《大阪桐蔭》野球部メンバー2023年⚡️センバツ

大阪桐蔭 野球部 2023年

大阪桐蔭(大阪) 野球部 メンバーを特集!
センバツ2023年 チーム紹介•戦歴•注目選手など
🌸センバツ2023年登録メンバー:発表され次第UPDATE

【大阪桐蔭:成績データスポーツ紙の評価:A=6、B=0、C=0。打率:.337(13位)、平均得点:8.3点(6位)、総本塁打:4本(11位)、平均盗塁数:0.4個(35位)、防御率:1.46(11位)、平均失点数:1.8点(7位)、平均失策数:0.9つ(19位) [備考:平均は1試合あたり、(カッコ内)は出場校順位]【戦歴:大阪近畿神宮


【明治神宮大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 前田悠伍  左/左 2年 滋賀•長浜市立高月中
02 南川幸輝  右/左 2年 大阪•堺市立三国丘中
03 佐藤夢樹  右/右 2年 大阪•和泉市立光明台中
04 村本勇海  右/左 2年 兵庫•南あわじ市立三原中
05 岸本真生  右/左 2年 大阪•大阪市立下福島中
06 小川大地  右/右 2年 神奈•横浜市立横浜吉田中
07 山田太成  左/左 2年 兵庫•三田市立けやき台中
08 長澤元   右/右 2年 兵庫•福崎町立福崎東中
09 徳丸快晴  両/左 1年 大阪•蒲生中
10 南恒誠   右/右 2年 兵庫•高砂市立宝殿中
11 ラマル•ギービン•ラタナヤケ 右/右 1年 愛知•名古屋市立南陽中
12 川口海偉  右/右 2年 兵庫•三木市立自由が丘中
13 八瀬山大悟 右/右 2年 大阪•堺市立五箇壮中
14 松井弘樹  右/右 2年 大阪•泉佐野市立佐野中
15 境亮陽   右/左 1年 岐阜•西部中

16 南陽人   右/左 1年 大阪•熊取南中
17 笹井知哉  右/右 2年 大阪•堺市立陵西中
18 藤井勇真  左/左 2年 兵庫•高砂市立松陽中

=====================================
🌸日程・結果優勝候補注目選手選手名簿
🌸ランキング集チケット中継ホテル予約



[チーム紹介] 戦歴・特長・注目選手

大阪大会と近畿大会で優勝、続く明治神宮大会を制して秋の日本一(2年連続2回目)。優勝候補筆頭に挙げられる新チームは、昨春に続く「センバツ2連覇」に挑む。下級生から活躍してきた「世代No.1左腕」の前田悠伍(2年)が、ラストイヤーはキャプテンとしてもチームを引っ張る。最速148キロの直球を持つ前田は、近畿大会では3試合で完投(決勝・報徳学園戦は完封)して、防御率1.67。明治神宮大会では全4試合中3試合(仙台育英戦のみ完投)に登板して、序盤に制球を乱すこともあったが、防御率2.14とまとめた。また、昨春センバツで登板経験のある右のエース背番号10南恒誠(2年)は直球に威力があり、このほか松井弘樹(2年)・境亮陽(1年)・南陽人(1年)・平嶋桂知(1年)・藤井勇真(2年)ら複数投手陣が揃う。攻撃陣は、好打者がズラリと並ぶ。2番山田太成(2年)は、明治神宮大会でチームトップの打率.563・打点8を叩き出し、準決勝・仙台育英戦で逆転2点2塁打、決勝・広陵戦では勝ち越し打を放つなど上位打線を牽引する。中軸では、4番南川幸輝(2年)が特に勝負強く、近畿大会ではチームトップの打率.500・打点4を記録し、準決勝・龍谷大平安戦では逆転打を含む4打数4安打2打点と活躍した。また、明治神宮大会で打率.500・打点7を叩き出した3番徳丸快晴(1年)、近畿大会の神戸国際大付戦で初回に満塁本塁打を放った6番村本勇海(2年)、クラーク戦でソロ本塁打を含む4打数4安打1打点と活躍した7番境亮陽(1年)ら、得点力の高い打者が揃う。このほか、スリランカ人の両親を持ち、西谷監督が長距離砲として期待をかけるラマル(1年)も将来性豊かなスラッガーとして注目だ。※UPDATE中

[成績] チームの投打成績データ集

【大阪桐蔭|2022年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙の評価:A=6、B=0、C=0
・部員数   :44人(22位) (部員数ランキング)
・試合数   :15戦15勝0敗 (戦歴:大阪近畿神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.337(13位) [平均.326点]
・総得点   :125点(2位) [平均64.3点]
・平均得点  :8.3点(6位) [平均6.9点]
・総本塁打  :4本(11位) [平均3.4本]
・平均本塁打 :0.3本(20位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :6個(34位) [平均17.1個]
・平均盗塁数 :0.4個(35位) [平均1.9個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.46(11位) [平均2.00]
・総失点   :27点(28位) [平均21.6点]
・平均失点数 :1.8点(7位) [平均2.4点]
・総失策数  :14つ(32位) [平均9.1つ]
・平均失策数 :0.9つ(19位) [平均1つ]
================================
※カッコ内  :(全36校における順位)
※右側の平均 :[全36校における平均]
※項目の平均 :1試合あたりの値 [データ集]



[戦歴] 明治神宮大会2022年(1/2)

📢特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

大阪桐蔭 6-5 広陵 [高] ※決勝
大阪桐蔭|000|051|000|=6
広陵  |030|200|000|=5

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が6-5で広陵に勝利し、優勝!センバツの「明治神宮大会枠」は、近畿地区に1枠追加される。序盤に5点をリードされる展開も、5回表に7番八瀬山大悟(2年)の犠牲フライで1点、2番山田太成(2年)の2塁打で1点、3番徳丸快晴(1年)の安打で1点、4番南川幸輝(2年)の安打で1点、押出四球で1点を奪い、5-5の同点。さらに6回表には、2番山田太成(2年)の内野安打で1点を奪い、6-5と勝ち越した。投手陣は、背番号10南恒誠(2年)・背番号16南陽人(1年)・背番号14松井弘樹(2年)が継投し、6回裏からは背番号1前田悠伍(2年)が4回を被安打3・四死球2・奪三振7・失点0と好救援した。敗れた広陵は、まず2回裏に失策から2点、4番小林隼翔(2年)の安打で1点を奪い、3点を先制。4回裏には3番真鍋慧(2年)の2ラン本塁打で、一時は5-0とリード。投手陣は、背番号1倉重聡(2年)が4回2/3を投げて失点5、その後は背番号11髙尾響(1年)が4回1/3を被安打3・四死球2・奪三振4・失点1と力投した。


仙台育英 4-5 大阪桐蔭 [高] ※準決勝
仙台育英|110|000|002|=4
大阪桐蔭|001|003|01x|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が5-4で仙台育英に勝利。背番号1前田悠伍(2年)が9回を投げ抜き、被安打6・四死球10・奪三振6・計161球と粘投。序盤から制球に苦しみ、9回表には1点差に迫られるも、最後は相手打線を振り切った。攻撃陣は計7安打。2点を追う展開も、3回裏に3番徳丸快晴(1年)の安打で1点を返すと、6回裏には安打と2つの四死球から1死満塁のチャンスを作ると、2番山田太成(2年)の2点2塁打で3-2と逆転し、4番南川幸輝(2年)の犠牲フライで1点を追加。8回裏には、前打者が申告敬遠された4番南川幸輝(2年)の安打で1点を奪い、突き放した。敗れた仙台育英は、背番号11仁田陽翔(2年)・背番号1高橋煌稀(2年)・背番号18田中優飛(2年)・背番号10湯田統真(2年)の4投手が登板。攻撃陣は計6安打。1回表に6番寺田賢生(2年)の安打で1点、2回表に内野ゴロで1点を奪い2点をリード。その後に逆転を許して3点を追う9回表に、3番湯浅桜翼(1年)の安打で1点、4番齊藤陽(2年)の犠牲フライで1点を奪い、あと1点差に迫るも最後は及ばなかった。



[戦歴] 明治神宮大会2022年(2/2)

📢特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

クラーク 2-12 大阪桐蔭(6C)[高] ※準々決勝
クラーク|000|200|000|=2
大阪桐蔭|145|101|000|=12

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が12-2(6C)でクラークに勝利。攻撃陣は計10安打。1回裏に3番徳丸快晴(1年)の安打で1点を先制すると、2回裏には失策から1点、2番山田太成(2年)の安打で1点、3番徳丸快晴(1年)の2塁打で2点を追加。3回裏には、8番岸本真生(2年)の安打で1点、失策から1点、2番山田太成(2年)の安打で2点、3番徳丸快晴(1年)の犠牲フライで1点(4打点目)を奪い、10-0。その後、4回裏に代打•八瀬山大悟(2年)の犠牲フライで1点、6回裏に7番境亮陽(1年)のソロ本塁打で10点差とした。投手陣は、背番号10南恒誠(2年)が4回を、その後は背番号18藤井勇真(2年)と背番号14松井弘樹(2年)が登板。敗れたクラークは、背番号1新岡歩輝(2年)が被安打10・四死球4・奪三振6・失点12。攻撃陣は計5安打に抑えられ、3回表に5番麻原草太(2年)の2塁打で奪った2点にとどまった。


大阪桐蔭 9-1 東邦 [高] ※初戦
大阪桐蔭|001|500|012|=9
東邦  |001|000|000|=1 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が9-1で東邦に勝利。攻撃陣は計17安打。3回表に相手バッテリーミスから1点を先制すると、同点で迎えた4回表に8番岸本真生(2年)の3塁打で1点、9番前田悠伍(2年)の2塁打で1点、2番山田太成(2年)の安打で1点、押出四球で1点、5番佐藤夢樹(2年)の犠牲フライで1点を奪い、6-1とリード。その後、8回表に3番徳丸快晴(1年)の安打で1点、9回表には内野ゴロと失策から2点を奪い、9-1とした。投げては、背番号1前田悠伍(2年)が8回を被安打8・四死球1・奪三振6・失点1・計116球と好投し、最終回は背番号10南恒誠(2年)が救援した。敗れた東邦は、背番号1宮國凌空(2年)が5回を投げて6失点、その後は背番号10山北一颯(2年)が2回を好投し、最終回は背番号9岡本昇磨(2年)が登板。攻撃陣は計8安打を放つも、3回裏に1番中村騎士(2年•ナイト)のソロ本塁打で奪った1点にとどまった。



[戦歴] 秋季近畿大会2022年(1/2)

📢特集ページ:近畿大会の日程・結果

報徳学園(兵1) 0-1 大阪桐蔭(大1) ※決勝
報徳学園|000|000|000|=0
大阪桐蔭|000|100|00x|=1 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が1-0で報徳学園に勝利し、優勝。近畿代表として明治神宮大会へ出場する。背番号1前田悠伍(2年)が9回を投げ抜き、被安打3・四死球1・奪三振9・計122球の好投で、強力打線を完封。攻撃陣は計7安打。4回裏に、先頭の6番村本勇海(2年)が2塁打で出塁し犠打で送ると、8番岸本真生(2年)の内野ゴロで1点を奪い、これが決勝点。敗れた報徳学園は、背番号11間木歩(1年)が3回2/3を、背番号1盛田智矢(2年)が3回1/3を、背番号10今朝丸裕喜(1年)が1回を投げ、3投手の継投リレーで大阪桐蔭打線を1失点に抑えた。今大会好調だった攻撃陣は、わずか3安打に抑えられて得点が奪えなかった。


大阪桐蔭(大1) 5-3 龍谷大平安(京3) ※準決勝
大阪桐蔭 |002|020|001|=5
龍谷大平安|100|000|020|=3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が5-3で龍谷大平安に勝利。攻撃陣は計10安打。1点を追う3回表に、4番南川幸輝(2年)の安打(失策絡む)から2点を奪い、2-1と逆転。5回表には、内野ゴロから1点、4番南川幸輝(2年)の2塁打で1点を追加し、4-1。9回表には、内野ゴロの間に1点を奪って5-3と突き放した。打者では、4番南川幸輝(2年)が4打数4安打2打点と活躍。投手陣は、背番号15境亮陽(1年)・背番号18南陽人(1年)・背番号14松井弘樹(2年)・背番号20平嶋桂知(1年)が継投し、最後は背番号10南恒誠(2年)が粘る相手を振り切った。敗れた龍谷大平安は、背番号1桒江駿成(2年)が9回を投げ抜き、被安打10・四死球5・奪三振2・失点5・計144球と力投。守備陣は失策5つ。攻撃陣は計7安打を放ち、初回に3番平中清太郎(2年)の2塁打で1点、8回裏に4番山下慶士(2年)の安打で1点、6番八鳥煌紀(2年)の安打で1点を奪って、計3得点。9回裏には無死2・3塁のチャンスを作るも、あと一本が出なかった。



[戦歴] 秋季近畿大会2022年(2/2)

📢特集ページ:近畿大会の日程・結果

大阪桐蔭(大1) 9-4 彦根総合(滋1) ※準々決勝
大阪桐蔭|200|501|010|=9
彦根総合|301|000|000|=4

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が9-4で彦根総合に勝利。攻撃陣は計15安打。1回表に4番ラマル(1年)の2塁打で1点、5番佐藤夢樹(2年)の安打で1点を奪い、2点を先制。その後は押出などで逆転を許すも、4回表に3番徳丸快晴(1年)の安打で1点、押出四死球2つから2点、相手失策から2点を奪い、7-4と勝ち越し。その後は、6回表に7番南川幸輝(2年)の犠牲フライで1点、8回表に9番前田悠伍(2年)の安打で1点を追加し、9-4とした。投げては、背番号1前田悠伍(2年)が9回を完投し、被安打7・四死球3(押出2つ)・奪三振7・失点4・計119球。打者では、2番山田太成(2年)が4打数3安打、4番ラマル(1年)が6打数3安打1打点、6番長澤元(2年)が5打数3安打1打点と活躍をみせた。敗れた彦根総合は、背番号1野下陽祐(2年)が3回2/3を投げて失点7、その後は背番号10勝田新一朗(2年)が5回1/3を投げて失点2。攻撃陣は計7安打を放ち、序盤は競り合いを演じるも、4回以降はヒット1本に抑えられ得点が奪えなかった。


大阪桐蔭(大1) 6-3 神戸国際大附(兵2) ※初戦
大阪桐蔭|410|000|001|=6
神戸国際|002|000|010|=3

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が6-3で神戸国際大附に勝利。攻撃陣は計4安打で6得点。1回表にヒット・失策・死球から2死満塁のチャンスを作ると、6番村本勇海(2年)の満塁ホームランで4点を先制。その後、2回表に2番山田太成(2年)の安打から1点、9回表に相手暴投から1点を奪い、計6得点。投げては、背番号1前田悠伍(2年)が9回を被安打4・四死球2・奪三振8・失点3・計120球で完投。敗れた神戸国際大附は、夏の兵庫大会でも活躍が光った沖縄出身の背番号7津嘉山憲志郎(1年)が6回を被安打3・四死球4・奪三振4・失点5、その後は背番号1中村和史(2年)が3回を被安打1・四死球1・奪三振2・失点1と共に力投した。攻撃陣は計4安打で、3回裏に1番田村好誠(2年)の犠牲フライ等から奪った2点、8回裏に相手失策から奪った1点の計3点にとどまった。



[戦歴] 秋季大阪大会2022年

📢特集ページ:大阪大会の日程・結果

大阪桐蔭 7-0 履正社 (シ) ※決勝戦
大阪桐蔭|041|101|000|=7
履正社 |000|000|000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が7-0で履正社に勝利し優勝。新キャプテンの背番号1前田悠伍(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球1・奪三振13・計136球の好投で、履正社打線を完封。攻撃陣は、計10安打。序盤の2回表に、6番南川幸輝(2年)の3塁打で2点、8番岸本真生(2年)の犠飛で1点、1番小川大地(2年)のスクイズで1点と、この回一挙4点を奪って試合の主導権を握った。打者では、DeNAjrにも選出経験のある1番小川大地(2年)がソロ本塁打(通算6本目)を含む4打数3安打3打点(スクイズあり)と躍動した。敗れた履正社は、背番号1増田壮(2年)が3回5失点、その後は背番号11今仲巧(2年)・背番号10福田幸之介(2年)・背番号17高木大希(1年)が継投。攻撃陣は計7安打を放つも要所を抑えられ、得点が奪えなかった。


【大阪桐蔭の戦歴|秋季大阪大会2022年】
・決勝  :大阪桐蔭 07-0 履正社
・準決勝 :大阪桐蔭 10-2 関西創価(7)
・準々決勝:大阪桐蔭 12-0 東大阪大柏原 (6)
・5回戦 :大阪桐蔭 08-3 東海大仰星
・4回戦 :大阪桐蔭 11-0 春日丘(5)
・3回戦 :大阪桐蔭 08-0 大商大高(7)
・2回戦 :大阪桐蔭 16-0 桜塚(5)



[出場校] 全36出場校の紹介ページ

【センバツ2023年 全36出場校一覧 特集ページ】
・北海道 :優勝:クラーク
・東北  :優勝:仙台育英、準V:東北
・東北  :4強:能代松陽
・関東  :優勝:山梨学院、準V:専大松戸
    : 4強:健大高崎慶應義塾
    : 8強:作新学院
・東京  :優勝:東海大菅生、準V:二松学舎
・北信越 :優勝:北陸、準V:敦賀気比
・東海  :優勝:東邦、準V:常葉大菊川
東海   :4強:大垣日大
・近畿  :優勝:大阪桐蔭、準V:報徳学園
関西   :4強:智辯和歌山龍谷大平安
関西   :8強:履正社彦根総合
・中国  :優勝:広陵、準V:
中 国  :4強:鳥取城北
・四国  :優勝:英明、準V:高松商業
・四国  :4強:高知
・九州  :優勝:沖縄尚学、準V:長崎日大
・九州  :4強:海星大分商業
・㉑世紀枠:氷見(富山) 城東(徳島) 石橋(栃木)


【センバツ2023年 主な大会スケジュール】
・センバツ日程:3月18日(土)-3月31日(金)
=====================================
🌸日程・結果優勝候補注目選手選手名簿
🌸ランキング集チケット中継ホテル予約



各地の大会日程・結果を調べる

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路
=====================================
🌸日程・結果優勝候補注目選手選手名簿
🌸ランキング集チケット中継ホテル予約

目次