《報徳学園》野球部メンバー2022年⚡️

報徳学園 野球部 2022年

報徳学園 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季近畿大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 盛田智矢  右/右 2年 歌敷山
02 堀柊那   右/右 2年 鷹取
03 辻田剛暉  左/左 2年 豊中第十一•大阪
04 林純司   右/右 2年 びわ(滋賀)
05 宮本青空  右/左 2年 加古川山手
06 竹内颯平  右/右 2年 飾磨東
07 山増達也  右/左 2年 浜甲子園
08 岩本聖冬生 左/左 2年 大社
09 石野蓮授  右/右 2年 箕面第五•大阪
10 今朝丸裕喜 右/右 1年 本庄
11 間木歩   右/右 1年 天王寺川
12 田村琉樹  右/右 2年 郡山東•奈良
13 西村大和  右/左 1年 兵庫教育大付属
14 北野元優  右/左 2年 報徳学園
15 齋藤佑征  右/左 1年 別府
16 福留希空  右/左 1年 上甲子園
17 越智樹   右/右 2年 大津
18 豊岡涼也  右/左 2年 真砂
19 今堀佑哉  左/左 1年 中央
20 操野拓真  右/右 1年 山田•大阪

⚡️特集ページ:近畿大会の日程・結果



[戦歴] 秋季近畿大会2022年(1/2)

⚡️特集ページ:近畿大会の日程・結果

報徳学園(兵1) 0-1 大阪桐蔭(大1) ※決勝
報徳学園|000|000|000|=0
大阪桐蔭|000|100|00x|=1 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が1-0で報徳学園に勝利し、優勝。近畿代表として明治神宮大会へ出場する。背番号1前田悠伍(2年)が9回を投げ抜き、被安打3・四死球1・奪三振9・計122球の好投で、強力打線を完封。攻撃陣は計7安打。4回裏に、先頭の6番村本勇海(2年)が2塁打で出塁し犠打で送ると、8番岸本真生(2年)の内野ゴロで1点を奪い、これが決勝点。敗れた報徳学園は、背番号11間木歩(1年)が3回2/3を、背番号1盛田智矢(2年)が3回1/3を、背番号10今朝丸裕喜(1年)が1回を投げ、3投手の継投リレーで大阪桐蔭打線を1失点に抑えた。今大会好調だった攻撃陣は、わずか3安打に抑えられて得点が奪えなかった。


報徳学園(兵1) 9-5 智辯和歌山(和1) ※準決勝
報徳学園 |100|102|041|=9
智辯和歌山|301|000|010|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️報徳学園が9-5で智辯和歌山に勝利。攻撃陣は計12安打。3点を追いかける6回表、5番辻田剛暉(2年)の安打で1点、7番西村大和(1年)の安打で1点を奪い、4-4の同点。迎えた8回表、6番林純司(2年)の2塁打で1点、7番西村大和(1年)のスクイズで1点、8番竹内颯平(2年)の安打で2点を奪い、8-4と勝ち越しに成功。9回表には、4番石野蓮授(2年)のソロ本塁打で1点を追加し、9-5とした。投手陣は、背番号10今朝丸裕喜(1年)・背番号11間木歩(1年)・背番号1盛田智矢(2年)が継投。打者では、3番堀柊那(2年)が4打数3安打、4番石野蓮授(2年)が3打数3安打2打点(ソロ本塁打を含む)と活躍し、得点機会を生み出した。敗れた智辯和歌山は、背番号11清水風太(2年)が6回を投げ、その後は背番号1吉川泰地(2年)・背番号19石原大聖(2年)・背番号17福永修吾(2年)・背番号20岡田晴吾(2年)・背番号18中西琉輝矢(1年)の計6投手が継投。攻撃陣は計11安打を放ち、1回裏に4番中塚遥翔(2年)の犠牲フライで1点、5番湯浅孝介(2年)の安打で1点、6番松嶋祥斗(1年)の2塁打で1点を奪って、すぐさま逆転。その後は終盤に逆転を許し、8回裏には4番中塚遥翔(2年)のソロ本塁打で1点を返すも、最後は及ばなかった。



[戦歴] 秋季近畿大会2022年(2/2)

履正社(大2) 6-9 報徳学園(兵1) ※準々決勝
履正社 |020|110|002|=6
報徳学園|202|000|14x|=9

————————————————–
⭐️試合結果⭐️報徳学園が9-6で履正社に勝利。攻撃陣は計14安打。まず、1回裏に3番堀柊那(2年)の安打などで2点を先制。その後に同点とされるも、3回裏に4番石野蓮授(2年)の2ラン本塁打で4-2と勝ち越し。その後に再び同点とされるも、7回裏に4番石野蓮授(2年)が2塁打で出塁すると、6番林純司(2年)が2塁打で返して、5-4と勝ち越し。さらに8回裏には、1番山増達也(2年)の2塁打で1点、3番堀柊那(2年)の2塁打で1点、4番石野蓮授(2年)の犠牲フライで1点、5番辻田剛暉(2年)の安打で1点を奪い、9-4と突き放した。投手陣は、背番号1盛田智矢(2年)が6回を投げて4失点、その後は背番号11間木歩(1年)が粘る相手を振り切った。打者では、3番堀柊那(2年)が5打数3安打2打点、4番石野蓮授(2年)が4打数2安打3打点(2ラン本塁打を含む)とこの試合も活躍をみせた。敗れた履正社は、背番号1増田壮(2年)・背番号10福田幸之介(2年)・背番号17高木大希(1年)・背番号11今仲巧(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計10安打を放ち、中盤までに同点に2度追いつき、最後9回表には2点を奪う粘りを発揮。打者では、エース増田壮(2年)がソロ本塁打を放ったほか、3番森田大翔(2年)が5打数3安打1打点と活躍をみせた。


報徳学園(兵1) 11-0 箕面学園(大3)(7) ※初戦
報徳学園|400|401|200|=11
箕面学園|000|000|000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️報徳学園が11-0(7回コールド)で箕面学園に勝利。攻撃陣は計13安打を記録し、4番石野蓮授(2年・レンジュ)が3ラン本塁打を含む5打数3安打5打点、3番堀柊那(2年・シュウナ)が5打数4安打1打点と躍動した。投手陣は、先発の背番号17盛田智矢(2年)が6回を被安打0・四死球2・奪三振4と好投し、残る1回を背番号11間木歩(1年)が被安打0・四死球0と好救援し、2投手で「被安打0」の完封リレーを果たした。敗れた箕面学園は、背番号8金沢悠人(2年)・背番号1荻野壮太(2年)・背番号10大前柊生(2年)の3投手が登板。攻撃陣は、ヒット0本に抑えられ得点が奪えなかった。



[戦歴] 秋季兵庫県大会2022年

⭐️特集ページ:兵庫大会の日程・結果

【報徳学園の戦歴|秋季兵庫大会2022年】
・決勝戦 :報徳学園 04-2 神戸国際大
・準決勝 :報徳学園 06-0 育英
・準々決勝:報徳学園 04-0 滝川第二
・3回戦 :報徳学園 04-2 市立尼崎
・2回戦 :報徳学園 10-0 川西北陵(5)
・1回戦 :報徳学園 07-0 山崎(7)
  ——地区大会—————
・代表決定:報徳学園 16-0 西宮南(5)
・2回戦 :報徳学園 15-0 甲南(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路