《木更津総合》野球部メンバー2022年⚡️センバツ

木更津総合 野球部 センバツ2022年

センバツ2022年 木更津総合 野球部 特集!
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️秋季大会の主な戦歴:千葉大会は、県大会初戦から3回戦までの3試合は10点以上の差をつけて圧勝。続く準々決勝・市立船橋戦では、延長戦の末に7-5(延長10回)で勝利。その後、準決勝・八千代松陰戦は8-4、決勝・拓大紅陵戦は14-2で圧倒し優勝。関東大会では、初戦・帝京第三に3-0、勝てば選抜当確となる準々決勝では昨春センバツ王者の東海大相模に4-1で勝利。準決勝では、優勝した明秀日立に2-5で敗れて4強。チームは、監督および選手から絶対的な信頼を寄せられる中西祐樹主将(2年)が牽引。中西主将は学業優秀で、テストでは何度も学年1位をとったことがあるという。 【戦歴:千葉大会(優勝)関東大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:五島監督は「いつもは大きなことは言いませんが、今回は日本一を目指したい」と意気込む。チーム打率.353(10位)、平均得点9.8点(2位)、本塁打6本(8位)と、攻撃力が高い。チーム三冠王のリードオフマン1番山田隼(2年・野球部寮長)は、打率.564(出場選手2位)・打点20(同7位)・本塁打5本(同2位)と、出場打者トップクラスの成績を持つ。秋季千葉大会では、4試合連続本塁打&大会通算5本塁打の新記録を樹立。また、6番芦川正真(1年)は、千葉決勝・拓大紅陵戦では初回に満塁弾、関東大会の東海大相模戦(4-1)では初回に2点2塁打を放つなど勝負強い。このほか4番水野岳斗(1年・がくと)は、打率.447・打点15(チーム2位)の好成績をもつチームの得点源だ。エース越井颯一郎(2年)は、最速146キロの直球と75キロ台の変化球(最大球速差70キロの緩急)が武器。計9試合(58回1/3)を投げて、防御率1.54、奪三振51(出場選手9位)、与死四球10(出場選手4位)と安定感がある。関東大会では初戦の帝京第三戦で2安打完封、大一番となった準々決勝・東海大相模戦は失点1で完投した。



センバツ甲子園ベンチ入りメンバー

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

【センバツ2022 甲子園ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 越井颯一郎 右/右 2年 千葉市立緑が丘中
02 中西祐樹  右/右 2年 京都・木津川市立木津第二中⭐️
03 芦川正真  右/左 1年 神奈川・横浜市立日野南中
04 朝倉暖   右/右 1年 神奈川・川崎市立川中島中
05 菊地弘樹  右/右 2年 八千代市立大和田中
06 空康輔   右/右 2年 岐阜・関市立緑ケ丘中
07 三富大輝  右/右 1年 木更津市立太田中
08 山田隼   右/右 2年 東京・大田区立糀谷中
09 水野岳斗  左/左 1年 岐阜・瑞穂市立巣南中
10 金綱伸悟  右/右 2年 木更津市立金田中
11 金本琉瑚  右/右 2年 神奈川•川崎市立田島中

12 白木希空  右/右 2年 市原市立南総中

13 植木瑠斗  右/右 2年 市原市立辰巳台中

14 毛利隆仁  右/左 1年 神奈川・横浜国立大付属鎌倉中

15 細野峻矢  右/左 2年 埼玉・上尾市立大石中
16 渡辺陸   右/右 2年 船橋市立船橋中

17 須永雄太  左/左 2年 栃木•佐野市立西中
18 大久保達希 右/右 2年 愛知・名古屋市立神丘中
⭐️センバツ全出場校 選手名簿ページ[選手名鑑]



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0。打率:.353(10位)、平均得点:9.8点(2位)、本塁打:6本(8位)、平均盗塁数:1.8個(15位)、防御率:1.38点(3位)、平均失点数:1.7(5位)、平均失策数:0.9(19位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:千葉大会(優勝)関東大会(4強)


⭐️攻撃力:チーム打率.353(10位)、平均得点9.8点(2位)、本塁打6本(8位)と高い攻撃力を持つ。寮長を務める1番山田隼(2年)は、打率.564(出場選手2位)・打点20(同7位)・本塁打5本(同2位)と、”チーム三冠王”の圧倒的成績を残したリードオフマンだ。秋季千葉大会では、4試合連続本塁打&大会通算5本塁打の新記録を樹立。また、6番芦川正真(1年)は打率.500・打点11・本塁打1本と好成績を残し、千葉大会決勝・拓大紅陵戦では初回に満塁本塁打、関東大会の東海大相模戦(4-1)では初回にタイムリー2点2塁打を放つなど勝負強い。このほか、1年生の4番水野岳斗(1年・がくと)は、打率.447・打点15(チーム2位)を記録するチームの得点源だ。


⭐️投手力:エース越井颯一郎(2年)は、最速146キロの直球と75キロ台の変化球(最大球速差70キロの緩急)が武器。計9試合(58回1/3)を投げて、防御率1.54、奪三振51(出場選手9位)、与死四球10(出場選手4位)を記録するなど、安定する。関東大会では初戦の帝京第三戦で2安打完封、大一番となった準々決勝・東海大相模戦は被安打6・死球1・奪三振4・失点1(計133球)で完投。越井は、千葉北シニア出身で中学時代はシニア日本代表に選出。このほか、右腕の背番号10金綱伸悟(2年)が計6試合(25回2/3)を投げて防御率2.81と力を見せる。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース越井颯一郎(2年)は奪三振数=51個(9位)、与四死球数=10個(4位)、与四死球(1回あたり)=0.17個(3位)。1番山田隼(2年)は打率=.564(2位)、本塁打数=5本(2位)、打点=20点(7位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

木更津総合 3-4x 金光大阪(13TB) ※2回戦
木更津総合|000|000|010|000|2 =3
金光大阪|000|001|000|000|3 =4x

======試合結果・総評レポート========
金光大阪木更津総合に延長13回裏タイブレークのゲームを4x-3の逆転サヨナラで勝利。延長13回表に2点をリードされるも、キャリーパトリック波也斗(1年)の内野ゴロで1点、号泣しながら打席に入った1番佐々木駿弥(1年)が押出四球を選んで同点、最後は2番福冨龍之介(1年)が押出死球で決着。投げてはエース古川温生(2年)が延長13回を被安打5・死四球4・奪三振10・計160球を好投した。打っては、岸本紘一主将(2年)が6打数3安打1打点と活躍が光った。敗れた木更津総合は2試合連続のタイブレーク。越井颯一郎(2年)・金綱伸悟(2年)・金本琉瑚(2年)の3投手が継統。1点を追う8回表には中西祐樹主将(2年)が仲間を救う一打を放ち、延長13回表には3番菊地弘樹(2年)が2点タイムリーを放つ勝負強さをみせた。


山梨学院 1-2x 木更津総合(13TB) ※1回戦
山梨学院|000|010|000|000|0 =1
木更津総合|100|000|000|000|1 =2x

======試合結果・総評レポート========
木更津総合山梨学院に延長13回タイブレークの末、2x-1でサヨナラ。エース越井颯一郎(2年)が計166球を熱投し、被安打6・四球2・奪三振4と好投。13回表を無失点で切り抜けて勝利を呼んだ。13回裏は、満塁から5番の須永雄太(2年)が押出四球を選び、決着。攻撃陣はヒット9本を放ち、注目の1番山田隼(2年)は5打数2安打と持ち味を出した。敗れた山梨学院は、強力打線が封じられ、ヒットはわずか6本。エース榎谷礼央(2年)は、計155球を投げて、被安打9・四球3・奪三振7と好投。5回には自らのバットで同点打を放つ活躍を見せるも、最後は押出四球を与えた。



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

【秋の戦歴:千葉大会(優勝)関東大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.353(10位) [平均.328]
・得点   :108点(5位) [平均69.2点]
・平均得点 :9.8点(2位) [平均7.1点]
・本塁打  :6本(8位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.5本(8位) [平均0.4本]
・盗塁数  :20個(8位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.8個(15位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :19(8位) [平均25.6]
・平均失点数:1.7(5位) [平均2.8]
・防御率  :1.38点(3位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.1点(1位) [平均0.3点]
・失策数  :10(23位) [平均8.1]
・平均失策数:0.9(19位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:11戦10勝1敗
※部員数:47人(18位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]



[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
越井颯一郎 3年 防御率=12位:1.54(計9試合/計58 1/3回)
・越井颯一郎 3年 奪三振数=9位:51個(計9試合/計58 1/3回)
・越井颯一郎 3年 奪三振数(1回あたり)=16位:0.88個
・越井颯一郎 3年 与四死球数=4位:10個(計9試合/計58 1/3回)
・越井颯一郎 3年 与四死球(1回あたり)=3位:0.17個
山田隼   3年 打率=2位:.564(39打数22安打)
・山田隼 3年   本塁打数=2位:5本(11試合)
・山田隼 3年   打点=7位:20点(11試合)
・山田隼 3年   盗塁数=19位:4個(11試合) 6.0秒
・菊池弘樹  3年 盗塁数=19位:4個(11試合) 6.0秒
・空康輔   3年 盗塁数=11位:5個(11試合) 5.9秒
・水野岳斗  2年 打点=13位:15点(11試合)
芦川正真  2年 打率=11位:.500(26打数13安打)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[リンク集]センバツ2022年 特集ページ

⭐️センバツ2022年の各種特集ページ⭐️
日程•結果名簿注目選手大会展望見所


⭐️センバツ2022年の出場校特集ページ⭐️
・北海道/東北:クラーク 花巻東 聖光学院
・関東 /◉◉明秀日立 山梨学院
・関東 /◉◉木更津総合 浦和学院
・東京 /◉◉國學院久我山 二松学舎
・北信越/東海:敦賀気比 星稜 日大三島 大垣日大
・近畿 /◉◉大阪桐蔭 和歌山東 天理 金光大阪
・近畿 /◉◉京都国際 市立和歌山 東洋大姫路
・近畿 /◉◉近江(京都国際辞退による補欠出場)
・中国/四国 :広陵 広島商業 高知 鳴門 倉敷工業
・九州 /◉◉九国大付 大島 有田工業 長崎日大
・21世紀枠/只見 丹生 大分舞鶴


⭐️秋季地区大会2021年の結果一覧⭐️
明治神宮大会北海道東北関東東京
北信越東海近畿 |中国四国九州



秋季関東大会2021年 戦歴結果(1/2)

⚡️特集ページ:関東大会の日程・結果

明秀日立(茨①) 5-2 木更津総合(千①)(土) ※準決勝
明秀日立|012|001|100|=5
木更津総合|001|010|000|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️明秀日立が5-2で木更津総合に勝利し決勝進出。エース猪俣が9回を一人で投げ抜き、被安打6・死四球4・奪三振7・失点2(計135球)と好投した。チームは合計10安打を記録。まず2回表に出塁した走者の好連携で1点を先制。3回表には1番本坊の2塁打で1点、内野ゴロで1点を追加し3-0。1点差に詰め寄られた6回表には4番武田一渓(県大会=打率.533・本塁打3本を記録)のソロ本塁打で1点を追加、7回表には3番石川ケニーの安打で1点を奪い、5-2と突き放した。敗れた木更津総合は先発の背番号10金綱が先発し7回を被安打9・死四球3・奪三振5・失点5、残る2回をここまで過去2試合完投のエース越井が被安打1・死四球0・奪三振1・失点0と好投した。攻撃陣は計6安打、3番菊地の犠牲フライ2つで2得点を奪った。


⭐️木更津総合(千葉1位):準決勝までの戦歴⭐️エース越井颯一郎は、ここまで2試合完投。計18回を被安打8・死四球2・奪三振11・失点1(計249球)と好投を見せる。最速146キロと75キロ台の変化球を操り、最大球速差は70キロという緩急も武器。攻撃陣は2試合で計16安打で7得点。ここまで、①初戦で帝京第三(山梨2位)に3-0で勝利。エース越井が9回を被安打2・死球1・奪三振7(計116)で完封。4回以降は無安打・無死四球と好投した。攻撃陣は、3回裏に3番菊地の安打で1点、8回裏には5番大井の犠牲フライなどで2点を奪って計3得点。②準々決勝で東海大相模(神奈川1位)に4-1で勝利。エース越井が9回を被安打6・死球1・奪三振4・失点1(計133球)と好投。1回表に1死満塁から内野ゴロから1点、1年生の6番芦川正真の2塁打で2点を奪って一挙3点。5回には1年生の4番水野岳斗の2塁打で1点を奪い、計4得点(計10安打)を奪った。



秋季関東大会2021年 戦歴結果(2/2)

木更津総合(千①) 4-1 東海大相模(神①)(水) ※準々決勝
木更津総合|300|010|000|=4
東海大相模|100|000|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️木更津総合が4-1で東海大相模に勝利して4強進出。木更津総合はセンバツ出場有力に。エース越井颯一郎が9回完投し、被安打6・死球1・奪三振4・失点1(計133球)の好投でチームを勝利に導いた。守備陣も失策2を記録するも要所で好守が光った。攻撃陣は、1回表に四球とヒット2本から1死満塁のチャンスを作ると、5番大井の内野ゴロから1点、さらに1年生の6番芦川正真の2塁打で2点を奪って、一挙3点を先制。5回表には、1年生の4番水野岳斗のタイムリー2塁打で1点を奪い、計4得点(チーム計10安打)。敗れた東海大相模は、先発の背番号10庄田が初回に3失点。3回表から2人目として登板した背番号10庄司は残る7回を被安打4・四球3・奪三振0・失点1と好投を見せた。攻撃陣は初回に4番求の犠牲フライで1点を奪うも、計6安打に押さえ込まれた。


帝京第三(山②) 0-3 木更津総合(千①)(土) ※初戦
帝京第三|000|000|000|=0
木更津総合|001|000|02x|=3

=========================
⭐️試合総評⭐️木更津総合が3-0で帝京第三に勝利。木更津総合のエース越井颯一郎は9回を一人で投げ抜き、被安打2・死球1・奪三振7(計116)の好投で完封。4回以降は無安打・無死四球の圧巻ピッチングを繰り広げた。攻撃陣は、3回裏に3番菊地の安打で1点、8回裏には相手ボークと5番大井の犠牲フライで1点ずつを奪って計3得点。敗れた帝京第三は、エース三上大貴が9回を完投して被安打6・四球5・奪三振0と好投するも、打線が2安打に抑え込まれた。



秋季千葉県大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:千葉県大会の日程・結果

【木更津総合の戦歴|秋季千葉県大会1位】
・決勝   :木更津総合 14-2 拓大紅陵
・準決勝  :木更津総合 08-4 八千代松陰
・準々決勝 :木更津総合 07-5 市立船橋(10)

・3回戦  :木更津総合 10-0 東海大市原望洋(6)
・2回戦  :木更津総合 25-0 船橋法典(5)
・1回戦  :木更津総合 17-0 磯辺(5)
—–地区大会—————————-
・代表決定戦:木更津総合 6-1 千葉黎明
・1回戦  :木更津総合 12-1 柏(5)

千葉県球児の進路・進学先

千葉県
習志野 木更津総合 拓大紅陵 専大松戸 成田
暁星国際 中央学院 安房 西武台千葉 我孫子
東海大浦安 千葉経大付 千葉明徳 千葉黎明
銚子商業 東海大市原望洋 東京学館浦安
八千代松陰 千葉学芸 佐倉 市船橋 日体大柏
千葉商科大付属 一宮商業 東京学館 成東
我孫子東 柏南 我孫子二階堂 県立船橋
横芝敬愛 敬愛学園 学館船橋 市立柏 千葉商
館山総合 磯辺 志学館 流経大柏 東葉