《花咲徳栄》野球部メンバー2024年⚡️関東大会

花咲徳栄 野球部メンバー2024年

花咲徳栄(埼玉) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季関東大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
01 上原堆我  右/右 3年 確認中
02 奥村颯太  右/右 3年 確認中
03 横山翔也  右/左 3年 新潟・大崎学園中
04 齋藤聖斗  右/左 3年 確認中
05 更科悠風  右/右 3年 新潟・燕北中
06 石塚裕惺  右/右 3年 千葉・村上東中
07 田島蓮夢  右/左 2年 確認中
08 生田目奏  右/左 3年 東京・新町中
09 目黒亜門  右/左 3年 奈良・生駒上中
10 額川康一  左/左 3年 確認中
11 岡山稜   右/右 3年 山梨・都留第二中
12 田端太貴  右/右 3年 埼玉・星野学園中
13 森澤壮   右/右 3年 確認中
14 大澤璃一  右/左 3年 確認中
15 今井大地  左/左 3年 確認中
16 阿部航大  右/左 3年 確認中
17 岩井福   右/右 3年 確認中
18 堀越勇伍  右/右 3年 確認中
19 松田空   右/右 3年 確認中
20 青野隆太郎 右/右 3年 確認中

⭐️特集ページ:春季関東大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[戦歴] 春季関東大会2024年

⭐️特集ページ:春季関東大会 日程・結果

花咲徳栄(埼①) 5-12 帝京(東①)(8)(上) ※準々決勝
花咲徳栄 |010|040|000|=5
帝京   |060|301|020|=12
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、花咲徳栄が背番号11岡山稜(3年)、帝京が背番号10村松秀心(2年)。2回表、花咲徳栄は内野ゴロで1点を先制。2回裏、帝京は相手失策から1点、8番村松秀心(2年)による3ラン本塁打で3点を奪い、1-4と逆転。さらに相手失策から1点、4番丹羽心吾(3年)の犠牲フライで1点を奪い、一挙6得点。4回裏、帝京は3番奈良飛雄馬(3年)の3ラン本塁打で3点を追加し、1-9。5回表、花咲徳栄は2番阿部航大(3年)の安打で1点、3番生田目奏(3年)の2塁打で1点を返し、3-9。ここで帝京は2人目の背番号6西崎桔平(3年)に交代。このあと花咲徳栄は4番横山翔也(3年)の2ラン本塁打、5-9。6回裏、帝京は相手失策から1点を追加し、5-10。8回裏から花咲徳栄は2人目の背番号10額川康一(3年)に交代。このあと帝京は連続四球で2者を出すと、5番立石陽嵩(1年)の2塁打で1点、7番梅景大地(2年)の安打で1点を奪い、これで7点差。帝京が12-5(8回コールド)で勝利!【活躍メモ】計13安打・2本塁打を放った帝京が、花咲徳栄に打ち勝った。先発した背番号10村松秀心(2年)の3ラン本塁打で勢いづくと、3番奈良飛雄馬(3年)の3ラン本塁打で大量リードを奪い、主導権を握った。5回表途中からマウンドにあがった背番号6西崎桔平(3年)の力投も光った。強さが際立つ帝京は、ここまでの2試合で計6本塁打をマーク。


花咲徳栄(埼①) 10-0 日大明誠(山②)(5)(高) ※1回戦
花咲徳栄 |260|020000|=10
日大明誠 |000|000000|=0
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、花咲徳栄が背番号1上原堆我(3年)、日大明誠が背番号1星野皓亮(2年)。1回表、花咲徳栄は安打・四球・四球から無死満塁とし、4番横山翔也(3年)の犠牲フライで1点、Wスチールを仕掛けて1点を奪い、2点を先制。2回表、花咲徳栄は1番齋藤聖斗(3年)の安打で1点、3番生田目奏(3年)の満塁ホームランで4点を追加。ここで日大明誠は2人目の背番号10岡田昇太朗(3年)に交代。このあと花咲徳栄は、4番横山翔也(3年)のソロ本塁打で1点を追加し、8-0。4回表から日大明誠は3人目の背番号16石田明詩(2年)に交代。5回表途中から日大明誠は4人目の背番号11岡部純人(3年)に交代。このあと花咲徳栄は9番田端太貴(3年)の安打で2点を追加し、これで10点差。花咲徳栄が10-0(5回コールド)で勝利!【活躍メモ】花咲徳栄は、計10安打・2本塁打で圧倒。3番生田目奏(3年)が満塁弾を放ったあと、投手交代を挟んで、続く4番横山翔也(3年)がソロアーチ。投げては、エース上原堆我(3年・タイガ)が5回参考ながらノーヒットノーラン(&8奪三振)。投打で全国トップレベルの強さを印象づけた。

[戦歴] 春季埼玉大会2024年

⭐️特集ページ:埼玉大会の日程・結果

【花咲徳栄の戦歴|春季埼玉大会2024年】
・決勝戦 :花咲徳栄 20-6 昌平
・準決勝 :花咲徳栄 8-4 山村学園
・準々決勝:花咲徳栄 4-1 熊谷商業

・3回戦 :花咲徳栄 15-2 東農大三(6)
・2回戦 :花咲徳栄 11-1 伊奈学園(6) 
※県大会から出場



[概要] 春季関東大会2024年

【2024年 春季関東大会 大会日程•出場校】
・日程:5月18日(土)〜5月21日(火)
・日程:5月25日(土)・5月26日(日)

・場所:群馬県|楽天トラベル [ホテル予約]
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:関東大会の過去結果 [春季・秋季]
・近隣:茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
【出場校一覧】
茨城(2):①常総学院②鹿島学園
栃木(2):①白鷗大足利②宇都宮商業
群馬(3):①健大高崎②前橋商業③樹徳
山梨(2):①山梨学院②日大明誠
埼玉(2):①花咲徳栄②昌平
千葉(2):①専大松戸②中央学院
神奈(2):①武相②東海大相模
東京(2):①帝京②東海大菅生
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴] 秋季関東大会2023年

⭐️特集ページ:秋季関東大会 日程・結果

花咲徳栄(埼①) 5-10 常総学院(茨①)(県) ※準々決勝
花咲徳栄 |041|000|000|=5
常総学院 |142|021|00x|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、花咲徳栄が背番号11岡山稜(2年)、常総学院が背番号1小林芯汰(2年)。1回表、常総学院は4番武田勇哉(2年)の安打で1点を先制。2回表、花咲徳栄は8番岡山稜(2年)の安打で1点、9番田端太貴(2年)の2塁打で3点を奪い、4-1と逆転。2回裏、常総学院は1死満塁のチャンスを作ると、花咲徳栄は2人目の背番号10和久井大地(2年)に交代。このあと常総学院は2番若林佑真(2年)の安打で2点、4番武田勇哉(2年)の安打で2点を奪い、4-5と逆転。3回表、花咲徳栄は5番田島蓮夢(1年)の安打で1点を返し、5-5の同点。3回裏、常総学院は9番池田翔吾(2年)の2塁打で2点を奪い、5-7と勝ち越し。5回裏、常総学院は安打2本で走者を出すと、ここで花咲徳栄は3人目の背番号1上原堆我(2年)に交代。このあと常総学院はスクイズで1点、1番丸山隼人(2年)の安打で1点を奪い、5-9。6回表から常総学院は2人目の背番号11齋藤一磨(2年)に交代。6回裏、常総学院は4番武田勇哉(2年)のソロ本塁打で1点を追加し、5-10と突き放す。常総学院が10-5で花咲徳栄に勝利し、センバツを大きく引き寄せた。【◆◆活躍メモ◆◆】常総学院は、計17安打(※花咲徳栄8本)。中でも4番武田勇哉(2年)は、6回裏にとどめとなるソロ本塁打を放つなど5打数3安打4打点と躍動。投げては、6回表からマウンドに上がった背番号11齋藤一磨(2年)が残る4回を被安打0・四死球1・奪三振1・失点0と好投し、チームを勝利に導いた。


花咲徳栄(埼①) 8-6 横浜(神②)(県) ※初戦
花咲徳栄 |201|012|110|=8
横浜   |300|000|300|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、花咲徳栄が背番号10和久井大地(2年)、横浜が背番号10奥村頼人(1年)。1回表、花咲徳栄は4番石塚裕惺(2年)の2ラン本塁打(大会第1号)で先制。1回裏、横浜は4番椎木卿五(2年)の3塁打で2点、6番松本莉希(2年)のスクイズで1点を奪い、2-3と逆転。さらに2死満塁のチャンスを作ると、ここで花咲徳栄は2人目の背番号11岡山稜(2年)に交代して後続を断つ。3回表、花咲徳栄は安打・敬遠(4番石塚)・安打から2死満塁とし、押出死球で1点を奪い、3-3。5回表、花咲徳栄は内野ゴロから1点を奪い、4-3と勝ち越し。6回表から横浜は2人目の背番号1安松辰(2年・トキ)に交代。このあと花咲徳栄は四球・安打で走者を出すと、野選で1点、内野ゴロで1点を奪い、6-3。7回表、花咲徳栄は7番横山翔也(2年)のソロ本塁打で、7-3と突き放す。7回裏途中から花咲徳栄は3人目の背番号1上原堆我(2年)に交代。このあと横浜は1死1・3塁から代打・6番松村海青(2年)の安打で1点、7番井上葵來(2年)の犠牲フライで1点、代打・林幸介(2年)の安打で1点を奪い、7-6と1点差に迫る。8回表から横浜は3人目の背番号17青木朔真(2年)に交代。このあと、花咲徳栄は4番石塚裕惺(2年)が申告敬遠されると、続く5番田島蓮夢(1年)が2塁打を放って1点を追加し、8-6と突き離した。花咲徳栄が8-6で横浜に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】計21安打(花咲10本・横浜11本)を打ち合った
打撃戦は、花咲徳栄が8-6で競り勝った。初回に2ラン本塁打を放った4番石塚裕惺(2年)がその後は3打席を四球で歩かされるも、このあとを任された5番田島蓮夢(1年)が5打数3安打2打点、7番横山翔也(2年)がソロ本塁打を含む2打点の活躍で、中盤以降に横浜を突き放した。



[戦歴] 秋季埼玉大会2023年

⭐️特集ページ:埼玉大会の日程・結果

【花咲徳栄の戦歴|秋季埼玉大会2023年】
・決勝戦 :花咲徳栄 08-5 昌平
・準決勝 :花咲徳栄 08-5 山村学園
・準々決勝:花咲徳栄 12-5 聖望学園(8)

・3回戦 :花咲徳栄 17-1 西武文理(5)
・2回戦 :花咲徳栄 07-0 春日部工業(8)

   ——東部地区————–
・代表決定:花咲徳栄 10-0 草加南(6)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次