《専大松戸》野球部メンバー2022年⚡️

専大松戸 野球部メンバー2022年

専大松戸 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季関東大会2022年ベンチ入りメンバー】
==守備・名前・投打・学年・出身中学==
01 平野大地  右/右 2年 茨城・新利根
02 吉田慶剛  右/右 2年 茨城・高崎
03 渡邉翼   左/左 2年 茨城・阿見
04 宮尾日向  右/左 2年 千葉・河原塚
05 大森准弥  右/右 2年 東京・上一色
06 中山凱   右/右 1年 千葉・白山
07 上迫田優介 左/左 2年 千葉・小金
08 清水友惺  左/左 1年 千葉・小金
09 太田遥斗  右/右 2年 千葉・鎌ヶ谷
10 青野流果  右/右 2年 東京・上一色
11 梅澤翔大  右/右 1年 千葉・小金南
12 渡辺眞翔  右/右 2年 東京・上一色
13 広川陽大  右/左 2年 千葉・和名ヶ谷
14 八津快洋  左/左 1年 東京・水元
15 水谷南音  右/右 1年 神奈川・腰越
16 永瀬滉平  右/右 2年 埼玉•富士見リトルシニア
17 染谷晃汰  左/左 2年 千葉・松戸第六
18 清水陽路  左/左 2年 千葉•八千代中央リトルシニア

⚡️特集ページ:関東大会の日程・結果



[戦歴] 秋季関東大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:関東大会の日程・結果

山梨学院(山1) 9-3 専大松戸(千1)(県) ※決勝
山梨学院|011|003|103|=9
専大松戸|000|000|030|=3 [優勝=神宮大会]

————————————————–
⭐️試合結果⭐️山梨学院が9-3で専大松戸に勝利し、優勝!関東代表として明治神宮大会へ出場。先発した背番号10林謙吾(2年)が6回先頭までヒットを許さず、計6回2/3を投げて被安打2・四死球0・奪三振2・失点0・計81球と好投し、その後は背番号1星野泰輝(2年)が失点3と力投。攻撃陣は計12安打。まず2回表に6番大森燦(2年)の犠牲フライで1点、3回表に2番進藤天(2年)の安打で1点を奪うと、中盤の6回表には4番髙橋海翔(2年)の2塁打で1点、5番佐仲大輝(2年)の2塁打で1点、8番林謙吾(2年)の安打で1点を追加。その後、7回表には2番進藤天(2年)のソロ本塁打で1点、9回表には5番佐仲大輝(2年)の3ラン本塁打で突き放した。打者では、2番進藤天(2年)が5打数3安打2打点(ソロ本塁打含む)、5番佐仲大輝(2年)が4打数2安打4打点(3ラン本塁打含む)と活躍が光った。敗れた専大松戸は、背番号11梅澤翔大(1年)・背番号1平野大地(2年)・背番号3渡邊翼(2年)が共に失点3。攻撃陣は計5安打。6回先頭までノーヒットに抑えられるも、8回表に1番大森准弥(2年)の安打と失策で2点、2番清水友惺(1年)の犠牲フライで1点を返すなど、終盤に粘りを魅せた。


専大松戸(千1) 5-3 慶應義塾(神2)(10)(県) ※準決勝
専大松戸|000|101|010|2 =5
慶應義塾|000|003|000|0 =3 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が5-3(延長10回)で慶応に勝利し、決勝進出。3-3の同点で迎えた10回表、2死から4番吉田慶剛(2年)、5番太田遥斗(2年)が連打で出塁すると、6番上迫田優介(2年)が2点2塁打を放ち、これが決勝点。投手陣は、背番号3渡邊翼(2年)が5回2/3を投げて失点3(自責点3)、その後は背番号1平野大地(2年)が4回1/3を被安打3・四死球2・奪三振7と力投し、粘る相手を振り切った。攻撃陣は計8安打を記録し、3番中山凱(1年)は6回表に犠牲フライで1点、8回表には同点タイムリーを放つなど3打数1安打2打点と活躍が光った。敗れた慶応は、背番号1松井喜一(2年)が6回を投げ、その後は背番号15鷹尾充千雄(1年)・背番号11飯田康太郎(2年)・背番号10小宅雅己(1年)が継投。攻撃陣は計8安打。2点を追う6回裏には、2死満塁から代打•安達英輝(2年)が2点タイムリーを放ち、2-2の同点。さらに相手失策から1点を奪って一時は1点を勝ち越すも、最後は延長の末に競り負けた。



[戦歴] 秋季関東大会2022年(2/2)

作新学院(栃1) 3-4 専大松戸(千1)(県) ※準々決勝
作新学院|100|020|000|=3
専大松戸|001|000|30x|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が4-3で作新学院に勝利しベスト4進出、センバツ出場を大きく引き寄せた。2点を追う7回裏、ヒット2本で走者を出すと、ここで2番清水友惺(1年)が3塁打を放って2点を奪い3-3の同点。さらに3番中山凱(1年)の安打で1点を奪い、4-3と勝ち越した。投手陣は、背番号3渡邊翼(2年)が2回1/3を投げて1失点、その後は背番号1平野大地(2年)が6回2/3を被安打2・四死球3・奪三振6・失点2・計72球と好投した。攻撃陣は計10安打を放ち、打者では9番宮尾日向(2年)が3打数3安打と活躍し、3回・7回の得点機会を生み出した。敗れた作新学院は、背番号10小川哲平(1年)・背番号1川又楓(2年)・背番号11市川春之介(2年)・背番号6磯圭太(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計5安打、初回に4番武藤匠海(2年)の安打で1点、5回表に1番髙森風我(2年)の3塁打で1点、3番磯圭太(2年)の犠牲フライで1点を奪うも、その後は得点が奪えなかった。


明和県央(群2) 0-7 専大松戸(千1)(7)(レ) ※初戦
明和県央|000|000|000|=0
専大松戸|322|000|x00|=7 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️専大松戸が7-0(7回コールド)で明和県央に勝利。攻撃陣は計8安打を記録。1回裏、2番清水友惺(1年)の安打で1点を先制すると、4番吉田慶剛(2年)の2ラン本塁打で2点を奪い、3点を先制。2回裏には、1番大森准弥(2年)の2塁打で1点、2番清水友惺(1年)の安打で1点を追加し、5-0。さらに3回裏には、6番上迫田優介(2年)の2ラン本塁打で2点を追加し、7-0とした。投げては、背番号10青野流果(2年・ルカ)が7回を被安打10・四死球3・奪三振5・失点0・計120球と粘りの投球をみせた。敗れた明和県央は、背番号1須藤将太(2年)と背番号10小路颯人(1年)の2投手が継投。攻撃陣は相手を上回る計10安打を放つも得点は奪えず。打者では、6番水澤晃平(2年)が4打数3安打の活躍を見せた。



[戦歴] 秋季千葉県大会2022年

⭐️特集ページ:千葉大会の日程・結果

【専大松戸の戦歴|秋季千葉大会2022年】
・決勝戦 :専大松戸 11-2 成田
・準決勝 :専大松戸 05-4 市立船橋(11)
・準々決勝:専大松戸 07-2 木更津総合
・3回戦 :専大松戸 11-7 千葉経大附 
・2回戦 :専大松戸 06-0 千葉北
・1回戦 :専大松戸 08-2 敬愛学園 
  ——地区予選—————
・決定戦 :専大松戸 12-1 学館船橋(7)
・1回戦 :専大松戸 16-0 船橋北(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路