《中央学院》野球部メンバー2024年⚡️関東大会

中央学院 野球部メンバー2024年

中央学院(千葉) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季関東大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
0颯佐心汰  右/右 3年 千葉•船橋市立高根台中
02 飯山成夢  右/右 3年 東京•葛飾区立金町中
0中村研心  右/右 3年 千葉•千葉市立千城台南中⭐️
0小澤遼大  右/左 3年 東京•江戸川区立篠崎二中
0森田倫揮  右/左 3年 千葉•柏市立柏中
06 馬嶋康多  右/左 2年 栃木•宇都宮市立陽南中
07 岩崎伸哉  右/右 3年 千葉•船橋市立船橋中
0水嶋悠   右/左 3年 東京•江戸川区立春江中
09 長江悠人  右/左 3年 栃木•栃木市立西方中
10 蔵並龍之介 右/右 3年 東京•駿台学園中
11 鵜澤礼凰  右/右 2年 東京•葛飾区立桜道中
12 佐藤佑人  右/右 2年 千葉•松戸市立第四中
13 古口駿斗  右/右 3年 千葉•千葉市立加曽利中
14 稲垣颯士  右/左 2年 東京•品川区立八潮学園中
15 三宅遼真  右/右 2年 兵庫•神戸市立魚崎中
16 臼井夕馬  右/右 3年 千葉•市原市立八幡中
17 上村晃平  右/左 3年 東京•荒川区立諏訪台中
18 石井諒佑  右/右 1年 千葉•浦安市立富岡中
19 山崎銀士朗 右/右 3年 東京•葛飾区立東金町中
20 宮内優吏  右/両 3年 千葉•旭市立旭第二中

⭐️特集ページ:春季関東大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 蔵並龍之介 右/右 3年 東京•駿台学園中
02 飯山成夢  右/右 3年 東京•葛飾区立金町中
03 森田倫揮  右/左 3年 千葉•柏市立柏中
04 中村研心  右/右 3年 千葉•千葉市立千城台南中⭐️
05 小澤遼大  右/左 3年 東京•江戸川区立篠崎二中
06 颯佐心汰  右/右 3年 千葉•船橋市立高根台中
07 上村晃平  右/左 3年 東京•荒川区立諏訪台中
08 青木勝吾  右/右 3年 東京•中央区立佃中
09 水嶋悠   右/左 3年 東京•江戸川区立春江中
10 臼井夕馬  右/右 3年 千葉•市原市立八幡中
11 三宅遼真  右/右 2年 兵庫•神戸市立魚崎中
12 佐藤佑人  右/右 2年 千葉•松戸市立第四中
13 古口駿斗  右/右 3年 千葉•千葉市立加曽利中
14 稲垣颯士  右/左 2年 東京•品川区立八潮学園中 ※抹消
14 浅倉大輔  右/右 2年 東京•大田区立雪谷中 ※新規
15 宮内優吏  右/両 3年 千葉•旭市立旭第二中
16 馬嶋康多  右/左 2年 栃木•宇都宮市立陽南中
17 岩崎伸哉  右/右 3年 千葉•船橋市立船橋中
18 山崎銀士朗 右/右 3年 東京•葛飾区立東金町中
19 鵜澤礼凰  右/右 2年 東京•葛飾区立桜道中
20 長江悠人  右/左 3年 栃木•栃木市立西方中




[戦歴] 春季関東大会2024年

⭐️特集ページ:春季関東大会 日程・結果

中央学院(千②) 3-10 常総学院(茨①)(8)(上) ※1回戦
中央学院 |200|100|000|=3
常総学院 |300|100|150|=10
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、中央学院が背番号11鵜澤礼凰(2年)、常総学院が背番号1小林芯汰(3年)。1回表、中央学院は4番蔵並龍之介(3年)の2ラン本塁打で先制。1回裏、常総学院は暴投から1点、4番武田勇哉(3年)の2塁打で1点を奪い、2-2。ここで中央学院は2人目の背番号1颯佐心汰(3年)に交代。このあと常総学院は7番片岡陸斗(3年)の安打で1点を奪い、2-3と逆転。4回表、中央学院は内野ゴロの間に1点を返し、3-3。4回裏、常総学院は8番小林芯汰(3年)が2塁打で出塁し犠打で送ると、1番丸山隼人(3年)の犠牲フライで1点を奪い、3-4と勝ち越し。5回裏から中央学院は3人目の背番号10蔵並龍之介(3年)に交代。7回表から常総学院は2人目の背番号18鍜冶壮志(3年)に交代。7回裏、常総学院は併殺の間に1点を追加し、3-5。8回表から常総学院は3人目の背番号11平隼磨(3年)に交代。8回裏、常総学院は8番小林芯汰(3年)の3ラン本塁打で3点を追加。ここで中央学院は4人目の背番号15三宅遼真(2年)に交代。さらに常総学院は2番若林佑真(3年)の安打で2点を追加し、これで10点差とした。常総学院が10-3(8回コールド)で勝利!【活躍メモ】常総学院は、計10安打・10得点。エース小林芯汰(3年)が3ラン本塁打&2塁打2本、投げては6回3失点と力投し、チームを勝利に導いた。

[戦歴] 春季千葉大会2024年

⭐️特集ページ:千葉大会の日程・結果

【中央学院の戦歴|春季千葉大会2024年】
・決勝戦 :中央学院 04-8 専大松戸 ⚫️
・準決勝 :中央学院 10-2 千葉経大付
・準々決勝:中央学院 07-5 千葉黎明(10)

・3回戦 :中央学院 04-2 拓大紅陵
・2回戦 :中央学院 06-1 成田
  ※予選免除



[概要] 春季関東大会2024年

【2024年 春季関東大会 大会日程•出場校】
・日程:5月18日(土)〜5月21日(火)
・日程:5月25日(土)・5月26日(日)

・場所:群馬県|楽天トラベル [ホテル予約]
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:関東大会の過去結果 [春季・秋季]
・近隣:茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
【出場校一覧】
茨城(2):①常総学院②鹿島学園
栃木(2):①白鷗大足利②宇都宮商業
群馬(3):①健大高崎②前橋商業③樹徳
山梨(2):①山梨学院②日大明誠
埼玉(2):①花咲徳栄②昌平
千葉(2):①専大松戸②中央学院
神奈(2):①武相②東海大相模
東京(2):①帝京②東海大菅生
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

中央学院 2-4 報徳学園  ※準決勝
中央学院 |000|100|010|=2
報徳学園 |100|210|00x|=4
=====================================
🌸レポート🌸 報徳学園が4-2で勝利し、2年連続の決勝進出。攻撃陣は計8安打。1回裏、1番橋本友樹(1年)が安打で出塁し犠打で送ると、4番斎藤佑征(2年)の安打で1点を先制。同点とされた直後の4回裏、5番安井康起(2年)の安打と四球から1死2・3塁のチャンスを作ると、8番辻本侑弥(2年)の安打で1点、9番間木歩主将(2年)のスクイズで1点を奪い、3-1と勝ち越し。5回裏には、4番斎藤佑征(2年)が安打で出塁すると、6番山岡純平(1年)の安打で1点を追加し、4-1と突き放した。投手陣は、背番号1間木歩主将(2年)が9回2死までを投げて、被安打8・無四死球・奪三振6・失点2・計117球と好投し、9回表2死2・3塁のピンチを背番号10今朝丸裕喜(2年)が好救援した。敗れた中央学院は、背番号10臼井夕馬(2年)・背番号1蔵並龍之介(2年)・背番号6颯佐心汰(2年)が継投。攻撃陣は計8安打。4回表、5番颯佐心汰(2年)の3塁打で1点。8回表には、1番青木勝吾(2年)が2塁打で出塁すると、3番水嶋悠(2年)の安打で1点を奪って(→青木の好走塁)、これで2点差。9回表には、5番颯佐心汰(2年)の安打、8番蔵並龍之介(2年)の2塁打から2死2・3塁の場面を作るも、後続が続かなかった。【観客数 : 25,000人】


中央学院 5-2 青森山田  ※準々決勝
中央学院 |030|200|000|=5
青森山田 |100|000|001|=2
=====================================
🌸レポート🌸 中央学院が5-2で勝利。攻撃陣は計9安打。2回表、相手失策で走者を出すと、8番蔵並龍之介(2年)の安打で1点、1番青木勝吾(2年)の2塁打で2点を奪い、3-1と逆転。4回表には、四球と8番蔵並龍之介(2年)の安打で2者を出すと、1番青木勝吾(2年)の2塁打で2点を追加し、序盤に5-1とリード。投手陣は、背番号1蔵並龍之介(2年)が7回を被安打8・四死球5・奪三振7・失点1と粘投し、その後は背番号6颯佐心汰(2年)が救援。打者では、1番青木勝吾(2年)が3打数3安打4打点(2塁打3本)と躍動。敗れた青森山田は、背番号10櫻田朔(2年)が3回1/3を投げて5失点、その後は背番号1関浩一郎(2年)が登板。攻撃では、1回裏に木製バットを利用する5番吉川勇大(2年)の安打で1点を先制。9回裏には、木製バットの3番對馬陸翔(2年)が安打で出塁すると、5番吉川勇大(2年)の2塁打で1点を返すも、反撃はここまで。計11安打を放つも残塁14を記録し、好機をいかせなかった。【観客数 : 10,000人】


中央学院 7-6 宇治山田商 ※2回戦
中央学院 |013|300|000|=7
宇治山田商|000|103|020|=6
=====================================
🌸レポート🌸 中央学院が相手の猛追を振り切って、7-6で勝利。攻撃陣は計10安打(盗塁3つ)。まず2回表、8番臼井夕馬(2年)の犠牲フライで1点を先制。続く3回表、5番颯佐心汰(2年)のタイムリーに失策も絡んで2点、6番森田倫揮(2年)の安打で1点を追加。4回表には、相手失策から1点、3番水嶋悠(2年)の安打で1点、4番中村研心(2年)の2塁打から1点を奪い、7-0と大量リード。投手陣は、背番号10臼井夕馬(2年)が5回2/3を投げ、その後は背番号6颯佐心汰(2年)が継投し、粘る相手を振り切った。敗れた宇治山田商は、最大7点差から驚異の粘りを発揮。攻撃陣は計8安打。まず4回裏、3番郷壱成(1年)の2塁打のあとに内野ゴロから1点。6回裏には、四球と3番郷壱成(1年)の安打で走者を出すと、4番小泉蒼葉(1年)の安打で1点、5番泉亮汰(2年)の犠牲フライで1点、6番阪口諒真(1年)の安打で1点を奪い、7-4。8回裏には、2番伊藤大惺主将(2年)・3番郷壱成(1年)が連打で出塁すると、バッテリーミスから1点、Wスチールで1点を奪い、7-6と1点差に迫った。投手陣は、背番号11加古真大(1年)・背番号19長谷川佑慈(1年)・背番号1田中燿太(2年)とつないで、4人目の背番号10中村帆高(2年)が3回パーフェクトの好投で流れを引き寄せた。【観客数 : 4,000人】


耐久 1-7 中央学院   ※1回戦
耐久   |000|000|100|=1
中央学院 |100|003|30x|=7
=====================================
🌸レポート🌸 打撃・走塁ともに力を発揮した中央学院が7-1で勝利。攻撃陣は計13安打。1回裏、5番颯佐心汰(2年)の安打で1点を先制。6回裏、1番青木勝吾(2年)の3塁打で2点、3番水嶋悠(2年)の3塁打で1点を追加。7回裏、失策2つから1点、2死3塁から9番岩崎伸哉(2年)のセーフティバントで1点、1番青木勝吾(2年)の2塁打で1点を追加し、7-1と突き放した。投手陣は、背番号10臼井夕馬(2年)が5回、その後は背番号6颯佐心汰(2年)が4回を登板。打者では、1番青木勝吾(2年)が長打2本で3打点(+四球2つ)と流れを作ったほか、7番飯山成夢(2年)が3安打、途中出場の背番号17岩崎伸哉(2年)が2安打と活躍。敗れた耐久は、マウスピースが似合う背番号1冷水孝輔(2年)が7回を被安打13・四死球3・奪三振3・計125球と力投。7回表には右肘に死球を受けるも再登板を果たし、その後は背番号2川合晶翔(2年)にマウンドを譲った。攻撃陣は計5安打。1回表に1番堀端朔(2年)が聖地初安打となる2塁打を記録。7回表には、5番白井颯悟(1年)と7番中啓隆(2年)が安打で出塁し、その後に押出四球から1点(歴史的初得点)を挙げた。【観客数 : 17,000人】



[チーム紹介] 注目選手など

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:6年ぶり2回目。選考委員会の選考理由「関東大会8強では中央学院と桐光学園の評価が高かったが、粘り強く一体感のある中央学院が上位とされた。さらに、中央学院と東京大会準優勝の創価との比較で6校目を選考。中央学院はエースの蔵並龍之介とリリーフの颯佐心汰に安定感があり、投打の総合力で創価を上回ると評価」


🌸主な戦歴など千葉V関東8強|昨秋千葉大会の1次予選では、四街道高に1-4で敗戦。敗者復活戦を勝ち上がって臨んだ県大会では、八千代松陰(16-6 8C)、木更津総合(4-1)、東海大市原望洋(16-9 7C)、習志野(9-5)を次々と撃破し、決勝では専大松戸(昨年春夏連続出場)に7-1で勝利。関東大会では、初戦・白鴎大足利(栃②)に10-2(8C)で勝利。続く、準々決勝・健大高崎戦(群①)では3-4で敗れるも、11安打を奪って一時逆転する接戦を演じた。


🌸主な投手陣等チーム防御率:2.31(26位)、平均失点数:3点(26位)、平均失策数:0.8つ(15位)。鋭いフォークが決め球のエース蔵並龍之介(2年)が大黒柱で、関東大会の初戦・白鴎大足利戦(10-2 8C)では7回2失点と好投。このほか、投打二刀流で最速148キロを誇る背番号6颯佐心汰(2年・さっさここた)、最速140キロ超えで右サイドの背番号10臼井夕馬(2年)らも控える。【秋公式戦データ(投球回数順)】①蔵並龍之介(2年)は計43回を投げて、防御率3.35(59位)、奪三振42(18位)、1回あたりの奪三振数0.98(16位)。②臼井夕馬(2年)は計38回1/3を投げて、防御率3.05(57位)、奪三振22(39位)、1回あたりの奪三振数0.57(61位)。③颯佐心汰(2年)は計18回2/3を投げて、防御率0.00(1位★)、奪三振13(56位)、1回あたりの奪三振数0.7(56位)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.342(14位)、平均得点:8.2点(6位★)、総本塁打:2本(19位)、平均盗塁数:3.2個(2位★★)。チームの持ち味は「機動力 by相馬監督」と評すように「1試合平均盗塁数=3.2個」と”出場校2位”の機動力を絡めた”高い得点力”が武器だ。160~170cm台の小柄な選手が多いなか、30m走は4秒を切る俊足ぞろいで、関東大会の初戦・白鴎大足利戦では5盗塁を成功させた。打線は、30m3.68秒の俊足を持つ1番颯佐心汰(2年)が、秋公式戦では打点15(出場選手9位)。続く、2番上村晃平(2年)が11打席ながら打率.545(出場選手5位)・盗塁3。中軸では、3番水嶋悠(2年)が打率.333・打点8・盗塁12(出場選手1位)。大会注目の4番中村研心(2年)は、県決勝・専大松戸戦で2ラン本塁打を放つなど、打率.429・本塁打1本・打点15(出場選手9位)・盗塁7(出場選手9位)をマーク。さらに、5番森田倫揮(2年)が打率.405・打点10(チーム2位)・盗塁6と続く。下位では、8番のエース蔵並龍之介(2年)が打率.405・打点10(チーム2位)と打撃センスがよく、自身のバットで再びチャンスを上位へつなぐ。[個人ランキング]


🌸トピックス等:捕手・飯山成夢(2年)は、日本ハムの元選手で現在スカウトの飯山裕志氏を父にもつ。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【中央学院|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=2、C=3 (優勝候補アンケート)
・部員数   :57人(15位) (部員数ランキング)
・試合数   :13戦11勝2敗 (戦歴:千葉関東)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.342(14位) [平均.330点]
・総得点   :107点(3位) [平均69.1点]
・平均得点  :8.2点(6位) [平均6.9点]
・総本塁打  :2本(19位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.2本(25位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :42個(2位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :3.2個(2位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.31(26位) [平均1.93]
・総失点   :39点(31位) [平均24.3点]
・平均失点数 :3点(26位) [平均2.4点]
・総失策数  :11つ(20位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.8つ(15位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季関東大会2023年

⭐️特集ページ:秋季関東大会 日程・結果

中央学院(千①) 3-4 健大高崎(群①)(県) ※準々決勝
中央学院 |000|002|100|=3
健大高崎 |110|000|20x|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、中央学院が背番号1蔵並龍之介(2年)、健大高崎が背番号1佐藤龍月(1年)。1回裏、健大高崎は相手暴投で1点を先制。2回裏、健大高崎は7番横道周悟(2年)のソロ本塁打で1点を追加。6回表、中央学院は3番颯佐心汰(2年)が安打で出塁すると、4番中村研心(2年)の3塁打で1点、5番森田倫揮(2年)の安打で1点を奪い、2-2の同点。7回表、中央学院は8番飯山成夢(2年)が安打で出塁し犠打で送ると、その後に失策から1点を奪い、3-2と勝ち越し。7回裏、健大高崎は2番田中陽翔(2年)、3番髙山裕次郎(2年)が連打で出塁し犠打で送ると、5番森山竜之輔(2年)の安打で1点を奪って、3-3の同点。ここで中央学院は2人目の背番号6颯佐心汰(2年・サッサココタ)に交代。さらに健大高崎は6番加藤大成(1年)が初球スクイズを決めて1点を奪い、3-4と逆転。8回表、中央学院は4番中村研心(2年)と6番蔵並龍之介(2年)が安打で出塁し、1死1・3塁も得点できず。健大高崎が4-3で中央学院に勝利し、センバツを大きく引き寄せた。【◆◆活躍メモ◆◆】健大高崎は、エース佐藤龍月(1年・リュウガ)が9回を一人で投げ抜き、被安打11・四死球2・奪三振8・失点3・計143球と力投。攻撃陣は計12安打。エラーで勝ち越された直後の8回裏、5番森山竜之輔(2年)が同点タイムリー、6番加藤大成(1年)が勝ち越しスクイズを決める活躍を見せた。


中央学院(千①) 10-2 白鴎大足利(栃②)(8)(清) ※初戦
中央学院 |011|002|330|=10
白鴎大足利|000|101|000|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、中央学院が背番号10臼井夕馬(2年・ユウマ)、白鴎大足利が背番号1昆野太晴(2年)。2回表、中央学院は7番小澤遼大(2年)の安打で1点を先制。2回裏から中央学院は2人目の背番号1蔵並龍之介(2年)に交代。3回表、中央学院は4番中村研心(2年)の3塁打で1点を追加。4回裏、白鴎大足利は5番八角勇羽(2年)の安打で1点を返し、2-1。6回表、中央学院は8番蔵並龍之介(2年)の2塁打で2点を追加し、4-1。6回裏、白鴎大足利は代打・轟木昊明(2年)の安打で1点を返し、4-2。7回表、中央学院は4番中村研心(2年)の犠牲フライで1点、5番森田倫揮(2年)の2塁打で1点、7番小澤遼大(2年)の安打で1点を奪い、7-2と突き放す。8回表から白鴎大足利は2人目の背番号10山口幸大(2年)に交代。このあと、中央学院は1死満塁から押出死球で1点を追加。ここで白鴎大足利は3人目の背番号12柏崎陽斗(1年)に交代。さらに中央学院は押出死球で1点、6番青木勝吾(2年)の犠牲フライで1点を奪い、10-2とした。中央学院が10-2(8回コールド)で白鴎大足利に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】中央学院は2回からロングリリーフした背番号1蔵並龍之介(2年)が7回を被安打4・四死球3・奪三振8・失点2と好投。攻撃陣は計11安打・5盗塁。中軸の4番中村研心(2年)が3打点、5番森田倫揮(2年)が2打点、7番小澤遼大(2年)が2打点を叩き出す活躍を見せた。




[戦歴] 秋季千葉大会2023年

⭐️特集ページ:千葉大会の日程・結果

【中央学院の戦歴|秋季千葉大会2023年】
・決勝戦 :中央学院 07-1 専大松戸
・準決勝 :中央学院 09-5 習志野
・準々決勝:中央学院 16-9 東海大市原望洋(7)

・3回戦 :中央学院 04-1 木更津総合
・2回戦 :中央学院 16-6 八千代松陰(8)

・1回戦 :中央学院 10-3 市立柏(7)
   ——敗者復活戦—————
・決定戦 :中央学院 09-2 光英VERITAS(8)
・2回戦 :中央学院 06-1 敬愛学園
   ——県大会予選—————
・決定戦 :中央学院 01-4 四街道 ⚫︎
・2回戦 :中央学院 06-1 千葉商業
・1回戦 :中央学院 10-0 秀明八千代(6)

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次