【どうなる高校野球】2020年夏の甲子園、開幕日程は8月10日以降に(東京五輪閉幕後)

2020年夏の甲子園、開幕日程は8月10日以降に

2020年夏の甲子園は、東京オリンピック閉幕後(閉会は8月9日)に行う方向で調整されることが判明した。

これまで、日本高野連の竹中雅彦事務局長は、2020年夏の甲子園について「オリンピックが8月9日までなので基本的には甲子園(の開幕)をずらす方針」と見通しを語っている。

20年夏は早くても10日以降となりそうだ。



神宮球場と横浜スタジアムが使えない

2020年夏、東東京・西東京大会が開催される「神宮球場」は、東京五輪の待機所などとして、20年7月6日から9月13日までの期間に借用される。

東西東京大会の開会式を行える可能性があるものの、決勝戦等を含む大会期間中の利用が難しい状況となっている。

また、神奈川大会が開催される「横浜スタジアム」は、五輪の野球・ソフトボールのメイン会場として利用される予定。

東京ドームで準決勝・決勝戦

2020年夏の東東京大会・西東京大会の準決勝戦、決勝戦が「東京ドーム」で開催される見通し。

開会式は、これまで同様、神宮球場での開催が有力視されている。

スポンサー リンク