《至学館》野球部メンバー2022年⚡️

至学館 野球部メンバー2022年

至学館(愛知) 野球部メンバー 2022年

【秋季東海大会2022年ベンチ入り選手】
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
01 伊藤幹太  右/右 2年 八王子
02 磯村新   右/右 2年 弥富
03 清水新太  右/右 2年 守山
04 庄司龍市  右/右 2年 楠
05 高橋翼   右/左 2年 坂下
06 竹村悠汰  右/右 2年 上野
07 犬飼将也  右/右 2年 西春
08 佐野瑛哉  右/左 2年 豊正
09 山本航   左/左 2年 桜田
10 小鹿隼翔  右/右 2年 美和
11 五日市光平 左/左 2年 六ッ美
12 吉村芯   右/右 2年 桜山
13 石垣昊清  右/右 2年 確認
14 梶浦裕貴  右/右 2年 南天白
15 杉本耀平  右/右 2年 神沢
16 山田悠貴  右/両 2年 本城
17 森慶旭   右/右 2年 名南
18 佐々木悠  右/右 2年 阿久比
19 細川大志  左/左 2年 確認
20 磯村李來  右/右 2年 三好

⭐️特集ページ:東海大会 日程・結果



[戦歴] 秋季東海大会2022年

⭐️特集ページ:東海大会の日程・結果

至学館(愛2) 5-6x 加藤学園(静3)(草) ※初戦
至学館 |004|001|000|=5
加藤学園|021|010|011|=6x

————————————————–
⭐️試合結果⭐️加藤学園が6x-5(9回サヨナラ)で至学館に勝利。攻撃陣は計12安打を記録。同点で迎えた9回裏、無死から失策と安打で2者が出塁すると、2番片山晴貴(1年)がサヨナラ打を放って決着。3回表に一挙4点を奪われて2点を追う展開も、3回裏に3番曽根敬太(2年)の2塁打で1点、5回裏にまたも3番曽根敬太(2年)の2塁打で1点を奪って4-4。その後1点を勝ち越されるも、8回裏に6番池田真翔(2年)の2塁打で1点を奪って5-5の同点とし、最終回につなげた。打者では、3番曽根敬大(2年)が4打数3安打2打点、6番池田真翔(2年)が4打数3安打1打点と活躍。投げては、背番号1大木漣(2年)が2回1/3を、その後は背番号10吉川慧(2年)が6回2/3を力投した。敗れた至学館は、先発の背番号1伊藤幹太(2年)が6回1/3を投げ(9回裏の再登板あり)、背番号9山本航(2年)の2投手が登板。攻撃陣は計6安打を放ち、3回表に6番伊藤幹太(2年)の2点安打などで4点、6回表に内野ゴロから1点を奪って勝ち越すも、最後は競り負けた。

[戦歴] 秋季愛知県大会2022年

⭐️特集ページ:愛知大会の日程・結果

【至学館の戦歴|秋季愛知大会2022年】
・決勝戦 :至学館 4-5 東邦(11) ●
・準決勝 :至学館 9x-8 中京大中京(12)
・準々決勝:至学館 5-2 刈谷
・3回戦 :至学館 3-2 豊橋中央
・2回戦 :至学館 7-3 大成
  ——地区大会—————
・3位決定:至学館 8-9 東邦 ●
・準決勝 :至学館 2-4 中京大中京 ●
・2回戦 :至学館 3-0 中部大春日丘 ※Cなど略



[概要] 秋季東海大会2022年

【2022年 秋季東海大会 主な大会概要】
・抽選:10月11日(火) 13時半〜
・日程:10月22日(土)〜30日(日) ※土日
・会場:静岡県・草薙球場、清水庵原球場
・宿泊:楽天トラベル
・中継:準々決勝からスポーツナビが配信
・選抜:センバツ出場枠「東海=3(例年+1)」
・備考:明治神宮大会(優勝校が出場予定)
————————————————————
・出場チーム一覧 ※◯の数字は各大会順位
————————————————————
静岡(3):①常葉大菊川常葉大橘加藤学園
愛知(3):①東邦至学館  ③愛工大名電
岐阜(3):①中京大垣日大市立岐阜商業
三重(3):①三重 ②津商業  ③海星
————————————————————
・今回:センバツ2023年 主な大会スケジュール
・今回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
・前回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州



[過去] 夏の愛知県大会2022年

【夏の愛知大会2022年ベンチ入り選手】
===背番号・名前・学年・出身中学===
01 加藤希   3年 駒方
02 磯村新   2年 弥富
03 高橋翼   2年 坂下
04 加藤匠翔  3年 鳴海 ⭐️主将
05 兜森寛人  3年 武豊
06 安並蒼悟  3年 左京山
07 安田樹   3年 桃陵
08 山本航   2年 桜田
09 浜口和輝  3年 名古屋八幡
===控えメンバー===============
・伊藤幹太  2年 八王子
・久野弘馬  3年 大高
・犬飼将也  2年 西春
・宮田清光  3年 岡崎南
・高井寿哉  3年 名塚
・鈴木仁嘉  3年 大曽根
・櫛田星也  3年 振甫
・竹林海翔  3年 港明
・片山昂誠  3年 大府北
・岩戸幹太  3年 大府西
・村瀬敬洋  3年 名古屋南陽




[過去] 秋季東海大会2021年

◆至学館(愛②) 8-9x 聖隷クリストファー(静②)(岡) ※準決勝
至学館・・・|040|100|003|=8
クリストファ|000|032|004|=9x

=========================
⭐️試合総評⭐️聖隷クリストファーが9x-8(9回サヨナラ)で至学館に勝利。序盤に5点差、9回表に3点差をつけられるも驚異の粘りで決勝進出。センバツ東海出場枠は「2」となり出場有力に。試合は、4回表までに5点のリードを奪われる展開も中盤に反撃を開始。まず5回裏に、8番塚原・代打石黒・1番成田の3連打で無死満塁のチャンスを作ると、2番伊藤の安打で2点・6番小出の押出四球で1点を奪い2点差。さらに6回裏には、9番石黒・1番成田がヒットで出塁すると2番伊藤の内野ゴロで1点、4番堀内の安打で1点を奪って5-5の同点に追いつく。しかし9回表、失策・四球で走者を出すと至学館の3番安並の安打で2点&4番宮田の安打で1点を奪われ、8-5と3点差をつけられる。しかし9回裏、先頭の5番山﨑が2塁打で出塁し反撃の狼煙を上げると、6番小出の3塁打で1点、代打大石の内野ゴロで1点を奪って1点差。さらに死球・安打・失策から2死満塁のチャンスを作ると、3番赤尾が押出四球を選んで8-8の同点、続く4番堀内が2ストライクまで追い込まれるもサヨナラタイムリーを放ち、9x-8で勝利。チームはエースが故障&正捕手河合が怪我を抱えて不出場の中、1年生の背番号5堀内が先発して1回2/3、背番号9塚原が残り7回1/3を登板し、被安打11・死四球4・失点8と粘投。しかしチームは、代打石黒(1年)や中京戦でも9回表に逆転劇を演出した山﨑(1年)などが勝負強い打撃を見せるなど、全員が仲間をカバーしあい、最後9回裏に先発堀内(=9回表にサードで失策)が自らのバットで勝負を決めた。敗れた至学館は、背番号10伊藤・背番号11加藤・背番号1山本の3投手が継投し、9回裏にはエース山本がサヨナラ打を浴びた。チームは計11安打、3番安並は5打数4安打2打点、4番宮田は5打数2安打2打点と活躍が光った。至学館は複数投手陣の小刻み継投、攻撃陣は機動力を生かした巧みな攻めを見せ東海大会を席巻した。


◆至学館(愛②) 4-1 三重(三①)(岡) ※準々決勝
至学館|000|200|020|=4
三重・ |001|000|000|=1

=========================
⭐️試合総評⭐️至学館が4-1で三重に勝利し準決勝に進出。この日も至学館は背番号10伊藤幹太→背番号1山本航(6回裏5番上山のみ)→伊藤→山本(9回裏5番上山のみ)→伊藤の戦略的な小刻み継投リレーで、三重打線を6安打1得点に抑えた。1年生の背番号10伊藤は合計8回1/3を被安打6・死四球3・奪三振2・失点1(計98球)と好投。背番号1山本は三重の5番上山(=三重大会では決勝と準決勝で計3本の2塁打を記録)へのワンポイントとして6回裏・9回裏の2回登板し、いずれも凡打に打ち取った。攻撃陣は1点リードされた4回表に、3番安並の安打で1点、5番田頭の2塁打で1点を奪い2-1と逆転。8回表には1番加藤と3番安並の安打で1点ずつを奪って、4-1とした。敗れた三重は上山・谷の2投手が5回・4回ずつを分け合い、被安打8。攻撃陣は6安打に抑えられた。


◆至学館(愛②) 5-3 岐阜第一(岐③)(刈) ※1回戦
至学館|010|002|110|=5
岐阜第一|300|000|000|=3

=========================
⭐️試合総評⭐️至学館が5-3で岐阜第一に勝利。初回に3点をリードされる展開も、2回表に8番宮田の2塁打で1点、6回表に7番塚本の内野ゴロで1点差に詰め寄ると、再び8番宮田の2塁打で1点を奪って3-3の同点に追いつく。7回表と8回表には相手失策から1点ずつを奪い、5-3とした。チームは計8安打・盗塁6と機動力が光り、打者では8番宮田清光が4打数3安打2打点と活躍した。投手陣は、背番号1山本→背番号10伊藤→山本→伊藤→山本→伊藤→背番号11加藤と、あまり例を見ない小刻みな継投リレーで、相手打線に11安打を許しながらも3失点に抑え込んだ。敗れた岐阜第一は、エース弘川と背番号12後守の2投手が登板。攻撃陣は、相手の8安打を上回る11安打を放つも残塁11で、初回の3点にとどまった。



[戦歴] 秋季愛知県大会2021年

【至学館の戦歴|秋季愛知県大会2位】
・決勝  :至学館 0-11 享栄(5)
・準決勝 :至学館 3x-2 星城

・準々決勝:至学館 10-1 名城大附(7)
・3回戦 :至学館 10-0 豊橋中央(5)
・2回戦 :至学館 05-1 名古屋
—–地区大会(決勝トーナメント)———–
・3位決定戦:至学館 0-3 東邦
・3回戦  :至学館 0-5 愛工大名電
・2回戦  :至学館 9-6 栄徳

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路