《高知高校》野球部メンバー2024年⚡️

高知高校 野球部メンバー2024年

高知高校(高知) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季四国大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 辻井翔大  右/右 3年 高知・土佐市立土佐南中
02 片井翔太  右/右 2年 京都・城陽市立南城陽中
03 谷口隼斗  右/右 3年 徳島・私立生光学園中
04 筒井海斗  右/右 3年 高知・土佐町立土佐町中
05 大石來輝  右/右 2年 高知・私立高知中
06 箕浦充輝  右/右 3年 大阪・大阪市立東淀中
07 恩地翔栄  右/左 2年 高知・私立高知中
08 日野翔大  右/右 3年 広島・福山市立福山東中
09 川村光輝  左/左 3年 高知・高知市立春野中⭐️

10 平悠真   右/右 3年 愛媛・西条市立西条北中
11 今村祐斗  右/右 3年 高知・四万十町立窪川中
12 渡邊芯   右/右 3年 高知・土佐市立戸波中

13 公文順平  右/右 3年 高知•安芸市立清水ヶ丘中
14 西口塁   右/左 3年 奈良・大和高田市立片塩中
15 勝山眞宏  右/右 3年 京都・京都市立樫原中
16 谷口琉偉  右/右 2年 徳島•三好市立西祖谷中
17 中村健人  右/左 3年 大阪•大阪市立歌島中
18 白井佑青  右/右 3年 高知・私立高知中
19 谷渕陽仁  右/左 3年 高知•四万十町立窪川中
20 藤岡誠弥  左/左 2年 高知・私立高知中
⭐️特集ページ:春季四国大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 平悠真   右/右 3年 愛媛・西条市立西条北中
02 片井翔太  右/右 2年 京都・城陽市立南城陽中
03 谷口隼斗  右/右 3年 徳島・私立生光学園中
04 筒井海斗  右/右 3年 高知・土佐町立土佐町中
05 大石來輝  右/右 2年 高知・私立高知中
06 箕浦充輝  右/右 3年 大阪・大阪市立東淀中
07 恩地翔栄  右/左 2年 高知・私立高知中
08 日野翔大  右/右 3年 広島・福山市立福山東中
09 川村光輝  左/左 3年 高知・高知市立春野中⭐️
10 辻井翔大  右/右 3年 高知・土佐市立土佐南中
11 今村祐斗  右/右 3年 高知・四万十町立窪川中
12 渡邊芯   右/右 3年 高知・土佐市立戸波中
13 島谷星士郎 右/右 3年 兵庫・加古川市立氷丘中
14 谷口琉偉  右/右 2年 徳島•三好市立西祖谷中
15 勝山眞宏  右/右 3年 京都・京都市立樫原中
16 清岡暖季  右/左 3年 高知•香南市立野市中 ※抹消
16 岡村翼   右/左 3年 高知•津野町立葉山中 ※新規
17 西口塁   右/左 3年 奈良・大和高田市立片塩中
18 白井佑青  右/右 3年 高知・私立高知中
19 東千嘉良  左/左 2年 広島•広島市立大州中 ※抹消
19 横山翼   右/右 3年 高知・私立高知中 ※新規
20 公文順平  右/右 3年 高知•安芸市立清水ヶ丘中




[戦歴] 春季四国大会2024年

⭐️特集ページ:春季四国大会 日程・結果

高知(高②) 2-4 高松商業(香①) ※準決勝
高知   |000|002|000|=2
高松商業 |000|031|00x|=4
=====================================
🌸レポート🌸 高松商業が4-2で勝利。攻撃陣は、計5安打&5盗塁。5回裏、安打・四球・申告敬遠から2死満塁のチャンスを作ると、勝負を挑まれた2番山田圭介(2年)が走者一掃となる2塁打を放ち、3点を先制。1点差に詰め寄られた直後の6回裏には、6番小原健跳(2年)の3塁打で1点を追加し、突き放した。投手陣は、背番号12行梅直哉(2年)が6回2失点と力投し、その後は背番号19相内奏(1年)が1回、背番号11末包旬希(2年)が2回を好救援。敗れた高知は、背番号10平悠真(3年)が6回4失点、その後は背番号1辻井翔大(3年)が登板。攻撃陣は計4安打。6回表、四球と安打で走者を出すと、内野ゴロから1点、4番辻井翔大(3年)の安打で1点を奪うも、その後は得点が奪えなかった。


松山商業(愛①) 0-7 高知(高②)(7) ※1回戦
松山商業 |000|000|000|=0
高知   |000|200|500|=7
=====================================
🌸レポート🌸 高知が7-0(7回コールド)で勝利。攻撃陣は計9安打。まず4回裏、2番恩地翔栄(2年)・3番大石來輝(2年)が連打で出塁すると、5番谷口隼斗(3年)の安打で2点を先制。その後7回裏に、5番谷口隼斗(3年)が2塁打で出塁すると、申告敬遠から1死満塁のチャンスを作ると、相手失策から1点、1番筒井海斗(3年)の安打で1点、2番恩地翔栄(2年)の安打で2点、3番大石來輝(2年)の犠牲フライで1点を奪い、一気に試合を決めた。投手陣は、背番号1辻井翔大(3年)が5回を被安打2・四死球1・奪三振7と好投し、その後は背番号10平悠真(3年)が登板。敗れた松山商業は、背番号1林颯太(3年)が被安打9・四死球2(申告敬遠)・奪三振7・計89球と力投。攻撃陣は、計3安打にとどまり得点が奪えなかった。




[戦歴レポート] センバツ2024年

広陵 3-1 高知  ※1回戦
広陵   |101|000|001|=3
高知   |000|000|010|=1
=====================================
🌸レポート🌸 雪が舞う中、広陵が3-1で勝利。背番号1高尾響(2年)が9回を被安打5・四死球2・奪三振11・失点1・計117球と好投。終盤に守備のミスから1点を奪われるも、冷静なマウンドさばきでチームを勝利に導いた。「自己採点は90点」by高尾。攻撃陣は計7安打(&4盗塁)。1回表、1番濱本遥大(2年)が2塁打で出塁すると、相手失策から1点を先制。3回表、2番田村夏芽(2年)が安打で出塁すると(&盗塁)、4番只石貫太(2年)の2塁打で1点を追加。1点差に迫られた直後の9回表には、代打・枡岡憲志(2年)が安打で出塁し、代走・空輝星(1年)が盗塁を決めると、9番白髪零士(1年)の2塁打で1点を奪い、3-1と突き放した。敗れた高知は、背番号10辻井翔大(2年)が4回2失点、その後は背番号1平悠真(2年)が5回を被安打2・四死球2・奪三振5・失点1と好投。攻撃陣は計5安打。8回裏、相手失策と代打・岡村翼(2年)が四球を選んで2者が出塁。代走・勝山眞宏(2年)が盗塁を決めたあと、相手失策から1点。なお1死3塁のチャンスも、得点が奪えず競り負けた。【観客数 : 11,000人】

[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:3年連続21回目。選考委員会の選考理由「辻井翔大から平悠真への継投パターンが確立。堅実な守備力、勝負強い打線も含め、安定感のある」


🌸主な戦歴など高知V四国V神宮初戦|四国大会では、初戦・今治西(愛②)に10-3(8C)、続く準決勝・明徳義塾(高③)に3-2、決勝・阿南光(徳③)に5-1で勝利し、四国V。神宮大会では、初戦で豊川に最大4点差をひっくり返され、8-9x(延長11回TB)で惜敗。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.81(13位)、平均失点数:2.1点(9位★)、平均失策数:0.5つ(4位★★)。昨春センバツで大ブレイクした背番号10辻井翔大(2年)と最速148キロの背番号1平悠真(2年)の継投が勝利の方程式だ。四国大会では、全3試合を継投で勝ち上がり、決勝・阿南光戦ではともに無四死球の好投で、高い攻撃力を持つ相手打線を1失点に抑え込んだ。バックも「1試合平均0.5失策(4位)」と鍛え上げられている。【秋公式戦データ(投球回数順)】①辻井翔大(2年)は計37回1/3を投げて、防御率1.45(23位)、奪三振45(14位)、1回あたりの奪三振数1.21(4位★)。②平悠真(2年)は計27回1/3を投げて、防御率2.30(44位)、奪三振23(36位)、1回あたりの奪三振数0.84(33位)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.304(24位)、平均得点:6.9点(14位)、総本塁打:2本(19位)、平均盗塁数:1個(24位)。目立った打撃成績こそないが、U18を初の世界一に導いた名将・馬淵監督率いる明徳義塾に、昨秋は高知大会と四国大会でともに1点差で勝利するなど、競り合いに強さを見せる。打線は、秋公式戦で本塁打1本を放った1番筒井海斗(2年)がリードオフマン。ここに、四国大会・今治西戦で4打数3安打2打点の活躍をみせた2番箕浦充輝(2年)が続く。得点源となる中軸は、打率.357・打点9(チーム1位)の3番大石來輝(1年)、打率.357・本塁打1・打点8の4番谷口隼斗(2年)、打点7の5番辻井翔大(2年)が並ぶ。このあと、四国大会の準決勝・明徳義塾戦で決勝タイムリー2塁打を放った7番日野翔大(2年)、打点8(チーム2位)の9番西口塁(2年)が下位打線に並ぶ。[個人ランキング]


🌸トピックス等:センバツ出場校の発表日は、2年生は長野への修学旅行中。4番谷口隼斗(2年)の兄・谷口朝陽は、広陵-徳島インディゴソックスを経て、2023年ドラフト会議で西武ライオンズから育成2位指名。濱口監督は、高知中学の軟式監督における実績も高く、低反発バット導入時代に「点の入りにくい軟式」の経験を活かす。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【高知高校|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :63人(9位) (部員数ランキング)
・試合数   :8戦7勝1敗 (戦歴:高知四国神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.304(24位) [平均.330点]
・総得点   :55点(26位) [平均69.1点]
・平均得点  :6.9点(14位) [平均6.9点]
・総本塁打  :2本(19位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(19位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :8個(27位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1個(24位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.81(13位) [平均1.93]
・総失点   :17点(9位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.1点(9位) [平均2.4点]
・総失策数  :4つ(2位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.5つ(4位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 明治神宮大会2023年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

高知 8-9x 豊川 (11)[高] ※初戦
高知   |000|400|011|11 =8
豊川   |000|003|102|12 =9x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、高知が背番号10辻井翔大(2年)、豊川が背番号10中西浩平(1年)。4回表、高知は失策で2点、内野ゴロで1点、4番谷口隼斗(2年)の安打で1点を奪い、4点を先制。6回表から豊川は2人目の背番号11平野将馬(1年)に交代。6回裏、豊川は3番モイセエフ•ニキータ(2年)の2塁打で1点を返す。ここで高知は2人目の背番号1平悠真(2年)に交代。さらに豊川は5番北田真心(1年)の安打で2点を奪い、4-3。7回裏、豊川は1番林優翔(1年)の安打で1点を返し、4-4。8回表、高知は1番筒井海斗(2年)のソロ本塁打(高校の部=第1号)で5-4。9回表から豊川は3人目の背番号1鈴木爽太(2年)、4人目の背番号17本田能光(2年)に交代。このあと高知は7番箕浦充輝(2年)の安打で1点を追加し、6-4。9回裏、豊川は代打・三浦康生(2年)と代打・八木七遼(1年)が連続安打で出塁すると、2番高橋賢(2年)の安打で1点、3番モイセエフ•ニキータ(2年)の犠牲フライで1点を奪い、6-6。10回表、豊川は5人目の背番号14竹内雄惺(1年)に交代。このあと高知は相手バッテリーミスから1点を勝ち越し。10回裏から高知は背番号10辻井翔大(2年)が再びマウンドへ。このあと豊川は6番鈴木貫太主将(2年)の安打で1点を奪い、7-7。11回表、高知は5番辻井翔大(2年)の犠牲フライで1点を勝ち越し。11回裏、豊川は2死2・3塁から2番高橋賢(2年)がセンターオーバーのタイムリーを放って2点を奪い、決着。豊川が9x-8(延長11回サヨナラ)で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】豊川は計13安打を放ち、序盤の4点ビハインドを跳ね返した。打者では、2番高橋賢(2年)がサヨナラ打を含む6打数4安打3打点と活躍が光った。




[戦歴] 秋季四国大会2023年

⭐️特集ページ:秋季四国大会 日程・結果

高知(高①) 5-1 阿南光(徳③)(鳴) ※決勝戦
高知   |001|000|004|=5
阿南光  |000|000|100|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、高知が背番号10辻井翔大(2年)、阿南光が背番号1吉岡暖(2年)。3回表、高知は7番川村光輝(2年)が2塁打で出塁すると、9番片井翔太(1年)のスクイズで1点を先制。6回裏から高知は2人目の背番号1平悠真(2年)に交代。7回裏、阿南光は5番吉岡暖(2年)が2塁打で出塁して1死3塁のチャンスを作ると、7番井坂琉星(2年)の三振振り逃げの間に1点を奪って、1-1の同点。9回表、高知は6番筒井海斗(2年)の3塁打、8番箕浦充輝(2年)の安打、四球から1死満塁とし、ここで1番西口塁(2年)の犠牲フライで1点(勝ち越し)、3番大石來輝(1年・ライキ)の走者一掃となる2塁打で3点を奪い、5-1。高知が5-1で勝利し、2年ぶり8回目の優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】高知は、先発した背番号10辻井翔大(2年)が5回を被安打3・四死球0(無四死球)・奪三振8・失点0、その後は背番号1平悠真(2年)が4回を被安打4・四死球0(無四死球)・奪三振4・失点1と共に好投。一方の阿南光は、背番号1吉岡暖(2年・ハル)が9回を一人で投げ抜き、最終回に連打をあびたものの、被安打8・四死球4・奪三振8・失点5・計128球と力投をみせた。高知は四国地区代表として明治神宮大会へ出場予定。


明徳義塾(高③) 2-3 高知(高①)(鳴) ※準決勝
明徳義塾 |110|000|000|=2
高知   |000|110|10x|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、明徳義塾が背番号11池﨑安侍朗(1年・アンジロウ)、高知が背番号10辻井翔大(2年)。1回表、明徳義塾は1番山畑真南斗(2年)が2塁打(安打・守備もたつきあり)で出塁すると、内野ゴロから1点を先制。2回表、明徳義塾は四球・安打で走者を出すと、8番池﨑安侍朗(1年)のスクイズで1点を追加し、2-0。3回表から高知は2人目の背番号1平悠真(2年)に交代。4回裏、高知は2死から死球で走者を出すと、5番辻井翔大(2年)の2塁打で1点を返し、2-1。5回裏、高知は安打2本で走者を出すと、9番平悠真(2年)の犠牲フライで1点を返し、2-2の同点。7回裏、高知は相手失策で走者を出すと、7番日野翔大(2年)の2塁打で1点を奪い、2-3と勝ち越し。ここで明徳義塾は2人目の背番号5髙橋龍成(2年)に交代。8回表、明徳義塾は安打2本から2死2・3塁も無得点。高知が3-2で勝利し、決勝進出!(センバツ出場有力に)【◆◆活躍メモ◆◆】高知は、先発の背番号10辻井翔大(2年)が2回2失点、その後は背番号1平悠真(2年)が残る7回を被安打5・四死球2・奪三振4・失点0・計82球と好投。攻撃陣は計4安打にとどまるも好機を確実にものにし、打者では7番日野翔大(2年)が決勝点となるタイムリー2塁打を放つ活躍をみせた。


今治西(愛②) 3-10 高知(高①)(8)(鳴) ※準々決勝(初戦)
今治西  |000|003|000|=3
高知   |001|110|070|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、今治西が背番号1渡地琥太郎(2年)、高知が背番号10辻井翔大(2年)。3回裏、高知は2番箕浦充輝(2年)の安打で1点を先制。4回裏、高知は8番川村光輝(2年)が3塁打で出塁すると、続く9番西口塁(2年)の安打で1点を追加し、0-2。5回裏、高知は3番大石來輝(1年・ライキ)の3塁打で1点を追加し、0-3。6回表から高知は2人目の背番号1平悠真(2年)に交代。このあと、今治西は5番福岡怜也(2年)の3ラン本塁打(※初戦ではソロ本塁打)で、3-3の同点に追いつく。7回裏から今治西は2人目の背番号10岩木駿助(2年)に交代。8回裏、高知は9番西口塁(2年)の安打で1点、2番箕浦充輝(2年)の安打で1点を奪い、3-5と勝ち越し。ここで今治西は3人目の背番号8菊川哲大(2年)に交代。さらに高知は、3番大石來輝(1年・ライキ)の2塁打で3点、4番谷口隼斗(2年)の3塁打で1点を追加し、3-9。ここで今治西は4人目の背番号7長田雄大(2年)に交代。さらに高知は5番辻井翔大(2年)の安打で1点を奪い、10点差とした。高知が10-3(8回コールド)で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】高知は、計15安打で10得点。中でも、2番箕浦充輝(2年・ミノウラミツキ)が4打数3安打2打点、3番大石來輝(1年・ライキ)が5打数3安打4打点と活躍。投げては、背番号10辻井翔大(2年)が5回を、背番号1平悠真(2年)が3回を投げ、相手打線を計4安打に封じた。




[戦歴] 秋季高知大会2023年

⭐️特集ページ:高知大会の日程・結果

【高知高校の戦歴|秋季高知大会2023年】
・決勝戦 :高知 02-0 高知商業
・準決勝 :高知 02-1 明徳義塾
・準々決勝:高知 11-1 中村(5)

・2回戦 :高知 14-0 土佐塾(5)

 ——–(参考)県選抜大会——–
・準決勝 :高知 4-11 明徳義塾 ⚫︎
・準々決勝:高知 11-1 伊野商業(7)
・1回戦 :高知 11-4 小津(7)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次