《長崎日大》野球部メンバー2022年⚡️

長崎日大 野球部メンバー 2022年

長崎日大 野球部メンバー 2022年 特集!

【夏の長崎大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号・名前・学年・出身中学==
01 川副良太 3年 佐賀・佐賀市立城西中
02 勝野凌空 3年 川棚市立川棚中
03 白川輝星 3年 松浦市立志佐中
04 百武伸  3年 大村市立郡中
05 河村恵太 3年 福岡・北九州市立沖田中★主
06 梅﨑光星 3年 佐世保市立中里中
07 平尾大和 2年 福岡・北九州市立菅生中
08 前田凱地 3年 雲仙市立愛野中
09 今村昴輝 3年 住吉中
===控えメンバー===============
・種村隼   3年 諫早市立諌早中
・廣田樹大  2年 波佐見町立波佐見中
・豊田喜一  2年 福岡・私立折尾愛真中
・山下夏輝  3年 長崎市立橘中
・立川慶之介 3年 諫早市立小長井中
・内野陽晴  3年 大村市立西大村中
・下坂聖磨  2年 福岡・大川市立大川桐薫中
・前田拓海  3年 諫早市立諫早中
・岩野巧明  3年 諫早市立西諌早中
・大木拓朗  3年 諫早市立西諌早中
・井上陽斗  3年 鳳中
⭐️特集ページ:長崎大会の日程・結果⭐️



[過去] センバツ2022年登録選手

【センバツ2022年 ベンチ入りメンバー(旧学年)】
==背番号・名前・学年・出身中学==
01 種村隼   右/右 2年 諫早市立諌早中
02 勝野凌空  右/右 2年 川棚市立川棚中
03 白川輝星  右/左 2年 松浦市立志佐中
04 百武伸   右/右 2年 大村市立郡中
05 河村恵太  右/右 2年 福岡・北九州市立沖田中
06 立川慶之介 右/左 2年 諫早市立小長井中
07 平尾大和  右/右 1年 福岡・北九州市立菅生中
08 前田凱地  右/左 2年 雲仙市立愛野中
09 松尾一樹  左/左 2年 長崎市立戸町中
10 川副良太  左/左 2年 佐賀・佐賀市立城西中
11 廣田樹大  右/右 1年 波佐見町立波佐見中
12 豊田喜一  右/右 1年 福岡・私立折尾愛真中
13 梅﨑光星  右/左 2年 佐世保市立中里中
14 下坂聖磨  右/右 1年 福岡・大川市立大川桐薫中
15 前田拓海  右/左 2年 諫早市立諫早中
16 岩野巧明  右/左 2年 諫早市立西諌早中
17 大木拓朗  右/右 2年 諫早市立西諌早中
18 宮丸友太郎 右/右 2年 佐賀・唐津市立西唐津中




[戦歴] 春季九州大会2022年

長崎日大(選抜) 3-5 西短大附(福①)(ア) ※準々決勝
長崎日大|000|210|000|=3
西短大附|031|010|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️西短大附が5-3で長崎日大で勝利。エース江川颯太(3年)が9回完投し、被安打8・四死球6・奪三振7・失点3・計140球と力投した。攻撃陣は、2回裏に5番和田悠二朗(3年)の安打で1点、9番のエース江川颯太(3年)の2点2塁打で3点を先制。その後、3回裏には5番和田悠二朗(3年)の安打で1点、1点差に詰め寄られた直後の5回裏には8番轟木琉惺(2年)の安打で1点を奪い、計5得点。敗れた長崎日大は、先発のエース種村隼(3年)が3回4失点、その後は背番号11廣田樹大(2年)が2回を、背番号10川副良太(3年)が3回をともに好投した。攻撃陣は、4回表に失策と押出四球から1点ずつを奪い、なお2死満塁も追加点は奪えず。8回表にも、四球2つなどから1死2・3塁のチャンスを作るもあと一本が出なかった。5回表には3番平尾大和(3年)のソロ本塁打を記録した。


沖縄水産(沖①) 1-2x 長崎日大(選抜)(10)(サ) ※1回戦
沖縄水産|000|000|100|000=1
長崎日大|010|000|000|100=2x

=========================
⭐️試合総評⭐️長崎日大が2x-1(延長10回サヨナラ)で沖縄水産に勝利。長崎日大は、2回裏に1番前田凱地(3年)のタイムリーで1点を先制。その後、7回表に同点に追いつかれて試合は延長戦へ。延長10回裏、2死から6番岩野巧明(3年)と7番平尾大和が連打で出塁すると、8番豊田喜一(2年)がサヨナラ打を放ち、2x-1。投げては、先発の背番号10川副良太(3年)が6回を被安打3・死球2・失点0と好投。その後は背番号11廣田樹大(2年)が投げ、9回表からエース種村隼(3年)が登板した。敗れた沖縄水産は、背番号20平田李維(3年)が先発し、3回途中から登板した背番号10上原昂也(3年)がロングリリーフし、7回を被安打7・四死球2・奪三振4と好投をみせた。攻撃陣は、7回表に7番玉榮大榔(3年)のタイムリー3塁打で同点。その後、同点で迎えた9回表には、3連打から無死満塁チャンスを作るも無得点に終わり、好機をものにできなかった。



[チーム特集] センバツ2022年

⭐️秋季大会の主な戦歴:秋季長崎大会は準優勝。準々決勝で鎮西学院に5-0で勝利すると、準決勝・諫早農業戦は1点を追う8回裏に前の打者が申告敬遠された5番百武伸(2年)が走者一掃となる2塁打で3点を奪って逆転し9-5で勝利。決勝は海星に0-2で敗れた。長崎2位で進んだ九州大会の初戦・小林秀峰戦(宮崎1位)は、中盤までに5点リードされる展開も、6回表に一挙5点を奪って同点とし、8回表には一挙10点を奪って16-6(8C)で勝利。続く準々決勝・佐賀商業戦(佐賀1位)では、7回裏に一挙5点を奪って7-1で勝利。準決勝では九州国際大付(福岡1位)に2-12(7C)で敗れて、4強。 【戦歴:長崎大会(準優勝)九州大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:”ビッグイニング”を作る破壊力が魅力だ。中軸に力があり、3番松尾一樹(2年)は打率.444・打点7・本塁打1本、4番河村恵太主将(2年)は打率.429・打点6、1年秋から主軸を任される5番百武伸(2年)は打率.345・打点10(チーム1位)・本塁打1本(高校通算10本塁打)、6番白川輝星(2年)は打率.455(チーム1位/出場選手24位)・打点6を記録。投手陣は、エース種村と川副の継投が勝利の方程式だ。先発の右腕エース種村隼(2年)は、6試合(計29回1/3)を投げて防御率4.60。抑えのサウスポー川副良太(2年)は、7試合(計26回)を投げて防御率2.08を記録する。

[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2。打率:.359(8位)、平均得点:7.8点(13位)、本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:1.9個(12位)、防御率:3.25点(27位)、平均失点数:3.4(24位)、平均失策数:1.3(28位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:長崎大会(準優勝)九州大会(4強)


⭐️攻撃力:チーム打率.359(8位)、平均得点7.8点(13位)、本塁打3本(13位)と攻撃力が高く、集中打からビッグイニングを作る破壊力を持つ。中軸陣は、3番松尾一樹(2年)が打率.444・打点7・本塁打1本(小林秀峰戦で2ラン)、キャプテンで4番河村恵太(2年)が打率.429・打点6、1年秋から主軸を任される5番百武伸(2年)が打率.345・打点10(チーム1位)・本塁打1本、6番白川輝星(2年)が打率.455(チーム1位/出場選手24位)・打点6。


⭐️投手力:チーム防御率3.25(27位)。右の種村・左の川福による継投リレーが勝利の方程式だ。先発を任される右腕エース種村隼(2年)は、6試合(計29回1/3)を投げて、防御率4.60・被安打29・奪三振15・与死四球10。抑えのサウスポー川副良太(2年)は、7試合(計26回)を投げて、防御率2.08・被安打24・奪三振20・与死四球11を記録。


⭐️個人成績ランク:6番白川輝星(2年)は打率.455(24位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

近江 6-2 長崎日大(13TB) ※1回戦
近江・・|000|000|002|000|40=6
長崎日大|000|002|000|000|00=2

======試合のみどころ============
京都国際が出場辞退により対戦カードが開幕日前日に変更。試合に集中を注ぎ、各々が自分達の野球をどれだけ発揮できるかが鍵となりそうだ。長崎日大は、”ビッグイニング”を作る破壊力が魅力だ。3番松尾一樹(2年)・4番河村恵太主将(2年)・5番百武伸(2年)・6番白川輝星(2年)ら中軸に力のある打者が揃う。対する近江は、補欠1位から出場。昨夏4強の原動力となった主将・エース・4番の山田陽翔(2年)が大黒柱だ。最速148キロ、通算30本塁打の二刀流で、滋賀大会の3位決定戦では満塁弾を記録。秋は肘痛で登板はなしも、3月の練習試合では智辯学園戦で6回1安打1失点と復調をアピールする。
======試合結果・総評レポート========
近江長崎日大との3時間4分の熱戦を6-2(延長13回TB)で制した。近江は、2点差を追う9回表に5番岡﨑幸聖(2年)、8番大橋大翔(2年)のタイムリーで土壇場で同点に追いつく。延長13回表には、先頭の4番山田陽翔(2年)が決勝打を放ち、その後は相手暴投などから計4点を奪った。投げてはエースで4番で主将の山田陽翔(2年)が13回を一人で投げ抜き、被安打7・死四球7・奪三振10・失点2・計165球を熱投。敗れた長崎日大は、エース種村隼(2年)が8回を、左腕の川副良太(2年)が残るイニングを力投。攻撃陣は、6回裏に4番河村恵太主将(2年)、5番白川輝星(2年)の連続2塁打で2点を先制するも、7回以降は無安打に終わった。



[チーム成績] 2021年秋の公式戦データ

【秋の戦歴:長崎大会(準優勝)九州大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.359(8位) [平均.328]
・得点   :62点(17位) [平均69.2点]
・平均得点 :7.8点(13位) [平均7.1点]
・本塁打  :3本(13位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.4本(11位) [平均0.4本]
・盗塁数  :15個(15位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.9個(12位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :27(18位) [平均25.6]
・平均失点数:3.4(24位) [平均2.8]
・防御率  :3.25点(27位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.4点(27位) [平均0.3点]
・失策数  :10(23位) [平均8.1]
・平均失策数:1.3(28位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:8戦6勝2敗
※部員数:57人(13位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋の公式戦ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
・白川輝星 3年 打率=24位:.455(22打数10安打)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[過去] 秋季九州大会2021年

九国大付(福岡①) 12-2 長崎日大(長崎②)(7C)(県) ※準決勝
九国大付|124|010|400|=12
長崎日大|200|000|000|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️九国大付が12-2(7C)で長崎日大に勝利し決勝進出。ヒット14本(ソロ本塁打1本、満塁弾1本)を放ち計12得点。攻撃陣は、まず1回表に3番大島の安打で1点を先制、1点をリードされた2回表には2番中上・3番大島の安打で2点を奪い3-2と逆転。3回表には、8番香西・2番中上・3番大島の3人のタイムリーで計4点。5回表には1番黒田のソロ本塁打で1点、7回表には失策と2つの死四球から2死満塁のチャンスを作ると、1年生の4番佐倉の満塁ホームラン(高校通算7号、体重108kg、憧れは西武の森、ヤクルト村上)で、12-2とした。投げては、エース香西が6回を被安打7・死四球2・奪三振5・失点2(計99球)と好投し、最後1回を背番号11秋元が三者凡退に抑えた。打者では、1番黒田が2打数2安打1打点(ソロ本塁打1本)+四球3つと全5打席で出塁し、3番大島は2回表に勝ち越し打を放つなど4打数3安打3打点と活躍が光った。敗れた長崎日大は、エース種村が4回を、背番号10川副が残る3回を投げて、被安打14・与死四球7。攻撃陣は、計7安打を記録するも、1回裏に6番白川の2塁打で奪った2点にとどまった。


佐賀商業(佐賀①) 1-7 長崎日大(長崎②)(市) ※準々決勝
佐賀商業|100|000|000|=1
長崎日大|100|010|50x|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️長崎日大が7-1で佐賀商業に勝利し4強進出、センバツ出場が有力に。計13安打・5盗塁(7回裏に4盗塁)・7得点。1点をリードした7回裏に、四球と死球2つから2死満塁のチャンスを作ると、5番百武の安打で2点、6番白川の安打で1点、7番勝野の安打で2点と、集中打&機動力で一挙5得点を奪った。打者では、3番松尾は初回の同点タイムリーを含む4打数3安打1打点、6番白川が4打数3安打1打点と活躍。投げては、エース種村が7回を被安打4・死球1・奪三振3・失点1と好投し、背番号10川副が残る2回を被安打2・四球2・奪三振2・失点0で試合を締めた。敗れた佐賀商業は、エース本山が5回を被安打5・死四球3・失点2と力投するも、2番手の陣内が7回裏に死四球3つからピンチを招き5失点。攻撃陣は計6安打に抑え込まれた。


長崎日大(長崎②) 16-6 小林秀峰(宮崎①)(8C)(県) ※初戦
長崎日大|000|005|1⑩0|=16
小林秀峰|010|131|0⓪0|=6

=========================
⭐️試合総評⭐️長崎日大が16-6(8回コールド)で小林秀峰に勝利。中盤までに5点のリードを奪われた長崎日大は、5回表に4番河村・6番白川・7番勝野の3本のタイムリーで3点、さらに押出四球とスクイズから2点を奪って、5-5の同点。再び1点リードされた7回表には6番白川の3塁打で6-6の同点とする。8回表には、合計ヒット7本と3番松尾一樹の2ラン本塁打などで一挙10得点を奪って、試合を決めた。チームは合計15安打を記録。投手陣は、エース種村が4回を登板し、背番号10川副が残る4回を投げて、2投手で被安打9・四球1・失点6。敗れた小林秀峰は、先発のエース田口が4回を被安打1・死四球2・奪三振5・失点0の好投を見せるも、その後を託された背番号10田中・背番号11鹿嶋・背番号12熊ノ迫の3投手が計16失点を喫した。打者では、5番吉丸が4打数2安打2打点、6番江田がソロ本塁打を放つ活躍を見せた。

[過去] 秋季長崎県大会2021年

【長崎日大の戦歴|秋季長崎県大会2位】
・決勝戦 :長崎日大 00-2 海星
・準決勝 :長崎日大 09-5 諫早農業

・準々決勝:長崎日大 05-0 鎮西学院
・3回戦 :長崎日大 10-0 長崎北(5)
・2回戦 :長崎日大 13-1 上五島(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路