《田辺•21世紀枠》野球部メンバー2024年⚡️センバツ

田辺高校 野球部 メンバー 特集

田辺(和歌山•21世紀枠) 野球部メンバー 2024年
🌸新着:個人成績ランキング(投手•打者)はコチラから

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
→センバツ2024年 登録メンバーは別途UPDATE

【2023年 秋季近畿大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 寺西邦右  右/右 2年 和歌山•印南町立稲原中
02 前田海翔  右/右 1年 和歌山•上富田町立上富田中
03 岡本和樹  右/右 2年 和歌山•田辺市立東陽中
04 尾﨑大晟  右/左 1年 和歌山•田辺市立高雄中
05 山本結翔  右/右 2年 和歌山•上富田町立上富田中⭐️
06 山本陣世  右/右 2年 和歌山•上富田町立上富田中
07 小川飛翔  右/右 2年 和歌山•田辺市立新庄中
08 山根勇人  右/右 2年 和歌山•上富田町立上富田中
09 柳田尚生  右/右 1年 和歌山•田辺市立東陽中
10 家高良宜  右/右 2年 和歌山•田辺市立上秋津中
11 柴田奏心  右/右 2年 和歌山•田辺市立高雄中
12 松本結雅  右/左 2年 和歌山•上富田町立上富田中
13 太田爽心  右/右 1年 和歌山•田辺市立高雄中
14 鳥山凌佑  左/左 1年 和歌山•田辺市立東陽中
15 井谷歩夢  右/右 1年 和歌山•白浜町立富田中
16 泉仁乃   右/右 1年 和歌山•田辺市立高雄中
17 小川輝流斗 左/左 1年 和歌山•田辺市立東陽中
18 垣本柊哉  右/右 1年 和歌山•田辺市立明洋中

⭐️特集ページ:秋季近畿大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:76年ぶり3回目。選考委員会の選考理由「田辺は1896(明治29)年創立で、120年以上の歴史を持つ伝統校。田中格監督がスクールカウンセラーと連携し、対人関係の相談に乗ったりするなど対話を重視。精神的にも一人一人をこまやかにフォローするという点が、これからの時代の一つのあり方として評価。昨秋の和歌山大会で市和歌山、智弁和歌山の強豪を破り、準優勝」


🌸主な戦歴など和歌山準V近畿初戦|和歌山大会では、初戦・和歌山北(夏準V)に4-1、2回戦・那賀に3-0、3回戦・高野山に5-2で勝利。その後、準々決勝・市立和歌山に9-2(8C)、準決勝で智辯和歌山に5-2で勝利し、決勝では耐久に3-5で惜敗。52年ぶりに進出した近畿大会では、初戦で京都国際(京②)に2-3x(10回TB)で惜敗した。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.59(9位★)、平均失点数:2.1点(10位★)、平均失策数:1.6つ(32位)。最速139キロのエース寺西邦右(2年・ホウスケ)が、躍進の原動力だ。秋季和歌山大会(1次予選)から近畿大会までの全7試合で登板。近畿大会では、初戦・京都国際(2-3x 10回TB)に敗れたものの、この試合も延長10回を一人で投げ抜き、3失点を好投をみせた。【秋公式戦データ(投球回数順)】寺西邦右(2年)は計55回1/3を投げて、防御率1.63(29位)、奪三振26(31位)、1回あたりの奪三振数0.47(66位)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.272(31位)、平均得点:4.4点(30位)、総本塁打:2本(19位)、平均盗塁数:0.9個(28位)。注目の4番山本陣世(2年)は、秋季和歌山大会において、準々決勝・市立和歌山戦(9-2 8C)では終盤に2ラン本塁打、準決勝・智辯和歌山戦(5-2)では「逆転満塁ホームラン」を放ち、”田辺”の名を全国に知らしめた。


🌸部員数は22人:1898年創部の伝統校で、併設型の中高一貫教育を行う。野球部員は22人(選手:1年生9人、2年生9人、マネ4人)。「愛される野球部になろう」をモットーに、扇ヶ浜の清掃や、高山寺の年末大掃除には10年以上参加。野球人口減少が著しい紀南地方で学童野球チームとの交流会(ちびっこやきゅうチャレンジ)を継続して行うなど、地域に根付いた活動に取り組む。これまで甲子園には、春2回(1947年・48年)、夏1回(1995年)の出場経験がある。21世紀枠推薦校への選出は、初。個人成績ランキングから追加UPDATE予定



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【田辺(21世紀枠)|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=1、C=4 (優勝候補アンケート)
・部員数   :22人(30位) (部員数ランキング)
・試合数   :7戦5勝2敗 (戦歴:和歌山近畿)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.272(31位) [平均.330点]
・総得点   :31点(30位) [平均69.1点]
・平均得点  :4.4点(30位) [平均6.9点]
・総本塁打  :2本(19位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(17位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :6個(28位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :0.9個(28位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.59(9位) [平均1.93]
・総失点   :15点(6位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.1点(10位) [平均2.4点]
・総失策数  :11つ(20位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1.6つ(32位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季近畿大会2023年

⭐️特集ページ:秋季近畿大会 日程・結果

田辺(和②) 2-3x 京都国際(京②)(10)(シ) ※初戦
田辺   |100|000|010|00=2
京都国際 |001|000|010|10=3x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、田辺が背番号1寺西邦右(2年・ホウスケ)、京都国際が背番号1中崎琉生(2年)。1回表、田辺は1番岡本和樹(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、4番山本陣世(2年)の安打で1点を先制。3回裏、京都国際は四球で出た走者を犠打で送ると、4番髙岸栄太郎(2年)の安打で1点を返し、1-1。8回表、田辺は安打2本で走者を出すと、3番山本結翔(2年)の安打で1点を奪い、2-1と勝ち越し。直後の8回裏、京都国際は1番清水詩太(1年・ウタ)が安打で出塁すると、4番髙岸栄太郎(2年)の安打で1点を返し、2-2の同点。9回終了時点でヒットは、田辺6本、京都国際5本。10回裏、京都国際は1死満塁から3番澤田遥斗(2年)がサヨナラタイムリーを放って決着!京都国際が3x-2(延長10回TB)で田辺に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】京都国際は背番号1中崎琉生(2年・ルイ)が10回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球2・奪三振12・失点2・計135球と好投。攻撃陣は計7安打を放ち、中でも4番髙岸栄太郎(2年)は同点打を2度放つなど
4打数2安打2打点と活躍。一方、市立和歌山&智辯和歌山を撃破してきた田辺のエース寺西邦右(2年・ホウスケ)も10回を投げ、被安打7・四死球4・奪三振7・失点3・計133球と好投が光った。

[戦歴] 秋季和歌山大会2023年

⭐️特集ページ:和歌山大会の日程・結果

【田辺の戦歴|秋季和歌山大会2023年】
・決勝戦 :田辺 3-5 耐久 ⚫︎
・準決勝 :田辺 5-2 智辯和歌山
・準々決勝:田辺 9-2 市立和歌山(8)

・3回戦 :田辺 5-2 高野山
・2回戦 :田辺 3-0 那賀

・1回戦 :田辺 4-1 和歌山北



[出場校一覧] 全32チーム紹介ページ

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

北海道1枠】
🌸優勝:北海    (北海道1位) →3年ぶり14回目
          ※補欠校:東海大札幌
東北3(従来+1)
🌸優勝:青森山田  (青森1位) →8年ぶり3回目
🌸準優:八学光星  (青森2位) →5年ぶり11回目
🌸4強:学法石川  (福島3位) →33年ぶり4回目
          ※補欠校:一関学院鶴岡東
関東東京:関東4•東京1•比較1枠】
関東
🌸優勝:作新学院  (栃木1位) →2年連続12回目
🌸準優:山梨学院  (山梨1位) →3年連続7回目
🌸4強:健大高崎  (群馬1位) →2年連続7回目
🌸4強:常総学院  (茨城1位) →3年ぶり11回目
🌸8強:中央学院  (千葉1位) →6年ぶり2回目
          ※補欠校(関東):桐光学園花咲徳栄
東京
🌸優勝:関東第一  (東京1位) →8年ぶり7回目
          ※補欠校(東京):創価
北信越3(=2枠+明治神宮大会1枠)
🌸優勝:星稜    (石川1位) →2年ぶり16回目
🌸準優:敦賀気比  (福井3位) →4年連続11回目
🌸4強:航空石川  (石川2位) →4年ぶり3回目
           ※補欠校:北陸帝京長岡
東海3(従来+1)
🌸優勝:豊川    (愛知2位) →10年ぶり2回目
🌸準優:愛工大名電 (愛知1位) →12年ぶり10回目
🌸4強:宇治山田商 (三重1位) →16年ぶり2回目
          ※宇商が2番目、名電が3番目として選出
          ※補欠校:藤枝明誠県立岐阜商業
近畿6枠】
🌸優勝:大阪桐蔭  (大阪1位) →5年連続15回目
🌸準優:京都外大西 (京都1位) →18年ぶり7回目
🌸4強:京都国際  (京都2位) →3年ぶり2回目

🌸4強:耐久    (和歌1位) →初出場
🌸8強:報徳学園  (兵庫1位) →2年連続23回目

🌸8強:近江    (滋賀1位) →2年ぶり7回目
          ※補欠校:履正社須磨翔風
中国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:広陵    (広島1位) →3年連続27回目
🌸準優:創志学園  (岡山1位) →7年ぶり4回目
          ※補欠校:宇部鴻城高川学園
四国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:高知    (高知1位) →3年連続21回目
🌸準優:阿南光   (徳島3位) →32年ぶり2回目
          ※補欠校:鳴門明徳義塾
九州4枠】
🌸優勝:熊本国府  (熊本1位) →初出場
🌸準優:明豊    (大分1位) →3年ぶり6回目
🌸4強:神村学園  (鹿児1位) →9年ぶり6回目
🌸4強:東海大福岡 (福岡1位) →7年ぶり3回目
          ※補欠校:大分舞鶴延岡学園
21世紀枠2枠】
🌸別海 (北海道=4強) →初出場
🌸田辺 (和歌山=準優勝、近畿=初戦) →76年ぶり3回目
          ※補欠校:鶴丸仙台一



[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井   
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次