《長崎商業》野球部メンバー特集⚡️夏の甲子園2021年

長崎商業 夏の甲子園2021年

夏の甲子園2021年 長崎商業 野球部 ベンチ入りメンバーを徹底特集!

◆夏の甲子園=5年ぶり8回目|長崎県大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1。打率:.293(45位)、平均得点:4.6点(47位)、本塁打:1本(32位)、盗塁数:1個(47位)、平均犠打数:2.4(28位)、平均失点:2.2点(34位)、平均失策数:0(1位) ※カッコ内(出場校順位)


”驚異的な粘り”で5年ぶり8回目の夏の甲子園切符を掴みとった。長崎大会の決勝は、センバツ出場の大崎と激突し、3-4と1点を追う9回表も2死走者なし。万事休すと思われたが、連続四球とヒットで2死満塁のチャンスを作ると、久松太陽(3年)のタイムリーで同点。延長10回表には、横田星大(3年)が勝ち越しタイムリーを放ち、劇的な優勝を果たした。


◆夏の長崎大会では、3回戦・波佐見戦、準々決勝・諫早農業戦の2試合でサヨナラ勝利するなど、接戦をものにした。決勝後、青山隼也主将(3年)が「何度も負けそうだったが、勝ち抜いてきた。自信があった」とコメント。


◆チーム打率.293(45位)、1試合平均得点4.6点(47位)と攻撃力は控えめ。リードオフマン横田星大(3年)が打率.474と好調で、得点チャンスを広げる。背番号1 城戸悠希(3年)と背番号10 田村琉登(3年)の2枚看板と、失策0の堅守で守り勝つ野球が持ち味だ。



夏の甲子園ベンチ入りメンバー2021年

==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 城戸悠希  3年  右右  川棚(長崎)

02 古木仁   3年  右右  三重(長崎)
03 青山隼也  3年  右左  海星(長崎)
04 沢山佳文  2年  右右  西彼(長崎)
05 大坪迅   2年  右左  東長崎(長崎)
06 横田星大  3年  右左  喜々津(長崎)
07 宮城伊吹  3年  右左  海星(長崎)
08 大町航太  3年  右左  東長崎(長崎)
09 松井心助  3年  左左  豊玉(長崎)
10 田村琉登  3年  右左  橘(長崎)
11 横尾飛翔  3年  右右  長崎・琴海(長崎)
12 伊藤大晟  2年  右右  長与(長崎)
13 鬼塚陸人  3年  右右  鳴北(長崎)
14 西村騎虎  3年  右左  勝本(長崎)
15 渡辺塁   3年  右右  岩屋(長崎)
16 久松太陽  3年  右右  茂木(長崎)
17 木下航汰  3年  右右  高田(長崎)
18 浜口ー平  3年  右右  三重(長崎)
※野球部員数:68人、◎:主将 



夏の甲子園2021年 戦歴・結果

◆8/25(水)長崎商業 5-6x 神戸国際大附(兵庫)(延長10回) ※3回戦
長崎商業|200|000|020|1 =5
神戸国際大|010|100|200|2 =6x

——————————————
⭐️試合結果⭐️神戸国際大附が6x-5(延長10回サヨナラ)で勝利。延長10回表に1点をリードされた神戸国際大附は、2死2・3塁のチャンスから4番西川主将がレフト前に逆転2点タイムリーを放ち劇的サヨナラ。西川は5打数4安打3打点(ソロ本塁打、2塁打含む)と勝負強さを発揮した。また、背番号3 武本琉聖は、5回表に2死満塁のピンチの場面で、一塁手から緊急登板し”無失点”に抑える好投(兵庫大会で登板なし)をみせたほか、打っては7回裏に1死2・3塁のチャンスで勝ち越し2塁打(今大会初安打)を放つなど、投打で活躍した。また、二刀流の阪上は、3番手投手として3回3失点も、打っては5打数3安打と存在感を示した。一方の長崎商業は、長崎大会で魅せた粘りを存分に発揮した。2点を追う8回表、代打・青山主将(甲子園初打席)が四球を選ぶと、長崎大会決勝・大崎戦で9回に同点打を放った久松が代打に送られてヒット。ここで1番大坪がタイムリーを放ち、4-4の同点。延長10回表には、先頭の青山主将がヒット(夏の長崎大会を含めて初安打)で出塁し犠打で送ると、1番大坪が5-4と勝ち越しとなる3塁打を放った。また、エース城戸&田村の2枚看板の力投も光った。先発したエース城戸は、4-4で迎えた9回裏に再びマウンドへ。1死満塁のピンチで、あわやサヨナラ押出となる”ノースリー”のカウントから三振を奪い、続く打者を右飛に打ち取るなど絶体絶命のピンチをしのいだ。また、2番手の背番号10田村は、6回裏に2死満塁のピンチを背負うも、相手の代打の切り札・勝木を内野ゴロに打ち取り無失点に抑えた。惜しくも敗れはしたが、聖地・甲子園に万雷の拍手が響きわたる戦いぶりだった。


◆8/22(日) 専大松戸(千葉) 2-6 長崎商業(長崎) ※2回戦 
専大松戸|002|000|000|=2
長崎商業|200|030|10x|=6

——————————————
⭐️試合結果⭐️長崎商業が6-2で勝利(69年ぶりベスト16、長崎県勢夏40勝)。専大松戸が誇る好投手2人から合計15安打(=全てシングル打)を放ち、序盤・中盤・終盤に得点を奪って計6得点。まず1回裏に4番宮城の犠飛と5番城戸の安打で2点を先制して主導権を握ると、5回裏には5番城戸・6番・松井・7番鬼塚の3連打で3点、終盤の7回裏にも7番鬼束の安打で1点を奪い、ダメ押し。投げてはエース城戸が5回を投げて被安打7・与四死球3ながらも2失点と粘投、残る4回をアンダースローの田村が被安打1・与四死球2で無失点に抑えた。一方の専大松戸は、3回表に2番苅部の2点タイムリーで2点を奪うも、4回以降は3安打(残塁10)。粘る9回表には無死2・3塁のチャンスを作るも三直でWプレーを奪われた。投げては、千葉大会制覇の原動力となった背番号11岡本が4回2/3を投げて11安打5失点、その後を受けたエース深沢が3回1/3を投げて4安打1失点。今春のセンバツは初戦で中京大中京に敗れ、夏の千葉大会では劇的な勝利で優勝し、春夏連続の出場。この世代を沸かせてきたチームの夏が終わった。


◆8/16(月) 長崎商業(長崎) 8-4 熊本工業(熊本) ※初戦
熊本工業|201|000|100|=4
長崎商業|303|200|00x|=8

——————————————
⭐️試合結果⭐️長崎商業が13安打を放ち、8-4で勝利。甲子園での勝利は69年ぶり。初回に2点のリードを奪われる展開も、直後の1回裏に3番大町、6番松井、7番鬼束のタイムリーで一挙3点を奪い逆転。同点に追いつかれた3回裏には、6番松井と1番大坪の安打で計3点を奪い、6-3と突き放した。(2打数2安打2打点の6番松井は、4回に死球を受け交代) 投げては、城戸と田村の継投リレーで、13安打・6死四球を与えながらも4失点に抑え込んだ。守備陣は失策2つ(長崎大会は0つ)も、4つの併殺を奪いピンチをしのいだ。一方の熊本工業は、13安打を放つも12残塁で4得点。8回表には2死満塁のチャンスを作るも無得点に終わるなど、あと一歩攻めきれなかった。



夏の長崎大会2021年 成績データ

◆スポーツ紙評価:A=0、B=3、C=1
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.293(45位) [平均.351]
・得点   :23点(48位) [平均43.9点]
・平均得点 :4.6点(47位) [平均7.9点]
・本塁打  :1本(32位) [平均3本]
・平均本塁打:0.2本(34位) [平均0.5本]
・盗塁数  :1個(47位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:0.2個(47位) [平均2個]
・犠打数  :12(34位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.4(28位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :11点(31位) [平均10点]
・平均失点 :2.2点(34位) [平均1.8点]
・失策数  :0(1位) [平均3.6]
・平均失策数:0(1位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:5試合
※部員数:68人(33位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均

【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆投手部門=========
・城戸悠希(3年):奪三振数 22:25位(5試合)




夏の長崎大会2021年 戦歴・結果

・決勝・・長崎商業 05-4 o大崎 (10) 
・準決勝長崎商業 04-2 o小浜
・準々決戦:長崎商業 04x-3 諫早農業 
・3回戦長崎商業0 2x-1 波佐見 
・2回戦長崎商業0 8-1 x国見(7)


(参考)2021年春季長崎大会の戦歴・結果
・決勝・・:長崎商業 03-2 o小浜
・準決勝:長崎商業 06-2 o海星
・準々決戦:長崎商業 08-1 o佐世保実(7)
・2回戦:長崎商業 06-3 o五島
・1回戦:長崎商業 10-0o 大村(5)




(過去)2021年春季九州大会

長崎商業 4-8 具志川商業 ※準々決勝
長崎商業|003|000|001|=4
具志川商|000|040|40x|=8
投手:長崎商業=田村→城戸
投手:具志川商=粟国→田崎→伊波→山田
———————————
センバツ21世紀枠の具志川商業が8-4で長崎商業に逆転勝利し、準決勝進出。序盤に3点をリードされる展開も、5回に3番新川俊介のタイムリーなどで4点を奪い逆転、さらに7回裏にも3番新川のタイムリーなどで4点を追加。投手陣は、粟國・田崎・伊波・山田の4投手がリレーし、長崎商業打線を6安打に抑えた。《試合経過》長崎商業の先発はエース田村琉登、具志川商業の先発は背番号6の粟國陸斗。長崎商業は3回表、3連続四球で満塁とし、相手暴投から1点を先制すると、さらに押出四球で2点目(ここまで5者連続四球)を挙げる。ここで具志川商業は背番号10の田崎へ投手交代。その後、長崎商業は7番澤山の内野安打で1点を追加し、3-0とした。一方の具志川商業は5回裏、1死満塁から9番島袋大地のタイムリーと1番大城の犠牲フライで2点。さらに満塁のチャンスを作ると、3番新川俊介が2点タイムリーを放ち、4-3と逆転。ここで長崎商業は田村から城戸に交代。7回裏、具志川商業は3番新川俊介のタイムリー3塁打などで4点を追加し、8-3。9回表、長崎商業は内野ゴロで1点を奪うも及ばずゲームセット。


長崎商業 4-0 柳ヶ浦 ※2回戦
長崎商|202|000|000|=4
柳ヶ浦|000|000|000|=0
投手:長崎商業=城戸
投手:柳ヶ浦=前田→小橋川
———————————
長崎商業が4-0で柳ヶ浦に勝利。先発した背番号10の城戸悠希が、被安打2・奪三振8・四死球1の好投で完封した。柳ヶ浦は得点を奪われた初回と3回は、いずれも先頭打者を四球で出し、失点を許した。《試合経過》長崎商業は1回表、連続四球のチャンスをもらい、5番青山の犠牲フライなどで2点を先制。さらに、3回表には4番宮城の2塁打で1点、5番青山のタイムリーで1点を追加し、4-0とした。