《明豊•大分》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

明豊高校 野球部メンバー 2022年

明豊高校(大分) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【大分大会の成績】スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0。打率:.369(21位) 、平均得点:10.4点(5位) 、総本塁打:6本(5位) 、平均盗塁数:3.2個(7位) 、平均犠打数:2個(34位) 、平均失点数:2.2点(35位) 、平均失策数:0.6個(15位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===0
01 江藤隼希  左/左 3年 大分•三隈 ⭐️
02 鈴木蓮   右/左 3年 大分•明豊
03 竹下聖人  右/右 3年 宮崎•生目
04 牧野太一  右/右 3年 大阪•豊中七
05 宮﨑元哉  右/右 3年 大分•城北
06 後藤綾太  右/左 3年 大阪•長栄
07 西村元希  右/右 2年 大分•明豊
08 石川恵大  右/右 3年 大阪•緑
09 嶽下桃之介 左/左 3年 熊本•東野
10 坂本海斗  左/左 3年 大分•明豊
11 野村颯太  右/左 3年 福岡•宮原
12 金谷玲汰  右/左 3年 大阪・熊取南
13 矢野壮頼  右/左 3年 大阪•大体大浪商
14 矢野一武吉 右/右 3年 福岡•洞北
15 森山塁   右/右 2年 大分•日田南部
16 岡元一晟  右/右 3年 大阪•殿馬場
17 髙木真心  右/左 1年 大分•明豊
18 中山敬斗  右/右 2年 奈良•緑ヶ丘




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:2年連続8回目の出場。県内公式戦では20年秋から37連勝の絶対王者。決勝は、2年連続で大分舞鶴(センバツ21世紀枠)と対戦し、序盤3回までに9安打11得点の猛攻をしかけ、12-3で圧倒した。


②ポイント:投手陣は、春は背番号1を背負った165cm左腕の坂本海人(3年)が軸だ。準決勝・決勝で先発し、2戦連続サヨナラ勝利で勢いに乗る大分舞鶴を、6回被安打4失点3と好投。最速は130キロ台前半も、スライダーのキレは抜群だ。また、背番号11野村颯太(3年)は、4試合(計9回)を投げて失点は0と好投を見せる。なお、エースで主将の江藤隼希(3年)が大分大会では療養も、聖地での復活が期待される。


③ポイント:攻撃陣は、チーム打率.369(21位)、全5試合で計52安打52得点、1試合平均10.4点(5位)、本塁打6本(5位)と強力打線は健在で、平均盗塁3.2個(7位)と機動力も高い。低い打球を意識する「つなぐ打線」がモットーで、決勝までは全試合でコールド勝ち。トレーニングルームが1月に完成し、打撃力をさらに磨きあげる。


④ポイント:「チーム三冠王」の5番竹下聖人(3年)に注目だ。春以降に左手骨折など故障が続くも、今夏復活し、打率.600、3本塁打(雄城台戦で2本、津久見戦で1本)、打点12と驚異的な成績を残した。また、下級生時代から活躍する2番宮崎元哉(3年)は、打率.526と好調で、準々決勝・鶴崎工業戦で3ランを放つなど2本塁打を記録。また、4番嶽下桃之介(3年)は打率.417と好調で、本塁打は0本も、秋季九州大会の前原戦(沖縄)では2本塁打を放つなど力があるバッターだ



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月15日(月) 3回戦 [10日目]
13:00 明豊 2-5 愛工大名電
==========================
⭐️試合結果⭐️愛工大名電が5-2で明豊に勝利。エース有馬伽久(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球4・奪三振6・計120球で完投。セカンド市橋昂士(3年)やショート伊藤基佑(3年)ら内野陣が再三の好守備で支えた。攻撃陣は計12安打を放ち、打者では6番市橋昂士(3年)が4打数4安打1打点と活躍が光った。敗れた明豊は、エース江藤隼希主将(3年)、背番号11野村颯太(3年)、背番号15森山塁(2年)の3投手が登板。攻撃陣は計6安打に抑えられ、ヒット性の当たりも相手好守に阻まれ、2得点にとどまった。


8月12日(金) 2回戦 [7日目]
08:00 明豊 7-5 一関学院
==========================
⭐️試合結果⭐️明豊が7-5で一関学院に勝利。7回表に5番嶽下桃之介(3年)の2塁打で5-4と勝ち越しするも、その後に同点とされて迎えた9回表に6番牧野太一(3年)の安打で再び勝ち越した。投手陣は、背番号18中山敬斗(2年)、背番号11野村颯太(3年)、背番号15森山塁(2年)が継投。攻撃陣は計9安打を放ち、捕手でガッツ溢れるプレーも光った7番鈴木蓮(3年)が3打数1安打3打点(ソロ本塁打1本)と活躍が光った。一関学院は、小野涼介(2年)、寺尾皇汰(2年)、高澤奏大(1年)、大瀬開途(2年)の4投手が継投。攻撃陣は8安打を記録し、序盤に3点のリードを奪うも競り負けた。


8月6日(土) 1回戦 [1日目]
13:00 明豊 7-3 樹徳
==========================
⭐️試合結果⭐️明豊が7-3で樹徳に勝利。初回に3点を先制するなど計12安打。5番嶽下桃之介(3年)が5打数3安打1打点(2塁打2本)と活躍したほか、同点に追いつかれた直後の6回表には生徒会長・牧野太一(3年)が勝ち越しとなる3塁打を記録。投手陣は、背番号11野村颯太(3年)、背番号10坂本海斗(3年)、背番号15森山塁(2年)の3人が継投。森山は3回1/3を投げ、被安打1の好投で流れを引き寄せた。敗れた樹徳は計10安打で3得点、外野・内野で再三の好守備を魅せたほか、背番号14阿部匠真(3年)らを中心とした明るいベンチワークでプレーと球場を盛り上げた。



[チーム成績] 夏の大分大会 

【明豊|夏の大分大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0
⭐️部員数:95人(13位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.369(21位) [平均.355点]
・総得点  :52点(12位) [平均44.3点]
・平均得点 :10.4点(5位) [平均7.9点]
・総本塁打 :6本(5位) [平均2.8本]
・平均本塁打:1.2本(4位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :16個(11位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:3.2個(7位) [平均1.8個]
・総犠打数 :10個(37位) [平均14.8個]
・平均犠打数:2個(34位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :11点(27位) [平均10点]
・平均失点数:2.2点(35位) [平均1.8点]
・総失策数 :3個(13位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.6個(15位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:5試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の大分大会 

⚡️特集ページ:大分大会の日程・結果

【明豊の戦歴|夏の大分大会2022年】
・決勝  :明豊 12-3 大分舞鶴
・準決勝 :明豊 11-3 津久見 (7)
・準々決勝:明豊 11-1 鶴崎工業(5)
・3回戦 :明豊 09-2 大分雄城台(7)
・2回戦 :明豊 09-2 三重総合(7)

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[過去戦歴] 春季九州大会2022年

小林西(宮崎②) 2-1 明豊(大①)(サ) ※準々決勝
小林西|000|000|002|=2
明豊 |000|100|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️小林西が2-1で明豊に勝利し、準決勝進出。2点を追う土壇場の9回表、1死から7番仲間功星(3年)、9番西嶋和哉(3年)がヒットで出塁して2死2・3塁のチャンスを作ると、1番岩根陽向(3年)が2点タイムリーを放ち、2-1と逆転。9回裏、明豊がヒット2本から1死1・3塁の場面を作ると、エース仲間晴(3年)がマウンドにあがって後続を断ち、勝利を掴み取った。投げては、先発の背番号4仲田巧(3年)が7回1/3を被安打7・四死球2・奪三振4・失点1と好投。その後、背番号8藤幸輝(3年)と背番号1仲間晴(3年)が救援し、要所を締めた。敗れた明豊は、背番号18の1年生野田皇志(1年)が3回を被安打1・四球3・奪三振1と好投。その後、背番号10江藤隼希(3年)が6回を被安打8・四死球0・奪三振2と力投するも、最終回に逆転を許した。攻撃陣は、1回裏に2死満塁も無得点。9回裏には7番中村隆誠(1年)の2塁打と8番鈴木蓮(3年)の安打で1死1・3塁のチャンスを作るも、後続が続かなかった。チームは計9安打を放つも、得点は4回裏に2番手で登板した江藤隼希(3年)の2塁打による1点にとどまった。


明豊(大①) 7-6 小倉工業(福②)(ア) ※1回戦
明豊・・|010|000|051|=7
小倉工業|010|410|000|=6

=========================
⭐️試合総評⭐️明豊が最大5点差をひっくり返し、7-6で小倉工業に勝利。5点差を追う8回表、明豊は2つの四球から走者を出すと、3番宮﨑元哉(3年)の安打で1点、4番嶽下桃之介が敬遠されると、1死満塁の場面で5番岡元一晟(3年)の走者一層となる3塁打で3点を奪って5-6と1点差。さらに背番号19の6番秋吉晟汰(2年)の安打で1点を奪い、6-6の同点。さらに9回表には、3番宮﨑元哉(3年)の3塁打で1点を奪い、7-6とした。投げては、エース坂本海斗(3年)が4回1/3を投げて被安打9で失点5。5回裏途中から背番号10江藤隼希(3年)が2回2/3、背番号11東家迅(2年)が残る2回を共に好救援した。敗れた小倉工業は、山田裕太(3年)が7回終了までヒット3本に抑える好投も、8回表に四球2つを出すとその後に集中打を浴びた。攻撃陣は、明豊の8本を上回る10安打を記録。9番中野太一(3年)が4打数2安打3打点と活躍が光った。 

[過去戦歴] 春季大分大会2022年

【明豊の戦歴|春季大分大会2022年】
・決勝戦 :明豊 07-0 柳ヶ浦
・準決勝 :明豊 08-3 大分商業
・準々決勝:明豊 05-2 日田林工
・3回戦 :明豊 06-1 大分豊府
・2回戦 :明豊 11-3 高田(7)



[過去戦歴] 秋季九州大会2021年

明豊(大分①) 0-13 九国大付(福岡①)(5)(県) ※準々決勝
明豊|000|000000|=0
九国大付|107|140000|=13

=========================
⭐️試合総評⭐️九国大付が13-0(5C)で明豊に勝利し4強進出、センバツ出場が有力に。チームは計10安打(ソロ&満塁本塁打の2本含む)で13得点を奪い、春センバツ準優勝の明豊を圧倒した。3回裏に、3番大島の安打でまず1点、4番佐倉・5番野田の安打で2死満塁のチャンスを作ると、6番白井の安打で1点、7番毛利の押出死球で1点、8番香西の押出四球で1点、9番尾崎の安打で2点、1番黒田の安打で1点と、一挙7得点。4回裏には、1年生の4番佐倉俠史朗が特大のソロ本塁打(高校通算6号、体重108kg、憧れは西武の森、ヤクルト村上)を放ち1点を追加。5回裏には、3つの四球から1死満塁とし、代打に送られた背番号13小田原義が満塁ホームランを放ち、13-0(5C)とした。投げては、エース香西が5回を被安打2・四球1・奪三振4・失点0と好投した。敗れた明豊は、先発の背番号1森山が2回2/3を投げて、被安打8・死四球3・奪三振2・8失点。その後、背番号10江藤・背番号14杉本・背番号8坂本の3投手が登板した。打線は1番後藤と9番森山のヒット2本にとどまった。


明豊(大分①) 14-4 前原(沖縄②)(7C)(市) ※初戦
明豊・・|301|502|300|=14
前原・・|300|000|100|=4

=========================
⭐️試合総評⭐️明豊が前原に14-4(7回コールド)で勝利。明豊は12安打(本塁打3本含む)で計14得点。5番の嶽下桃之介は、1回表に先制3ラン本塁打、3回表にタイムリー3塁打、4回表に2ラン本塁打を放つ活躍で、3打数3安打6打点+四球2つと活躍。また、夏の甲子園でもベンチ入りした4番宮﨑元哉は、7回表に2ラン本塁打を放つなど5打数2安打3打点と力を見せた。投手陣は2人が登板し、背番号13中山(1年)が3回を被安打4・死四球2・失点3と力投し、残る4回を背番号11野村が被安打3・四球1・失点1と好リリーフした。敗れた前原は、1回裏に3番目取眞が3ラン本塁打、7回裏には代打島袋優汰がソロ本塁打を放って計4点。投手陣は、背番号1横田と背番号10上原が半分ずつを投げて、被安打12・与死四球10を与えた。

[過去戦歴] 秋季大分大会2021年

【明豊の戦歴|2021年秋季大分大会1位】
・決勝  :明豊 10-9 大分舞鶴
・準決勝 :明豊 12-2 佐伯鶴城 ※Cなし

・準々決勝:明豊 9-2o 大分豊府(8)
・3回戦 :明豊 3-1o 情報科学
・2回戦 :明豊 7-0o 大分雄城台(7)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号