《作新学院》野球部メンバー2024年⚡️センバツ

作新学院 野球部 メンバー 特集

作新学院(栃木) 野球部メンバー 2024年
🌸新着:個人成績ランキング(投手•打者)はコチラから

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
→センバツ2024年 登録メンバーは別途UPDATE

【2023年 明治神宮大会ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 小川哲平  右/右 2年 栃木•日光市立落合中
02 岩出純   右/右 2年 栃木•宇都宮市立陽東中
03 柳沼翔   右/左 1年 埼玉•戸田市笠目中
04 菊地陽太  右/右 2年 栃木•宇都宮市立陽北中
05 大塚玄喜  右/右 2年 栃木•鹿沼市立鹿沼東中
06 田村一朗  右/右 2年 茨城•結城市立結城中
07 小森一誠  右/左 2年 栃木•宇都宮市立宮の原中⭐️
08 小川亜怜  右/左 1年 栃木•作新学院中
09 廣田瑠稀哉 右/左 2年 栃木•鹿沼市立北犬飼中
10 石毛虹晴  右/右 2年 栃木•那須烏山市立烏山中
11 小池柊聖  右/左 2年 栃木•下野市立南河内中
12 野嶋奏太  右/右 1年 栃木•宇都宮市立清原中
13 粒良大輝  右/左 2年 栃木•宇都宮市立姿川中
14 山田瑞稀  右/右 1年 栃木•作新学院中
15 根本一冴  右/左 1年 栃木•鹿沼市立鹿沼西中
16 本橋叶麻  右/右 1年 栃木•下野市立国分寺中
17 菅谷峻汰  左/左 1年 栃木•芳賀町立芳賀中
18 斎藤奨真  右/右 1年 栃木•日光市立東原中

00 野球部監督:小針崇宏(プロフィール・経歴)
⭐️特集ページ : 明治神宮大会の日程•結果
⭐️本日の高校野球:全国各地 試合予定•結果



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:2年連続12回目。選考委員会の選考理由「優勝した作新学院は決勝で7連打など打線につながりがあり、主戦の小川哲平が2試合に先発して自責点ゼロと安定感を見せ、投打の充実ぶりを印象づけた」


🌸主な戦歴など栃木V関東V神宮準V|関東大会では、初戦・帝京第三(山②)に7-2、続く準決勝・常総学院(茨①)に7-2、決勝・山梨学院(山①)に13-4で勝利し、関東制覇。神宮大会では、初戦・北海に2x-1(10回TB)、続く準決勝・関東一に8-6で勝利し、決勝では星稜に1-3で敗戦し、準V。


🌸主な投手陣等チーム防御率:2.16(22位)、平均失点数:2.7点(21位)、平均失策数:1.1つ(21位)。江川2世こと最速147キロの直球を持つ世代屈指の右腕・小川哲平(2年)に注目だ。秋の公式戦では、防御率1.37をマークし、中でも明治神宮大会では北海戦で9回無失点と好投するなど防御率0.50と好成績を残す。このほか、信頼が厚く登板機会の多い石毛虹晴(2年)、背番号11小池柊聖(2年・トウマ)、背番号18斎藤奨真(1年)らが控える。【秋公式戦データ(投球回数順)】①小川哲平(2年)は計59回を投げて、防御率1.37(21位)、奪三振45(14位)、1回あたりの奪三振数0.76(48位)、1回あたりの与四死球0.186(9位★)。②石毛虹晴(2年)は計26回2/3を投げて、防御率3.38(60位)、奪三振14(52位)、1回あたりの奪三振数0.53(62位)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.325(16位)、平均得点:6.8点(16位)、総本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:1.3個(21位)。関東大会の決勝・山梨学院戦では「計28安打・13得点」を記録するなど圧倒的な破壊力を持つ。まず、大会屈指の好打者・3番小川亜怜(1年)は、秋公式戦を通じて、打率.448・打点11・本塁打1本(いずれもチーム1位)をマーク。中でも、関東大会では打率.643・6打点・常総学院戦で2ラン、続く明治神宮大会・北海戦では逆転サヨナラ打を放つなど、大舞台で輝きを放つスター性がある。打線は、2番齋藤健之介(2年)が打率.387・盗塁4(チーム最多)と足を活かしてチャンスメイク。中軸以降は、4番柳沼翔(1年)が打点9(チーム3位)、6番廣田瑠稀哉(2年)が打点10(チーム2位)、7番土井雄一郎(1年)が打点9(チーム3位)と、いずれも得点力の高い好打者が並ぶ。このほか、秋は2桁背番号だった菅谷峻汰(1年)が神宮大会・関東一戦で勝ち越しソロ本塁打を含む4打数2安打2打点と躍動するなど、控え打者も力がある。なお、関東大会(計3試合)では犠打なし。


🌸トピックス等:柳沼翔(1年)の父は、同校OBで千葉ロッテスカウトの柳沼強氏。個人成績ランキングから追加UPDATE予定



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【作新学院|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=5、B=0、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :47人(21位) (部員数ランキング)
・試合数   :11戦10勝1敗 (戦歴:栃木関東神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.325(16位) [平均.330点]
・総得点   :75点(12位) [平均69.1点]
・平均得点  :6.8点(16位) [平均6.9点]
・総本塁打  :3本(13位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(18位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :14個(18位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :1.3個(21位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.16(22位) [平均1.93]
・総失点   :30点(26位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.7点(21位) [平均2.4点]
・総失策数  :12つ(22位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1.1つ(21位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 明治神宮大会2023年

⭐️特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

星稜 3-1 作新学院 [高] ※決勝
星稜   |000|100|020|=3
作新学院 |000|001|000|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、星稜が背番号1佐宗翼(2年)、作新学院が背番号1小川哲平(2年)。4回表、星稜は5番服部航(1年)のソロ本塁打で1点を先制。6回裏、作新学院は4番柳沼翔(1年)の安打で1点を返し、1-1。7回表から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。8回表、星稜は安打2本で走者を出すと、3番芦硲晃太主将(2年)の安打で2点を奪い、3-1と勝ち越し。星稜が3-1で作新学院に勝利し、32年ぶり3回目の優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】星稜は、背番号1佐宗翼(2年・サソウツバサ)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振8・失点1・計117球で完投。攻撃陣は計6安打。3番芦硲晃太主将(2年・アシサコ)が8回表に勝ち越し2点タイムリーを放つなど、この試合も活躍が光った。【北信越地区には、センバツ明治神宮大会枠「+1枠」が追加】


08:30 作新学院 8-6 関東一 [高] ※準決勝
作新学院 |200|003|120|=8
関東一  |203|100|000|=6
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、作新学院が背番号11小池柊聖(2年)、関東一が背番号9石田暖瀬(1年・ハルセ)。1回表、作新学院は6番廣田瑠稀哉(2年)の安打で2点を先制。1回裏、関東一は5番熊谷俊乃介(2年)の犠牲フライで1点、バッテリーミスから1点を奪い、2-2。3回表から関東一は2人目の関東一が背番号10大後武尊(2年)に交代。3回裏、関東一は4番高橋徹平(2年)の2塁打で2点、5番熊谷俊乃介(2年)の犠牲フライで1点を奪い、2-5と勝ち越し。4回裏、関東一は2番成井聡(2年)の安打で1点を追加し、2-6。ここで作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。6回表、作新学院は7番菅谷峻汰(1年)の2塁打で1点、8番菊地陽太(2年)の安打で2点を奪い、5-6と1点差。7回表、作新学院は3番小川亜怜(1年)の安打で1点を奪い、6-6の同点。ここで関東一は3人目の背番号1坂井遼(2年・ハル)に交代。7回裏から作新学院は3人目の背番号1小川哲平(2年)に交代。8回表、作新学院は7番菅谷峻汰(1年)のソロ本塁打で1点、3番小川亜怜(1年)の安打で1点を奪い、8-6と勝ち越す。作新学院が8-6で勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】計13安打を放った作新学院が4点差を跳ね返して逆転勝利。7番菅谷峻汰(1年)が勝ち越しソロ本塁打を放つなど4打数2安打2打点と活躍。背番号1小川哲平(2年)が7回から登板し、3回を被安打1・四死球1・奪三振1と好投し、流れを呼び込んだ。


北海 1-2x 作新学院 (10)[高] ※初戦(準々決勝)
北海   |000|000|000|10=1
作新学院 |000|000|000|20=2x
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、北海が背番号11松田収司(1年)、作新学院は背番号1小川哲平(2年)。北海は来春全面導入される低反発バットを利用。両先発が好投を続け、9回終了時点でヒット数は、北海3本、作新学院7本。10回表から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。10回表、北海は1死満塁から代打・長谷川駿太(2年)の押出死球で1点を先制。10回裏から北海は2人目の背番号10新屋敷寿也(2年)に交代。10回裏、作新学院は1死満塁から3番小川亜怜(1年)が逆転サヨナラタイムリーを放ち、2x-1(10回TBサヨナラ)。【◆◆活躍メモ◆◆】作新学院のエース小川哲平(2年)が9回を被安打3・四死球0(無四死球)・奪三振8・失点0・計119球と好投。打者では関東大会でも躍動した3番小川亜怜(1年)が逆転サヨナラ打を記録。一方、北海の背番号11松田収司(1年)も9回を投げ抜き、被安打7・四死球3・奪三振5・失点0・計122球と好投が光った。




[戦歴] 秋季関東大会2023年(1/2)

⭐️特集ページ:秋季関東大会 日程・結果

作新学院(栃①) 13-4 山梨学院(山①)(県) ※決勝
作新学院 |101|001|631|=13
山梨学院 |100|001|101|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️
先発は、作新学院が背番号11小池柊聖(2年)、山梨学院が背番号18津島悠翔(1年・ハルト)。1回表、作新学院は3番小川亜怜(1年・アレン)の安打で1点を先制。1回裏、山梨学院は4番梅村団(1年)の犠牲フライで1点を返し、1-1。2回表途中から山梨学院は2人目の背番号1大友陸(1年)に交代。3回表、作新学院は4番廣田瑠稀哉(2年)の安打で1点を奪い、2-1と勝ち越し。4回表から山梨学院は3人目の背番号10櫻田隆誠(2年)に交代。5回裏から作新学院は2人目の背番号18斎藤奨真(1年)に交代。 6回表、作新学院は代打・粒良大輝(2年・ツブラダイキ)の安打で1点を追加し、3-1。6回裏から作新学院は3人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。6回裏、山梨学院は4番梅村団(1年)の2塁打で1点を返し、3-2。7回表、作新学院は無死満塁から、5番柳沼翔(1年)、6番土井雄一郎(1年)、7番岩出純(2年)、8番根本一冴(1年)の4者連続タイムリーで4点を追加。ここで山梨学院は4人目の背番号11山岸翔輝(1年)に交代。さらに作新学院は犠牲フライなどから2点を追加し、9-2。7回裏、山梨学院は1番黒澤后琉(2年)の安打で1点を返し、9-3。8回表、作新学院は7番岩出純(2年)の2塁打などで3点を追加。9回表、作新学院は4番廣田瑠稀哉(2年)の安打で1点を追加し、13-3。9回裏、山梨学院は1点を返すも及ばず。作新学院が13-4で勝利し、優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】圧倒的な打撃力を発揮した地元・作新学院は、スタメン4選手が4安打を放つなど”計28安打”を記録。投手陣は、背番号11小池柊聖(2年・トウマ)・背番号18斎藤奨真(1年)・背番号10石毛虹晴(2年)の3投手が継投リレーし、計4失点。守備陣も無失策でカバーした。関東王者の作新学院は、明治神宮大会へ出場予定。 


作新学院(栃①) 7-2 常総学院(茨①)(県) ※準決勝
作新学院 |050|200|000|=7
常総学院 |000|100|100|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️雷雨のため13時14分開始。先発は、作新学院が背番号1小川哲平(2年)、常総学院が背番号10大川慧(2年・ケイ)。2回表、作新学院は安打3本から1死満塁のチャンスを作ると、8番根本一冴(1年)の安打で2点、9番小川哲平(2年)の犠牲フライで1点、2番土井雄一郎(1年)の3塁打で2点を奪い、一挙5点を先制。ここで常総学院は2人目の背番号19平隼磨(2年)に交代。4回表、作新学院は3番小川亜怜(1年・アレン)の2ラン本塁打で2点を追加し、7-0。4回裏、常総学院は7番渡邊翔太(2年)の安打で1点を返し、7-1。5回表から常総学院は3人目の背番号11齋藤一磨(2年)に交代。7回裏、常総学院は2番若林佑真(2年)の安打で1点を返し、7-2。8回表から常総学院は4人目の背番号1小林芯汰(2年)に交代。8回裏から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年)に交代。作新学院が7-2で常総学院に勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】作新学院は、計13安打で7得点。今大会絶好調の3番小川亜怜(1年・アレン)が2ラン本塁打を含む4打数2安打2打点と活躍。
投げては、背番号1小川哲平(2年)が7回を被安打6・四死球2・奪三振2・失点2・計95球と好投し、背番号10石毛虹晴(2年・コウセイ)が残る2回を好救援した。



[戦歴] 秋季関東大会2023年(2/2)

⭐️特集ページ:秋季関東大会 日程・結果

帝京第三(山②) 2-7 作新学院(栃①)(県) ※準々決勝(初戦)
帝京第三 |000|000|020|=2
作新学院 |300|000|22x|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️帝京第三が背番号1橋本建(2年・タケシ)、作新学院が背番号1小川哲平(2年)。1回表、帝京第三は安打・四球・四球から2死満塁も得点できず。1回裏、作新学院は安打・四球で走者を出すと、3番土井雄一郎(1年)の犠牲フライで1点、4番廣田瑠稀哉(2年)の安打で1点、6番小川亜怜(1年•アレン)の安打で1点を奪い、3点を先制。7回裏、作新学院は6番小川亜怜(1年)の安打、8番根本一冴(1年・イッサ)の2塁打で1死2・3塁とし、小川哲平(2年)の打順で代打に送られた粒良大輝(2年・ツブラダイキ)の犠牲フライで1点、1番小森一誠(2年)の安打で1点を奪い、0-5。8回表から作新学院は2人目の背番号10石毛虹晴(2年・コウセイ)に交代。直後、帝京第三は四球・2番清水煌大(2年)の安打で2死1・2塁とし、4番入谷燈莉(2年)の2塁打で2点を返す。8回裏、作新学院は6番小川亜怜(1年・アレン)の3塁打で2点を追加し、2-7と突き放す。作新学院が7-2で勝利し、センバツを大きく引き寄せた。【◆◆活躍メモ◆◆】作新学院は、先発した背番号1小川哲平(2年)が7回を被安打3・四死球2・奪三振6・失点0・計112球と好投。攻撃陣は計8安打、中でも6番小川亜怜(1年・アレン)が4打数3安打3打点と躍動。敗れた帝京第三は、4番入谷燈莉(2年)が3打数3安打3打点と活躍をみせた。

[戦歴] 秋季栃木大会2023年

⭐️特集ページ:栃木大会の日程・結果

【作新学院の戦歴|秋季栃木大会2023年】
・決勝戦 :作新学院 06-4 白鷗大足利 
・準決勝 :作新学院 11-7 國學院栃木(10)
・準々決勝:作新学院 07-0 青藍泰斗(7)

・3回戦 :作新学院 10-0 茂木(6)
・2回戦 :作新学院 03-1 宇都宮工業




[出場校一覧] 全32チーム紹介ページ

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

北海道1枠】
🌸優勝:北海    (北海道1位) →3年ぶり14回目
          ※補欠校:東海大札幌
東北3(従来+1)
🌸優勝:青森山田  (青森1位) →8年ぶり3回目
🌸準優:八学光星  (青森2位) →5年ぶり11回目
🌸4強:学法石川  (福島3位) →33年ぶり4回目
          ※補欠校:一関学院鶴岡東
関東東京:関東4•東京1•比較1枠】
関東
🌸優勝:作新学院  (栃木1位) →2年連続12回目
🌸準優:山梨学院  (山梨1位) →3年連続7回目
🌸4強:健大高崎  (群馬1位) →2年連続7回目
🌸4強:常総学院  (茨城1位) →3年ぶり11回目
🌸8強:中央学院  (千葉1位) →6年ぶり2回目
          ※補欠校(関東):桐光学園花咲徳栄
東京
🌸優勝:関東第一  (東京1位) →8年ぶり7回目
          ※補欠校(東京):創価
北信越3(=2枠+明治神宮大会1枠)
🌸優勝:星稜    (石川1位) →2年ぶり16回目
🌸準優:敦賀気比  (福井3位) →4年連続11回目
🌸4強:航空石川  (石川2位) →4年ぶり3回目
           ※補欠校:北陸帝京長岡
東海3(従来+1)
🌸優勝:豊川    (愛知2位) →10年ぶり2回目
🌸準優:愛工大名電 (愛知1位) →12年ぶり10回目
🌸4強:宇治山田商 (三重1位) →16年ぶり2回目
          ※宇商が2番目、名電が3番目として選出
          ※補欠校:藤枝明誠県立岐阜商業
近畿6枠】
🌸優勝:大阪桐蔭  (大阪1位) →5年連続15回目
🌸準優:京都外大西 (京都1位) →18年ぶり7回目
🌸4強:京都国際  (京都2位) →3年ぶり2回目

🌸4強:耐久    (和歌1位) →初出場
🌸8強:報徳学園  (兵庫1位) →2年連続23回目

🌸8強:近江    (滋賀1位) →2年ぶり7回目
          ※補欠校:履正社須磨翔風
中国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:広陵    (広島1位) →3年連続27回目
🌸準優:創志学園  (岡山1位) →7年ぶり4回目
          ※補欠校:宇部鴻城高川学園
四国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:高知    (高知1位) →3年連続21回目
🌸準優:阿南光   (徳島3位) →32年ぶり2回目
          ※補欠校:鳴門明徳義塾
九州4枠】
🌸優勝:熊本国府  (熊本1位) →初出場
🌸準優:明豊    (大分1位) →3年ぶり6回目
🌸4強:神村学園  (鹿児1位) →9年ぶり6回目
🌸4強:東海大福岡 (福岡1位) →7年ぶり3回目
          ※補欠校:大分舞鶴延岡学園
21世紀枠2枠】
🌸別海 (北海道=4強) →初出場
🌸田辺 (和歌山=準優勝、近畿=初戦) →76年ぶり3回目
          ※補欠校:鶴丸仙台一



[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井   
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次