《常総学院》野球部メンバー2024年⚡️関東大会

常総学院 野球部メンバー2024年

常総学院(茨城) 野球部メンバー 2024年

【2024年 春季関東大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
01 小林芯汰  右/右 3年 栃木・栃木市立藤岡第一中
02 片岡陸斗  右/左 3年 千葉・袖ヶ浦市立蔵波中
03 武田勇哉  右/右 3年 千葉・船橋市立二宮中
04 丸山隼人  右/右 3年 埼玉・上尾市立原市中
05 杉山陽大  右/右 3年 神奈川・小田原市立橘中
06 若林佑真  右/右 3年 東京・江戸川区立葛西三中 ⭐️
07 森田大翔  右/右 3年 東京・板橋区立赤塚第一中
08 池田翔吾  左/左 3年 栃木・宇都宮市立陽東中
09 鈴木駿希  右/右 3年 神奈川・川崎市立生田中
10 大川慧   右/右 3年 神奈川•平塚市立浜岳中
11 平隼磨   左/左 3年 栃木・那須塩原市立黒磯中
12 加藤太一  右/右 3年 神奈川・茅ヶ崎市立北陽中
13 渡辺翔太  右/右 3年 茨城•取手市立永山中
14 永木豪   右/右 3年 茨城・土浦市立土浦第一中
15 中村虎汰郎 右/右 3年 千葉•習志野市立第四中
16 河井颯祐  右/右 3年 東京•大田区立東府中
17 薄葉岳   右/右 3年 栃木•那須町立那須中央中
18 鍜冶壮志  右/左 3年 栃木•栃木市立大平中
19 小野寺稜輝 右/左 3年 東京•豊島区立千川中
20 中川皓太  右/右 3年 東京•杉並区立東田中

⭐️特集ページ:春季関東大会の日程・結果
⭐️本日の高校野球:各地の試合予定・結果



[参考] センバツメンバー2024年

🌸①出場チーム別の名簿②出身地別の名簿

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 小林芯汰  右/右 3年 栃木・栃木市立藤岡第一中
02 片岡陸斗  右/左 3年 千葉・袖ヶ浦市立蔵波中
03 武田勇哉  右/右 3年 千葉・船橋市立二宮中
04 丸山隼人  右/右 3年 埼玉・上尾市立原市中
05 渡辺翔太  右/右 3年 茨城•取手市立永山中
06 若林佑真  右/右 3年 東京・江戸川区立葛西三中 ⭐️
07 近藤和真  左/左 3年 茨城・つくばみらい市立谷和原中
08 池田翔吾  左/左 3年 栃木・宇都宮市立陽東中
09 鈴木駿希  右/右 3年 神奈川・川崎市立生田中
10 齋藤一磨  右/右 3年 群馬・前橋市立桂萱中
11 平隼磨   左/左 3年 栃木・那須塩原市立黒磯中
12 加藤太一  右/右 3年 神奈川・茅ヶ崎市立北陽中
13 西谷匠人  右/左 3年 神奈川・横浜市立あざみ野中
14 中村虎汰郎 右/右 3年 千葉•習志野市立第四中
15 杉山陽大  右/右 3年 神奈川・小田原市立橘中
16 糸川陽色  右/左 3年 茨城・神栖市立波崎第四中
17 森田大翔  右/右 3年 東京・板橋区立赤塚第一中
18 小澤頼人  右/右 2年 茨城•常陸太田市立太田中
19 佐藤剛希  右/左 2年 茨城•石岡市立石岡中
20 永木豪   右/右 3年 茨城・土浦市立土浦第一中




[戦歴] 春季関東大会2024年(1/2)

⭐️特集ページ:春季関東大会 日程・結果

常総学院(茨①) 4-5x 白鷗大足利(栃①)(10)(上) ※決勝
常総学院 |000|011|200|00=4
白鷗大足利|001|000|210|10=5x
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、常総学院が背番号10大川慧(3年)、白鷗大足利が背番号1昆野太晴(3年)。3回裏、白鷗大足利は相手失策から1点を先制。5回表、常総学院は代打・小野寺稜輝(3年)の内野ゴロから1点を返し、1-1。5回裏から常総学院は背番号11平隼磨(3年)に交代。6回表、常総学院は4番武田勇哉(3年)の2塁打で1点を奪い、2-1。6回裏、白鷗大足利は安打2本で走者を出すと、ここで常総学院は背番号15中村虎汰郎(3年)に交代。7回表から白鷗大足利は背番号19柏崎陽斗(2年)に交代。このあと常総学院は四球2つで走者を出すと、3番中村虎汰郎(3年)の安打で1点、4番武田勇哉(3年)の安打で1点を奪い、4-1。ここで白鷗大足利は背番号11野澤瑛斗(2年)に交代し、後続を断つ。7回裏、白鷗大足利は代打・富田光陽(3年)の2塁打で1点、3番杉山歩夢(3年)の3塁打で1点を返し、4-3と1点差に迫る。8回裏から常総学院は背番号1小林芯汰(3年)に交代。このあと白鷗大足利は先頭を四球で出すと、6番小野寺応助(3年)の2塁打で1点を奪い、4-4の同点。10回裏、白鷗大足利は先頭が四球を選んで無死満塁のチャンスを作ると、6番小野寺応助(3年)が押出死球を受け、決着。白鷗大足利が5x-4(10TBサヨナラ)で勝利!【活躍メモ】優勝した白鷗大足利は、7回表途中から3人目としてマウンドを託された背番号11野澤瑛斗(2年)が残る3回1/3を無失点と好投。攻撃陣は、相手の6安打を上回る計11安打を記録。代打・富田光陽(3年)が7回裏に反撃の口火を切る2塁打を記録したほか、サヨナラ死球を受けた6番小野寺応助(3年)は8回裏に同点2塁打を放つ活躍を見せた。


東海大菅生(東②) 8-9x 常総学院(茨①)(上) ※準決勝
東海大菅生|000|103|400|=8
常総学院 |200|000|043|=9x
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、東海大菅生が背番号11上原慎之輔(2年)、常総学院が背番号1小林芯汰(3年)。1回裏、常総学院は押出死球と併殺から2点を先制。4回表、東海大菅生は5番関山凌駈(2年)の犠牲フライで1点を返し、1-2。6回表、東海大菅生は4番髙西航輝(3年)の安打で1点、押出四球で1点、8番下地寛大(3年)の犠牲フライで1点を奪い、4-2と逆転。7回表から常総学院は2人目の背番号18鍜冶壮志(3年)に交代。このあと東海大菅生は1死満塁から、相手失策で1点、7番原田悠太郎(3年)の3塁打で3点を追加し、8-2とリード。7回裏から東海大菅生は2人目の背番号1小島葵(3年)に交代。8回表から常総学院は3人目の背番号11平隼磨(3年)に交代。8回裏、常総学院は死球・安打で走者を出すと、代打・小野寺稜輝(3年)の安打で1点、9番中村虎汰郎(3年)の安打で1点、1番丸山隼人(3年)の安打で1点、ボークから1点を返し、8-6と2点差に迫る。9回表から常総学院は4人目の背番号15中村虎汰郎(3年)に交代。9回裏、常総学院は4番武田勇哉(3年)・5番小林芯汰(3年)が連打で出塁し犠打で送ると、その後2死2・3塁から8番加藤太一(3年)が2点2塁打を放ち、8-8の同点。さらに9番中村虎汰郎(3年)が安打でつないで2死1・3塁のチャンスを作ると、1番丸山隼人(3年)がサヨナラタイムリーを放ち、決着。常総学院が9x-8で勝利。【活躍メモ】常総学院は、計19人が出場した総力戦を戦い抜き、計14安打を放って「最大6点差」をひっくり返して逆転サヨナラ勝利。8回裏に反撃の狼煙となるタイムリーを放った代打•小野寺稜輝(3年)、9回裏2死から同点2点2塁打を放った8番加藤太一(3年)らの活躍が光った。



[戦歴] 春季関東大会2024年(2/2)

⭐️特集ページ:春季関東大会 日程・結果

常総学院(茨①) 6-5 健大高崎(群①)(上) ※準々決勝
常総学院 |003|030|000|=6
健大高崎 |100|031|000|=5
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、常総学院が背番号10大川慧(3年)、健大高崎が背番号10石垣元気(2年)。1回裏、健大高崎は3番髙山裕次郎(3年)の安打で1点を先制。3回表、常総学院は四球・8番杉山陽大(3年)の2塁打・四球から2死満塁とし、3番池田翔吾(3年)の安打で2点、4番武田勇哉(3年)の安打で1点を奪い、3-1と逆転。5回表、常総学院は8番小林芯汰(3年)の3ラン本塁打で3点を追加し、6-1。5回裏、健大高崎は安打3本から1死満塁とし、3番髙山裕次郎(3年)の犠牲フライで1点、5番横道周悟(3年)の安打で2点を奪い、6-4。6回表から健大高崎は2人目の背番号1佐藤龍月(2年)に交代。6回裏から常総学院は2人目の背番号11平隼磨(3年)に交代。6回裏、健大高崎は2番田中陽翔(3年)の2塁打で1点を返し、6-5と1点差に迫る。7回裏途中から常総学院は3人目の背番号15中村虎汰郎(3年)に交代。8回裏、健大高崎は無死2・3塁の場面を作り、3番・4番・5番に打席が回るも得点できず。9回裏から常総学院は4人目の背番号1小林芯汰(3年)に交代。常総学院が6-5で勝利!【活躍メモ】常総学院は、背番号10大川慧(3年)・背番号11平隼磨(3年)・背番号15中村虎汰郎(3年)・背番号1小林芯汰(3年)の4投手が継投し、味方の倍となる計12安打を浴びるも要所を締めた。エース小林芯汰(3年)は大会2本目となる3ラン本塁打を放ち、最終回にあがったマウンドではセンバツ王者に得点を許さなかった。


中央学院(千②) 3-10 常総学院(茨①)(8)(上) ※1回戦
中央学院 |200|100|000|=3
常総学院 |300|100|150|=10
=====================================
🌸レポート🌸 先発は、中央学院が背番号11鵜澤礼凰(2年)、常総学院が背番号1小林芯汰(3年)。1回表、中央学院は4番蔵並龍之介(3年)の2ラン本塁打で先制。1回裏、常総学院は暴投から1点、4番武田勇哉(3年)の2塁打で1点を奪い、2-2。ここで中央学院は2人目の背番号1颯佐心汰(3年)に交代。このあと常総学院は7番片岡陸斗(3年)の安打で1点を奪い、2-3と逆転。4回表、中央学院は内野ゴロの間に1点を返し、3-3。4回裏、常総学院は8番小林芯汰(3年)が2塁打で出塁し犠打で送ると、1番丸山隼人(3年)の犠牲フライで1点を奪い、3-4と勝ち越し。5回裏から中央学院は3人目の背番号10蔵並龍之介(3年)に交代。7回表から常総学院は2人目の背番号18鍜冶壮志(3年)に交代。7回裏、常総学院は併殺の間に1点を追加し、3-5。8回表から常総学院は3人目の背番号11平隼磨(3年)に交代。8回裏、常総学院は8番小林芯汰(3年)の3ラン本塁打で3点を追加。ここで中央学院は4人目の背番号15三宅遼真(2年)に交代。さらに常総学院は2番若林佑真(3年)の安打で2点を追加し、これで10点差とした。常総学院が10-3(8回コールド)で勝利!【活躍メモ】常総学院は、計10安打・10得点。エース小林芯汰(3年)が3ラン本塁打&2塁打2本、投げては6回3失点と力投し、チームを勝利に導いた。



[戦歴] 春季茨城大会2024年

⭐️特集ページ:茨城大会の日程・結果

【常総学院の戦歴|春季茨城大会2024年】
・決勝戦 :常総学院 04-3 鹿島学園
・準決勝 :常総学院 06-0 つくば秀英
・準々決勝:常総学院 10-0 キリスト(6)

・3回戦 :常総学院 09-2 水戸商業(7)
・2回戦 :常総学院 11-1 勝田工業(5)
 ※予選免除

[概要] 春季関東大会2024年

【2024年 春季関東大会 大会日程•出場校】
・日程:5月18日(土)〜5月21日(火)
・日程:5月25日(土)・5月26日(日)

・場所:群馬県|楽天トラベル [ホテル予約]
・中継:インターネット生中継予定など
・全国:本日の高校野球 [試合予定・結果]
・過去:関東大会の過去結果 [春季・秋季]
・近隣:茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
【出場校一覧】
茨城(2):①常総学院②鹿島学園
栃木(2):①白鷗大足利②宇都宮商業
群馬(3):①健大高崎②前橋商業③樹徳
山梨(2):①山梨学院②日大明誠
埼玉(2):①花咲徳栄②昌平
千葉(2):①専大松戸②中央学院
神奈(2):①武相②東海大相模
東京(2):①帝京②東海大菅生
=====================================
・地区:北海道東北関東東京東海
・地区:北信越近畿中国四国九州




[戦歴レポート] センバツ2024年

報徳学園 6-1 常総学院  ※2回戦
報徳学園 |001|130|010|=6
常総学院 |000|000|010|=1
=====================================
🌸レポート🌸 報徳学園が6-1で勝利。背番号1間木歩主将(2年)が8回を被安打5・四死球4・奪三振3・失点1・計130球と好投し、最終回は左腕の背番号16伊藤功真(2年)が好救援。攻撃陣は計12安打(3盗塁)。まず3回表、4番斎藤佑征(2年)の安打で1点を先制。続く4回表、9番間木歩(2年)の内野安打で1点を追加。さらに5回表には、6番山岡純平(1年)の安打で1点、押出四球で1点、1番橋本友樹(1年)の安打で1点を追加。8回表には、相手バッテリーミスから1点を追加し、計6得点。打者では、3番西村大和(2年)が4打数4安打、1番橋本友樹(1年)が5打数3安打1打点と躍動。敗れた常総学院は、エース小林芯汰(2年)が5回を投げ、その後は背番号11平隼磨(2年)・背番号10斎藤一磨(2年)と繋ぎ、最後は再びエースがマウンドへ。攻撃では、8回裏に四球と5番森田大翔(2年)の2塁打から1死2・3塁とし、6番片岡陸斗(2年)の犠牲フライで1点を返すも、計5安打に抑えられた。【観客数 : 18,000人】


常総学院 1-0 日本航空石川  ※1回戦
常総学院 |000|001|000|=1
航空石川 |000|000|000|=0
=====================================
🌸レポート🌸 2日順延された1回戦の最終試合は、常総学院が1-0で勝利。背番号1小林芯汰(2年)が9回を被安打5・四死球2・奪三振9・計119球で完封。センター池田翔吾(2年)がスーパーキャッチをみせるなど、守備は無失策。攻撃陣は計5安打。6回表に、四球・ボーク・犠打から1死3塁とし、4番武田勇哉(2年)の犠牲フライで1点を先制し、これが決勝点。敗れた日本航空石川は、背番号11猶明光絆(1年)が7回2/3を1失点と好投し、その後は背番号10長井孝誠(1年)・背番号1蜂谷逞生(1年)・背番号20深井颯馬(2年)が登板。捕手の冬木蓮太郎(2年)がWスチールを阻止、ショート北岡颯之介(2年)が好守備を見せるなど、守りは無失策。攻撃陣は、計5安打。9回裏、3番宝田一慧主将(2年)が四球で出塁し盗塁を決め、さらに5番段日向樹(2年)の安打から1死1・3塁の場面を作るも、得点が奪えなかった。【観客数 : 9,000人】



[チーム紹介] 注目選手など

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:3年ぶり11回目。選考委員会の選考理由「4強勢では強力打線の常総学院を選出」


🌸主な戦歴など茨城V関東4強|関東大会では、初戦・専大松戸(千②)に9-2(8C)、続く準々決勝・花咲徳栄(埼①)に10-5で勝利し、準決勝で作新学院(栃①)に2-7で敗戦。


🌸主な投手陣等チーム防御率:1.98(17位)、平均失点数:2.2点(11位)、平均失策数:0.8つ(13位)。投手陣は、最速149キロのエース小林芯汰(2年)が軸で、関東大会の初戦・専大松戸戦(9-2 8C)では7回1失点と好投。このほか、花咲徳栄戦の後半で好救援した背番号11齋藤一磨(2年)らも控える。また、捕手・片岡陸斗(2年)とショート・若林佑真主将(2年)のセンターラインに安定感がある。【秋公式戦データ(投球回数順)】①小林芯汰(2年)は計47回1/3を投げて、防御率2.09(40位)、奪三振46(12位)、1回あたりの奪三振数0.97(18位)。②齋藤一磨(2年)は計16回2/3を投げて、防御率0.00(1位★)、奪三振12(58位)、1回あたりの奪三振数0.72(53位)。③大川慧(2年)は計12回2/3を投げて、防御率4.26(64位)、奪三振12(58位)、1回あたりの奪三振数0.95(20位)。[個人ランキング]


🌸主な攻撃陣等チーム打率:.343(13位)、平均得点:6.8点(15位)、総本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:1.5個(17位)。茨城大会では、5試合で55安打47得点と高い打撃力を発揮。その後、関東大会では、1回戦・専大松戸戦は18安打9得点(先発全員安打)で圧倒し、続く準々決勝・花咲徳栄戦は17安打10得点を記録。大会注目の好打者は、高校通算11本塁打の4番武田勇哉(2年)だ。秋公式戦では、打率.409・本塁打2本・打点13(チーム1位)をマークし、壮絶な打ち合いとなった花咲徳栄戦ではソロ本塁打を含む4打点と活躍し、センバツ当確となる4強入りに大きく貢献した。打線は、1番丸山隼人(2年)が打率.333・盗塁4、2番若林佑真主将(2年)が打率.382・盗塁2と、1・2番コンビがチャンスを拡大。中軸では、3番片岡陸斗(2年)が打率.381・打点9(チーム3位)、さらに4番武田勇哉(2年)と続く。加えて、下位は特に強力で、7番鈴木駿希(2年)が打率.429・打点7、8番杉山陽大(2年)が秋公式戦は19打席で打率.526(出場選手9位)・本塁打1・打点5、9番池田翔吾(2年)が打率.421・打点12(チーム2位)と、いずれも中軸に負けぬ高い打撃力を誇る。[個人ランキング]



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【常総学院|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :69人(5位) (部員数ランキング)
・試合数   :12戦11勝1敗 (戦歴:茨城関東)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.343(13位) [平均.330点]
・総得点   :82点(7位) [平均69.1点]
・平均得点  :6.8点(15位) [平均6.9点]
・総本塁打  :3本(13位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(19位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :18個(12位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1.5個(17位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:1.98(17位) [平均1.93]
・総失点   :26点(20位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.2点(11位) [平均2.4点]
・総失策数  :10つ(19位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :0.8つ(13位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季関東大会2023年

⭐️特集ページ:秋季関東大会 日程・結果

作新学院(栃①) 7-2 常総学院(茨①)(県) ※準決勝
作新学院 |050|200|000|=7
常総学院 |000|100|100|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️雷雨のため13時14分開始。先発は、作新学院が背番号1小川哲平(2年)、常総学院が背番号10大川慧(2年・ケイ)。2回表、作新学院は安打3本から1死満塁のチャンスを作ると、8番根本一冴(1年)の安打で2点、9番小川哲平(2年)の犠牲フライで1点、2番土井雄一郎(1年)の3塁打で2点を奪い、一挙5点を先制。ここで常総学院は2人目の背番号19平隼磨(2年)に交代。4回表、作新学院は3番小川亜怜(1年・アレン)の2ラン本塁打で2点を追加し、7-0。4回裏、常総学院は7番渡邊翔太(2年)の安打で1点を返し、7-1。5回表から常総学院は3人目の背番号11齋藤一磨(2年)に交代。7回裏、常総学院は2番若林佑真(2年)の安打で1点を返し、7-2。8回表から常総学院は4人目の背番号1小林芯汰(2年)に交代。8回裏から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。作新学院が7-2で常総学院に勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】作新学院は、計13安打で7得点。今大会絶好調の3番小川亜怜(1年・アレン)が2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と活躍。
投げては、背番号1小川哲平(2年)が7回を被安打6・四死球2・奪三振2・失点2・計95球と好投し、背番号10石毛虹晴(2年・コウセイ)が残る2回を好救援した。


花咲徳栄(埼①) 5-10 常総学院(茨①)(県) ※準々決勝
花咲徳栄 |041|000|000|=5
常総学院 |142|021|00x|=10
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、花咲徳栄が背番号11岡山稜(2年)、常総学院が背番号1小林芯汰(2年)。1回表、常総学院は4番武田勇哉(2年)の安打で1点を先制。2回表、花咲徳栄は8番岡山稜(2年)の安打で1点、9番田端太貴(2年)の2塁打で3点を奪い、4-1と逆転。2回裏、常総学院は1死満塁のチャンスを作ると、花咲徳栄は2人目の背番号10和久井大地(2年)に交代。このあと常総学院は2番若林佑真(2年)の安打で2点、4番武田勇哉(2年)の安打で2点を奪い、4-5と逆転。3回表、花咲徳栄は5番田島蓮夢(1年)の安打で1点を返し、5-5の同点。3回裏、常総学院は9番池田翔吾(2年)の2塁打で2点を奪い、5-7と勝ち越し。5回裏、常総学院は安打2本で走者を出すと、ここで花咲徳栄は3人目の背番号1上原堆我(2年)に交代。このあと常総学院はスクイズで1点、1番丸山隼人(2年)の安打で1点を奪い、5-9。6回表から常総学院は2人目の背番号11齋藤一磨(2年)に交代。6回裏、常総学院は4番武田勇哉(2年)のソロ本塁打で1点を追加し、5-10と突き放す。常総学院が10-5で花咲徳栄に勝利し、センバツを大きく引き寄せた。【◆◆活躍メモ◆◆】常総学院は、計17安打(※花咲徳栄8本)。中でも4番武田勇哉(2年)は、6回裏にとどめとなるソロ本塁打を放つなど5打数3安打4打点と躍動。投げては、6回表からマウンドに上がった背番号11齋藤一磨(2年)が残る4回を被安打0・四死球1・奪三振1・失点0と好投し、チームを勝利に導いた。


常総学院(茨①) 9-2 専大松戸(千②)(8)(県) ※初戦
常総学院 |300|112|020|=9
専大松戸 |100|000|010|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、常総学院が背番号1小林芯汰(2年)、専大松戸が背番号1梅澤翔大(2年)。1回表、常総学院は4番武田勇哉(2年)の安打で1点、6番近藤和真(2年)の安打で2点を奪い、3点を先制。1回裏、専大松戸は5番水谷南音(2年)の2塁打で1点を返す。4回表、常総学院はヒット2本で走者を出すと、2番若林佑真(2年)の2塁打で1点を追加。ここで専大松戸は2人目の背番号10八津快洋(2年)に交代。5回表、常総学院は7番鈴木駿希(2年)の安打で1点を追加し、5-1。6回表、常総学院は3番片岡陸斗(2年)の3塁打で1点、4番武田勇哉(2年)の犠牲フライで1点を追加し、7-1。このあと専大松戸は3人目の背番号12数井秀雅(2年)に交代。8回表、常総学院は3番片岡陸斗(2年)の2塁打で1点を追加。ここで、専大松戸は4人目の林将斗(2年)に交代。さらに常総学院は
5番小林芯汰(2年)の2塁打で1点を奪い、9-1。8回裏、常総学院は2人目の背番号11齋藤一磨(2年)に交代。8回裏、専大松戸は5番水谷南音(2年)の安打で1点を返す。常総学院が9-2(8回コールド)で専大松戸に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】計18安打(先発全員安打)を放った常総学院が専大松戸を圧倒。エースで5番の小林芯汰(2年)と7番鈴木駿希(2年)がともに最多3安打を放つなど、計7人が複数安打を記録。投げては、背番号1小林芯汰(2年・シンタ)が7回を被安打8・四死球2・奪三振5・失点1と力投し、投打の活躍でチームを勝利に導いた。



[戦歴] 秋季茨城大会2023年

⭐️特集ページ:茨城大会の日程・結果

【常総学院の戦歴|秋季茨城大会2023年】
・決勝戦  :常総学院 08-0 鹿島学園
・準決勝  :常総学院 08-1 水戸一(7)
・準々決勝 :常総学院 07-0 水城(8)

・3回戦  :常総学院 10-2 ウェルネス(8)
・2回戦  :常総学院 14-0 日立商業(5)

  ——2次予選—————
・シード決定:常総学院 05-3 藤代
・1回戦  :常総学院 04-3 霞ヶ浦(10)
  ——1次予選—————
・代表決定 :常総学院 02-1 つくば国際
・2回戦  :常総学院 03-2 江戸川学園

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次