《津商業》野球部メンバー2022年⚡️春季東海大会

津商業 野球部メンバー 2022年

津商業 野球部メンバー 2022年 特集!

⭐️2022年春季東海大会 登録メンバー⭐️
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=
01 古田宏紀  左/左 3年 神戸中
02 樋尾龍誠  右/右 2年 富田中
03 山本雅斗  右/右 3年 津橋北中
04 宮本祐道  右/右 3年 三雲中
05 尾宮壮紀  右/右 3年 正和中
06 牧戸結都  右/左 3年 有馬中
07 赤田克海  右/右 3年 西郊中
08 樋口雄斗  右/左 2年 朝陽中
09 佐野航生  右/右 3年 神戸中
10 坪井将英  右/右 3年 一身田中
11 中西凌大  右/右 3年 白子中
12 寺田橘平  右/右 3年 平田野中
13 鍛治本大  右/右 3年 有馬中
14 秋吉風汰  右/左 3年 橋南中
15 水谷駿希  右/右 1年 大紀中
16 西川翔満  右/右 3年 西中
17 野島煌   右/左 2年 朝陽中
18 上林基良  右/右 3年 有馬中
19 西村凱人  右/左 3年 白鳥中
20 松田空知  右/右 2年 一志中

⭐️特集ページ:東海大会 日程&結果⭐️



[戦歴] 春季東海大会2022年

⭐️特集ページ:東海大会 日程・結果⭐️

浜松開誠館(静①) 5-3 津商業(三①)(小) ※準決勝
浜松開誠館|000|000|500|=5
津商業・・|000|003|000|=3

——————————————
⭐️試合総評⭐️浜松開誠館が5-3で津商業に逆転勝利し、決勝進出。6回裏に3点の先制を許した直後の7回表、ヒット3本から無死満塁のチャンスを作ると、9番吉松礼翔(2年)の走者一層となる2塁打で3点を奪って3-3の同点。さらに、2番廣﨑漣(2年)と3番斎藤健介(3年)の連続犠牲フライで1点ずつを追加し、5-3と逆転に成功。投手陣は、背番号8廣﨑漣(2年)が5回1/3を被安打4・四死球0・奪三振3・計69球と好投し、その後は背番号1山口祥吾(3年)が3回2/3を被安打3・四球2・奪三振1・計60球で救援した。一方、接戦を演じた津商業は、6回裏に5番赤田克海(3年)の安打で1点、6番宮本祐道(3年)の3塁打で2点と計3点を先制。投手陣は、背番号1古田宏紀(3年)が7回を被安打8・四死球3・奪三振1・失点3・計91球と力投し、8回からは背番号10坪井将英(3年)が登板した。


大垣日大(阜②) 4-5x 津商業(三①)(11)(刈) ※1回戦
大垣日大|000|021|001|00 =4
津商業|000|000|400|01 =5x

——————————————
⭐️試合総評⭐️津商業が5x-4(延長11回サヨナラ)で大垣日大に勝利。3点差を追う7回裏、2番佐野航生(3年)の安打で1点、4番樋尾龍誠(2年)の安打で2点を奪って3-3の同点に追いつくと、5番赤田克海(3年)の安打で1点を奪い、3-4と逆転。9回表に同点に追いつかれるも、延長11回裏に1死から1番牧戸結都(3年)が2塁打で出塁すると、3番山本雅斗(3年)が内野強襲のサヨナラ安打を放ち、5x-4。投手陣は、背番号1古田宏紀(3年)が6回を被安打6・四死球2・奪三振1・失点3・計74球と力投。その後、背番号11中西凌大(3年)が0回2/3を、最後は背番号10坪井将英(3年)が残る4回を被安打0・四死球3・奪三振3・失点1と好リリーフした。敗れた大垣日大は、背番号10三松将也(3年)が4回2/3を被安打4・四球1・奪三振5・失点0と好投。その後を託された背番号7五島幹士(3年)が6回を被安打7・四死球5・奪三振3・失点5。攻撃陣は計7安打を記録し、1番河村岳竜(3年)は先制打となる3塁打に加え、9回表には同点スクイズを決めるなど活躍した。



[戦歴] 春季三重大会2022年

⭐️特集ページ:三重大会 日程・結果⭐️

【津商業の戦歴|春季三重大会2022年】
・決勝  :津商業 8-2 津田学園
・準決勝 :津商業 4-1 菰野
・準々決勝:津商業 7-4 三重
・2回戦 :津商業 5-3 木本
   —–地区大会———–
・代表決定:津商業 05-1 鈴鹿
・3回戦 :津商業 10-0 白山(5)
・2回戦 :津商業 10-0 津(5)
・1回戦 :津商業 07-0 津東(8)

春季東海大会2022年 日程・出場校

========================================
・春季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・春季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
【2022年 春季東海大会 日程・開催県】
・抽選:5月10日(火)13時半〜
・日程:5月21日(土)、22日(日)、24日(火)
・会場:愛知県 小牧市民球場、刈谷球場
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
静岡:①浜松開誠館静岡
愛知:①東邦    ②愛工大名電
岐阜:①岐阜第一  ②大垣日大
三重:①津商業   ②津田学園  ※計8校
・過去:2021年秋季東海大会試合結果
・過去:2021年春季東海大会試合結果



[戦歴] 秋季東海大会2021年(1/2)

津商業(三②) 2-5 日大三島(静①)(岡) ※準々決勝
津商業|100|000|100|=2
日大三島|100|020|20x|=5

=========================
⭐️見どころ⭐️日大三島(静岡1位)は、38年ぶり2回目の静岡大会優勝。準々決勝は掛川西に10x-9、準決勝は静岡に5x-2(延長10回)と2試合連続でサヨナラ勝利。チーム打率は.361と好調で、全5試合で53安打43得点。決勝で先頭打者弾を放った1番京井聖奈(2年)、準決勝で逆転サヨナラ3ランを放った3番池口奏(1年)らが軸。投手陣は、4番でエース松永陽登主将(2年)が県大会全5試合で先発して、準決勝と決勝は2試合連続2失点で完投した。一方の津商業(三重2位)は、東海大会の初戦で中部大春日丘に6-3で勝利。先発した背番号10古田宏紀が9回を被安打6・死四球4・奪三振9・失点3(計138球)で完投。打っては、4番樋尾龍誠捕手(1年)が2打点、5番野島煌(1年)が2打数2安打2打点と活躍した。


⭐️試合総評⭐️日大三島が5-2で津商業に勝利。エースで4番の松永陽登が先発し、9回を被安打10・四球1・奪三振6・失点2(計119球)と好投。打っては4番として先制タイムリー(同点打)、5回裏には2点タイムリー2塁打(逆転打)を放つなど3打数2安打3打点と、投打での活躍が光った。攻撃陣は4番松永のほか、1点差に詰め寄られた直後の7回裏に2死満塁のチャンスで、代打に送られた背番号13島田誠也が2点タイムリー(5-2)を放つ活躍を魅せた。敗れた津商業は、古田・坪井・中西の3投手が継投し、被安打10・四球4・失点5。攻撃陣は日大三島と同じ10安打を放つも残塁8を記録し、2得点にとどまった。



[戦歴] 秋季東海大会2021年(2/2)

中部大春日丘(愛③) 3-6 津商業(三②)(岡) ※初戦
中部大春日丘|000|020|001|=3
津商業・・・|000|330|00x|=6

=========================
⭐️見どころ⭐️津商(三重2位)は、準決勝の海星戦で延長14回日没再試合を制し東海切符。投手陣はエース坪井将英(2年)・中西凌大(2年)・古田宏紀(2年)・松田空知(1年)らが控える。打線は下級生時代が活躍する牧戸結都主将(2年)のほか、決勝で4打数3安打を記録した赤田克海(2年)らが軸。一方の中部大春日丘(愛知3位)は、3回戦では誉に4-1、準々決勝では東邦に5-3で勝利。東邦戦では9回表に一挙4点を挙げて逆転勝利、星城との3位決定戦では7回裏に一挙7得点を奪いコールド勝利した。攻撃陣は吉村碧真(2年)・中里匠(2年)・吉川晴太(2年)らが軸、投手陣は新宅涼平(2年)・永田獅磨(2年)・塩崎陽基(1年)の3投手が継投。


⭐️試合総評⭐️津商業が6-3で中部大春日丘に勝利。先発した背番号10古田が9回を被安打6・死四球4・奪三振9・失点3と好投し、勝利を引き寄せた。攻撃陣は、4回裏に5番野島の安打で1点、失策から1点、8番古田の安打で1点(計3点)。5回裏に、4番樋尾の3塁打で2点、5番野島の2塁打で1点を追加し(計3点)、突き放した。4番樋尾が2打点、5番野島が2打数2安打2打点と主軸の活躍が光った。対する中部大春日丘は、3投手が継投して6回以降はヒットを許さぬ力投。攻撃陣は9回表に2死1・2塁から9番宮下の安打で1点を返す粘りを見せた。

[戦歴] 秋季三重県大会2021年

【津商業の戦歴|秋季三重県大会2位】
・決勝戦 :津商 2-7 三重
・準決勝 :津商 5-2 海星 ※再試合
・準決勝 :津商 8-8 海星(14) ※日没再試合

・準々決勝:津商 7-0 神村学園伊賀(7)
・2回戦 :津商 9-2 白山(7)

三重県 高校球児 進路・進学先 

いなべ総合 海星 菰野 津田学園 三重
宇治山田商業 宇治山田  近大高専