《金光大阪》野球部メンバー2022年⚡️センバツ

金光大阪 野球部 センバツ2022年

センバツ2022年 金光大阪 野球部 徹底特集!
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️秋季大会の主な戦歴:激戦区・大阪大会で準優勝。初戦から準々決勝までの5試合は、”最大1失点”と投手陣が踏ん張り、ロースコアの接戦を勝ち上がった。準々決勝では大産大附に2-1、準決勝は星翔に12-4(7)で勝利。決勝は大阪桐蔭に7-0で敗れた。近畿大会では、初戦・高田商業(奈良2位)に2-0で勝利し、準々決勝・近江戦(滋賀3位)は序盤に最大6点差を付けられるも驚異の粘りを見せて7-6で逆転勝利して4強入り。準決勝では和歌山東(和歌山2位)に1-8(7C)で敗れた。 【戦歴:大阪大会(準優勝)近畿大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:最速140キロのエース右腕・古川温生(2年)に注目。計10試合(計72回)を投げて、防御率2.50・奪三振76(出場選手3位)・与死四球26と好投。近畿大会の初戦・高田商業戦は、被安打5・与四球1・奪三振11で完封(2-0)。続く準々決勝・近江戦では、序盤に6失点するも4回以降は3安打に抑えて完投(7-6)。攻撃陣では、主将・捕手を務める4番岸本紘一主将(2年)がキーマンで、打率.457・打点10はいずれもチームトップ。また、入部以来”ゴミ拾い”を欠かさない習慣を持つ男・5番貴島琉惺(2年)は、高田商業戦で先制点となる押出四球を選んだほか、最大6点差を逆転した近江戦では、4回裏に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回裏には同点に追いつく3点2塁打を放つなど4打数2安打5打点と、ラッキーボーイの活躍をしてみせた。



センバツ甲子園ベンチ入りメンバー

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

【センバツ2022 甲子園ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 古川温生  右/右 2年 茨木市立東中
02 岸本紘一  右/右 2年 兵庫・西宮市立甲陵中⭐️
03 今北玲央  右/左 1年 兵庫・川西市立川西南中
04 澤田拓磨  右/右 2年 豊中市立第三中
05 貴島琉惺  右/右 2年 兵庫・尼崎市立武庫中
06 佐々木駿弥 右/右 1年 守口市立庭窪中
07 小林峻大  左/左 1年 大阪市立高倉中
08 福冨龍之介 左/左 1年 大阪市立三稜中

09 新宮結斗  右/右 2年 高槻市立第七中
10 キャリーパトリック波也斗 左/左 1年 兵庫・尼崎市立武庫中
11 武富匠汰  右/右 2年 大阪市立緑中
12 喜田雄大  右/右 2年 豊能町立吉川中

13 片山竜之介 右/右 2年 大阪市立瑞光中
14 中村颯生  右/右 1年 高槻市立五領中
15 松澤優大  右/左 1年 高槻市立如是中
16 岡治尚希  右/右 1年 吹田市立片山中
17 森下右京  右/右 2年 吹田市立第一中
18 稲畑誠己  右/右 1年 豊中市立第一中

⭐️センバツ全出場校 選手名簿ページ[選手名鑑]




[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=1。打率:.277(29位)、平均得点:4.2点(30位)、本塁打:0本(30位)、平均盗塁数:0.4個(32位)、防御率:2.71点(22位)、平均失点数:2.9(18位)、平均失策数:0.8(13位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:大阪大会(準優勝)近畿大会(4強)


⭐️投手力①:チーム防御率2.71(22位)。最速140キロのエース右腕・古川温生(2年)は、秋10試合(計72回)を投げて、防御率2.50・被安打55・奪三振76(出場選手3位)・与死四球26。近畿大会の初戦では、奈良大会で天理に13-9で打ち勝った高田商業打線を相手に、被安打5・与四球1・奪三振11で完封(2-0)。続く準々決勝・近江戦では、序盤に6失点するも4回以降は相手打線を3安打に抑えて完投(7-6)。なお、古川は昨夏の大阪大会・準々決勝の大阪桐蔭戦で、8回裏に3-2とリードした場面で、好投していた当時エースの伊藤大貴(当時3年)が足をつったために緊急登板。しかし、その後に3点を奪われ逆転負けした経験を持つ。


⭐️投手力②:身長183cm右腕の武富匠汰(2年)も控える。秋は計4試合(11回)を投げて防御率2.45と安定感がある。なお、同校OBで元中日ドラゴンズの吉見一起氏が、学生野球資格を回復した2021年からコーチとなり、月に1・2回程度の指導を行う。


⭐️攻撃力:チーム打率.277(29位)、平均得点4.2点(30位)。主将・捕手を務める4番岸本紘一主将(2年)は、打率.457・打点10といずれもチームトップの成績を叩き出す。また、近畿大会ではラッキーボーイの活躍をみせた5番貴島琉惺(2年)は、打率.250・打点10。貴島は、高田商業戦では先制点となる押出四球を選んだほか、最大6点差をひっくり返した近江戦では、4回裏に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回裏には同点に追いつく3点2塁打を放つなど、4打数2安打5打点と活躍。貴島は、入部以来“ゴミ拾い”を欠かさない習慣を持つという。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース古川温生(2年)は、奪三振数=76個(3位)、奪三振数(1回あたり)=1.06個(7位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

金光大阪 1-6 近江 ※準々決勝
金光大阪|000|100|000|=1
近江・・|100|100|22x|=6

======試合結果・総評レポート========
近江が6-1で金光大阪で勝利。エース山田陽翔(2年)が被安打8・四球1・奪三振10・計127球で3試合連続で完投。中盤まで相手ミスなどから得点し、7回裏には3番中瀬樹(2年)のスクイズ、8回裏には背番号18の9番清谷大輔(1年)の3塁打、1番津田基(2年)の2塁打で1点ずつを奪って突き放した。敗れた金光大阪は、エース古川温生(2年)が6回0/3を被安打7・死四球2・奪三振2と、この試合も好投。救援したセンターの福冨龍之介(1年)も力投した。今大会は旋風を巻き起こし金光大阪、夏の躍進も期待したい。


木更津総合 3-4x 金光大阪(13TB) ※2回戦
木更津総合|000|000|010|000|2 =3
金光大阪|000|001|000|000|3 =4x

======試合結果・総評レポート========
金光大阪木更津総合に延長13回裏タイブレークのゲームを4x-3の逆転サヨナラで勝利。延長13回表に2点をリードされるも、キャリーパトリック波也斗(1年)の内野ゴロで1点、号泣しながら打席に入った1番佐々木駿弥(1年)が押出四球を選んで同点、最後は2番福冨龍之介(1年)が押出死球で決着。投げてはエース古川温生(2年)が延長13回を被安打5・死四球4・奪三振10・計160球を好投した。打っては、岸本紘一主将(2年)が6打数3安打1打点と活躍が光った。敗れた木更津総合は2試合連続のタイブレーク。越井颯一郎(2年)・金綱伸悟(2年)・金本琉瑚(2年)の3投手が継統。1点を追う8回表には中西祐樹主将(2年)が仲間を救う一打を放ち、延長13回表には3番菊地弘樹(2年)が2点タイムリーを放つ勝負強さをみせた。


日大三島 0-4 金光大阪 ※1回戦
日大三島|000|000|000|=0
金光大阪|300|001|00x|=4

======試合結果・総評レポート========
金光大阪が4-0で日大三島に勝利。エース古川温生(2年)が被安打4・四球4・奪三振9・計138球の好投で完封。攻撃陣は初回に、5番貴島琉惺(2年)の2点タイムリーなどで一挙3点。6回には9番澤田拓磨(2年)のスクイズで1点を追加した。守備では、センター福冨龍之介(1年)の好守備も光った。敗れた日大三島は、わずかヒット4本に終わり無得点。エース松永陽登(2年)は被安打6・四球3・奪三振2の好投を見せるも、5回裏には2死満塁のチャンスの場面で三振に倒れ、反撃の好機を生かせなかった。



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

【秋の戦歴:大阪大会(準優勝)近畿大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=1
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.277(29位) [平均.328]
・得点   :42点(27位) [平均69.2点]
・平均得点 :4.2点(30位) [平均7.1点]
・本塁打  :0本(30位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0本(30位) [平均0.4本]
・盗塁数  :4個(30位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:0.4個(32位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :29(20位) [平均25.6]
・平均失点数:2.9(18位) [平均2.8]
・防御率  :2.71点(22位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.3点(17位) [平均0.3点]
・失策数  :8(20位) [平均8.1]
・平均失策数:0.8(13位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:10戦8勝2敗
※部員数:78人(3位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
古川温生 3年 防御率=24位:2.5(計10試合/計72回)
・古川温生 3年 奪三振数=3位:76個(計10試合/計72回)
・古川温生 3年 奪三振数(1回あたり)=7位:1.06個
岸本紘一 3年 打率=23位:.457(35打数16安打)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[リンク集]センバツ2022年 特集ページ

⭐️センバツ2022年の各種特集ページ⭐️
日程•結果名簿注目選手大会展望見所


⭐️センバツ2022年の出場校特集ページ⭐️
・北海道/東北:クラーク 花巻東 聖光学院
・関東 /◉◉明秀日立 山梨学院
・関東 /◉◉木更津総合 浦和学院
・東京 /◉◉國學院久我山 二松学舎
・北信越/東海:敦賀気比 星稜 日大三島 大垣日大
・近畿 /◉◉大阪桐蔭 和歌山東 天理 金光大阪
・近畿 /◉◉京都国際 市立和歌山 東洋大姫路
・近畿 /◉◉近江(京都国際辞退による補欠出場)
・中国/四国 :広陵 広島商業 高知 鳴門 倉敷工業
・九州 /◉◉九国大付 大島 有田工業 長崎日大
・21世紀枠/只見 丹生 大分舞鶴


⭐️秋季地区大会2021年の結果一覧⭐️
明治神宮大会北海道東北関東東京
北信越東海近畿 |中国四国九州



秋季近畿大会2021年 戦歴結果(1/2)

⚡️特集ページ:近畿大会の日程・結果

和歌山東(和歌②) 8-1 金光大阪(大阪②)(7C) ※準決勝
和歌山東|101|103|200|=8
金光大阪|000|001|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️和歌山東が金光大阪に8-1(7C)で勝利し決勝進出。エース麻田一誠が7回を被安打8・四球3・奪三振4・失点1(計103)と力投し、打っては3打数1安打3打点(3塁打で2点、内野ゴロで1点)と投打で活躍した。チームは計13安打・4盗塁を記録し、守っては失策0とバックの堅守も光った。まず、1回表に5番中川の安打で1点を先制すると、3回表に2番森岡颯太のソロ本塁打で1点、4回表に8番麻田の内野ゴロで1点を奪い、3-0。さらに6回表には、8番麻田の3塁打で2点、9番瀬村の安打で1点を追加。7回表にも此上の2塁打で1点、6番尾花の安打で1点を加えて計8得点。敗れた金光大阪は、先発のエース古川が5回を被安打7・四球1・奪三振5・失点3と力投し、武富が残る2回を投げて被安打6・四球1・失点5。攻撃陣は、チーム8安打を記録するも1点止まり(残塁7)だった。


⭐️金光大阪の戦歴⭐️エース古川温生(はるき)が過去2試合(18回)を被安打14・与死四球8・奪三振16・失点6と力投する。攻撃陣は、5番貴島琉惺が近江戦で4打数2安打5打点と活躍し4強入りの立役者に。ここまで、①初戦で高田商業(奈良②)に2-0で勝利、古川が被安打5・四球1・奪三振11で完封した。②準々決勝は近江(滋賀③)に6点差をひっくり返して7-6で逆転勝利。5番貴島は4回に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回に同点に追いつく3点2塁打を記録。貴島は入部以来ずっとゴミ拾いを欠かさぬ習慣を持つ。エース古川は被安打9・四球7・奪三振5で完投、序盤に6失点も4回以降は3安打に抑えた。



秋季近畿大会2021年 戦歴結果(2/2)

近江(滋③) 6-7 金光大阪(大②) ※準々決勝
近江・・|302|100|000|=6
金光大阪|000|300|04x|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️金光大阪が7-6で近江に逆転勝利し4強進出(センバツ出場有力に、出場すれば09年以来3度目)。序盤に6点リードされる展開も、4回裏に5番貴島の3塁打で2点、6番今北の3塁打で1点を奪い3-6と3点差。8回裏に死球2つとヒットから1死満塁のチャンスを作ると、5番貴島の2塁打で3点を奪い6-6の同点とし、7番森下の安打で1点を勝ち越した。この試合、5番貴島琉惺は4打数2安打5打点、4回裏に反撃の狼煙となる2点3塁打、8回裏に同点に追いつく3点2塁打を放つなど活躍が際立った(入部以来ずっとゴミ拾いを欠かさぬ習慣を持つ)。エース古川は9回を一人で投げ抜き、被安打9・四球7・奪三振5と粘りの投球で、序盤に6失点するも4回以降は相手打線を3安打に抑えた。一方の近江は、初戦の社高校戦(11-10)に続いて激戦を繰り広げるも準々決勝で敗退。投手陣は、背番号9星野・背番号10外義の2投手が登板するも序盤に挙げた6点のリードを守りきれなかった。攻撃面では、6番川元ひなたが5打数2安打3打点、背番号1&4番を兼ねる山田主将は初回に先制点となる2塁打を放つなど活躍を見せた。


金光大阪(大阪②) 2-0 高田商業(奈良②) ※1回戦
金光大阪|001|100|000|=2
高田商業|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️金光大阪のエース古川温生(はるき)が、9回を一人で投げ抜き、被安打5・四球1・奪三振11で完封の圧巻投球を見せた。9回裏には帰れば同点となる2走者を抱えるも、三者連続三振で試合を締めた。攻撃陣は3回に5番貴島の押出四球で1点、4回に2番福冨のスクイズで1点を奪った。敗れた高田商業は、先発の中村が3回を被安打5・四死球2・奪三振2、残る6回をエース鶴川内が被安打3・四球4・奪三振5といずれも好投したが、打線が5安打に抑えられた。



秋季大阪府大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:大阪府大会の日程・結果

【金光学園の戦歴|秋季大阪府大会2位】
・決勝  :金光大阪  0-7  大阪桐蔭
・準決勝 :金光大阪 12-4 星翔(7)

・準々決勝:金光大阪  2-1  大産大附
・5回戦 :金光大阪  9-0  阪南大高(7)
・4回戦 :金光大阪  2-1  箕面学園
・3回戦 :金光大阪  3-1  高槻北
・2回戦 :金光大阪  4-1  大阪電通大高

大阪府球児の進路・進学先 

大阪府
大阪桐蔭 履正社 大冠 大阪学院 大阪偕星
大体大浪商 大産大付 大商大 興国 三国丘 
近大付 金光大阪 東海大仰星 同志社香里
上宮太子 早稲田摂陵 大商大堺 箕面東
大阪学芸 東大阪大柏原 近大泉州 精華
初芝立命館 関西創価 箕面学園 上宮 大塚
太成学院大高 阪南大高 豊島