【日程•結果】関東大会2023年 速報⚡️

関東大会 高校野球 2023年

春季関東大会 高校野球 2023年 特集!

【2023年 関東大会 年間スケジュール】
🔳春季関東大会2023年(開催:神奈川県)
・抽選:●月●日(●) [楽天トラベル]
・日程:5月20日(土)〜23日(火)
・日程:5月27日(土)・28日(日)
🔳秋季関東大会2023年(開催:栃木県)
・抽選:●月●日(●) [楽天トラベル]
・日程:10月21日(土)〜24日(火)
・日程:10月28日(土)・29日(日)
※備考:センバツ2023年高校生進学先特集

関東大会 高校野球 2022年

秋季関東大会 高校野球 2022年 特集!

【2022年 秋季関東大会 大会日程•出場校】
・日程 :10月22日(土)~10月30日(日)
・会場 :埼玉県・楽天トラベル(周辺予約)
出場枠: 関東5(例年+1)•東京1•比較1 🌸=選出
  ①優勝:🌸山梨学院、②準優:🌸専大松戸
  ④4強:🌸健大高崎、🌸慶應義塾
  ⑧8強:🌸作新学院横浜昌平山村学園
————————————————————
・選抜:センバツ出場校21世紀枠推薦校
・秋季:センバツ北海道東北関東東京
・秋季:北信越東海近畿中国四国九州

関東•東京地区のセンバツ選出理由

◆センバツ選出理由:関東大会4強が順当に選ばれた。優勝した山梨学院は右腕・林謙吾が制球力を生かして安定していた。計26得点を挙げた打線を含め、投打ともに試合ごとに成長した姿を印象づけた。準優勝の専大松戸は粘り強く勝ち上がり、最速150キロ超の右腕・平野大地ら投手陣の力投も評価された。エース右腕の小玉湧斗の投球が際立った健大高崎と、強力打線で勝ち上がった慶応が4強で続いた。8強勢からは打力のある作新学院が選出された。東京は昨秋の東京大会王者の東海大菅生をまず選出。190センチの長身右腕・日当直喜は2日連続の準決勝、決勝を完投し、回復力の早さを印象づけた。関東と東京を合わせて残り1枠となる7校目は、関東8強の横浜と東京大会準優勝の二松学舎との比較になった。計3本塁打を放った1年生の4番・片井海斗を中心とした打力など総合力で二松学舎が高く評価された。経験豊富なエース左腕・杉山遥希が評価された横浜は関東の補欠校に回った。[出典:選考委員会の会見・毎日新聞など]



10月30日(日) 決勝戦

12:00 山梨学院(山1) 9-3 専大松戸(千1)(県) 
山梨学院|011|003|103|=9
専大松戸|000|000|030|=3 [優勝=神宮大会]

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山梨学院が9-3で専大松戸に勝利し、優勝!関東代表として明治神宮大会へ出場。先発した背番号10林謙吾(2年)が6回先頭までヒットを許さず、計6回2/3を投げて被安打2・四死球0・奪三振2・失点0・計81球と好投し、その後は背番号1星野泰輝(2年)が失点3と力投。攻撃陣は計12安打。まず2回表に6番大森燦(2年)の犠牲フライで1点、3回表に2番進藤天(2年)の安打で1点を奪うと、中盤の6回表には4番髙橋海翔(2年)の2塁打で1点、5番佐仲大輝(2年)の2塁打で1点、8番林謙吾(2年)の安打で1点を追加。その後、7回表には2番進藤天(2年)のソロ本塁打で1点、9回表には5番佐仲大輝(2年)の3ラン本塁打で突き放した。打者では、2番進藤天(2年)が5打数3安打2打点(ソロ本塁打含む)、5番佐仲大輝(2年)が4打数2安打4打点(3ラン本塁打含む)と活躍が光った。敗れた専大松戸は、背番号11梅澤翔大(1年)・背番号1平野大地(2年)・背番号3渡邊翼(2年)が共に失点3。攻撃陣は計5安打。6回先頭までノーヒットに抑えられるも、8回表に1番大森准弥(2年)の安打と失策で2点、2番清水友惺(1年)の犠牲フライで1点を返すなど、終盤に粘りを魅せた。

[アンケート] 関東地区”5校目”は?

Q.4強に続く「5校目」はどのチーム?
※アンケート対象:関東大会ベスト8

※アンケート回答:白ボタンから投票


🔳選抜:出場枠 関東5(例年+1)•東京1•比較1
 ①優勝:山梨学院、②準優勝:専大松戸
 ④4強:健大高崎慶應義塾
 ⑧8強:作新学院横浜昌平山村学園

4強に続く「5校目」はどのチーム?

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...




10月29日(土) 準決勝

10:30 健大高崎(群1) 2-5 山梨学院(山1)(県)
健大高崎|000|100|001|=2
山梨学院|005|000|00x|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山梨学院が5-2で健大高崎に勝利し、決勝進出。先発の背番号10林謙吾(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球3・奪三振6・失点2・計115球と好投。攻撃陣は計7安打を記録し、3回裏に1番星野泰輝(2年)が2塁打で出塁すると、その後2番進藤天(2年)の安打で1点、5番佐仲大輝(2年)の安打で1点、6番大森燦(2年)の安打と失策から2点、7番徳弘太陽(2年)の2塁打で1点を奪い、一挙5点を奪って試合を優位に進めた。敗れた健大高崎は、背番号1小玉湧斗(2年)が5回を投げ、その後は背番号10加藤達哉(2年)と背番号11多田結祐(2年)が継投。攻撃陣は計4安打に抑えられ、得点は4回表に内野ゴロから1点、9回表に代打•髙山裕次郎(1年)の犠牲フライで1点の計2点にとどまった。


13:00 専大松戸(千1) 5-3 慶應義塾(神2)(10)(県)
専大松戸|000|101|010|2 =5
慶應義塾|000|003|000|0 =3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が5-3(延長10回)で慶応に勝利し、決勝進出。3-3の同点で迎えた10回表、2死から4番吉田慶剛(2年)、5番太田遥斗(2年)が連打で出塁すると、6番上迫田優介(2年)が2点2塁打を放ち、これが決勝点。投手陣は、背番号3渡邊翼(2年)が5回2/3を投げて失点3(自責点3)、その後は背番号1平野大地(2年)が4回1/3を被安打3・四死球2・奪三振7と力投し、粘る相手を振り切った。攻撃陣は計8安打を記録し、3番中山凱(1年)は6回表に犠牲フライで1点、8回表には同点タイムリーを放つなど3打数1安打2打点と活躍が光った。敗れた慶応は、背番号1松井喜一(2年)が6回を投げ、その後は背番号15鷹尾充千雄(1年)・背番号11飯田康太郎(2年)・背番号10小宅雅己(1年)が継投。攻撃陣は計8安打。2点を追う6回裏には、2死満塁から代打•安達英輝(2年)が2点タイムリーを放ち、2-2の同点。さらに相手失策から1点を奪って一時は1点を勝ち越すも、最後は延長の末に競り負けた。



10月25日(火) 準々決勝(2/2)

13:00 慶應義塾(神2) 7-3 昌平(埼1)(県)
慶應義塾|033|000|001|=7
昌平  |100|000|011|=3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️慶應義塾が7-3で昌平に勝利しベスト4進出、センバツ出場を大きく引き寄せた。先発の背番号10小宅雅己(1年)が9回を一人で投げ抜き、被安打16・四死球0(無四死球)・奪三振5・失点3・計120球、要所を抑える力投でチームを勝利に導いた。攻撃陣は計13安打。1点を先制される展開も、2回表に7番延末藍太(2年)の2塁打で1点、9番小宅雅己(1年)の安打で1点、1番丸田湊斗(2年)の2塁打で1点を奪い、3-1と逆転。3回表には5番福井直睦(2年)の3ラン本塁打で3点を追加し、9回表には5番福井直睦(2年)の2塁打で1点を奪い、突き放した。打者では、5番福井直睦(2年)が5打数4安打4打点(2塁打・3ラン本塁打・安打・2塁打)と活躍が際立った。敗れた昌平は、背番号17石井晴翔(1年)・背番号11佐藤勇心(2年)・背番号1渡邊俊輔(2年)・背番号16古賀直己(1年)の4投手が継投。攻撃陣は3番小林驍汰(2年)が5打数4安打を記録するなど、チームは相手を上回る計16安打を放つも得点は3点(残塁12)にとどまった。


13:00 山梨学院(山1) 9-1 山村学園(埼3)(8)(レ)
山梨学院|010|001|340|=9
山村学園|000|000|010|=1

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山梨学院が9-1(8回コールド)で山村学園に勝利しベスト4進出、センバツ出場を大きく引き寄せた。先発の背番号10林謙吾(2年)が7回2/3を投げて被安打4・四死球1・奪三振4・失点1・計97球と好投し、打っては2回表に2塁打で1点、6回表に安打で1点を奪うなど、投打で活躍した。攻撃陣は計9安打、盗塁4つ(成功)。7回表に3つの四球から2死満塁のチャンスを作ると、6番大森燦(2年)が走者一掃となる2塁打を放ち3点を追加。8回表には、3番岳原陵河(2年)のスクイズで1点、4番髙橋海翔(2年)の3ラン本塁打で3点と計4点を追加した。投手陣は、8回裏途中から背番号1星野泰輝(2年)が救援した。敗れた山村学園は、背番号1鹿島駿吾(2年)・背番号11西川歩(1年)・背番号10青木孔志(1年)の3投手が継投。相手の選球眼もよく、与えた四死球は計8つ。攻撃陣は計5安打に抑えられるも、8回裏にはヒット2本からチャンスを作り、最後は2番今岡達哉主将(2年)の魂のセーフティで1点を奪った。



10月25日(火) 準々決勝(1/2)

10:30 作新学院(栃1) 3-4 専大松戸(千1)(県)
作新学院|100|020|000|=3
専大松戸|001|000|30x|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が4-3で作新学院に勝利しベスト4進出、センバツ出場を大きく引き寄せた。2点を追う7回裏、ヒット2本で走者を出すと、ここで2番清水友惺(1年)が3塁打を放って2点を奪い3-3の同点。さらに3番中山凱(1年)の安打で1点を奪い、4-3と勝ち越した。投手陣は、背番号3渡邊翼(2年)が2回1/3を投げて1失点、その後は背番号1平野大地(2年)が6回2/3を被安打2・四死球3・奪三振6・失点2・計72球と好投した。攻撃陣は計10安打を放ち、打者では9番宮尾日向(2年)が3打数3安打と活躍し、3回・7回の得点機会を生み出した。敗れた作新学院は、背番号10小川哲平(1年)・背番号1川又楓(2年)・背番号11市川春之介(2年)・背番号6磯圭太(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計5安打、初回に4番武藤匠海(2年)の安打で1点、5回表に1番髙森風我(2年)の3塁打で1点、3番磯圭太(2年)の犠牲フライで1点を奪うも、その後は得点が奪えなかった。


10:30 健大高崎(群1) 5-2 横浜(神1)(レ)
健大高崎|100|010|030|=5
横浜  |000|020|000|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️健大高崎が5-2で横浜に勝利しベスト4進出、センバツ出場を大きく引き寄せた。2-2の同点で迎えた8回表、健大高崎はヒット3本から1死満塁のチャンスを作ると、7番箱山遥人(1年)が走者一掃となる2塁打を放ち、3点を追加して5-2と勝ち越した。投げては、背番号1小玉湧斗(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球6・奪三振1・失点2・計150球と好投。守備陣も失策0でエースを支えた。攻撃陣は計9安打、1番半田真太郎(2年)が5打数3安打1打点(ソロ本塁打含む)、4番佐藤志龍(2年)が5打数3安打と活躍をみせた。敗れた横浜は、背番号1杉山遙希(2年)が完投し、被安打9・四死球3・奪三振4・失点5・計126球と力投。攻撃陣は計6安打にとどまり、得点は5回裏に無死満塁から3番井上葵來(1年)の安打で奪った2点にとどまった。



10月23日(日) 1回戦(2/2)

13:00 成田(千2) 0-3 山梨学院(山1)(県)
成田  |000|000|000|=0
山梨学院|010|000|11x|=3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山梨学院が3-0で成田に勝利。先発した背番号10林謙吾(2年)が7回を被安打2・四死球1・奪三振4・失点0と好投し、その後は背番号1星野泰輝(2年)が2回を被安打0・四死球0・奪三振2・失点0と好救援し、2投手で完封リレーした。攻撃陣は計6安打を放ち、2回裏に9番伊藤光輝(2年)の犠牲フライで1点、7回裏に1番星野泰輝(2年)の犠牲フライで1点、8回裏に6番大森燦(2年)の安打で1点を奪い、計3得点。敗れた成田は、背番号1齋藤悠世(2年)が被安打6・四死球4・奪三振4・失点3・計120球と好投をみせるも、攻撃陣がわずか2安打に抑えられた。


13:00 作新学院(栃1) 10-0 駿台甲府(山2)(5)(レ)
作新学院|520|300000|=10
駿台甲府|000|000000|=0 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️作新学院が10-0(5回コールド)で駿台甲府に勝利。攻撃陣は計10安打。まず1回表、相手失策で1点、4番武藤匠海(2年)の犠牲フライで1点、6番東海林智(2年)の安打で1点、内野ゴロで1点、相手失策で1点を奪い、一挙5点を先制。2回表には、相手暴投から1点、3番磯圭太(2年)の犠牲フライで1点を追加。4回表には、相手失策から1点、3番磯圭太(2年)の犠牲フライで1点、5番齋藤綾介(2年)のソロ本塁打で1点を奪い、10-0とした。打者では、2番澤田秀翔(2年)が4打数3安打と活躍し、得点チャンスを広げた。投手陣は、背番号1川又楓(2年)が4回1/3を投げ、その後は背番号11市川春之介(2年)が救援した。敗れた駿台甲府は、背番号1平井智大(2年)と背番号10三神柊太(2年)の2投手が登板。攻撃陣は計3安打に抑えられ得点が奪えなかった。



10月23日(日) 1回戦(1/2)

10:30 山村学園(埼3) 6-4 土浦日大(茨1)(県)
山村学園|020|000|013|=6
土浦日大|210|000|010|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山村学園が6-4で土浦日大に逆転勝利。攻撃陣は計13安打。1点を追う9回表、1死から8番山田拓海(2年)と代打•小松吉登(2年)がヒットで出塁すると、1番高野壮瑠(2年・ソウル=”魂のある人間に育ってほしいとの願い”)が2点3塁打を放って5-4と逆転、さらに2番今岡達哉(2年)の安打で1点を追加し、6-4とした。打者では、1番高野壮瑠(2年・ソウル)が5打数3安打2打点、4番田中大貴(1年)が4打数3安打1打点と活躍が光った。投手陣は3人が継投し、背番号1鹿島駿吾(2年)が1回を、背番号11西川歩(2年)が7回を、背番号16青木孔志(1年)が1回を登板。敗れた土浦日大は、背番号1藤本士生(2年)・背番号10小森勇凛(2年)の2投手が登板。攻撃陣は計9安打を放つも最後は競り負けた。打者では3番後藤陽人(2年)が5打数3安打1打点と活躍した。


10:30 明和県央(群2) 0-7 専大松戸(千1)(7)(レ)
明和県央|000|000|000|=0
専大松戸|322|000|x00|=7 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が7-0(7回コールド)で明和県央に勝利。攻撃陣は計8安打を記録。1回裏、2番清水友惺(1年)の安打で1点を先制すると、4番吉田慶剛(2年)の2ラン本塁打で2点を奪い、3点を先制。2回裏には、1番大森准弥(2年)の2塁打で1点、2番清水友惺(1年)の安打で1点を追加し、5-0。さらに3回裏には、6番上迫田優介(2年)の2ラン本塁打で2点を追加し、7-0とした。投げては、背番号10青野流果(2年・ルカ)が7回を被安打10・四死球3・奪三振5・失点0・計120球と粘りの投球をみせた。敗れた明和県央は、背番号1須藤将太(2年)と背番号10小路颯人(1年)の2投手が継投。攻撃陣は相手を上回る計10安打を放つも得点は奪えず。打者では、6番水澤晃平(2年)が4打数3安打の活躍を見せた。



10月22日(土) 1回戦

10:30 浦和学院(埼2) 0-2 横浜(神1)(県)
浦和学院|000|000|000|=0
横浜  |100|010|00x|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️横浜が2-0で浦和学院に勝利。夏の甲子園でも背番号1を背負ったエース杉山遙希(2年)が、9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球1・奪三振5・失点0・計94球で相手打線を完封。攻撃陣は計4安打にとどまるも、好機を確実にものにした。まず、1回裏に1番緒方漣(2年)がヒットで出塁し犠打で送ると、4番椎木卿五(1年)の2塁打で1点を先制。5回裏には、四球と失策で出た走者を5番萩宗久(2年)がタイムリーで返して1点を追加し、計2得点。敗れた浦和学院は、背番号10伊藤充輝(2年)と背番号1田中樹人(2年)が4回ずつを登板。攻撃陣は横浜の4本を上回るヒット7本を放つも、得点が奪えなかった。


10:30 常磐大高(茨2) 3-5 慶應義塾(神2)(レ)
常磐大高|000|110|001|=3
慶應義塾|001|211|00x|=5

————————————————–
⭐️試合結果⭐️慶應義塾が5-3で常磐大高に勝利。攻撃陣は、計11安打。3回裏に内野ゴロから1点を先制するも、直後に同点とされて迎えた4回裏に、7番清原勝児(1年)が2ラン本塁打を放って3-1と勝ち越し。その後、5回裏に6番福井直睦(2年)の安打で1点、6回裏に4番加藤右悟(1年)の安打で1点を奪い、5-2と引き離した。投手陣は、背番号10小宅雅己(1年)が7回を失点2と好投し、残る2回は背番号1松井喜一(2年)が粘る相手打線を振り切った。敗れた常磐大高は、背番号1山口竜生(2年)が3回2/3を失点3、背番号10仲田瞬(2年)が4回1/3を失点2と共に力投。攻撃陣は計9安打を放つも得点は3点にとどまった。


13:00 青藍泰斗(栃2) 2-4 健大高崎(群1)(県)
青藍泰斗|020|000|000|=2
健大高崎|002|011|00x|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️健大高崎が4-2で青藍泰斗に勝利。攻撃陣は計6安打も、少ない好機を確実にものにした。2点を追う3回裏、2死から1番半田真太郎(2年)が2塁打で出塁すると、3番堀江大和(2年)が2点2塁打を放って2-2。その後、5回裏には1番半田真太郎(2年)のスクイズで1点を勝ち越し、6回裏には5番團之原樹(2年)の犠牲フライで1点を追加し、4-2とした。投手陣は、背番号1小玉湧斗(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球3・奪三振7・失点2・計121球と好投。敗れた青藍泰斗は、背番号1長嶋樹哉(2年)が被安打6・四死球1・奪三振2・失点4・計107球と好投。攻撃陣は同じ計6安打を放つも、2回表に相手失策から1点、7番野原大馳(2年)の2塁打から奪った1点の計2点にとどまった。



組み合わせ・トーナメント表


【2022年 秋季関東大会 出場校一覧(順位)】
茨城(2):①土浦日大常磐大高
栃木(2):①作新学院青藍泰斗
群馬(2):①健大高崎明和県央
山梨(2):①山梨学院 ②駿台甲府
埼玉(3):①昌平   ②浦和学院山村学園
千葉(2):①専大松戸成田
神奈(2):①横浜高校慶應義塾



[アンケート] 優勝候補•予想

※アンケート回答:「白いボタン」から投票
※アンケート開始:2022年10月3日(月)

2022年秋季関東大会 優勝候補アンケート

アンケート結果を見る

Loading ... Loading ...

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

【センバツを目指す地区大会の日程・結果】
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
本日の試合予定•試合結果[全国47都道府県]
————————————————————-
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄