《大垣日大》野球部メンバー2022年⚡️

大垣日大 野球部メンバー2022年

大垣日大 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季岐阜大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将==
01 山田渓太  右/右 2年 稲武(愛知)
02 北村琉翔  右/両 2年 平田
03 髙橋慎   右/左 2年 道後(愛媛)
04 山口直次郎 右/右 2年 彦根西(滋賀)
05 高川莉玖  右/右 1年 古知野(愛知)
06 米津煌太  右/右 2年 六ツ美(愛知)
07 権田結輝  右/左 1年 一宮(愛知)
08 袴田好彦  右/左 2年 神守(愛知)
09 山内伊織  右/右 1年 昭和
10 日比野翔太 右/左 2年 高田 ⭐️
11 保田篤史  右/右 2年 加木屋(愛知)
12 矢野海翔  左/左 2年 青山
13 岩本千空  右/右 2年 各務原中央
14 神川翔太  右/右 2年 緑ヶ丘
15 二木啓太  右/右 2年 安城西(愛知)
16 川島功聖  右/右 2年 青山
17 松井寿才凰 右/右 1年 美山
18 荒木航   右/右 1年 小泉
19 櫻井温大  右/右 2年 桜(三重)
20 榊原大地  右/右 2年 堀川(富山)

⭐️特集ページ:岐阜大会 日程・結果⭐️



[過去] 2022年夏の岐阜大会

【夏の岐阜大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将==
01 三松将也  3年 大府南
02 西脇昂暉  3年 養老東部 ⭐️主将
03 米津煌太  2年 六ツ美
04 日出山嵩  3年 朝陽
05 高橋慎   2年 道後
06 袴田好彦  2年 神守
07 五島幹士  3年 鵜沼
08 長沢康生  3年 陽南
09 河村岳竜  3年 犬山東部
==控え====================
山田渓太  2年 稲武
・中村謙太  3年 章南
・森下大地  3年 片山津
・後藤太樹  3年 栗東西
・山崎裕貴  3年 北陵
・権田結輝  1年 一宮
・鈴木泰樹  3年 志賀
・神川翔太  2年 緑ケ丘
・伊藤成大  3年 緑ケ丘
・山田翔太  3年 稲沢西
・矢野海翔  2年 青山

⭐️特集ページ:岐阜大会 日程・結果⭐️



[過去] センバツ2022年 登録選手

【センバツ2022年ベンチ入りメンバー(旧学年)】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 五島幹士  左/両 2年 各務原市立鵜沼中
02 西脇昂暉  右/右 2年 養老町立東部中⭐️
03 伊藤成大  右/右 2年 関市立緑ヶ丘中
04 袴田好彦  右/左 1年 愛知・津島市立神守中
05 髙橋慎   右/左 1年 愛媛・松山市立道後中
06 米津煌太  右/右 1年 愛知・岡崎市立六ツ美中
07 森下大地  右/左 2年 石川・加賀市立片山津中
08 長澤康生  右/右 2年 岐阜市立陽南中
09 河村岳竜  右/右 2年 愛知・犬山市立東部中
10 山田渓太  右/右 1年 愛知・豊田市立稲武中
11 日出山嵩  右/左 2年 三重・津市立朝陽中
12 三松将也  左/左 2年 愛知・大府市立大府南中
13 山﨑裕貴  右/右 2年 愛知・名古屋市立北陵中
14 神川翔太  右/右 1年 関市立緑ヶ丘中
15 後藤太樹  右/右 2年 滋賀・栗東市立栗東西中
16 鈴木泰樹  右/右 2年 愛知・名古屋市立志賀中
17 山田翔太  右/左 2年 愛知・稲沢市立稲沢西中
18 川島功聖  右/右 1年 岐阜市立青山中




[戦歴] 春季東海大会2022年

大垣日大(阜②) 4-5x 津商業(三①)(11)(刈) ※1回戦
大垣日大|000|021|001|00 =4
津商業|000|000|400|01 =5x

——————————————
⭐️試合総評⭐️津商業が5x-4(延長11回サヨナラ)で大垣日大に勝利。3点差を追う7回裏、2番佐野航生(3年)の安打で1点、4番樋尾龍誠(2年)の安打で2点を奪って3-3の同点に追いつくと、5番赤田克海(3年)の安打で1点を奪い、3-4と逆転。9回表に同点に追いつかれるも、延長11回裏に1死から1番牧戸結都(3年)が2塁打で出塁すると、3番山本雅斗(3年)が内野強襲のサヨナラ安打を放ち、5x-4。投手陣は、背番号1古田宏紀(3年)が6回を被安打6・四死球2・奪三振1・失点3・計74球と力投。その後、背番号11中西凌大(3年)が0回2/3を、最後は背番号10坪井将英(3年)が残る4回を被安打0・四死球3・奪三振3・失点1と好リリーフした。敗れた大垣日大は、背番号10三松将也(3年)が4回2/3を被安打4・四球1・奪三振5・失点0と好投。その後を託された背番号7五島幹士(3年)が6回を被安打7・四死球5・奪三振3・失点5。攻撃陣は計7安打を記録し、1番河村岳竜(3年)は先制打となる3塁打に加え、9回表には同点スクイズを決めるなど活躍した。

[戦歴] 春季岐阜大会2022年

【大垣日大の戦歴|春季岐阜県大会2022年】
・決勝  :大垣日大 4-6 岐阜第一
・準決勝 :大垣日大 1-0 帝京大可児
・準々決勝:大垣日大 4-1 市立岐阜商業
・2回戦 :大垣日大 4-1 岐阜城北



[チーム紹介] センバツ2022年

⭐️秋季大会の主な戦歴:岐阜大会は、準決勝で県立岐阜商業に8-2で勝利、決勝は中京に0-2で敗れて準優勝。東海大会では、初戦・静岡戦(静岡3位)は中盤に集中打を見せて7-2で勝利、準々決勝・享栄戦(愛知1位)は接戦をものにして3-2で勝利。続く準決勝・日大三島戦(静岡1位)は、2-10と8点差を付けられた7回表に2点を奪ってコールドを阻止する粘りをみせるも、5-10で敗れて4強。 【戦歴:岐阜大会(準優勝)東海大会(4強)


⭐️チーム紹介サマリー:左腕エース五島幹士(2年)と、右腕の背番号7(秋)山田渓太(1年)の2枚看板に注目。五島は、計11試合(計63回2/3)を投げて防御率1.70。山田は、計7試合(28回2/3)を投げて防御率1.88・1回当たりの奪三振数1.07(出場投手5位)を記録。攻撃陣は、4番西脇昂暉主将(2年)は打率.375・打点8・本塁打1本(静岡戦でソロ本塁打)、5番の米津煌太(1年)は岐阜大会の準決勝・県立岐阜商戦で本塁打1本を含む4打数4安打と活躍。この他、レフト兼投手の山田渓太(1年)は、東海大会の静岡戦(7-2)で3打数3安打2打点、享栄戦(3-2)で決勝点となる勝ち越し打を放った躍進のキーマンだ。チームは平均盗塁数が3.3個(出場校1位タイ)と機動力が光る。伊藤成大(2年)は50m6.1秒の俊足を持ち、盗塁7個(出場選手4位)を記録する。

[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2。打率:.295(25位)、平均得点:5.8点(23位)、本塁打:2本(16位)、平均盗塁数:3.3個(1位)、防御率:1.85点(10位)、平均失点数:2.3(11位)、平均失策数:0.9(19位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:岐阜大会(準優勝)東海大会(4強)


⭐️投手力:チーム防御率1.85(10位)。左腕エース五島幹士(2年・かんじ)は、計11試合(計63回2/3)を投げて、防御率1.70、被安打57、奪三振49、与死四球11(出場選手7位)。五島は、最速137キロの直球と多彩な変化球を操り、コーナーをついた緩急ある投球術が持ち味だ。中学時代は岐阜中濃シニアに所属し、東海選抜で出場した「台北AA国際野球大会」ではMVP表彰。五島は打撃ではスイッチヒッター(両打)である。また、2枚看板の右腕である背番号7(秋)山田渓太(1年)は、計7試合(28回2/3)を投げて、防御率1.88、被安打27、奪三振30、1回当たりの奪三振数1.07(出場投手5位)、与死四球9と好投。東海大会では、初戦の静岡戦(5回を1失点)と準々決勝の享栄戦(3回2/3を無失点)で好リリーフし、東海4強の立役者となる活躍をみせた。


⭐️攻撃力:チーム打率.295(25位)、平均得点5.8点(23位)、平均盗塁数は3.3個(1位)と、機動力を活かした攻撃が持ち味だ。4番西脇昂暉主将(2年)は、打率.375・打点8・本塁打1本(静岡戦でソロ本塁打)を記録。5番の米津煌太(1年)は、打率.364・打点6・本塁打1本を記録し、岐阜大会の準決勝・県立岐阜商業戦では、本塁打1本を含む4打数4安打と活躍した。投手も務める山田渓太(1年)は、打率.333・打点7を記録し、静岡戦(7-2)では3打数3安打2打点、享栄戦(3-2)では終盤7回表に決勝点となる勝ち越し打を記録した(山田はギターの弾き語りができる)。伊藤成大(2年)は50m6.1秒の俊足を持ち、盗塁7個(出場選手4位)を記録する。


⭐️チームを率いる名将:2005年から大垣日大を率いる77歳の阪口慶三監督は、第61回大会(1989年)に東邦を率いてセンバツ優勝を経験。「昭和・平成・令和」の3元号で指揮を執る。学校では副校長。身長180cmの内野手の高橋慎(1年)は、阪口監督の孫である。


⭐️東海2校目の選出:東海大会準優勝の聖隷クリストファーではなく、4強の大垣日大を選出した理由について、選考委員会の鬼嶋一司(東海地区委員長)は「聖隷クリストファーは逆転勝ちを重ねるなど粘り強さが高く評価されたが、投打で大垣日大が勝るとされた。・・・大垣日大が投手力で上だった。春先は特に投手力でチーム力に差が出る。どちらが甲子園で勝てるのかを考慮した」と説明。 [秋季東海大会2021年]


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース左腕の五島幹士(2年)は与四死球数=11個(7位)、与四死球(1回あたり)=0.17個(4位)。右腕の山田渓太(1年)は奪三振数(1回あたり)=1.07個(5位)。下位打線の伊藤成大(2年)は盗塁数=7個(4位)※50m6.1秒。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴・結果] センバツ2022年

大垣日大 2-6 星稜 ※2回戦
大垣日大|000|010|001|=2
星稜・・|102|210|00x|=6

======試合結果・総評レポート========
星稜が6-2で大垣日大に勝利。背番号1マーガード真偉輝キアン(2年)が6回を被安打5・死四球3・奪三振5・失点1・87球と好投し、残る3回を左腕の中山敦(1年)が被安打3・死四球0・奪三振1・失点1・計35球で試合を締めた。攻撃陣は、1番永井士航(2年)が5打数4安打1打点と勢い生み出し、4番若狭遼之助(2年)は大会第3号となる2ランを記録した。精度の高い犠打、果敢な機動力と攻める姿勢が際立った。敗れた大垣日大は、エース五島幹士(2年)、山田渓太(1年)が継投。9回表には長澤康生(2年)の2塁打で1点を奪う粘りを見せた。出場校決定以降、”大人”たちに翻弄されたナインの春は終わった。夏に向かう。


大垣日大 6-1 只見 ※1回戦
大垣日大|020|010|102|=6
只見・・|000|100|000|=1

======試合結果・総評レポート========
大垣日大が21世紀枠の只見に6-1で勝利。両打の左腕エース五島幹士(2年)が、被安打2・死四球2・奪三振18・失点1・計108球で完投。打っては、3番米津煌太(1年)と4番西脇昂暉(2年)が共に2打点。阪口監督の孫・髙橋慎(1年)はチーム最多の2安打、先制点を叩き出すなど活躍が光った。敗れた只見は、部員13人全員が出場。初回にダブルプレーをとって球場を沸かせると、4回裏には5番山内友斗(2年)がチーム初安打・初打点を記録。投手陣は、エース酒井悠来(2年)が7回4失点、その後は大竹優真(2年)が1回を無失点、最後は背番号4の室井莉空(2年)が1回を2失点するも力投した。人口約3900人あまりの只見町からは多くの人が応援に駆けつけ、ナインを後押しした。



[チーム成績] 2021年秋のデータ

【秋の戦歴:岐阜大会(準優勝)東海大会(4強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.295(25位) [平均.328]
・得点   :52点(22位) [平均69.2点]
・平均得点 :5.8点(23位) [平均7.1点]
・本塁打  :2本(16位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.2本(20位) [平均0.4本]
・盗塁数  :30個(2位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:3.3個(1位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :21(10位) [平均25.6]
・平均失点数:2.3(11位) [平均2.8]
・防御率  :1.85点(10位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.2点(6位) [平均0.3点]
・失策数  :8(20位) [平均8.1]
・平均失策数:0.9(19位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:9戦7勝2敗
※部員数:34人(26位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋成績ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
五島幹士 3年 防御率=14位:1.7(計11試合/計63 2/3回)
・五島幹士 3年 奪三振数=11位:49個(計11試合/計63 2/3回)
・五島幹士 3年 奪三振数(1回あたり)=23位:0.78個
・五島幹士 3年 与四死球数=7位:11個(計11試合/計63 2/3回)
・五島幹士 3年 与四死球(1回あたり)=4位:0.17個
・五島幹士 3年 盗塁数=19位:4個(12試合) 6.1秒
山田渓太 2年 奪三振数=28位:30個(計7試合/計28 2/3回)
・山田渓太 2年 奪三振数(1回あたり)=5位:1.07個
・伊藤成大 3年 打率=19位:465(43打数20安打)
・伊藤成大 3年 盗塁数=4位:7個(12試合) 6.1秒
・長澤康生 3年 盗塁数=11位:5個(12試合) 6.0秒
・河村岳竜 3年 盗塁数=19位:4個(12試合) 5.9秒
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 秋季東海大会2021年

大垣日大(岐②) 5-10 日大三島(静①)(岡) ※準決勝
大垣日大|200|000|210|=5
日大三島|200|044|00x|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️日大三島が10-5で大垣日大に勝利し決勝進出。センバツ東海出場枠は「2」となり、日大三島は出場有力に。エースで4番の松永陽登がこの日も投打で活躍した。投げては9回を一人で投げ抜き、被安打8・死四球8・奪三振6・失点5(計169球)と粘投。打者としては6回裏に満塁本塁打を放つなど、4打数2安打4打点を記録。チームは合計13安打10得点、この試合では6番永野陽大が1回裏に同点となる2点タイムリーを含む5打数3安打2打点と活躍した。敗れた大垣日大は、背番号1五島・背番号7山田が交互に登板し、最後は背番号3三松に継投し、計3投手で被安打13を浴びた。チームは10-2と8点差をつけられて迎えた7回表に、先頭の代打高橋慎が3塁打で出塁し、1番河村の安打などで2点を奪いコールドを阻止するなどの粘りもみせた。今大会では、1年生の背番号7山田渓太は投打での活躍が際立ち、この日は1年生の5番米津も4打数2安打3打点と力を見せた。


大垣日大(岐②) 3-2 享栄(愛①)(岡) ※準々決勝
大垣日大|010|001|100|=3
享栄・・|200|000|000|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️大垣日大が3-2で享栄に勝利。大垣日大は2点を先制された直後の2回表に1番河村の安打で1点、6回表にも1番河村の安打で1点を奪って2-2の同点に追いつく。7回表には2番伊藤がヒットで出塁し犠打で送ると、4番西脇は敬遠、5番米津が外野フライに倒れるも、2死1・2塁から6番山田渓太の安打で3-2と勝ち越しに成功。投手陣は、エース五島が5回1/3を被安打9・四球1・奪三振3・失点2と力投し、残りを背番号7山田渓太が3回2/3を被安打1・死四球2・奪三振4と好投し、自らのバットで挙げた1点のリードを守り抜いた。敗れた享栄は、エース藤本が完投し被安打9・死四球5・奪三振4・失点3と力投。攻撃陣は、相手と同じ計9安打を放つも残塁10を記録し、初回に奪った2点に止まった。


大垣日大(岐②) 7-2 静岡高校(静③)(岡)※初戦
大垣日大|001|420|000|=7
静岡高校|100|000|100|=2

=========================

⭐️試合総評⭐️大垣日大が7-2で静岡に勝利。チームは計13安打、盗塁2つ(盗塁死は5と果敢な攻め)を記録。試合は、3回表に1番河村の2塁打で同点に追いつくと、4回表には4番西脇のソロ本塁打で1点、代打の日出山の3塁打で1点、8番山田の安打で1点、相手失策から1点を奪って4得点。5回表には、3番五島・4番西脇が連打で出塁すると、5番米津の安打で1点、8番山田の犠牲フライで1点を奪った。投げてはエース五島が4回を被安打6・四球0・奪三振3・失点1と力投し、1年生の背番号7山田渓太が残る5回を被安打6・四球0・奪三振10・失点1と好リリーフ(2投手は無死四球)。山田は打っては3打数3安打2打点と活躍した。敗れた静岡高校は、計12安打を放つも2点止まり(残塁8)。守備陣は失策4を記録。投手陣は先発の吉田が5回を投げて被安打10・死球1・奪三振3・失点7。残る4回を背番号1の鈴木と背番号11齊藤が相手打線を3安打に抑えた。



[戦歴] 秋季岐阜県大会2021年

【大垣日大の戦歴|秋季岐阜県大会2位】
・決勝戦 :大垣日大 00-2 中京
・準決勝 :大垣日大 08-2 県岐阜商

・準々決勝:大垣日大 09-2 各務原(8)
・3回戦 :大垣日大 09-1 岐阜工(7)
・2回戦 :大垣日大 10-0 郡上(6)
—–地区大会(コールド・延長略)———
・代表決定:大垣日大 1-0 帝京大可児
・3回戦 :大垣日大 09-2 各務原
・2回戦 :大垣日大0 9-1 岐阜工
・1回戦 :大垣日大 10-0 郡上

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路