《熊本国府》野球部メンバー2024年⚡️

熊本国府 野球部メンバー2024年

熊本国府(熊本) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季九州大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
01 坂井理人  右/右 3年 熊本・熊本市立三和中
02 寺尾真洸  右/右 3年 熊本・熊本市立託麻中
03 中嶋真人  右/右 3年 熊本・熊本市立三和中
04 野田希   右/右 3年 熊本・熊本市立飽田中⭐️
05 梅田悠汰  右/右 3年 熊本・熊本市立託麻中
06 山田颯太  右/右 3年 熊本・八代市立鏡中
07 山下勝耀  右/左 3年 熊本・天草市立稜南中
08 内田海   右/左 2年 熊本・熊本市立天明中
09 岡本悠生  右/右 3年 熊本・熊本市立錦ヶ丘中
10 植田凰暉  左/左 3年 熊本・上天草市立大矢野中
11 大谷駿太  右/右 2年 熊本・八代市立第一中
12 杉本光翼  右/右 3年 熊本・嘉島町立嘉島中
13 松本翔音  右/右 1年 熊本・宇土市立鶴城中
14 下田武昇  右/左 2年 熊本・宇土市立鶴城中
15 平江拓磨  右/右 2年 熊本・熊本市立長嶺中
16 元山嵩虎  右/右 2年 熊本・八代市立第一中
17 佐藤貴弥  左/左 2年 熊本・合志市立合志中
18 井手尾輝  右/右 1年 福岡・北九州市立板櫃中
19 宮本蒼大  右/左 2年 熊本•熊本市立龍田中
20 濱﨑瀧摩  左/左 2年 熊本•天草市立本渡中

⭐️特集ページ:春季九州大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 坂井理人  右/右 2年 熊本・熊本市立三和中
02 寺尾真洸  右/右 2年 熊本・熊本市立託麻中
03 中嶋真人  右/右 2年 熊本・熊本市立三和中
04 野田希   右/右 2年 熊本・熊本市立飽田中⭐️
05 梅田悠汰  右/右 2年 熊本・熊本市立託麻中
06 山田颯太  右/右 2年 熊本・八代市立鏡中
07 山下勝耀  右/左 2年 熊本・天草市立稜南中
08 内田海   右/左 1年 熊本・熊本市立天明中
09 岡本悠生  右/右 2年 熊本・熊本市立錦ヶ丘中
10 植田凰暉  左/左 2年 熊本・上天草市立大矢野中
11 冨永裕心  右/右 2年 熊本・芦北町立田浦中
12 杉本光翼  右/右 2年 熊本・嘉島町立嘉島中
13 戸田拓海  右/右 2年 熊本・熊本市立東野中
14 下田武昇  右/左 1年 熊本・宇土市立鶴城中
15 松村颯真  右/右 2年 熊本・熊本市立三和中
16 元山嵩虎  右/右 1年 熊本・八代市立第一中
17 佐藤貴弥  左/左 1年 熊本・合志市立合志中
18 宮本蒼大  右/左 1年 熊本•熊本市立龍田中
19 米澤凛   右/右 2年 熊本・合志市立合志中
20 小郷陸斗  右/左 2年 熊本・宇土市立鶴城中




[戦歴] 春季九州大会2024年

⭐️特集ページ:春季九州大会 日程・結果

鹿児島実(鹿①) 5-0 熊本国府(選抜) ※準々決勝
鹿児島実業|102|100|010|=5
熊本国府 |000|000|000|=0
=====================================
🌸レポート🌸 鹿児島実業が5-0で勝利。背番号11長田鉄生(3年)が9回1死までを投げ、被安打6・四死球4・奪三振12・失点0・計166球と好投。その後は、背番号16菅田空来(3年)と背番号10大迫比哉琉(3年)がワンポイント登板し、完封リレー。攻撃陣は計15安打。1回表、5番西悠太朗(3年)の犠牲フライで1点を先制。3回表、6番新改幸士朗(3年)の安打で2点を追加。4回表、相手暴投から1点を追加。8回表、2番髙橋裟輝亜(3年)の2塁打で1点を追加し、計5得点。打者では、2番髙橋裟輝亜(3年)が4打数3安打1打点、4番原田颯馬(3年)が4打数4安打と活躍。敗れた熊本国府は、背番号1坂井理人(3年)が3回、背番号10植田凰暉(3年)が5回、背番号17佐藤貴弥(2年)が1回を登板。攻撃陣は計6安打を放つも得点が奪えなかった。


長崎日大(長①) 1-2x 熊本国府(選抜)(11) ※1回戦
長崎日大 |010|000|000|00 =1
熊本国府 |000|010|000|01 =2x
=====================================
🌸レポート🌸 熊本国府が2x-1(延長11回サヨナラ)で勝利。1点を追う5回裏、8番寺尾真洸(3年)の安打と四球で走者を出すと、2番野田希(3年)の犠牲フライで1-1の同点。迎えたタイブレーク11回裏、先頭の6番山下勝耀(3年)が犠打を決めると、その後2死満塁から2番手でマウンドに上がった9番植田凰暉(3年)がタイムリーを放ち、決着。投手陣は、背番号1坂井理人(3年)が5回1失点と好投し、その後は背番号10植田凰暉(3年)が残るイニングを無失点に押さえ込んだ。敗れた長崎日大は、背番号8三丸悠成(3年)が6回1失点と好投し、その後は背番号1西尾海純(3年)が登板。攻撃陣は計7安打。11回表には2死満塁の好機も得点が奪えなかった。



[概要] 春季九州大会2024年

【2024年 春季九州大会 大会日程•出場校など】
・抽選:4月12日(金) ※組み合わせ抽選会
・日程:4月20日(土)〜4月25日(木)

・場所:佐賀県|楽天トラベル [ホテル予約]
・会場:佐賀・さがみどりの森球場
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:九州大会の過去結果 [春季・秋季]
・近隣:福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
【出場校一覧】
選抜(4):熊本国府明豊神村学園東海大福岡
福岡(2):①春日、②大牟田
佐賀(4):①佐賀北、②唐津商、③北陵、④東明館
長崎(1):①長崎日大
熊本(1):①文徳
大分(1):①大分
宮崎(1):①宮崎商業
鹿児(1):①鹿児島実業
沖縄(1):①エナジック
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

熊本国府 0-3 阿南光  ※2回戦
熊本国府 |000|000|000|=0
阿南光  |200|100|00x|=3
=====================================
🌸レポート🌸 阿南光が3-0で勝利し、初のベスト8入り。背番号1吉岡暖(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・無四死球・奪三振14・計120球で完封。要所で内野ゴロに打たせて取り、併殺で得点を与えず。攻撃陣は、計5安打。1回裏、四球で走者を出すと、3番福田修盛(2年)のライトオーバーの3塁打で1点、相手失策から1点を奪い、2点を先制。4回裏には5番吉岡暖(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、8番戸田大貴(1年)の2塁打で1点を追加し、3-0と突き放した。敗れた熊本国府は、背番号1坂井理人(2年)が5回3失点、その後は背番号10植田凰暉(2年)が登板。攻撃陣は計5安打に抑えられ、得点は奪えず。鍛えられた守備陣は、今大会で確かな印象を残した。【観客数 : 11,000人】


近江 1-2x 熊本国府 (10) ※1回戦
近江   |001|000|000|00=1
熊本国府 |001|000|000|10=2x
=====================================
🌸レポート🌸 引き締まった守り合いの大接戦は、熊本国府が2x-1(延長10回TB)でサヨナラ勝利。攻撃陣は計7安打。1点を先制された直後の3回裏、3番内田海(1年)の2塁打で1点を返して、すぐさま同点(歴史的なチーム初得点)。その後、無得点のまま迎えた延長10回裏、先頭の3番内田海(1年)が犠打を決めると、続く4番中嶋真人(2年)が四球を選び、1死満塁。ここで5番岡本悠生(2年)の打席で、相手バッテリーミスにより決着。投手陣は、山本由伸を彷彿とさせるフォームの背番号1坂井理人(2年)が7回1失点と好投し、背番号10植田凰暉(2年)が残る3回を無失点と好救援。鍛え上げられた守備陣は、無失策。Wスチール・スクイズ阻止のほか、ショート山田颯太(2年)が再三の好守備で甲子園を沸かせた。敗れた近江は、スライダーに抜群のキレを持つ背番号1西山恒誠(2年)が10回を投げ抜き、被安打7・四死球5・奪三振14・失点2・計169球と好投。レフト森島海良(2年)やサード大石尚汰(2年)らが好守で支えた。攻撃陣は計8安打。3回表に1番森島海良(2年)が2塁打で出塁すると、2番岡本一倖(2年)の安打で1点を先制をするも、その後は得点が奪えなかった。【観客数 : 16,000人】



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:初出場。選考委員会の選考理由「九州大会全4試合で2桁安打を放ち、エース右腕の坂井理人、左腕・植田凰暉の2人の投手力も光り、攻守のバランスが取れている」


🌸主な戦歴など熊本V九州V神宮初戦|九州大会では、初戦・飯塚(福②)に6-2、続く準々決勝・大分舞鶴(大②)に7x-6(10回TB)、準決勝・神村学園(鹿①)に7-1、決勝・明豊(大①)に5-1で勝利し、九州V。神宮大会では、初戦で関東一に2-6で敗戦。


🌸主な投手陣等チーム防御率:2.12(20位)、平均失点数:3点(26位)、平均失策数:1.3つ(27位)。投手陣は、強打・明豊を1失点(無四球)に抑えた背番号1坂井理人(2年・山本由伸フォーム!)と、抜群の制球力を持つ背番号10植田凰暉(2年)による2枚看板で勝ち上がる。巨人•吉村優聖歩(明徳義塾)を参考としたプチトルネード左腕の背番号10植田凰暉(2年)は、九州大会の準決勝で強打・神村学園を相手に9回1失点と好投をみせた。また、普段の練習は「8割が守備」で、九州大会の全4試合で失策3と堅い守備で投手陣を盛り立てる。【秋公式戦データ(投球回数順)】①坂井理人(2年)は計58回を投げて、防御率2.17(43位)、奪三振29(30位)、1回あたりの奪三振数0.5(64位)。②植田凰暉(2年)は計25回を投げて、防御率1.80(32位)、奪三振19(43位)、1回あたりの奪三振数0.76(49位)、1回あたりの与四死球0.160(7位★)。[個人ランキング]

[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.321(17位)、平均得点:6.6点(18位)、総本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:1個(24位)。 優勝した九州大会の全4試合で2桁安打をマークした打線は、選球眼の良い1番梅田悠汰(2年)とチーム最多5盗塁の2番野田希主将(2年)がチャンスメイク。特に中軸に力があり、4番中嶋真人(2年)は、神村学園戦で逆転2塁打を含む5打数3安打2打点、明豊戦では最多3安打を記録するなど、打率.379・打点7。続く5番岡本悠生(2年)は、大分舞鶴戦でサヨナラタイムリーを含む5打数3安打2打点を記録するなど、打率.444・本塁打1・打点9(チーム1位タイ)。さらに6番山下勝耀(2年)は、飯塚戦で最多3安打、神村学園戦で4打数2安打2打点を記録するなど、打率.556(出場選手4位)・打点9(チーム1位タイ)と好成績を残す。下位打線も、打点7の7番山田颯太(2年)、打点8の8番寺尾真洸(2年)と得点力のある打者が並ぶ。[個人ランキング]


🌸トピックス等:就任3年目の山田祐揮監督(30)が率いる。部員61人全員が熊本出身。熊本女子商業学校が前身。創部時の野球部長・森宏さんが2023年8月に死去(享年84)。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【熊本国府|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :61人(11位) (部員数ランキング)
・試合数   :10戦9勝1敗 (戦歴:熊本九州神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.321(17位) [平均.330点]
・総得点   :66点(15位) [平均69.1点]
・平均得点  :6.6点(18位) [平均6.9点]
・総本塁打  :3本(13位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(15位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :10個(24位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1個(24位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.12(20位) [平均1.93]
・総失点   :30点(26位) [平均24.3点]
・平均失点数 :3点(26位) [平均2.4点]
・総失策数  :13つ(27位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1.3つ(27位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 明治神宮大会2023年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

関東一 6-2 熊本国府 [高] ※初戦
関東一  |100|011|120|=6
熊本国府 |000|001|010|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、関東一が背番号10大後武尊(2年)、熊本国府は背番号1坂井理人(2年・マサト)。1回表、関東一は内野ゴロから1点を先制。5回表、関東一は代打・堀江泰祈(2年)の3塁打で1点を追加し、2-0。5回裏から関東一は2人目の最速145キロの背番号1坂井遼(2年)に交代。6回表、関東一は2番成井聡(2年)と4番高橋徹平(2年)の連続2塁打から1死2・3塁とし、5番熊谷俊乃介(2年)の犠牲フライで1点を追加。6回裏、熊本国府は6番山下勝耀(2年)の2塁打で1点を返し、3-1。7回表から熊本国府は2人目の背番号10植田凰暉(2年・ゴウキ)に交代。このあと関東一は2番成井聡(2年)の安打で1点を追加。8回表、関東一は7番市川歩(2年)のスクイズで1点、8番小島想生(2年)の2塁打で1点を追加し、6-1。8回裏、熊本国府は5番岡本悠生(2年)の安打で1点を返し、6-2。関東一が6-2で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】関東一は、背番号10大後武尊(2年・オオゴタケル)が4回無失点、続く背番号1坂井遼(2年・ハル)が5回を被安打4・四死球1・奪三振6・失点2と好投。攻撃陣は計11安打、代打・堀江泰祈(2年)が5回表に貴重な追加点となるタイムリー3塁打を放ち、勢いづけた。

[戦歴] 秋季九州大会2023年(1/2)

⭐️特集ページ:秋季九州大会 日程・結果

熊本国府(熊①) 5-1 明豊(大①)(久) ※決勝
熊本国府 |030|000|020|=5
明豊   |000|000|001|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、熊本国府が背番号1坂井理人(2年)、 明豊が背番号17大堀羚斗(1年・レイト)。2回表、熊本国府は4番中嶋真人(2年)と5番岡本悠生(2年)が安打で出塁すると、7番山田颯太(2年)の2塁打で1点、8番寺尾真洸(2年・マヒロ)の犠牲フライで1点、9番坂井理人(2年)の安打で1点を奪い、3点を先制。3回表から明豊は2人目の背番号10一ノ瀬翔舞(2年)に交代。7回表から明豊は3人目の背番号1野田皇志(2年)に交代。8回表、熊本国府は2死満塁から、2番野田希(2年)の安打で2点を追加し、5-0と突き放す。9回表から明豊は4人目の背番号11寺本悠真(1年)に交代。9回裏、明豊は失策で走者を出すと、6番芦内澄空(2年・ソラ)の安打で1点を返す。熊本国府が5-1で勝利し、初優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】熊本国府は、背番号1坂井理人(2年・マサト)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球0(無四死球)・奪三振2・失点1・計112球と圧巻のピッチングで、明豊打線を完封。バックは、ショート山田颯太(2年)らの堅守でエースを支えた。攻撃陣は計10安打を放ち、4番中嶋真人(2年)が最多3安打を放ったほか、キャプテンの2番野田希(2年)は終盤に相手を突き放す2点安打を放つなど活躍が光った。熊本国府は、明治神宮大会(九州地区代表)へ出場する。


熊本国府(熊①) 7-1 神村学園(鹿①)(久) ※準決勝
熊本国府 |000|003|031|=7
神村学園 |000|010|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、熊本国府が背番号10植田凰暉(2年)、神村学園が背番号1今村拓未(2年)。5回裏、神村学園は3連打から1死満塁とし、押出死球で1点を先制(1点止まり)。6回表、熊本国府は四球2つで走者を出すと、4番中嶋真人(2年)の2塁打で2点(逆転)、6番山下勝耀(2年)の安打で1点を奪い、3-1。8回表、熊本国府は4番中嶋真人(2年)が2塁打で出塁し、続く5番岡本悠生(2年)が申告敬遠されると、6番山下勝耀(2年)の安打で1点を奪い、4-1。ここで神村学園は2人目の背番号19千原和博(1年)に交代。このあと熊本国府は、2死満塁から8番寺尾真洸(2年・マヒロ)の安打で2点を奪い、6-1。9回表から神村学園は3人目の背番号18釜昊暉(2年・カマ コウキ)に交代。9回表、熊本国府は2死から安打2本で走者を出すと、5番岡本悠生(2年)の安打で1点を追加し、7-1。このあと神村学園は4人目の背番号10早瀬朔(1年)に交代。熊本国府が7-1で勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】熊本国府は、プチトルネード左腕の背番号10植田凰暉(2年・ゴウキ)が9回を一人で投げ抜き、被安打11・四死球2・奪三振4・失点1・計130球で完投。攻撃陣は計11安打を放ち、4番中嶋真人(2年)が逆転2塁打を含む5打数3安打2打点、6番山下勝耀(2年・ショウヨウ)が4打数2安打2打点と活躍が光った。

[戦歴] 秋季九州大会2023年(2/2)

⭐️特集ページ:秋季九州大会 日程・結果

大分舞鶴(大②) 6-7x 熊本国府(熊①)(10)(小) ※準々決勝
大分舞鶴 |010|000|400|1 =6
熊本国府 |020|200|100|2 =7x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、大分舞鶴が背番号1秋田康介(1年)、熊本国府が背番号1坂井理人(2年)。2回表、大分舞鶴は7番若杉悠諒(2年)の3塁打で1点を先制。2回裏、熊本国府は7番山田颯太(2年)の安打で1点、内野ゴロから1点を奪い、1-2と逆転。4回裏、熊本国府は1番梅田悠汰(2年)の2ラン本塁打で、1-4。7回表、大分舞鶴は1番三浦佑樹(1年)の安打で1点を返し、2-4。さらに1死満塁から4番三浦祐太朗(2年)が走者一掃となる2塁打を放ち、5-4と逆転。このあと熊本国府は2人目の背番号10植田凰暉(2年)に交代。7回裏、熊本国府は4番中嶋真人(2年・マサト)の3塁打で1点を奪い、5-5の同点。10回表、大分舞鶴は先頭の4番三浦祐太朗(2年)の安打で1点を勝ち越し。10回裏、熊本国府は相手フィルダースチョイスから無死満塁。ここで5番岡本悠生(2年)がサヨナラ2点タイムリーを放ち、決着!熊本国府が7x-6(延長10回TB)で勝利し、4強入り=センバツ出場有力に!【◆◆活躍メモ◆◆】熊本国府は、5番岡本悠生(2年)がサヨナラ打を含む5打数3安打2打点と活躍するなど、計11安打・7得点。投げては、背番号1坂井理人(2年・マサト)が6回1/3を5失点、その後は背番号10植田凰暉(2年・ゴウキ)が残る3回2/3を被安打1・四死球0・奪三振5・失点1と好救援した。


飯塚(福②) 2-6 熊本国府(熊①)(久) ※初戦
飯塚   |001|000|001|=2
熊本国府 |211|020|00x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、飯塚が背番号1中島万瑛(2年・マエ)、熊本国府が背番号1坂井理人(2年)。1回裏、熊本国府は安打2本で走者を出すと、4番中嶋真人(2年)の安打で1点、5番岡本悠生(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2点を先制。2回裏、熊本国府は1番梅田悠汰(2年)の安打で1点を追加し、0-3。3回表、飯塚は2番赤間亮祐(2年)の3塁打で1点を返す。3回裏、熊本国府は7番山田颯太(2年)の安打で1点を追加し、1-4。ここで飯塚は2人目の背番号11野中友晴(2年)に交代。5回裏から飯塚は3人目の背番号18倉石大嘉(1年)に交代。このあと熊本国府は8番寺尾真洸(2年)の3塁打で2点を追加し、1-6。 6回裏から飯塚は4人目の背番号10肥後琥南(2年)に交代。8回表から熊本国府は2人目の背番号10植田凰暉(2年)に交代。9回表、飯塚は7番山中統史(1年)の安打で1点を返すも、反撃はここまで。熊本国府が6-2で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】熊本国府は、6番山下勝耀(2年)が最多3安打を放つなど計11安打で6得点。投げては、
先発の背番号1坂井理人(2年・マサト)が7回を被安打7・四死球1・奪三振2・失点1と力投が光った。



[戦歴] 秋季熊本大会2023年

⭐️特集ページ:熊本大会の日程・結果

【熊本国府の戦歴|秋季熊本大会2023年】
・決勝戦 :熊本国府 05-4 九州学院
・準決勝 :熊本国府 08-4 ルーテル学院
・準々決勝:熊本国府 04-3 鎮西

・3回戦 :熊本国府 11-1 岱志(5)
・2回戦 :熊本国府 11-2 天草工業(7)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次