《敦賀気比》野球部メンバー2022年⚡️

敦賀気比 野球部メンバー 2022年

敦賀気比 野球部 メンバー 2022年 特集!

【センバツ2022 ベンチ入りメンバー(旧学年)】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 上加世田頼希 右/右 2年 大阪・大東市立北条中⭐️
02 渡辺優斗   右/右 2年 大阪・大阪市立茨田中
03 岡村颯樹   右/左 2年 大阪・大東市立谷川中
04 濵野孝教   右/左 1年 鯖江市立鯖江中
05 高見澤郁魅  右/左 1年 埼玉・宮代町立百間中

06 米満晴    右/右 2年 大阪・堺市立日置荘中
07 春山陽登   右/右 2年 奈良・大和高田市立高田中
08 河合陽一   右/左 2年 鯖江市立鯖江中
09 石原幹太   右/左 2年 愛知・名古屋市立平田中
10 清野仁楽   左/左 2年 敦賀市立松陵中
11 桶谷司    右/右 1年 福井市立明倫中
12 高橋佑輔   右/右 2年 兵庫・宝塚市市立山手台中
13 細川叶人   右/右 2年 富山・富山市立新庄中
14 越川栄人   右/右 2年 京都・京都市立下鴨中

15 伊藤剛志   右/右 1年 広島・庄原市立東城中
16 伊賀翔星   右/右 2年 岐阜・海津市立平田中

17 友田泰成   右/右 1年 鯖江市立中央中
18 吉野寿哉   右/右 2年 大阪・和泉市立南松尾はつがの学園中




[センバツ2022年] チームサマリー

⭐️秋季大会の主な戦歴:福井大会は3位。準決勝・啓新戦では1-6で敗れ、2019年春以来、県大会では約2年間負けなしだった敦賀気比にとって30戦ぶりの敗戦に(29連勝でストップ)。その後、3位で出場した北信越大会では圧倒的な強さを見せつけた。初戦・富山第一に8-1(7C)、準々決勝・北越に10-2(7C)、準決勝・小松大谷戦は両校計25安打の乱打戦を10-8で制した。決勝・星稜戦は6-0で勝利し、北信越大会では3季連続の優勝。明治神宮大会では、初戦で大阪桐蔭と対戦しリードを奪う見せ場も作ったが4-8で敗れた。 【戦歴:福井大会(3位)北信越大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️チーム紹介サマリー:上加世田頼希(2年)が主将・エース・4番と3つの役割を担う。最速144キロ右腕は、計8試合(計60回1/3)を投げて、防御率2.39・被安打64・奪三振48・与死四球10(出場選手4位)。打者では打率.313・打点4・本塁打0本(高校通算9本)も、昨夏甲子園では11打数6安打3打点を記録するなど勝負強さはピカイチだ。中学時代からバッテリーを組み、U15日本代表も共に経験した渡辺優斗捕手(2年)がリードする。攻撃のキーマンは、3番春山陽登(2年・阪神ジュニア出身)で、打率.563(出場選手3位)・打点11・本塁打1本(小松大谷戦で2ラン)の好成績を残す。上位打線は、1番濱野孝教(1年)が打率.389、2番河合陽一(2年、50m5.8秒の俊足)は打率.429を記録。5番石原幹太(2年)は打率.375・打点15(チーム1位)とチームの得点源のバッターだ。



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=1、B=4、C=0。打率:.360(6位)、平均得点:7.1点(18位)、本塁打:2本(16位)、平均盗塁数:1.6個(17位)、防御率:2.34点(16位)、平均失点数:3.2(22位)、平均失策数:1.1(24位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:福井大会(3位)北信越大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️投手力:チーム防御率2.34(16位)。上加世田頼希(2年)は、最終学年は「主将・エース・4番」でチームを引っ張る。最速144キロの右腕は、計8試合(計60回1/3)を投げて、防御率2.39・被安打64・奪三振48・与死四球10(出場選手4位)・失点23と力投。決勝・星稜戦ではヒット11本を浴びながらも無失点に抑えるなど、要所を締める粘り強い投球が持ち味。帽子のつばには「恩義」の2文字が刻まれる。捕手の渡辺優斗(2年)とは、中学時代からバッテリーを組み(門真ビックドリームス)、共に2019年侍ジャパンU15代表に選出。このほか、左腕の清野仁楽(2年・とら、父が阪神ファン)、右腕の桶谷司(1年)らが控える。上加世田に続く投手陣の底上げが、上位進出の鍵となりそうだ。


⭐️攻撃力:チーム打率.360(6位)、平均得点7.1点(18位)と伝統の攻撃力は健在だ。リードオフマンの1番濱野孝教(1年)は打率.389・打点6、2番河合陽一(2年、50m5.8秒の俊足)は打率.429・打点2と、1・2番がチャンスを広げる。攻撃のキーマンである3番春山陽登(2年・阪神ジュニア出身)は、打率.563(出場選手3位)・打点11・本塁打1本(小松大谷戦で2ラン)の好成績を残し、北信越優勝の原動力になった。エースで主将で4番の上加世田頼希(2年)は、打率.313・打点4・本塁打0本(高校通算9本)も、昨夏の甲子園では11打数6安打3打点と活躍するなどチャンスでの勝負強さはピカイチ。このほか、5番石原幹太は打率.375・打点15(チーム1位)と得点力が高く、6番岡村颯樹(2年、上加世田と渡辺と同じ門真ビックドリームス出身)や8番渡辺優斗(2年)などの好打者も下位打線に揃う。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース上加世田頼希(2年)は与四死球数=10個(4位)、与四死球(1回あたり)=0.17個(2位)。3番春山陽登(2年)は打率.563(3位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

敦賀気比 0-9 広陵 ※1回戦
敦賀気比|000|000|000|=0
広陵・・|200|041|02x|=9 

======試合のみどころ============
地区大会の優勝校同士(ともに選抜優勝経験あり)が激突する。センバツ3回の優勝を誇る”春の広陵”は、神宮大会では準V。1年生のボンズ真鍋慧(1年)・大会屈指の好打者 3番内海優太(2年)・躍進の原動力となったエース森山陽一朗(2年)ら投打が充実する。なお、直前変更で登録された西凌矢(2年)は阪神の西純矢(創志学園)の弟。対する敦賀気比は、U15日本代表と共にした上加世田頼希(2年)渡辺優斗(2年)のバッテリーには安定感がある。攻撃陣は打率.563を記録した3番春山陽登(2年)がキーマンで、下位まで好打者が揃う。試合は点の取り合うシーソーゲームになりそうだ。共にセンバツ優勝経験のある広陵中井監督と敦賀気比東監督の采配にも注目だ。

======試合結果・総評レポート========
広陵が9-0で敦賀気比に勝利。3番内海優太(2年)、4番真鍋慧(1年)、5番田上夏衣(1年)が共に3安打を放つなど計17安打で9得点。8回裏には、阪神の西純矢の弟・西凌矢(2年)が満塁チャンスで代打出場し2点安打を記録した。エース森山陽一朗(2年)は7回2/3を投げて被安打2・四球1・奪三振6・計96球と好投。2番手の松林幸紀(2年)が残るイニングを被安打1と好救援し完封リレー。敗れた敦賀気比は、エース上加世田頼希(2年)が14安打を浴びて8失点。攻撃陣はヒット計3本で無得点に終わった。



[チーム成績] 2021年秋公式戦データ

【秋の戦歴:福井(3位)北信越(優勝)明治神宮(初戦)
⭐️スポーツ紙評価:A=1、B=4、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.360(6位) [平均.328]
・得点   :64点(16位) [平均69.2点]
・平均得点 :7.1点(18位) [平均7.1点]
・本塁打  :2本(16位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.2本(20位) [平均0.4本]
・盗塁数  :14個(19位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.6個(17位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :29(20位) [平均25.6]
・平均失点数:3.2(22位) [平均2.8]
・防御率  :2.34点(16位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.3点(17位) [平均0.3点]
・失策数  :10(23位) [平均8.1]
・平均失策数:1.1(24位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:9戦7勝2敗
※部員数:63人(9位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋公式戦ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
上加世田頼希 3年 防御率=21位:2.39(計8試合/計60 1/3回)
・上加世田頼希 3年 奪三振数=13位:48個(計8試合/計60 1/3回)
・上加世田頼希 3年 奪三振数(1回あたり)=20位:0.8個
・上加世田頼希 3年 与四死球数=4位:10個(計8試合/計60 1/3回)
・上加世田頼希 3年 与四死球(1回あたり)=2位:0.17個
・石原幹太 3年 打点=13位:15点(9試合)
・濱野孝教 2年 盗塁数=11位:5個(9試合) 6.2秒
春山陽登 3年 打率=3位:.563(32打数18安打)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 明治神宮大会2021年

敦賀気比(北信越) 4-8 大阪桐蔭(近畿) ※初戦=準々決勝
敦賀気比|103|000|000|=4
大阪桐蔭|300|002|21x|=8

=========================
⭐️試合総評⭐️大阪桐蔭が8-4で敦賀気比に勝利。先発の背番号10川原が3回までに4失点も、その後に登板した1年生の背番号14前田悠伍が抜群の制球力で流れを変えた。前田は4回表から登板し、6回を被安打2・死球1・奪三振10(=5回&8回は共に三者連続三振)・失点0(計77球)と圧巻のピッチングを見せた。攻撃陣は、計11安打で8得点。先制された1回裏に、5番海老根優大の3ラン本塁打で逆転。1点差を追う6回裏には、9番前田の犠牲フライで同点、1番伊藤の2塁打で1点を奪って5-4と再逆転。その後、7回裏に6番田井・7番星子の連続タイムリーで2点、8回裏には4番丸山の犠牲フライで1点を奪い、8-4と突き放した。対する敦賀気比は、エース上加世田が7回を被安打11・四球2・奪三振2・失点7(計104球)と力投。攻撃陣は計8安打を放ち、1回表に内野ゴロから1点、3回表には3番春山の2塁打で2点、6番高見澤の安打で1点を奪うも、4回以降は前田の前にわずかヒット2本に抑えられた。

[戦歴] 秋季北信越大会2021年(1/2)

敦賀気比(福③) 6-0 星稜(石①)(松) ※決勝戦
敦賀気比|002|300|001|=6
星稜・・|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️敦賀気比が6-0で星稜に勝利して優勝!(北信越地区代表として明治神宮大会へ出場) 前日宿舎で東監督に先発を志願したエース上加世田が11安打を許すも、与四死球1・奪三振6・計140球で完封勝利。9回裏に2死満塁のピンチを背負うも、最後は空振り三振に切ってとった。攻撃陣は、3回表に4番上加世田の安打などで2点。4回表に3番春山の安打&失策から1点、2死満塁から5番石原・6番岡村の連続押出し四球で2点。9回表には6番細川の2塁打で1点を追加した。敗れた星稜は、先発の背番号11武内が4回1/3を被安打6・与四死球8・失点5と制球を乱し、相手に主導権を譲った。9回裏にはヒット2本などから2死満塁のチャンスを作るも得点は奪えなかった。


小松大谷(石②) 8-10 敦賀気比(福③)(松) ※準決勝
小松大谷|100|014|020|=8
敦賀気比|010|341|01x|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️敦賀気比が10-8で小松大谷に勝利。両チーム合計25安打(敦賀気比14本、小松大谷11本)の乱打戦を制し、決勝進出(センバツ出場が有力に)。敦賀気比は4回裏に3番春山陽登の2ランなどで一挙3点、5回裏にも9番伊藤のスクイズで1点、1番濱野の安打で1点、2番河合の3塁打で1点、3番春山の安打で1点と怒涛の攻撃で4点を奪い8-2とリードを広げた。1点差に詰め寄られた8回裏には8番渡辺捕手のタイムリーでダメ押しの1点を奪った。投げてはエース上加世田が6回1/3を被安打9・四球4・奪三振6・失点6(計133球)、残る2回2/3を背番号11清野が被安打2・四球1・奪三振3・失点2の力投で粘る小松大谷打線を振り切った。攻撃陣は1番濱野が4打数4安打2打点と全打席出塁、2番河合が5打数3安打2打点(3塁打2本)、3番春山が4打数2安打3打点(2ラン本塁打を含む)、女房役の8番渡辺が4打数3安打2打点と活躍が光った。対する小松大谷は最大6点差のリードを最後1点差まで詰め寄るも競り負けた。投手陣は岩野・南が継投し、被安打14・与四死球8を記録し10失点。攻撃陣ではこの日も3番北村怜士が5打数3安打2打点と、大会を通じての活躍が光った。



[戦歴] 秋季北信越大会2021年(2/2)

北越(新①) 2-10 敦賀気比(7C)(福③)(松) ※準々決勝
北越・・|000|100|100|=2
敦賀気比|122|014|x00|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️敦賀気比が13安打10得点で2試合連続コールド勝利で4強進出。攻撃陣は、2回裏に9番伊藤剛志が2ラン、エースで4番で主将の上加世田が3打数3安打1打点、5番石原が3打数2安打3打点と活躍。投げてはエース上加世田が6回を被安打7・四死球0・奪三振9と好投した。一方の北越は、エース山倉、背番号8西潟、背番号11山田の3投手が継投するも敦賀気比打線に捕まった。打線は9安打を放つも2得点止まり(残塁9)だった。


敦賀気比(福③) 8-1 富山第一(富①)(7C)(松) ※1回戦
敦賀気比|002|102|300|=8
富山第一|000|001|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️敦賀気比が15安打8得点で7回コールド勝利。リードオフマンの1番濱野が4打数3安打2打点、6番岡村が4打数3安打1打点と活躍。投げてはエース上加世田が7回を被安打3・四死球1・奪三振5と好投した(主将でエースで4番)。対する富山第一は、打線が3安打に抑えられたが、6回裏に4番の村亮佑がソロ本塁打を放つ意地を見せた。

[戦歴] 秋季福井県大会2021年

【敦賀気比の戦歴|秋季福井県大会3位】
・3位決定戦:敦賀気比 8-3 丹生
・準決勝  :敦賀気比 1-6 啓新
・準々決勝 :敦賀気比 8-1 北陸(8)
・2回戦  :敦賀気比 9-0 武生(7)

福井県球児の進路・進学先

福井県
敦賀気比 啓新 福井工大福井 福井商 北陸
坂井 金津 高志