《沖縄尚学》野球部メンバー2022年⚡️

沖縄尚学 野球部 2022年

沖縄尚学 野球部メンバー 2022年 特集!

【明治神宮大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 東恩納蒼  右/左 2年 沖縄・仲井真中
02 大城和平  右/右 2年 沖縄・兼城中
03 仲田侑仁  右/右 2年 沖縄・那覇中
04 佐野春斗  右/右 2年 沖縄・金城中
05 川満渚生  右/左 2年 沖縄・高江洲中
06 宮平良磨  右/右 2年 大阪・門真はすはな中
07 玉那覇世生 左/左 2年 沖縄・与那原中
08 知花慎之助 右/右 2年 沖縄・宜野湾中
09 糸数幸輝  右/右 2年 沖縄・読谷中
10 照屋希空  右/左 2年 沖縄・西崎中
11 儀部皓太朗 右/右 2年 沖縄・屋部中
12 大城龍紀  右/右 2年 沖縄・豊見城中
13 永吉盛空  右/右 2年 沖縄・東風平中
14 奥谷壮太  右/右 2年 福井・福井工大福井中
15 石川純平  右/右 2年 沖縄・南風原中
16 中里大輔  右/右 2年 沖縄・沖縄車中
17 當銘雄人  右/右 2年 沖縄・豊見城中
18 上原秀介  左/左 2年 沖縄・嘉数中

⚡️特集ページ:明治神宮大会の日程・結果



[戦歴] 明治神宮大会2022年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

沖縄尚学 4-5x 仙台育英 [高] ※初戦
沖縄尚学|100|210|000|=4
仙台育英|000|000|005|=5x

————————————————–
⭐️試合結果⭐️仙台育英が5x-4で沖縄尚学にサヨナラ勝利。攻撃陣は計11安打。4点を追う9回裏、先頭の7番濱田大輔(1年)と9番尾形樹人(2年)がヒットで出塁し1死2・3塁のチャンスを作ると、相手失策から1点、2番山田脩也(2年)の2塁打で1点を返し、4-2。さらに3番湯浅桜翼(1年)の安打で2点を返し、4-4。最後、4番齊藤陽(2年)がサヨナラタイムリーを放って決着。投手陣は、背番号10湯田統真(2年)が3回1/3を3失点、背番号1高橋煌稀(2年)が3回2/3を1失点、背番号11仁田陽翔(2年)が2回無失点と計3投手が継投。敗れた沖縄尚学は、背番号1東恩納蒼(2年)が9回を被安打11・四死球3・奪三振4・計143球と好投。攻撃陣は計12安打を放ち、初回に4番仲田侑仁(2年)の安打で1点、4回表に8番糸数幸輝(2年)の安打で2点、5回表には6番宮平良磨(2年)の安打で1点を奪い、4点をリードするも最終回に逆転を許した。



[戦歴] 秋季九州大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:九州大会の日程・結果

沖縄尚学(沖1) 8-5 長崎日大(長1) ※決勝
沖縄尚学|000|300|302|=8
長崎日大|201|100|001|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️沖縄尚学が8-5で長崎日大に勝利し、優勝!九州王者として明治神宮大会へ出場する。攻撃陣は計13安打。序盤に3点をリードされるも、4回表に4番仲田侑仁(2年)、5番石川純平(2年)、6番宮平良磨(2年)の3連続タイムリーで3点を奪い、3-3の同点。その後に1点を勝ち越されるも、7回表に1番知花慎之助(2年)の2塁打で1点を奪って4-4の同点とし、さらに2番佐野春斗(2年)の安打で2点を奪い、6-4と勝ち越し。9回表には、前の打者が申告敬遠された2番佐野春斗(2年)が今度は2点2塁打を放ち、8-4と突き放した。投手陣は、背番号11上原秀介(2年)・背番号10照屋希空(2年)・背番号18儀部皓太朗(2年)が継投し、最後は背番号1東恩納蒼(2年)が粘る相手を振り切った。打者では、2番佐野春斗(2年)が4打数3安打4打点と活躍が光った。敗れた長崎日大は、背番号10廣田樹大(2年)が6回1/3を投げ、その後は背番号1西尾海純(1年)・背番号11三丸悠成(1年)が継投。攻撃陣は計10安打を放ち、3番豊田喜一(2年)は初回に2ラン本塁打、9回裏にはタイムリーを放つなど、5打数3安打3打点(初回の2ラン本塁打を含む)と活躍が光った。


海星(長2) 6-7x 沖縄尚学(沖1)(コ) ※準決勝
海星  |001|113|000|=6
沖縄尚学|300|100|102|=7x 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️沖縄尚学が7x-6(9回サヨナラ)で海星で勝利し、決勝進出。1点を追う9回裏、先頭の1番知花慎之助(2年)がヒットで出塁し犠打で送ると、その後、代打•石川純平(2年)が死球、4番仲田侑仁(2年)が安打を放ち、1死満塁のチャンス。ここで5番のエース東恩納蒼(2年•ヒガシオンナアオイ)が2ストライクから6球ファールで粘ったあとに、サヨナラ打を放って決着。攻撃陣は計14安打を記録し、打者では1番知花慎之助(2年)が5打数4安打1打点、4番仲田侑仁(2年)が5打数4安打1打点と活躍が光った。投手陣は、背番号1東恩納蒼(2年)が5回2/3を投げて失点6、その後は背番号11上原秀介(2年)・背番号10照屋希空(2年)の2投手が継投した。敗れた海星は、背番号1吉田翔(2年)が7回を投げて失点5、その後は背番号11髙野颯波(2年)が登板。攻撃陣は計12安打を放ち、6回表には8番平尾幸志郎(2年)の安打で2点を奪い、6-4と勝ち越すも最後は競り負けた。打者では1番田中朔太郎(1年)が5打数3安打2打点(ソロ本塁打1本)と活躍が光った。



[戦歴] 秋季九州大会2022年(2/2)

明豊(大1) 2-3x 沖縄尚学(沖1)(コ) ※準々決勝
明豊  |000|020|000|=2
沖縄尚学|010|100|001|=3x

————————————————–
⭐️試合結果⭐️沖縄尚学が3x-2(9回サヨナラ)で明豊に勝利し4強進出、センバツ出場へ大きく前進した。2-2の同点のまま迎えた9回裏、この回先頭の7番エース東恩納蒼(2年)がヒットで出塁し犠打で送ると、キャプテンの9番佐野春斗(2年)がレフト前タイムリーを放って決着。投げては、背番号1東恩納蒼(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球5・奪三振3・失点2・計121球と好投、打っては4打数3安打2打点の活躍で、チームを勝利に導いた。敗れた明豊は、背番号10竹本哲太(2年)・背番号1森山塁(2年)・背番号18中山敬斗(2年)の3投手が継投。攻撃陣は計6安打を記録し、5回表には代打•石田智能(1年)が2ラン本塁打を放ち、一時同点に追いつくも最後は競り負けた。


鳥栖(佐2) 2-8 沖縄尚学(沖1)(名) ※初戦
鳥栖  |010|001|000|=2
沖縄尚学|111|201|11x|=8

————————————————–
⭐️試合結果⭐️沖縄尚学が8-2で鳥栖に勝利。背番号1東恩納蒼(2年•ヒガシオンナアオイ)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球1・奪三振14・失点2・計133球と好投。攻撃陣は計11安打・計3本塁打を放ち、1番知花慎之助(2年)が3打数2安打2打点(2打席連続のソロ本塁打を含む)、3番仲田侑仁(2年)が3打数1安打1打点(ソロ本塁打含む)、7番東恩納蒼(2年)が3打数3安打2打点、9番佐野春斗(2年)が犠牲フライで打点2と、上位から下位まで打線が力を見せた。敗れた鳥栖は、背番号1宮﨑豊弥(2年)と背番号10古賀琉晟(2年)が4回ずつを登板。攻撃陣は計7安打を記録し、5番中村大志(2年)が4打数3安打2打点と活躍をみせた。



[戦歴] 秋季沖縄県大会2022年

⭐️特集ページ:沖縄大会の日程・結果

【沖縄尚学の戦歴|秋季沖縄大会2022年】
・決勝戦 :沖縄尚学 10-3 ウェルネス
・準決勝 :沖縄尚学0 8-1 興南(7)
・準々決勝:沖縄尚学 07-3 沖縄工業
・3回戦 :沖縄尚学 17-0 美里工業(5)
・2回戦 :沖縄尚学 05-0 与勝

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路