《鳴門高校》野球部メンバー2022年⚡️

鳴門高校 野球部 メンバー 2022年

鳴門高校 野球部メンバー 2022年 特集!

【春季四国大会2022年 ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===

01 冨田遼弥  左/左 3年 藍住市立藍住中
02 土肥憲将  右/右 3年 石井町立石井中
03 藤中温人  右/右 3年 東みよし町立三好中
04 上田隼翔  右/左 3年 奈良・橿原市立八木中
05 由谷豪太良 右/右 3年 和歌山・太地町立太地中
06 三浦鉄昇  右/右 3年 鳴門市立第一中
07 東田空芽  右/右 3年 兵庫・神戸市立塩屋中
08 前田一輝  右/右 3年 小松島市立小松島南中
09 井川欧莉  左/左 3年 東みよし町立三好中
10 斎藤巧夢  右/左 2年 徳島市立南部中
11 真鍋至憧  右/右 2年 吉野川市立鴨島東中
12 秋田柊哉  右/左 3年 鳴門市立大麻中
13 城田悠晴  右/右 2年 兵庫・洲本市立青雲中
14 渡邊遥太  右/右 2年 北島町立北島中
15 安田生輝  右/右 3年 大阪・藤井寺市立第三中
16 大塚琉斗  右/右 3年 阿波市立土成中
17 幸田大和  右/右 3年 三好市立三野中
18 西口竜ノ介 右/右 3年 美波町立日和佐中
19 大岸凌太朗 右/右 1年 松茂町立松茂中
20 上原知也  右/右 1年 鳴門市立大麻中


【センバツ2022 ベンチ入りメンバー(旧学年)】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===

01 冨田遼弥  左/左 2年 藍住市立藍住中
02 土肥憲将  右/右 2年 石井町立石井中
03 藤中温人  右/右 2年 東みよし町立三好中
04 上田隼翔  右/左 2年 奈良・橿原市立八木中
05 由谷豪太良 右/右 2年 和歌山・太地町立太地中
06 三浦鉄昇  右/右 2年 鳴門市立第一中
07 豊田凌平  左/左 1年 鳴門市立第一中
08 前田一輝  右/右 2年 小松島市立小松島南中
09 井川欧莉  左/左 2年 東みよし町立三好中
10 斎藤巧夢  右/左 1年 徳島市立南部中
11 真鍋至憧  右/右 1年 吉野川市立鴨島東中
12 秋田柊哉  右/左 2年 鳴門市立大麻中
13 幸田大和  右/右 2年 三好市立三野中
14 大塚琉斗  右/右 2年 阿波市立土成中
15 城田悠晴  右/右 1年 兵庫・洲本市立青雲中
16 東田空芽  右/右 2年 兵庫・神戸市立塩屋中
17 安田生輝  右/右 2年 大阪・藤井寺市立第三中
18 渡邊遥太  右/右 1年 北島町立北島中




[戦歴] 春季四国大会2022年(1/2)

⚡️特集ページ:四国大会の日程・結果

明徳義塾(高①) 5-6x 鳴門(徳①)(14TB)(む) ※決勝
明徳義塾|000|002|000|110|01=5
鳴門・・|000|100|100|110|02=6x 

=========================
⭐️(試合前)決勝までの戦歴⭐️春季四国大会の決勝は、鳴門(センバツ出場)と明徳義塾(春季高知大会1位)の対戦カードに。ここまで鳴門は、初戦・高知に3-0、準決勝・高松商業に7-0(8回C)。対する明徳義塾は、初戦・英明に4-0、準決勝・松山聖陵に6-2で勝利して決勝進出。過去、両チームは2021年秋季四国大会の準決勝(勝てばセンバツ当確)で対戦しており、この試合は冨田遼弥(3年)と吉村優聖歩(3年)が延長11回を共に投げ合い、鳴門が明徳義塾に3-2(延長11回)で勝利している。[参考:2021年秋季四国大会] 


⭐️(試合経過)試合総評⭐️先発は、明獄義塾がエース矢野勢也(3年)、鳴門はエース冨田遼弥(3年)。4回裏、鳴門は6番土肥憲将(3年)のタイムリーで1点を先制。6回表、明徳義塾は四球とヒットから1死2・3塁のチャンスを作ると、3番池邉由伸(3年)のタイムリーで2-1と逆転。7回裏、鳴門はヒット2本で2死1・2塁のチャンスを作ると、明徳義塾は背番号10吉村優聖歩(3年)に投手交代。ここで鳴門の1番井川欧莉(3年)のタイムリーで1点を返し、2-2の同点。このまま試合は延長へ。延長10回表、明徳義塾は四球で走者を出すと、1番井上航輝(3年)の3塁打で1点を奪い、3-2。直後の10回裏、鳴門はヒット・四球・申告敬遠から1死満塁のチャンスで、7番東田空芽(3年)の犠牲フライで3-3の同点。延長11回表、明徳義塾はヒット2本から1死1・3塁、ここで6番河村僚也(3年)のスクイズで4-3と勝ち越し。延長11回裏、鳴門は2死2塁から3番三浦鉄昇(3年)の3塁打で1点を奪い、4-4の同点。延長13回TBに突入するも、表裏の攻防は無得点。延長14回表、鳴門はエース冨田に代わり、背番号8前田一輝(3年)に投手交代。直後、明徳義塾は2死満塁から押出四球で1点を勝ち越し。延長14回裏、鳴門は1死満塁のチャンスで、2番手としてマウンドにあがった4番前田一輝(3年)のタイムリー2塁打で2点を奪い、6x-5。延長10回裏・11回裏・14回裏と3度の脅威の粘りを見せた鳴門が6x-5(延長14回TBサヨナラ)で明徳義塾に勝利し、2022年春季四国大会のチャンピオンに!


⭐️試合の投手成績⭐️投手陣は、鳴門のエース冨田遼弥(3年)が延長13回を被安打6・四死球4・奪三振8・計174球。一方の明徳義塾のエース矢野勢也(3年)は、6回2/3を被安打6・死球1・奪三振2・計61球。継投した背番号10吉村優聖歩(3年)は、6回2/3を被安打5・四球5(申告敬遠含む)・奪三振3・計97球を記録した。



[戦歴] 春季四国大会2022年(2/2)

高松商業(香②) 0-7 鳴門(徳①)(8)(む) ※準決勝
高松商業|000|000|000|=0
鳴門高校|200|021|020|=7 

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が14安打を放って7-0(8回コールド)で高松商業に勝利し、決勝進出。まず1回裏、ヒット2本と死球から1死満塁のチャンスを作ると、初戦の高知戦でも先制打を放った5番藤中温人(3年)のタイムリーで2点を先制。中盤の5回裏には、6番土肥憲将(3年)と7番東田空芽(3年)の連続3塁打で1点ずつを追加。6回裏には、ヒット2本と四球から1死満塁とし、4番前田一輝(3年)の犠牲フライで1点を追加。8回裏には、4番前田一輝(3年)の安打で1点、5番藤中温人(3年)の安打で1点を奪い、7点差とした。投げては、エース冨田遼弥(3年・U18候補)が6回を被安打5・四死球1・奪三振2・計82球と好投し(四国大会では15イニング無失点)、残る2回を背番号8前田一輝(3年)が継投し完封リレーした。敗れた高松商業はヒット6本を放つも無得点。投手陣は、大室亮満(2年)・甲田和喜(2年)・佐藤晋平(1年)の3投手が登板した。


鳴門(徳①) 3-0 高知(高②)(あ)※1回戦
鳴門高校|200|100|000|=3
高知高校|000|000|000|=0

=========================
⭐️試合総評⭐️センバツ出場校同士の試合は、鳴門が3-0で高知に勝利。大阪桐蔭打線を3点に抑え込んだ鳴門のエース冨田遼弥(3年)が、9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球1・奪三振10・計112球で、高知打線を完封。攻撃陣は、1回表に5番藤中温人(3年)のタイムリーで2点を先制すると、4回表には7番東田空芽(3年)のタイムリーで1点を奪い、計3得点。敗れた高知は、センバツも経験した背番号11中嶋奏輔(2年)と背番号8日野灯(3年)の2投手が継投。攻撃陣は、この日センターのエース山下圭太(3年)が2安打を放つも、チームは計4安打に終わり、冨田から得点が奪えなかった。



[戦歴] 春季徳島大会2022年

⭐️特集ページ:徳島大会の日程・結果⭐️

鳴門 3-0 徳島商業 (T) ※チャレンジマッチ
・鳴門・・|000|100|200|=3
・徳島商業|000|000|000|=0 

※鳴門高校はセンバツ出場のため春季出場なし

春季四国大会2022年 日程・出場校

========================================
・春季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・春季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
【2022年 春季四国大会 日程・開催県】
・抽選:4月22日(金)
・日程:4月23日(土)、24日(日)、29日(金)
・会場:徳島県
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
香川(2校):①英明   ②高松商業
徳島(2校):①鳴門   ②徳島商業
高知(2校):①明徳義塾 ②高知
愛媛(2校):①松山商業松山聖陵



センバツ2022年 チーム紹介

センバツ2022年 鳴門高校 野球部 徹底特集!

⭐️秋季大会の主な戦歴:徳島大会では優勝。初戦は城東に11-0(5C)、続く準々決勝は徳島市立に10-0(5C)、準決勝は池田に13-0(5C)と、3試合連続5回コールド&完封勝利。決勝・徳島商業戦は16安打の猛攻で9-2で勝利し優勝。四国大会では、初戦となった準々決勝・尽誠学園(香川2位)に2-0、続く準決勝では好左腕の吉村優聖歩(2年)を擁する明徳義塾(高知1位)との投手戦を3-2(延長11回)で制して決勝進出。決勝は高知(高知2位)に3-7で敗れて準優勝。※決勝はエース冨田が最後2回のみ登板【戦歴:徳島大会(優勝)四国大会(準優勝)


⭐️チーム紹介サマリー:“チーム防御率0.69は出場校No.1”。個人成績2位の防御率を持つサウスポー冨田遼弥(2年)は、7試合(計42回)を投げて、防御率0.86(出場選手2位)、被安打29、奪三振45、1回あたりの奪三振1.05(同5位)、与死四球14。四国大会では、尽誠学園戦(2-0)と明徳義塾戦(延長11回 3-2)の2試合(計20回)を一人で投げ抜き、失点はわずか2点。土肥憲将捕手(2年)とは、徳島藍住シニア時代からバッテリーを組む。渦潮打線は、3番三浦鉄昇主将(2年)が打率.333・打点7(50m5.9秒の俊足)、4番前田一輝(2年)が打率.364・打点8(徳島大会では打率5割超え)。また、チーム1の大食漢である5番藤中温人(2年)は打率.348・打点5・本塁打1本(高知戦でソロ弾)と力がある。このほか、配球を読んだ打撃が持ち味の”恐怖の6番”土肥憲将捕手(2年)は、打率.417・打点5と好成績をおさめる。※参考:徳島県では現在”まん延防止等重点措置”は発令されていないが、県(教育委員会)が”公立高校の練習試合を禁止”しているため、鳴門は練習試合を一切せずに大阪桐蔭戦に臨む。



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0。打率:.324(19位)、平均得点:7.3点(17位)、本塁打:2本(16位)、平均盗塁数:1.1個(26位)、防御率:0.69点(1位)、平均失点数:1.6(3位)、平均失策数:0.6(4位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:徳島大会(優勝)四国大会(準優勝)


⭐️投手力:チーム防御率0.69点(出場校1位)、平均失策数が0.6個(4位)と、高い投手力&堅い守備を誇る。エース左腕の冨田遼弥(2年)は、7試合(計42回)を投げて、防御率0.86(出場選手2位)、被安打29、奪三振45、1イニングあたりの奪三振1.05(同5位)、与死四球14。最速142キロの直球とチェンジアップなど3種の変化球を持つ。四国大会では、尽誠学園戦(2-0)と明徳義塾戦(延長11回 3-2)の2試合(計20回)を一人で投げ抜き、失点はわずか「2点」という快投をみせて、センバツ出場の原動力となった。2年夏からエースナンバーを背負い、21年夏の徳島大会では初戦・池田戦で先発登板して敗れた悔しい経験を持つ。土肥憲将捕手(2年)とは、徳島藍住シニア時代からバッテリーを組む。守備陣は、徳島大会では失策0と堅守も光る。


⭐️攻撃力①:チーム打率.324(19位)、平均得点7.3点(17位)。50m5.9秒の俊足を持つ3番三浦鉄昇主将(2年・てっしょう)は、打率.333・打点7。4年前に主将として甲子園に出場した兄と同じく主将としてチームをまとめる。渦潮打線の中核を担う4番の前田一輝(2年)は、打率.364・打点8(徳島大会では打率5割超え)を記録する好打者で、センター(遠投110mの強肩)と投手を兼ねる二刀流でもある。


⭐️攻撃力②:チーム1の大食漢である5番藤中温人(2年)は、打率.348・打点5・本塁打1本(高知戦でソロ弾)。藤中は、徳島・池田高校OBの祖父・大叔父、鳴門でエースだった兄の壮太に続く甲子園出場。兄の壮太は、高校3年の2020年徳島独自大会で優勝するも夏の甲子園は中止されたため最後の夏は出場できず。配球を読んだバッティングが持ち味の”恐怖の6番打者”土肥憲将捕手(2年)は、打率.417・打点5と好調で、エース冨田をバットでも援護する。下位打線の豊田凌平(1年)は、打率.444(9打数4安打)で、明徳義塾戦では途中出場して延長11回表に決勝点となる勝ち越し打を放った。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース冨田遼弥(2年)は防御率=0.86(2位)、奪三振数(1回あたり)=1.07個(5位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

鳴門 1-3 大阪桐蔭 ※センバツ1回戦
鳴門・・|000|000|100|=1
大阪桐蔭|002|000|01x|=3

======試合のみどころ============
今大会屈指のサウスポー冨田遼弥(2年)を擁する鳴門が、投打タレント揃いの優勝候補・大阪桐蔭に挑む。鳴門のエース冨田は、防御率0.86(出場選手2位)、1回あたりの奪三振1.05(同5位)と出場投手でもトップクラスの成績を持つ。攻撃陣は、3番三浦鉄昇主将(2年)・4番前田一輝(2年)・5番藤中温人(2年)・6番土肥憲将(2年)らが軸で、伝統の”渦潮打線”でエースを援護したい。大阪・近畿・神宮大会Vの大阪桐蔭は、1回戦の最終ゲームでいよいよ登場。注目の1年生サウスポーの前田悠伍(1年)は、相手エース冨田を上回る防御率0.78(出場選手1位)。別所孝亮(2年)・川原嗣貴(2年)ら上級生投手陣も厚い。攻撃陣は、チーム打率.405(2位)・平均得点9.3点(5位)・本塁打17本(2位)と破壊力十分だ。神宮大会で”サイクル安打超え”を記録した松尾汐恩(2年)のほか、西谷監督がキーマンにあげる田井志門(2年・しもん)ら全国屈指の好打者が揃う。※参考:徳島県では”まん延防止等重点措置”は発令されていない中で、県(教育委員会)が”公立高校の練習試合を禁止”していたため、鳴門は練習試合が一切できないまま大阪桐蔭戦に臨む。

======試合結果・総評レポート========
大阪桐蔭が3-1で鳴門に勝利。背番号10川原嗣貴(2年)が被安打6・死四球0・奪三振9で完投。攻撃陣は計8安打、少ない好機を確実にものにした。3回裏に、2番谷口勇人(2年)と4番海老根優大(2年)のタイムリーで2点を先制。終盤の8回裏には、7番星子天真主将(2年)のスクイズで貴重な追加点を奪った。敗れた鳴門は、練習試合が禁止されたまま臨んだ春の第一戦目。エース冨田遼弥(2年)は、秋は全試合5点以上を奪った大阪桐蔭を抑え、被安打8・四球1・奪三振8・3失点と力投。7回表には自らの安打で1点を奪うなど投打で活躍した。



[チーム成績] 2021年秋の公式戦データ

【秋の戦歴:徳島大会(優勝)四国大会(準優勝)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.324(19位) [平均.328]
・得点   :51点(23位) [平均69.2点]
・平均得点 :7.3点(17位) [平均7.1点]
・本塁打  :2本(16位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.3本(15位) [平均0.4本]
・盗塁数  :8個(27位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.1個(26位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :11(2位) [平均25.6]
・平均失点数:1.6(3位) [平均2.8]
・防御率  :0.69点(1位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.1点(1位) [平均0.3点]
・失策数  :4(3位) [平均8.1]
・平均失策数:0.6(4位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:7戦6勝1敗
※部員数:37人(25位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋の公式戦ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
冨田遼弥 3年 防御率=2位:0.86(計7試合/計42回)
・冨田遼弥 3年 奪三振数=15位:45個(計7試合/計42回)
・冨田遼弥 3年 奪三振数(1回あたり)=5位:1.07個
・冨田遼弥 3年 与四死球数=16位:14個(計7試合/計42回)
・冨田遼弥 3年 与四死球(1回あたり)=21位:0.33個
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 秋季四国大会2021年

鳴門(徳島①) 3-7 高知(高知②) (西) ※決勝戦
鳴門・・|101|000|001|=3
高知・・|400|002|01x|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️高知高校が7-3で鳴門に勝利し、9年ぶり7回目の優勝!四国地区代表として明治神宮大会に出場する。高知は1点を先制されて迎えた1回裏、4番前田の犠牲フライで1点を奪うと、続く5番西野啓也の3ラン本塁打で大量リードを奪って主導権を握った。6回裏には9番谷崎の2塁打で1点・相手失策から1点、8回裏にも相手失策から1点を奪って計7得点。投手陣は、背番号11小西・背番号5山下・背番号1高橋・背番号9川竹の4投手が継投し、相手打線を5安打に抑えた。敗れた鳴門は前田・前原・エース冨田の3投手が継投して被安打11、チームは失策4つ。エース冨田は過去2試合(計20回・計2失点)を一人で投げ抜いていたため、登板は終盤の2回のみ。攻撃陣は9回表に5番藤中温人がソロ本塁打で反撃するも及ばなかった。なお、センバツ出場枠は[中国2・四国2・比較1]のため、高知と鳴門の2校は出場有力となる。


鳴門(徳島①) 3-2 明徳義塾(高知①)(11)(西) ※準決勝
鳴門・・|200|000|000|01|=3
明徳義塾|002|000|000|00|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が明徳義塾に3-2(延長11回)で勝利し、決勝進出(センバツ出場有力に)。エース冨田遼弥が11回を一人で投げ抜き、被安打5・死四球6・奪三振13・失点2(計161球)と好投した。3回以降は両チーム無得点が続く投手戦は、鳴門が延長11回表に、先頭打者が四球で出塁すると犠打で送り、5番藤中が敬遠で1死1・2塁。続く6番土肥は内野ゴロに倒れるも、1年生の7番豊田凌兵の安打で1点を勝ち越し、これが決勝点に。対する明徳義塾は、エース吉村優聖歩が延長11回を被安打8・死四球4・奪三振5と好投するも、打線が計5安打に押さえ込まれた。


尽誠学園(香川②) 0-2 鳴門(徳島①)(坊) ※準々決勝
尽誠学園|000|000|000|=0
鳴門・・|010|100|00x|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が尽誠学園に2-0で勝利。エース冨田が9回を一人で投げ抜き、被安打8・死四球3・奪三振7・計125球で完封した。チームは合計5安打も、2回裏に9番由谷のタイムリーで1点、4回裏に8番冨田のタイムリーで1点と、少ないチャンスを確実にものにした。敗れた尽誠学園は、北山・車の2投手が継投して相手打線を5安打に抑えるも、味方打線が相手を上回る8安打を記録するも無得点(残塁10)に終わった。

[戦歴] 秋季徳島県大会2021年

【鳴門高校の戦歴|2021年秋季徳島大会
・決勝  :鳴門 09-2 徳島商業
・準決勝 :鳴門 13-0 池田(5)
・準々決勝:鳴門 10-0 徳島市立(5)

・2回戦 :鳴門 11-0 城東(5)

徳島県の高校球児 進路・進学先 

徳島県
徳島商業 鳴門 鳴門渦潮 富岡西 生光学園
城北 徳島市立 徳島北