《鳴門高校》野球部メンバー2021年⚡️秋季四国大会

鳴門高校 野球部 メンバー 2021年

鳴門高校 野球部 2021年メンバーを特集!

⚡️2021年秋季四国大会 登録選手⚡️
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 冨田遼弥  左/左 2年 藍住中
02 土肥憲将  右/右 2年 石井中
03 藤中温人  右/右 2年 三好中
04 上田隼翔  右/左 2年 八木中
05 由谷豪太良 右/右 2年 太地中
06 三浦鉄昇  右/右 2年 鳴門第一中
07 豊田凌平  左/左 1年 鳴門第一中
08 前田一輝  右/右 2年 小松島南中
09 井川欧莉  左/左 2年 三好中
10 藤原颯太  右/右 1年 大麻中
11 真鍋至憧  右/右 1年 鴨島東中
12 安田生輝  右/右 2年 藤井寺第三中
13 秋田柊哉  右/左 2年 大麻中
14 宮本悠汰  右/左 1年 鳴尾中
15 幸田大和  右/右 2年 三野中
16 大塚琉斗  右/右 2年 土成中
17 齊藤巧夢  右/左 1年 南部中
18 渡邊遥太  右/右 1年 北島中
19 佐藤有悟  右/右 1年 池田中
20 城田悠晴  右/右 1年 青雲中
⚡️特集ページ:四国大会の日程・結果



秋季四国大会2021年 戦歴結果(1/2)

⚡️特集ページ:四国大会の日程・結果

鳴門(徳島①) 3-7 高知(高知②) (西) ※決勝戦
鳴門・・|101|000|001|=3
高知・・|400|002|01x|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️高知高校が7-3で鳴門に勝利し、9年ぶり7回目の優勝!四国地区代表として明治神宮大会に出場する。高知は1点を先制されて迎えた1回裏、4番前田の犠牲フライで1点を奪うと、続く5番西野啓也の3ラン本塁打で大量リードを奪って主導権を握った。6回裏には9番谷崎の2塁打で1点・相手失策から1点、8回裏にも相手失策から1点を奪って計7得点。投手陣は、背番号11小西・背番号5山下・背番号1高橋・背番号9川竹の4投手が継投し、相手打線を5安打に抑えた。敗れた鳴門は前田・前原・エース冨田の3投手が継投して被安打11、チームは失策4つ。エース冨田は過去2試合(計20回・計2失点)を一人で投げ抜いていたため、登板は終盤の2回のみ。攻撃陣は9回表に5番藤中温人がソロ本塁打で反撃するも及ばなかった。なお、センバツ出場枠は[中国2・四国2・比較1]のため、高知と鳴門の2校は出場有力となる。

⭐️鳴門:決勝までの戦歴⭐️エース冨田遼弥が過去2試合(計20回)を一人で投げ抜き、被安打13・与死四球9・奪三振20・失点2と好投する。前日の明徳義塾戦では延長11回・計161球を投げた(過去2試合では計286球)。冨田は2年生夏からエースで21年夏の徳島大会では2回戦で池田に先発登板して敗れている。攻撃陣は、6番土肥が打率.500、9番由谷が打率.429と下位打線が好調だ。①初戦(準々決勝)は、尽誠学園(香川②)に2-0で勝利。冨田が被安打8・死四球3・奪三振7・計125球で完封。チームは計5安打も、2回裏に9番由谷の安打で1点、4回裏に8番冨田の安打で1点と、少ない好機を確実にものにした。②準決勝は、明徳義塾(高知①)に3-2(延長11回)で勝利。冨田が11回を一人で投げ抜き、被安打5・死四球6・奪三振13・失点2(計161球)と好投。11回表に、途中出場の1年生 7番豊田凌兵のタイムリーで1点を勝ち越し、これが決勝点。(参考)徳島大会では、チーム打率は.439。1番井川&3番上田は打率4割超、4番前田は打率5割超え。徳島大会では決勝の徳島商業戦は2失点も、それ以外の3試合は全て完封。

⭐️高知:決勝までの戦歴⭐️投手陣は、背番号5山下圭太(3試合16回1/3)・背番号9川竹巧真(3試合8回1/3)の小刻み&再登板の継投リレーで決勝進出。攻撃陣は、4番川竹がチームトップの打率.417、打点5と好調だ。森木大智を擁する前チームが届かなかった聖地への出場が有力に。ここまで、初戦は済美(愛媛③)に4-1で勝利。背番号5山下→背番号1高橋→山下(再登板)→背番号9川竹の計4回の継投で5安打に抑えた。②準々決勝は英明(香川①)に2-1で勝利。勝ち越し点は相手失策から奪った。背番号9川竹→背番号5山下→川竹(再登板)→山下(再登板)の小刻みな継投で1点のリードを守り抜いた。③準決勝は徳島商業(徳島②)に11-4(8C)で勝利。背番号5山下→背番号9川竹→山下(再登板)の継投で、被安打7・死四球4・失点4に抑えた。攻撃陣は計15安打11得点を記録。(参考)高知大会では、決勝以外で7得点以上を記録し、5番松本はチームトップの打率.583。



秋季四国大会2021年 戦歴結果(2/2)

鳴門(徳島①) 3-2 明徳義塾(高知①)(11)(西) ※準決勝
鳴門・・|200|000|000|01|=3
明徳義塾|002|000|000|00|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が明徳義塾に3-2(延長11回)で勝利し、決勝進出(センバツ出場有力に)。エース冨田遼弥が11回を一人で投げ抜き、被安打5・死四球6・奪三振13・失点2(計161球)と好投した。3回以降は両チーム無得点が続く投手戦は、鳴門が延長11回表に、先頭打者が四球で出塁すると犠打で送り、5番藤中が敬遠で1死1・2塁。続く6番土肥は内野ゴロに倒れるも、1年生の7番豊田凌兵の安打で1点を勝ち越し、これが決勝点に。対する明徳義塾は、エース吉村優聖歩が延長11回を被安打8・死四球4・奪三振5と好投するも、打線が計5安打に押さえ込まれた。


尽誠学園(香川②) 0-2 鳴門(徳島①)(坊) ※準々決勝
尽誠学園|000|000|000|=0
鳴門・・|010|100|00x|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が尽誠学園に2-0で勝利。エース冨田が9回を一人で投げ抜き、被安打8・死四球3・奪三振7・計125球で完封した。チームは合計5安打も、2回裏に9番由谷のタイムリーで1点、4回裏に8番冨田のタイムリーで1点と、少ないチャンスを確実にものにした。敗れた尽誠学園は、北山・車の2投手が継投して相手打線を5安打に抑えるも、味方打線が相手を上回る8安打を記録するも無得点(残塁10)に終わった。



秋季徳島県大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:徳島県大会の日程・結果

【鳴門高校の戦歴|秋季徳島県大会1位】
・決勝  :鳴門 09-2 徳島商業
・準決勝 :鳴門 13-0 池田(5)
・準々決勝:鳴門 10-0 徳島市立(5)

・2回戦 :鳴門 11-0 城東(5)

秋季四国大会2021年 出場校一覧

========================================
・秋季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・秋季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
香川(3):①英明尽誠学園 四学大香川西
愛媛(3):①新田西条   ③済美
徳島(3):①鳴門徳島商業阿南光
高知(3):①明徳義塾高知 高知中央



(過去) 春季四国大会メンバー2021年

鳴門高校 野球部メンバー 2021年を特集!

⚡️春季四国大会2021年 登録選手⚡️
==背番号 名前 投打 学年 出身中学校==
01 冨田遼弥  左/左 2年 藍住中
02 土肥憲将  右/右 2年 石井中
03 藤中温人  右/右 2年 三好中
04 松尾恵成  右/左 3年 江原中
05 上田隼翔  右/左 2年 八木中
06 岸本拓也  右/右 3年 上板中
07 大塚海斗  右/右 3年 土成中
08 杉山敬基  左/左 3年 市場中
09 井川欧莉  左/左 2年 三好中
10 前田一輝  右/右 2年 小松島南中
11 原田祐一朗 右/右 3年 北島中
12 畠山竜弥  右/右 3年 瀬戸中
13 三浦鉄昇  右/右 2年 鳴門第一中
14 團将進   右/左 3年 上板中
15 坂東大地  右/右 3年 白鳥中
16 花補佐准一 右/左 3年 上板中
17 久保田涼  右/右 3年 吉備中
18 手塚一翔  右/右 3年 上板中
19 由谷豪太良 右/右 2年 太地中
20 岡崎凜   右/右 3年 小松島南

(過去)[戦歴]春季四国大会2021年

4月24日(土) 鳴門 2-3 高知 ※1回戦
鳴門|000|200|000|=2
高知|100|200|00x|=3
投手:鳴門=冨田→岡崎
投手:高知=杉村→高橋→森木
———————————
高知が鳴門に3-2で勝利。ヒットは高知が3本、鳴門が4本。高知が少ない攻撃機会を得点につなげた。投げてはエース森木大智が5回からマウンドにあがり被安打1・奪三振6と好投、鳴門打線を抑え込んだ。《試合経過》高知は1回裏、5番城田のスクイズで1点を先制。鳴門は4回表、9番三浦と1番井川の連続安打で2-1と逆転。しかし4回裏、高知は7番岡本の犠牲フライで2-2の同点、さらに相手失策から1点を挙げて3-2と逆転。これが決勝点となった。

◆2021年春季徳島大会の戦歴・結果
・決勝戦 鳴門 5x-4 徳島商業(13)
・準決勝 鳴門 6-1 脇町
・準々決勝 鳴門 3-1 小松島
・1回戦 鳴門 4-1 生光学園




(過去)[戦歴]秋季四国大会2020年

10月31日(土) 鳴門 2-9 明徳義塾 (7回コ) ※準決勝
鳴門・・|001|000|100|=2 
明徳義塾|060|102|x00|=9
————————————————
(鳴門)前田、杉山、冨田ー團
(明徳義塾)代木ー加藤
・2塁打:米崎、加藤、岩城(明徳義塾)

————————————————
明徳義塾が9-2(7回コールド)で鳴門に勝利し、センバツ出場が有力に。先制は明徳義塾、2回裏に押出四球を2つ選び2点を先制。さらに満塁から3番・米崎のタイムリーで2点、2死1・3塁から5番・加藤の2塁打で2点を追加し、6-0と大量リードする。一方の鳴門は3回表、二連打と犠打で1死2・3塁とし、内野ゴロの間に1点を返す。明徳義塾は4回裏、5番・加藤の安打で1点、さらに6回裏には6番・岩城の2塁打で2点を追加し、9-1とした。鳴門は7回表に1点を返すも、ゲームセット。明徳義塾の鉄腕エース代木大和は7回を一人で投げ抜き、鳴門の強力打線を相手に、被安打7・無死四球・5奪三振と好投した。

10月25日(日) 鳴門 8-4 高知中央※準々決勝
鳴門・・|500|020|010|=8 
高知中央|200|001|100|=4
——————————————————–
(鳴門)前田、冨田、杉山―団
(高知中央)板谷、吉岡―小松
・2塁打:大塚、冨田、井川、藤中(鳴門)八山(高知中央)

——————————————————–
鳴門が8-4で高知中央に勝利した。鳴門は初回、2死から安打と失策・四球で満塁とすると、6番・大塚海斗の2塁打で3点、さらに9番・三浦のタイムリーで一挙5点を先制する。高知中央は1回裏、無死満塁で4番・八山が2塁打を放ち2点を返す。5回表、鳴門は8番・冨田の2塁打で1点、9番・三浦のタイムリーで1点を追加し、7-2とリードを広げる。高知中央は、6回裏に3番・板谷がタイムリーを放ち1点、7回裏にも1点を返し3点差に迫る。しかし鳴門は8回表、5番・藤中の2塁打で1点をあげ8-4と突き放した。鳴門は、前田・冨田・杉山の3投手が3回ずつを継投し、鳴門の10安打を上回る13安打を浴びながらも粘投し、序盤のリードを守り切った。

◆2020年秋季徳島大会の戦歴・結果
・決勝戦 鳴門 4-2 鳴門渦潮
・準決勝 鳴門 11-1 名西(5)
・準々決勝 鳴門 12-1 小松島(5)
・2回戦 鳴門 15-13 徳島商業(10)
・1回戦 鳴門 20-1 板野(5)

徳島県の高校球児 進路・進学先 

徳島県
徳島商業 鳴門 鳴門渦潮 富岡西 生光学園
城北 徳島市立 徳島北