《高松商業》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

高松商業 野球部メンバー 2022年

高松商業(香川) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【香川大会の成績】スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0。打率:.438(1位) 、平均得点:10点(6位) 、総本塁打:3本(13位) 、平均盗塁数:4.6個(2位) 、平均犠打数:4個(3位) 、平均失点数:3.6点(45位) 、平均失策数:0.6個(15位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 渡辺和大  左/左 3年 香川・香川大付坂出
02 大坪太陽  右/右 3年 香川・坂出
03 本田倫太郎 右/右 3年 香川・志度
03 橋本大誠  右/右 3年 [追加]

04 渡邊升翔  右/右 3年 香川・太田
05 山田一成  右/右 3年 香川・白峰
06 横井亮太  右/右 2年 香川・坂出
07 井櫻悠人  右/左 3年 香川・太田
08 浅野翔吾  右/両 3年 香川・屋島 ⭐️
09 林息吹   右/左 3年 香川・綾上

09 河田心輝  右/左 3年 [追加]
10 大室亮満  左/左 2年 香川・太田
11 橋﨑力   右/左 3年 香川・坂出
12 佐藤颯人  右/右 2年 香川・香川一
13 佐藤瑞祇  右/左 2年 香川・綾上
14 中本翔真  右/左 2年 香川・藤井
15 久保慶太郎 右/右 2年 香川・屋島
16 野嶋大輔  左/左 3年 香川・三木
17 大麻颯   右/右 3年 香川・坂出
18 甲田和喜  右/左 2年 香川・国分寺




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:3大会連続22回目。大会屈指のスラッガー1番・浅野翔吾主将(3年)に注目だ。香川大会では、全5試合で打率.571・本塁打3本・打点7。決勝・英明戦(6-4)では、高校通算64本目となる3ラン本塁打など3打数3安打3打点(2四球)と活躍。初戦・坂出戦(14-3 5C)の第1打席で、準決勝・丸亀戦(11-5)で、共に先頭打者本塁打を放った。昨夏の智辯和歌山戦でも本塁打(当時通算24号)を放った。強靭な肉体と50m5.9秒の俊足を持ち、遠投は110m。中学時代はU15代表を経験し、聖地では「大会No.1スラッガー」を目指す。


②ポイント:攻撃陣は、チーム打率.438(1位)、全5試合で計50得点・平均得点10点(6位)、本塁打3本(13位)と圧倒的な打撃力を持ち、さらには1試合平均盗塁4.6個(2位)、平均犠打4個(3位)と機動力と堅実さも備える。打者では、浅野主将(3年)を含むスタメン9人中5人が「打率5割超え」だ。準々決勝・坂出商業戦(12-5 7C)では林息吹(3年)が5打点、準決勝では渡辺升翔(3年)が3打点と活躍した。


③ポイント:投手陣は、左腕エース渡辺和大(3年)が軸。最速140キロ超の直球を持ち、宿敵・英明との決勝戦では9回4失点で完投勝利。控えの大室亮満(2年)は、準決勝・丸亀戦で8回1失点と好投。なお、昨夏の甲子園では、初戦で作新学院に10-7、3回戦で優勝した智辯和歌山に3-5で敗れた。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月15日(月) 3回戦 [10日目]
10:30 高松商業 2-1 九国大付
==========================
⭐️試合結果⭐️高松商業が2-1で九国大付に勝利。エース渡辺和大(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球0・奪三振6・計120球で完投。5回以降はヒット1本に抑える好投で勝利を呼び込んだ。攻撃陣は計9安打。初回に1番浅野翔吾(3年)が内野安打で出塁すると、4番山田一成(3年)の安打で1点を先制。4回裏には2番井櫻悠人の安打で1点を奪い、これが決勝点。敗れた九国大付は、エース香西一希(3年)が6回を、福岡大会で活躍が光った2年生の背番号1池田悠舞(2年)が残るイニングを登板。攻撃陣は計7安打、序盤はチャンスを作るもあと一本が出なかった。


8月11日(木) 2回戦 [6日目]
10:30 高松商業 14-4 佐久長聖
==========================
⭐️試合結果⭐️高松商業が14-4で佐久長聖に勝利。1番浅野翔吾(3年)がソロ本塁打・2ランの2打席連続弾を含めて4打数3安打4打点。4番本田倫太郎(3年)にも3ランが飛び出すなど、計16安打で14点。投げては、エース渡辺和大(3年)が8回を被安打9・四死球0・奪三振4、最終回は背番号10大室亮満(3年)が救援した。敗れた佐久長聖は、背番号10廣田龍星(3年)が先発して6回を被安打9・失点6、その後は3投手が継投。攻撃陣は計9安打を放つも4得点に終わった。



[チーム成績] 夏の香川大会 

【高松商業|夏の香川大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0
⭐️部員数:73人(30位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.438(1位) [平均.355点]
・総得点  :50点(16位) [平均44.3点]
・平均得点 :10点(6位) [平均7.9点]
・総本塁打 :3本(13位) [平均2.8本]
・平均本塁打:0.6本(12位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :23個(3位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:4.6個(2位) [平均1.8個]
・総犠打数 :20個(9位) [平均14.8個]
・平均犠打数:4個(3位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :18点(45位) [平均10点]
・平均失点数:3.6点(45位) [平均1.8点]
・総失策数 :3個(13位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.6個(15位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:5試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の香川大会 

⚡️特集ページ:香川大会の日程・結果

【高松商業の戦歴|夏の香川大会2022年】
・決勝  :高松商業 06-4 英明
・準決勝 :高松商業 11-5 丸亀 
・準々決勝:高松商業 12-5 坂出商業(7)
・3回戦 :高松商業 07-1 藤井 
・2回戦 :高松商業 14-3 坂出(5)

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[過去戦歴] 春季四国大会2022年

高松商業(香②) 0-7 鳴門(徳①)(8)(む) ※準決勝
高松商業|000|000|000|=0
鳴門高校|200|021|020|=7 

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が14安打を放って7-0(8回コールド)で高松商業に勝利し、決勝進出。まず1回裏、ヒット2本と死球から1死満塁のチャンスを作ると、初戦の高知戦でも先制打を放った5番藤中温人(3年)のタイムリーで2点を先制。中盤の5回裏には、6番土肥憲将(3年)と7番東田空芽(3年)の連続3塁打で1点ずつを追加。6回裏には、ヒット2本と四球から1死満塁とし、4番前田一輝(3年)の犠牲フライで1点を追加。8回裏には、4番前田一輝(3年)の安打で1点、5番藤中温人(3年)の安打で1点を奪い、7点差とした。投げては、エース冨田遼弥(3年・U18候補)が6回を被安打5・四死球1・奪三振2・計82球と好投し(四国大会では15イニング無失点)、残る2回を背番号8前田一輝(3年)が継投し完封リレーした。敗れた高松商業はヒット6本を放つも無得点。投手陣は、大室亮満(2年)・甲田和喜(2年)・佐藤晋平(1年)の3投手が登板した。


松山商業(愛①) 0-7 高松商業(香②)(8)(あ) ※1回戦
松山商業|000|000|000|=0
高松商業|300|101|020|=7

=========================
⭐️試合総評⭐️高松商業が7-0(8回コールド)で松山商業に勝利。1回裏、高松商業はドラフト候補の3番浅野翔吾(3年・高校通算44本)の2塁打で1点、4番山田一成(3年)の安打で1点など一挙3点を先制。4回裏には8番渡辺和大(3年)の犠牲フライで1点、6回裏には9番横井亮太(2年)の安打で1点を奪い5-0。7回裏には、代打に送られた井櫻悠人(3年)が2点2塁打を放ち、7-0とした。投げては、エース渡辺和大(3年)が7回を被安打6・四球2・奪三振2・98球と好投し、最後は大室亮満(2年)が1回をパーフェクトに抑えた。敗れた松山商業は、清家瑛(3年)・丸山日向(3年)・福積颯太(3年)の3投手が登板し、攻撃陣は6安打を放つも無得点に終わった。

[過去戦歴] 春季香川大会2022年

【高松商業の戦歴|春季香川大会2022年】
・決勝戦 :高松商業 3-13 英明
・準決勝 :高松商業 8-2 丸亀
・準々決勝:高松商業 6-1 多度津
・3回戦 :高松商業 8-1 高松南(8)
・2回戦 :高松商業 18-0 観音寺総合(5) 



[過去] 夏の甲子園メンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 坂中大貴  3年  右右  紫雲(香川)

02 山﨑悠矢  3年  右右  太田(香川) ◎
03 本田倫太郎 2年  右右  志度(香川)
04 末浪佑絃  3年  右左  天理(奈良)
05 安藤康城  3年  右左  古高松(香川)
06 向井万旺  3年  右左  龍雲(香川)
07 藤井陸斗  3年  右左  太田(香川)
08 野崎隼斗  3年  右左  志度(香川)
09 浅野翔吾  2年  右右  屋島(香川)
10 鈴木敦稀  3年  右右  満濃(香川)
11 渡辺和大  3年  左左  香川大付坂出(香川)
12 大平岳   3年  右右  大野原(香川)
13 德田叶夢  3年  左左  さぬき南(香川)
14 山田一成  2年  右右  白峰(香川)
15 渡辺升翔  2年  右右  太田(香川)
16 横井亮太  1年  右右  坂出(香川)
17 大坪太陽  2年  右右  坂出(香川)
18 橋崎力   2年  右左  坂出(香川)
※野球部員数:74人、◎:主将



[過去] 夏の甲子園2021年 チーム紹介

◆夏の甲子園=2大会連続21回目

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1。打率:.348(25位)、平均得点:9.6点(7位)、本塁打:2本(24位)、盗塁数:18個(7位)、平均犠打数:2.2(37位)、平均失点:3.4点(45位)、平均失策数:1.8(49位) ※カッコ内(出場校順位)


◆夏の香川大会では”5勝中3勝で逆転勝利”するなど、驚異的な粘りが持ち味だ。準決勝・大手前高松戦では、4点を追う9回に7点を奪い逆転。決勝・英明戦も、最大4点のビハインドを追うも同点とし、7回に浅野翔吾(2年)がソロ本塁打を放つなどし勝利した。


◆プロ注目のスラッガー 背番号9 浅野翔吾(2年)に注目だ。香川大会では打率.412を記録し、チームトップの本塁打2本(高校通算は35本塁打)、打点10を叩き出した。中学時代はU15日本代表に選出、中学通算55本塁打を放った右の長距離砲。強靭な肉体から凄まじい打球をはじき返し、来秋のドラフト上位候補としても注目される。


◆攻撃面は、チーム打率.348(25位)、平均得点9.6点(7位)と好調で、5試合で計48得点を記録。投手陣は、エース右腕 坂中大貴(3年)、背番号11の左腕 渡辺和大(3年)、背番号13の左腕 徳田叶夢(3年)ら5人が登板するなど、複数投手陣の継投が基本だ。



[過去] 夏の甲子園2021年 戦歴結果

◆8/24(火) 智辯和歌山(和歌山) 5-3 高松商業(香川) ※3回戦
智辯和歌山|003|010|010|=5
高松商業|000|001|002|=3

——————————————
⭐️試合結果⭐️智辯和歌山が5-3で勝利。初戦は不戦勝(宮崎商業が辞退)となり、和歌山大会決勝(7/27)から1ヶ月のブランクを経て迎えた3回戦は、最終回に粘りを見せる高松商業を振り切った。3回表に3番角井・4番徳丸の連続タイムリーで2点、さらに5番岡西の犠牲フライで1点を加えて3点を先制。5回表には相手失策から1点、8回表には2死から2連打のあと8番中西のタイムリーで5点目を挙げた(合計11安打)。エース中西聖輝は、8回2/3を投げて被安打6・四死球4・奪三振4(145球)と力投。中西は9回2死満塁から2点を奪われた場面で降板し、その後は背番号18伊藤が”1球”で試合をしめた。一方の高松商業は、5-1で迎えた9回裏に2死満塁のチャンスを作ると、8番向井がショートの悪送球を誘い2点を奪うなど、香川大会でみせた粘りの野球を展開。徳田・大平・坂中・渡辺の4投手が継投したほか、ベンチ入り18人中17人が出場するなど全員野球をみせた。2年生の注目スラッガー浅野翔吾は、6回表に特大のソロ本塁打(大会24号)を記録。最終回にはベンチから涙を流しながら声を張り上げた。今大会では7打数4安打2打点(ソロ本塁打1本含む)と確かな足跡を残した。


◆8/19(水) 作新学院(栃木) 7-10 高松商業(香川) ※初戦
作新学院|000|012|031|=7
高松商業|003|030|04x|=10

——————————————
⭐️試合結果⭐️高松商業が10-7で勝利。(=夏25年ぶり勝利、大正~令和の4元号勝利、香川勢の春夏通算130勝目) 高松商業は、6-6の同点に追いつかれた8回裏、4番藤井陸斗が2死満塁から走者一層となるセンターオーバーの3塁打を放ち、9-6と3点を勝ち越し(これが決勝点)。4番の藤井は4打数2安打6打点と活躍が光った。このほか”2番”に起用された2年生浅野翔吾が先制点となるタイムリーを放ち、序盤に流れを引き寄せた(3打数2安打1打点と活躍)。投手陣は味方の12安打を上回る13安打を浴びるも、徳田・渡辺・坂中の3投手が継投し、粘る相手打線を振り切った。一方の作新学院は、一時は最大5点差をつけられるも、8回表には3点を奪い6-6の同点とし、9回表にも1点を奪うなど最後まで粘りを見せた。ただ、守りの面では計4失策を喫し、ミスが失点につながった。作新学院は開幕前に部員に陽性判定があり、その後は陰性を確認しての大会出場。雨天順延による日時変更も相次ぎ、様々な困難な中でこの試合を戦った。この試合はベンチ入り18人中15人が出場するなど、最後まで粘りのある”全員野球”をみせた。



[過去] 夏の香川大会2021年 データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.348(25位) [平均.351]
・得点   :48点(14位) [平均43.9点]
・平均得点 :9.6点(7位) [平均7.9点]
・本塁打  :2本(24位) [平均3本]
・平均本塁打:0.4本(21位) [平均0.5本]
・盗塁数  :18個(7位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3.6個(4位) [平均2個]
・犠打数  :11(40位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.2(37位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :17点(42位) [平均10点]
・平均失点 :3.4点(45位) [平均1.8点]
・失策数  :9(49位) [平均3.6]
・平均失策数:1.8(49位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:74人(26位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均


【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆打者部門=========
・浅野翔吾(2年):本塁打数 2本:11位(5試合)

・・・・・(0年):打点 10打点:12位(5試合)

[過去] 夏の香川大会2021年

・決勝:高松商業 06-5 英明 
・準決勝高松商業 11-8 大手前高松
・準々決戦:高松商業 07-0 高松西(7)
・3回戦高松商業 10-4 香川中央
・2回戦高松商業 14-0 笠田(5)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号