《関東一高》野球部メンバー2022年⚡️

関東一高 野球部 2022年

関東第一 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季東京都大会2022年ベンチ入り選手】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 栗原黎門  右/右 2年 東京・江戸川区立小岩第三中
02 衛藤冴仁  右/右 2年 千葉・習志野市第七
03 高橋徹平  右/右 1年 東京・昭島市立福島中
04 西川瞬   右/左 2年 東京・江戸川区松江第一中
05 佐々木迅  右/右 2年 長野・池田町立高瀬中
06 市川歩   右/右 1年 東京・新宿区立四谷中
07 堀江泰祈  右/左 1年 千葉・船橋市立法田中
08 松本寿郎  左/左 2年 東京・大田区蒲田中
09 倉品そうたろう 右/右 2年 群馬・前橋市立芳賀中
10 畠中鉄心  左/左 1年 東京・江戸川区立上一色中
11 菊地喬介  左/左 2年 東京・江戸川区立瑞江第二中
12 徳山遼   右/右 2年 東京・足立区立新田中
13 小島想生  右/右 1年 神奈川・検浜市立名瀬中
14 中里駿介  右/左 1年 茨城・つくばみらい市伊奈中
15 大村勝星  右/右 2年 東京・品川区立伊藤学園
16 藤田大輔  右/右 1年 埼玉・ふじみ野市立福岡中
17 熊谷俊之介 右/右 1年 千葉・八街市八街中
18 坂井遼   右/右 1年 千葉・富里市立富里中
19 土田大翔  右/右 2年 茨城・結城市立結城中
20 清水壱星  右/右 2年 埼玉・幸手市幸手中

⚡️特集ページ:東京大会の日程・結果



[過去] 春季関東大会2022年

【春季関東大会2022年ベンチ入り選手】
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=
01 桝川颯太  左/左 3年 千葉市立稲毛
02 富岡大阿  右/右 3年 柏市立柏第二
03 小堀佑真  右/右 3年 葛飾区立青戸
04 須藤彪   右/左 3年 伊勢崎市立第三
05 増尾己波  右/右 3年 稲城市立稲城第二
06 秋葉皓介  右/右 3年 柏市立西原
07 三浦麟   右/左 3年 薦沢市立鶴沼
08 井坪陽生  右/右 3年 八王子市立七国
09 柳瀬冬和  右/両 3年 江戸川区立小岩第二
10 成井颯   右/右 3年 妻孫子市立我孫子
11 清水壱星  右/右 2年 久喜ボーイズ
12 八嶋聡太郎 右/右 3年 大田区立南六郷
13 衛藤冴仁  右/右 2年 習志野第七
14 佐野颯穏  右/両 3年 江竄区立深川第四
15 白井志篤  右/右 3年 葛飾区立新宿
16 髙橋澄   右/右 3年 千葉市リトルシニア
17 髙橋徹平  右/右 1年 西多摩ボーイズ
18 西川瞬   右/左 2年 松江第一




[戦歴] 春季関東大会2022年

関東一高(東①) 1-4 浦和学院(埼①)(清) ※決勝
関東一高|010|000|000|=1
浦和学院|120|000|10x|=4 

——————————————
⭐️試合総評⭐️浦和学院が4-1で関東一に勝利し、2022年春季関東大会のチャンピオン(5年ぶり7度目)!背番号11芳野大輝(3年)が6回を被安打4・四球1・奪三振4・失点1と好投して流れを作ると、その後は背番号10浅田康成(3年)が2回を、最終回は背番号6金田優太(3年)が救援し、強打の関東一打線を抑え込んだ。攻撃陣は、1回裏に5番高山維月(3年)の犠牲フライで1点を先制。同点で迎えた2回裏には、2番伊丹一博(3年)の安打で1点、3番金田優太(3年)の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。終盤の7回裏には6番八谷晟歩(3年)の安打で1点を追加し、4-1とした。敗れた関東第一は、計5安打に抑えられ、2回表に8番衛藤冴仁(2年)の安打で奪った1点にとどまった。投手陣は、先発の背番号1桝川颯太(3年)が2回を、その後は背番号10成井颯(3年)が4回を好投し、背番号11清水壱星(2年)と背番号8井坪陽生(3年)が1回ずつを継投した。


山村学園(埼②) 2-9 関東一高(東①)(7)(清) ※準決勝
山村学園|101|000|000|=2
関東一高|512|000|100|=9

——————————————
⭐️試合総評⭐️関東一が9-2(7回コールド)で山村学園に勝利し、決勝進出。攻撃陣は計13安打。まず1回裏に、3番井坪陽生(3年)の2塁打で1点、失策から1点、5番秋葉皓介(3年)の2塁打で1点、7番西川瞬(2年)の犠牲フライで1点、8番富岡大阿(3年)の2塁打で1点と、一挙5点を奪い逆転。さらに、2回裏には3番井坪陽生(3年)の3塁打で1点、3回裏には2番須藤彪(3年)の2塁打で2点を奪い、8-2。7回裏には、1番柳瀬冬和(3年)の2塁打で1点を奪い、7点差とした。投げては、背番号10成井颯(3年)が7回を投げ、被安打5・死球1・奪三振7・計99球と好投した。敗れた山村学園は、この日が18歳の誕生日の背番号1山田翼(3年)が先発するも1回で降板。その後は、背番号11佐藤実倫(3年)と背番号18西川歩(1年)が継投した。攻撃陣は計5安打に抑えられ、1回表に4番酒井大輝(3年)の安打による1点、3回表に失策による1点の計2点どまり。7回表には無死満塁のチャンスを作るも得点が出来ず、好機をものにできなかった。


関東一高(東①) 10-0 健大高崎(群②)(5)(県) ※準々
関東一高|430|300000|=10
健大高崎|000|000000|=0

——————————————
⭐️試合総評⭐️関東一が10-0(5回コールド)で健大高崎に勝利。計9安打(&本塁打2本)を放ち、序盤から大量リードを奪って試合を決めた。試合時間は1時間13分。まず1回表に、3番井坪陽生(3年)の2塁打で1点、4番増尾己波(3年)の安打で1点、5番秋葉皓介(3年)の2ラン本塁打(初戦に続き今大会2本目)で4点を先制。2回表には、2番須藤彪(3年)の3塁打で1点、3番井坪陽生(3年)の2ラン本塁打(元U15日本代表・高校通算27本目)で7点目。4回表には、相手失策から1点、4番増尾己波(3年)の3塁打で2点を奪い、10-0とした。投げては、エース桝川颯太(3年)が5回を被安打2・四球3・奪三振4・計73球で完封。敗れた健大高崎は、背番号13多田結祐(2年)と背番号10加藤達哉(2年)の2年生の2投手が登板。攻撃陣は、わずか2安打に抑え込まれた。


甲府城西(山②) 0-4 関東一高(東①) (県) ※初戦
甲府城西|000|000|000|=0
関東一|301|000|00x|=4 

——————————————
⭐️試合総評⭐️関東一が4-0で甲府城西に勝利。先発の背番号10成井颯(3年)が、被安打5・四球1・奪三振7・計127球の好投で完封。攻撃陣は1回裏に、3番井坪陽生(3年)の3塁打で1点、4番増尾己波(3年)の安打で1点、内野ゴロの間に1点を奪い、計3点を先制。その後、3回裏には5番秋葉皓介(3年)のソロ本塁打で1点を奪い、計4点を奪った。敗れた甲府城西は、背番号1末木賢也(2年)が被安打5・四死球2・奪三振2・102球の力投をみせ、4回以降は相手打線をわずかヒット1本に抑えこんだ。攻撃陣は計5安打にとどまり得点を奪えなかった。

[戦歴] 春季東京大会2022年

【関東一の戦歴|春季東京都大会2022年】
・決勝戦 :関東一 07-3 二松学舎
・準決勝 :関東一 08-5 帝京
・準々決勝:関東一 08-2 日体大荏原
・4回戦 :関東一 11-0 郁文館(5)
・3回戦 :関東一 07-0 紅葉川(7)
・2回戦 :関東一 vs 農大一 ※不戦勝



[過去] 秋季東京大会2021年

【秋季東京都大会2021年ベンチ入り選手】
=背番号・名前・投打・学年・出身中学=
01 成井颯   右/右 2年 妻孫子市立我孫子
02 富岡大阿  右/右 2年 柏市立柏第二
03 玉田雄也  右/右 2年 板橋区立高島第一
04 須藤彪   右/左 2年 伊勢崎市立第三
05 増尾己波  右/右 2年 稲城市立稲城第二
06 秋葉皓介  右/右 2年 柏市立西原
07 三浦麟   右/左 2年 薦沢市立鶴沼
08 井坪陽生  右/右 2年 八王子市立七国
09 金子元   左/左 2年 さいたま市立岩槻
10 桝川颯太  左/左 2年 千葉市立稲毛
11 衛藤冴仁  右/右 1年 習志野第七
12 白井篤   右/右 2年 葛飾区立新宿
13 八嶋聡太郎 右/右 2年 大田区立南六郷
14 小堀佑真  右/右 2年 葛飾区立青戸
15 佐野颯穏  右/右 2年 江竄区立深川第四
16 中村哲   右/右 2年 市川市立第一
17 柳瀬冬和  右/左 2年 江戸川区立小岩第二
18 田野裕真  左/左 2年 堺市立泉ヶ丘東
19 西川瞬   右/左 1年 松江第一
20 福田千空  右/右 1年 足立区第四




👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路