《西日本短大附属》野球部メンバー2022年⚡️

西短大附 野球部 メンバー 2022年

西日本短大附 野球部メンバー 2022年 特集!

⭐️2022年春季九州大会 登録メンバー⭐️
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=
01 江川颯太  右/右 3年 川副
02 和田悠二朗 右/右 3年 十文字
03 山口雄大  右/右 3年 上志津
04 穴井秀山  右/右 3年 尾倉
05 轟木琉惺  右/右 2年 芦刈
06 江口翔人  右/左 2年 大川桐薫
07 多久将太  右/右 2年 玉名
08 今田塁陽  右/右 3年 長与
09 山口琉斗  右/左 3年 川副
10 橋本尚樹  左/左 3年 下益城城南
11 中塚康太朗 右/右 2年 筑山
12 中嶋大喜  右/右 2年 御船
13 深町竜佑  右/右 2年 筑後
14 西村羽琉希 右/左 3年 庄内
15 新田清平  右/右 2年 広川
16 竹内大空  右/左 2年 錦
17 多良泰我  右/右 3年 春日西
18 早川彰太郎 右/右 3年 大利
19 川田慎悟  右/右 3年 鳳
20 野中成   右/両 2年 三田川 ※登録抹消
20 村上太一  右/右 1年 三橋  ※新規登録

⭐️特集ページ:九州大会の日程・結果⭐️



[戦歴] 春季九州大会2022年(1/2)

⭐️特集ページ:九州大会の日程・結果⭐️

西短大附(福① 4-8 神村学園(鹿①)(サ) ※決勝戦
西短大附|000|120|010|=4
神村学園|210|120|20x|=8

=========================
⭐️試合総評⭐️神村学園が8-4で西短大附に勝利し、2022年春季九州大会の王者に。今大会打撃好調の強力打線を誇る神村学園は計15安打を放ち、序盤から試合を優位に進めた。まず1回裏、5番富﨑大都(3年)の内野安打で2点を先制。2回裏には1番田中拓真(3年)の安打で1点、4回裏には9番のエース朝吹拓海(3年)の2塁打で1点、5回裏には8番秋元悠汰(2年)の安打で2点。その後、7回裏には4番花倉凪海(3年)のソロ本塁打で1点、6番今岡歩夢(2年)の2塁打で1点を奪い、計8得点。投げては、背番号1朝吹拓海(3年)が9回完投し、被安打10・四球2・奪三振5・計121球の粘りの投球でチームを勝利に導いた。敗れた西短大附は、計10安打を記録。4回表に5番山口雄大(3年)の安打で1点、5回表に3番今田塁陽主将(3年)の安打で1点、4番多久将太(2年)の安打で1点。8回表には、6番和田悠二朗(3年)のソロ本塁打で1点を奪うも及ばなかった。投手陣は、背番号10橋下尚樹(3年)・背番号20村上太一(1年)・エース江川颯太(3年)の3投手が継投した。


小林西(宮崎②) 6-7 西短大附(福①)(サ) ※準決勝
小林西|000|030|030|=6
西短大附|101|030|02x|=7 

=========================
⭐️試合総評⭐️西短大附が小林西とのシーソーゲームを7-6で制し、決勝進出。西短大附が11安打(本塁打2本)、小林西が10安打(本塁打1本)を記録した。西短大附は、1回裏に4番多久将太(2年)の2塁打で1点を先制すると、3回裏には1番江口翔人(2年)のソロ本塁打で1点を追加し2-0とリード。その後、5回表に3ラン本塁打で逆転を許すと、直後の5回裏に5番山口雄大(3年)の3ラン本塁打返しで5-3と逆転。終盤の8回表に再び1点のリードを奪われると、直後の8回裏に3番今田塁陽(3年)の3塁打で2点を奪い、7-6と再逆転した。投手陣は、背番号10橋本尚樹(3年)・背番号11中塚康太朗(2年)・背番号18早川彰太郎(3年)・背番号20村上太一(1年)の4投手が継投し、相手打線を振り切った。敗れた小林西は、2点を追う5回表に1番岩根陽向(3年)の3ラン本塁打で逆転。再び2点を追う8回表にも3番松嵜奨征(3年)の安打で2点、6番木庭蓮斗(2年)の2塁打で1点を奪って6-5と逆転するも、最後は競り負けた。投手陣は、背番号20川関正樹(3年)・背番号10原田稀大(3年)・背番号15島袋功平(3年)・エース仲間晴(3年)・背番号4仲田巧(3年)の5投手が登板した。



[戦歴] 春季九州大会2022年(2/2)

長崎日大(選抜) 3-5 西短大附(福①)(ア) ※準々決勝
長崎日大|000|210|000|=3
西短大附|031|010|00x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️西短大附が5-3で長崎日大で勝利。エース江川颯太(3年)が9回完投し、被安打8・四死球6・奪三振7・失点3・計140球と力投した。攻撃陣は、2回裏に5番和田悠二朗(3年)の安打で1点、9番のエース江川颯太(3年)の2点2塁打で3点を先制。その後、3回裏には5番和田悠二朗(3年)の安打で1点、1点差に詰め寄られた直後の5回裏には8番轟木琉惺(2年)の安打で1点を奪い、計5得点。敗れた長崎日大は、先発のエース種村隼(3年)が3回4失点、その後は背番号11廣田樹大(2年)が2回を、背番号10川副良太(3年)が3回をともに好投した。攻撃陣は、4回表に失策と押出四球から1点ずつを奪い、なお2死満塁も追加点は奪えず。8回表にも、四球2つなどから1死2・3塁のチャンスを作るもあと一本が出なかった。5回表には3番平尾大和(3年)のソロ本塁打を記録した。


西短大附(福①) 5-2 有田工業(選抜)(サ) ※1回戦
西短大附|100|011|200|=5
有田工業|020|000|000|=2 

=========================
⭐️試合総評⭐️西短大附が5-2で有田工業に勝利。エース江川颯太(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打8・四球2・奪三振5・失点2・計124球と力投。攻撃陣は、1回表に5番山口雄大(3年)の安打で1点を先制。その後に逆転を許すも、5回表に3番今田塁陽(3年)の安打で1点を奪い、2-2の同点。6回表には、8番村上太一(1年・直前変更)の安打で1点を奪って、3-2と勝ち越し。さらに7回表には、3番今田塁陽(3年)の安打と相手失策がからみ1点、押出死球で1点を奪い、5-2とした。敗れた有田工業は、エース塚本侑弥(3年)が9回を被安打8・四死球5・奪三振3・失点5と力投。打っては2回裏に一時逆転となる2点2塁打を放つなど力をみせた。8回裏には、チーム合言葉である「何かが起きる8回、俺たちの8回」のイニングを迎え、無死1・2塁のチャンスを作るも無得点に終わった。



[戦歴] 春季福岡大会2022年

⭐️特集ページ:福岡大会の日程・結果⭐️

【西短大附の戦歴|春季福岡大会2022年】
・決勝  :西短大附 12-3 小倉工業
・準決勝 :西短大附 05-4 東海大福岡
・準々決勝:西短大附 04-3 真颯館
・5回戦 :西短大附 11-9 福大大濠
・4回戦 :西短大附 07-5 祐誠
・3回戦 :西短大附 07-0 筑紫台(8)
・2回戦 :西短大附 04-1 香椎

春季九州大会2022年 日程・出場校

========================================
・春季地区大会:北海道 東北 関東 東京 東海
・春季地区大会:北信越 近畿 中国 四国 九州
========================================
【2022年 春季九州大会 日程・開催県】
・抽選:4月14日(木)
日程:4月23日(土)〜28日(木)
・会場:宮崎県
・予約:ホテル予約 [楽天トラベル]
福岡:(セ)九国大付西短大附小倉工業
佐賀:(セ)有田工業東明館
長崎:(セ)長崎日大波佐見
熊本:①九州学院
大分:(セ)大分舞鶴明豊
宮崎:①宮崎学園小林西日章学園
鹿児:(セ)大島神村学園
沖縄:①沖縄水産



[過去] 夏の甲子園メンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 大嶋柊   3年  右右  筑後(福岡)
02 三宅海斗  3年  右右  東百舌鳥(大阪)
03 山口雄大  2年  右左  上志津(千葉)
04 江口翔人  1年  右左  大川桐薫(福岡)
05 穴井秀山  2年  右右  尾倉(福岡)
06 林直樹   3年  右右  羽犬塚(福岡)
07 今田塁陽  2年  右右  長与(長崎)
08 池田翔   3年  右右  鳥栖(佐賀) ◎
09 蓑田晟大  3年  左左  三宅(福岡)
10 鳥邑諒生  3年  右右  八女学院(福岡)
11 江川颯太  2年  右右  川副(佐賀)
12 和田悠二朗 2年  右右  十文字(福岡)
13 笹井博喜  3年  右右  前原西(福岡)
14 松山夢大  3年  右左  宮若東(福岡)
15 内野太陽  3年  右左  黒木(福岡)
16 角屋一成  3年  右右  直方三(福岡)
17 山口紘輝  3年  右右  梅林(福岡)
18 清水空   3年  右右  小竹(福岡)

[チーム紹介] 夏の甲子園2021年

◆夏の甲子園=11年ぶり6回目|福岡県大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0。打率:.340(27位)、平均得点:8点(21位)、本塁打:3本(17位)、盗塁数:9個(26位)、平均犠打数:2.3(35位)、平均失点:2.7点(41位)、平均失策数:0.7(28位) ※カッコ内(出場校順位) (主なOB:新庄剛志ら)


プロ注目のトリオ(大嶋・三宅・林)に注目だ。エース右腕・大嶋柊(しゅう・3年)は、最速144キロを誇り、福岡大会では、全7試合に登板して5回戦以降の4試合では完投した。全48回を投げて失点13と安定感がある。


◆注目打者:4番 三宅海斗捕手(3年)は、高校通算22本塁打。全試合に4番としてフル出場し、打率.455・2本塁打・11打点と活躍。父・勉さんは、同校で1990年に夏の甲子園に出場しベスト4入りしている。3番 林直樹(3年)は、高校通算11本塁打。福岡大会では、打率.280・1本塁打・10打点。準決勝・飯塚戦では、最大6点差を跳ね返し、9x-8(9回サヨナラ)で勝利。この試合で、3点を追う8回に同点3ラン本塁打9回裏2死満塁の場面でサヨナラ打を放つ活躍を見せた。



[過去] 夏の甲子園2021年

◆8/20(金) 西日本短大(福岡) 0-2 二松学舎(東東京) ※初戦
西短大付|000|000|000|=0
二松学舎|000|002|00x|=2

——————————————
⭐️見どころ⭐️西日本短大付属は、プロ注目のトリオ注目だ。エース大嶋は全7試合48回を投げて失点13と安定感がある。攻撃では、通算22本塁打を誇る4番 三宅が、打率.455・2本塁打・11打点。また、通算11本の3番 林は、準決勝・飯塚戦では3点を追う8回に同点3ラン、9回裏2死満塁の場面でサヨナラ打を放つなど勝負強いバッティングが持ち味だ。一方の二松学舎は、”大江2世”の異名を持つ秋山正雲に注目。最速146キロの左腕で、決勝では関東一打線を7回無死までノーヒットに抑えるなど、東東京大会では5試合32回1/3を投げて、被安18・奪三振39・与死四球6・失点2と圧巻の投手成績を残した。バットでもチームトップの打率.636を記録するなど投打の柱として注目したい。


⭐️試合結果⭐️二松学舎が2-0で勝利。”大江2世”の異名を持つ左腕エース秋山正雲(3年)が、強打の西日本短大を完封(139球)。序盤に雨が強く降る場面もあったが、被安打4・四球4・奪三振9の圧巻ピッチングをみせた。5回終了時点まで相手打線にヒットを許さぬ好投で、6回表には1死満塁のピンチを背負うも、ギアを切り替え”2者連続三振”で切り抜けた。攻撃では、6回裏に失策で出た走者を確実に犠打で送り、5番浅野のタイムリーで1点、さらに浅野が盗塁で2塁に進むと7番丸山のタイムリーで2点目。犠打と機動力を生かし、少ないチャンスを確実にものにした。一方の西日本短大附属は、エース大嶋が9回を1人で投げ抜き、4回終了時点まで相手打線にヒット許さぬピッチングで、被安打4・四球5・奪三振2と好投。攻撃は、先頭打者が再三出塁するもチャンスを広げることができず、6回表には1死満塁の場面を作るも1本が出なかった。

[過去] 夏の福岡大会2021年

・決勝:西短大附 05-0 o真颯館 
・準決勝:西短大附 09x-8 飯塚
・準々決:西短大附 01-0 o戸畑
・5回戦:西短大附 12-2 o折尾愛真(6)
・4回戦:西短大附 10-7 o育徳館
・3回戦:西短大附 09-2 o糸島(8)
・2回戦:西短大附 10-0 o八女農(5)

福岡県 高校球児 進路・進学先 

筑陽学園 折尾愛真 九州国際大付 真颯館
東海大福岡 東筑 西日本短大付 福大大濠
福岡第一 福岡工大城東 東福岡 沖学園 玄洋 
北九州 小倉 福岡工業 九産大九州 筑紫台
福岡 祐誠 大牟田 八幡南 春日 東筑紫学園