《長崎日大》野球部メンバー2022年⚡️

長崎日大 野球部 2022年

長崎日大 野球部メンバー 2022年 特集!

⭐️[過去]一世代前のメンバー一覧はコチラ

【秋季九州大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 西尾海純  右/右 1年 山田
02 豊田喜一  右/右 2年 折尾愛真
03 加藤太陽  右/左 1年 西大村
04 栗山由雅  右/左 2年 晴吉
05 平岩悠生  右/左 2年 千々石
06 下坂聖磨  右/右 2年 大川桐薫
07 坂本直隆  左/左 2年 波佐見
08 平尾大和  右/右 2年 菅生
09 松本健人  右/右 2年 川棚
10 廣田樹大  右/右 2年 波佐見
11 三丸悠成  右/左 1年 吾妻
12 福島孝太  左/左 2年 大村
13 松山宝聖  右/右 2年 明峰
14 末川泰地  右/右 1年 大野
15 城島慶太郎 右/左 2年 諫早
16 中村浩聖  右/右 2年 波佐見
17 立石莉徠  右/右 1年 筑後北
18 小泉治輝  右/左 2年 山の田
19 林田瑛士  左/左 1年 城西
20 内藤大空  右/右 2年 那珂川南

⚡️特集ページ:九州大会の日程・結果



[戦歴] 秋季九州大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:九州大会の日程・結果

沖縄尚学(沖1) 8-5 長崎日大(長1) ※決勝
沖縄尚学|000|300|302|=8
長崎日大|201|100|001|=5 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️沖縄尚学が8-5で長崎日大に勝利し、優勝!九州王者として明治神宮大会へ出場する。攻撃陣は計13安打。序盤に3点をリードされるも、4回表に4番仲田侑仁(2年)、5番石川純平(2年)、6番宮平良磨(2年)の3連続タイムリーで3点を奪い、3-3の同点。その後に1点を勝ち越されるも、7回表に1番知花慎之助(2年)の2塁打で1点を奪って4-4の同点とし、さらに2番佐野春斗(2年)の安打で2点を奪い、6-4と勝ち越し。9回表には、前の打者が申告敬遠された2番佐野春斗(2年)が今度は2点2塁打を放ち、8-4と突き放した。投手陣は、背番号11上原秀介(2年)・背番号10照屋希空(2年)・背番号18儀部皓太朗(2年)が継投し、最後は背番号1東恩納蒼(2年)が粘る相手を振り切った。打者では、2番佐野春斗(2年)が4打数3安打4打点と活躍が光った。敗れた長崎日大は、背番号10廣田樹大(2年)が6回1/3を投げ、その後は背番号1西尾海純(1年)・背番号11三丸悠成(1年)が継投。攻撃陣は計10安打を放ち、3番豊田喜一(2年)は初回に2ラン本塁打、9回裏にはタイムリーを放つなど、5打数3安打3打点(初回の2ラン本塁打を含む)と活躍が光った。


大分商業(大2) 1-4 長崎日大(長1)(コ) ※準決勝
大分商業|000|000|010|=1
長崎日大|011|200|00x|=4 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️長崎日大が4-1で大分商業に勝利し、決勝進出。背番号1西尾海純(1年)が8回を被安打6・四死球1・奪三振5・失点1・計95球と好投し、最終回は背番号20内藤大空(2年)が救援した。攻撃陣は計10安打。まず2回裏に9番下坂聖磨(2年)の安打で1点を先制すると、3回裏には5番加藤太陽(1年)のスクイズで1点を追加。4回裏には、1番平尾大和(2年)が3塁打で出塁すると、3番坂本直隆(2年)の2塁打で1点、4番平岩悠生(2年)の犠牲フライで1点を追加し、計4得点。打者では2番坂本直隆(2年)が4打数3安打1打点と活躍をみせた。敗れた大分商業は、背番号1児玉迅(2年)が2回1/3を、背番号10飯田凜琥(2年)が5回2/3を登板。攻撃陣は計6安打に抑えられ、得点は8回表に1死満塁から1番豊田顕(2年)のスクイズで奪った1点にとどまった。



[戦歴] 秋季九州大会2022年(2/2)

ウェルネス(沖2) 4-11 長崎日大(長1)(7)(コ) ※準々決勝
ウェルネス|020|002|000|=4
長崎日大 |012|004|400|=11 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️長崎日大が11-4(7回コールド)で日本ウェルネスに勝利し4強進出、センバツ出場へ大きく前進した。攻撃陣は計14安打(先発全員安打)。序盤は先制&逆転を許す展開も、迎えた6回裏に6番松本健人(2年)が3塁打で出塁すると、8番廣田樹大(2年)の安打で1点を奪って4-4、さらに1死満塁から押出死球で1点、3番豊田喜一(2年)の安打で1点、5番加藤太陽(1年)の安打で1点を奪い、7-4と勝ち越し。7回裏には、9番下坂聖磨(2年)の安打で1点、その後2死満塁から4番平岩悠生(2年)の走者一掃となる2塁打で3点を奪い、11-4とした。投げては、背番号10廣田樹大(2年)が7回を被安打8・四死球0(無四死球)・奪三振5・失点4・計87球と力投した。敗れたウェルネスは、背番号1上原律己(2年)・背番号10安里幸大(2年)・背番号5當銘愛渉(2年)の3投手が継投。攻撃陣は計8安打を記録し、9番新城琉愛(2年)・5番大濵安綺(1年)のタイムリーなどで4点を奪うなど中盤まで競り合いを演じた。


文徳(熊2) 3-4 長崎日大(長1)(名) ※初戦
文徳  |020|000|001|=3
長崎日大|001|002|01x|=4

————————————————–
⭐️試合結果⭐️長崎日大が4-3で文徳に勝利。攻撃陣は計9安打を記録。2点を追う3回裏に2番坂本直隆(2年)の安打で1点を返すと、6回裏に3番豊田喜一(2年)の2塁打で1点、6番松本健人(2年)の2塁打で1点を奪い、3-2と逆転。終盤の8回裏には、3番豊田喜一(2年)が今度は3塁打(&失策が絡み生還)を放って1点を追加し、計4得点。投手陣は、背番号1西尾海純(1年)が5回を被安打10・失点2、その後は背番号10廣田樹大(2年)が4回を被安打5・失点1と共に力投した。敗れた文徳は、背番号1森平哲平(2年)と背番号10福山喬哉(1年)の2投手が登板。攻撃陣は相手を上回る計15安打(残塁12つ)を記録し、9回表には辻﨑大成(2年)のソロ本塁打で1点差に迫るも及ばなかった。



[戦歴] 秋季長崎県大会2022年

⭐️特集ページ:長崎大会の日程・結果

【長崎日大の戦歴|秋季長崎大会2022年】
・決勝  :長崎日大 02-0 海星
・準決勝 :長崎日大 05-1 大崎
・準々決勝:長崎日大 12-0 波佐見(6)
・3回戦 :長崎日大 10-2 長崎西(7)
・2回戦 :長崎日大 04-1 島原
  ——新人戦—————
・決勝  :長崎日大 7-3 鎮西学院
・準決勝 :長崎日大 9-2 創成館
・1回戦 :長崎日大 7-0 川棚(7)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路