《東海大菅生》野球部メンバー2022年⚡️

東海大菅生 野球部 2022年

東海大菅生 野球部メンバー 2022年 特集!

【明治神宮大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 日當直喜  右/右 2年 東京・桜堤中
02 北島蒼大  右/右 2年 埼玉・小針中
03 新井瑛喜  右/右 2年 長野・清水中
04 大舛凌央  右/左 2年 沖縄・石垣中
05 大島渉   右/右 2年 東京・浅草中
06 門間丈   右/右 2年 東京・東大和一中
07 酒井駿輔  右/左 2年 愛知・平洲中
08 高橋玄樹  右/左 2年 東京・調布七中
09 沼澤梁成  右/右 2年 山梨・身延中
10 渡部奏楽  右/左 2年 東京・駒留中
11 末吉陽輝  右/右 2年 千葉・勝浦中
12 伊藤望幸  右/右 1年 東京・小平六中
13 筒井湊   左/左 1年 愛知・豊根中
14 島袋俐輝  右/右 2年 沖縄・本部中
15 大島健真  右/左 1年 宮城・日吉台中
16 宮本恭佑  右/右 1年 東京・荏原六中
17 宮澤宏耶  右/右 2年 山梨・白州中
18 原田悠太郎 右/右 1年 愛知・南中

⚡️特集ページ:明治神宮大会の日程・結果



[戦歴] 明治神宮大会2022年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

東海大菅生 2-6 広陵 [高] ※初戦
東海大菅生|000|002|000|=2
広陵   |001|400|10x|=6 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️広陵が6-2で東海大菅生に勝利。攻撃陣は計10安打。まず3回裏に相手失策から1点を先制すると、4回裏には7番濱本遥大(1年)の安打で2点、1番田上夏衣(2年)の2塁打で1点、2番谷本颯太(2年)の安打で1点を追加し、5-0。その後に2点を奪われるも、7回裏に3番真鍋慧(2年・ボンズ)のソロ本塁打(=通算48号)で1点を追加し、6-2と突き放した。投手陣は、背番号1倉重聡(2年)が8回を被安打5・四死球0・奪三振5・失点2・計97球と好投し、9回表は背番号11髙尾響(1年)と背番号10横川倖(2年)が登板した。敗れた東海大菅生は、背番号1日當直喜(2年)・背番号13筒井湊(1年)・背番号11末吉陽輝(2年)・背番号14島袋俐輝(2年)の4投手が継投。攻撃陣は計6安打に抑えられ、得点は6回表に4番北島蒼大(2年)の2ラン本塁打で奪った2点にとどまった。


【高校の部 出場校一覧(10校)】
北海道クラーク記念国際(2年連続2回目)
東北 :仙台育英(3年ぶり8回目)
関東 :山梨学院(初出場)
東京 :東海大菅生(8年ぶり3回目)
東海 :東邦(4年ぶり3回目)
北信越北陸(初出場)
近畿 :大阪桐蔭(2年連続5回目)
中国 :広陵(2年連続6回目)
四国 :英明(8年ぶり2回目)
九州 :沖縄尚学(9年ぶり3回目)




[戦歴] 秋季東京大会2022年(1/2)

二松学舎 2-8 東海大菅生 (神) ※決勝
二松学舎 |100|000|100|=2
東海大菅生|102|130|10x|=8 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東海大菅生が8-2で二松学舎に勝利し、優勝。東京代表として明治神宮大会へ出場する。また、東京地区のセンバツ出場枠は「1」となり、出場を大きく引き寄せた。エース日當直喜(2年)が9回を一人で投げ抜き、被安打10・四死球5・奪三振7・失点2・計135球を力投。攻撃陣は計12安打。3回裏に5番新井瑛喜(2年)の2ラン本塁打で3-1と勝ち越すと、4回裏には9番日當直喜(2年)の2塁打で1点を追加。さらに、5回裏には7番門間丈(2年)の2塁打で2点、8番高橋玄樹(2年)の安打で1点を追加し、7-1。その後、7回裏には7番門間丈(2年)の犠牲フライで1点を追加し、8-1とした。打者では、4番北島蒼大(2年)が4打数4安打1打点、7番門間丈(2年)が3打数2安打3打点と活躍が光った。敗れた二松学舎は、背番号7大矢青葉(2年)が3回4失点、背番号1重川創思(2年)が5回4失点。攻撃陣は、1番毛利拓真(2年)、2番柴田壮太朗(2年)が共に3安打を放つなど計10安打を放つも、11残塁を記録し得点は2点にとどまった。


東海大菅生 3-2 日大三 (神) ※準決勝
東海大菅生|001|100|010|=3
日大三  |002|000|000|=2 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東海大菅生が3-2で日大三に勝利。攻撃陣は計11安打を放ち、同点で迎えた8回表、四球と安打で2死1・2塁のチャンスを作ると、エースで9番の日當直喜(2年)が勝ち越しタイムリーを放ち、これが決勝点。投げては背番号1日當直喜(2年)が9回を投げ抜き、被安打10・四死球3・奪三振6・失点2・計135球の力投を見せた。敗れた日大三は、背番号1安田虎汰郎(2年)が9回を被安打11・四死球2・奪三振5・失点3・計120球。攻撃陣は、2番古賀也真人(2年)が5打数4安打を記録するなどチームで計10安打を放つも、最後は競り負けた。




[戦歴] 秋季東京大会2022年(2/2)

東海大菅生 2-1 国士舘(12) (八) ※準々決勝
東海大菅生|100|000|000|001|=2
国士舘・・|001|000|000|000|=1

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東海大菅生が2-1(延長12回)で国士舘に勝利。1-1の同点で迎えた延長12回表、6番門間丈(2年)が2塁打で出塁すると、7番大枡凌央(2年)が勝ち越しタイムリーを放ち、これが決勝点。投げては、背番号1日當直喜(2年)が12回を一人で投げ抜き、被安打12・四死球1・奪三振10・失点1・計177球を熱投。敗れた国士舘は、背番号1岡田大幹(2年)が12回を投げ抜き、被安打9・四死球3・奪三振4・失点2・計140球と力投。攻撃陣は、計12安打を放つもあと一本がでなかった。


【東海大菅生の戦歴|秋季東京大会2022年】
・決勝戦 :東海大菅生 8-2 二松学舎
・準決勝 :東海大菅生 3-2 日大三
・準々決勝:東海大菅生 2-1 国士舘(12)
・3回戦 :東海大菅生 5-1 佼成学園
・2回戦 :東海大菅生 7-0 明大明治(7)
・1回戦 :東海大菅生 7-5 日大豊山
 ————一次予選————
・決定戦 :東海大菅生 13-1 江戸川(5)
・1回戦 :東海大菅生 12-0 芝(5)



[過去] 秋季東京大会2021年

【秋季東京都大会2021年ベンチ入り選手】
==背番号 名前 投打 学年 出身中学==
01 鈴木泰成  右/右 2年 ひたちなか市立田彦
02 福原聖矢  右/右 2年 八重瀬町立東風平
03 多井耶雲  右/右 2年 名古屋市立昭和橋
04 小山凌暉  右/左 2年 一宮市立萩原
05 小池祐吏  右/右 2年 横浜市立岩崎
06 金谷竜汰  右/右 2年 調布市立調布
07 酒井成真  右/右 2年 海老名市立大谷
08 藤井颯太  右/右 2年 豊田市立益富
09 鈴木悠平  右/右 2年 泉佐野市立新池
10 青栁琉汰  左/左 2年 立川市立立川第五
11 豊岡遥翔  右/右 2年 尾道市立美木
12 宮本泰志  右/右 2年 福井工業大学付属福井
13 中村麗   右/左 2年 南アルプス市立御勅使
14 島袋俐輝  右/右 1年 本部町立本部
15 新井瑛喜  右/右 1年 松本市立清水
16 門間丈   右/右 1年 東大和市立第一
17 國府田祐輝 右/右 2年 横浜市立南
18 高橋玄樹  右/左 1年 調布市立第七
19 石山柚   右/左 2年 所沢市立東
20 日當直喜  右/右 1年 墨田区立桜堤




[メンバー] 夏の甲子園2021年

◆夏の甲子園=4年ぶり4回目|東京都大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=3、B=1、C=0。打率:.367(14位)、平均得点:7.2点(31位)、本塁打:4本(13位)、盗塁数:18個(7位)、平均犠打数:2.5(23位)、平均失点:1点(8位)、平均失策数:0.5(17位) ※カッコ内(出場校順位)


◆打線は、チーム打率.367(14位)と好調で、上位から下位まで4割打者がずらりと並ぶ。3番 堀町沖永(3年)は、チームダントツトップの10打点。1試合平均盗塁数は3個(8位)と、機動力を使った攻撃も光る。投手陣は、左腕エース本田峻也(3年)に加えて、背番号11の左腕・桜井海理(あお=3年)が台頭。投手陣は全6試合で合計6失点と安定感がある。


◆”持ってる男”背番号9の千田光一郎(3年)に注目だ。決勝・國學院久我山戦では、3-3で迎えた4回には勝ち越しとなる3ラン本塁打(高校通算21号)を記録。投げては、最速141キロを誇る右腕で、9回に救援し優勝投手となった。優勝インタビューでは、若林監督が「千田劇場」と称讃した。今春のセンバツでは、1回戦の聖カタリナ学園戦で大会通算800号のメモリアル弾も記録している。


◆エース本田峻也(3年)は、最速145キロ前後のストレートを持つサウスポー。体を深く捻りインステップから内外にキレのあるストレートと変化球を投げ込む。石川県小松市出身で、中学時代にはU15日本代表に選出。硬式における代表選出は、当時石川では初。


◆背番号11 左腕・桜井海理(あお=3年)が、夏の西東京大会ではフル回転。5試合17回を投げて、与死四球4・奪三振11・失点0と圧巻の結果を残し、エース級の活躍を見せた。夏の甲子園では、本田と桜井のダブル左腕エースで上位進出を狙う。


◆走攻守で高い野球センスを持つ福原聖矢(2年)は、沖縄出身。中学2/3年と2年連続でU15日本代表に選出され、中2時にはW杯でベストナインに選出された経験を持つ。エース本田とは1学年違うが、U15では同室で親交を深め、本田が「一緒に甲子園へ行こう」と福原を誘ったという。※過去:センバツにつながる秋の公式戦では1人で13盗塁を記録


◆サードを守る小池祐吏(2年)は、DeNAコーチの小池正晃を父に持つ。1998年に松坂大輔を擁して甲子園春夏連覇を果たした横浜高校の中心メンバーの一人として活躍したことでも知られる。


==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 本田峻也  3年  左左  芦城(石川) 

02 福原聖矢  2年  右右  東風平(沖縄)
03 岩井大和  3年  右右  豊中市立第十六(大阪)
04 小山凌暉  2年  右左  萩原(愛知)
05 小池祐吏  2年  右右  岩崎(神奈川)
06 金谷竜汰  2年  右右  調布(東京)
07 堀町沖永  3年  右右  菅生(東京)
08 榮塁唯   3年  右左  東部(愛知) ◎
09 千田光一郎 3年  右右  布水(石川)
10 鈴木悠平  2年  右右  新池(大阪)
11 櫻井海理  3年  左左  佐倉(千葉)
12 山下晴哉  3年  右右  依佐美(愛知)
13 沼澤大翔  3年  右左  身延(山梨)
14 本橋空南太 3年  右右  小金井一(東京)
15 山田聖和  3年  右右  中宮(大阪)
16 岩田一真  3年  右右  木曽川(愛知)
17 橋本唯塔  3年  右左  吉江(富山)
18 多井耶雲  2年  右右  昭和橋(愛知)
※野球部員数:103人、◎:主将



[戦歴•結果] 夏の甲子園2021年

◆8/17(火) 東海大菅生(西東京) 4-7 大阪桐蔭(大阪) ※初戦
東海大菅生|010|000|300|=4
大阪桐蔭|202|010|200|=7

※8回表1死1・2塁の場面で降雨コールド
——————————————
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が本塁打3本などし、7-4(8回表 東海大菅生の攻撃:1死1・2塁の場面で降雨コールド)で勝利。1回裏、4番花田旭のバックスクリーンへ2ランで2点を先制。3回裏には2番藤原夏暉のソロ本塁打、5番前田健伸のソロ本塁打で2点を追加し、4点目。5回裏には3番池田陵真主将の2塁打で1点を追加、7回裏には代打・田近介人が2点タイムリー2塁打を放ち、7点目を奪った。投げては、左腕エース松浦慶斗が7回を投げて(118球)、被安打7・死球3・失点4と力投した。一方の東海大菅生は、Wエース左腕の桜井海理が先発し、3回5安打4失点と力投。エース本田峻也は残る4回を投げ、雨でボールが滑るながらも再三のピンチを無失点に抑え込んだ。また、本田は打っても7回表にタイムリー2塁打を放つなど、十分な投球ができなかった今春センバツでの悔しさを晴らすような姿を聖地で見せた。


⭐️降雨コールド|8回表、東海大菅生が1死1・2塁の攻撃中の場面で降雨コールド⭐️この試合は、内野グランドが一面”水たまり”となる大雨の中で強行・続行された。試合中盤には、東海大菅生のエース本田が投球の際、マウンド上で滑り転ぶ場面が2度あった。また、打者がスイングの際に手元が滑り、バットが相手ベンチに飛ぶ場面もあった。”野球というスポーツ”を行うにはあまりも過酷な状況であり、選手の怪我や事故が起きうる可能性も十分考えられた。加えて、ホームベースや白線が見えない状況で、正しい判定ができうる状況でもなかった。これまで投球制限などの取り組みを通じて、選手の健康管理を進める立場である高野連が、この試合を中盤で止めずに続行したことの判断について、検証が求められるような試合となった。このゲームは試合が成立される7回まで続行され、8回表に東海大菅生が1死1・2塁のチャンスの場面で降雨コールドが宣告。このあとの第2試合からの計3試合は翌日に順延された。



[成績] 夏の西東京大会2021年

◆スポーツ紙評価:A=3、B=1、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.367(14位) [平均.351]
・得点   :43点(20位) [平均43.9点]
・平均得点 :7.2点(31位) [平均7.9点]
・本塁打  :4本(13位) [平均3本]
・平均本塁打:0.7本(14位) [平均0.5本]
・盗塁数  :18個(7位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:3個(8位) [平均2個]
・犠打数  :15(21位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.5(23位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :6点(11位) [平均10点]
・平均失点 :1点(8位) [平均1.8点]
・失策数  :3(15位) [平均3.6]
・平均失策数:0.5(17位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:6試合
※部員数:103人(7位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均


【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆投手部門=========
・福原聖矢(2年):盗塁数 5つ:8位(6試合)

・堀町沖永(3年):打点 10打点:12位(6試合)

[戦歴] 夏の西東京大会2021年

・決勝:東海大菅生 08-3 國學院久我山
・準決勝 :東海大菅生 08-0 世田谷学園(7)  
・準々決勝:東海大菅生 05-1 駒大高
・5回戦東海大菅生 05-0 明大明治 
・4回戦東海大菅生 13-0 東大和南(5)
・3回戦東海大菅生0 4-2 国士舘



[戦歴•結果] センバツ2021年

◆3月28日(日) 準々決勝  [第9日目]
16:30 中京大中京 6-0 東海大菅生 
 中京大中京|310|020|000|=6
 東海大菅生|000|000|000|=0

——————————————
⭐️試合結果⭐️中京大中京が6-0で東海大菅生に勝利。エース畔柳亨丞(2年)は被安打2、四球5、奪三振7で完封。最終回まで馬力が残るスタミナで、9回裏もストレートで相手を押し続けた。攻撃では合計5安打も、序盤に四球や失策から4点を奪い、試合の主導権を握った。一方の東海大菅生は、肩の違和感を抱えていたエース本田峻也(2年)が今大会初先発。初回に1・2番に対して連続四球を出し、その後に送りバント処理を誤って2失点と、立ち上がりで苦しんだ。打線は、最後まで畔柳亨丞(2年)を捉えることができず2安打と沈黙した。


◆3月27日(土) 2回戦  [第8日目]
11:40 京都国際 4-5x 東海大菅生
京都国際|000|040|000|=4
東海大菅生|011|000|003|=5x

——————————————
⭐️試合結果⭐️東海大菅生が京都国際に5x-4(9回サヨナラ)で勝利し、準々決勝へ進出。2点差で迎えた9回裏にまず1点を返すと、2死満塁から代打の背番号18・多井耶雲(1年)がサヨナラ打を放ち、劇的なサヨナラ勝利。最終メンバー変更で入った1年生が大仕事をやり遂げた。投手陣は、背番号11・鈴木泰成(1年)、背番号14・松永大輝(2年)が継投。最終回はエース本田峻也(2年)がマウンドにあがった。京都国際は、2点を先制されるも5回表に中川勇斗(2年)が2死満塁から走者一掃の2塁打を放ち逆転するなど、中盤以降は主導権を握った。左腕の森下瑠大(1年)は、9回を1人で投げ抜くも、最後はサヨナラ打を浴びた。京都国際は初出場。柴田戦・東海大菅生戦では、いずれも好ゲームを展開し、その強さを発揮した。


◆3月24日(水) 1回戦 [第5日目]
09:00 聖カタリナ学園 3-4 東海大菅生 
聖カタリナ|000|000|102|=3
東海大菅生|012|000|01x|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️東海大菅生が、最終回に粘る聖カタリナ学園に4-3で勝利。東海大菅生は、大会5日目での第1号となる鈴木悠平(1年)のソロ本塁打で先制、3回には千田光一郎(2年)が大会2号となる2ランで試合を優位に進めた。投手陣は、背番号11の鈴木泰成(1年)、背番号14の松永大輝(2年)、背番号9の千田光一郎(2年)の3投手が継投し、粘るカタリナを振り切った。一方の聖カタリナ学園は、創部5年目で初の甲子園。最終回には1点差に迫る粘をみせた。注目の好投手・エース櫻井頼之介(2年)は、2本塁打を打たれるも6安打に抑える好投。奪三振は7、129球の熱投だった。9回表、1点差で2死満塁のチャンスで、4番・川口翔大(2年)に回るも、後一本が出なかった。



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路