《日大三島》野球部メンバー2022年⚡️夏の甲子園

日大三島 野球部メンバー 2022年

日大三島(静岡) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

【静岡大会の成績】スポーツ紙の評価:A=0、B=4、C=1。打率:.297(43位) 、平均得点:6.5点(40位) 、総本塁打:0本(43位) 、平均盗塁数:0.5個(44位) 、平均犠打数:3.8個(6位) 、平均失点数:2.3点(39位) 、平均失策数:0.3個(8位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 松永陽登  右/左 3年 神奈川•小田原酒匂中
02 野田優磨  右/右 2年 東京•三鷹五中
03 池口奏   右/左 2年 千葉•山王中
04 綱島健太  右/右 1年 神奈川•伊勢原中
05 京井聖奈  右/左 3年 大阪•松原中
06 吉川京祐  右/右 3年 静岡•富士宮三中
07 野口央雅  左/左 3年 静岡•大富士中
08 寺崎琉偉  右/左 2年 静岡•富士南中
09 永野陽大  右/右 2年 静岡•竜爪中
10 加藤大登  右/右 3年 静岡•中郷西中⭐️
11 竹田皓晴  左/左 1年 千葉•幕張中
12 島田誠也  右/右 3年 静岡•多賀中
13 杉山憲一朗 右/右 2年 静岡•裾野西中
14 相原礼音  右/右 2年 神奈川•大清水中
15 山口琉聖  右/右 3年 神奈川•小田原泉中
16 河合瑞規  右/右 2年 静岡•三ケ日中
17 佐野慎之助 右/右 3年 静岡•上野中
18 斎藤皓大  左/左 1年 静岡•富士岡中




[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:33年ぶり2回目。春夏連続出場。昨秋は県優勝、東海大会で優勝。センバツは1回戦で金光大阪に0-4で敗戦。今春は県8強。指揮官の永田裕治監督(58)は、聖地を「感動を覚える場所」と表現する。その舞台を経験させたいが故に「鬼」となり、夏前には約2週間の強化練習を計3回実施。徹底した守備練習、猛烈な走り込み&振り込み、強豪校との練習試合を通じて、強靭なスタミナと自信をつけた。自身も決勝前夜は睡眠2時間で徹底的に相手校を分析。終盤戦での強さにつなげた。


②ポイント:春夏連続出場の原動力となったエースで4番の松永陽登(3年)に注目だ。序盤の山場となった3回戦・藤枝明誠戦(7-0 7C)で7回を被安打2の好投。準々決勝・掛川工業戦(8-5)では5打数4安打5打点と活躍。大会を通じていずれもチーム1位の打率.478・打点9と投打でチームを引っ張る。小田原出身で毎朝早朝の電車で通学する。


③ポイント:準決勝・決勝は、タフな試合を制した。準決勝・掛川西戦(4x-3 13回TB)は、エース松永が8回3分の1を1失点と力投。13回表に2点を奪われるも、その裏に3番池口奏一(2年)と4番松永陽登(3年)の連打で同点とし、1死満塁から5番野口央雅(3年)のサヨナラ犠飛で決着。試合は16時13分に終了し、翌日10時からの決勝・静清戦では、11安打を放ち8-1で勝利して優勝。エース松永が先制打を放ち、9回を5安打1失点で完投した。


④ポイント:投手陣はこのほか、背番号5京井聖奈(3年)が救援として活躍。準決勝・掛川西戦では、9回表から13回表までを好投。中学時代には一度野球を辞めようと考えた男は、センバツ後に左膝を故障し2ヶ月離脱。しかし、今夏は好救援に加え、初戦・浜松商業戦(4-2)での勝ち越し打など、打率.478と躍動。このほか、チーム最多タイ9打点を記録した3番池口奏(2年)は、U12代表で大阪桐蔭の前田とバッテリーを組んだ経験を持つ。浜松商業戦で同点打を放った1年生の綱島健太(1年)ら勝負強い打者も揃う。



[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月6日(土) 1回戦 [1日目]
日大三島 3-10 國學院栃木
==========================
⭐️試合結果⭐️國學院栃木が10-3で日大三島に勝利。2年生エース盛永智也(2年)が9回を被安打7・四死球2・奪三振7・146球と好投。6回以降は相手を無安打に抑えた。攻撃陣は計13安打を記録し、4番平井悠馬主将(3年)が4打数1安打2打点、5番鈴木友(3年)が4打数3安打2打点、6番長田悠也(2年)が4打数3安打2打点と活躍。一方、春夏連続出場の日大三島は序盤にエースで4番の松永陽登(3年)らの安打で3点を先制するも、中盤以降は失策などミスが絡み流れを譲った。

[チーム成績] 夏の静岡大会 

【日大三島|夏の静岡大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=0、B=4、C=1
⭐️部員数:83人(19位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.297(43位) [平均.355点]
・総得点  :39点(30位) [平均44.3点]
・平均得点 :6.5点(40位) [平均7.9点]
・総本塁打 :0本(43位) [平均2.8本]
・平均本塁打:0本(43位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :3個(42位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:0.5個(44位) [平均1.8個]
・総犠打数 :23個(4位) [平均14.8個]
・平均犠打数:3.8個(6位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :14点(43位) [平均10点]
・平均失点数:2.3点(39位) [平均1.8点]
・総失策数 :2個(9位) [平均4.4個]
・平均失策数:0.3個(8位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:6試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値



[チーム戦歴] 夏の静岡大会 

⚡️特集ページ:静岡大会の日程・結果

【日大三島の戦歴|夏の静岡大会2022年】
・決勝  :日大三島 8-1 静清
・準決勝 :日大三島  4x-3 掛川西(13)
・準々決勝:日大三島  8-5 q掛川工業
・4回戦 :日大三島  8-3 q城南静岡
・3回戦 :日大三島  7-0 q藤枝明誠(7)
・2回戦 :日大三島  4-2 q浜松商業

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南



[センバツ2022年] 戦歴・結果

日大三島 0-4 金光大阪 ※1回戦
日大三島|000|000|000|=0
金光大阪|300|001|00x|=4

======試合結果・総評レポート========
金光大阪が4-0で日大三島に勝利。エース古川温生(2年)が被安打4・四球4・奪三振9・計138球の好投で完封。攻撃陣は初回に、5番貴島琉惺(2年)の2点タイムリーなどで一挙3点。6回には9番澤田拓磨(2年)のスクイズで1点を追加した。守備では、センター福冨龍之介(1年)の好守備も光った。敗れた日大三島は、わずかヒット4本に終わり無得点。エース松永陽登(2年)は被安打6・四球3・奪三振2の好投を見せるも、5回裏には2死満塁のチャンスの場面で三振に倒れ、反撃の好機を生かせなかった。

[センバツ2022年] チーム紹介

⭐️秋季大会の主な戦歴:静岡大会では、準々決勝・掛川西戦は1点リードされた9回裏に2点を奪って10x-9でサヨナラ勝利。続く準決勝・静岡戦は2-2で迎えた延長10回裏に3番池口奏(1年)のサヨナラ3ラン本塁打で5x-2と、2試合連続でサヨナラ勝利。決勝・聖隷クリストファー戦は7-2で勝利し優勝。東海大会では、初戦・津商業戦は5-2、続く準決勝・大垣日大戦は10-5、決勝・聖隷クリストファー戦は6-3で勝利して初優勝。明治神宮大会では、初戦で強打の九州国際大付と対戦し1-2で惜敗。 【戦歴:静岡大会(優勝)東海大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️チーム紹介サマリー:投打二刀流のエースで4番の松永陽登(2年)に注目。最速140キロ右腕は、秋11試合(計87回2/3)を投げて、防御率2.46・奪三振59(出場投手5位)と好投。静岡・東海・神宮の3大会では、ほぼ一人で投げ抜くなどスタミナも十分だ。打っては、打率.513(出場選手9位)、本塁打2本、打点18(同10位)とチーム三冠王。特に東海大会(全3試合)では、10打数6安打10打点(チーム総得点21の約半分)と爆発し、大垣日大戦では満塁本塁打を記録。このほか、1番京井聖奈(2年)が打率.390・打点7・本塁打2本(静岡大会決勝で先頭打者弾)、3番池口奏(1年)が打率.389・打点12・本塁打2本(静岡戦でサヨナラ3ラン)と力がある。ここぞの場面で起用される”代打の切り札”島田誠也(2年)にも注目だ。守備陣は平均失策数が0.6個(4位)と堅守で、1年生の捕手・野田優磨(1年)は2塁送球タイムが1秒92の強肩を持つ。



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0。打率:.325(18位)、平均得点:6.6点(21位)、本塁打:7本(5位)、平均盗塁数:1.3個(20位)、防御率:2.68点(20位)、平均失点数:2.8(16位)、平均失策数:0.6(4位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:静岡大会(優勝)東海大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️投手力:チーム防御率2.68(20位)。エース右腕の松永陽登(2年)が大黒柱だ。秋11試合(計87回2/3)を投げて、防御率2.46・被安打66・奪三振59(出場投手5位)・与死四球43と力投。明治神宮大会の初戦・九国大付戦(1-2で敗戦)では、強力打線を相手に被安打6・与死四球0・奪三振1・失点2と好投した。最速140キロの直球を持つ松永は、走者を出すものの粘り強い投球が持ち味で、静岡・東海・神宮では、ほぼ一人で投げ抜くなどスタミナも十分。松永は神奈川・小田原出身で毎朝5時に起きて電車で通学する。投手陣はこのほか、背番号5京井聖奈(2年)らも控える。1年生の捕手・野田優磨(1年)は、2塁送球タイムが1秒92の強肩を持つ。守備陣は、1試合平均失策数が0.6個(4位)と堅守も光る。


⭐️攻撃力①:チーム打率.325(18位)、平均得点6.6点(21位)、本塁打7本(5位)。打線を引っ張るのも4番松永陽登(2年)だ。秋は打率.513(出場選手9位)、本塁打2本、打点18(同10位)と好成績を残し”チーム三冠王”。東海大会の3試合では10打数6安打10打点(チーム総得点21の約半分)と爆発し、大垣日大戦では満塁本塁打を記録した。


⭐️攻撃力②:リードオフマンの1番京井聖奈(2年)は打率.390・打点7・本塁打2本(静岡大会決勝で先頭打者弾)を記録。3番池口奏(1年)は打率.389・打点12・本塁打2本(静岡戦でサヨナラ3ラン)を記録し、U12日本代表(カル・リプケン世界大会)では大阪桐蔭の前田悠伍(1年)とバッテリーを組んだ経験を持つ。代打の切り札・島田誠也(2年)は、静岡準々決勝・掛川西戦で9回裏2死満塁(9-9)から代打サヨナラ安打を記録、東海大会・津商業戦でも7回裏2死満塁(3-2)から2点タイムリーを放つなど勝負強い。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):エース松永陽登(2年)は奪三振数=59個(5位)、打率.513(9位)、打点=18点(10位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[チーム成績] 2021年秋成績データ

【秋の戦歴:静岡(優勝)東海(優勝)明治神宮(初戦)
⭐️スポーツ紙評価:A=0、B=5、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.325(18位) [平均.328]
・得点   :73点(10位) [平均69.2点]
・平均得点 :6.6点(21位) [平均7.1点]
・本塁打  :7本(5位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.6本(7位) [平均0.4本]
・盗塁数  :14個(19位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:1.3個(20位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :31(26位) [平均25.6]
・平均失点数:2.8(16位) [平均2.8]
・防御率  :2.68点(20位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.2点(6位) [平均0.3点]
・失策数  :7(13位) [平均8.1]
・平均失策数:0.6(4位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:11戦10勝1敗
※部員数:52人(15位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 2021年秋成績ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
松永陽登 3年 防御率=23位:2.46(計11試合/計87 2/3回)
・松永陽登 3年 奪三振数=5位:59個(計11試合/計87 2/3回)
・松永陽登 3年 奪三振数(1回あたり)=25位:0.68個
・松永陽登 3年 打率=9位:.513(39打数20安打)
・松永陽登 3年 打点=10位:18点(11試合)
・松永陽登 3年 本塁打数=16位:2本(11試合)
池口奏  2年 本塁打数=16位:2本(11試合)
京井聖奈 3年 本塁打数=16位:2本(11試合)
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[戦歴] 明治神宮大会2021年

日大三島(東海) 1-2 九国大付(九州) ※初戦=準々決勝
日大三島|001|000|000|=1
九国大付|011|000|00x|=2

=========================
⭐️試合総評⭐️九国大付が2-1で日大三島に勝利。エース香西一希が初戦のクラーク戦に続いて2試合連続で完投(2試合で計2失点)。9回を投げて、被安打6・与死四球2・奪三振7・失点1(計119球)と好投した。強力打線が持ち味の攻撃陣は、計6安打。2回裏に、4番佐倉・6白井・7番小田原の安打で1死満塁とし、8番香西の犠牲フライで1点を先制。同点に追いつかれた直後の3回裏には、3番大島諄士(九州大会では本塁打なし)のソロ本塁打で1点を勝ち越し、これが決勝点に。敗れた日大三島は、エース松永陽登が強力打線を相手に、9回を完投して被安打6・与死四球0・奪三振1・失点2(計90球)と好投。攻撃陣は、九国大付と同じ計6安打を記録。3回表に、9番野田が安打・1番京井の2塁打でチャンスを作ると、3番池口の犠牲フライで1点を奪った。9回表には、先頭野口がヒットで出塁し犠打で送り1死2塁の場面を作るも、代打島田・8番相原が凡打に倒れた。

[戦歴] 秋季東海大会2021年

聖隷クリストファー(静②) 3-6 日大三島(静①)(岡) ※決勝
クリストファ|110|010|000|=3
日大三島・・|000|402|00x|=6

=========================
⭐️試合総評⭐️日大三島が6-3で聖隷クリストファーに勝利し、初優勝!日大三島は東海地区代表として明治神宮大会に出場する。また、センバツの東海出場校は「2」となり、両校は出場有力に。日大三島は、2点のリードを追いかける4回裏に、9番野田のスクイズで1点、3番池口の安打で2点、4番松永の内野ゴロで1点を奪って4-2と逆転。1点差に詰め寄られた6回裏には、2死2・3塁のチャンスから4番松永の2点タイムリーで6-3と突き放した。投げてはエース松永が3回表途中からロングリリーフし、6回1/3を被安打5・死四球4・奪三振5・失点1と力投。打っては、3打数2安打3打点とこの日も投打で活躍した。敗れた聖隷クリストファーは、背番号10今久留主倭と背番号9塚原の2投手が登板、攻撃陣は計11安打を放つも3点止まりだった。今大会は、2桁背番号の選手の活躍も際立ち、準決勝・準々決勝で最終回9回での逆転劇を2度演じるなど、全員野球を魅せて爽やかな旋風を巻き起こした。


大垣日大(岐②) 5-10 日大三島(静①)(岡) ※準決勝
大垣日大|200|000|210|=5
日大三島|200|044|00x|=10

=========================
⭐️試合総評⭐️日大三島が10-5で大垣日大に勝利し決勝進出。センバツ東海出場枠は「2」となり、日大三島は出場有力に。エースで4番の松永陽登がこの日も投打で活躍した。投げては9回を一人で投げ抜き、被安打8・死四球8・奪三振6・失点5(計169球)と粘投。打者としては6回裏に満塁本塁打を放つなど、4打数2安打4打点を記録。チームは合計13安打10得点、この試合では6番永野陽大が1回裏に同点となる2点タイムリーを含む5打数3安打2打点と活躍した。敗れた大垣日大は、背番号1五島・背番号7山田が交互に登板し、最後は背番号3三松に継投し、計3投手で被安打13を浴びた。チームは10-2と8点差をつけられて迎えた7回表に、先頭の代打高橋慎が3塁打で出塁し、1番河村の安打などで2点を奪いコールドを阻止するなどの粘りもみせた。今大会では、1年生の背番号7山田渓太は投打での活躍が際立ち、この日は1年生の5番米津も4打数2安打3打点と力を見せた。


津商業(三②) 2-5 日大三島(静①)(岡) ※準々決勝=初戦
津商業|100|000|100|=2
日大三島|100|020|20x|=5

=========================
⭐️試合総評⭐️日大三島が5-2で津商業に勝利。エースで4番の松永陽登が先発し、9回を被安打10・四球1・奪三振6・失点2(計119球)と好投。打っては4番として先制タイムリー(同点打)、5回裏には2点タイムリー2塁打(逆転打)を放つなど3打数2安打3打点と、投打での活躍が光った。攻撃陣は4番松永のほか、1点差に詰め寄られた直後の7回裏に2死満塁のチャンスで、代打に送られた背番号13島田誠也が2点タイムリー(5-2)を放つ活躍を魅せた。敗れた津商業は、古田・坪井・中西の3投手が継投し、被安打10・四球4・失点5。攻撃陣は日大三島と同じ10安打を放つも残塁8を記録し、2得点にとどまった。



[戦歴] 秋季静岡大会2021年

【日大三島の戦歴|秋季静岡大会2021年】
・決勝   :日大三島 07-2 聖隷クリストファー
・準決勝  :日大三島 05x-2 静岡(10)
・準々決勝 :日大三島 10x-9 掛川西 

・3回戦  :日大三島 11-0 o三島北(6)
・2回戦  :日大三島 10-1 o藤枝北(7)
—–地区大会—————————-
・代表決定戦:日大三島 3-2 三島南
・1回戦  :日大三島 5-3 富士宮北

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号