《市立和歌山》野球部メンバー2022年⚡️

市立和歌山 野球部メンバー 2022年

市立和歌山 野球部メンバー 2022年 特集!

【2022年春季近畿大会 ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 米田天翼  右/右 3年 岸和田市立山直中
02 松村祥吾  右/左 3年 御坊市立河南中
03 大池悠太  右/左 3年 上富田町立上富田中
04 堀畑樹   右/左 3年 大阪・岸和田市立土生中
05 熊本和真  右/右 2年 和歌山市立西脇中
06 村上遥飛  右/右 1年 岩出市立岩出中
07 森大輔   右/右 3年 大阪・堺市立津久野中
08 青木瑛汰  右/右 3年 大阪・岸和田市立山直中
09 寺田椋太郎 右/右 3年 紀の川市立貴志川中
10 栗谷星翔  右/左 2年 和歌山市立貴志中
11 淵本彬仁  右/右 3年 和歌山市立楠見中
12 宮本勇   左/左 3年 岩出市立岩出第二中
13 岡久魁里  右/右 3年 御坊市立御坊中
14 藤原隆成  右/右 2年 大阪•忠岡町立忠岡中
15 大江陸斗  右/右 2年 紀の川市立打田中
16 田嶋優汰  右/右 2年 田辺市立上芳養中
17 白木彪斗  右/左 3年 和歌山市立東和中
18 山崎僚也  右/右 3年 岩出市立岩出第二中
19 奥地悠斗  右/右 3年 湯浅町立湯浅中
20 小畠朝日  右/右 3年 大阪•岬町立岬中

⭐️特集ページ:春季近畿大会 日程&結果⭐️


【2022年センバツ ベンチ入りメンバー(旧学年)】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 主将===
01 米田天翼  右/右 2年 岸和田市立山直中
02 松村祥吾  右/左 2年 御坊市立河南中
03 大池悠太  右/左 2年 上富田町立上富田中
04 堀畑樹   右/左 2年 大阪・岸和田市立土生中
05 田嶋優汰  右/右 1年 田辺市立上芳養中
06 熊本和真  右/右 1年 和歌山市立西脇中
07 森大輔   右/右 2年 大阪・堺市立津久野中
08 白木彪斗  右/左 2年 和歌山市立東和中
09 寺田椋太郎 右/右 2年 紀の川市立貴志川中
10 淵本彬仁  右/右 2年 和歌山市立楠見中
11 宮本勇   左/左 2年 岩出市立岩出第二中
12 山崎僚也  右/右 2年 岩出市立岩出第二中
13 岡久魁里  右/右 2年 御坊市立御坊中
14 大江陸斗  右/右 1年 紀の川市立打田中
15 大路隼平  右/右 1年 大阪・岸和田市立野村中
16 稲垣璃良  右/右 2年 紀の川市立貴志川中
17 奥地悠斗  右/右 2年 湯浅町立湯浅中
18 小川舜絃  右/左 2年 串本町立串本西中




[戦歴] 春季近畿大会2022年

⭐️特集ページ:近畿大会 日程・結果⭐️

報徳学園(兵①) 8-2 市立和歌山(和③) ※1回戦
報徳学園|114|010|010|=8
市立和歌山|100|001|000|=2 

——————————————
⭐️試合総評⭐️報徳学園が8-2で市立和歌山に勝利。計11安打・8得点。1回表に2番岩本聖冬生(2年)の2塁打で1点、2回表には9番金澤阿呂空(3年)の安打で2点目。3回表には、背番号1の5番榊原七斗(3年)の特大3ラン本塁打(高校通算14号)と9番金澤阿呂空(3年)の安打で1点を追加し、6点目。5回表には9番金澤阿呂空(3年)のスクイズで7点目、8回表には2番岩本聖冬生(2年)の3塁打で1点を奪って、計8点。打者では、2番岩本聖冬生(2年)が5打数3安打2打点(2塁打・安打・3塁打)、9番金澤阿呂空(3年)が2打数2安打3打点と活躍が光った。投手陣は、背番号3正重怛太(3年)が5回1/3を被安打4・四死球6・奪三振2・失点2・計85球と力投。その後、6回裏に1死満塁のピンチで送られた背番号17盛田智矢(2年)が後続を断ち、残る3回2/3を被安打1・死球2・失点0と好リリーフした。敗れた市立和歌山は、エース米田天翼(3年)が完投し、被安打11・四死球4・奪三振5・失点8・計144球。攻撃陣は、計5安打に抑え込まれ、1回裏の押出四球による1点と、6回裏の押出死球による1点にとどまり、満塁の好機に1本が出なかった。



[戦歴] 春季和歌山大会2022年

⭐️特集ページ:和歌山大会 日程・結果⭐️

【市立和歌山の戦歴|春季和歌山大会2022年】
・3位決定:市立和歌山 6-0 q日高
・準決勝 :市立和歌山 2-4 q智辯和歌山
・準々決勝:市立和歌山 4x-3 耐久(12)
・3回戦 :市立和歌山 5-0 q南部龍神 
・2回戦 :市立和歌山 8-1 q和歌山工業(7)

春季近畿大会2022年 日程・出場校

========================================
・春季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・春季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
【2022年 春季近畿大会 日程・開催県】
・日程:5月21日(土)〜29日(日) ※土日
・会場:和歌山県 紀三井寺球場
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
・出場:各1校、和歌山3校の合計8校が出場
滋賀:①近江
京都:①西城陽
奈良:①奈良大附属
和歌:①智辯和歌山和歌山商業市立和歌山
大阪:①大阪桐蔭
兵庫:①報徳学園
・過去:2021年秋季近畿大会試合結果
・過去:2021年春季近畿大会試合結果



[戦歴] センバツ2022年

大阪桐蔭 17-0 市立和歌山 ※準々決勝
大阪桐蔭|200|048|300|=17
市和歌山|000|000|000|=0

======試合結果・総評レポート========
大阪桐蔭が17-0で市立和歌山に勝利。1試合6本塁打のセンバツ最多タイ記録で圧倒した。1番伊藤櫂人(2年)がソロ&2ラン、2番谷口勇人(2年)がソロ、5番海老根優大(2年)が2ラン、7番星子天真主将(2年)が3ラン、代打工藤翔斗(2年)が2ランを放った。初回には3番松尾汐恩(2年)に犠打という采配をとるなど、西谷監督の勝利への執着も見た。投げては、前田悠伍(1年)が6回を被安打1・四球1・奪三振12・計86球と好投。その後、エース別所孝亮(2年)と背番号17南恒誠(1年)が継投し、相手打線をわずか計1安打に抑えて完封リレー。敗れた市立和歌山は、淵本彬仁(2年)・米田天翼(2年)・宮本勇(2年)・奥地悠斗(2年)の4投手が継投。花巻東戦と明秀日立戦で完投したエース米田天翼(2年)は疲れも見え8失点。攻撃陣はわずか1安打に抑えられた。


明秀日立 1-2x 市立和歌山 ※2回戦 
明秀日立|000|001|000|=1
市和歌山|000|001|001|=2x

======試合結果・総評レポート========
市立和歌山が両エースの投げ合いとなった明秀日立との投手戦を2x-1(9回サヨナラ)で勝利。エース米田天翼(2年)が、被安打9・死四球2・奪三振9・計141球と好投し、9回裏には自らサヨナラ打を放った。チームは計7安打を記録し、この日も2番堀畑樹(2年)が4打数2安打、4番寺田椋太郎(2年)が4打数3安打1打点と活躍した。敗れた明秀日立は、エース猪俣駿太(2年)が被安打7・死四球1・奪三振5・計133球を力投。ショート平野太智(1年)とセカンド辻天成(2年)は再三の好守でエースを援護した。チームは計9安打も1点止まり。先制タイムリーは石川ケニー主将(2が記録した。


花巻東 4-5 市立和歌山 ※1回戦
花巻東|100|000|003|=4
市和歌山|013|001|00x|=5 

======試合結果・総評レポート========
市立和歌山が5-4で花巻東に勝利。エース米田天翼(2年)が被安打9・死四球4・奪三振7・計153球の力投。花巻東の佐々木麟太郎(1年)にはヒットを許さなかった。秋課題だった打撃は、計11安打。4番寺田椋太郎(2年)が3塁打・単打・2塁打と活躍したほか、他の打者もミートした打球が目立った。敗れた花巻東は、エース萬谷大輝(2年)と工藤翔大(2年)が継投。攻撃陣は9回表に田代旭主将(2年)のタイムリーなどで1点差まで詰め寄る粘りを見せた。



[センバツ2022年] チーム紹介

⭐️秋季大会の主な戦歴:和歌山大会では優勝。秋の新人戦では、準決勝で和歌山商業に2-3と敗れるも、進んだ2次戦の準決勝では和歌山商業に12-2で勝利しリベンジ。決勝は和歌山東(近畿大会準優勝)に4-2で競り勝ち、優勝。近畿大会では、初戦・神戸学院大附(兵庫2位)に2-1と競り勝つも、準々決勝では天理(奈良3位)に1-5で敗れて8強。「”小園と松川が抜けたから弱くなった”とは言わせない戦いをしよう」と指揮官の半田監督がチームを鼓舞し、昨春センバツに続き連続出場を果たす。【戦歴:和歌山大会(優勝)近畿大会(8強)


⭐️チーム紹介サマリー:「ストレートの威力は小園より上」と半田監督が評価するのが、エース米田天翼(2年・つばさ)だ。最速149キロの直球を持つ本格派右腕で、10試合(計71回)を投げて、防御率1.90(出場選手17位)・奪三振79(同2位)・1回当たりの奪三振1.11(同3位)・与死四球25と、高い奪三振力を持つ。近畿大会の初戦・神戸学院大付戦(2-1)では9回を完投し、6回以降は打者12人に対し1人の走者も許さぬ投球で、チームを勝利に導いた。このほか、最速143キロの直球を持つ183cmの右腕・淵本彬仁(2年)らが控える。攻撃陣は、リードオフマンの松村祥吾主将(2年)が打率.333・打点5、1年生の4番大江陸斗(1年)は打率.333・打点2を記録。チームは打率.279(28位)、平均得点4.4点(29位)と、攻撃力のレベルUPが上位進出の鍵となる。

[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2。打率:.279(28位)、平均得点:4.4点(29位)、本塁打:2本(16位)、平均盗塁数:0.6個(30位)、防御率:1.64点(7位)、平均失点数:2(8位)、平均失策数:1(22位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:和歌山大会(優勝)近畿大会(8強)


⭐️投手力:チーム防御率1.64(7位)。エース米田天翼(2年・つばさ)は最速149キロの直球を持つ本格派右腕で、「ストレートの威力は小園より上」と半田監督が評価。10試合(計71回)を投げて、防御率1.90(出場選手17位)・被安打57・奪三振79(同2位)・1イニング当たりの奪三振1.11(同3位)・与死四球25と、奪三振力の高さが際立つ。近畿大会の初戦・神戸学院大付戦(2-1)は9回を完投し、6回以降は打者12人に対し1人の走者も許さぬ投球でチームを勝利に導いた。なお、昨春センバツの2回戦・明豊戦(=準優勝)では先発して4回を被安打4・失点1(明豊の米田のソロ本塁打)と好投した。このほか、最速143キロの直球を持つ183cmの右腕・淵本彬仁(2年)らが控える。


⭐️攻撃力:チーム打率.279(28位)、平均得点4.4点(29位)と、攻撃力の底上げが上位進出の鍵となる。松村祥吾主将(2年)は、攻撃の口火を切るリードオフマンで、秋公式戦は打率.333、打点5を記録。1年生の4番大江陸斗(1年)は、朝は誰よりも早くグウンドに来て練習に取り組む努力家で、打率.333・打点2という成績も、今後の躍動が期待されるバッターだ。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース米田天翼(2年)は、奪三振数=79個(2位)、奪三振数(1回あたり)=1.11個(3位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

【秋の戦歴:和歌山大会(優勝)近畿大会(8強)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=2
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.279(28位) [平均.328]
・得点   :22点(31位) [平均69.2点]
・平均得点 :4.4点(29位) [平均7.1点]
・本塁打  :2本(16位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.4本(11位) [平均0.4本]
・盗塁数  :3個(32位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:0.6個(30位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :10(1位) [平均25.6]
・平均失点数:2(8位) [平均2.8]
・防御率  :1.64点(7位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.3点(17位) [平均0.3点]
・失策数  :5(5位) [平均8.1]
・平均失策数:1(22位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:5戦4勝1敗
※部員数:44人(19位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
米田天翼 3年 防御率=17位:1.9(計10試合/計71回)
・米田天翼 3年 奪三振数=2位:79個(計10試合/計71回)
・米田天翼 3年 奪三振数(1回あたり)=3位:1.11個
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 秋季近畿大会2021年

市立和歌山(和①) 1-5 天理(奈③) ※準々決勝
市立和歌山|000|000|100|=1
天理・・・|003|110|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️天理が5-1で市立和歌山に勝利し、4強進出(センバツ出場有力に)。3回裏に9番重舛の2塁打、1番藤森の2塁打(1点)、2番永井の3塁打(1点)、3番戸井主将の安打(1点)と4者連続の長短打で一挙3点を奪って主導権を握った。4回裏には8番のエース南澤のタイムリーで1点、5回裏には3番戸井主将のソロ本塁打で1点を奪って合計5得点。投げてはエース南澤が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球1・奪三振2。制球力を生かした打たせて取るピッチングで、相手打線を内野ゴロによる1点のみに抑え込んだ。この日も3番戸井主将が勝負強い打撃で4打数3安打2打点(うちソロ本塁打1本)と活躍が光った。この日、天理の中村監督は「イケイケ打線」を組んだと試合後にコメント。対する市立和歌山はエース米田が9回を被安打10・四死球4・奪三振9と力投するも、攻撃陣が計6安打に抑えられた。


神戸学院大附(兵庫②) 1-2 市立和歌山(和歌①) ※1回戦
神戸学院大|000|100|000|=1
市立和歌山|010|001|00x|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️勝った市立和歌山はヒット4本・四球9・死球2で2点(残塁11)、敗れた神戸学院大はヒット7本・四死球3で1得点(残塁8)と、共に走者を出すも得点が奪えぬ試合展開に。市立和歌山の最速148キロ右腕のエース米田は9回を一人で投げ抜き、被安打7・四死球3・奪三振10と力投。6回以降は、打者12人に対し1人の走者も許さぬ投球で、チームを勝利に導いた。



[戦歴] 秋季和歌山大会2021年

【市立和歌山の戦歴|秋季和歌山県大会1位】
——2次戦——————————————
・決勝   :市立和歌山004-2 和歌山東
・準決勝  :市立和歌山  12-2 和歌山商業
・準々決勝 :市立和歌山 03-0  桐蔭

——新人戦——————————————
・3位決定戦:市立和歌山 10-3 神島(7)
・準決勝  :市立和歌山 02-3 和歌山商業
・4回戦  :市立和歌山 07-0 田辺(7)
・3回戦  :市立和歌山 04-3 日高中津
・2回戦  :市立和歌山 06-2 和歌山高専
・1回戦  :市立和歌山 07-0 笠田(7)

和歌山県 高校球児 進路・進学先 

智辯和歌山 市和歌山 初芝橋本 箕島 高野山
和歌山商 和歌山東 和歌山工 和歌山南陵 田辺
南部 日高中津 紀央館 紀北工業 海南 串本古座