《履正社》野球部メンバー2022年⚡️

履正社 野球部メンバー2022年

履正社高校 野球部メンバー 2022年

【秋季近畿大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 増田壮   左/左 2年 長尾西
02 坂根葉矢斗 右/右 2年 竜王町立竜王•滋賀
03 鈴木大空  右/右 2年 関メディベースボール学院
04 只石琉人  右/右 2年 生駒ボーイズ
05 森田大翔  右/右 2年 豊中第四
06 森澤拓海  右/左 2年 西宮市立浜脇•兵庫
07 東丞敏   右/右 2年 西宮市立学文•兵庫
08 西稜太   右/左 2年 南
09 近澤賢虎  右/右 1年 京都市立桂川•京都
10 福田幸之介 左/左 2年 瑞光
11 今仲巧   右/右 2年 ほそごう学園
12 野上隼人  右/右 2年 池田ボーイズ
13 小川輝   右/左 2年 東大阪北ボーイズ
14 村田駿   右/左 1年 香芝市立香芝西•奈良
15 太鼓地優希 左/左 2年 西宮市立甲武•兵庫
16 佐野木大登 右/右 2年 兵庫伊丹
17 高木大希  右/右 1年 京都八幡リトルシニア
18 西田大志  左/左 2年 朝来市立生野•兵庫
19 森一功   右/左 2年 中百舌鳥ボーイズ

20 中村太星  右/右 2年 東大阪北ボーイズ
⚡️特集ページ:近畿大会の日程・結果



[戦歴] 秋季近畿大会2022年

⚡️特集ページ:近畿大会の日程・結果

履正社(大2) 6-9 報徳学園(兵1) ※準々決勝
履正社 |020|110|002|=6
報徳学園|202|000|14x|=9

————————————————–
⭐️試合結果⭐️報徳学園が9-6で履正社に勝利。攻撃陣は計14安打。まず、1回裏に3番堀柊那(2年)の安打などで2点を先制。その後に同点とされるも、3回裏に4番石野蓮授(2年)の2ラン本塁打で4-2と勝ち越し。その後に再び同点とされるも、7回裏に4番石野蓮授(2年)が2塁打で出塁すると、6番林純司(2年)が2塁打で返して、5-4と勝ち越し。さらに8回裏には、1番山増達也(2年)の2塁打で1点、3番堀柊那(2年)の2塁打で1点、4番石野蓮授(2年)の犠牲フライで1点、5番辻田剛暉(2年)の安打で1点を奪い、9-4と突き放した。投手陣は、背番号1盛田智矢(2年)が6回を投げて4失点、その後は背番号11間木歩(1年)が粘る相手を振り切った。打者では、3番堀柊那(2年)が5打数3安打2打点、4番石野蓮授(2年)が4打数2安打3打点(2ラン本塁打を含む)とこの試合も活躍をみせた。敗れた履正社は、背番号1増田壮(2年)・背番号10福田幸之介(2年)・背番号17高木大希(1年)・背番号11今仲巧(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計10安打を放ち、中盤までに同点に2度追いつき、最後9回表には2点を奪う粘りを発揮。打者では、エース増田壮(2年)がソロ本塁打を放ったほか、3番森田大翔(2年)が5打数3安打1打点と活躍をみせた。


履正社(大2) 10-2 瀬田工業(滋2)(7) ※初戦
履正社 |400|130|200|=10
瀬田工業|000|000|200|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️履正社が10-2(7回コールド)で瀬田工業に勝利。攻撃陣は計14安打。1回表、3番森田大翔(2年)の犠牲フライで1点、5番西田大志(2年)の安打で1点、相手失策から1点、押出四球で1点を奪い、初回に4点を先制。4回表には、1番西稜太(2年)のソロ本塁打で1点を追加。5回表には、エースの7番増田壮(2年)の3ラン本塁打で3点を追加。7回表には、9番小川輝(2年)の安打で1点、1番西稜太(2年)の安打で1点を奪い、計10得点。打者では、1番西稜太(2年)が5打数3安打2打点(3塁打・ソロ本塁打・安打)と躍動。投手陣は、背番号1増田壮(2年)が6回を被安打2・四死球0・奪三振6・失点0と好投し、その後は背番号20中村太星(2年)と背番号11今仲巧(2年)が継投した。敗れた瀬田工業は、背番号1吉田翔湧(2年)が7回10失点。攻撃陣は計4安打にとどまり、7回裏に7番平田大樹(2年)と代打•松田海斗(2年)の安打で1点ずつを奪う粘りを見せるも及ばなかった。



[戦歴] 秋季大阪大会2022年

⭐️特集ページ:大阪大会の日程・結果

大阪桐蔭 7-0 履正社 (シ) ※決勝戦
大阪桐蔭|041|101|000|=7
履正社 |000|000|000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が7-0で履正社に勝利し優勝。新キャプテンの背番号1前田悠伍(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球1・奪三振13・計136球の好投で、履正社打線を完封。攻撃陣は、計10安打。序盤の2回表に、6番南川幸輝(2年)の3塁打で2点、8番岸本真生(2年)の犠飛で1点、1番小川大地(2年)のスクイズで1点と、この回一挙4点を奪って試合の主導権を握った。打者では、DeNAjrにも選出経験のある1番小川大地(2年)がソロ本塁打(通算6本目)を含む4打数3安打3打点(スクイズあり)と躍動した。敗れた履正社は、背番号1増田壮(2年)が3回5失点、その後は背番号11今仲巧(2年)・背番号10福田幸之介(2年)・背番号17高木大希(1年)が継投。攻撃陣は計7安打を放つも要所を抑えられ、得点が奪えなかった。


【履正社の戦歴|秋季大阪大会2022年】
・決勝  :履正社 00-7 大阪桐蔭 ●
・準決勝 :履正社 13-2 箕面学園(6)
・準々決勝:履正社 03-0 近大付
・5回戦 :履正社 06-1 興國
・4回戦 :履正社 10-3 関大北陽
・3回戦 :履正社 10-0 大商大堺(7)
・2回戦 :履正社 27-0 大教大天王寺(5)
・1回戦 :履正社 11-1 大阪学院大高(5)



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路