《京都外大西》野球部メンバー2024年⚡️センバツ

京都外大西 野球部 メンバー 特集

京都外大西(京都) 野球部メンバー 2024年

【2024年 センバツ甲子園ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身・⭐️主将==
01 田中遙音  左/左 3年 愛知・春日井市立西部中
02 乾光葵   右/右 3年 奈良・天理市立西中⭐️
03 相馬悠人  右/右 3年 栃木・壬生町立壬生中
04 中辻秀太  右/右 2年 京都・亀岡市立東輝中
05 松岡耀   右/右 3年 京都・城陽市立東城陽中
06 持田諒真  右/右 3年 栃木・小山市立小山城南中
07 清水陽耀  右/右 3年 京都・南丹市立園部中
08 谷春毅   右/右 2年 京都・長岡京市立第二中
09 杉浦智陽  右/右 2年 京都・京都市立八条中
10 田村星夢  右/右 2年 京都•京都市立北野中
11 堀井俊太  左/左 3年 京都・亀岡市立大成中
12 下曽山仁  右/右 2年 京都・京都市立神川中
13 宮本煌大  右/右 2年 京都•京都市立北野中
14 小笹誉晃  右/右 2年 京都・京都市立中京中
15 岡本麗音  右/右 3年 京都・長岡京市立第三中
16 鳴戸宝来  右/左 3年 兵庫・伊丹市立天王寺川中
17 鈴木雄仁  左/左 2年 京都・京都市立大原野中
18 野口絢太郎 右/左 3年 大阪•高槻市立冠中
19 西川空河  右/右 3年 京都•京都市立洛南中
20 北岡祐眞  右/右 3年 兵庫・尼崎市立成良中

00 野球部監督:上羽功晃(プロフィール・経歴)
00 選手名簿 :ベンチ入りメンバー(出身地別)
本日の高校野球選抜日程展望チーム成績個人成績



[戦歴レポート] センバツ2024年

京都外大西 1-7 山梨学院  ※1回戦
京都外大西|010|000|000|=1
山梨学院 |000|102|40x|=7
=====================================
🌸レポート🌸 暴風雨でビニール袋などが空を舞う中、山梨学院が7-1で勝利。投手陣は、背番号11津島悠翔(1年)が6回を被安打4・四死球0・奪三振4・失点1と好投し、その後は背番号1櫻田隆誠(2年)が3回を好救援。攻撃陣は計8安打。1点を負う4回裏、6番横山悠(1年)のスクイズで1-1の同点。6回裏には、6番横山悠(1年)の内野ゴロから1点、7番二村仁功(2年)の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。7回裏には、4番梅村団(1年)の外野ライナー落球(雨風あり)から2点、6番横山悠(1年)の3塁打で2点を追加し、7-1と突き放した。打者では、捕手で6番の横山悠(1年)が計4点に絡む活躍を見せた。敗れた京都外大西は、背番号1田中遥音(2年)が9回を被安打8・四死球6・奪三振2・失点7・計137球と力投。攻撃陣は計5安打。2回表に4番相馬悠人(2年)の安打、5番松岡耀(2年)の2塁打から1死2・3塁とし、内野ゴロから1点を先制するも、その後は得点が奪えなかった。【観客数 : 18,000人】



[チーム紹介] 注目選手など(1/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸センバツ出場:18年ぶり7回目。選考委員会の選考理由「準優勝の京都外大西はエース左腕・田中遥音の変化球が切れ、打線は小技と機動力をうまく絡めてつながりがよく、接戦で勝負強い」


🌸主な戦歴など京都V近畿準V|近畿大会では、初戦・彦根総合(滋③)に7-5(10回TB)、準々決勝・履正社(大②)に10-7(計14安打)、準決勝・耐久(和①) に1-0で勝利し、決勝では大阪桐蔭(大①)に1-2で惜敗し、準優勝。


🌸主な投手陣等チーム防御率:2.04(18位)、平均失点数:2.9点(25位)、平均失策数:1.5つ(29位) 。前田悠伍の大ファンで「前田マニア」を自称するエース田中遙音(2年・ハルト)が大黒柱だ。変化球を活かす緩急自在の鉄腕は、秋公式戦での総奪三振数が59個と出場選手4位を記録。近畿大会では初戦・彦根総合戦で延長10回を5失点、続く準々決勝・履正社戦では9回7失点と力投。さらに、準決勝・耐久戦では11奪三振で完封勝利をおさめた。このほか、決勝・大阪桐蔭戦で先発した最速141キロの背番号3相馬悠人(2年)らが控える。【秋公式戦データ(投球回数順)】①田中遙音(2年)は計70回2/3を投げて、防御率1.53(28位)、奪三振59(4位★)、1回あたりの奪三振数0.83(35位)。②相馬悠人(2年)は計13回1/3を投げて、防御率4.73(65位)、奪三振7(67位)、1回あたりの奪三振数0.53(62位)。[個人ランキング]



[チーム紹介] 注目選手など(2/2)

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

🌸主な攻撃陣等チーム打率:.295(28位)、平均得点:6.5点(19位)、総本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:2.8個(4位★★)。京都大会の決勝・京都国際戦(2-1)では本盗(=持田諒真)を決めるなど、「1試合平均2.8盗塁(4位)」の機動力が武器だ。打線は、5盗塁を決めた1番谷春毅(1年)がリードオフマンとして牽引。続く2番杉浦智陽(1年)は、打率.316・本塁打2(チーム1位)・打点7・盗塁5の好成績を残し、チャンスを演出。クリンナップは、3番松岡耀(2年)が近畿大会の準決勝・耐久戦(1-0)で決勝打となる3塁打を放つなど勝負強い。続く4番相馬悠人(2年)は、打率.436(チーム1位)・本塁打1本・打点14(チーム1位)を記録した「チーム2冠王」。さらに、5番のエース田中遙音(2年)は、準々決勝・履正社戦で最多3安打2打点と活躍した二刀流。下位では、決勝・大阪桐蔭戦(1-2 ●)で唯一の得点となるタイムリーを放った8番持田諒真(2年)が、チーム最多8盗塁(出場選手6位)を決めるなど、足を生かして上位へつなぐ。[個人ランキング]


🌸トピックス等:同校主将として1987年センバツで”英語”を取り入れた選手宣誓を行なった上羽功晃氏(54)が監督を務める。秋季近畿大会で、上羽監督は”パイン飴”をなめていた。



[データ集] 秋公式戦の投打成績

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

【京都外大西|2023年秋季大会における成績】
⭐️スポーツ紙 :A=0、B=5、C=0 (優勝候補アンケート)
・部員数   :45人(22位) (部員数ランキング)
・試合数   :10戦9勝1敗 (戦歴:京都近畿)
⭐️打撃/攻撃力======================
・チーム打率 :.295(28位) [平均.330点]
・総得点   :65点(16位) [平均69.1点]
・平均得点  :6.5点(19位) [平均6.9点]
・総本塁打  :3本(13位) [平均3.1本]
・平均本塁打 :0.3本(15位) [平均0.3本]
・総盗塁数  :28個(5位) [平均17.5個]
・平均盗塁数 :2.8個(4位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力======================
・チーム防御率:2.04(18位) [平均1.93]
・総失点   :29点(23位) [平均24.3点]
・平均失点数 :2.9点(25位) [平均2.4点]
・総失策数  :15つ(29位) [平均9.5つ]
・平均失策数 :1.5つ(29位) [平均0.9つ]
================================
・カッコ内  :(全32校における順位)
・右側の平均 :[全32校における平均]

・項目の平均 :1試合あたりの値 [ランキング集]



[戦歴] 秋季近畿大会2023年(1/2)

⭐️特集ページ:秋季近畿大会 日程・結果

京都外大西(京①) 1-2 大阪桐蔭(大①)(シ) ※決勝
京都外大西|000|000|010|=1
大阪桐蔭 |010|010|00x|=2
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、京都外大西が背番号3相馬悠人(2年)、大阪桐蔭が背番号15森陽樹(1年)。2回裏、大阪桐蔭は8番賀川陽日(2年)の安打で1点を先制。4回裏、大阪桐蔭は2死から失策・四球で2死1・2塁。ここで京都外大西は2人目の背番号1田中遙音(2年・ハルト)に交代し、後続を断つ。5回裏から京都外大西は背番号3相馬悠人(2年)が再びマウンドへ。このあと大阪桐蔭は3番德丸快晴(2年)の安打に失策が絡んで1点を追加し、0-2。このあと京都外大西は背番号1田中遙音(2年・ハルト)に再び交代し、後続を断つ。8回表から大阪桐蔭は2人目の背番号1平嶋桂知(2年)に交代。このあと京都外大西は四球で走者を出すと、9番持田諒真(2年)の安打で1点を返す。9回表、京都外大西は2死から四球・5番相馬悠人(2年)の安打・四球から2死満塁。代打・鈴木雄仁(1年)は、フルカウントまで粘るも内野フライに倒れてゲームセット。大阪桐蔭が2-1で勝利し、優勝!【◆◆活躍メモ◆◆】大阪桐蔭は、最速151キロの背番号15森陽樹(1年・ハルキ)が7回を被安打3・四死球1・奪三振9・失点0・計85球と好投。敗れた京都外大西の背番号1田中遙音(2年・ハルト)は、2人目として2度マウンドに上がり、計4回1/3を被安打2・四死球2・奪三振1・失点0と好投してみせた。優勝した大阪桐蔭は、近畿地区代表として明治神宮大会へ出場する。


耐久(和①) 0-1 京都外大西(京①)(シ) ※準決勝
耐久   |000|000|000|=0
京都外大西|000|001|00x|=1
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、耐久が背番号1冷水孝輔(2年)、京都外大西が背番号1田中遙音(2年)。4回表、耐久は四球2つから1死2・3塁も無得点。6回裏、京都外大西は相手失策から走者を出し、犠打で送って1死3塁のチャンスを作ると、ここで3番松岡耀(2年・ヨウ)が3塁打を放って1点を先制(→これが決勝点)。8回表、耐久は9番岩﨑悠太(2年)の安打などから2死3塁も無得点。9回表、耐久は先頭の4番岡川翔建(2年)が安打で出塁し、2死2塁のチャンスも、後続が続かず。京都外大西が1-0で勝利し、決勝進出!【◆◆活躍メモ◆◆】京都外大西は、背番号1田中遙音(2年・ハルト)が9回を一人で投げ抜き、被安打4・四死球2・奪三振11・失点0・計134球の好投で、相手打線を完封。一方、耐久の背番号1冷水孝輔(2年・シミズコウスケ)も完投し、被安打4・四死球1・奪三振7・失点1・計111球と好投が光った。




[戦歴] 秋季近畿大会2023年(2/2)

⭐️特集ページ:秋季近畿大会 日程・結果

京都外大西(京①) 10-7 履正社(大②)(シ) ※準々決勝
京都外大西|240|000|013|=10
履正社  |100|000|024|=7
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、京都外大西が背番号1田中遙音(2年)、履正社が背番号1髙木大希(2年)。1回表、京都外大西は4番相馬悠人(2年)の3塁打で1点、5番田中遙音(2年)の安打で1点を奪い、2点を先制。1回裏、履正社は内野ゴロから1点を返す。2回表、京都外大西は失策から1点、2番杉浦智陽(1年)の安打で1点、5番田中遙音(2年)の安打で1点、6番中辻秀太(1年)の安打で1点を奪い、6-1とリード。8回表、京都外大西は3番松岡耀(2年)の安打で1点を追加し、7-1。ここで履正社は2人目の背番号11速水聖和(2年・セナ)に交代。8回裏、履正社は内野ゴロから1点、5番足立直緒己(2年)の犠牲フライで1点を返し、7-3。9回表から履正社は3人目の背番号10奥田倫成(2年)に交代。このあと京都外大西は、6番中辻秀太(1年)の安打で1点、9番清水陽耀(2年)の3塁打で1点を追加。ここで履正社は4人目の背番号18藤原僚人(2年)に交代。このあと京都外大西は
ボークから1点を奪い、10-3と突き放す。9回裏、履正社は1番矢野塁(1年)、2番村田駿(2年)、3番近澤賢虎(2年)による3者連続タイムリーで3点を奪い、10-6。さらに、1死満塁から5番足立直緒己(2年)の犠牲フライで1点を返すも、反撃はここまで。京都外大西が10-7で勝利し、4強入り!(=センバツ出場有力に)【◆◆活躍メモ◆◆】京都外大西は、背番号1田中遙音(2年・ハルト)が9回を投げ抜き、被安打11・四死球5・奪三振2・失点7・計167球と熱投。攻撃陣は、完投した5番田中遙音(2年)が最多3安打2打点の活躍を見せるなど計14安打を放ち、強力打線の履正社(計11安打)に打ち勝った。


京都外大西(京①) 7-5 彦根総合(滋③)(10)(シ) ※初戦
京都外大西|110|000|000|50=7
彦根総合 |002|000|000|30=5
=====================================
⭐️試合経過⭐️先発は、京都外大西が背番号1田中遙音(2年)、彦根総合は背番号10吉田康清(1年・コウセイ)。1回表、京都外大西は4番相馬悠人(2年)の2塁打で1点を先制。2回表、京都外大西は四球で出た走者を犠打で送ると、1番谷春毅(1年)の犠牲フライで1点を追加。3回裏、彦根総合は4番後藤悠徳(2年)の2塁打で2点を奪い、2-2の同点。10回表、京都外大西は犠打から1死2・3塁のチャンスを作ると、9番清水陽耀(2年)のスクイズで1点、1番谷春毅(1年)の2塁打で1点、2番杉浦智陽(1年)の安打で1点、4番相馬悠人(2年)の安打で2点を奪い、7-2
。ここで彦根総合は2人目の背番号1海鉾亨哉(1年・カイホコトウヤ)に交代。10回裏、彦根総合は無死満塁から、3番秋山昌広(2年)の2塁打で2点、内野ゴロから1点を奪うも、反撃はここまで。京都外大西が7-5(延長10回TB)で彦根総合に勝利!【◆◆活躍メモ◆◆】京都外大西のエース田中遙音(2年・ハルト)が10回を一人で投げ抜き、被安打12・四死球2・奪三振6・失点5・計151球と力投。攻撃陣は計7安打&盗塁4つ。9回終了時点までヒット3本に抑えられるも、10回表に集中打を発揮。打者では、1番谷春毅(1年)が2打点、4番相馬悠人(2年)が5打数2安打3打点の活躍をみせた。



[戦歴] 秋季京都大会2023年

⭐️特集ページ:京都大会の日程・結果

【京都外大西の戦歴|秋季京都大会2023年】
・決勝戦 :京都外大西 02-1 京都国際 
・準決勝 :京都外大西 08-1 塔南・開建(7)
・準々決勝:京都外大西 08-2 北嵯峨

・4回戦 :京都外大西 09-6 西城陽
・3回戦 :京都外大西 08-5 久御山
・2回戦 :京都外大西 11-0 須知(5)

[出場校一覧] 全32チーム紹介ページ

[日程結果展望注目選手名簿チーム成績個人成績]

北海道1枠】
🌸優勝:北海    (北海道1位) →3年ぶり14回目
          ※補欠校:東海大札幌
東北3(従来+1)
🌸優勝:青森山田  (青森1位) →8年ぶり3回目
🌸準優:八学光星  (青森2位) →5年ぶり11回目
🌸4強:学法石川  (福島3位) →33年ぶり4回目
          ※補欠校:一関学院鶴岡東
関東東京:関東4•東京1•比較1枠】
関東
🌸優勝:作新学院  (栃木1位) →2年連続12回目
🌸準優:山梨学院  (山梨1位) →3年連続7回目
🌸4強:健大高崎  (群馬1位) →2年連続7回目
🌸4強:常総学院  (茨城1位) →3年ぶり11回目
🌸8強:中央学院  (千葉1位) →6年ぶり2回目
          ※補欠校(関東):桐光学園花咲徳栄
東京
🌸優勝:関東第一  (東京1位) →8年ぶり7回目
          ※補欠校(東京):創価
北信越3(=2枠+明治神宮大会1枠)
🌸優勝:星稜    (石川1位) →2年ぶり16回目
🌸準優:敦賀気比  (福井3位) →4年連続11回目
🌸4強:航空石川  (石川2位) →4年ぶり3回目
           ※補欠校:北陸帝京長岡
東海3(従来+1)
🌸優勝:豊川    (愛知2位) →10年ぶり2回目
🌸準優:愛工大名電 (愛知1位) →12年ぶり10回目
🌸4強:宇治山田商 (三重1位) →16年ぶり2回目
          ※宇商が2番目、名電が3番目として選出
          ※補欠校:藤枝明誠県立岐阜商業
近畿6枠】
🌸優勝:大阪桐蔭  (大阪1位) →5年連続15回目
🌸準優:京都外大西 (京都1位) →18年ぶり7回目
🌸4強:京都国際  (京都2位) →3年ぶり2回目

🌸4強:耐久    (和歌1位) →初出場
🌸8強:報徳学園  (兵庫1位) →2年連続23回目

🌸8強:近江    (滋賀1位) →2年ぶり7回目
          ※補欠校:履正社須磨翔風
中国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:広陵    (広島1位) →3年連続27回目
🌸準優:創志学園  (岡山1位) →7年ぶり4回目
          ※補欠校:宇部鴻城高川学園
四国2(従来から中国•四国比較1が減)
🌸優勝:高知    (高知1位) →3年連続21回目
🌸準優:阿南光   (徳島3位) →32年ぶり2回目
          ※補欠校:鳴門明徳義塾
九州4枠】
🌸優勝:熊本国府  (熊本1位) →初出場
🌸準優:明豊    (大分1位) →3年ぶり6回目
🌸4強:神村学園  (鹿児1位) →9年ぶり6回目
🌸4強:東海大福岡 (福岡1位) →7年ぶり3回目
          ※補欠校:大分舞鶴延岡学園
21世紀枠2枠】
🌸別海 (北海道=4強) →初出場
🌸田辺 (和歌山=準優勝、近畿=初戦) →76年ぶり3回目
          ※補欠校:鶴丸仙台一



[各地] 各地の日程•結果を調べる

🔳本日の試合予定・試合結果 [47都道府県]
センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
=====================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井   
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
=====================================
高校生の進路進学先全国「高校別」進路

目次