《東邦•愛知》野球部メンバー2023年⚡️

東邦 野球部メンバー2023年

東邦高校(愛知) 野球部メンバー 2023年

【2023年 春季東海大会 ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学===
01 宮國凌空  右/右 3年 沖縄•宜野湾市立宜野湾中
02 荒島健太  右/右 3年 愛知•蒲郡市立蒲郡中
03 石川瑛貴  右/右 3年 愛知•半田市立亀崎中
04 中村騎士  右/右 3年 愛知•大府市立大府北中
05 眞邉麗生  右/右 3年 愛知•名古屋市立鳴海中
06 大島善也  右/左 2年 愛知•尾張旭市立西中
07 三浦天和  右/右 2年 愛知•みよし市立三好中
08 上田耕晟  右/左 3年 愛知•名古屋市立川名中
09 岡本昇磨  右/左 3年 愛知•稲沢市立平和中
10 山北一颯  右/右 3年 愛知•名古屋市立東星中
11 翠理良   左/左 3年 愛知•岡崎市立竜海中
12 古山海帆  右/右 3年 静岡•浜松市立東陽中
13 藤田悠矢  右/左 3年 愛知•名古屋市立有松中
14 山口慶汰  右/右 3年 滋賀•彦根市立南中
15 中島快   右/右 3年 愛知•名古屋市立はとり中
16 田代迅久斗 右/左 3年 愛知•豊橋市立南稜中
17 小西正人  右/左 2年 福岡•福岡市立筑紫丘中
18 藤江壮太  左/左 2年 愛知•幸田町立北部中
19 古川大翔  右/右 3年 愛知•名古屋市立豊正中
20 中島功喜  左/左 3年 愛知•名古屋市立矢田中

⭐️特集ページ:春季東海大会 日程・結果

⭐️本日の高校野球:各地の試合予定•結果



[戦歴] 春季東海大会2023年

⭐️特集ページ:春季東海大会 日程・結果

東邦(愛①) 3-4 県岐阜商業(岐①)(草) ※準決勝
東邦   |001|002|000|=3
県立岐阜商|001|100|02x|=4
=====================================
⭐️試合経過⭐️県立岐阜商業が4-3で東邦に勝利し、決勝進出。攻撃陣は計11安打。1点を追う3回裏に4番三塚武造(3年)の安打で1点を奪って同点に追いつくと、4回裏には8番矢野航大(3年)の犠牲フライで2-1と勝ち越し。その後、逆転を許して1点を追う8回裏、6番園田進之助(3年)が逆転2ラン本塁打を放ち、4-3とした。この試合、6番園田進之助(3年)は2ランを含む4打数3安打2打点と活躍が光った。投手陣は、背番号1今井翼(3年)が6回を3失点と力投し、その後は背番号11森厳徳(2年)が3回を被安打1・四死球0の好投で、得点を許さなかった。敗れた東邦は、背番号9岡本昇磨(3年)が9回を一人で投げ、被安打11・四死球0・失点4と粘投。攻撃陣は計7安打。序盤の3回表に1番三浦天和(2年)の安打で1点を先制し、その後6回表には4番石川瑛貴(3年)の安打で1点、5番岡本昇磨(3年)の安打で1点を奪って逆転するも、最後は競り負けた。


日大三島(静②) 1-2x 東邦(愛①)(清) ※1回戦
日大三島 |000|010|000|=1
東邦   |000|100|001|=2x
=====================================
⭐️試合経過⭐️東邦が2x-1(9回サヨナラ)で日大三島に勝利。攻撃陣は計9安打。4回裏にヒットで出た走者を犠打で送ると、4番石川瑛貴(3年)の安打で1点を先制。その後、同点に追いつかれて迎えた9回裏、2番藤田悠矢(3年)が安打で出塁し犠打で送ると、続く4番石川瑛貴(3年)は申告敬遠。ここで勝負を挑まれた5番岡本昇磨(3年)がサヨナラタイムリーを放ち、決着。投げては、背番号10山北一颯(3年)が8回を被安打4・四死球2・奪三振3・失点1・計102球と好投し、最終回は背番号1宮國凌空(3年)がヒット2本を浴びるも無失点に抑えた。敗れた日大三島は、背番号1関野巧真(2年)が4回を被安打4・四死球0・失点1と好投し、その後は背番号5永野陽大(3年)が最後サヨナラ打を打たれるも1失点と力投。攻撃陣は計6安打を記録し、得点は5回表に8番野田優磨(3年)の2塁打で奪った1点にとどまった。




[戦歴] 春季愛知大会2023年

⭐️特集ページ:愛知大会の日程・結果

東邦の戦歴|春季愛知大会2023年】
・決勝戦 :東邦 01-0 至学館
・準決勝 :東邦 08-0 愛知啓成(7)
・準々決勝:東邦 05-1 桜丘
・3回戦 :東邦 04-2 愛知黎明
・2回戦 :東邦 10-3 栄徳(8)
 ※県から出場

[概要] 春季東海大会2023年

【2023年 春季東海大会 大会日程•出場校】
・日程:5月20日(土)•21日(日)•23日(火)

・場所:静岡県|楽天トラベル(ホテル予約)
・会場:草薙球場・清水庵原球場
・中継:インターネット生中継予定
・全国:本日の試合予定•結果 [全国一覧]
・各地:静岡愛知岐阜三重


【2023年 春季東海大会 出場校一覧(順位)】
静岡(2):①加藤学園、②日大三島
愛知(2):①東邦、②至学館
岐阜(2):①県立岐阜商業、②大垣日大
三重(2):①いなべ総合、②津商
————————————————————
🔳備考:夏の甲子園2023年主な大会スケジュール
・今春:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
・昨秋:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州



[センバツ2023年] ベンチ入りメンバー

【2023年 センバツベンチ入りメンバー】※旧学年
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 宮國凌空  右/右 2年 沖縄•宜野湾市立宜野湾中
02 南出玲丘人 右/右 2年 三重•松阪市立西中
03 石川瑛貴  右/右 2年 愛知•半田市立亀崎中⭐️
04 中村騎士  右/右 2年 愛知•大府市立大府北中
05 眞邉麗生  右/右 2年 愛知•名古屋市立鳴海中
06 大島善也  右/左 1年 愛知•尾張旭市立西中
07 三浦天和  右/右 1年 愛知•みよし市立三好中
08 上田耕晟  右/左 2年 愛知•名古屋市立川名中
09 岡本昇磨  右/左 2年 愛知•稲沢市立平和中
10 山北一颯  右/右 2年 愛知•名古屋市立東星中
11 三家拓翔  右/左 2年 大阪•大阪市立此花中
12 荒島健太  右/右 2年 愛知•蒲郡市立蒲郡中
13 藤田悠矢  右/左 2年 愛知•名古屋市立有松中
14 山口慶汰  右/右 2年 滋賀•彦根市立南中
15 中島快   右/右 2年 愛知•名古屋市立はとり中
16 手島慈元  右/右 1年 愛知•岡崎市立六ッ美北中
17 藤江壮太  左/左 1年 愛知•幸田町立北部中
18 伊藤秀樹  左/左 2年 三重•四日市市立保々中




[センバツ2023年] チーム紹介

【東邦:成績データスポーツ紙の評価:A=2、B=4、C=0。打率:.370(7位)、平均得点:7.4点(14位)、総本塁打:5本(10位)、平均盗塁数:2.5個(7位)、防御率:2.27(24位)、平均失点数:2.7点(29位)、平均失策数:2つ(36位) [備考:平均は1試合あたり、(カッコ内)は出場校順位]【戦歴:愛知東海神宮


🌸センバツ出場:4年ぶり31回目 (戦歴:愛知東海神宮)
🌸主な戦歴等:秋季愛知大会では、3回戦・享栄に4-2、準々決勝・豊川に13-2(7C)、準決勝・愛工大名電に1x-0(9回サヨナラ)、決勝・至学館に5-4(延長11回)で勝利して優勝。東海大会では、初戦の準々決勝・海星(三重3位)に11-1(5C・計14安打)、準決勝・大垣日大に(岐阜2位)は7-4、決勝・常葉大菊川戦(静岡1位)は計15安打を放って7-2で勝利し、東海優勝(4年ぶり12回目)。明治神宮大会では、初戦・大阪桐蔭(近畿1位)に1-9で敗れた。センバツ優勝回数は「歴代1位 最多5回」を誇る”春の東邦”が、春日本一を狙う。


🌸主な投手陣:チーム防御率:2.27(24位)。沖縄宜野湾出身で最速149キロを誇るエース右腕の宮国凌空(2年・リク)は、愛知大会を含む公式戦では計12試合(80回2/3)を投げて防御率2.57、総奪三振69個(出場選手2位)と好投。このほか、終盤にピンチの場面で救援する最速145キロの背番号9岡本昇磨(2年)、元プロ野球(中•ロ•横)で活躍した山北茂利氏を父に持つ身長189cm/最速145キロの背番号10山北一颯(2年)らが揃う。


🌸主な攻撃陣:チーム打率:.370(7位)、総本塁打:5本(10位)、平均盗塁数:2.5個(7位)と高い攻撃力を持ち、一度勢いに乗ると止まらない集中力が魅力だ。注目の1番中村騎士(2年•ナイト)は、秋公式戦で打率.421・打点13・本塁打3本(出場選手3位)の「チーム3冠王+盗塁5個」に輝き、明治神宮大会の大阪桐蔭戦(投手•前田)ではソロ本塁打(通算12本)を記録。2番大島善也(1年)は打点12・盗塁5個(出場選手5位)の好成績を残し、中軸に入ると、盗塁7(出場選手3位)を決めた3番眞邉麗生(2年)、2019年選抜優勝を果たした石川昂弥(現中日)を兄に持つ4番石川瑛貴主将(2年)、打率.392・打点12の5番南出玲丘人(2年)と続く。また、打率.407・打点12の6番岡本昇磨(2年)、東海大会で打率.800の7番藤江壮太(1年)らが揃う。このほか、下位を引っ張る上田耕晟(2年)は、元松商学園で選抜準V時のエース上田佳範(現中日コーチ)を父に持ち、東海大会では打率.444・盗塁6個(出場選手4位)をマークした好打者としても注目だ。



[戦歴] センバツ2023年

東邦 4-5x 報徳学園(10) ※3回戦(3/28)
東邦   |000|100|300|00=4
報徳学園 |011|200|000|10=5x
=====================================
⭐️試合経過⭐️報徳学園が東邦に5x-4(延長10回TBサヨナラ)で勝利。10回表を無失点で切り抜けると、10回裏に1死満塁(相手満塁策)から6番西村大和(1年・背番号12)がライト前へサヨナラ打を放って決着。攻撃陣は計15安打。まず、2回表に1番岩本聖冬生(2年)の安打で1点を先制すると、3回裏には5番辻田剛暉(2年)の犠牲フライで1点を追加。その後、4回裏には8番林純司(2年)のソロ本塁打(大会第7号)で1点、3番堀柊那(2年)の安打で1点を追加し、一時は4-1とリード。5回以降はヒット4本に抑えられて終盤同点に追いつかれるも、最後は地元•兵庫の3塁側アルプスからの大声援を受けて、大接戦を制した。投手陣は、背番号10今朝丸裕喜(1年)が6回2/3を4失点と力投し、その後は背番号11間木歩(1年)が1回1/3を、最後は背番号1盛田智矢(2年)が10回表のピンチを抑えるなど好救援した。敗れた東邦は、背番号1宮國凌空(2年)が5回を投げて11安打を浴びながらも4失点と力投し、その後は背番号9岡本昇磨(2年)が4回1/3を被安打4と好投。攻撃陣は計8安打。まず、4回表に5番岡本昇磨(2年)の安打で1点を返すと、7回表には7番南出玲丘人(2年)の安打で1点、内野ゴロから1点、1番中村騎士(2年)の安打で1点を奪って同点に追いつくも、最後は競り負けた。守備陣は、9回裏には”あわやサヨナラ打”となる当たりをセンター上田耕晟(2年)が本塁への好返球で阻止するなど、バックが再三の好守を魅せた。※観客数:16000人


東邦 6-3 高松商業  ※2回戦(3/25)
東邦  |000|211|011|=6
高松商業|010|000|200|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️東邦が6-3で高松商業に勝利。攻撃陣は計12安打(うち7本が長打)。1点を追う4回表、3番眞邉麗生(2年)の2塁打で1点、4番石川瑛貴(2年)の2塁打で1点を奪い、2-1と逆転。5回表には9番山北一颯(2年)の安打で1点、6回表には5番岡本昇磨(2年)のソロ本塁打(大会第3号)で1点を奪い、4-1。その後、1点差に詰め寄られた8回表に5番岡本昇磨(2年)の安打で1点、9回表に1番中村騎士(2年)の安打で1点を奪い、6-3と突き放した。投手陣は、背番号10山北一颯(2年)が6回を1失点、背番号9岡本昇磨(2年)が残る3回を2失点と力投し、バックは再三の好守備で盛り立てた。打者では、4番石川瑛貴(2年)が4打数3安打1打点(2塁打3本)と勢いを生み出す活躍をみせた。敗れた高松商業は、背番号1大室亮満(2年)が9回を被安打12・四死球1・奪三振5・失点6・計131球を力投。攻撃陣は計9安打を放ち、2回表には8番大室亮満(2年)が安打で1点、7回裏には相手失策から2点を奪うも、最後競り負けた。※観客数:19000人


東邦 6-3 鳥取城北 ※1回戦(3/19)
東邦・・|010|300|110|=6
鳥取城北|000|003|000|=3
=====================================
⭐️試合経過⭐️東邦が6-3で鳥取城北に勝利。攻撃陣は計12安打を放ち、機動力と犠打を絡めて相手を揺さぶった。まず、2回表に8番藤江壮太(1年)の安打で1点を先制すると、4回表にはヒット3本(バント2本)から無死満塁とし、7番南出玲丘人(2年)の安打で2点、9番宮國凌空(2年)のスクイズで1点を奪い、4-0。その後は1点差に迫られるも、7回表に3番眞邉麗生(2年)の安打で1点、8回表に牽制悪送球から1点を奪い、6-3と突き放した。投手陣は、番号1宮國凌空(2年)が6回を被安打4・四死球6(押出2つ)・失点3と粘投し、その後は背番号10山北一颯(2年)と背番号9岡本昇磨(2年)が救援。敗れた鳥取城北は、先発の背番号1新庄空(2年)が8回6失点、最終回は背番号10村山龍成(2年)、背番号18吉田晟(2年)が継投。攻撃陣は計4安打(残塁11つ)。6回裏には、2死満塁から押出四球から2点、1番原田颯太(2年)の内野安打に失策が絡み1点を追加するも、その後は得点が奪えなかった。※観客数:12000人




[チーム] 秋公式戦の投打データ集

【東邦|2022年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙の評価:A=2、B=4、C=0
・部員数   :59人(10位) (部員数ランキング)
・試合数   :15戦13勝2敗 (戦歴:愛知東海神宮)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.370(7位) [平均.326点]
・総得点   :111点(3位) [平均64.3点]
・平均得点  :7.4点(14位) [平均6.9点]
・総本塁打  :5本(10位) [平均3.4本]
・平均本塁打 :0.3本(14位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :38個(1位) [平均17.1個]
・平均盗塁数 :2.5個(7位) [平均1.9個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.27(24位) [平均2.00]
・総失点   :41点(36位) [平均21.6点]
・平均失点数 :2.7点(29位) [平均2.4点]
・総失策数  :30つ(36位) [平均9.1つ]
・平均失策数 :2つ(36位) [平均1つ]
================================
※カッコ内  :(全36校における順位)
※右側の平均 :[全36校における平均]
※項目の平均 :1試合あたりの値 [データ集]



[戦歴] 明治神宮大会2022年

📢特集ページ:明治神宮大会 日程・結果

大阪桐蔭 9-1 東邦 [高] ※初戦
大阪桐蔭|001|500|012|=9
東邦  |001|000|000|=1 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️大阪桐蔭が9-1で東邦に勝利。攻撃陣は計17安打。3回表に相手バッテリーミスから1点を先制すると、同点で迎えた4回表に8番岸本真生(2年)の3塁打で1点、9番前田悠伍(2年)の2塁打で1点、2番山田太成(2年)の安打で1点、押出四球で1点、5番佐藤夢樹(2年)の犠牲フライで1点を奪い、6-1とリード。その後、8回表に3番徳丸快晴(1年)の安打で1点、9回表には内野ゴロと失策から2点を奪い、9-1とした。投げては、背番号1前田悠伍(2年)が8回を被安打8・四死球1・奪三振6・失点1・計116球と好投し、最終回は背番号10南恒誠(2年)が救援した。敗れた東邦は、背番号1宮國凌空(2年)が5回を投げて6失点、その後は背番号10山北一颯(2年)が2回を好投し、最終回は背番号9岡本昇磨(2年)が登板。攻撃陣は計8安打を放つも、3回裏に1番中村騎士(2年•ナイト)のソロ本塁打で奪った1点にとどまった。

[戦歴] 秋季東海大会2022年

📢特集ページ:東海大会の日程・結果

東邦(愛1) 7-2 常葉大菊川(静1)(草) ※決勝
東邦  |100|300|111|=7
常葉菊川|000|100|010|=2 [優勝=神宮大会] 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東邦が7-2で常葉大菊川に勝利し、優勝!東海代表として、明治神宮大会へ出場(初戦:近畿地区代表)。攻撃陣は計15安打。初回に失策から1点を先制すると、4回表には押出四球で1点、8番上田耕晟(2年)の安打で1点、2番大島善也(1年)の安打で1点を追加し、4-0。その後、7回表に5番南出玲丘人(2年)の安打で1点、8回表に2番大島善也(1年)の安打で1点、9回表に6番岡本昇磨(2年)の安打で1点を奪い、計7得点。投手陣は、背番号1宮國凌空(2年)が8回を被安打4・四死球1・奪三振6・失点2・計106球と好投し、最終回は背番号9岡本昇磨(2年)が好救援。敗れた常葉大菊川は、背番号1福住柚稀(2年)が5回を投げ、その後は背番号11内藤大輝(2年)・背番号10久保綾哉(1年)の2投手が継投。攻撃陣はヒット4本に抑えられ、得点はいずれも内野ゴロから奪った2点にとどまった。


大垣日大(岐2) 4-7 東邦(愛1)(草) ※準決勝
大垣日大|011|000|002|=4
東邦  |000|031|30x|=7 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東邦が7-4で大垣日大に勝利し、決勝進出。攻撃陣は計8安打。2点を追う5回裏、2死からヒット2本でチャンスを作ると、9番宮國凌空(2年)の安打で1点、相手失策から2点を奪い、3-2と逆転。その後、6回裏に7番藤江壮太(1年)の安打で1点、さらに7回裏には2死満塁から6番岡本昇磨(2年)の安打で2点、7番藤江壮太(1年)の安打で1点を奪い、7-2と突き放した。投げては、背番号1宮國凌空(2年)が8回1/3を投げて被安打10・四死球5・奪三振5・失点4・計134球と力投し、9回表途中からは背番号9岡本昇磨(2年)が救援した。敗れた大垣日大は、背番号1山田渓太(2年)が一人で投げ抜き、被安打8・四死球5・奪三振7・失点7・計143球と力投。攻撃陣は相手を上回る10安打を放ち、9回表には代打•西河陸人(2年)の2塁打で1点、8番高川莉玖(1年)の犠牲フライで1点を奪う粘りを見せた。


海星(三3) 1-11 東邦(愛1)(5)(清) ※準々決勝
海星  |000|010000|=1
東邦  |007|130000|=11

————————————————–
⭐️試合結果⭐️東邦が11-1(5回コールド)で海星に勝利。攻撃陣は計14安打を放ち、3回裏に一挙7点を奪って主導権を握った。3回裏、3番眞邉麗生(2年)の3塁打で1点、5番南出玲丘人(2年)の安打で1点、6番岡本昇磨(2年)の2塁打で2点、7番三浦天和(1年)の2塁打で1点、8番上田耕晟(2年)の3塁打で1点、9番宮國凌空(2年)の安打で1点を奪い、計7得点。その後、4回裏には3番眞邉麗生(2年)のランニング本塁打(=3塁打+失策で生還)で1点、5回裏には1番中村騎士(2年)の安打で1点、2番大島善也(1年)の2塁打で2点を奪い、10点差とした。投げては、背番号1宮國凌空(2年)が5回を被安打4・四死球1・奪三振0・失点1・計65球と好投。敗れた海星は、背番号1伊藤佑真(2年)・背番号11服部泰河(2年)・背番号10髙橋龍史(2年)の3投手が登板。攻撃陣は計4安打に抑えられ、得点は相手失策による1点にとどまった。



[戦歴] 秋季愛知大会2022年

📢特集ページ:愛知大会の日程・結果

【東邦の戦歴|秋季愛知大会2022年】
・決勝戦 :東邦 05-4 至学館(11)
・準決勝 :東邦 1x-0 愛工大名電
・準々決勝:東邦 13-2 豊川(7)
・3回戦 :東邦 04-2 享栄
・2回戦 :東邦 08-0 人環大岡崎(7)
  ——地区大会—————
・3位決定:東邦 09-8 至学館
・準決勝 :東邦 03-5 愛工大名電 ●
・2回戦 :東邦 10-0 中部大第一
・1回戦 :東邦 05-4 愛産大工業 ※Cなど略

[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
夏の甲子園2023年U18高校日本代表候補
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次