《浦和学院》野球部メンバー2022年⚡️

浦和学院 野球部 メンバー 2022年

浦和学院 野球部メンバー 2022年 特集!

【春季関東大会2022年 ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===

01 宮城誇南  左/左 3年 沖縄・読谷村立読谷中
02 高山維月  右/左 3年 福岡・福岡市立春吉中
03 三井雄心  右/左 1年 千葉•京葉ボーイズ
04 大内碧真  右/左 3年 富士見市立西中
05 八谷晟歩  右/右 3年 佐賀・神埼市立神埼中
06 金田優太  右/左 3年 川口市立芝西中
07 三宅流架  右/左 3年 熊本・合志市立合志中
08 小林聖周  左/左 2年 千葉・市川市立下貝塚中
09 伊丹一博  右/右 3年 さいたま市立宮原中
10 浅田康成  右/右 3年 愛知・東海市立平洲中
11 芳野大輝  左/左 3年 熊本・熊本市立西原中
12 近内丈   右/右 3年 福島・矢吹町立矢吹中
13 藤野航   右/右 3年 所沢市立山口中
14 大勝朱恩  右/左 3年 新座市立第二中
15 篠塚大雅  右/右 2年 加須市立大利根中
16 月野龍   右/右 2年 広島•東広島市立高屋中
17 鍋倉和弘  左/左 3年 宮崎・宮崎市立住吉中
18 日高智陽  右/右 3年 北本市立北本中

⭐️特集ページ:関東大会 日程&結果⭐️


【センバツ2022年 ベンチ入りメンバー(旧学年)】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===

01 宮城誇南  左/左 2年 沖縄・読谷村立読谷中
02 高山維月  右/左 2年 福岡・福岡市立春吉中
03 鍋倉和弘  左/左 2年 宮崎・宮崎市立住吉中
04 大内碧真  右/左 2年 富士見市立西中
05 八谷晟歩  右/右 2年 佐賀・神埼市立神埼中
06 金田優太  右/左 2年 川口市立芝西中
07 喜屋武夢咲 左/左 1年 沖縄・那覇市立松城 ※きゃんゆめき
08 小林聖周  左/左 1年 千葉・市川市立下貝塚中
09 伊丹一博  右/右 2年 さいたま市立宮原中
10 浅田康成  右/右 2年 愛知・東海市立平洲中
11 芳野大輝  左/左 2年 熊本・熊本市立西原中
12 近内丈   右/右 2年 福島・矢吹町立矢吹中
13 藤野航   右/右 2年 所沢市立山口中
14 大勝朱恩  右/左 2年 新座市立第二中
15 森塁    右/左 2年 さいたま市立東浦和中
16 三宅流架  右/左 2年 熊本・合志市立合志中
17 野口拓夢  右/左 2年 春日部市立葛飾中
18 日高智陽  右/右 2年 北本市立北本中




[戦歴] 春季関東大会2022年

⭐️特集ページ:関東大会 日程・結果⭐️

関東一高(東①) 1-4 浦和学院(埼①)(清) ※決勝
関東一高|010|000|000|=1
浦和学院|120|000|10x|=4 

——————————————
⭐️試合総評⭐️浦和学院が4-1で関東一に勝利し、2022年春季関東大会のチャンピオン(5年ぶり7度目)!背番号11芳野大輝(3年)が6回を被安打4・四球1・奪三振4・失点1と好投して流れを作ると、その後は背番号10浅田康成(3年)が2回を、最終回は背番号6金田優太(3年)が救援し、強打の関東一打線を抑え込んだ。攻撃陣は、1回裏に5番高山維月(3年)の犠牲フライで1点を先制。同点で迎えた2回裏には、2番伊丹一博(3年)の安打で1点、3番金田優太(3年)の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。終盤の7回裏には6番八谷晟歩(3年)の安打で1点を追加し、4-1とした。敗れた関東第一は、計5安打に抑えられ、2回表に8番衛藤冴仁(2年)の安打で奪った1点にとどまった。投手陣は、先発の背番号1桝川颯太(3年)が2回を、その後は背番号10成井颯(3年)が4回を好投し、背番号11清水壱星(2年)と背番号8井坪陽生(3年)が1回ずつを継投した。


浦和学院(埼①) 7-0 山梨学院(山①)(7)(清) ※準決勝
浦和学院|013|201|000|=7
山梨学院|000|000|x00|=0 

——————————————
⭐️試合総評⭐️浦和学院が7-0(7回コールド)で山梨学院に勝利し、決勝進出。背番号1宮城誇南(3年)が7回を一人で投げ、被安打3・四死球2・奪三振4・計101球の好投で完封。攻撃陣は、計10安打で7得点。まず2回表に、7番三宅流架(3年)の3塁打で1点を先制。3回表には、2番伊丹一博(3年)の安打で1点、3番金田優太(3年)の3塁打で1点、4番鍋倉和弘(3年)の犠牲フライで1点を追加し、4-0。4回表には、9番大内碧真(3年)のスクイズで1点、1番小林聖周(2年)の3塁打で1点を追加し、6-0。6回表には、9番大内碧真(3年)の安打で1点を奪い、7-0とした。打者では、7番三宅流架(3年)が序盤に流れを引き寄せる先制3塁打など3打数3安打1打点と活躍した。敗れた山梨学院は、4回裏にチーム初安打を放つも計3安打。投手陣は、背番号1榎谷礼央(3年)が3回2/3を、背番号18川口龍己(3年)が2回1/3を、背番号10山田悠希(3年)が1回を投げ、計3投手が継投した。


明秀日立(茨①) 7-9 浦和学院(埼①)(県) ※準々
明秀日立|111|020|002|=7
浦和学院|041|004|00x|=9 

——————————————
⭐️試合総評⭐️浦和学院が9-7で秋の関東王者•明秀日立に勝利。センバツ出場校同士の一戦は、浦和学院が10安打、明秀日立が12安打を放つ点の取り合うシーソーゲームとなった。この試合の先発は、明秀日立が背番号1猪俣駿太(3年)、浦和学院が背番号1宮城誇南(3年)。先行したのは明秀日立で、1回表に5番小久保快栄(3年)の安打で1点、2回表に2番本坊匠(3年)の安打で1点を奪い、2-0とリード。しかし2回裏、浦和学院は5番高山維月(3年)の3塁打で1点、1死満塁から押出四球で1点、2番伊丹一博(3年)の安打で2点を奪い、2-4と逆転。3回表、明秀日立は5番小久保快栄(3年)の安打で1点を返し、3-4。3回裏、浦和学院は6番八谷晟歩(3年)の2塁打で1点を追加し、3-5。4回表、明秀日立は相手失策(悪送球)から2点を奪い、5-5の同点に追いつく。試合は後半戦へ。6回表から浦和学院は背番号6金田優太(3年)に投手交代。6回裏、浦和学院は8番大勝朱恩(3年)の2塁打で1点を奪い、5-6と勝ち越し。ここで明秀日立は背番号9石川ケニー主将(3年)に投手交代。さらに浦和学院は2死満塁から2番伊丹一博(3年)の走者一掃となる3塁打で3点(この日5打点目!)を奪い、5-9とリードを広げた。8回表、明秀日立は2死満塁のチャンスを作るも無得点。9回表、明秀日立は6番猪俣駿太(3年)の3塁打で1点、7番鎌田剛(3年)の内野ゴロで1点を奪い、2点差に迫るも反撃はここまで。


桐蔭学園(神②) 2-4 浦和学院(埼①)(県) ※初戦
桐蔭学園|000|000|002|=2
浦和学院|000|003|10x|=4 

——————————————
⭐️試合総評⭐️浦和学院が4-2で桐蔭学園に勝利。5回終了時点で共にヒット2本ずつの投手戦となった試合は、浦和学院が6回裏に9番大内碧真(3年)のソロ本塁打(公式戦初本塁打・高校通算8本)で1点を先制すると、4番鍋倉和弘(3年)の安打で1点、代打•高山維月(3年)の安打で1点を追加し、計3点。7回裏には3番金田優太(3年)の安打で1点を追加し、4-0とした。投げては、背番号10浅田康成(3年)が9回を一人で投げ、被安打4・四死球5・奪三振6・失点2・計129球と好投し、9回表に猛追されるも相手打線を振り切った。敗れた桐蔭学園は、9回表に失策から1点、1死満塁のチャンスから内野ゴロで1点を奪うも2点止まり。投手陣は、背番号11今野翔斗(3年)が5回1/3を被安打4・死球1と好投するも、ソロ弾を浴びて降板。その後は、背番号10宇田川怜王(3年)、背番号1山口凱矢(3年)が継投した。



[戦歴] 春季埼玉大会2022年

⭐️特集ページ:埼玉大会 日程・結果⭐️

【浦和学院の戦歴|春季埼玉大会2022年】
・決勝戦 :浦和学院 04-0 山村学園
・準決勝 :浦和学院 06-0 上尾
・準々決勝:浦和学院 07-2 西武台 
・3回戦 :浦和学院 13-0 春日部東(5)
・2回戦 :浦和学院 09-0 本庄(7)※地区免除

春季関東大会2022年 日程・出場校

========================================
・春季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・春季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
【2022年 春季関東大会 日程・開催県】
・日程:5月21日(土)〜24日(火)
・日程:5月28日(土)、29日(日)
・開催:栃木県 (宇都宮清原など)
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
・出場校:栃木3校(開催県)、他2校(計17校)
茨城:①明秀日立  ②つくば秀英 
栃木:①作新学院  ②佐野日大青藍泰斗
群馬:①前橋育英  ②健大高崎
山梨:①山梨学院  ②甲府城西
埼玉:①浦和学院  ②山村学園
千葉:①市立船橋  ②銚子商業
神奈:①桐光学園  ②桐蔭学園
東京:①関東一高  二松学舎
・過去:2021年秋季関東大会試合結果
・過去:2021年春季関東大会試合結果
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]



[センバツ2022年] チーム紹介

⭐️秋季大会の主な戦歴:埼玉大会は準決勝・上尾戦を3-2で制し、決勝・花咲徳栄戦は10-2と圧倒し優勝。関東大会では、初戦・向上戦は7-5、勝てば選抜当確となる準々決勝・桐生第一戦は5-0で勝利。続く準決勝・山梨学院戦は延長戦の末に2-9(10回)で敗れて4強。チームは、昨夏の甲子園出場後に森士監督が退任し、後任となった長男森大監督が指揮をとる。今年のテーマは「超攻撃型野球」。【戦歴:埼玉大会(優勝)関東大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:「新生浦学」として初聖地。エース左腕宮城誇南(コナン・2年)は、計6試合(37回1/3)を投げて、防御率3.62、奪三振37個、1回あたりの奪三振数1.0個(出場投手10位)、与死四球11個(同7位)。沖縄県読谷村出身で、名前は母が「南の島の誇りを持って欲しい」という想いと好きな「名探偵コナン」に由来する。2枚看板の背番号6金田優太(2年)は、計4試合(計19回2/3)を投げて防御率3.20、打者としては打率.438・打点9の成績を誇る二刀流だ。攻撃陣は、4番鍋倉和弘(2年)に加えて、秋から捕手の6番高山維月(2年)が打率.419・打点9・本塁打1本と力がある。守備陣は平均失策数が0.4個(2位)と堅守が光る。

[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=1、B=3、C=1。打率:.352(11位)、平均得点:7.8点(13位)、本塁打:1本(24位)、平均盗塁数:0.5個(31位)、防御率:3.14点(25位)、平均失点数:3.1(20位)、平均失策数:0.4(2位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:埼玉大会(優勝)関東大会(4強)


⭐️投手力:チーム防御率3.14(25位)。1年秋から背番号1を背負うエース左腕宮城誇南(コナン・2年)は、計6試合(37回1/3)を投げて、防御率3.62、奪三振37個、1回あたりの奪三振数1.0個(出場投手10位)、与死四球11個(同7位)。沖縄県読谷村出身で、母が「南の島の誇りを持って欲しい」という意味と、好きな「名探偵コナン」にちなんで名付けられた。2021年夏の甲子園では、初戦・日大山形戦(3-4で敗戦)で7回裏に4番手で登板し打者5人を無安打に抑えた。また、背番号6の金田優太(2年)は、最速143キロのストレートを持ち、計4試合(計19回2/3)を投げて防御率3.20。このほか秋季大会では4投手が登板、守備陣は平均失策数が0.4個(2位)と堅守が光る。


⭐️攻撃力:チーム打率.352(11位)、平均得点7.8点(13位)。新たにチームを率いる森大監督は、今年のテーマとして「超攻撃型野球」を掲げる。元U15日本代表の3番金田優太(2年)が打率.438・打点9、4番鍋倉和弘(2年)が打率.375・打点3、秋から捕手の6番高山維月(2年)が打率.419・打点9・本塁打1本(向上戦でソロ弾)と中軸に力がある。下位の宮城誇南(2年)も高い打撃センスを持ち、打率.333・打点5。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース宮城誇南(2年)は、奪三振数(1回あたり)=1.0個(10位)、与四死球数=11個(7位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

浦和学院 2-5x 近江(11) ※準決勝
浦和学院|000|200|000|000=2
近江・・|000|100|100|030=5x

======試合結果・総評レポート========
近江浦和学院に5x-2(延長11回サヨナラ)で勝利。エース山田陽翔(2年)が5回に死球を受けて足を引きずりながらも、一人で投げ抜き、被安打7・死四球1・奪三振10・失点2、計170球を熱投。延長11回裏、女房役の捕手で8番大橋大翔(2年)がサヨナラ3ラン本塁打を放ち、決着をつけた。守備陣も再三の好守でエースをカバーした。敗れた浦和学院は、浅田康成(2年)・芳野大輝(2年)・金田優太(2年)の3投手が継投。3番手の金田優太(2年)は5回2/3を好投するも、最後は決勝弾を浴びた。ただ打っては5打数3安打と活躍が光った。この試合でエース宮城誇南(2年)の登板はなかった。


九国大付 3-6 浦和学院 ※準々決勝
九国大付|000|100|020|=3
浦和学院|100|002|03x|=6 

======試合結果・総評レポート========
浦和学院が6-3で九国大付に勝利。同点で迎えた8回裏、4番鍋倉和弘(2年)の勝ち越し3ラン(第5号)で決着。計9安打を放ち、3番金田優太(2年)が4打数3安打1打点、2番伊丹一博(2年)がソロアーチ(第4号)を含む3打数2安打1打点と活躍。投げてはエース宮城誇南(2年)が7回1/3を被安打4・死四球2・奪三振4・計110球と好投した。その後、8回途中から救援した金田優太(2年)は同点を許すも試合を締めた。敗れた九国大付は、エース香西一希(2年)が被安打9・四球1・奪三振2・計133球と力投し、3試合連続での好投。チームは計6安打。8回には4番佐倉俠史朗(1年)が同点打を放つなど力をみせた。


和歌山東 0-7 浦和学院 ※2回戦
和歌山東|000|000|000|=0
浦和学院|210|020|11x|=7 

======試合結果・総評レポート========
浦和学院が7-0で和歌山東に勝利。投打で圧倒した。エース宮城誇南(2年)が7回を被安打2・四球2・奪三振10・計78球の快投。背番号10浅田康成(2年)、背番号6金田優太(2年)との3投手の継投で完封リレー。チームは計12安打を放ち、3番金田優太(2年)は大会第2号となるソロ本塁打を放つなど4打数2安打2打点。1番小林聖周(1年)は4打数3安打と好調で、チームを勢いづけた。敗れた和歌山東は、エース麻田一誠(2年)と田村拓翔(2年)が登板。序盤にバッテリーミスなどが目立ち、リズムが作れず。センター中川大士(2年)はファンプレーで観衆を沸かせた。攻撃陣は2安打、得点が奪えなかった。


大分舞鶴 0-4 浦和学院 ※1回戦
大分舞鶴|000|000|000|=0
浦和学院|000|31
0|00x|=4

======試合結果・総評レポート========
開幕試合は、浦和学院が4-0で大分舞鶴に勝利。エース宮城誇南(2年)が9回を被安打2・奪三振13・117球の好投で完封。攻撃陣は、5番高山維月(2年)が大会第1号となる2ランアーチを記録。このほか、3番金田優太(2年)は4打数3安打1打点と活躍が光った。攻撃陣はセンターを中心に強打を放ち、エンドランを多数仕掛けるなど「超攻撃的野球」を発揮。敗れた大分舞鶴は、ヒット2本に終わった。序盤は好守備などで流れを引き寄せる場面もあった。エース奥本翼(2年)は7回を被安打9・死四球2・失点4と力投、長身右腕の野上龍哉(1年)も1回を無失点に抑えるなど力を見せた。



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

【秋の戦歴:埼玉大会(優勝)関東大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=1、B=3、C=1
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.352(11位) [平均.328]
・得点   :62点(17位) [平均69.2点]
・平均得点 :7.8点(13位) [平均7.1点]
・本塁打  :1本(24位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.1本(26位) [平均0.4本]
・盗塁数  :4個(30位) [平均15.8個]
⭐️投手/守備力==============
・平均盗塁数:0.5個(31位) [平均1.7個]
・失点   :25(17位) [平均25.6]
・平均失点数:3.1(20位) [平均2.8]
・防御率  :3.14点(25位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.4点(27位) [平均0.3点]
・失策数  :3(1位) [平均8.1]
・平均失策数:0.4(2位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:8戦7勝1敗
※部員数:69人(7位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
宮城誇南 3年 奪三振数=18位:37個(計6試合/計37 1/3回)
・宮城誇南 3年 奪三振数(1回あたり)=10位:1個
・宮城誇南 3年 与四死球数=7位:11個(計6試合/計37 1/3回)
・宮城誇南 3年 与四死球(1回あたり)=17位:0.29個
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 秋季関東大会2021年(1/2)

山梨学院(山①) 9-2 浦和学院(埼①)(10)(土) ※準決勝
山梨学院|100|010|000|7|=9
浦和学院|100|100|000|0|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️山梨学院が浦和学院に9-2(延長10回)で勝利し決勝進出。2-2の投手戦となったゲームは延長10回表、山梨学院は4番高橋の安打で1点、6番澁谷の安打で1点、7番佐中の2塁打で1点、1死満塁から9番榎谷の走者一掃となる安打&失策から3点、1番鈴木の安打で1点を奪い、この回計7点を奪って勝負を決めた。投げてはエース榎谷が延長10回を一人で投げ抜き、被安打5・死四球3・奪三振8・失点2(計142球)の好投でチームを勝利に導いた。チームは14安打9得点を記録し、1番鈴木斗偉は先頭打者本塁打を含む5打数4安打2打点、4番高橋海翔は5打数3安打2打点と活躍が光った。敗れた浦和学院は、背番号6金田(6回2/3)・背番号1宮城(3回1/3)の2投手が登板し、金田は被安打8・宮城は被安打6を浴びた。打線は延長10回を通じて5安打に抑えられた。


⭐️浦和学院(埼玉1位):準決勝までの戦歴⭐️左腕エース宮城誇南(コナン)は2試合計14回を被安打13・死四球6・奪三振11・失点4(計203球)、背番号6金田は初戦で4回を被安打1・死四球1・失点1(計44球)と好投。打者では、4番鍋倉が打率.429、6番伊丹(県大会は4番)が打率.500と好調。過去2試合ではビッグイニングを作って相手をリードした。ここまで、①初戦で向上(神奈川2位)に7-5で勝利。2回表に6番高山・7番伊丹・8番宮城の3連続タイムリーで3点を先制、8回表に6番高山のソロ本塁打で突き放した。エース宮城が5回を被安打7・死四球2・奪三振4・失点4と力投し、背番号6金田が4回を被安打1・四球1・奪三振2・失点1と好リリーフ。②準々決勝では桐生第一(群馬1位)に5-0で勝利。エース宮城が9回を被安打6・与死四球4・奪三振7・失点0(計118球)で完封。攻撃陣は、計8安打。6回裏に、7番伊丹の安打で1点、8番宮城のスクイズで1点、代打大勝の2塁打で1点、2番大内の犠牲飛で1点と、この回一挙4点を奪って試合を決めた。



[戦歴] 秋季関東大会2021年(2/2)

桐生第一(群①) 0-5 浦和学院(埼①)(土) ※準々決勝
桐生第一|000|000|000|=0
浦和学院|010|004|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️浦和学院が5-0で桐生第一に勝利し4強進出。これで浦和学院はセンバツ出場有力に。先発したエース宮城誇南(こなん)が9回を被安打6・与死四球4・奪三振7・失点0(計118球)で完封勝利。攻撃陣は、計8安打。序盤2回裏に2つの四球から走者を出すと9番小林の安打で1点を先制。6回裏には、7番伊丹の安打で1点、8番宮城の初球スクイズで1点、代打大勝朱恩の2塁打で1点、2番大内の犠牲フライで1点と、この回一挙4点を奪って試合を決めた。敗れた桐生第一は、先発の背番号18寺門が5回までを投げて被安打3・四球4・奪三振0・失点1(計72球)と好投。6回裏からエース北村に継投し、3回を被安打5・四球1・失点4。攻撃陣は6安打・9残塁で、宮城の前に得点が奪えなかった。


浦和学院(埼①) 7-5 向上(神②)(水) ※初戦
浦和学院|030|030|010|=7
向上・・|000|220|100|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️浦和学院が7-5で向上に勝利。浦和学院は2回表、6番高山の3塁打で1点、7番伊丹の2塁打で1点、8番宮城の安打で1点を奪って計3点を先制。1点差に詰め寄られた5回表には、3番金田の2塁打で2点、相手失策から1点を奪ってリードを広げた。終盤8回表には6番高山のソロ本塁打でダメ押しして計7得点。投手陣は、エース宮城が5回を被安打7・死四球2・奪三振4・失点4と力投し、その後は背番号6金田が4回を被安打1・四球1・奪三振2・失点1と好リリーフした。敗れた向上は、エース佐藤が9回完投して被安打9・四球4・奪三振3・失点7と力投。攻撃陣は計8安打を放って6回裏には1点差に詰め寄るも及ばなかった。



[戦歴] 秋季埼玉大会2021年

【浦和学院の戦歴|秋季埼玉県大会1位】
・決勝戦 :浦和学院 10-2 花咲徳栄
・準決勝 :浦和学院 03-2 上尾
・準々決勝:浦和学院 12-7 大宮東
・3回戦 :浦和学院-狭山清陵 ※浦学の不戦勝
・2回戦 :浦和学院 10-0 熊谷工業(6)
—–地区大会——————————–
・代表決定戦:浦和学院 13-0 浦和工業(5)

埼玉県 高校球児 進路・進学先 

浦和学院 花咲徳栄 上尾 市立川越 浦和実業
大宮東 川口 春日部共栄 春日部東 ふじみ野
熊谷商業 埼玉栄 昌平 西武台 聖望学園 叡明
東農大三 武蔵越生 山村学園 山村国際 朝霞
立教新座 狭山ヶ丘 本庄第一 西武文理 星野
細田学園 早大本庄 小鹿野 栄北 埼玉平成
慶応志木 川越工業 県立川口 正智深谷

北本 所沢商業 草加西 川越東 本庄東