《明徳義塾》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

明徳義塾 野球部メンバー 2022年

明徳義塾(高知) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【高知大会の成績】スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0。打率:.331(34位) 、平均得点:6点(44位) 、総本塁打:2本(23位) 、平均盗塁数:1.8個(19位) 、平均犠打数:2.8個(20位) 、平均失点数:2.8点(44位) 、平均失策数:0.8個(23位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 吉村優聖歩 左/左 3年 熊本・錦ヶ丘
02 林大心   右/右 3年 高知・西土佐
03 本田凪汐  右/右 3年 高知・明徳義塾
04 池邉由伸  右/左 3年 佐賀・昭栄 ⭐️
05 寺地隆成  右/左 2年 高知・明徳義塾
06 辰己遊   右/右 3年 大阪・久宝寺
07 田中晴太  左/左 3年 兵庫・新宮
08 井上航輝  右/右 3年 大阪・富田林 葛城
09 安井大翔  右/左 3年 大阪・摂陽
10 矢野勢也  右/右 3年 福岡・南陵
11 河村僚也  右/右 3年 愛媛今治南
12 髙橋幸成  左/左 3年 東京・両国
13 杉本慎之介 右/右 3年 大阪・藤井寺
14 小林和生  右/左 2年 岡山・柵原
15 浅野太志  右/右 3年 大阪・門真二
16 三岡飛龍  右/左 2年 兵庫・山崎東
17 中野雅友  両/左 3年 高知・西部
18 江口真朋  右/右 2年 高知・明徳義塾




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:3大会連続22度目。高知決勝は、ライバル高知高校(8-7)との一戦となり、2点をリードされる展開も6回に長短打6本を集めて6点を奪って逆転。1点リードで迎えた9回裏には1死満塁の大ピンチも、左腕エース吉村優聖歩(ゆうせふ•3年)が2者連続三振を奪って優勝を決めた。


②ポイント:投手陣は、左腕の吉村優聖歩(3年)と右腕の矢野勢也(3年)のWエース体制。吉村は初戦・土佐戦(7-0 7C)を3安打完封、矢野は準々決勝・梼原戦(4-1)を被安打4で完投するなど、共に安定感がある。守備陣は、計4試合で3失策。


③ポイント:攻撃陣は、チーム打率.331(34位)、1試合平均6点(44位)。1年時からセカンドのレギュラーを任されるキャプテン6番池邉由伸(3年)が勝負強い。高知大会では、打率.429・打点4を記録。準決勝・高知中央戦(4-3)では、6回に逆転ツーラン(公式戦では初本塁打)を記録したほか、決勝・高知戦ではリードを許された試合展開の中で、同点タイムリーを放った。


④ポイント:チームは、昨秋の高知大会で優勝するも、秋季四国大会では準決勝・鳴門戦で3-2と惜敗し、センバツを逃す。春季高知大会では優勝、春季四国大会では決勝・鳴門戦で6x-5(14TB)と惜敗し準優勝。今夏の優勝を決めたのち、馬淵監督は「どうもね、勝てそうな感じのチームなんですよね」とコメントしている。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月11日(木) 2回戦 [6日目]
13:00 明徳義塾 1-2 九国大付
==========================
⭐️試合結果⭐️九国大付が2-1で明徳義塾に勝利。背番号11を背負うエース香西一希(3年)が9回を被安打5・四球3・奪三振5・計110球で完投。福岡大会では5回戦以降を体調不良で離脱も、聖地に導いてくれた仲間への感謝を込めた丁寧な投球が光った。攻撃陣は計5安打で2得点。3回裏に1番小田原義(3年)の安打で1点、4回裏には3番黒田義信(3年)のセーフティーが相手ミスを誘って1点を奪った。敗れた明徳義塾は、エース吉村優聖歩(3年)が9回を被安打5・四死球5・奪三振5と好投も、散発5安打に終わり、香西に抑え込まれた。

[チーム成績] 夏の高知大会 

【明徳義塾|夏の高知大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=0、B=5、C=0
⭐️部員数:134人(3位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.331(34位) [平均.355点]
・総得点  :24点(49位) [平均44.3点]
・平均得点 :6点(44位) [平均7.9点]
・総本塁打 :2本(23位) [平均2.8本]
・平均本塁打:0.5本(18位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :7個(31位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:1.8個(19位) [平均1.8個]
・総犠打数 :11個(32位) [平均14.8個]
・平均犠打数:2.8個(20位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :11点(27位) [平均10点]
・平均失点数:2.8点(44位) [平均1.8点]
・総失策数 :3個(13位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.8個(23位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:4試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の高知大会 

⚡️特集ページ:高知大会の日程・結果

【明徳義塾の戦歴|夏の高知大会2022年】
・決勝  :明徳義塾 8-7 高知
・準決勝 :明徳義塾 5-3 高知中央
・準々決勝:明徳義塾 4-1 梼原
・2回戦 :明徳義塾 7-0 土佐(7)

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[過去戦歴] 春季四国大会2022年

明徳義塾(高①) 5-6x 鳴門(徳①)(14TB)(む) ※決勝
明徳義塾|000|002|000|110|01=5
鳴門・・|000|100|100|110|02=6x 

=========================
⭐️(試合経過)試合総評⭐️先発は、明獄義塾がエース矢野勢也(3年)、鳴門はエース冨田遼弥(3年)。4回裏、鳴門は6番土肥憲将(3年)のタイムリーで1点を先制。6回表、明徳義塾は四球とヒットから1死2・3塁のチャンスを作ると、3番池邉由伸(3年)のタイムリーで2-1と逆転。7回裏、鳴門はヒット2本で2死1・2塁のチャンスを作ると、明徳義塾は背番号10吉村優聖歩(3年)に投手交代。ここで鳴門の1番井川欧莉(3年)のタイムリーで1点を返し、2-2の同点。このまま試合は延長へ。延長10回表、明徳義塾は四球で走者を出すと、1番井上航輝(3年)の3塁打で1点を奪い、3-2。直後の10回裏、鳴門はヒット・四球・申告敬遠から1死満塁のチャンスで、7番東田空芽(3年)の犠牲フライで3-3の同点。延長11回表、明徳義塾はヒット2本から1死1・3塁、ここで6番河村僚也(3年)のスクイズで4-3と勝ち越し。延長11回裏、鳴門は2死2塁から3番三浦鉄昇(3年)の3塁打で1点を奪い、4-4の同点。延長13回TBに突入するも、表裏の攻防は無得点。延長14回表、鳴門はエース冨田に代わり、背番号8前田一輝(3年)に投手交代。直後、明徳義塾は2死満塁から押出四球で1点を勝ち越し。延長14回裏、鳴門は1死満塁のチャンスで、2番手としてマウンドにあがった4番前田一輝(3年)のタイムリー2塁打で2点を奪い、6x-5。延長10回裏・11回裏・14回裏と3度の脅威の粘りを見せた鳴門が6x-5(延長14回TBサヨナラ)で明徳義塾に勝利し、2022年春季四国大会のチャンピオンに!


⭐️試合の投手成績⭐️投手陣は、鳴門のエース冨田遼弥(3年)が延長13回を被安打6・四死球4・奪三振8・計174球。一方の明徳義塾のエース矢野勢也(3年)は、6回2/3を被安打6・死球1・奪三振2・計61球。継投した背番号10吉村優聖歩(3年)は、6回2/3を被安打5・四球5(申告敬遠含む)・奪三振3・計97球を記録した。


英明(香①) 0-4 明徳義塾(高①)(む) ※準決勝
英明高校|000|000|000|=0
明徳義塾|001|010|11x|=4 

=========================
⭐️試合総評⭐️明徳義塾が4-0で英明に勝利し、決勝進出。エース矢野勢也(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・四死球1・奪三振4・計99球で完封。攻撃陣は、まず3回裏に3番池邉由伸(3年)の安打で1点を先制。その後、5回裏に5番田中晴太(3年)の安打で1点、 7回裏に4番寺地隆成(2年)のソロ本塁打で1点、8回裏に9番矢野勢也(3年)の安打で1点を追加し、4-0とした。チームは計11安打を放ち、1番井上航輝(3年)は5打数3安打と好調だった。敗れた英明は、エース寒川航希(3年)が9回を被安打11・四死球2・奪三振3・計128球を粘投。攻撃陣は計5安打、5回以降はヒット1本に抑えられた。


松山聖陵(愛②) 2-6 明徳義塾(高①)(む) ※1回戦
松山聖陵|001|001|000|=2
明徳義塾|132|000|00x|=6 

=========================
⭐️試合総評⭐️明徳義塾が6-2で松山聖陵に勝利。エース矢野勢也(3年)が4回を被安打3・四死球2・奪三振4・失点1・合計73球と好投し、6回表から登板した背番号10吉村優聖歩(3年・ゆうせふ)が被安打6・四死球0・奪三振0・失点1・合計57球で救援。攻撃陣は、1回裏に内野ゴロから1点を先制すると、2回裏には1番井上航輝(3年)の2点3塁打などで3点、3回裏には6番田中晴太(3年)・8番辰己遊(3年)のタイムリーでそれぞれ1点を奪い、3回裏までに計6得点を記録するなど、序盤から試合を優位に進めた。敗れた松山聖陵は、喜納成龍人(3年)・親川聖依(2年)・玉城海吏(3年)の3投手が登板し、攻撃陣は計9安打を放つなどチャンスを作るも2点にとどまった。

[過去戦歴] 春季高知大会2022年

明徳義塾 10-1 高知(春) ※チャレンジマッチ
・明徳義塾|160|000|021|=10
・高知高校|000|000|001|=1 

※高知高校はセンバツ出場のため春季出場なし


【明徳義塾の戦歴|春季高知大会2022年】
・順位決定:明徳義塾 10-1 q高知
・決勝  :明徳義塾 14-0 q高知工業
・準決勝 :明徳義塾 07-0 q土佐(8)
・準々決勝:明徳義塾 08-0 q中村(7)
・2回戦 :明徳義塾 01x-0 岡豊



[過去戦歴] 秋季四国大会2021年

鳴門(徳島①) 3-2 明徳義塾(高知①)(11)(西) ※準決勝
鳴門・・|200|000|000|01|=3
明徳義塾|002|000|000|00|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️鳴門が明徳義塾に3-2(延長11回)で勝利し、決勝進出(センバツ出場有力に)。エース冨田遼弥が11回を一人で投げ抜き、被安打5・死四球6・奪三振13・失点2(計161球)と好投した。3回以降は両チーム無得点が続く投手戦は、鳴門が延長11回表に、先頭打者が四球で出塁すると犠打で送り、5番藤中が敬遠で1死1・2塁。続く6番土肥は内野ゴロに倒れるも、1年生の7番豊田凌兵の安打で1点を勝ち越し、これが決勝点に。対する明徳義塾は、エース吉村優聖歩が延長11回を被安打8・死四球4・奪三振5と好投するも、打線が計5安打に押さえ込まれた。


阿南光(徳島③) 1-8 明徳義塾(高知①)(8C)(坊) ※準々決勝
阿南光|100|000|000|=1
明徳義塾|021|101|030|=8

=========================
⭐️試合総評⭐️明徳義塾が8-1(8C)で阿南光に勝利。明徳義塾は2回裏、相手失策2つと四球から1死満塁とすると、その後2死から1番安井の安打で1点、押出四球で1点を挙げて1-2と逆転。3回裏には相手失策から1点、4回裏には4番寺地の安打で1点、6回裏には相手失策から1点、8回裏には2番井上の3塁打で1点、3番池邉の安打で1点、4番寺地の2塁打で1点を奪い、7点差とした。投げてはエース吉村優聖歩(ゆうせふ)が8回を被安打4・四球4・奪三振8・失点1と好投した。敗れた阿南光は、エース森山が7回1/3回を被安打8・四球5・奪三振4・失点8・129球。チームは計7失策と守備からリズムを崩した。打線は初回に高知大会全4試合で無失点の明徳義塾から1点を奪うも、2回以降はノーヒットに抑えられた。

[過去戦歴] 秋季高知大会2021年

【明徳義塾の戦歴|秋季高知大会2021年
・決勝  :明徳義塾 1x-0 o高知(11)
・準決勝 :明徳義塾 11-0 o高知中央(7)

・準々決勝:明徳義塾 08-0 o岡豊(7)
・2回戦 :明徳義塾 07-0 o中村(7)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号