《京都国際》野球部メンバー2024年⚡️

京都国際 野球部メンバー2024年

京都国際(京都) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季近畿大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
01 中崎琉生  左/左 3年 兵庫・西宮市立瓦木中
02 奥井颯大  右/左 3年 滋賀・彦根市立東中
03 髙岸栄太郎 右/左 3年 北海道・千歳市立富丘中
04 三谷誠弥  右/右 3年 大阪・大阪市立加賀屋中
05 清水詩太  右/右 2年 福井・福井市明倫中
06 藤本陽毅  右/右 3年 福岡•福岡市立和白中
07 金本祐伍  右/右 3年 京都・京都市立藤森中
08 澤田遥斗  右/右 3年 北海道・札幌市立真栄中
09 石田煌飛  右/右 3年 滋賀・甲賀市立土山中
10 長田塁   右/右 3年 三重・伊賀市立崇広中
11 西村一毅  左/左 2年 滋賀・甲賀市立水口中
12 猪股琉冴  右/左 2年 兵庫・稲美町立稲美北中
13 速見魁星  右/右 3年 京都・宇治市立黄檗中
14 曽根球斗  右/右 3年 大阪・大阪市立宮原中
15 倉橋翔   右/左 2年 山口・山口市立平川中
16 東郷虎ノ助 右/右 2年 大阪・大阪市立淀中
17 嘉門翔太  右/左 2年 京都・京田辺市立田辺中
18 小林謙真  右/右 3年 大阪・大阪市立十三中
19 長谷川颯  左/左 2年 京都・京都市立梅津中
20 小川礼斗  右/左 1年 福井・福井市成和中

⭐️特集ページ:春季近畿大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[戦歴] 春季近畿大会2024年(1/2)

⭐️特集ページ:春季近畿大会 日程・結果

智辯和歌山(和①) 2-3x 京都国際(京①) ※決勝
智辯和歌山|000|010|100|=2
京都国際 |000|001|101|=3x
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、智辯和歌山が背番号1渡邉颯人(2年)、京都国際が背番号11西村一毅(2年)。5回表、智辯和歌山は7番松本虎太郎(1年)の安打、1番福元聖矢(2年)の安打から2死1・3塁とし、2番藤田一波(2年)の安打で1点を先制。6回裏、京都国際は3番澤田遥斗(3年)が2塁打で出塁すると、4番藤本陽毅(3年)の2塁打で1点を返し、1-1の同点。7回表、智辯和歌山は7番松本虎太郎(1年)の安打・失策・四球から1死満塁とし、2番藤田一波(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2-1と勝ち越し。7回裏、京都国際は相手失策2つから無死1・3塁とし、8番西村一毅(2年)の内野ゴロから1点を返して、2-2の同点。8回裏から智辯和歌山は2人目の背番号11中西琉輝矢(3年)に交代。9回裏、京都国際は四球で走者を出すと、犠打・捕逸から2死3塁。ここで8番西村一毅(2年)の打席で相手暴投から3塁走者が生還し、決着。京都国際が3x-2(9回サヨナラ)で勝利!【活躍メモ】京都国際は、背番号11西村一毅(2年)が9回を一人で投げ、被安打5・四死球5・奪三振4・失点2・計108球と力投。エース中崎琉生(3年)との2枚看板を擁し、激戦区・近畿チャンピオンに輝いた。


天理(奈①) 1-5 京都国際(京①) ※準決勝
天理   |000|000|001|=1
京都国際 |000|103|01x|=5
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、天理が背番号18下坊大陸(2年)、京都国際が背番号1中崎琉生(3年)。4回裏、京都国際は四球と5番奥井颯大(3年)の安打で走者を出すと、6番髙岸栄太郎(3年)の内野ゴロの間に1点を先制。6回裏、京都国際は四球・3番澤田遥斗(3年)の安打で走者を出すと、ここで天理は背番号1麻田悠介(3年)に交代。このあと京都国際は、相手失策から1点、7番長谷川颯(2年)の安打で2点を追加し、0-4。8回裏、京都国際は3番澤田遥斗(3年)が安打で出塁し犠打で送ると、6番髙岸栄太郎(3年)の安打で1点を追加し、0-5。9回表、天理は先頭から安打2本で走者を出すと、相手失策から1点。さらに2死満塁の場面も、後続が続かずゲームセット。京都国際が5-1で勝利!【活躍メモ】京都国際の背番号1中崎琉生(3年)が9回を被安打4・四死球3・奪三振9・失点1・計137球と好投。攻撃陣は計7安打を放ち、3番澤田遥斗(3年)は全4打席(2安打+2四球)で出塁するなどチャンスメイクで活躍を見せた。



[戦歴] 春季近畿大会2024年(2/2)

⭐️特集ページ:春季近畿大会 日程・結果

京都国際(京①) 8-1 明石商業(兵③)(7) ※1回戦
京都国際 |023|300|000|=8
明石商業 |001|000|000|=1
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、京都国際が背番号11西村一毅(2年)、明石商業が背番号16横山康瑛(2年)。2回表、京都国際は安打・失策・安打から1死満塁のチャンスを作ると、9番西村一毅(2年)のスクイズで1点、1番金本祐伍(3年)の安打で1点を奪い、2点を先制。3回表から明石商業は背番号19石原大暉(2年)に交代。このあと京都国際は4番藤本陽毅(3年)の2塁打と失策から2者を出すと、6番髙岸栄太郎(3年)の安打で1点を追加し、3-0。ここで明石商業は背番号1小齊大翔(3年)に交代。さらに京都国際は7番長谷川颯(2年)の安打で2点を追加し、5-0。3回裏、明石商業は内野ゴロの間に1点を返す。4回表、京都国際は安打・死球・安打から1死満塁とし、5番奥井颯大(3年)の犠牲フライで1点、6番髙岸栄太郎(3年)の安打で2点を追加し、8-1。5回表から明石商業は背番号11砥川知憲(3年)に交代。7回表から明石商業は背番号10藤井翔大(3年)に交代。京都国際が8-1(7回コールド)で勝利!【活躍メモ】京都国際は、背番号11西村一毅(2年・イッキ)が7回1失点と好投。相手の小刻みな継投を攻略して計12安打を放った打線では、6番髙岸栄太郎(3年)が4打数4安打3打点と活躍が光った。

[戦歴] 春季京都大会2024年

⭐️特集ページ:京都大会の日程・結果

【京都国際の戦歴|春季京都大会2024年】
・決勝戦 :京都国際 2-1 京都外大西
・準決勝 :京都国際 9-8 京都両洋
・準々決勝:京都国際 6-4 鳥羽

・4回戦 :京都国際 7-1 京都成章
※センバツ出場・2次戦から出場




[概要] 春季近畿大会2024年

【2024年 春季近畿大会 大会日程•出場校など】
・日程:5月25日(土)〜
6月2日(日)
・場所:兵庫県|楽天トラベル [ホテル予約]
・会場:明石トーカロ球場
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:近畿大会の過去結果 [春季・秋季]
・近隣:滋賀京都奈良和歌山大阪兵庫
【出場校一覧】
滋賀(1):①滋賀学園
京都(1):①京都国際
奈良(1):①天理
和歌(1):①智辯和歌山
大阪(1):①大阪学院大高
兵庫(3):①社②須磨翔風③明石商業
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

京都国際 3-4x 青森山田 ※1回戦
京都国際 |000|100|020|=3
青森山田 |200|010|001|=4x
=====================================
🌸レポート🌸 青森山田が4x-3(9回サヨナラ)で勝利。攻撃陣は計7安打。1回裏、4番原田純希(2年)の安打で1点、6番伊藤英司(1年)の安打で1点を奪い、2点を先制。5回裏、1番佐藤隆樹(2年)の安打で1点を追加し、3-1。同点に追いつかれて迎えた9回裏、1死から5番吉川勇大(2年)が”木製バット”で3塁打を放つと、続く6番伊藤英司(1年)が初球をレフト前に運んで決着。投手陣は、背番号1関浩一郎(2年)が8回を被安打7・四死球1・奪三振3・失点3と好投し、最終回は背番号10櫻田朔(2年)が救援。センター對馬陸翔(2年)がスーパーキャッチを見せるなどバックも堅守で支えた。敗れた京都国際は、背番号1中崎琉生(2年)が9回を被安打7・四死球3・奪三振6・失点4・計115球と力投。攻撃陣は計7安打。4回表に3番藤本陽毅(2年)と4番高岸栄太郎(2年)の連続安打でチャンスを作ると、6番長谷川颯(1年)の内野安打でまず1点。8回表には、四球と3番藤本陽毅(2年)の2塁打で1死2・3塁とし、相手失策から1点。なお1死1・3塁からWスチールを仕掛けると、3塁走者の藤本陽毅(2年)が本塁に突入して3-3の同点とした。昨秋にウィルス性肝炎で療養した3番藤本陽毅(2年)は、2塁打2本を含む4打数3安打、さらにはWスチールで本盗を決めるなど活躍が際立った。【観客数 : 7,000人】

[チーム紹介] 注目選手など

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:3年ぶり2回目。選考委員会の選考理由「4強勢では、京都国際は球威のあるエース左腕・中崎琉生、耐久も1人で投げ抜いた右腕の冷水孝輔の両大黒柱の実力や一体感あるチーム力が評価」。センバツ選考委員会では「攻守交代のスピーディーさ」についても賞賛された。


🌸主な戦歴など京都準V近畿4強|近畿大会では、初戦・田辺(和②・21世紀枠)に3x-2(10回TB)、準々決勝・近江(滋①)に1x-0と2試合連続でサヨナラ勝ち。続く準決勝では、大阪桐蔭(大①)に0-4で敗戦した。


🌸主な投手陣等チーム防御率:0.71(1位★★★)、平均失点数:0.9点(1位★★★)、平均失策数:0.7つ(9位★)。出場32校でNo.1の投手成績を誇る。原動力は、左スリークオーターのエースでキャプテンの中崎琉生(2年・ルイ)だ。抜群の制球力が武器で、秋公式戦では10試合中7試合で完投するなど、計62回を投げて防御率0.73、総奪三振52個(出場選手7位)。京都大会の準決勝では、夏の甲子園出場校・立命館宇治を完封(無四球)。2位で進んだ近畿大会においては、初戦・田辺戦で延長10回を2失点と好投し、続く準々決勝・近江戦で完封勝利し(無四死球)、チームを聖地に導いた。憧れは、OBの森下瑠大(現DeNA)。このほか、鳥羽真生(1年)も抜群の制球力を持つなど、安定感がある。秋公式戦データ(投球回数順)】①中崎琉生(2年)は計62回を投げて、防御率0.73(10位★)、奪三振52(7位★)、1回あたりの奪三振数0.84(34位)、1回あたりの与四死球0.129(4位★)。②鳥羽真生(1年)は計10回2/3を投げて、防御率0.84(15位)、奪三振12(58位)、1回あたりの奪三振数1.13(7位★)、1回あたりの与四死球0.094(3位★)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.337(15位)、平均得点:5.9点(25位)、総本塁打:0本(32位)、平均盗塁数:1.9個(11位)。打線は、中軸が特に勝負強い。まず、3番澤田遥斗(2年)は、秋公式戦で打率.405・打点7(チーム2位)・盗塁5(チーム1位)の成績を残し、近畿大会の初戦・田辺戦では延長10回裏にサヨナラタイムリーを記録。続いて、4番髙岸栄太郎(2年)は、打率.419・打点6の好成績を残し、初戦・田辺戦では”同点打を2度放つ”など勝負強い。さらに、5番清水詩太(1年・ウタ)は、息詰まる投手戦となった近畿大会の準々決勝・近江戦(1x-0)でサヨナラ打を記録した。中軸以降は、打率.467・打点11(ともにチーム1位)の好成績を残した6番奥井颯大(2年)のほか、打率.429の7番石田煌飛(2年)、打率.417の9番中崎琉生(2年)らが並び、好機を演出して上位へ繋ぐ。[個人ランキング]


🌸トピックス等:2年前のセンバツは、新型コロナにより出場辞退(出場回数としてカウントされず)。1年夏からショートを任される藤本陽毅(2年)は秋公式戦では体調を崩す(ウィルス性肝炎)も、センバツでは復帰見込み。サード曽根球斗(2年)は、曽根海成(広島カープ)を従兄弟に持つ。アルプスでは、京産大付の吹奏楽部が友情応援予定。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【京都国際|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :38人(26位) (部員数ランキング)
・試合数   :10戦8勝2敗 (戦歴:京都近畿)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.337(15位) [平均.330点]
・総得点   :59点(20位) [平均69.1点]
・平均得点  :5.9点(25位) [平均6.9点]
・総本塁打  :0本(32位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0本(32位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :19個(10位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1.9個(11位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:0.71(1位) [平均1.93]
・総失点   :9点(1位) [平均24.3点]
・平均失点数 :0.9点(1位) [平均2.4点]
・総失策数  :7つ(10位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.7つ(9位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季近畿大会2023年

⭐️特集ページ:秋季近畿大会 日程・結果

京都国際(京②) 0-4 大阪桐蔭(大①)(シ) ※準決勝
京都国際 |000|000|000|=0
大阪桐蔭 |100|101|01x|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、京都国際が背番号1中崎琉生(2年・ルイ)、大阪桐蔭が背番号10南陽人(2年)。1回裏、大阪桐蔭は1番境亮陽(2年)が2塁打で出塁すると、3番德丸快晴(2年)の犠牲フライで1点を先制。4回裏、大阪桐蔭は1番境亮陽(2年)の犠牲フライで1点を追加し、0-2。6回裏、大阪桐蔭は8番賀川陽日(2年)が2塁打で出塁すると、相手失策から1点を追加し、0-3。7回表から大阪桐蔭は2人目の背番号11中野大虎(1年)に交代。7回裏から京都国際は2人目の背番号18鳥羽真生(1年)に交代。8回裏、大阪桐蔭は代打・岡江伸英(2年)が2塁打で出塁すると、8番賀川陽日(2年)の安打で1点を追加し、0-4。このあと京都国際は3人目の背番号11西村一毅(1年)に交代。大阪桐蔭が4-0で勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】大阪桐蔭は、背番号10南陽人(2年)が6回を被安打5・四死球3・奪三振6と好投し、背番号11中野大虎(1年・ダイト)が残る3回を好救援し、完封リレー。攻撃陣は、計11安打(残塁10)で4得点。打者では、4番ラマル(2年)が3打数3安打(2塁打2本)、8番賀川陽日(2年)が3打数3安打1打点と活躍を見せた。


近江(滋①) 0-1x 京都国際(京②)(シ) ※準々決勝
近江   |000|000|000|=0
京都国際 |000|000|001|=1x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、近江が背番号1西山恒誠(2年)、京都国際が背番号1中崎琉生(2年)。互いに得点を奪えぬまま迎えた最終回。
9回表、近江は1死から5番森島佑斗(2年)が2塁打で出塁するも無得点。9回裏、京都国際はこの回先頭の3番髙岸栄太郎(2年)が安打で出塁し、犠打で送って1死2塁のチャンスを作ると、ここで5番清水詩太(1年・ウタ)がサヨナラタイムリーを放ち、決着!京都国際が1x-0(9回サヨナラ)で勝利し、4強入り!(=センバツ出場有力に)【◆◆活躍メモ◆◆】京都国際の背番号1中崎琉生(2年・ルイ)は、9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球0(無四死球)・奪三振7・失点0・計138球の好投で近江打線を完封。一方、近江の背番号1西山恒誠(2年)も9回を完投し、被安打6・四死球1・奪三振7・失点1・計99球と好投が光った。


田辺(和②) 2-3x 京都国際(京②)(10)(シ) ※初戦
田辺   |100|000|010|00=2
京都国際 |001|000|010|10=3x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、田辺が背番号1寺西邦右(2年・ホウスケ)、京都国際が背番号1中崎琉生(2年)。1回表、田辺は1番岡本和樹(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、4番山本陣世(2年)の安打で1点を先制。3回裏、京都国際は四球で出た走者を犠打で送ると、4番髙岸栄太郎(2年)の安打で1点を返し、1-1。8回表、田辺は安打2本で走者を出すと、3番山本結翔(2年)の安打で1点を奪い、2-1と勝ち越し。直後の8回裏、京都国際は1番清水詩太(1年・ウタ)が安打で出塁すると、4番髙岸栄太郎(2年)の安打で1点を返し、2-2の同点。9回終了時点でヒットは、田辺6本、京都国際5本。10回裏、京都国際は1死満塁から3番澤田遥斗(2年)がサヨナラタイムリーを放って決着!京都国際が3x-2(延長10回TB)で田辺に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】京都国際は背番号1中崎琉生(2年・ルイ)が10回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球2・奪三振12・失点2・計135球と好投。攻撃陣は計7安打を放ち、中でも4番髙岸栄太郎(2年)は同点打を2度放つなど
4打数2安打2打点と活躍。一方、市立和歌山&智辯和歌山を撃破してきた田辺のエース寺西邦右(2年・ホウスケ)も10回を投げ、被安打7・四死球4・奪三振7・失点3・計133球と好投が光った。



[戦歴] 秋季京都大会2023年

⭐️特集ページ:京都大会の日程・結果

【京都国際の戦歴|秋季京都大会2023年】
・決勝戦 :京都国際 01-2 京都外大西 ⚫︎
・準決勝 :京都国際 07-0 立命館宇治(7)
・準々決勝:京都国際 09-1 福知山成美

・4回戦 :京都国際 08-0 京都両洋(7)
・3回戦 :京都国際 10-0 乙訓(6)
・2回戦 :京都国際 08-0 菟道(7)

・1回戦 :京都国際 12-0 海洋(5)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次