《阿南光•徳島》野球部メンバー2024年⚡️四国大会

阿南光 野球部メンバー2024年

阿南光(徳島) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季四国大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 吉岡暖   右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中
02 井坂琉星  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南第二中⭐️
03 西村幸盛  右/右 3年 徳島・阿波市立市場中
04 芝山拓人  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南第一中
05 住江慶次郎 右/右 3年 徳島・小松島市立小松島南中
06 矢藤颯太  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中
07 福嶋稟之介 左/左 3年 徳島・阿南市立阿南中
08 福田修盛  左/左 3年 徳島・阿南市立阿南第二中
09 下込獅土  右/右 3年 徳島・鳴門市立大麻中
10 奥田日向汰 右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中
11 戸田大貴  右/左 2年 徳島・阿南市立阿南第二中

12 天野慧   右/両 2年 徳島・美波町立日和佐中
13 児島優磨  右/右 2年 徳島・阿南市立羽ノ浦中
14 加治本隆斗 右/右 3年 徳島・那賀町立鷲敷中
15 福原迅   右/右 2年 徳島・阿南市立阿南第二中
16 国吉比呂  右/右 2年 徳島・阿南市立那賀川中
17 伊藤虎太郎 右/左 2年 徳島・小松島市立小松島中
18 大坂将太  右/左 2年 徳島・阿南市立阿南第二中
19 藤崎健   右/右 3年 徳島・小松島市立小松島中
20 卯月勇駕  右/右 2年 徳島•小松島市立小松島南中

⭐️特集ページ:春季四国大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 吉岡暖   右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中
02 井坂琉星  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南第二中⭐️
03 西村幸盛  右/右 3年 徳島・阿波市立市場中
04 芝山拓人  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南第一中
05 住江慶次郎 右/右 3年 徳島・小松島市立小松島南中
06 矢藤颯太  右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中

07 福嶋稟之介 左/左 3年 徳島・阿南市立阿南中
08 福田修盛  左/左 3年 徳島・阿南市立阿南第二中
09 下込獅土  右/右 3年 徳島・鳴門市立大麻中
10 奥田日向汰 右/右 3年 徳島・阿南市立阿南中
11 戸田大貴  右/左 2年 徳島・阿南市立阿南第二中
12 天野慧   右/両 2年 徳島・美波町立日和佐中
13 児島優磨  右/右 2年 徳島・阿南市立羽ノ浦中
14 加治本隆斗 右/右 3年 徳島・那賀町立鷲敷中
15 福原迅   右/右 2年 徳島・阿南市立阿南第二中
16 国吉比呂  右/右 2年 徳島・阿南市立那賀川中
17 伊藤虎太郎 右/左 2年 徳島・小松島市立小松島中
18 大坂将太  右/左 2年 徳島・阿南市立阿南第二中
19 藤崎健   右/右 3年 徳島・小松島市立小松島中
20 卯月勇駕  右/右 2年 徳島•小松島市立小松島南中




[戦歴] 春季四国大会2024年

⭐️特集ページ:春季四国大会 日程・結果

尽誠学園(香②) 7-2 阿南光(徳①) ※準決勝
尽誠学園 |010|132|000|=7
阿南光  |000|002|000|=2
=====================================
🌸レポート🌸 尽誠学園が7-2で勝利。先発した背番号12廣瀬賢汰(2年)が投打で活躍し、センバツ8強を撃破。攻撃陣は計14安打。2回表、9番廣瀬賢汰(2年)のタイムリーで1点を先制。4回表、9番廣瀬賢汰(2年)の内野ゴロで1点を追加。5回表、4番岩橋修太(3年)の2塁打で1点、5番髙橋昂心(3年)の2塁打で1点、7番河合和紗(3年)の安打で1点を追加。6回表、9番廣瀬賢汰(2年)が2塁打で出塁すると、スクイズで1点、5番髙橋昂心(3年)の安打で1点を奪い、計7得点。投手陣は、背番号12廣瀬賢汰(2年)が7回1/3を被安打4・四死球2・奪三振2・失点2と好投し、その後は背番号11上江洲琉空(3年)が救援。敗れた阿南光は、背番号1吉岡暖(3年)が5回で10安打を浴びて5失点、その後は背番号18大坂将太(2年)が登板。攻撃陣は計5安打。6回裏に2死満塁から5番吉岡暖(3年)の2塁打で2点を返す意地を見せるも、中盤までの失点が響いた。


済美(愛②) 0-5 阿南光(徳①) ※1回戦
済美   |000|000|000|=0
阿南光  |000|200|21x|=5
=====================================
🌸レポート🌸 阿南光が5-0で勝利。センバツで躍動した背番号1吉岡暖(3年)が9回を被安打4・四死球3・奪三振9・計125球と好投し、相手打線を完封。攻撃陣は計10安打。まず4回裏、6番矢藤颯太(3年)の安打、7番井坂琉星(3年)の2塁打で走者を出すと、8番戸田大貴(2年)の安打で2点を先制。7回裏には、四球と3番福田修盛(3年)の安打で走者を出すと、内野ゴロ(&失策)で1点、6番矢藤颯太(3年)の2塁打で1点を追加。8回裏には、2番西村幸盛(3年)の安打で1点を追加し、突き放した。打者では、3番福田修盛(3年)が最多3安打と活躍。敗れた済美は、背番号1田河悠斗(2年)が7回を投げ、その後は背番号10梅原朋貴(2年)が登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、得点が奪えなかった。



[戦歴レポート] センバツ2024年

星稜   5-0 阿南光 ※準々決勝
星稜   |130|100|000|=5
阿南光  |000|000|000|=0
=====================================
🌸レポート🌸 星稜が5-0で勝利し、石川県勢初の4強入り。背番号18戸田慶星(1年)が9回を被安打2・四死球0・奪三振6・計105球と好投し、完封。攻撃陣は計9安打(&4盗塁)。1回表、4番萩原獅士(2年)の安打で1点を先制。2回表には、6番能美誠也(1年)が3塁打で出塁すると、7番専徒大和(2年)の安打で1点、9番戸田慶星(1年)の安打で1点、併殺の間に1点を奪い、4-0。4回表には、8番中島幹大(2年)の安打で1点を追加し、5-0とした。敗れた阿南光は、背番号18大坂将太(1年)が1回4失点も、その後は背番号1吉岡暖(2年)が残る8回を被安打4・四死球1・奪三振5・失点1・計96球と好投。攻撃陣は、3回裏に初スタメンの7番奥田日向汰(2年)がチーム初安打を放つも、計2安打にとどまった。阿南光はこの試合前にレギュラー選手2名が体調不良により登録変更された。【観客数 : 7,000人】


熊本国府 0-3 阿南光  ※2回戦
熊本国府 |000|000|000|=0
阿南光  |200|100|00x|=3
=====================================
🌸レポート🌸 阿南光が3-0で勝利し、初のベスト8入り。背番号1吉岡暖(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打5・無四死球・奪三振14・計120球で完封。要所で内野ゴロに打たせて取り、併殺で得点を与えず。攻撃陣は、計5安打。1回裏、四球で走者を出すと、3番福田修盛(2年)のライトオーバーの3塁打で1点、相手失策から1点を奪い、2点を先制。4回裏には5番吉岡暖(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、8番戸田大貴(1年)の2塁打で1点を追加し、3-0と突き放した。敗れた熊本国府は、背番号1坂井理人(2年)が5回3失点、その後は背番号10植田凰暉(2年)が登板。攻撃陣は計5安打に抑えられ、得点は奪えず。鍛えられた守備陣は、今大会で確かな印象を残した。【観客数 : 11,000人】


阿南光 11-4 豊川  ※1回戦
阿南光  |230|000|006|=11
豊川   |000|000|121|=4
=====================================
🌸レポート🌸 高い攻撃力を持つ阿南光が11-4で勝利。攻撃陣は計10安打。1回表、1番福嶋稟之介(2年)と2番西村幸盛(2年)が連打で出塁すると、内野ゴロ2つから2点を先制。2回表、2死満塁から2番西村幸盛(2年)の走者一掃となる2塁打で3点を追加し、5-0。2点差に迫られた9回表には、4番住江慶次郎(2年)の安打で1点、6番矢藤颯太(2年)の安打で1点、ボークで1点、9番芝山拓人(2年)のスクイズで1点、押出四球で1点、犠牲フライで1点を追加。投手陣は、2段モーションの背番号1吉岡暖(2年)が9回を被安打9・四死球4・奪三振11・失点4・計143球と好投。捕手の井坂琉星(2年)は、顔面付近に死球(→打撲の診断)を受けるも好リード。打者では、2番西村幸盛(2年)が4打数3安打4打点と躍動した。敗れた豊川は、背番号1鈴木爽太(2年)・背番号20林優大(2年)・背番号10平野将馬(1年)・背番号11中西浩平(1年)・背番号17柴田啓汰(1年)の5投手が登板。攻撃陣は、計9安打。7回裏、2死満塁から代打・三浦康生(2年)の安打で1点。続く8回裏、3番モイセエフ•ニキータ(2年)の2ラン本塁打(大会第1号 & 低反発バット第1号)で2点。9回裏には、1死満塁から1番林優翔(1年)の安打で1点。なお2死満塁の場面で、チームの合言葉「ニキータに回せ」の通り、3番モイセエフ•ニキータ(2年)に打席が回るも、最後は空振り三振に倒れた。【観客数 : 11,000人】



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:32年ぶり2回目。選考委員会の選考理由「エース右腕の吉岡暖に評価が集まった。四国大会4試合を1人で投げ抜くスタミナを持ち、直球を軸に多彩な変化球も駆使して三振を取り、高い潜在能力を評価」


🌸主な戦歴など徳島3位四国準V|四国大会では、初戦・丸亀城西(香②)に6-2、続く準々決勝・松山商業(愛①)に6-1、準決勝・鳴門(徳①)に6-3で勝利し、決勝では高知(高①)に1-5で敗戦。


🌸主な投手陣等チーム防御率:2.74(31位)、平均失点数:3.1点(29位)、平均失策数:1.1つ(23位)。最速146キロの直球と強靭なスタミナが魅力の鉄腕エース吉岡暖(2年・ハル)が大黒柱だ。秋公式戦での総奪三振数が66個(1位)のエースは、公式戦8試合中7試合で完投。四国大会では、初戦・丸亀城西戦で9回2失点(奪三振12)、準々決勝・松山商業戦で9回1失点、準決勝・鳴門戦で9回3失点と好投。中1から一緒にバッテリーを組む捕手・井坂琉星主将(2年)ら2年生6人は、地元「徳島阿南シティホープ」のチームメートで、中3時には全国Vを経験。このほか、センターで左腕の福田修盛(2年)、下手投げの大坂将太(1年)が控える。【秋公式戦データ(投球回数順)】吉岡暖(2年)は計62回2/3を投げて、防御率2.44(46位)、奪三振66(1位★)、1回あたりの奪三振数1.05(9位★)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.358(9位★)、平均得点:7.4点(9位★)、総本塁打:5本(6位★)、平均盗塁数:2.3個(10位★)。失点の多さ(出場校29位)を、出場校でもトップレベルの高い攻撃力でカバーする。徳島大会の全4試合で2桁安打を記録した打線は、選球眼の良い1番福嶋稟之介(2年)、打率.441を誇る2番西村幸盛(2年)が牽引する。中軸には”1発”のある打者が並び、高校通算17本を誇る3番福田修盛(2年)は、秋公式戦で打率.474(チーム1位)・本塁打2本・打点9の好成績を残し、四国大会の準決勝・鳴門戦ではソロ本塁打を含む5打数3安打3打点。続く4番住江慶次郎(2年)は、打率.387・本塁打2本・打点9の好成績を残し、初戦・丸亀城西戦では2ラン本塁打を含む4打数3安打2打点と活躍。下位では、本塁打1本を放った6番矢藤颯太(2年)のほか、打率.414・盗塁6(チーム1位)の9番芝山拓人(2年)が並び、再び上位打線に好機を演出する。[個人ランキング]


🌸トピックス等:2018年4月に徳島県立阿南工と新野が統合して開校した県立校。エース吉岡暖(2年)はクラブハウスのトイレ掃除担当。3番福田修盛(2年)の父は32年前に前身の新野高校でセンバツに初出場している。ベンチキャプテンの藤崎健(2年・阪神ファン)は、中学時代は水泳部に所属(高校から野球を開始)。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【阿南光|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=2、C=3 (優勝候補アンケート)
・部員数   :25人(29位) (部員数ランキング)
・試合数   :8戦6勝2敗 (戦歴:徳島四国)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.358(9位) [平均.330点]
・総得点   :59点(20位) [平均69.1点]
・平均得点  :7.4点(9位) [平均6.9点]
・総本塁打  :5本(6位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.6本(3位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :18個(12位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :2.3個(10位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.74(31位) [平均1.93]
・総失点   :25点(17位) [平均24.3点]
・平均失点数 :3.1点(29位) [平均2.4点]
・総失策数  :9つ(15位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1.1つ(23位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季四国大会2023年

⭐️特集ページ:秋季四国大会 日程・結果

高知(高①) 5-1 阿南光(徳③)(鳴) ※決勝戦
高知   |001|000|004|=5
阿南光  |000|000|100|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、高知が背番号10辻井翔大(2年)、阿南光が背番号1吉岡暖(2年)。3回表、高知は7番川村光輝(2年)が2塁打で出塁すると、9番片井翔太(1年)のスクイズで1点を先制。6回裏から高知は2人目の背番号1平悠真(2年)に交代。7回裏、阿南光は5番吉岡暖(2年)が2塁打で出塁して1死3塁のチャンスを作ると、7番井坂琉星(2年)の三振振り逃げの間に1点を奪って、1-1の同点。9回表、高知は6番筒井海斗(2年)の3塁打、8番箕浦充輝(2年)の安打、四球から1死満塁とし、ここで1番西口塁(2年)の犠牲フライで1点(勝ち越し)、3番大石來輝(1年・ライキ)の走者一掃となる2塁打で3点を奪い、5-1。高知が5-1で勝利し、2年ぶり8回目の優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】高知は、先発した背番号10辻井翔大(2年)が5回を被安打3・四死球0(無四死球)・奪三振8・失点0、その後は背番号1平悠真(2年)が4回を被安打4・四死球0(無四死球)・奪三振4・失点1と共に好投。一方の阿南光は、背番号1吉岡暖(2年・ハル)が9回を一人で投げ抜き、最終回に連打をあびたものの、被安打8・四死球4・奪三振8・失点5・計128球と力投をみせた。高知は四国地区代表として明治神宮大会へ出場予定。


鳴門(徳①) 3-6 阿南光(徳③)(鳴) ※準決勝
鳴門   |003|000|000|=3
阿南光  |040|000|11x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、鳴門が背番号1大門遼平(1年)、阿南光が背番号1吉岡暖(2年・ハル)。2回裏、阿南光は5番吉岡暖(2年)が3塁打で出塁すると、7番井坂琉星(2年)の安打で1点、2死満塁から2番西村幸盛(2年)の安打で2点、3番福田修盛(2年)の安打で1点を奪い、4点を先制。3回表、鳴門は1番大岸凌太朗(2年)の安打で1点、3番桐川翼(2年)の3塁打で2点を奪い、3-4。7回裏、阿南光は3番福田修盛(2年)のソロ本塁打で1点を奪い、3-5。8回裏、阿南光は安打3本から1死満塁とし、3番福田修盛(2年)の内野ゴロから1点を追加して、3-6と突き放す。阿南光が6-3で勝利し、決勝進出!(センバツ出場有力に)【◆◆活躍メモ◆◆】阿南光は、計16安打で6得点(残塁10つ)。打者では、2番西村幸盛(2年)が5打数3安打1打点、3番福田修盛(2年)がソロ本塁打を含む5打数3安打3打点と活躍。投げては、背番号1吉岡暖(2年・ハル)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球2・奪三振8・失点3・計114球と好投した。


松山商業(愛①) 1-6 阿南光(徳③)(阿) ※準々決勝
松山商業 |000|100|000|=1
阿南光  |100|000|14x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、松山商業が背番号1林颯太(2年)、阿南光が背番号1吉岡暖(2年)。1回裏、阿南光は4番住江慶次郎(2年)の安打で1点を先制。2回表、松山商業は四球・四球・安打から1死満塁も無得点。4回表、松山商業は7番片桐広翔(2年)の安打で1点を返し、1-1。7回裏、阿南光は3番福田修盛(2年)の3塁打で1点を奪い、1-2と勝ち越し。8回裏、阿南光は6番矢藤颯太(2年)の2塁打で1点、9番芝山拓人(2年)の犠牲フライで1点、1番福嶋稟之介(2年)の2塁打で1点、2番西村幸盛(2年・コウセイ)の安打で1点を奪い、1-6と突き放す。阿南光が6-1で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】阿南光は、背番号1吉岡暖(2年・ハル)が9回を被安打5・四死球3・奪三振7・失点1・計128球で完投。攻撃陣は終盤に集中打を発揮し、計12安打。中でも、中軸へチャンスメイクした2番西村幸盛(2年・コウセイ)は5打数4安打1打点と活躍が光った。


丸亀城西(香②) 2-6 阿南光(徳③)(阿) ※初戦
丸亀城西 |000|020|000|=2
阿南光  |003|003|00x|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、丸亀城西が背番号1角銅寿和(2年)、阿南光が背番号1吉岡暖(2年)。3回裏、阿南光は2番西村幸盛(2年)の2塁打で1点、4番住江慶次郎(2年)の2ラン本塁打(大会第1号)で2点を奪い、3点を先制。5回表、丸亀城西は四球2つで走者を出すと、2番吉永隼(2年)の安打で2点を返し、2-3。6回裏、阿南光は安打2本で走者を出すと、1番福嶋稟之介(2年)の安打で1点、3番福田修盛(2年)の安打で2点を奪い、2-6。7回裏から丸亀城西は2人目の背番号10前田冨雅(2年)に交代。阿南光が6-2で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】阿南光は、エース吉岡暖(2年・ハル)が9回を一人で投げ抜き、被安打8・四死球5・奪三振12・失点2・計165球と熱投。攻撃陣は計12安打を放ち、中でも4番住江慶次郎(2年)は2ラン本塁打を含む4打数3安打2打点と活躍が光った。




[戦歴] 秋季徳島大会2023年

⭐️特集ページ:徳島大会の日程・結果

【阿南光の戦歴|秋季徳島大会2023年】
・3位決定:阿南光 10-1 q生光学園 
・準決勝 :阿南光 06-7x 鳴門 ⚫︎
・準々決勝:阿南光 15-4 q小松島(5)

・2回戦 :阿南光 09-2 q小松島西(7)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次