《愛工大名電》野球部メンバー2022年⚡️

愛工大名電 野球部メンバー2022年

愛工大名電(愛知) 野球部メンバー 2022年

【秋季愛知大会2022年ベンチ入り選手】
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=

01 笹尾日々喜 右/左 2年 西尾東部
02 秋葉奨太  右/右 2年 古河第二
03 中村咲斗  右/右 2年 みよし南
04 金森洸喜  右/左 2年 大江
05 石見颯真  右/左 1年 守山南
06 河田凌太郎 右/右 2年 岐南
07 寺田純平  右/右 2年 成徳
08 角大和   右/両 2年 豊国
09 小島雄飛  右/右 2年 大治
10 伊東尚輝  右/右 1年 千秋
11 大泉塁翔  左/左 1年 岡崎北
12 石島健   右/右 1年 結城
13 古谷龍斗  左/左 1年 明倫
14 板倉鉄将  右/右 1年 東員第二
15 中島愛斗  右/右 2年 青陵
16 尾藤晃誠  右/右 2年 加納
17 田頭瑠生  右/右 2年 稲沢西
18 加藤蒼惟  右/左 2年 御幸山
19 山口泰知  右/右 1年 桜井
20 宍戸琥一  右/左 1年 笹川
⚡️特集ページ:愛知県大会の日程・結果



[過去] 夏の甲子園2022年メンバー

愛工大名電(愛知) 野球部 夏の甲子園 2022年
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手

【愛知大会の成績】スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0。打率:.423(4位) 、平均得点:9.5点(7位) 、総本塁打:8本(3位) 、平均盗塁数:2.5個(13位) 、平均犠打数:0.8個(49位) 、平均失点数:2点(29位) 、平均失策数:1.2個(37位) [備考:平均は1試合あたり]


===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===
01 有馬伽久  左/左 3年 奈良•田原本中 ⭐️
02 藤山航平  右/右 3年 大阪•摂津一
03 山田空暉  右/右 3年 滋賀•甲良中
04 市橋昂士  右/左 3年 愛知•大府西中
05 大森瑛斗  右/左 3年 三重•玉城中
06 伊藤基佑  右/左 3年 愛知•東郷中
07 石見颯真  右/左 1年 滋賀•守山南中
08 加藤蓮   右/右 3年 愛知•安祥中
09 美濃十飛  右/左 3年 愛知•新川中
10 岩瀬法樹  右/右 3年 愛知•城山中
11 笹尾日々喜 右/左 2年 愛知•西尾東部中
12 今福孝介  左/左 3年 愛知•山田東中
13 秋葉奨太  右/右 2年 茨城•古河二中
14 石村一樹  右/右 3年 愛知•北陵中
15 金森洸喜  右/左 2年 愛知•大江中
16 河田凌太郎 右/右 2年 岐阜•岐南中
17 角大和   右/両 2年 愛知•豊国中
18 石島健   右/右 1年 茨城•結城中




[戦歴•結果] 夏の甲子園2022年

8月18日(木) 準々決勝 [12日目]
08:00 愛工大名電 2-6 仙台育英
==========================
⭐️試合結果⭐️仙台育英が6-2で愛工大名電に勝利。背番号10斎藤蓉(3年)が5回を被安打1・四死球1・奪三振5・失点0と試合を作り、エース古川翼(3年)が残る4回を被安打6・四死球0・奪三振1・失点2の好投で試合を締めた。攻撃陣は計12安打、盗塁3つ、序盤の3回までに5点を奪って主導権を握った。この日も背番号14岩崎生弥(3年)が4打数2安打2打点と活躍が光った。敗れた愛工大名電は、エース有馬伽久(3年)、背番号10岩瀬法樹(3年)とつなぎ、背番号3山田空暉(3年)が5回2/3をロングリリーフ。攻撃陣は計7安打で2得点、最終回に1点を奪う粘りを見せるも及ばなかった。


8月15日(月) 3回戦 [10日目]
13:00 明豊 2-5 愛工大名電
==========================
⭐️試合結果⭐️愛工大名電が5-2で明豊に勝利。エース有馬伽久(3年)が9回を一人で投げ抜き、被安打6・四死球4・奪三振6・計120球で完投。セカンド市橋昂士(3年)やショート伊藤基佑(3年)ら内野陣が再三の好守備で支えた。攻撃陣は計12安打を放ち、打者では6番市橋昂士(3年)が4打数4安打1打点と活躍が光った。敗れた明豊は、エース江藤隼希主将(3年)、背番号11野村颯太(3年)、背番号15森山塁(2年)の3投手が登板。攻撃陣は計6安打に抑えられ、ヒット性の当たりも相手好守に阻まれ、2得点にとどまった。


8月12日(金) 2回戦 [7日目]
10:30 八戸学院光星 5-6x 愛工大名電(10)
==========================
⭐️試合結果⭐️愛工大名電が6x-5(延長10回)で八戸学院光星に勝利。4点を追う7回裏に6番市橋昂士(3年)の2点3塁打などで一挙4点を奪って5-5の同点。迎えた延長10回裏、エース有馬伽久(3年)が3塁打で出塁し、7番美濃十飛(3年)がサヨナラ打を放って決着。投手陣は、有馬伽久(3年)が6回1/3を、岩瀬法樹(3年)が0回2/3を、超スローボールと直球で魅せた山田空暉(3年)がラスト3回を好救援した。敗れた八戸学院光星は、背番号18洗平比呂(1年)が5回を被安打4・四死球3・奪三振4・失点1と好投し、計6投手が登板。攻撃陣は計12安打を記録し、7番佐藤航太(3年)はランニングソロ本塁打を放つ活躍を見せた。


8月7日(日) 1回戦 [2日目]
10:30 愛工大名電 14-2 星稜
==========================
⭐️試合結果⭐️愛工大名電が14-2で星稜に勝利。1回、2回に5点ずつを奪うなど、計15安打で圧倒。7番美濃十飛(3年)が4打数4安打6打点、4番山田空暉(3年)が4打数3安打3打点と活躍が光った。投げては、左腕エース有馬伽久(3年)が8回を被安打11も2失点、最終回は岩瀬法樹(3年)が好救援。敗れた星稜は、マーガード真偉輝キアン(3年)が1回2/3を被安打7・失点9、武内涼太(2年)が5失点、最後1回は1年生左腕の佐宗翼(1年)が継投。攻撃陣は計11安打を放つも、序盤の大量失点が響き流れに乗れなかった。



[チーム紹介] 特長・注目選手など

①ポイント:2年連続14回目。昨夏の甲子園は、初戦で東北学院に3-5で敗戦。現チームは、昨秋は県2回戦敗退、今春は県準優勝(東邦に惜敗)。大会直前の6月に3年生の瀬戸勝登さん(3年)が死去。全員で寄せ書きしたユニホームをベンチに掲げ、一丸となって戦う。


②ポイント:攻撃陣は、チーム打率.423(4位)、全6試合で本塁打8本(3位)、準々決勝までの4試合でコールドと破壊力十分。平均2.5個(13位)の盗塁を決めるなど機動力も高い。主軸を担う3番伊藤基佑(3年)は、準々決勝・豊川戦(9-2 7C)で2ランを含む4打数3安打3打点と活躍。4番山田空暉(3年)は、初戦・半田商業戦(10-0 5C)で2打席連続弾を放った。また、4回戦・同朋戦(16-1 5C)では、エース有馬が満塁弾(本塁打は通算2本目)、9番藤山航平(3年)、1番加藤蓮(3年)が2者連続弾を記録。さらに、市橋昂士(3年)は準決勝・愛知啓成戦で2ランを放つなど、どの打者も一発を放つパワーがある。


②ポイント:投手陣は、最速147キロの左腕エース有馬伽久(3年・がく)が軸だ。決勝・東邦戦(7-4)では、9回を被安打7・失点4で完投。このほか、元中日の岩瀬仁紀氏の長男・岩瀬法樹(3年)らも控える。4番を務める山田空暉(3年)も最速145キロの直球に力がある。女房役の藤山航平捕手(3年)は、昨夏の甲子園を経験。今春に右足骨折も夏に復帰し、準決勝・愛知啓成戦(7-4)では勝ち越し3ランを記録。なお、1学年上の田村俊介(現広島)と明徳義塾中でプレーした。



[チーム成績] 夏の愛知大会 

【愛工大名電|夏の愛知大会2022年成績
⭐️スポーツ紙の評価:A=1、B=4、C=0
⭐️部員数:53人(42位)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率:.423(4位) [平均.355点]
・総得点  :57点(6位) [平均44.3点]
・平均得点 :9.5点(7位) [平均7.9点]
・総本塁打 :8本(3位) [平均2.8本]
・平均本塁打:1.3本(3位) [平均0.5本]
・総盗塁数 :15個(13位) [平均10.3個]
・平均盗塁数:2.5個(13位) [平均1.8個]
・総犠打数 :5個(49位) [平均14.8個]
・平均犠打数:0.8個(49位) [平均2.6個]
⭐️投手/守備力======================
・総失点  :12点(34位) [平均10点]
・平均失点数:2点(29位) [平均1.8点]
・総失策数 :7個(36位) [平均4.4個]
・平均失策数:1.2個(37位) [平均0.8個]
================================
・地方大会で戦った試合数:6試合
・(カッコ)内:全出場校における順位
・平均◯◯の値:1試合あたりの平均値
・右側の[平均]の値:全出場校の平均値

[チーム戦歴] 夏の愛知大会 

【愛工大名電の戦歴|夏の愛知大会2022年】
・決勝  :愛工大名電 07-4 東邦
・準決勝 :愛工大名電 07-4 愛知啓成
・準々決勝:愛工大名電 09-2 豊川(7)
・5回戦 :愛工大名電 08-1 豊田西(7)
・4回戦 :愛工大名電 16-1 同朋(5)
・3回戦 :愛工大名電 10-0 半田商業(5)



[戦歴] 春季東海大会2022年

浜松開誠館(静①) 3-1 愛工大名電(愛②)(刈) ※1回戦
浜松開誠館|110|000|010|=3
愛工大名電|000|001|000|=1

——————————————
⭐️試合総評⭐️浜松開誠館が3-1で愛工大名電に勝利。1回表に3番斎藤健介(3年)の犠牲フライで1点を先制。2回表にはヒット2本と四球から2死満塁とし、1番静内龍之介主将(3年)の安打で1点を追加。その後、1点差に詰め寄られた8回表には、5番山口祥吾(3年)の安打で1点を奪い、3-1とした。投手陣は、背番号1山口祥吾(3年)が5回2/3を被安打6・四球3・奪三振4と粘投し、残るイニングを背番号7静内龍之介主将(3年)・背番号8廣﨑漣(2年)の2人が継投して相手打線を1安打に抑え、チームを勝利に導いた。敗れた愛工大名電は、先発の背番号1栢工力輔(3年)が7回を、背番号10岩瀬法樹(3年)が2回を登板。攻撃陣は7安打を放つも、6回裏に1死満塁から6番有馬伽久(3年)の安打で奪った1点にとどまった。

[戦歴] 春季愛知大会2022年

【愛工大名電の戦歴|春季愛知大会2022年】
・決勝  :愛工大名電 0-3 東邦
・準決勝 :愛工大名電 3-1 星城
・準決勝 :愛工大名電 3-1 星城
・準々決勝:愛工大名電 7-0 愛知商業(7)
・3回戦 :愛工大名電 7-0 豊丘(8)
・2回戦 :愛工大名電 4-3 時習館
——-地区大会————
・代表決定:愛工大名電 02-1 東邦(10)
・3回戦 :愛工大名電 12-3 中京大中京
・2回戦 :愛工大名電 09-0 栄徳
・1回戦 :愛工大名電 11-0 菊華
※地区大会1〜3回:延長・コールド省略



[過去] 夏の甲子園2021年メンバー

◆夏の甲子園=3年ぶり13回目|愛知県大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=4、B=0、C=0。打率:.330(32位)、平均得点:6.7点(36位)、本塁打:1本(32位)、盗塁数:5個(42位)、平均犠打数:2.7(17位)、平均失点:2点(29位)、平均失策数:0.8(31位) ※カッコ内(出場校順位)


◆激戦区”愛知”では、誉・至学館・東邦・中京大中京・享栄を撃破して頂点、3年ぶり13回目の夏の甲子園出場を決めた。攻撃面では、愛知大会6試合でチーム打率は.330(32位)。リードオフマンの1番 利光真之介(3年)が打率.476、背番号13の有馬伽久(2年)がチームトップの打率.667(9打数6安打)と打撃好調だ。


◆注目は、高校通算31本塁打・最速145キロの二刀流・田村俊介主将(3年)だ。決勝・享栄戦では、初回に先発の野崎健太(3年)が2点を先制される展開も、2回表に雷影響で1時間49分の中断。その間に田村はブルペンで肩をつくり、倉野監督に直訴してマウンドへ。4回無失点の好投で、逆転の流れを作った。田村主将は、明徳義塾中出身で(中3時に京都・和田中へ)、「激戦区で自分の実力を試したい」と同校へ進学。また、投手陣を支える2年生の捕手 藤山航平(2年)も同じ明徳義塾中学の出身。2人は18年軟式全国大会で準優勝を経験した。田村が一緒に全国制覇しようと連絡をとり、大阪の中学に転校していた藤山を誘ったという。


◆最速147キロを誇る背番号10 寺嶋大希(3年)は、東邦戦では1失点で完投。準決勝の王者・中京大中京戦では、プロ注目の畔柳亨丞(3年)と投げ合い、1失点で完投勝利。決勝ではリリーフマウンドを任され、優勝投手に輝くなどエース級の活躍を見せた。聖地では、全国区でのブレイクを予感させる右腕だ。最速149キロを誇る背番号11 野崎健太(3年)も揃い、「田村・寺嶋・野崎の3本柱」は大会屈指の投手力を持つ。スポーツ紙の評価はいずれもA評価で、優勝候補の筆頭格として注目される。


==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 田村俊介  3年  左左  和田(京都) ◎
02 藤山航平  2年  右右  摂津一(大阪)
03 三村渓翔  3年  右右  水無瀬(愛知)
04 房野史弥  3年  右右  阿久比(愛知)
05 大森瑛斗  2年  右左  玉城(三重)
06 伊藤基佑  2年  右左  東郷(愛知)
07 宮﨑海   3年  右右  千種台(愛知)
08 利光真之介 3年  右右  多度(三重)
09 加藤蓮   2年  右右  安祥(愛知)
10 寺嶋大希  3年  右右  穂高東(長野)
11 野嵜健太  3年  右右  長久手・北(愛知)
12 松下舜哉  3年  左左  富士松(愛知)
13 有馬伽久  2年  左左  田原本(奈良)
14 川合爽斗  3年  右右  二見(三重)
15 山田空暉  2年  右右  甲良(滋賀)
16 永江慎之介 3年  右左  小泉(岐阜)
17 石村一樹  2年  右右  北陵(愛知)
18 市橋昂士  2年  右左  大府西(愛知)
※野球部員数:54人、◎:主将



[戦歴] 夏の甲子園2021年

◆8/11(水) 愛工大名電(愛知) 3-5 東北学院(宮城) ※初戦
愛工大名電|000|100|110|=3
東北学院|003|020|00x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️初出場の宮城代表・東北学院が、優勝候補の愛工大名電に5-3で勝利。3回裏に2死満塁から7番 山田将生が、走者一掃となる3塁打を放ち3点を先制。5回裏にも、2死から5番大洞・6番木村・7番山田の3連打で2点を追加した。攻撃陣が、相手の田村&寺島の好投手2人を攻め、低めのボールをコンパクトにミートした。投げては、エース伊東大夢が9回を丁寧な投球で、被安打8・死球2と力投し、相手打線を3点に抑えた。メガネがトレードマークの背番号18 学生コーチ直井良偉人の声かけなど、チーム全体が序盤から強者に立ち向かう高い集中力を最後まで発揮した。一方の愛工大名電は、同じく8安打を放つも3点止まり。失策は3つを記録するなど、流れを引き寄せられなかった。8回表には、田村主将が特大のソロ本塁打を放つなど意地もみせた。




[成績] 夏の愛知大会2021年データ

◆スポーツ紙評価:A=4、B=0、C=0
◆打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.330(32位) [平均.351]
・得点   :40点(27位) [平均43.9点]
・平均得点 :6.7点(36位) [平均7.9点]
・本塁打  :1本(32位) [平均3本]
・平均本塁打:0.2本(34位) [平均0.5本]
・盗塁数  :5個(42位) [平均10.9個]
・平均盗塁数:0.8個(43位) [平均2個]
・犠打数  :16(15位) [平均14.1]
・平均犠打数:2.7(17位) [平均2.5]
◆投手/守備力==============
・失点   :12点(33位) [平均10点]
・平均失点 :2点(29位) [平均1.8点]
・失策数  :5(34位) [平均3.6]
・平均失策数:0.8(31位) [平均0.7]
◆参考データ===============
※試合数:6試合
※部員数:54人(41位) [部員数ランキング]
※[平均]:出場49チーム平均


【甲子園出場選手 個人成績ランキング特集】
◆投手部門=========
・寺嶋大希(3年): 奪三振数 27:18位(5試合)

[戦歴] 夏の愛知大会2021年

・決勝・・愛工大名電   8-5 享栄 
・準決勝 愛工大名電 3-1 中京大中京
・準々決勝愛工大名電 7-1 東邦
・5回戦 愛工大名電 10-3 至学館(8)
・4回戦 愛工大名電 4-2 誉
・3回戦 愛工大名電 8-0 杜若(7)

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路