《報徳学園》野球部メンバー2024年⚡️センバツ

報徳学園 野球部 メンバー 特集

報徳学園(兵庫) 野球部メンバー 2024年

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 間木歩   右/右 3年 兵庫・伊丹市立天王寺川中⭐️
02 徳田拓朗  右/右 3年 兵庫・伊丹市立笹原中
03 齋藤佑征  右/左 3年 兵庫・加古川市立別府中
04 山岡純平  右/左 2年 大阪・大阪市立旭陽中
05 西村大和  右/左 3年 兵庫・国立兵庫教育大付中
06 橋本友樹  右/左 2年 兵庫・姫路市立香寺中
07 辻本侑弥  左/左 3年 兵庫・私立報徳学園中
08 福留希空  右/右 3年 兵庫・西宮市立上甲子園中
09 安井康起  右/左 3年 兵庫・伊丹市立天王寺川中
10 今朝丸裕喜 右/右 3年 兵庫・神戸市立本庄中
11 西田健翔  右/右 3年 兵庫•猪名川町立猪名川中 ※抹消
11 吉川大進  右/右 3年 兵庫•姫路市立広畑中 ※新規
12 操野拓真  右/右 3年 大阪・枚方市立山田中
13 西川成久  右/右 3年 兵庫・西宮市立深津中
14 安田羽瑠  右/左 3年 福岡・志免町立志免中
15 貞岡拓磨  左/左 3年 兵庫・神戸市立白川台中
16 伊藤功真  左/左 3年 奈良・香芝市立香芝北中
17 星山豪汰  右/右 3年 兵庫・私立報徳学園中
18 馬場啓太  右/左 2年 大阪・高槻市立川西中
19 田中杜和  右/右 3年 愛知•尾張旭市立東中 ※抹消
19 金本遊森  左/左 2年 大阪•阪南市立鳥取東中 ※新規
20 田村惺   右/左 3年 京都•京丹後市立大宮中

00 野球部監督:大角健二(プロフィール・経歴)
00 選手名簿 :ベンチ入りメンバー(出身地別)
本日の高校野球選抜日程展望チーム成績個人成績



[戦歴レポート] センバツ2024年(2/2)

報徳学園 2-3 健大高崎 ※決勝戦
報徳学園 |200|000|000|=2
健大高崎 |201|000|00x|=3
=====================================
🌸レポート🌸 健大高崎が3-2で勝利し、初優勝。センバツ優勝は群馬県勢としても初めて。背番号10石垣元気(1年)が8回を被安打7・四死球2・奪三振8・失点2・計127球と好投。9回表には、血豆が潰れた背番号1佐藤龍月(1年)が好救援。攻撃陣は計6安打。2点を先制された直後の1回裏、四球と4番箱山遥人(2年)の安打で走者を出すと、5番森山竜之輔(2年)の2塁打で2点を奪い、すぐさま2-2の同点。3回裏には、1番斎藤銀乃助(2年)が3塁打で出塁すると、3番髙山裕次郎(2年)の安打で1点を奪い、3-2と勝ち越した。敗れた報徳学園は、背番号10今朝丸裕喜(2年)が被安打6・四死球1・奪三振4・失点3・計85球で完投。攻撃陣は計7安打。1回表、2番福留希空(2年)の安打と四球から走者を出すと、5番安井康起(2年)の2塁打(失策も絡む)で2点を先制。その後、5回表には2死満塁、6回表には無死1・3塁のチャンスを作るも無得点。1点を追う9回表には、2死から代打・貞岡拓磨(2年)が四球を選んで2死1塁。ここで代走・西川成久(2年)が盗塁を決めて2死2塁の場面を作るも、得点が奪えなかった。【観客数 : 34,200人(今大会最多)】


中央学院 2-4 報徳学園  ※準決勝
中央学院 |000|100|010|=2
報徳学園 |100|210|00x|=4
=====================================
🌸レポート🌸 報徳学園が4-2で勝利し、2年連続の決勝進出。攻撃陣は計8安打。1回裏、1番橋本友樹(1年)が安打で出塁し犠打で送ると、4番斎藤佑征(2年)の安打で1点を先制。同点とされた直後の4回裏、5番安井康起(2年)の安打と四球から1死2・3塁のチャンスを作ると、8番辻本侑弥(2年)の安打で1点、9番間木歩主将(2年)のスクイズで1点を奪い、3-1と勝ち越し。5回裏には、4番斎藤佑征(2年)が安打で出塁すると、6番山岡純平(1年)の安打で1点を追加し、4-1と突き放した。投手陣は、背番号1間木歩主将(2年)が9回2死までを投げて、被安打8・無四死球・奪三振6・失点2・計117球と好投し、9回表2死2・3塁のピンチを背番号10今朝丸裕喜(2年)が好救援した。敗れた中央学院は、背番号10臼井夕馬(2年)・背番号1蔵並龍之介(2年)・背番号6颯佐心汰(2年)が継投。攻撃陣は計8安打。4回表、5番颯佐心汰(2年)の3塁打で1点。8回表には、1番青木勝吾(2年)が2塁打で出塁すると、3番水嶋悠(2年)の安打で1点を奪って(→青木の好走塁)、これで2点差。9回表には、5番颯佐心汰(2年)の安打、8番蔵並龍之介(2年)の2塁打から2死2・3塁の場面を作るも、後続が続かなかった。【観客数 : 25,000人】



[戦歴レポート] センバツ2024年(1/2)

大阪桐蔭 1-4 報徳学園  ※準々決勝
大阪桐蔭 |000|000|010|=1
報徳学園 |200|000|02x|=4
=====================================
🌸レポート🌸 報徳学園が4-1で勝利。背番号10今朝丸裕喜(2年)が9回を投げ抜き、被安打5・四死球1・奪三振5・失点1・計113球と好投。セカンドの山岡純平(1年)が好プレー、捕手の徳田拓朗(2年)が盗塁阻止など、バックの堅守も際立った。攻撃陣は計5安打。1回裏、四球2つと失策から無死満塁とし、4番斎藤佑征(2年)の安打で1点、内野ゴロの間に1点を奪い、2点を先制。1点差に迫られた直後の8回裏には、1番橋本友樹(1年)の安打、相手失策(犠打)、4番斎藤佑征(2年)の四球から2死満塁のチャンスを作ると、5番安井康起(2年)の安打で1点、バッテリーミスから1点を奪い、4-1と突き放した。敗れた大阪桐蔭は、背番号1平嶋桂知(3年)が4回、背番号10南陽人(2年)が3回、背番号11中野大虎(1年)が1回をそれぞれ登板。攻撃陣は計5安打。8回表に1番境亮陽(2年)が3塁打(この試合で3安打目)で出塁し、2死3塁のチャンスを作ると、2番吉田翔輝(2年)の安打で1点を奪うも、反撃はここまで。第4試合目は雨の中で行われた。【観客数 : 12,000人】


報徳学園 6-1 常総学院  ※2回戦
報徳学園 |001|130|010|=6
常総学院 |000|000|010|=1
=====================================
🌸レポート🌸 報徳学園が6-1で勝利。背番号1間木歩主将(2年)が8回を被安打5・四死球4・奪三振3・失点1・計130球と好投し、最終回は左腕の背番号16伊藤功真(2年)が好救援。攻撃陣は計12安打(3盗塁)。まず3回表、4番斎藤佑征(2年)の安打で1点を先制。続く4回表、9番間木歩(2年)の内野安打で1点を追加。さらに5回表には、6番山岡純平(1年)の安打で1点、押出四球で1点、1番橋本友樹(1年)の安打で1点を追加。8回表には、相手バッテリーミスから1点を追加し、計6得点。打者では、3番西村大和(2年)が4打数4安打、1番橋本友樹(1年)が5打数3安打1打点と躍動。敗れた常総学院は、エース小林芯汰(2年)が5回を投げ、その後は背番号11平隼磨(2年)・背番号10斎藤一磨(2年)と繋ぎ、最後は再びエースがマウンドへ。攻撃では、8回裏に四球と5番森田大翔(2年)の2塁打から1死2・3塁とし、6番片岡陸斗(2年)の犠牲フライで1点を返すも、計5安打に抑えられた。【観客数 : 18,000人】


愛工大名電 2-3x 報徳学園 (10) ※1回戦
愛工大名電|000|001|000|10=2
報徳学園 |000|000|100|20=3x
=====================================
🌸レポート🌸 壮絶な投手戦を報徳学園が3x-2(延長10回TBサヨナラ)で制した。攻撃陣は計11安打。1点を負う7回裏、7番徳田拓朗(2年)が安打で出塁すると、先発・今朝丸裕喜(2年)の打席で代打に送られた貞岡拓磨(2年)がレフト前に運んで、1-1の同点。1点を負う10回裏、2番橋本友樹(1年)の犠打は三塁送球セーフとなり、無死満塁。このあと3番西村大和(2年)が押出四球を選んで、2-2の同点。さらに無死満塁から4番斎藤佑征(2年)がサヨナラタイムリーを放ち、決着。投手陣は、背番号10今朝丸裕喜(2年)が7回を被安打8・四死球2・奪三振6・失点1と好投し、残る3回を背番号1間木歩主将(2年)が好救援。守備陣は、ライト安井康起(2年)の好返球&好捕球のほか、ショート橋本友樹(1年)とサード西村大和(2年)の好守も光るなど、ノーエラーで守り勝った。敗れた愛工大名電は、背番号10伊東尚輝(2年)が10回を投げ抜き、被安打11・四死球2・奪三振8と好投が光った。攻撃陣は計9安打。6回表に5番宍戸琥一(2年)の安打で1点を先制。10回表には、3番石見颯真(2年)が申告敬遠のあと、1死満塁から4番石島健(2年)の犠牲フライで1点を勝ち越すも、最後競り負けた。【観客数 : 20,000人】



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:2年連続23回目。選考委員会の選考理由「5校目の報徳学園は大阪桐蔭との近畿大会準々決勝が1点差の惜敗だったこと、右腕の間木歩と今朝丸裕喜による二枚看板の投手力が高く評価」


🌸主な戦歴など兵庫V近畿8強|近畿大会では、初戦・奈良大付(奈②)に2-0で勝利し、続く準々決勝・大阪桐蔭(大①)に3-4で惜敗。秋の兵庫大会&近畿大会では、いずれもロースコアの接戦を勝ち上がるなど、競り合いに強い。


🌸主な投手陣等チーム防御率:0.88(2位★★)、平均失点数:1点(2位★★)、平均失策数:0.4つ(2位★★) 。出場32校でトップレベルの高い投手力と守備力を持つ。”昨春センバツ準V”の原動力となった最速144キロのエース間木歩主将(2年・特進コース)と、最速150キロ右腕・今朝丸裕喜(2年)のWエース体制だ。防御率0.44(出場選手4位)のエース間木歩主将(2年)は、兵庫大会の準決勝・社戦では8奪三振・与四球0で完投。その後、近畿大会の初戦・奈良大附戦では13奪三振で完封。一方の今朝丸裕喜(2年)は、準々決勝・大阪桐蔭戦で先発を任されたほか、聖地経験も豊富なドラフト候補だ。この投手陣を、二塁送球タイムが平均1.9秒台という捕手・徳田拓朗(2年)がリードする。【秋公式戦データ(投球回数順)】①間木歩(2年)は計41回1/3を投げて、防御率0.44(4位★)、奪三振42(18位)、1回あたりの奪三振数1.02(12位)、1回あたりの与四死球0.145(6位★)。②今朝丸裕喜(2年)は計34回2/3を投げて、防御率2.08(38位)、奪三振32(27位)、1回あたりの奪三振数0.92(23位)、1回あたりの与四死球0.202(10位★)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.297(27位)、平均得点:5.7点(28位)、総本塁打:0本(32位)、平均盗塁数:2.6個(7位★)。「(低反発バットの導入で) 野球がガラッと変わり、うちが新しい高校野球のトップリーダーになれる可能性がある」(宮崎翔コーチ)。「1試合平均2.6盗塁(7位)」を決めるなど、持ち味は「機動力」だ。犠打も用いた手堅い攻撃(&堅守)でロースコアの接戦をものにする。打線は、秋公式戦で盗塁5の1番福留希空(2年)と盗塁4の2番安井康起(2年)がチャンスメイク。得点源となる中軸は、昨春センバツの東邦戦でサヨナラ打を放った3番西村大和(2年)が打率.281・打点7(チーム1位)、4番齋藤佑征(2年)が打率.190・打点5(チーム2位)を記録。下位では、7番橋本友樹(1年)が打率.313・盗塁6(チーム1位)、8番徳田拓朗(2年)が打率.233・盗塁5と、再び足を絡めてチャンスを上位へ繋ぐ。このほか、エース間木歩(2年)が打率.429、秋は2桁背番号を背負った辻本侑弥(2年)が打率.438と好成績を残す。[個人ランキング]



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【報徳学園|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :92人(2位) (部員数ランキング)
・試合数   :10戦9勝1敗 (戦歴:兵庫近畿)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.297(27位) [平均.330点]
・総得点   :57点(24位) [平均69.1点]
・平均得点  :5.7点(28位) [平均6.9点]
・総本塁打  :0本(32位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0本(32位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :26個(7位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :2.6個(7位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:0.88(2位) [平均1.93]
・総失点   :10点(3位) [平均24.3点]
・平均失点数 :1点(2位) [平均2.4点]
・総失策数  :4つ(2位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.4つ(2位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季近畿大会2023年

⭐️特集ページ:秋季近畿大会 日程・結果

大阪桐蔭(大①) 4-3 報徳学園(兵①)(シ) ※準々決勝
大阪桐蔭 |100|100|200|=4
報徳学園 |000|101|100|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、大阪桐蔭が背番号1平嶋桂知(2年)、報徳学園が背番号10今朝丸裕喜(2年)。1回表、大阪桐蔭は5番内山彰梧(2年)の安打で1点を先制。4回表、大阪桐蔭は8番賀川陽日(2年)の2塁打で1点を追加し、2-0。4回裏、報徳学園は四球と安打から1死1・3塁とし、7番福留希空(2年)のスクイズで1点を返し、2-1。6回裏、報徳学園は4番齋藤佑征(2年)の2塁打と死球から1死1・3塁とし、7番福留希空(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2-2の同点。7回表、大阪桐蔭は1番境亮陽(2年)、2番吉田翔輝(2年)の連続安打から2死2・3塁のチャンスを作ると、4番ラマル(2年)の安打で2点を奪い、4-2と勝ち越し。ここで報徳学園は2人目の背番号1間木歩(2年)に交代。7回裏から大阪桐蔭は2人目の背番号14山口祐樹(2年)に交代。このあと報徳学園は四球・四球・安打から2死満塁のチャンスを作ると、押出四球から1点差に詰め寄る。8回裏から大阪桐蔭は3人目の背番号15森陽樹(1年・ハルキ)に交代。9回表から報徳学園は3人目の背番号18西田健翔(2年)に交代。大阪桐蔭が4-3で勝利し、4強入り!(=センバツ出場有力に) 【◆◆活躍メモ◆◆】大阪桐蔭は、エース平嶋桂知(2年・カイチ)が6回2失点、2人目の背番号14山口祐樹(2年)が1回1失点とつなぎ、最後は背番号15森陽樹(1年・ハルキ)が残る2回を被安打0・四死球0・奪三振4・失点0と好救援。攻撃陣は計11安打を放ち、中でも4番ラマル(2年)が決勝2点タイムリーを放つなど4打数3安打2打点と活躍が光った。


報徳学園(兵①) 2-0 奈良大附(奈②)(シ) ※初戦
報徳学園 |000|010|010|=2
奈良大附 |000|000|000|=0
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、報徳学園が背番号1間木歩(2年)、奈良大附が背番号1杉山竜之輔(1年)。5回表、報徳学園は7番橋本友樹(1年)の安打と四球から2死1・3塁のチャンスを作ると、相手暴投から1点を先制。8回表、報徳学園は5番齋藤佑征(2年)の2塁打、6番山岡純平(1年)の安打から1死1・3塁のチャンスを作ると、7番橋本友樹(1年)の犠牲フライで1点を追加し、2-0。9回裏、2点を追う奈良大附は、2死から3番富田一輝(1年)の2塁打、4番石井颯太(1年)の安打、四球から2死満塁のチャンス。ここで、マウンドを一人で守り続けてきた先発の6番杉山竜之輔(1年)が、空振り三振に倒れてゲームセット。報徳学園が2-0で奈良大附に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】勝った報徳学園は、
計11安打(13残塁)で2得点。キャプテンでエースの間木歩(2年)が、9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球3・奪三振13・失点0・計122球で完封。敗れた奈良大附の背番号1杉山竜之輔(1年)も力投が光り、両チームの守備陣はいずれも無失策でエースを盛り立てた。



[戦歴] 秋季兵庫大会2023年

⭐️特集ページ:兵庫大会の日程・結果

【報徳学園の戦歴|秋季兵庫大会2023年】
・決勝戦 :報徳学園 03-2 須磨翔風
・準決勝 :報徳学園 03-1 社
・準々決勝:報徳学園 05-2 神戸国際大附 

・3回戦 :報徳学園 09-1 関西学院(7)
・2回戦 :報徳学園 12-0 松陽(6)

・1回戦 :報徳学園 04-0 姫路東
   ——阪神地区————–
・代表決定:報徳学園 06-0 尼崎小田
・2回戦 :報徳学園 10-0 西宮今津(6)

[参考] センバツ2023年メンバー

【2023年 センバツ ベンチ入りメンバー】※旧学年
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 盛田智矢  右/右 2年 兵庫•神戸市立歌敷山中
02 堀柊那   右/右 2年 兵庫•神戸市立鷹取中⭐️
03 辻田剛暉  左/左 2年 大阪•豊中市立第十一中
04 林純司   右/右 2年 滋賀•長浜市立びわ中
05 宮本青空  右/左 2年 兵庫•加古川市立山手中
06 竹内颯平  右/右 2年 兵庫•姫路市立飾磨東中
07 山増達也  右/左 2年 兵庫•西宮市立浜甲子園中
08 岩本聖冬生 左/左 2年 兵庫•西宮市立大社中
09 石野蓮授  右/右 2年 大阪•箕面市立第五中
10 今朝丸裕喜 右/右 1年 兵庫•神戸市立本庄中
11 間木歩   右/右 1年 兵庫•伊丹市立天王寺川中
12 西村大和  右/左 1年 兵庫•兵庫教育大付属中
13 田村琉樹  右/右 2年 奈良•大和郡山市立郡山東中
14 北野元優  右/左 2年 兵庫•報徳学園中
15 福留希空  右/左 1年 兵庫•西宮市立上甲子園中
16 齋藤佑征  右/左 1年 兵庫•加古川市立別府中
17 豊岡涼也  右/左 2年 兵庫•西宮市立真砂中 ※抹消
17 徳田拓朗  右/右 1年 兵庫•伊丹市立笹原中 ※新規
18 今堀佑哉  左/左 1年 兵庫•尼崎市立中央中 ※抹消
18 星山豪汰  右/右 1年 兵庫•私立報徳学園中 ※新規




[出場校一覧] 全32チーム紹介ページ

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

北海道1枠】
🌸優勝:北海    (北海道1位) →3年ぶり14回目
          ※補欠校:東海大札幌
東北3(従来+1)
🌸優勝:青森山田  (青森1位) →8年ぶり3回目
🌸準優:八学光星  (青森2位) →5年ぶり11回目
🌸4強:学法石川  (福島3位) →33年ぶり4回目
          ※補欠校:一関学院鶴岡東
関東東京:関東4•東京1•比較1枠】
関東
🌸優勝:作新学院  (栃木1位) →2年連続12回目
🌸準優:山梨学院  (山梨1位) →3年連続7回目
🌸4強:健大高崎  (群馬1位) →2年連続7回目
🌸4強:常総学院  (茨城1位) →3年ぶり11回目
🌸8強:中央学院  (千葉1位) →6年ぶり2回目
          ※補欠校(関東):桐光学園花咲徳栄
東京
🌸優勝:関東第一  (東京1位) →8年ぶり7回目
          ※補欠校(東京):創価
北信越3(=2枠+明治神宮大会1枠)
🌸優勝:星稜    (石川1位) →2年ぶり16回目
🌸準優:敦賀気比  (福井3位) →4年連続11回目
🌸4強:航空石川  (石川2位) →4年ぶり3回目
           ※補欠校:北陸帝京長岡
東海3(従来+1)
🌸優勝:豊川    (愛知2位) →10年ぶり2回目
🌸準優:愛工大名電 (愛知1位) →12年ぶり10回目
🌸4強:宇治山田商 (三重1位) →16年ぶり2回目
          ※宇商が2番目、名電が3番目として選出
          ※補欠校:藤枝明誠県立岐阜商業
近畿6枠】
🌸優勝:大阪桐蔭  (大阪1位) →5年連続15回目
🌸準優:京都外大西 (京都1位) →18年ぶり7回目
🌸4強:京都国際  (京都2位) →3年ぶり2回目

🌸4強:耐久    (和歌1位) →初出場
🌸8強:報徳学園  (兵庫1位) →2年連続23回目

🌸8強:近江    (滋賀1位) →2年ぶり7回目
          ※補欠校:履正社須磨翔風
中国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:広陵    (広島1位) →3年連続27回目
🌸準優:創志学園  (岡山1位) →7年ぶり4回目
          ※補欠校:宇部鴻城高川学園
四国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:高知    (高知1位) →3年連続21回目
🌸準優:阿南光   (徳島3位) →32年ぶり2回目
          ※補欠校:鳴門明徳義塾
九州4枠】
🌸優勝:熊本国府  (熊本1位) →初出場
🌸準優:明豊    (大分1位) →3年ぶり6回目
🌸4強:神村学園  (鹿児1位) →9年ぶり6回目
🌸4強:東海大福岡 (福岡1位) →7年ぶり3回目
          ※補欠校:大分舞鶴延岡学園
21世紀枠2枠】
🌸別海 (北海道=4強) →初出場
🌸田辺 (和歌山=準優勝、近畿=初戦) →76年ぶり3回目
          ※補欠校:鶴丸仙台一



[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井   
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次