《注目選手》夏の甲子園2022年⚡️ドラフト候補 徹底特集

夏の甲子園2022年 注目選手

夏の甲子園2022年 注目選手・ドラフト候補
日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

夏の甲子園2022年 注目選手を徹底特集
・注目選手・ドラフト候補(サマリー)
・注目選手(打者&投手) 49代表校一覧リスト

注目選手サマリー (北海道〜関東) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️北海道・東北地区:強力打線を持つ札幌大谷にあって最速148キロを持つサウスポー森谷大誠(3年)、旭川大高の投打二刀流が武器の背番号7山保亮太(3年・さんぽ)、八戸学院のエース洗平歩人主将(3年)比呂(1年)の左右投手兄弟、能代松陽のライアン投法が魅力のエース三浦凌輔(3年)、チーム10本塁打を放った一関学院の3試合連続弾男の4番後藤叶翔(3年)、決勝以外を無失点に抑えた鶴岡東の投手陣を引っ張るエース小林廉(3年)、投手王国・仙台育英の最速145キロ左腕エース古川翼(3年)、聖光学院からは高いキャプテンシーを持つ赤堀颯主将(3年)とエース佐山未來(3年)らに注目だ。


⭐️関東地区:上位進出を狙う明秀日立のエース猪俣駿太(3年)と二刀流の石川ケニー主将(3年)、國學院栃木のサヨナラ男・4番平井悠馬主将(3年)とエース盛永智也(2年)、30年ぶりの聖地に導いた樹徳の最速145キロエース亀井颯玖(3年)、浦和学院を完封した聖望学園のエース岡部大輝(3年)、市立船橋の「森本ツインズ」左腕エース森本哲星(3年=弟)と3番森本哲太(3年=兄)、激戦神奈川を制した横浜高校の左腕杉山遥希(2年)と1番緒方漣(2年)ら。また、上位を狙う山梨学院からは、榎谷礼央(3年)山田悠希(3年)のW右腕のほか、1番鈴木斗偉(3年)・5番相澤秀光主将(3年)・3番岩田悠聖(3年)らの好打者。東京からは、二松学舎の3番瀬谷大夢(3年)と1年生片井海斗(1年)の強打者に加えて、辻大雅(3年)布施東海(3年)の両好左腕。強打の日大三高では3番富塚隼介(3年)と沖縄出身の5番金沢海斗(3年)、左腕エース松藤孝介(3年)矢後和也(3年)らに注目だ。



注目選手サマリー (北信越〜近畿) 

⭐️北信越・東海地区:最速150キロを持つプロ注目の日本文理のエース田中晴也(3年)、ノーシードから夏聖地を掴み取った佐久長聖の主将で4番の寺尾拳聖(3年)、壮絶な打ち合いを制した高岡商業の4番近藤祐星主将(3年)ら。また、好投手が揃う星稜からはマーガード真偉輝キアン(3年)と最速148キロ右腕の武内涼太(2年)、星稜中学で全国優勝した佐宗翼(1年)にも注目だ。このほか、敦賀気比のエースで4番の上加世田頼希(3年)、日大三島のエースで4番の松永陽登(3年)はともに投打の柱。愛工大名電の最速147キロの左腕エース有馬伽久(3年)藤山航平捕手(3年)のバッテリー、県立岐阜商業の最速147キロの井上悠(3年)と最速145キロの小西彩翔(3年)の2枚看板と大型スラッガー4番伊藤颯希主将(3年)、三重高校では昨夏エースナンバーを背負った上山颯太(3年)らに注目。


⭐️近畿地区:近江からはエースで主将の山田陽翔(3年)、控え左腕の星野世那(3年)、小柄な好打者清谷大輔(2年)、女房役の8番大橋大翔(3年)ら。コロナ辞退から再び聖地を掴んだ京都国際のエース森下瑠大(3年)、投打二刀流の平野順大(3年)ら昨夏4強メンバーにも注目。強打を誇る天理からは3番戸井零士主将(3年)とJリーグで活躍した父を持つ4番内藤大翔(3年)に加えて、一発力のある1年生の2番松本大和(1年)、高身長の安定感あるエース南澤佑音(3年)ら。優勝候補・智辯和歌山からは、最速144キロのエース塩路柊季(3年)と最速149キロの武元一輝(3年)、いずれも一発力のある1番山口滉起(3年)・3番渡部海(3年)・4番岡西佑弥主将(3年)ら。絶対王者の大阪桐蔭からは、最速148キロの川原嗣貴(3年)、最速150キロの別所孝亮(3年)、最速148キロ左腕の前田悠伍(2年)のほか、1番伊藤櫂人(3年)、3番松尾汐恩(3年)、4番丸山一喜(3年)、5番海老根優大(3年)らに注目。旋風を予感させる地元兵庫から初出場の社(やしろ)からは、最速147キロのエース芝本琳平(3年)と背番号10堀田柊(3年)、堅守&好打の3番福谷宇楽(3年)らに注目。



注目選手サマリー (中国〜九州) 

⭐️中国・四国地区:中国王者の創志学園からは最速147キロ右腕の岡村洸太郎(3年)、激戦区広島を強打で48年ぶりに制した盈進(えいしん)の身長164cmの3番秋田浩侑(3年)、鳥取商業の山根汰三(2年)と直球に威力のあるエース岩﨑翔(3年)、浜田で勝負強い打撃を持つ5番岡海善主将(3年)、下関国際からは最速140キロ超えの「3本の矢」エース古賀康誠(3年)、背番号6の仲井慎(3年)松尾勇汰(3年)ら。また、高松商業からは高校通算64本塁打を誇る屈指のスラッガー浅野翔吾主将(3年)、鳴門の左腕エースでU18候補の冨田遼弥(3年)、明徳義塾からは技巧派左腕の吉村優聖歩(3年)と勝負強い6番池邉由伸主将(3年)、接戦を制し初出場を決めた帝京第五からはチーム1の打点・打率を記録した3番岩来太陽(3年)ら。


⭐️九州地区:九国大付からは抜群の制球力を持つエース香西一希(3年)、急成長中の2年生右腕の池田悠舞(2年)、世代を代表するBIGな男・佐倉俠史朗(2年)、捕手投手を兼ねる野田海人主将(3年)、U18候補の3番黒田義信(3年)らに注目。また、春夏連続出場の有田工業からはエースで1番も任される塚本侑弥(3年)、長崎・海星からは最速147キロの宮原明弥(3年)向井恵理登(3年)のW右腕、九州学院からはヤクルト村上宗隆の弟・4番村上慶太(3年)とエース直江新(2年)ら。強打健在の明豊からは竹下聖人(3年)宮崎元哉(3年)嶽下桃之介(3年)ら。このほか、宮崎・富島が誇る最速148キロの本格派右腕エース日髙暖己(3年)、大島の大野と決勝で投げ合いを演じた鹿児島実業の左腕エース赤嵜智哉(3年)、沖縄・興南からは最速147キロのエース生盛亜勇太(3年)安座間竜玖(3年)、3試合連続弾の禰覇盛太郎主将(3年)らに注目だ。



目次

※目次は「非表示」の設定が可能※

[詳細] 注目選手 (北海道・東北地区) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️北北海道旭川大高:投打二刀流の背番号7山保亮太(3年・さんぽ)は、身長184cm・最速143キロの直球を持ち、準決勝・クラーク戦(4-2)では6安打2失点で完投。1回戦・帯広緑陽戦(5-0)では先発9人全員から14奪三振を記録。打っては5番を担い、決勝では3安打3打点と活躍したほか、旭川地区予選・富良野戦では3ランを記録。


⭐️南北海道札幌大谷:エース左腕の森谷大誠(3年)は、身長172cmと小柄ながら最速148キロの直球を持つ。4試合23回を投げて自責点はわずか2。決勝では9回を被安打5・失点2で完投、札幌静修戦では8回参考ながらノーヒットノーラン(計15奪三振)を達成。強力打線を率いるリードオフマンの1番飯田星哉(3年)は打率5割を記録し、兄の柊哉は2019年センバツでは主将として活躍。


⭐️青森八戸学院光星:主将でエースの洗平歩人(3年)は、最速144キロの直球を持つサイドスロー右腕。弟・洗平比呂(1年)と共に投手陣を引っ張る。5番織笠陽多(3年)は、決勝・八戸工大一戦(6–5)では先制打とソロ本塁打、準々決勝・東奥義塾戦(7-4)では逆転満塁弾を記録。1年秋から背番号6を背負う3番中澤恒貴(2年)は、3回戦・弘前東戦(2-1)で勝ち越しソロ弾を記録した。


⭐️岩手一関学院:1回戦〜準決勝までの5試合を「0封」した投手陣の柱をなす右アンダースローの小野涼介(2年)は、準々決勝・盛岡大附戦(8-0 7C)で被安打4で完封。5月から下手投げに転向し制球力が向上。10本塁打を放ったチームの4番後藤叶翔(3年)は、盛岡大附戦で先制2ランを放つなど3試合連続本塁打を記録した強打者だ。


⭐️秋田能代松陽:現校名では初出場となるチームの右腕エース三浦凌輔(3年)は、足を高くあげるライアン投法から最速144キロの直球を繰り出す。今夏の秋田大会では全試合で先発し、決勝・秋田南戦では6安打3失点(141球)で完投。


⭐️山形鶴岡東:決勝以外を0封した投手陣を引っ張るエース小林廉(3年)は、制球力の高い右サイドスロー右腕で、昨夏から背番号1。小林と同じ長野県佐久市出身で捕手で2番土屋奏人(3年)は、準々決勝・羽黒戦では先制2ランを記録した。


⭐️宮城仙台育英:投手王国のチームを牽引する左腕エース古川翼(3年)は、最速145キロの直球を持ち、決勝・聖和学園戦では4回から登板して被安打2・奪三振10と好投。主に先発を任される最速145キロの高橋煌稀(2年)は、初戦・柴田戦や仙台商業戦、準々決勝・ウェルネス戦、決勝でも先発を任されるなど信頼が厚い。


⭐️福島聖光学院:高いキャプテンシーを持つ赤堀颯主将(3年)は、1番打者として打率.500・全試合で安打を記録。準々決勝・日大東北戦(9-5)では、逆転打を放った。右腕エース佐山未來(3年)は、春の肉離れ影響で本調子ではないものの、決勝・光南戦は被安打10も3失点で完投し、優勝の輪では気が抜けて倒れかけた。



[詳細] 注目選手 (関東地区) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️茨城明秀日立:最速140キロ台中盤の直球を持つ本格派右腕のエース猪俣駿太(3年)と、主に救援を任されるハワイ生まれの石川ケニー主将(3年)の2枚看板に注目。ウェイトで鍛え上げられた攻撃陣では、主軸を担う3番佐藤光成(3年)が決勝・土浦日大戦(4x-2)がサヨナラ弾を記録した。


⭐️栃木國學院栃木:主将で4番の平井悠馬(3年)は、準決勝・作新学院戦(6x-5 延長10回)で劇的なサヨナラ弾を記録。3番小木曽凱虎(ときとら・3年)は、3回戦・栃木工戦(2x-1)ではサヨナラ本塁打、決勝では5回表に逆転2ラン本塁打を記録。また、1年秋から背番号1を背負う盛永智也(2年)は、最速145キロの直球を持ち、作新学院戦では延長10回を160球で完投した。


⭐️群馬樹徳:30年ぶりにチームを聖地に導いた最速145キロの右腕エース亀井颯玖(3年・りゅうく)は、全6試合で先発、群馬大会をほぼ全て1人で投げ抜いた鉄腕。準々決勝・前橋育英(6-0)では、6連覇を目指す相手を被安打7で完封。


⭐️山梨山梨学院:U18候補で最速144キロのエース榎谷礼央(3年)は、祖父・父に続き3代連続での聖地。最速142キロの山田悠希(3年)は、準々決勝・駿台甲府戦(7-1)で11奪三振、準決勝・東海大甲府戦では6回途中までを無失点と、計13回を投げて奪三振21・失点0と好投。打者では、U18候補の1番鈴木斗偉(3年)、4番高橋海翔(2年)、兄も同校主将を務めた5番相澤秀光主将(3年)ら好打者が揃う。怪我から本格復帰した3番岩田悠聖(3年)は、決勝で2ラン含む3安打5打点、大会を通じて15打点を記録した。


⭐️埼玉聖望学園:最速142キロのエース岡部大輝(3年)は、優勝候補本命の浦和学院との決勝(1-0)では、4安打の完封の好投で、チームを13年ぶりに聖地に導いた。岡本幹成監督は「一生に一度の投球」と絶賛。攻撃陣は安打を放つと「スペシウム光線のポーズ」を決める。


⭐️千葉市立船橋:鳥取出身の「森本ツインズ」に注目。決勝・木更津総合戦(13-6)では、最速143キロの左腕エース森本哲星(3年=弟)が6失点完投、打っては5打数4安打4打点と活躍。3番森本哲太(3年=兄)は9回にランニングホームランを放った。名前には「星と太陽のように輝く存在になってほしい」との思いが込められている。チームは戦国千葉を接戦で勝ち上がった。


⭐️神奈川横浜高校:最速140キロの左腕エース杉山遥希(2年)は、決勝・東海大相模戦(1x-0)では2安打完封、2塁を踏ませぬ圧巻の投球を繰り広げた。1番緒方漣(2年)は、昨夏の甲子園の1回戦・広島新庄戦(3x-2)では、甲子園史上初となる1年生での逆転サヨナラ3ランを記録。今夏の準々決勝・藤沢翔陵戦(8-1 7C)では4安打4打点と活躍するなど、チームを勢い付けるリードオフマンだ。


⭐️東東京二松学舎:3番瀬谷大夢(3年)は、高校通算38本塁打の強打者で、3回戦・立教池袋戦では2ランを記録。新星の片井海斗(1年)は、5回戦以降は4番を任され、準決勝・帝京戦(7-4)ではソロ本塁打を含む3安打2打点と活躍。最速143キロの左腕エース辻大雅(3年)は、高一の3月に肘を疲労骨折も今夏の東東京大会では背番号1で躍動。このほか、背番号18重川創思(2年)に加えて、センバツ時は背番号1の布施東海(3年)も好投手だ。


⭐️西東京日大三:強打を誇るチームの3番富塚隼介(3年)は、ヤクルト山田哲人に憧れを持ち、準々決勝・桜美林戦(9-1 8C)でソロ本塁打を記録。沖縄出身の5番金沢海斗(3年)は、4回戦・明星学園戦(24-3 5C)では本塁打を含む4安打4打点と活躍。左腕エース松藤孝介(3年)は、5回戦・創価戦(8-1)と決勝・東海大菅生戦(6-2)で完投。昨秋4強入りの立役者である矢後和也(3年)も怪我から回復し、聖地での復活が期待される。



[詳細] 注目選手 (北信越・東海地区) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️長野佐久長聖:主将で4番の寺尾拳聖(3年)は、決勝では4打数3安打1打点と活躍し、大会を通じて計10打点。チームは、昨秋2回戦敗退、今春は地区大会の初戦で敗退も、どん底の成績からチームを頂点に導いた。


⭐️新潟日本文理:エース田中晴也(3年)は、最速150キロの直球を持つプロ注目右腕で、6試合中4試合に登板。準々決勝・新潟戦(3-1)では14奪三振。その後に右手人差し指に血豆ができるも、決勝・帝京長岡戦(2x-1延長11回)は、3安打1失点の9奪三振で完投。今夏の新潟大会では満塁弾も放った投打二刀流だ。


⭐️富山高岡商業:昨夏の甲子園を経験した4番近藤祐星主将(3年)は、決勝で大会2本目の本塁打を記録、打率はチーム1位の6割を記録した。また、背番号3川尻啓人(3年)は最速141キロの直球が武器で、エース桑名勝(3年)は直球と負けん気が持ち味だ。


⭐️石川星稜:マーガード真偉輝キアン(3年)と武内涼太(2年)の2枚看板に注目だ。マーガードは沖縄・宜野湾ポニーズ出身で、元U15代表。2回戦・金沢商業戦(10-0 5C)では5回参考ながらノーノーを達成。ヤクルト奥川に憧れを持つ武内涼太(2年)は、最速148キロの直球に力があり、3回戦・小松工業戦(4-0)で完封。星稜中学で全国優勝した佐宗翼(1年)も控える。


⭐️福井敦賀気比:エースで4番の上加世田頼希(3年)と捕手の渡辺優斗(3年)に注目だ。2人は中学時代からチームメイトで、共にU15代表を経験。春以降、上加世田頼りのチームからの脱却を目指すため、春山陽登(3年)が新たに主将に就任し、チームをまとめる。


⭐️静岡日大三島:春夏連続出場の原動力となったエースで4番の松永陽登(3年)に注目だ。序盤の山場となった3回戦・藤枝明誠戦(7-0 7C)では、7回を被安打2と好投。準々決勝・掛川工業戦(8-5)では、5打数4安打5打点と活躍するなど、投打のキーマンだ。背番号5京井聖奈(3年)は、接戦での好救援に加え、初戦・浜松商業戦(4-2)では勝ち越し打を記録するなど欠かせぬ存在感を示す。


⭐️愛知愛工大名電:最速147キロの左腕エース有馬伽久(3年)は、決勝・東邦戦(7-4)では被安打7・失点4で完投。投手陣には、元中日の岩瀬仁紀氏の長男・岩瀬法樹(3年)も控える。昨夏も経験した藤山航平捕手(3年)は、準決勝・愛知啓成戦(7-4)では勝ち越し3ランを記録。また、3番伊藤基佑(3年)は準々決勝・豊川戦(9-2 7C)で2ランを含む4打数3安打3打点、4番山田空暉(3年)は初戦・半田商業戦(10-0 5C)で2打席連続弾を記録した。


⭐️岐阜県立岐阜商業:投手陣は、最速147キロのエース井上悠(3年)と最速145キロの背番号10小西彩翔(3年)が柱。打者では、4番伊藤颯希主将(3年)が185cm•95kgの体格を持ち、4回戦・岐阜総合戦では場外弾(通算24本目)を放つなど本塁打2本を記録した。


⭐️三重三重高校:昨夏の甲子園では2年生ながらエースナンバーを背負った上山颯太(3年)に注目だ。140キロ台中盤の直球を持ち、昨夏の甲子園・樟南戦で完封勝利。その後、秋季東海大会で右肩を痛め、今春も県大会を欠場。万全ではない中でも、今夏は全6試合で先発してチームを聖地に導いた。



[詳細] 注目選手 (近畿地区) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️滋賀近江高校:昨夏4強・今春準Vの原動力となった主将でエースの山田陽翔(3年)は、最速149キロの直球を持ち、全5試合中3試合(2試合完投)に登板し、計22回を奪三振28・自責点1。3回戦・甲西戦(12-1 5C)で満塁弾を記録した。左腕の星野世那(3年)らの控え投手の活躍にも期待だ。打者では、清谷大輔(2年)、中瀬樹(3年)が打率4割超えで、女房役の8番大橋大翔(3年)は決勝ではソロ本塁打を記録するなどここぞの場面で勝負強い。


⭐️京都京都国際:エース森下瑠大(3年)は肘付近の炎症から、登板を再開したのは6月後半。今夏は、準決勝・乙訓戦(5-3)で初登板。決勝・龍谷大平安戦(6-1)では、6回を4安打1失点と好投。決勝では、逆転2ラン(今大会3本塁打目)を放つなど、チームを春夏連続の聖地へ導いた。昨夏4強の主力を担った武田侑大(2年)・辻井心主将(3年)らは長打力のある好打者で、最速145キロの直球を持つ二刀流の平野順大(3年)は3回戦・京都両洋戦(12-2 6C)で3ラン本塁打を記録した。


⭐️奈良天理:3番戸井零士主将(3年)とJリーグで活躍した父を持つ4番内藤大翔(3年)が打撃の中心。このほか、1年生コンビの2番松本大和(1年)・7番大谷汰一(1年)にも注目で、特に2番松本大和(1年)は奈良大会で2本塁打を記録。安定感のあるエース南澤佑音(3年)は、昨夏・昨秋と2度敗れた高田商業との準決勝(7-0 7C)で、7回を被安打2で完封した。


⭐️和歌山智辯和歌山:投手陣は、最速144キロのエース塩路柊季(3年)と最速149キロの武元一輝(3年)の2枚看板に注目だ。打者では、昨夏は右肘骨折で甲子園で登録外となった1番山口滉起(3年)は、準々決勝・日高中津戦(15-1 5C)で満塁弾を放つなど計3本塁打。昨夏から正捕手を務める3番渡部海(3年)は、準々決勝で3ラン、決勝で本塁打2本(ソロ・2ラン)を放つなど15打数9安打7打点、本塁打3本と好調。4番岡西佑弥主将(3年)は、3回戦・向陽戦(7-0 7C)で満塁本塁打を記録。


⭐️大阪大阪桐蔭:最速148キロのエース川原嗣貴(3年)、最速150キロの別所孝亮(3年)、勝負所で先発を任される最速148キロ左腕の前田悠伍(2年)ら上位進出に不可欠な好投手が揃う。一発力もある攻撃陣は、1番伊藤櫂人(3年)が2本塁打、3番松尾汐恩(3年)が3本、4番丸山一喜(3年)と俊足が武器の5番海老根優大(3年)がともに1本ずつ記録。このほか、星子天真主将(3年)、田井志門(3年)ら下位まで好打者がズラリと揃う。


⭐️兵庫社(やしろ):最速147キロのエース芝本琳平(3年)と、明石商業を1安打完封した背番号10堀田柊(3年)は、大会屈指の2枚看板だ。高い投手力と堅守が持ち味で、全7試合で失点はわずか7点。3番福谷宇楽(3年)は、打率.520・打点12と好調で、準々決勝・明石商業戦で2ラン、決勝・神戸国際大附戦では延長14回表に勝ち越し打を放ち、守ってはショートで堅守を魅せる。



[詳細] 注目選手 (中国・四国地区) 

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️岡山創志学園:男気あふれるエース岡村洸太郎(3年)は、最速147キロを誇る大会屈指のサイドスロー右腕だ。同校OBの西純矢(阪神)に憧れ、山口県から入学。1年冬から現在の右横から投げ込む投球フォームに変更し、制球力と球威を磨き上げてきた。全5試合をほぼ1人で投げ抜くなどスタミナも十分だ。


⭐️広島盈進(えいしん):身長164cmの3番秋田浩侑(3年)は、決勝・尾道戦(9-4)で3打数3打点を活躍し、打率.615・打点10とチームを牽引。父は安芸高田市の円浄寺の住職。決勝を含めて6試合で先発した向井勇(3年)は、昨夏も背番号11を背負い、4回戦までの全試合で先発するなど経験が豊富だ。


⭐️鳥取鳥取商業:山根汰三(2年)とエース岩﨑翔(3年)の両右腕とその継投策に注目だ。山根→岩崎→山根→岩崎と小刻みな継投が勝利の方程式となる。特に、長身のエース岩崎は、ストレートに威力がある本格派右腕として注目を集めそうだ。


⭐️島根浜田高校:キャプテンの5番岡海善(3年)は、勝負強い打撃が持ち味。準々決勝・益田東(11-10)では、壮絶に打ち合う試合展開の中で、勝ち越し打を記録。準決勝・三刀屋戦(5-2)では初回に満塁から走者一掃の2塁打を放ったほか、決勝・飯南戦(9-4)では9回にソロ本塁打を放つなど3安打3打点と活躍。


⭐️山口下関国際:最速140キロ超えの直球を持つ「3本の矢」に注目。エース古賀康誠(3年)、背番号6の仲井慎(3年)、松尾勇汰(3年)は、いずれも球威と制球力が高い。多くは、第100回の夏の甲子園で8強入りした同校に憧れて入学。自らも舞台で旋風を巻き起こす。


⭐️香川高松商業:大会屈指のスラッガー浅野翔吾主将(3年)に注目だ。主に1番を任され、決勝・英明戦(6-4)では高校通算64本目となる3ランを含む3打数3安打3打点(2四球)と活躍。初戦・坂出戦(14-3 5C)、準決勝・丸亀戦(11-5)では、共に先頭打者弾を放ち、全5試合で本塁打3本。中学時代はU15代表を経験し、強靭な肉体と50m5.9秒の俊足を持ち、遠投は110mと、身体能力が高い。


⭐️徳島鳴門高校:U18候補の左腕エース冨田遼弥(3年)に注目だ。最速144キロの直球を持ち、今夏は全4試合計28回を一人で完投。決勝・鳴門渦潮戦(6-1)は9回を1失点に抑え、春夏連続の聖地へと導いた。今春センバツの初戦では、強打の大阪桐蔭と対戦して1-3で惜敗するも、失点3・奪三振8と好投し、注目を集めた。


⭐️愛媛帝京第五:昨秋・今春の愛媛大会は共に1回戦敗退も、夏はノーシードから愛媛の頂点に。初出場がかかる決勝・新田戦(6-4)では、ロングリリーフした国方蓮(2年)が7回2/3を2失点と粘投。競り合いを制した攻撃陣では、3番岩来太陽(3年)がチームトップの打率.478・打点7と好調だ。


⭐️高知明徳義塾:左腕の吉村優聖歩(3年・ゆうせふ)と矢野勢也(3年)の2枚看板に注目だ。吉村は初戦・土佐戦(7-0 7C)を3安打完封、矢野は準々決勝・梼原戦(4-1)を被安打4で完投するなど、共に安定感がある。打者では、キャプテン6番池邉由伸(3年)が勝負強く、準決勝・高知中央戦(4-3)では、6回に逆転2ランを記録したほか、決勝・高知戦ではリードを許された展開の中で同点打を放った。



[詳細] 注目選手 (九州地区)

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号

⭐️福岡九国大付:センバツ8強の立役者である小柄な左腕エース香西一希(3年)は、抜群の制球力が持ち味。また、成長著しい2年生右腕の池田悠舞(2年)は、香西が5回戦から戦線離脱すると、5回戦以降の全試合で先発し、計34回を防御率1.59と好投。5回戦・福岡工大城東戦(1-0)では4安打完封、決勝・筑陽学園戦(1-0)では3安打で完封した。打者では、BIGな男・佐倉俠史朗(2年)が打率.500、本塁打3本(高校通算21本)、打点17と躍動。捕手との二刀流・野田海人主将(3年)は、準決勝・小倉工業戦(9-4)で5回を無失点と好救援し、準々決勝・東筑戦(10-4)では3ランと活躍。このほか、U18候補の3番黒田義信(3年)や小田原義(3年)も好打者として注目だ。


⭐️佐賀有田工業:エースで1番打者も任される塚本侑弥(3年)に注目だ。準々決勝・佐賀学園戦(11-1 5C)は1失点完投、準決勝・東明館戦(4-3)は5安打3失点と好投し、決勝・神埼清明戦(3-2)は5安打2失点で完投。このほか、今春センバツで2打点を挙げた上原風雅主将(3年)、パキスタン出身でプロゴルファーの父を持つ4番の角田貴弘(2年)は、勝負強い打撃が持ち味だ。


⭐️長崎海星:加藤慶二監督は「ウチの売りは2人のピッチャー」と語る。エース宮原明弥(3年)は最速147キロを持つ本格右腕で、向井恵理登(3年)は準決勝・大崎戦(5-2)で完投勝利。打者では、1年秋から4番を任される森誠太(3年)が、決勝・創成館戦(9-2)で3ラン本塁打(通算26本目)を放つなど4打数3安打3打点と活躍した。


⭐️熊本九州学院:ヤクルト村上宗隆の弟・4番村上慶太(3年)に注目だ。兄は、2•3年夏と決勝で秀岳館に惜敗。今夏の決勝・秀岳館戦(6-0)では、慶太が先制打を放って、チームを勢いづけた。また、5番松下翔(3年)は、決勝では3安打2打点(本塁打が出ればサイクル達成)と活躍したほか、準決勝・東海大星翔戦(4-3)で逆転打を記録するなど勝負強い。エース直江新(2年)は、最速140キロ台の直球を持ち、決勝・秀岳館戦では被安打4・奪三振10で完封した。


⭐️大分明豊:春以降に左手骨折の怪我に見舞われるも復活を遂げた3番竹下聖人(3年)は、打率6割超えで、3本塁打を記録。下級生時代から活躍する2番宮崎元哉(3年)は準々決勝・鶴崎工業戦で3ラン、4番嶽下桃之介(3年)は秋季九州大会の前原戦(沖縄)で本塁打2本を放つなど打線を引っ張る。投手陣は、165cm左腕の坂本海人(3年)に安定感があり、準決勝・決勝で先発し、決勝・大分舞鶴戦は6回を被安打4失点3と好投。エースで主将の江藤隼希(3年)は体調不良で離脱も、聖地での復活が期待される。


⭐️宮崎富島:宮崎が誇る大会屈指の右腕エース日髙暖己(3年)に注目だ。身長183cmから最速148キロの直球を投げ込む本格派の右腕。全5試合で4試合を完投し、失点はわずか3点(自責点2)、防御率0.42。決勝・宮崎西戦(2-0)では、9回2死から自己最速タイの148キロを計測し、被安打2・四死球0・奪三振9で完封した。


⭐️鹿児島鹿児島実業:左腕の赤嵜智哉(3年)は、鹿児島を代表する絶対的エース。昨夏に左肘を疲労骨折し、今年4月から練習を再開。「この夏1本」に照準を合わせてきたエースは、初戦の春季九州王者・神村学園戦(延長11回 2-1)では、149球の熱投で1失点完投。その後、準々決勝・鹿児島戦(6-0)では3安打完封、準決勝・鹿屋中央戦(延長11回 7-3)では3失点で完投。迎えた決勝・センバツ出場の大島戦(3-2)では、大野稼頭央(3年)に投げ勝って4安打2失点10奪三振の完投でチームを優勝に導いた。


⭐️沖縄興南:最速147キロのエース生盛亜勇太(3年・せいもり)は、全5試合29回1/3を投げ、防御率0.61・奪三振32と好投。激闘となった準決勝・KBC未来戦(延長12回 6-4)では、同点で迎えた9回裏には無死2•3塁のサヨナラのピンチも、3者連続三振。二枚看板の安座間竜玖(3年)は、3試合13回を投げ、防御率0.69と安定する。打者では、禰覇盛太郎主将(3年・ねは)主将が初戦から3戦連続本塁打を放つなど攻撃の鍵を握る。 



打率ランキング [チーム別]

🏆チーム打率ランキング🏆

◆チーム打率が「4割」を超えるのは計8校。1位が高松商業の打率.438。2位が山梨学院の打率.429、3位が札幌大谷の打率.425。一方、3割を切るのが計8校で、最も低いのが富島の打率.264。


 【チーム打率 TOP49==平均:.355====
01位 高松商業   .438 26位 國學院栃木  .356
02位 山梨学院   .429 26位 九国大付   .356
03位 札幌大谷   .425 28位 近江     .350
04位 愛工大名電  .423 29位 能代松陽   .348
05位 鳴門     .419 30位 仙台育英   .345
06位 日大三    .413 31位 一関学院   .343
07位 鶴岡東    .411 32位 九州学院   .338
08位 明秀日立   .404 33位 聖望学園   .332
09位 横浜     .398 34位 星稜     .331
10位 敦賀気比   .396 34位 明徳義塾   .331
11位 天理     .393 36位 帝京第五   .327
12位 市立船橋   .389 37位 下関国際   .325
13位 海星     .388 38位 日本文理   .323
14位 創志学園   .387 39位 有田工業   .318
15位 智辯和歌山  .383 40位 興南     .316
16位 三重     .380 41位 旭川大高   .303
17位 盈進     .376 42位 鹿児島実業  .299
18位 高岡商業   .372 43位 日大三島   .297
19位 聖光学院   .371 44位 浜田     .296
19位 大阪桐蔭   .371 45位 八戸学院光星 .293
21位 明豊     .369 46位 樹徳     .286
22位 二松学舎   .367 47位 鳥取商業   .279
23位 佐久長聖   .364 48位       .274
24位 県立岐阜商業 .361 49位 富島     .264



得点数ランキング [チーム別]

🏆総得点数、平均得点数ランキング🏆

◆1試合あたりの平均得点が「10点」を超えるのは計6校。1位が山梨学院の14.4点、2位が日大三の12.3点、3位が天理の11.2点。一方、5点台が計4校で、最も低いのが八戸学院光星の5.2点。


  【総得点数 TOP49】      【得点数 1試合あたり】
  ==平均:44.3点==   ==平均:7.9点==
01位 日大三    74点 01位 山梨学院    14.4点
02位 山梨学院   72点 02位 日大三     12.3点
03位 盈進     66点 03位 天理      11.2点
04位 札幌大谷   64点 04位 札幌大谷    10.7点
05位 市立船橋   59点 05位 明豊      10.4点
06位 愛工大名電  57点 06位 高松商業    10.0点
07位 天理     56点 07位 愛工大名電  9.5点
08位 明秀日立   55点 08位 高岡商業   9.4点
08位 二松学舎   55点 08位 盈進     9.4点
10位 県立岐阜商業 54点 10位 明秀日立   9.2点
10位 大阪桐蔭   54点 10位 二松学舎   9.2点
12位 明豊     52点 12位 県立岐阜商業 9.0点
13位 横浜     51点 12位 智辯和歌山  9.0点
13位 佐久長聖   51点 14位 京都国際   8.5点
13位 京都国際   51点 14位 鳴門     8.5点
16位 聖光学院   50点 16位 市立船橋   8.4点
16位 高松商業   50点 16位 九州学院   8.4点
16位 九国大付   50点 18位 聖光学院   8.3点
19位 高岡商業   47点 19位 能代松陽   8.0点
20位 一関学院   46点 20位 一関学院   7.7点
20位 國學院栃木  46点 20位 國學院栃木  7.7点
20位       46点 20位 大阪桐蔭   7.7点
23位 智辯和歌山  45点 23位 創志学園   7.6点
24位 三重     44点 24位 鶴岡東    7.4点
25位 聖望学園   42点 24位 敦賀気比   7.4点
25位 九州学院   42点 26位 横浜     7.3点
27位 帝京第五   41点 26位 佐久長聖   7.3点
28位 能代松陽   40点 26位 三重     7.3点
28位 樹徳     40点 26位 鳥取商業   7.3点
30位 日大三島   39点 30位 近江     7.2点
31位 日本文理   38点 30位 下関国際   7.2点
31位 創志学園   38点 32位 九国大付   7.1点
33位 旭川大高   37点 33位 浜田     7.0点
33位 鶴岡東    37点 34位 星稜     6.8点
33位 敦賀気比   37点 34位 帝京第五   6.8点
36位 近江     36点 34位 海星     6.8点
36位 下関国際   36点 34位 興南     6.8点
38位 浜田     35点 38位 樹徳     6.7点
39位 星稜     34点 39位       6.6点
39位 鳴門     34点 40位 日大三島   6.5点
39位 海星     34点 41位 仙台育英   6.4点
39位 鹿児島実業  34点 42位 日本文理   6.3点
39位 興南     34点 43位 旭川大高   6.2点
44位 仙台育英   32点 44位 聖望学園   6.0点
45位 鳥取商業   29点 44位 明徳義塾   6.0点
45位 有田工業   29点 46位 有田工業   5.8点
47位 富島     27点 47位 鹿児島実業  5.7点
48位 八戸学院光星 26点 48位 富島     5.4点
49位 明徳義塾   24点 49位 八戸学院光星 5.2点
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除



本塁打数ランキング [チーム別]

🏆本塁打数、平均本塁打ランキング🏆

◆本塁打数(総数)は、1位が一関学院の10本、2位が智辯和歌山の9本、3位が愛工大名電の8本。一方、本塁打ゼロは7校あり、仙台育英佐久長聖日大三島三重創志学園帝京第五有田工業


 【総本塁打数 TOP49】 【本塁打数 1試合あたり】
  ==平均:2.0本==       ==平均:0.3本==  
01位 一関学院   10本 01位 智辯和歌山  1.8本
02位 智辯和歌山  09本 02位 一関学院   1.7本
03位 愛工大名電  08本 03位 愛工大名電  1.3本
04位 大阪桐蔭   07本 04位 天理     1.2本
05位 明秀日立   06本 04位 明豊     1.2本
05位 天理     06本 04位 興南     1.2本
05位 九国大付   06本 07位 明秀日立   1.0本
05位 明豊     06本 07位 大阪桐蔭   1.0本
05位 興南     06本 09位 九国大付   0.9本
10位 横浜     04本 10位 県立岐阜商業 0.7本
10位 県立岐阜商業 04本 10位 京都国際   0.7本
10位 京都国際   04本 12位 八戸学院光星 0.6本
13位 八戸学院光星 03本 12位 山梨学院   0.6本
13位 國學院栃木  03本 12位 横浜     0.6本
13位 山梨学院   03本 12位 敦賀気比   0.6本
13位 市立船橋   03本 12位 近江     0.6本
13位 二松学舎   03本 12位 高松商業   0.6本
13位 日大三    03本 18位 國學院栃木  0.5本
13位 敦賀気比   03本 18位 二松学舎   0.5本
13位 近江     03本 18位 日大三    0.5本
13位       03本 18位 明徳義塾   0.5本
13位 高松商業   03本 22位 市立船橋   0.4本
23位 旭川大高   02本 22位 高岡商業   0.4本
23位 札幌大谷   02本 22位       0.4本
23位 聖光学院   02本 22位 浜田     0.4本
23位 聖望学園   02本 22位 下関国際   0.4本
23位 日本文理   02本 22位 九州学院   0.4本
23位 高岡商業   02本 28位 旭川大高   0.3本
23位 盈進     02本 28位 札幌大谷   0.3本
23位 浜田     02本 28位 聖光学院   0.3本
23位 下関国際   02本 28位 聖望学園   0.3本
23位 明徳義塾   02本 28位 日本文理   0.3本
23位 九州学院   02本 28位 盈進     0.3本
23位 鹿児島実業  02本 28位 鳥取商業   0.3本
35位 能代松陽   01本 28位 鳴門     0.3本
35位 鶴岡東    01本 28位 鹿児島実業  0.3本
35位 樹徳     01本 37位 能代松陽   0.2本
35位 星稜     01本 37位 鶴岡東    0.2本
35位 鳥取商業   01本 37位 樹徳     0.2本
35位 鳴門     01本 37位 星稜     0.2本
35位 海星     01本 37位 海星     0.2本
35位 富島     01本 37位 富島     0.2本
43位 仙台育英   00本 43位 仙台育英   0.0本
43位 佐久長聖   00本 43位 佐久長聖   0.0本
43位 日大三島   00本 43位 日大三島   0.0本
43位 三重     00本 43位 三重     0.0本
43位 創志学園   00本 43位 創志学園   0.0本
43位 帝京第五   00本 43位 帝京第五   0.0本
43位 有田工業   00本 43位 有田工業   0.0本
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除



盗塁数ランキング [チーム別]

🏆盗塁数、平均盗塁数ランキング🏆

◆総盗塁数は、1位が佐久長聖の25個、2位が仙台育英の24個、3位が高松商業の23個。また、1試合あたりの盗塁数は、1位が仙台育英の4.8個、2位が高松商業の4.6個、3位が山梨学院の4.2個。一方、1試合あたりの盗塁数が1個を下回るのは計12校で、盗塁ゼロは鳴門のみ。


 【総盗塁数 TOP49】       【盗塁数 1試合あたり】
  ==平均:10.3個==      ==平均:1.8個==  
01位 佐久長聖   25個 01位 仙台育英   4.8個
02位 仙台育英   24個 02位 高松商業   4.6個
03位 高松商業   23個 03位 山梨学院   4.2個
04位 山梨学院   21個 04位 浜田     3.8個
05位 県立岐阜商業 20個 05位 佐久長聖   3.6個
05位 盈進     20個 06位 県立岐阜商業 3.3個
07位 明秀日立   19個 07位 明秀日立   3.2個
07位 浜田     19個 07位 明豊     3.2個
09位 大阪桐蔭   18個 09位 盈進     2.9個
10位 二松学舎   17個 10位 二松学舎   2.8個
11位       16個 10位 鳥取商業   2.8個
11位 明豊     16個 12位 大阪桐蔭   2.6個
13位 國學院栃木  15個 13位 國學院栃木  2.5個
13位 愛工大名電  15個 13位 愛工大名電  2.5個
15位 樹徳     14個 15位 鶴岡東    2.4個
15位 日大三    14個 16位 樹徳     2.3個
17位 鶴岡東    12個 16位 日大三    2.3個
17位 市立船橋   12個 16位       2.3個
19位 鳥取商業   11個 19位 敦賀気比   1.8個
20位 一関学院   09個 19位 天理     1.8個
20位 敦賀気比   09個 19位 下関国際   1.8個
20位 天理     09個 19位 明徳義塾   1.8個
20位 下関国際   09個 19位 興南     1.8個
20位 帝京第五   09個 24位 市立船橋   1.7個
20位 興南     09個 25位 星稜     1.6個
26位 旭川大高   08個 25位 智辯和歌山  1.6個
26位 聖望学園   08個 25位 創志学園   1.6個
26位 星稜     08個 28位 一関学院   1.5個
26位 智辯和歌山  08個 28位 帝京第五   1.5個
26位 創志学園   08個 30位 旭川大高   1.3個
31位 札幌大谷   07個 31位 札幌大谷   1.2個
31位 明徳義塾   07個 31位 能代松陽   1.2個
33位 能代松陽   06個 31位 富島     1.2個
33位 聖光学院   06個 34位 聖望学園   1.1個
33位 三重     06個 35位 聖光学院   1.0個
33位 富島     06個 35位 三重     1.0個
37位 京都国際   05個 35位 九州学院   1.0個
37位 九州学院   05個 38位 近江     0.8個
39位 近江     04個 38位 京都国際   0.8個
39位 九国大付   04個 38位 海星     0.8個
39位 海星     04個 41位 八戸学院光星 0.6個
42位 八戸学院光星 03個 41位 高岡商業   0.6個
42位 横浜     03個 41位 九国大付   0.6個
42位 高岡商業   03個 44位 日大三島   0.5個
42位 日大三島   03個 44位 鹿児島実業  0.5個
42位 鹿児島実業  03個 46位 横浜     0.4個
47位 日本文理   02個 46位 有田工業   0.4個
47位 有田工業   02個 48位 日本文理   0.3個
49位 鳴門     00個 49位 鳴門     0.0個
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除



犠打数ランキング [チーム別]

🏆犠打数、平均盗塁数ランキング🏆

◆総犠打数は、1位が市立船橋の31個、2位が佐久長聖の27個、3位が札幌大谷の24個。また、1試合あたりの犠打数は、1位が市立船橋有田工業の4.4個、3位が札幌大谷高松商業の4.0個。一方、1試合あたりの犠打数が1個を下回ったのは、愛工大名電のみ。


 【総犠打数 TOP49】       【犠打数 1試合あたり】
  ==平均:14.8個==      ==平均:2.6個==  
01位 市立船橋   31個 01位 市立船橋   4.4個
02位 佐久長聖   27個 01位 有田工業   4.4個
03位 札幌大谷   24個 03位 札幌大谷   4.0個
04位 日大三島   23個 03位 高松商業   4.0個
05位 聖望学園   22個 05位 佐久長聖   3.9個
05位 横浜     22個 06位 日大三島   3.8個
05位       22個 07位 仙台育英   3.4個
05位 有田工業   22個 07位 山梨学院   3.4個
09位 聖光学院   20個 07位 近江     3.4個
09位 京都国際   20個 10位 聖光学院   3.3個
09位 高松商業   20個 10位 京都国際   3.3個
12位 明秀日立   19個 12位 八戸学院光星 3.2個
12位 帝京第五   19個 12位 明秀日立   3.2個
12位 九国大付   19個 12位 帝京第五   3.2個
15位 仙台育英   17個 12位 海星     3.2個
15位 山梨学院   17個 16位 聖望学園   3.1個
15位 日大三    17個 16位 横浜     3.1個
15位 近江     17個 16位       3.1個
15位 鹿児島実業  17個 19位 鶴岡東    3.0個
20位 八戸学院光星 16個 20位 日大三    2.8個
20位 二松学舎   16個 20位 鳴門     2.8個
20位 海星     16個 20位 明徳義塾   2.8個
23位 一関学院   15個 20位 鹿児島実業  2.8個
23位 鶴岡東    15個 24位 二松学舎   2.7個
23位 大阪桐蔭   15個 24位 九国大付   2.7個
26位 県立岐阜商業 13個 26位 一関学院   2.5個
27位 旭川大高   12個 26位 鳥取商業   2.5個
27位 三重     12個 28位 下関国際   2.4個
27位 盈進     12個 28位 九州学院   2.4個
27位 下関国際   12個 30位 高岡商業   2.2個
27位 九州学院   12個 30位 県立岐阜商業 2.2個
32位 樹徳     11個 30位 創志学園   2.2個
32位 高岡商業   11個 33位 大阪桐蔭   2.1個
32位 創志学園   11個 34位 旭川大高   2.0個
32位 鳴門     11個 34位 三重     2.0個
32位 明徳義塾   11個 34位 明豊     2.0個
37位 鳥取商業   10個 34位 興南     2.0個
37位 明豊     10個 38位 樹徳     1.8個
37位 興南     10個 38位 敦賀気比   1.8個
40位 國學院栃木  09個 38位 天理     1.8個
40位 日本文理   09個 38位 浜田     1.8個
40位 敦賀気比   09個 42位 盈進     1.7個
40位 天理     09個 43位 富島     1.6個
40位 浜田     09個 44位 國學院栃木  1.5個
45位 富島     08個 44位 日本文理   1.5個
46位 智辯和歌山  07個 46位 智辯和歌山  1.4個
47位 能代松陽   06個 47位 能代松陽   1.2個
47位 星稜     06個 47位 星稜     1.2個
49位 愛工大名電  05個 49位 愛工大名電  0.8個
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除



失点数ランキング [チーム別]

🏆失点数、平均失点数ランキング🏆

◆1試合あたりの平均失点が「1点」を下回るのは計7校。1位が大阪桐蔭の0.1点、2位が一関学院の0.3点、3位が鶴岡東の0.4点。一方、3点を上回るのが計5校で、市立船橋高松商業県立岐阜商業浜田、最多が高岡商業の4.8点。


 【総失点数 TOP49】     【失点数 1試合あたり】
  ==平均:10.0点==      ==平均:1.8点==  
01位 大阪桐蔭   01点 01位 大阪桐蔭   0.1点
02位 一関学院   02点 02位 一関学院   0.3点
02位 鶴岡東    02点 03位 鶴岡東    0.4点
04位 天理     03点 04位 横浜     0.6点
04位 鳥取商業   03点 04位 天理     0.6点
04位 富島     03点 04位 富島     0.6点
07位 横浜     04点 07位 鳥取商業   0.8点
07位 鳴門     04点 08位 仙台育英   1.0点
09位 仙台育英   05点 08位 山梨学院   1.0点
09位 山梨学院   05点 08位 智辯和歌山  1.0点
09位 智辯和歌山  05点 08位       1.0点
12位 星稜     06点 08位 鳴門     1.0点
12位 海星     06点 13位 星稜     1.2点
12位 興南     06点 13位 海星     1.2点
15位       07点 13位 興南     1.2点
16位 日本文理   08点 16位 日本文理   1.3点
16位 創志学園   08点 17位 盈進     1.4点
16位 九州学院   08点 17位 九国大付   1.4点
19位 旭川大高   09点 19位 旭川大高   1.5点
19位 札幌大谷   09点 19位 札幌大谷   1.5点
19位 帝京第五   09点 19位 帝京第五   1.5点
19位 鹿児島実業  09点 19位 鹿児島実業  1.5点
23位 近江     10点 23位 聖望学園   1.6点
23位 盈進     10点 23位 佐久長聖   1.6点
23位 下関国際   10点 23位 創志学園   1.6点
23位 九国大付   10点 23位 九州学院   1.6点
27位 聖望学園   11点 27位 二松学舎   1.8点
27位 二松学舎   11点 27位 日大三    1.8点
27位 日大三    11点 29位 聖光学院   2.0点
27位 佐久長聖   11点 29位 國學院栃木  2.0点
27位 敦賀気比   11点 29位 愛工大名電  2.0点
27位 明徳義塾   11点 29位 近江     2.0点
27位 明豊     11点 29位 京都国際   2.0点
34位 聖光学院   12点 29位 下関国際   2.0点
34位 國學院栃木  12点 35位 樹徳     2.2点
34位 愛工大名電  12点 35位 敦賀気比   2.2点
34位 京都国際   12点 35位 三重     2.2点
38位 八戸学院光星 13点 35位 明豊     2.2点
38位 能代松陽   13点 39位 明秀日立   2.3点
38位 樹徳     13点 39位 日大三島   2.3点
38位 三重     13点 41位 八戸学院光星 2.6点
38位 有田工業   13点 41位 能代松陽   2.6点
43位 明秀日立   14点 41位 有田工業   2.6点
43位 日大三島   14点 44位 明徳義塾   2.8点
45位 高松商業   18点 45位 市立船橋   3.6点
46位 浜田     20点 45位 高松商業   3.6点
47位 県立岐阜商業 22点 47位 県立岐阜商業 3.7点
48位 高岡商業   24点 48位 浜田     4.0点
49位 市立船橋   25点 49位 高岡商業   4.8点
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除



失策数ランキング [チーム別]

🏆失策数、平均失点数ランキング🏆

◆総失策数が「1個」(無失策はなし)は計8校で、鶴岡東樹徳山梨学院天理創志学園鳴門海星九州学院。一方、1試合あたりの失策数が1個以上は計18校で、最多が有田工業の1.8個。


 【総失策数 TOP49】    【失策数 1試合あたり】
  ==平均:4.4個==      ==平均:0.8個==  
01位 鶴岡東    1個 01位 鶴岡東    0.2個
01位 樹徳     1個 01位 樹徳     0.2個
01位 山梨学院   1個 01位 山梨学院   0.2個
01位 天理     1個 01位 天理     0.2個
01位 創志学園   1個 01位 創志学園   0.2個
01位 鳴門     1個 01位 海星     0.2個
01位 海星     1個 01位 九州学院   0.2個
01位 九州学院   1個 08位 佐久長聖   0.3個
09位 八戸学院光星 2個 08位 日大三島   0.3個
09位 仙台育英   2個 08位 鳴門     0.3個
09位 佐久長聖   2個 11位 八戸学院光星 0.4個
09位 日大三島   2個 11位 仙台育英   0.4個
13位 旭川大高   3個 13位 旭川大高   0.5個
13位 能代松陽   3個 13位 國學院栃木  0.5個
13位 國學院栃木  3個 15位 能代松陽   0.6個
13位 星稜     3個 15位 横浜     0.6個
13位 鳥取商業   3個 15位 星稜     0.6個
13位 高松商業   3個 15位 大阪桐蔭   0.6個
13位 明徳義塾   3個 15位       0.6個
13位 明豊     3個 15位 高松商業   0.6個
21位 聖光学院   4個 15位 明豊     0.6個
21位 横浜     4個 22位 聖光学院   0.7個
21位 高岡商業   4個 23位 明秀日立   0.8個
21位 敦賀気比   4個 23位 高岡商業   0.8個
21位 大阪桐蔭   4個 23位 敦賀気比   0.8個
21位       4個 23位 県立岐阜商業 0.8個
27位 明秀日立   5個 23位 三重     0.8個
27位 県立岐阜商業 5個 23位 鳥取商業   0.8個
27位 三重     5個 23位 帝京第五   0.8個
27位 下関国際   5個 23位 明徳義塾   0.8個
27位 帝京第五   5個 31位 市立船橋   0.9個
27位 富島     5個 32位 聖望学園   1.0個
33位 市立船橋   6個 32位 盈進     1.0個
33位 近江     6個 32位 下関国際   1.0個
33位 興南     6個 32位 九国大付   1.0個
36位 一関学院   7個 32位 富島     1.0個
36位 聖望学園   7個 37位 一関学院   1.2個
36位 二松学舎   7個 37位 二松学舎   1.2個
36位 日大三    7個 37位 日大三    1.2個
36位 愛工大名電  7個 37位 愛工大名電  1.2個
36位 智辯和歌山  7個 37位 近江     1.2個
36位 盈進     7個 37位 鹿児島実業  1.2個
36位 九国大付   7個 37位 興南     1.2個
36位 鹿児島実業  7個 44位 札幌大谷   1.3個
45位 札幌大谷   8個 44位 日本文理   1.3個
45位 日本文理   8個 46位 智辯和歌山  1.4個
45位 浜田     8個 47位 京都国際   1.5個
48位 京都国際   9個 48位 浜田     1.6個
48位 有田工業   9個 49位 有田工業   1.8個
※1試合あたりの値:49地方大会の各チーム試合数で除

[出場校] 49代表校の紹介ページ

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号
==================================
北海道:旭川大高 札幌大谷
東北 :八戸学院光星 一関学院 能代松陽
東北 鶴岡東 仙台育英 聖光学院
関東 :明秀日立 國學院栃木 樹徳 山梨学院
関東 聖望学園 市立船橋 横浜
関東 :二松学舎 日大三
北信越:佐久長聖 日本文理 高岡商業
北信越星稜 敦賀気比
東海 :日大三島 愛工大名電 県岐阜商業 三重
関西 :近江 京都国際 天理 智辯和歌山
関西 大阪桐蔭 社(やしろ)
中国 :創志学園 盈進 鳥取商業 浜田 下関国際
四国 :高松商業 鳴門 帝京第五 明徳義塾
九州 :九国大付 有田工業 海星 九州学院
九州 明豊 富島 鹿児島実業 興南

日程•結果選手名簿注目選手大会展望号