《天理•奈良》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

天理高校 野球部メンバー 2022年

天理高校(奈良) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【奈良大会の成績】スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0。打率:.393(11位) 、平均得点:11.2点(3位) 、総本塁打:6本(5位) 、平均盗塁数:1.8個(19位) 、平均犠打数:1.8個(38位) 、平均失点数:0.6点(4位) 、平均失策数:0.2個(1位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 南澤佑音 右/左 3年 大阪・門真はすはな
02 山村侑大 右/左 3年 奈良・三郷
03 松本大和 右/左 1年 奈良・高田西
04 藤森康淳 左/左 3年 大阪・藤井寺三
05 内藤大翔 右/右 3年 奈良・生駒南
06 戸井零士 右/右 3年 大阪・松原三⭐️
07 大城志琉 左/左 3年 奈良・香芝
08 重舛春樹 右/右 3年 大阪・松原
09 大谷汰一 左/左 1年 大阪・五箇荘
10 永井大飛 右/左 3年 奈良・組合式下
11 中川耀星 左/左 2年 奈良・京西
12 内田翔  右/左 3年 三重・一身田
13 上田莞丸 右/右 2年 大阪・志紀
14 中村律貴 右/右 3年 奈良市立三笠
15 下林勇希 右/右 2年  大阪・蒲生
16 赤埴克樹 右/右 2年 大阪・今津
17 北田陸斗 右/左 3年 奈良・登美ケ丘
18 嶋川雄大 右/右 2年 奈良・郡山南




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:5年ぶり29回目。昨秋は県3位、秋季近畿大会は4強。センバツは初戦・星稜に4-5(延長11回)で惜敗。春は県準優勝。今夏は、チーム打率.393(11位)、全5試合で計54得点、1試合平均11.2点(3位)、チーム本塁打6本(5位)、決勝を除く全4試合でコールド勝利、失点はわずか3点と、投打で圧倒した。失策もわずか1つ(1位)と堅守も光る。


②ポイント:決勝・生駒戦(21-0)は、相手校がコロナ疑いで主力の多くが欠場。優勝を決めるもマウンドで輪にならず、すぐさま整列。スローガンは「繋ぐ」、この文字が刻まれたカードをポケットにしのばせて試合に臨む。


③ポイント:攻撃陣は、頼れるキャプテン3番戸井零士主将(3年)と元Jリーグ鹿島で活躍した父を持つ4番内藤大翔(3年)が軸だ。投手陣は、エース南澤佑音(3年)がセンバツ後に肘炎症から春は登録外となったが、夏に復活し、昨夏・昨秋と直近2度敗れた高田商業との準決勝(7-0 7C)では、7回を被安打2で完封した。


④ポイント:新戦力の1年生コンビ、2番松本大和(1年)・7番大谷汰一(1年)に注目だ。夏のベンチ入りを決める選手間投票でも、2人はほぼ満票で選出。特に2番松本大和(1年)は、3回戦・郡山戦(10-1 7C)で3ラン、準決勝・高田商業戦では走者一層の3塁打、決勝・生駒戦でで2ランを記録するなど、打率.476・本塁打2本・チーム最多12打点を叩き出した。


⑤ポイント:このほか、初戦・関西中央戦(9-0 7C)では、6番大城志琉(3年)が3ラン、9番重舛春樹(3年)がソロ本塁打。2回戦・郡山戦(10-1 7C)では代打・赤埴克樹(2年)が2ラン。準決勝・高田商業戦(7-0 7C)では6番大城志琉(3年)がソロ本塁打を放つなど、イケイケ打線に力強さが増している。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月12日(金) 2回戦 [7日目]
15:30 海星 4-2 天理
==========================
⭐️試合結果⭐️海星が4-2で天理に勝利。背番号11向井恵理登(3年)が、7回2/3を投げて、被安打7・四死球7・奪三振5・失点2・計147球と好投。その後は、エース宮原明弥(3年)が救援し、8回裏2死満塁の場面では、セカンド峯蒼一郎(2年)のダイビングキャッチでピンチを凌いだ。攻撃陣は計10安打を放ち、1番河内夢翔(3年)が4打数3安打2打点、3番丸本将吾(3年)が4打数3安打1打点と活躍が光った。敗れた天理は、エース南澤佑音(3年)が8回を被安打9・四死球1・奪三振4・計109と好投し、最終回は背番号11中川輝星(2年)が継投。攻撃陣は計8安打を放つも、2点に抑え込まれた。


8月8日(月) 1回戦 [3日目]
10:30 天理 2-1 山梨学院
==========================
⭐️試合結果⭐️天理が2-1で山梨学院に勝利。エース南澤佑音が9回を被安打7・四死球2・奪三振6・失点1・計118球で完投。セカンド藤森康淳(3年)ら再三の堅守で盛り立てた。攻撃陣は、4番戸井零士(3年)が4打数3安打とチャンスを広げ、5番山村侑大(3年)、6番内藤大翔(3年)がそれぞれ1打点ずつを記録。敗れた山梨学院は、背番号1山田悠希(3年)が6回を、背番号10榎谷礼央(3年)が2回を登板。攻撃陣は散発7安打に終わり、得点を奪えなかった。



[チーム成績] 夏の奈良大会 

【天理|夏の奈良大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0
⭐️部員数:77人(24位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.393(11位) [平均.355点]
・総得点  :56点(7位) [平均44.3点]
・平均得点 :11.2点(3位) [平均7.9点]
・総本塁打 :6本(5位) [平均2.8本]
・平均本塁打:1.2本(4位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :9個(20位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:1.8個(19位) [平均1.8個]
・総犠打数 :9個(40位) [平均14.8個]
・平均犠打数:1.8個(38位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :3点(4位) [平均10点]
・平均失点数:0.6点(4位) [平均1.8点]
・総失策数 :1個(1位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.2個(1位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:5試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の奈良大会 

⚡️特集ページ:奈良大会の日程・結果

【天理の戦歴|夏の奈良大会2022年】
・決勝  :天理 21-0 生駒
・準決勝 :天理 07-0 高田商業(7)
・準々決勝:天理 09-2 奈良北(8)
・3回戦 :天理 10-1 郡山(7)
・2回戦 :天理 09-0 関西中央(7)

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[センバツ2022年] 戦歴・結果

星稜 5-4 天理(11) ※1回戦
星稜|000|100|010|12 =5
天理|000|000|020|11 =4

======試合結果・総評レポート========
星稜が天理との死闘を5-4で制した。エースのマーガード真偉輝キアン(2年)が、7回0/3を投げて被安打3・四球2・奪三振8・失点2・計119球の好投。その後、武内涼太(1年)が再三ピンチを背負うも、残る4回を被安打2・死四球6・奪三振6・失点2・計83球を粘投した。打者では、3番齊賀壱成(1年)が5打数3安打1打点と活躍したほか、延長11回には代打松田啓睦(2年)が2塁打、7番津澤泰成(2年)が安打でチャンスを作り、その後の相手失策による追加点(2点)のきっかけを作った。敗れた天理は、エース南澤佑音(2年)が延長11回(158球)を力投。攻撃陣は8回裏に9番重舛春樹(2年)が同点となる2点2塁打、延長10回裏には4番内藤大翔(2年)が同点となるタイムリーを放つなど、粘りと勝負強さを発揮した。

[センバツ2022年] チーム紹介

⭐️秋季大会の主な戦歴:奈良大会は3位。準決勝・高田商業戦は9-13で敗れるも、3位決定戦で奈良北に7-3で勝利。近畿大会では、初戦・滋賀学園(2位)に3-2(延長10回)で勝利し、続く準々決勝・市立和歌山(和歌山1位)に5-1で勝利して4強入り。準決勝では秋の王者・大阪桐蔭に1-9(7C)で敗れた。【戦歴:奈良大会(3位)近畿大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:“主将・4番・エース”の3役者に注目だ。主将の3番戸井零士(2年)は、打率.433・打点8・本塁打2本(高校通算は7本)を記録。馬のように筋肉ムキムキのため「トイサンブラック」と親しまれる主将だ。元Jリーグ鹿島で活躍した父を持つ4番内藤大翔(2年)は、打率.433・打点10・本塁打2本を記録し、チャンスで勝負強い。投手陣の柱となるエース南澤佑音(2年)は、近畿大会では初戦・滋賀学園戦(延長10回)と準々決勝・市立和歌山戦の2試合を連続完投し、わずか計3失点。スリークォーターに変更してから制球力が向上し、188cmの長身からキレのある変化球で内野ゴロを量産する。このほか「イケイケ打線」では、1番藤森康淳(2年)が、打率.375・盗塁7個(出場選手4位・50m6.0秒)を記録し、攻撃の勢いを生み出す。スローガンは「繋ぐ」。文字が刻まれたカードをポケットにしのばせて試合に臨む。



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0。打率:.360(6位)、平均得点:8.5点(8位)、本塁打:7本(5位)、平均盗塁数:3個(3位)、防御率:3.15点(26位)、平均失点数:3.6(27位)、平均失策数:0.9(19位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:奈良大会(3位)近畿大会(4強)


⭐️攻撃力①:チーム打率.360(6位)、平均得点8.5点(8位)、本塁打7本(5位)、平均盗塁3.0個(3位)と、機動力を含めて攻撃力が高い。「イケイケ打線」の中心を担う3番戸井零士主将(2年)は、打率.433・打点8・本塁打2本(高校通算は7本)を記録。新たな主将を決める投票の際に”満票”で選出された戸井は、近畿大会の初戦・滋賀学園戦(3-2)では延長10回に決勝打、市立和歌山戦(5-1)でも4打数3安打2打点(ソロ弾1本含む)と活躍。チームメートからは馬のように筋肉ムキムキであることから「トイサンブラック」と親しまれる。中学時代はU12日本代表、関西選抜などで活躍し、1年秋から背番号5で活躍する。


⭐️攻撃力②:元Jリーグ鹿島で活躍した父を持つ4番内藤大翔(2年)は、打率.433・打点10・本塁打2本を記録。近畿大会・滋賀学園戦では少ないチャンスで打点2を記録するなど勝負強さはピカイチ。中学時代は1学年上のメガネがトレードマークの先輩・瀬千皓(明治大学に進学予定)と生駒ボーイズで主軸を担い、昨春のセンバツでは1年生ながら全試合3番打者で出場。このほか、打率.375の1番藤森康淳(2年)は、全8試合に1番打者として出場し、50m6.0秒の俊足からチーム1位の盗塁7個(出場選手4位)を決めたリードオフマンだ。


⭐️投手力:チーム防御率.315(26位)。大黒柱のエース南澤佑音(2年)は、計7試合(計49回)を投げて防御率4.41・被安打43・奪三振32・与死四球16。近畿大会では、初戦・滋賀学園戦(延長10回)と準々決勝・市立和歌山戦の2試合を完投し”わずか3失点”の好投をみせ、4強入りの原動力に。スリークォーターに変更してから制球力に磨きがかかり、188cmの長身からキレのある変化球で内野ゴロを量産する。なお、昨春センバツの準決勝・東海大相模戦では、0-1の9回表から登板するも、安打や暴投で得点を許し、0-2で敗れた経験を持つ。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):1番藤森康淳(2年)は盗塁数=7個(4位)※50m6.0秒[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[チーム成績] 2021年秋公式戦データ

【秋の戦歴:奈良大会(3位)近畿大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.360(6位) [平均.328]
・得点   :68点(13位) [平均69.2点]
・平均得点 :8.5点(8位) [平均7.1点]
・本塁打  :7本(5位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.9本(5位) [平均0.4本]
・盗塁数  :24個(5位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:3個(3位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :29(20位) [平均25.6]
・平均失点数:3.6(27位) [平均2.8]
・防御率  :3.15点(26位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.4点(27位) [平均0.3点]
・失策数  :7(13位) [平均8.1]
・平均失策数:0.9(19位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:8戦6勝2敗
※部員数:52人(15位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋公式戦ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
南澤佑音 3年 奪三振数=27位:32個(計7試合/計49回)
・南澤佑音 3年 奪三振数(1回あたり)=26位:0.65個
・南澤佑音 3年 与四死球数=21位:16個(計7試合/計49回)
・南澤佑音 3年 与四死球(1回あたり)=19位:0.33個
戸井零士 3年 本塁打数=16位:2本(8試合)
・重舛春樹 3年 盗塁数=11位:5個(8試合) 6.2秒
・藤森康淳 3年 盗塁数=4位:7個(8試合) 6.0秒
内藤大翔 3年 本塁打数=16位:2本(8試合)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[過去戦歴] 秋季近畿大会2021年

大阪桐蔭(大阪①) 9-1 天理(奈良③)(7C) ※準決勝
大阪桐蔭|000|223|200|=9
天理・・|010|000|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が天理に9-1(7C)で勝利。先発の背番号14前田悠伍(1年)が7回を被安打9・死四球0・奪三振2・失点1(計82球)と好投し、打っては3ラン本塁打を含む4打数2安打4打点と投打で活躍が光った。試合は、1点を先制されて迎えた4回表、1死満塁のチャンスから6番海老根の2点タイムリーで2-1と逆転。5回表には1番伊藤のソロ本塁打で1点、4番丸山の安打で1点。6回表には、先発の9番前田の3ランで3点。7回表には、8番鈴木のスクイズで1点、9番前田の安打で1点を奪い、9-1とした(計12安打)。序盤に失策から1点を先制される悪い流れのある中で、中盤以降はヒットで出た走者を犠打で着実に送るなどし、流れを引き寄せた。敗れた天理は、エース南澤が6回を被安打9・四球4・奪三振3・7失点。打線は計9安打を放って得点源に走者を進めるも、あと一本が出ずに1点にとどまった。


市立和歌山(和①) 1-5 天理(奈③) ※準々決勝
市立和歌山|000|000|100|=1
天理・・・|003|110|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️天理が5-1で市立和歌山に勝利し、4強進出(センバツ出場有力に)。3回裏に9番重舛の2塁打、1番藤森の2塁打(1点)、2番永井の3塁打(1点)、3番戸井主将の安打(1点)と4者連続の長短打で一挙3点を奪って主導権を握った。4回裏には8番のエース南澤のタイムリーで1点、5回裏には3番戸井主将のソロ本塁打で1点を奪って合計5得点。投げてはエース南澤が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振2。制球力を生かした打たせて取るピッチングで、相手打線を内野ゴロによる1点のみに抑え込んだ。この日も3番戸井主将が勝負強い打撃で4打数3安打2打点(うちソロ本塁打1本)と活躍が光った。この日、天理の中村監督は「イケイケ打線」を組んだと試合後にコメント。対する市立和歌山はエース米田が9回を被安打10・四死球4・奪三振9と力投するも、攻撃陣が計6安打に抑えられた。


天理(奈良③) 3-2 滋賀学園(滋賀②)(10) ※1回戦
天理・・|001|000|010|100=3
滋賀学園|000|000|002|000=2

=========================
⭐️試合総評⭐️天理は、エース・主将・4番の活躍が光った。最速139キロを持つ身長188センチのサイドスロー右腕のエース南澤佑音は、延長10回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球2・奪三振3と好投。打っては、3番戸井主将が8回表には2点目のきっかけとなる3塁打、延長10回には決勝点となる2塁打を放つ活躍を見せた。また、4番内藤大翔も3回表に先制点となるタイムリー2塁打、8回表には2点目となる犠牲フライを放つなど勝負強さが光った。敗れた滋賀学園は、エース服部が9回を被安打5・四死球5・奪三振10と好投が光った。攻撃陣は、9回裏には6番藤田英志のソロ本塁打などで同点に追いつく粘りをみせた。



[過去戦歴] 秋季奈良大会2021年

【天理高校の戦歴|秋季奈良大会2021年
・3位決定戦:天理 07-3 奈良北
・準決勝  :天理 9-13 高田商業

・準々決勝 :天理 11-1 奈良(7)
・2回戦  :天理 11-0 奈良高専(5)
・1回戦  :天理 21-0 高取国際(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号