《横浜高校》野球部メンバー2022年⚡️夏の神奈川大会

横浜高校 野球部メンバー 2022年

横浜高校 野球部メンバー 2022年を特集!

【夏の神奈川2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 杉山遥希 2年 篠崎(東京)
02 玉城陽希 3年 潮田(神奈川)
03 小森拓人 1年 貝塚三(大阪)
04 峯大翔  1年 思斉館(佐賀)
05 板倉寛多 3年 金沢(神奈川)
06 緒方漣  2年 川中島(神奈川)
07 大坂啓斗 3年 中川(神奈川)
08 萩宗久  2年 坂本(岐阜)
09 岸本一心 3年 富士南(静岡)
==【控え選手】==================
・山崎隆之介 2年 赤塚二(東京)
・鈴木楓汰  2年 土浦四(茨城)
・田高康成  3年 武山(神奈川)
・椎木卿五  1年 船橋旭(千葉)
・鉾丸蒼太  3年 大野南(神奈川)
・佐竹綱義  3年 寺尾(神奈川)
・千明蒼太  3年 鷹取(神奈川)
・八木田翁雅 3年 植木北(熊本)
・三村健太郎 3年 日吉(神奈川)
・金刺武蔵  2年 修善寺(静岡)
・橋本翔馬  2年 岡村(神奈川)
⭐️神奈川大会の日程・結果|特集ページ



[過去] 夏の甲子園2021年メンバー

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 杉山遥希  1年  左左  篠崎(東京)
02 立花祥希  3年  右右  本郷(愛知)
03 玉城陽希  2年  右右  潮田(神奈川)
04 増田悠人  3年  右左  蒔田(神奈川)
05 宮田知弥  3年  右左  追浜(神奈川)
06 緒方漣   1年  右右  川中島(神奈川)
07 金井慎之介 3年  左左  南河原(神奈川)
08 安達大和  3年  右左  双葉(東京) ◎
09 岸本一心  2年  右左  富士南(静岡)
10 田高康成  2年  右右  武山(神奈川)
11 山田烈士  3年  右左  綾瀬(神奈川)
12 丸木悠汰  3年  右右  戸塚(神奈川)
13 延末勧太  3年  右右  大鳥(東京)
14 板倉寛多  2年  右右  金沢(神奈川)
15 笹田聡也  3年  右右  永田(神奈川)
16 中藤光洋  3年  右左  駒留(東京)
17 八木田翁雅 2年  右右  植木北(熊本)
18 小野勝利  1年  右右  山口(埼玉)
※野球部員数:71人、◎:主将



[チーム紹介] 夏の甲子園2021年

◆夏の甲子園=3年ぶり19回目|神奈川県大会の結果

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=2、B=2、C=0。打率:.469(2位)、平均得点:13.4点(2位)、本塁打:5本(12位)、盗塁数:21個(4位)、平均犠打数:2.7(17位)、平均失点:1.1点(11位)、平均失策数:0.7(28位) ※カッコ内(出場校順位)


◆激戦神奈川大会で、”合計94得点”の新記録を打ち立てた強力打線が持ち味だ。決勝をのぞく準決勝までの6試合中5試合をコ-ルド、決勝では横浜創学館に17-3で圧倒した。打率.469(2位)、1試合平均得点13.4点(2位)、本塁打5本(12位)、盗塁21個(4位)を記録するなど、全出場校中でもトップクラスの攻撃力を持つ。


◆スタメンのほぼ全員が打率.450以上を記録する。3番 金井慎之介(3年)は打点12(5位)、4番 立花祥希(3年)は打率.586(15位)、打点13(4位)と得点源。さらに下位打線では、6番 岸本一心(2年)は打点10(2位)、7番 玉城陽希(2年)は打点11(7位)と好調。控えの背番号15 笹田聡也(3年)は本塁打2本を放っている。※カッコ内は出場選手ランキング


◆1年生ながら1番打者を任される緒方漣(1年)は、夏の甲子園の初戦・広島新庄戦で、0-2で迎えた9回裏2死から劇的逆転サヨナラ3ラン本塁打を記録(これが公式戦初アーチ、1年生のサヨナラ弾は史上初)。神奈川大会では打率.455、チーム最多の四死球10を選ぶなど選球眼も良く、出塁率が高い。父、祖父、兄は野球、母、姉はソフトボール経験者。中3時はオセアン横浜ヤングのショートで全国優勝している。


◆投手陣は、1年生左腕の杉山遥希(1年)が、夏の甲子園では背番号1(←背番号15)”を背負う。チーム最多4試合18回1/3を投げて、18奪三振・5失点と活躍した。このほか全7試合で6投手が登板し、1試合の平均失点は1.1点と安定している。


◆決勝では、先発した杉山遙希(1年)が9回2死まで投げ、最後は148キロ左腕の金井慎之介(3年)が優勝投手に。金井は、秋県大会前に左ひじを痛めており、これが復活マウンドに。1年生の杉山は、中学時代に同じチームでプレーした金井に憧れて進学した。


◆2020年4月に就任した同校OBの村田浩明監督は、楽天・涌井とバッテリーを組み、2年時の03年センバツで準優勝を経験。



[戦歴] 夏の甲子園2021年

◆8/21(土) 横浜(神奈川) 0-5 智辯学園(奈良) ※2回戦
横浜・・|000|000|000|=0
智辯学園|000|302|00x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️智辯学園が5-0で勝利。この日は”1番”に復帰した前川右京が、4回裏に1死満塁の場面でセンターフェンス直撃の安打でまず2点、さらに6回裏にはバックスクリーンに2ラン本塁打(通算37号)を放つなど、5打数3安打4打点と活躍。守備では7回裏に、レフトからのレーザービームで本塁タッチアウトとするなど”前川右京劇場”を演じた。チームは先発全員安打の13安打を記録するなど、相手投手陣にプレッシャーをかけ続けた(押出四球でも1点)。投げては、左腕エース西村が8回を7安打・3四球・5奪三振と力投、最終回を任されたエース右腕小畠が3者凡退で締めくくり、左右Wエースで強力打線を持つ横浜高校を完封した。一方の横浜高校は、7安打を放つも無得点(残塁10)。投手陣は、1年生エース杉山が4回を被安打6・四死球5・失点3と粘投し、その後は田高・宮田が継投。8回裏には神奈川大会では背番号1を背負った金井がマウンドに上がった(神奈川大会決勝でも最終回に登板)。今大会は、広島新庄戦で逆転サヨナラ3ランを放った1年生の緒方漣、この日先発の杉山など下級生の活躍も光った。登録選手18人中8人が2年生以下と、新チームの躍進も期待される。


◆8/11(水) 広島新庄(広島) 2-3x 横浜(神奈川) ※初戦
広島新庄|000|010|001|=2
横浜・・|000|000|003|=3x

——————————————
⭐️試合結果⭐️横浜が3x-2(9回サヨナラ)で勝利。広島新庄が2-0で完封勝利かと思われた9回裏2死1・3塁、横浜の1年生の1番 緒方漣がレフトへ逆転サヨナラ3ラン(大会第1号)を放ち、劇的勝利。9回表にマウンドにあがった1年生左腕の杉山が1点を奪われるも、同級生の緒方が”人生で一番良いあたり”をここ一番で放った。投げては、背番号5 宮田が抜群の制球力で、8回を被安打4・無死四球・1失点と好投。一方の広島新庄は、存分に持ち味を出した。エース花田は充実した投球をみせ、守備陣はセカンド大可主将のファインプレーなど再三の好守で守り抜いた。攻撃は少ないチャンスから、唯一の1年生 河野が先制打。投手陣は、センバツではボールボーイを務めた左腕西井が好救援。Wエースとして現チームの躍進を引っ張ってきた左腕秋山は、9回裏のマウンドを託され最後は逆転弾を浴びた。



[成績] 夏の神奈川大会2021年データ

◆スポーツ紙評価:A=2、B=2、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.469(2位) [平均.351]
・得点   :94点(2位) [平均43.9点]
・平均得点 :13.4点(2位) [平均7.9点]
・本塁打  :5本(12位) [平均3本]
・平均本塁打:0.7本(14位) [平均0.5本]
・盗塁数  :21個(4位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3個(8位) [平均2個]
・犠打数  :19(6位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.7(17位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :8点(17位) [平均10点]
・平均失点 :1.1点(11位) [平均1.8点]
・失策数  :5(34位) [平均3.6]
・平均失策数:0.7(28位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:7試合
※部員数:71人(28位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均


【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・岸本一心(2年) :打点 10打点:12位(7試合)

・玉城陽希(2年) :打点 11打点:7位(7試合)
・金井慎之介(3年):打点 12打点:5位(7試合)
・笹田聡也(3年) :本塁打数 2本:11位(5試合)
・立花祥希(3年) :打率.586:15位(29打数17安打)
・・・・・(0年) :打点 13打点:4位(7試合)



[戦歴] 夏の神奈川大会2021年

・決勝・・横浜 17-3 横浜創学館 
・準決勝:横浜 09-1 藤沢翔陵(7)
・準々決勝:横浜 11-3 向上(7)
・5回戦:横浜 11-1 厚木北(7)
・4回戦:横浜 03-0 鎌倉学園
・3回戦:横浜 12-0 県商工(5)
・2回戦:横浜 31-0 足柄(5)

神奈川 高校球児の進路・進学先

東海大相模 桐蔭学園 横浜 横浜隼人
鎌倉学園 向上 光明相模原 湘南工大付
法政二 星槎国際湘南 横浜商業 立花学園
藤嶺藤沢 藤沢翔陵 桐光学園 日大藤沢
平塚学園 三浦学苑 横浜商科大 横浜創学館
藤沢清流 武相 相洋 瀬谷 希望ヶ丘
橘学苑 鶴見大付 慶応・湘南藤沢 日本大学
藤沢西