽玖(2年・ハク)は、
4回表・7回表の集中打の起点となるヒットを放つなど、5打数3安打の活躍でチーム勢いづけた。


敦賀(福④) 0-10 星稜(石①)(5)(P) ※準々決勝
敦賀   |000|000000|=0
星稜   |020|080000|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、敦賀が背番号1長谷川冬聖(2年・とあ)、星稜が背番号11道本想(1年・そう)。2回裏、星稜は四球・安打・失策から1死満塁のチャンスを作ると、
8番中島海翔(2年)の犠牲フライで1点、9番道本想(1年)の安打で1点を奪い、2点を先制。5回裏、星稜はこの回先頭の9番道本想(1年)がヒットで出塁すると、その後、3番萩原獅士(2年)の安打で2点、4番服部航(1年)の安打で1点、6番能美誠也(1年)の3塁打で2点、7番中島幹大(2年)の安打で1点を奪い、0-8。ここで敦賀は2人目の背番号10須藤叶(2年・かなた)に交代。さらに星稜は、9番道本想(1年)の安打で1点、押出四球で1点を追加し、10点差とした。星稜が10-0(5回コールド)で敦賀に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、主将やエースが体調不良となる中、先発した背番号11道本想(1年・そう)が5回を被安打2・四死球0・奪三振5・失点0と好投し、自らバットではチーム最多の3打数3安打2打点と投打で躍動し、次週行われる準決勝へチームを導いた。


星稜(石①) 9-3 松商学園(長③)(県) ※1回戦
星稜   |213|100|020|=9
松商学園 |000|011|010|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号11道本想(1年)、松商学園が背番号18原田滉大(2年)。1回表、星稜は1番吉田大吾(2年)が2塁打で出塁すると、その後に相手失策から1点、さらに相手失策から1点を奪い、2点を先制。2回表、星稜は死球で走者を出すと、7番中島幹大(2年)の安打で1点を追加。ここで松商学園は2人目の背番号1櫻井直道(2年)に交代。3回表、星稜は四球と安打で走者を出すと、6番能美誠也(1年)の3ラン本塁打で6-0と突き放す。4回表、星稜は死球で走者を出すと、2番中谷羽玖(2年)の2塁打で1点を追加。一方の松商学園は、5回裏に6番伊東大和(2年)の2塁打で1点、6回裏に4番羽生田流夷(2年)の安打で1点を返す。8回表、星稜は7番中島幹大(2年)の安打に相手失策も絡み1点、さらに相手失策から1点を追加し、9-2。8回裏、星稜は2人目の背番号17戸田慶星(1年)に交代。8回裏、松商学園は5番漆戸琉晟(2年)の安打で1点を返し、9-3。9回裏、松商学園は四球・四球・安打から1死満塁のチャンスを作るも、無得点に終わる。星稜が9-3で松商学園に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号11道本想(1年)と背番号17戸田慶星(1年)の1年生コンビが計13安打を浴びるも、バックがノーエラーでカバーした。対する松商学園は、失策5を記録するなど序盤から流れを譲った。攻撃陣は計13安打と活発で、3安打を放った6番伊東大和(2年)を筆頭に計4人が複数安打をマークした。




[戦歴] 秋季石川大会2023年

⭐️特集ページ:石川大会の日程・結果

【星稜の戦歴|秋季石川大会2023年】
・決勝戦 :星稜 06-5 日本航空石川(11)
・準決勝 :星稜 05-3 金沢学院大附
・準々決勝:星稜 08-1 金沢(7)

・3回戦 :星稜 12-0 大聖寺実業(5)
・2回戦 :星稜 06-2 金沢龍谷

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次