《選手名簿》大崎(長崎) 野球部メンバー 2021年

長崎・大崎高校 野球部メンバー 2021年

大崎高校(長崎) 野球部 メンバーを特集!2021年春季九州大会のベンチ入りメンバーおよびセンバツ甲子園での登録選手・戦歴は、以下の通り。

◆春季九州大会2021年 ベンチ入りメンバー
【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 坂本安司  右右 3年 長崎 佐世保市立日野
02 調祐李   右右 3年 長崎 佐世保市立日野
03 田栗慶太郎 右左 2年 長崎 佐世保市立日野
04 村上直也  右左 3年 長崎 佐世保市立針尾
05 山口剛大  右左 2年 長崎 佐世保市立中里
06 村田慶二  右右 2年 長崎 佐世保市立大野
07 松本慶一郎 右右 3年 長崎 西海市立西彼
08 池田晃弥  右右 3年 長崎 長崎市立横尾
09 乙内翔太  右右 3年 長崎 川棚町立川棚
10 秋山章一郎 右左 3年 長崎 雲仙市立吾妻 ◎主将
11 勝本晴彦  左左 2年 長崎 五島市立福江
12 井手闘羽  右右 2年 長崎 東明
13 小宮勝輝  右右 3年 長崎 長崎市立橘
14 井元隆太  右左 3年 長崎 平戸市立度島
15 福浦蓮翔  右右 2年 長崎 松浦市立今福
16 川口蒼生  右右 2年 長崎 西海市立西彼0
17 大塚魁飛  右右 2年 長崎 広田
18 今岡大翔  右左 2年 長崎 西海市立西彼
18 中野文太  右右 2年 長崎 佐世保市立山澄
20 大北嵩道  右左 2年 長崎 山澄
監督:清水央彦  [春季九州大会の日程・結果]

2021年春季九州大会 戦歴・結果

4月24日(土) 興南 8-2 大崎 ※1回戦
興南|010|000|106|=8
大崎|000|000|002|=2
投手:興南=山城→大山
投手:大崎=勝本坂本
———————————-
興南がセンバツ出場の大崎に8-2で勝利。先発の背番号10・山城京平は8回を投げ、被安打3・奪三振12・四死球1と好投。9回には一挙6得点を挙げて試合を決めた。《試合経過》興南は背番号10の山城、大崎は背番号11の勝本が先発。2回表、興南は7番山川の2塁打で1点を先制。その後7回表に、興南は内野ゴロの間に1点を奪い、2-0
。9回表、大崎はエース坂本がマウンドへ。9回表、興南は無死満塁から5番宮城の安打で2点、押出四球で1点、さらに満塁から1番禰覇の走者一層の3塁打で3点を追加し、8-0とした。9回裏、大崎は内野ゴロで1点、6番山口の2塁打で1点を挙げるも及ばなかった。大崎の先発・背番号11の勝本は8回を投げ、被安打5・奪三振2・四球1・失点2と好投した。



センバツ2021年 ベンチ入りメンバー

◆春季九州大会2021年 ベンチ入りメンバー
【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 坂本安司  右右 3年 長崎 佐世保市立日野
02 調祐李   右右 3年 長崎 佐世保市立日野
03 田栗慶太郎 右左 2年 長崎 佐世保市立日野
04 村上直也  右左 3年 長崎 佐世保市立針尾
05 川口蒼生  右右 2年 長崎 西海市立西彼0
06 村田慶二  右右 2年 長崎 佐世保市立大野
07 秋山章一郎 右左 3年 長崎 雲仙市立吾妻 ◎主将
08 池田晃弥  右右 3年 長崎 長崎市立横尾
09 乙内翔太  右右 3年 長崎 川棚町立川棚
10 松本慶一郎 右右 3年 長崎 西海市立西彼
11 勝本晴彦  左左 2年 長崎 五島市立福江
12 井元隆太  右左 3年 長崎 平戸市立度島
13 中野文太  右右 2年 長崎 佐世保市立山澄
14 乙内駿斗  右左 2年 長崎 佐世保市立広田
15 山口剛大  右左 2年 長崎 佐世保市立中里
16 福浦蓮翔  右右 2年 長崎 松浦市立今福
17 今岡大翔  右左 2年 長崎 西海市立西彼
18 小宮勝輝  右右 3年 長崎 長崎市立橘
監督 :清水央彦



センバツ 大崎高校 野球部を特集!

センバツ2021年 長崎・大崎高校 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季長崎大会=優勝。秋季九州大会=優勝:県大会の準決勝・長崎西戦は6-0で完封。決勝・長崎日大戦は、7-3で逆転勝利し優勝。九州大会の初戦・開新戦(熊本2位)は9-2(8回コ)、続く準々決勝・延岡学園戦(宮崎2位)は、投手戦を3-2で制す。準決勝・明豊戦(大分1位)は、延長12回の投手戦を3x-2でサヨナラ。決勝・福岡大大濠戦は、5-1で勝利し優勝。公立校の優勝は、2009年秋の嘉手納(沖縄)以来、11年ぶり。

◆長崎の離島から旋風の予感:秋のチーム成績は、打率.312(23位)、平均得点6.7点(19位)、防御率2.05点(17位)、平均失点2.0点(11位)、平均盗塁数2.6個(7位)、平均失策0.4個(2位)を記録。エース坂本安司(2年)には安定感があり、相手打線に得点を許さない。攻撃面では、機動力を活かし少ないチャンスも着実に得点する。スポーツ6紙は、全てB評価。19年秋・20年夏・20年秋の長崎大会王者、20年秋の九州大会チャンピオン。長崎の離島から、初の甲子園で旋風を巻き起こす。

◆エースの名は坂本安司(あんじ):右腕・坂本安司(2年)は、秋の公式戦8試合59回を投げ、被安打42、奪三振37、与死四球13、失点10、防御率1.53を記録。制球力が高く、冷静沈着で抜群の安定感があるチームの大黒柱だ。九州大会では、開新・延岡学園・明豊(延長12回)の3試合を1人で投げ抜き、3試合とも2失点に抑える好投を見せた。

◆エース坂本と同じ中学出身の主砲・調祐李:打撃の軸は、捕手で4番の調祐李(しらべゆうり・2年)。エース坂本とは同じ佐世保立日野中学出身。秋は打率.273と低調だったが、県大会ではビッグNのレフトスタンド最上段へ突き刺すアーチなど本塁打2本を放った。九州大会でも勝負強さを発揮し、合計8打点を記録。

◆五島出身の左腕・勝本晴彦:身長181センチの長身左腕・勝本晴彦(1年)は、決勝・福大大濠戦に九州大会では初登板し、4安打1失点で完投。秋は3試合20回を投げて、被安打16、奪三振15、与死四球8、失点8、防御率3.60を記録。五島出身で、実家は洋菓子店「お菓子の店 かつもと」を営む。クリームクロワッサンがおすすめだという。

◆「全員野球」がチームのモットー:乙内翔太(2年)は、打率.441、9打点を記録。明豊戦では2-1と勝ち越されて迎えた延長10回裏に同点打。さらに延長12回裏にはサヨナラ打を放つなど、勝負強さがある。また、松本慶一郎(2年)は、打率.393、本塁打2本、チームトップの11打点を記録。村上直也(2年)は、打率.433、打点9を記録した。このほか、田栗慶太郎(1年)は、坂本・調と同じ日野中出身で、中3年時にはU15日本代表に選出された経験を持つ。

◆甲子園の応援曲の音源は友情応援:佐世保東翔高校の吹奏楽部が、攻撃時に流す応援曲の収録に協力。急遽、各校の応援曲を甲子園で流すことが可能となったこともあり、大崎高校側から10曲の楽譜が届いたのが3月11日。そこからわずか2日の練習で3月13日の収録に臨んだ。



存続危機、清水監督と3年生、甲子園中止、そして

◆少子高齢化が進む島で唯一の高校:長崎県立大崎高校は、西海市の離島・大島で唯一の高校(1952年開校)。旧大島町の人口は、2020年9月末現在で4933人。現在、全校生徒は114人(女子32人)で、うち野球部員は47人(1・2年生は29人、3年生は18人)。野球部員は、かつて市営住宅だった建物が市から提供され、清水監督と全部員が住む。オフは自転車で約45分のコンビニで買い出しする。

◆存続の危機、清水監督の就任と入学した3年生:2017年、部員5人の野球部は存続の危機にあった。そこに清峰のコーチ、佐世保実業の監督で甲子園に出場した清水央彦監督が、2018年4月に就任する。時を同じくして、この春卒業する3年生が野球部に入部した。西海市や後援会の支援を受けて寮生活を送れる体制が整い、野球部の再生と躍進が始まる。練習を観に来る島民や差し入れをする島民も多く、島ぐるみでのサポートが行われる。※清水監督=清峰:06年センバツ準優勝、佐世保実業:12、13年の夏の甲子園

◆夏に優勝も甲子園はなし、そして初の甲子園へ:清水監督と共に入学した3年生(今春卒業=1期生)は、2019年秋季長崎大会で優勝し、58年ぶりに秋季九州大会に出場を果たすなど躍進した。さらに、彼らの最後の夏となった2020年は、夏の長崎県独自大会で優勝。しかし新型コロナ感染拡大の影響で、夢の甲子園出場は叶わなかった。その後、3年生のサポートを受けた現メンバーは、2020年秋季長崎大会と九州大会で優勝を果たす。2021年1月29日、センバツ出場が正式に決まると「大崎高校の甲子園出場が決まりました。応援よろしくお願いします」と島内放送が流れた。甲子園を夢見た3年生とサポートする島民と「島一丸の全員野球」を聖地の舞台で発揮する。



センバツ2021年 戦歴・結果

◆3月22日(月) 1回戦 [第3日目]
福岡大大濠 2-1 大崎   [見所]
福大大濠|020|000|000|=2
大崎・・|000|000|100|=1

✍️試合結果コメント
秋季九州大会・決勝との同一カードは、福岡大大濠が2-1で大崎に勝利。福岡大大濠の左腕エース・毛利海大が4安打1失点で完投(合計143球)。奪三振は10個と、その持ち味を発揮した。2回表に、8番・松尾光氣のタイムリーで奪った2点を最後まで守り抜き、九州大会のリベンジを果たした。一方の大崎は、初の甲子園。独自大会優勝も甲子園にたどり着けなかった3年生、日常生活を支援する島民の期待を背負い、挑んだ。エース坂本安司は、9回を1人で投げ、被安打6と力投。バックも再三の好守備で支えるも、攻撃面であと一本が出ず、敗れた。

✍️試合のみどころ
秋季九州大会の決勝と同一カードに。九州大会では、大崎が5-1で福岡大大濠を下し、優勝。両チームともに好投手を擁し、ロースコアの接戦が予想される。大崎の坂本安司(2年)は8試合59回を投げて防御率1.53、一方の福岡大大濠の毛利海大(2年)は8試合49回を投げて防御率1.47と、両エースともに抜群の安定感がある。なお、九州大会の決勝では、福岡大大濠の毛利海大(2年)は、連投から登板せず敗戦。手の内を知り尽くす両チームが、今度はベストメンバーで再戦する。

2020年秋季大会の主な成績・データ

【回数】初出場(夏の甲子園=0回)
【成績】長崎大会=優勝、九州大会=優勝
【勝敗】9戦9勝0敗
【評価】A=0、B=6、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .312 / 23位 (.332)
【防御率】2.05 / 17位 (2.19)
【失点数】18点 / 12位 (22.3点)
 →平均 2点 / 11位 (2.4点)
【得点数】60点 / 19位 (67.4点)
 →平均 6.7点 / 19位 (7.3点)
【本塁打】4本 / 9位 (3.5本)
 →平均 0.4本 / 12位 (0.4本)
【盗塁数】23個 / 9位 (15.9個)
 →平均 2.6個 / 7位 (2個)
【失策数】4個 / 3位 (7.2個)
 →平均 0.4個 / 2位 (0.8個)
【部員数】29人(0人) (32位)
【生徒数】113人 (32位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)



2020年秋季九州大会 戦歴・結果

◆決勝戦
福大大濠(福1) 1-5 大崎(長1)

 福大大濠|100|000|000|=1
 大崎・・|100|120|10x|=5
————————————————
(福大大濠)森本、馬場、友納ー川上
(大崎)勝本ー調
・本塁打:山下(福大大濠)
・3塁打:調(大崎)
・2塁打:調(大崎)古川(福大大濠)
————————————————
◆大崎が5-1で福大大濠に勝利し、優勝。両チームの先発は、大崎が背番号11の勝本晴彦(1年)、福大大濠が背番号16の森本光紀(1年生)と今大会初登板の1年生がマウンドへ上がった。試合は福大大濠が1回表、3番・山下恭吾のソロ本塁打で1点を先制。しかし大崎は1回裏、5番・松本のタイムリーで1点を返し、すぐさま同点とした。2回裏、福大大濠は先発・森本から準決勝で1安打完封した馬場拓海がマウンドへ。4回裏、大崎は先頭がヒットで出塁すると犠打で送り、9番・山口のタイムリーで1点をあげ、2-1と勝ち越す。5回裏には、2連打と四球から1死満塁のチャンスを作ると、押出四球で1点、さらに8番・勝本のスクイズで1点。さらに7回裏には、先頭の4番・調が3塁打を放ち、5番・松本がタイムリーで返して5-1とした。大崎の先発・勝本晴彦(1年)は、9回を一人で投げ抜き、福大大濠打線を4回以降ヒット1本に抑えるなど、被安打4・死四球4と好投した。

◆大崎は、エース坂本安司が決勝戦までの3試合を全て一人で投げ抜き、いずれの試合も2失点に抑える好投で躍進の原動力となった。打っては主軸の調祐李、村上直也と、9番・山口剛大が勝負強い打撃を見せ、坂本を援護した。準決勝の延長となった明豊戦では乙内翔太が延長同点打・サヨナラ打と活躍が光った。昨年は、秋の長崎大会で優勝し進んだ九州大会の初戦で大分商業に延長で敗れ、センバツ出場ならず。今夏は長崎独自大会で優勝を果たすも夏の甲子園は中止。人口約5000人の島にある大崎高校が、センバツ出場を確かなものとした。

◆福大大濠は、好投手の活躍が光った。エース左腕・毛利海大は、初戦・準々決勝の2試合(計18回)を投げ、奪三振23を記録。伸びのストレートに力があった。また準決勝・宮崎商業戦では、1年生のプチトルネード投法・馬場拓海が8回1死まで無安打の好投を見せ、強打の宮崎商業を1安打に封じた。ひと冬越えた春、聖地・甲子園で一層成長した姿に注目したい。

◆準決勝
明豊(大1) 2-3x 大崎(長1)(延長12回)

 明豊|000|010|000|1000=2
 大崎|010|000|000|1010=3x  
————————————————
(明豊)財原、殿垣内、太田―簑原
(大崎)坂本―調
・2塁打:原(明豊)
————————————————
大崎が延長12回の投手戦を制し、3x-2(サヨナラ)で明豊に勝利し決勝進出。先制したのは大崎。2回裏、2死2塁から6番・村田慶二のタイムリーで1点を先制する。一方の明豊は5回表、1死2・3塁から好調の3番・黒木日向が犠牲フライを放ち、1-1の同点に。5回裏から明豊は3番手・太田虎次朗に継投する。試合は大崎のエース坂本安司と、明豊・太田の好投で延長戦へ突入する。延長10回表、明豊はヒット2本と四球から1死満塁とすると、8番・簑原が犠牲フライを放ち、1点を勝ち越す。しかし10回裏、大崎は2死1・3塁から2番・乙内翔太のタイムリーで、2-2の同点に追いつく。迎えた延長12回裏、大崎は2死2塁から2番・乙内翔太が今度はサヨナラタイムリーを放ち、3x-2と試合を決めた。大崎のエース坂本安司は、延長12回・全172球の熱投、被安打11・死四球6を与えながらも守備陣が堅守で支えた。一方、明豊の3番手・太田虎次朗は5回から最後まで投げ抜き、被安打7・死四球2・奪三振11と好投した。大崎は2番・乙内翔太が5打数4安打2打点と活躍。延長10回裏には同点打、延長12回裏にはサヨナラ打を放つなど、勝負強さを発揮した。

◆準々決勝
延岡学園(宮2) 2-3 大崎(長1)

 延岡学園|010|000|010|=2
 大崎・・|000|003|00x|=3
————————————————
(延岡学園)須藤、市原―甲斐
(大崎)坂本―調

————————————————
大崎が延岡学園との投手戦を制し、3-2で勝利。センバツ出場が有力となった。先制したのは延岡学園。2回表、2死3塁からバッテリーミスの間に1点を先制する。大崎は6回裏、大崎は1死2・3塁のチャンスを作ると、延岡学園は先発須藤からエース市原大輔へ継投。大崎はここで3番・村上の犠牲フライで同点、4番・調のタイムリーで2-1と逆転。さらにエース坂本のタイムリーで1点を追加し、3-1とした。8回表、延岡学園はヒット2本から1死1・3塁とすると、内野ゴロの間に1点を挙げるも、その後は抑えられた。大崎の先発エース坂本安司は、前回の開新戦に続き9回を一人で投げ抜き、被安打3・死四球3・奪三振4と安定したピッチングを見せた。一方の延岡学園は、先発・須藤綺梨は6回途中まで投げ被安打4・無死四球・奪三振4の好投、継投した市原大輔も残りを投げ被安打3・死四球1・奪三振3と力投した。

◆1回戦
開新(熊本2) 2-9 大崎(長崎1)(8回コ)

 開新|200|000|000|=2
 大崎|001|205|010|=9
————————————————
(開新)麓、竹浦―村上
(大崎)坂本―調
・3塁打:山口、調(大崎)

————————————————
大崎が開新に9-2(8回コールド)で勝利。先制したのは開新、1回表に4番・上野と5番・真鍋の連続安打で2点を先制する。一方の大崎は3回裏、3番・村上のタイムリーで1点を返す。4回裏には、1死満塁から9番・山口のタイムリーで2点をあげ、3-2と逆転に成功。さらに大崎は6回裏、9番・山口の安打で1点、3番・村上の犠牲フライで1点、4番・調の安打で2点、7番・田栗の安打で1点を加え、8-2とリードを広げる。試合は8回裏、4番・調の3塁打で1点を加えて7点差とした。大崎のエース坂本は、8回を投げ被安打5・死四球2と安定した投球を見せた。打っては4番・村上が3打数3安打2打点、5番・調は3打点、9番・山口は3打点と活躍した。